コンサル業界におすすめ転職エージェント30社を徹底比較【2024年7月最新】

本ページにはプロモーションが含まれています。
コンサル業界におすすめ転職エージェントを徹底比較

コンサルタントの転職では、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

コンサル業界への転職は難易度が高く、とくにコンサル未経験だと職務経歴書の書き方やケース面接対策が必須となります。
そのためコンサル業界に強い転職エージェントからサポートを受けることが重要です。

コンサルタントといっても戦略系・キャリア系・IT系・財務系など様々な分野があり、それぞれに業界事情は異なるものです。

コンサルタント業界專門の転職エージェントであれば最新の情報にも詳しく、1人でリサーチするより効率的にコンサル転職成功を目指せます。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

コンサルタント転職では転職エージェントを使いこなすのがカギとなるため、以下のようなポイントを意識しましょう。

【コンサルタント転職で成功するポイント】
  • コンサル業界特化の專門転職エージェントを活用する
  • 総合エージェント/專門エージェントを使い分けて自分に合う求人情報を多く集める

転職エージェントはそれぞれに得意とする分野や支援スタイルが異なるので、目指す方向性に合ったエージェントを選ぶことも大切です。

以下に、得意な分野や形態ごとのおすすめエージェントをまとめました。

スクロールできます ➔

分野・形態 サービス名 特徴
戦略コンサルに強い ハイパフォキャリア コンサルファームによるコンサル特化型の転職支援サービス
アクシスコンサルティング 業界トップクラスのコンサルタント転職支援実績
エグゼクティブリンク コンサルティング業界経験者による転職支援サービス
アサイン 20代・30代のハイエンド転職に強い
キャリアインデックス 豊富な転職サービスをまとめて使える日本最大級の転職サイト
ケースCORE 未経験からのコンサルタント転職に強い
CONSUROOT(コンサルート) 業界特化ならではの好条件な非公開求人を多数保有
ITコンサルに強い レバテックキャリア IT業界に特化しITコンサル転職の案件が豊富
ワークポート IT業界の案件が豊富で全国に拠点あり
ケンブリッジ・リサーチ研究所 DX領域のコンサルタント転職に特化
ムービンストラテジックキャリア コンサル特化型転職エージェントの老舗でITにも強い
外資系コンサルに強い Flow Group 未経験からの外資・大手コンサル転職を手厚くサポート
MyVision Big4や外資系コンサルファームなどの案件多数
ランスタッド 世界39カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェント
JACリクルートメント 外資系・海外進出企業のハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン 外資系企業やグローバル企業のハイクラス案件を多く保有
LHH転職エージェント 外資・グローバル企業をはじめ幅広い企業の紹介が可能
金融系コンサルに強い ヒュープロ 会計業界に特化した転職エージェント
ヤマトヒューマンキャピタル 経営・ファイナンス領域に特化した転職エージェント
コトラ 財務・金融などのハイクラス転職に強い
アンテロープ 金融・コンサル業界への転職專門のエージェント
ポストコンサルに強い フォルトナ コンサル転職/ポストコンサル転職に特化
CONCORD コンサル・金融業界に特化しポストコンサル転職にも強い
SAPコンサル転職に強い SAPジョブチェンジ 国内初のSAP関連転職エージェント
マイナビITエージェント エンジニア・Web業界の求人を多数保有
総合型 リクルートエージェント 求人数や支援実績の多い大手転職エージェント
パソナキャリア 様々な業種のハイクラス求人に強くコンサル求人も豊富
type転職エージェント 1993年に創業の実績豊富な老舗転職エージェント

スカウト/
ヘッドハンティング型

リクルートダイレクトスカウト  ハイクラス案件に特化したヘッドハンティングサービス
ビズリーチ 日本最大規模のスカウトプラットフォーム

自分の目指す専門分野に合った総合エージェント/特化型エージェントの使い分け方や、分野別のおすすめエージェントについても記事内で詳しく解説するので参考にしてください。

目次

コンサル転職で成功するエージェントの選び方

コンサル転職で成功するエージェントの選び方

コンサル転職を成功させるためには、転職エージェントのもつ豊富な求人情報やサポートを活用できるかどうかが重要なポイントです。

コンサルファームやポジションが豊富にある中で、自分1人で求人情報を探すのには膨大な手間がかかってしまいます。

その点、転職エージェントではキャリアアドバイザーなど専任の担当者が、経歴や希望に合わせ豊富な求人案件の中からマッチングを行ってくれるのです。

転職エージェントによってはグループ会社や関連会社とのネットワークを活かし、市場に出回らない非公開求人を保有しているところも多くあります。

登録者しか閲覧できない「非公開求人」には好条件の求人も多いため、登録だけでもしてみる価値はあるでしょう。

ここでは、実際に利用する際の転職エージェントの選び方を紹介します。

総合型+業界特化型どちらも1社以上登録する

転職エージェントには「総合型」と「業界特化型」があり、それぞれに強みがあるのでどちらも活用するとよい。

転職エージェントには、様々な職種の求人を幅広く扱う通称「総合型」と呼ばれるタイプと、「コンサルタント」など特定の職種や業界の求人を專門に扱う「業界特化型」があります。

エージェントのタイプ メリット デメリット
総合型
  • 求人数が全体的に多い
  • 幅広く色々な求人を見られる
コンサル求人が少ない可能性もある
業界特化型
  • アドバイザーに業界経験者が多い
  • 独自コネクションによる好条件案件
求人数自体が少ない可能性がある

総合型は一般的に様々な業界の求人を扱うので、全体の求人数がかなり多いことが特徴です。

エージェントによってはコンサルタントの求人が少ない可能性もありますが、幅広く色々な企業の求人をチェックでき、他の業界の相場なども参考として知ることができるでしょう。

対して業界特化型は、「コンサルタント業界專門」など特定の業界に特化した転職エージェントを指します。

コンサル業界專門であれば元コンサルタントなど、実務経験があり業界に精通したアドバイザーによる支援が受けられることが多いのが特徴です。

また、業界内での独自のコネクションにより、コンサルファームからの直請け案件など、非公開の好条件な案件を強みとしているエージェントも多くあります。

どちらにも強みがあるので、両方登録してみて可能な限り多様な求人情報を集めるのがよいでしょう。

【分野別】総合型×業界特化型の転職エージェント組み合わせ例

コンサルティング業界特化型の転職エージェントだけでも数が多く、以下のように、さらに細分化しておすすめな分野で分けることができます。

利用する際には以下のように、業界特化型と総合型の転職エージェントを志望分野に合わせて組み合わせるイメージです。

特に業界特化型はそれぞれに個性があり持っている独自案件も異なるため、できれば2社以上登録して違いを見るとよいでしょう。

組み合わせ例①【戦略コンサルタント志望の場合】
総合型 業界特化型
リクルートエージェント ハイパフォキャリア
アクシスコンサルティング

リクルートエージェントは総合型の中でも求人数の多い大手なので、戦略系コンサルの求人も比較的見つけやすいでしょう。

組み合わせ例②【ITコンサルタント志望の場合】
総合型 業界特化型
パソナキャリア レバテックキャリア
ワークポート

パソナキャリアは総合型の中でも専門職などハイクラス案件に強く、レバテックキャリアはIT業界の特化型、ワークポートもIT求人に強いです。

組み合わせ例③【外資系コンサルファーム志望の場合】
総合型 業界特化型
パソナキャリア Flow Group
MyVision

Flow GroupとMyVisionはコンサル專門の転職エージェントで、大手や外資系コンサルファームの求人も豊富です。

このように組み合わせで複数のエージェントに登録してみて、それぞれの求人案件や交渉力などを比較してみるのがおすすめです。

基本的に転職エージェントの利用は無料で、面接に進むかどうかも自由です。気軽に登録して比較してみることで、自分に合ったエージェントが見つかります。

総合型はコンサル求人数の多さで選ぶ

総合型の転職エージェントでは、いかにコンサル求人を多く見つけられるかがポイントとなります。

例えばパソナキャリアでは以下のように、コンサル業界の求人を細かく絞り込むこともできます。

パソナキャリア コンサルタント転職情報の探し方

大手の総合型であれば求人数自体がかなり多いので、コンサル求人も豊富なことが期待できます。

総合型に登録する際は、公開求人情報の中にコンサル求人数がどれくらいあるかチェック。コンサルタント業界の求人が極端に少なくないかは確認しておきましょう。

また、転職エージェントではサイト上に公開されている案件に限らず、非公開案件というものもあります。

サイトで検索できる以外にも非公開のコンサル求人がある可能性も高いので、無料相談などで聞いてみるのもよいでしょう。

業界特化型はコンサル転職のサポートに強いかどうかで選ぶ

コンサルティングファームの選考内容は、他の業種と違って独特な内容となっています。筆頭に挙げられるのが、応募者の理論的思考や問題解決力を判断する「ケース面接」です。

ケース面接には「完全に正しい回答」というものは存在しません。回答に至るまでの過程が評価対象となり、理論の破綻や矛盾がないか、考えることを諦めないかなどを評価されています。

コンサル業界の選考は他の業界にはない難解さがあるため、他業界と同じ面接対策では歯が立ちませんそのためコンサル転職のサポートが充実しているエージェントを選ぶ必要があります。

コンサル業界特化型は、実務経験者のアドバイザーがいるなどコンサル業界の面接対策に強い。コンサルタントとしてのキャリア相談などにも力を入れているところが多いので、サービスの手厚さで比較するとよい。

基本的に「コンサル業界特化」と謳っている転職エージェントは、コンサル業界特有の選考過程や業界事情に精通しています。

その中でも例えば、「ケース面接に自信がないので模擬面接のサポートを受けたい」「コンサルタントとしてのキャリアアップやポジションチェンジなど、キャリアパスについて相談したい」など、自分の希望や状況に合わせて適したところを選ぶのがおすすめです。

コンサルタント転職におすすめなエージェント比較一覧【専門分野別】

コンサルタント転職におすすめなエージェント比較一覧【専門分野別】

コンサルタント転職におすすめな転職エージェントは、総合型/コンサル業界特化型があるほか、業界特化型の中でもおすすめ分野が分かれます。

また、エージェント側から企業に合った人材をスカウトするスカウト・ヘッドハンティング型の転職エージェントというタイプもあり、特にハイクラスなポジションを狙う方にはこちらもおすすめです。

以下のリストの中から、自分の志望分野や形態に合わせた転職エージェント選びをしてみましょう。

分野・形態 サービス名 特徴
戦略コンサルに強い ハイパフォキャリア コンサルファームによるコンサル特化型の転職支援サービス
アクシスコンサルティング 業界トップクラスのコンサルタント転職支援実績
エグゼクティブリンク コンサルティング業界経験者による転職支援サービス
アサイン 20代・30代のハイエンド転職に強い
キャリアインデックス 豊富な転職サービスをまとめて使える日本最大級の転職サイト
ケースCORE 未経験からのコンサルタント転職に強い
CONSUROOT(コンサルート) 業界特化ならではの好条件な非公開求人を多数保有
ITコンサルに強い レバテックキャリア IT業界に特化しITコンサル転職の案件が豊富
ワークポート IT業界の案件が豊富で全国に拠点あり
ケンブリッジ・リサーチ研究所 DX領域のコンサルタント転職に特化
ムービンストラテジックキャリア コンサル特化型転職エージェントの老舗でITにも強い
外資系コンサルに強い Flow Group 未経験からの外資・大手コンサル転職を手厚くサポート
MyVision Big4や外資系コンサルファームなどの案件多数
ランスタッド 世界39カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェント
JACリクルートメント 外資系・海外進出企業のハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン 外資系企業やグローバル企業のハイクラス案件を多く保有
LHH転職エージェント 外資・グローバル企業をはじめ幅広い企業の紹介が可能
金融系コンサルに強い ヒュープロ 会計業界に特化した転職エージェント
ヤマトヒューマンキャピタル 経営・ファイナンス領域に特化した転職エージェント
コトラ 財務・金融などのハイクラス転職に強い
アンテロープ 金融・コンサル業界への転職專門のエージェント
ポストコンサルに強い フォルトナ コンサル転職/ポストコンサル転職に特化
CONCORD コンサル・金融業界に特化しポストコンサル転職にも強い
SAPコンサル転職に強い SAPジョブチェンジ 国内初のSAP関連転職エージェント
マイナビITエージェント エンジニア・Web業界の求人を多数保有
総合型 リクルートエージェント 求人数や支援実績の多い大手転職エージェント
パソナキャリア 様々な業種のハイクラス求人に強くコンサル求人も豊富
type転職エージェント 1993年に創業の実績豊富な老舗転職エージェント
スカウト・ヘッドハンティング型 リクルートダイレクトスカウト  ハイクラス案件に特化したヘッドハンティングサービス
ビズリーチ 日本最大規模のスカウトプラットフォーム

それぞれの転職エージェントの特徴も以下に詳しく紹介していきますので、迷ったら参考にしてください。

戦略系コンサルタント転職に強いおすすめエージェント8選

戦略系コンサルタント転職に強いおすすめエージェント

ここでは、戦略部門への転職に強いエージェントを紹介します。

マッキンゼーBCGなどの戦略コンサルファームは入社難易度が高く、ケース面接などの特別な対策も重要です。

特にマッキンゼーは2023年・朝日新聞EduAの「企業入社難易度ランキング」では前年までに続き第一位で、三菱商事や伊藤忠商事などの大手商社よりも選考通過が難しいとされています。

2023年・朝日新聞の「企業入社難易度ランキング」

引用元:朝日新聞 EduA

戦略系の大手外資系コンサルファームは、入社難易度が高い企業の代表格。採用を勝ち取るには戦略系ファームへの転職支援実績があるエージェントを活用するのがおすすめ。

総合型エージェントでも情報収集はしつつ、難解な選考を突破するためにコンサルティング業界特化型エージェントへの相談をするのは選考突破において鉄則となります。

以下の戦略コンサルタントにおすすめな転職エージェントの中から、自分に合ったサービスを探してみましょう。

戦略系コンサルタント転職に強いエージェント 特徴
ハイパフォキャリア コンサルファームによるコンサル特化型転職支援サービス
アクシスコンサルティング 業界トップクラスのコンサルタント転職支援実績
エグゼクティブリンク コンサルティング業界経験者による転職支援サービス
アサイン 20代・30代のハイエンド転職に強い
CAREER INDEX(キャリアインデックス) 豊富な転職サービスをまとめて使える日本最大級の転職サイト
ケースCORE
未経験からのコンサルタント転職に強い
CONSUROOT(コンサルート)
業界特化ならではの好条件な非公開求人を多数保有

ハイパフォキャリア

ハイパフォキャリア
運営会社 INTLOOP株式会社
公式サイト https://www.high-performer.jp/career/
公開求人数 2,409件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界、監査法人

ハイパフォキャリアの特徴

  • コンサル転職に特化し20年目、38,000人以上の支援実績

  • 専任のアドバイザーが内定獲得まで伴走支援
  • 300万円以上年収アップの支援実績多数

ハイパフォキャリアがおすすめな人

  • コンサルタントの転職で年収アップを目指している人
  • 他業種からコンサルタント業界に転職したい人
  • 自身に合った適切なキャリアプランを見据えて転職したい人

ハイパフォキャリアは、コンサルティング業界での転職に特化し20年以上の実績がある転職エージェントです。

38,000人以上のコンサル転職を支援してきており、年収を300万円以上アップさせる転職も多数手がけるなど十分な実績があります。

コンサルティング会社であるINTLOOPが運営を行っており、業界のステークホルダーとのコネクションによる独自の情報ルートを持っていることも特徴。各社の現場で必要とされるスキル・人材情報を熟知しています。

コンサル業界に身を置く業界の知見が深いアドバイザーが揃っているため、ミスマッチが少なく、多様なキャリアプランや求人情報の提案ができることも強み

転職に際しては「コンサルタントとしてのキャリア」を重視し、企業情報はネガティブなものも含めありのままを伝えるのもポイントです。転職のみではなく生涯キャリアを見据え、利用者に寄り添った支援を意識しています。

また、異業種からのコンサルへの転職実績も豊富で、未経験からでもファームへの転職を成功させるポイントや「転職してから」どう頑張るべきかまで、しっかりとアドバイスをしてくれます。

長期的なキャリアプランの提案を受けながら、自身のスキルや希望に合った適切な転職を実現させたい人におすすめです。

ハイパフォキャリアの口コミ・評判一覧

スクロールできます

スキルを活かし待遇アップ
コンサルとしての経験・スキルの発展、待遇アップを求めての転職でした、最新の業界情報をふまえつつ、自身の方向性を一緒に模索して頂き、納得いく転職ができました。

引用:ハイパフォキャリア公式サイト

上流を目指し戦略系へ挑戦
システム系のコンサルティングがら、もっと上流に関われる会社を希望し転職を決意しました。希望の深堀やケース面接対策等、沢山支援いただき志望した企業に転職できました。

引用:ハイパフォキャリア公式サイト

やりがいを追求しCXO転職
これまでのコンサル経験を現場に伝えたいと考え転を決意。コンサル会社ならではの情報も多く、紹介頂いた中でも一番やりがいのありそうな企業に転職することができました。

引用:ハイパフォキャリア公式サイト

SIer経験でITコンサルへ
ITの経験をより上流工程で活かし活躍したいと思い転職しました。未経験でファームの違いが解らない中、各社丁寧に解説頂き、私のキャリアイメージに最も近い企業にフォーカスしてご支援頂きました。

引用:ハイパフォキャリア公式サイト

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング-1024x454
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

アクシスコンサルティングの特徴

  • 平均のサポート期間が3年

  • 77%が優良企業の非公開案件
  • 大手からベンチャーまで幅広い求人を保有

アクシスコンサルティングのおすすめな人

  • 大手コンサルティングファームへの転職を目指している人
  • 非公開求人を利用して有利に転職活動を進めていきたい人
  • 長期的なキャリアパートナーを探している人

コンサルティング業界に特化したアクシスコンサルティングは、コンサル転職業界のパイオニア的存在です。

創業から20年の老舗で約8万5,000人のコンサル転職支援をしてきた確かな実績があり、コンサルタント業界のノウハウが豊富に蓄積されています。

アクシスコンサルティングの知名度は総合型などの大手転職サービスと比較して高い訳ではありませんが、コンサル経験者の間では有名なサービスとなっています。

その理由は、戦略コンサル転職の経験が豊富なキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられるからです。

フェルミ推定を用いたケース面接の対策から、ファームごとの特徴に沿った手厚いサポートに定評があります。

大手戦略系コンサルティングファームへの転職を目指している人、非公開求人を利用して有利に転職活動を進めていきたい人におすすめです。

アクシスコンサルティングの口コミ・評判一覧

スクロールできます

コンサル未経験でしたが、コンサル転職に強いと有名なアクシスコンサルティングさんにご相談しました。驚いたのはコンサル業界への深い理解と知識です。一見似たり寄ったりなコンサルティング業界ですが、違いやキャリアの幅を含めて丁寧にお話ししてくださいました。総合系ファームに行くことにしましたが、ベンチャーファームも面白そうでしたので、また3年後くらいにお世話になろうかと思います。

引用:Googleマップ

現在3社目なのですが、転職活動は2回ともアクシスさんにお世話になりました!
「今回の転職」だけでなく「今回の次の転職」も踏まえて、的確なアドバイスを頂けるのでアクシスさんは本当におすすめのエージェントです!

引用:X

コンサル転職時に使用したエージェント一覧
・コンコード
・アクシスコンサルティング
・ムービン
この中で自分にあうエージェントを選べば間違いなし

引用:X

コンサル転職 おすすめエージェント
①アクシスコンサルティング
②フォルトナ

実際に使って良かった2社です!
(prでも回し者でもないです笑笑)

引用:X

先日、コンサルファームに1社内定しましたので、時短という点でオススメの転職エージェントの会社を紹介します‼︎

・コンコードエグゼクティブグループ
・アクシスコンサルティング

30社くらい転職エージェントを見て回ったのですが、コンサル転職においてはこの2社がオススメです!

引用:X

エージェントの手違いで、受けたいファームを受けれなかった。
もうちょっと人のキャリアを扱ってる意識を持つべきですね。

引用:Googleマップ

履歴書職務経歴書をお送りした所、紹介できる案件はないと言われました。Agentで登録さえ見送られたことは初めてで大変驚きました。

引用:Googleマップ

エグゼクティブリンク

エグゼクティブリンク

運営会社 株式会社エグゼクティブリンク
公式サイト https://www.executive-link.co.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日時点)
主な求人職種 コンサル業界特化

エグゼクティブリンクの特徴

  • コンサルティング業界に特化した転職エージェント
  • BCG、マッキンゼー出身者による無料ケース面接講座をはじめ、選考対策のサポートに強み

  • コンサルティングファームへの転職は年間内定者数500名以上という実績

エグゼクティブリンクがおすすめな人

  • コンサル業界に精通したエージェントから転職の支援を受けたい方
  • 書類作成からケース面接、ビヘイビア面接など手厚い選考対策を受けたい方
  • 戦略系コンサルティングファームへの転職をお考えの方

エグゼクティブリンクは、コンサルティング業界への転職を専門とするプロフェッショナルな転職エージェントです。

エージェントにはコンサルティング業界出身者はもちろん事業会社やIT企業など多様な業界の出身者が在籍しているため、様々な業界からのコンサル転職の実現が可能となっています。

サポート面では、BCG、マッキンゼー出身者による無料ケース面接講座をはじめ、書類作成から面接対策まで手厚い選考対策に強みを持っています。
そのため、未経験からのコンサル転職も多く、内定者数は年間500名以上、毎年多数の賞を受賞するなど数多くの実績があります。

また、多くのコンサルティングファームとの強固なコネクションを持っており、希望のファームや領域など、幅広い案件の提案が可能です。

大手戦略ファームの案件も多いため、戦略コンサルタントとして転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたい転職エージェントといえます。

エグゼクティブリンクの口コミ・評判一覧

スクロールできます

他社エージェント様と比べて、私の経験や志向に合わせてフィット感のある求人を複数ご提案下さり大変ありがたかったです。
書類添削及び面接対策も手厚くサポート頂いたことで無事内定を頂くことができました。
現職と両立しながら転職活動する中で、面接日程の調整も柔軟にご対応下さり本当に助かりました。
この場を借りて感謝申し上げます。

引用:Googleマップ

担当者様のおかげで志望企業の内定を得る事ができました。
コンサル未経験での転職活動であった為、業界特有の選考対策に苦慮しましたが、迅速かつ丁寧に伴走して頂き大変心強かったです。特に他企業の選考スケジュールに遅れを取らないように人事担当者と密に調整頂いた点はとても感謝しております。
コンサル業界を目指される方はまずエグゼクティブリンクへ相談される事を推奨します。

引用:Googleマップ

面接前の対策・面接後のフォローが手厚かったです。また、本人の適正・やりたいこと・性格のバランスを見て適切な求人を紹介してくださります。(大手エージェントだととりあえず手持ちの求人を全部提示されるだけです。)
未経験でコンサルに挑戦するのであれば特に、大手エージェントよりもエグゼクティブリンク社のようにフォローの手厚いエージェントの方が良いと感じました。

引用:Googleマップ

こちらからの連絡に対し、常に迅速に対応してくださったので、とてもスムーズに転職活動を進めることができました。また、経歴書の添削や面談対策に加え、転職時に必要となる心構えのアドバイスなど、幅広くサポートしていただき感謝しています。

引用:Googleマップ

人生初の転職で戸惑いはありましたが、(特に終盤、)密に連絡を取らせて頂き、不安定になりやすい時期のサポート、とても助かりました。
一点悔やまれる点としては、採用フローの長さから、志望度の高い企業から受けてしまった点。
面接慣れの重要性を分かっていれば、模擬面接など何らかの対応ができたのではないかと思いました。

引用:Googleマップ

>>エグゼクティブリンクの口コミ・評判

アサイン

アサイン

運営会社 株式会社アサイン
公式サイト https://assign-inc.com/
公開求人数 非公開件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルタント/ハイエンド人材

アサインの特徴

  • 強みを活かす転職活動ができる
  • 確かな実績を持つエージェントが指導
  • 将来像から逆算したキャリアプランを作成

アサインがおすすめな人

  • 20代から30代の若年層で転職を考えている人
  • 長期的にキャリア戦略を考えたい人
  • オーダーメイドの選考対策資料を活用したい人

2016年に設立されたアサインは、20代から30代のハイエンドへのキャリア支援に強みを持つ転職エージェントです。

初回の面談では案件の紹介はせず、現職での経験や課題感、目指したい将来像を丁寧にヒアリングします。その後、ヒアリングした内容からオーダーメイドのキャリアプランを作成し、将来像から逆算して希望とマッチした求人を紹介します。

また各企業の蓄積された選考結果を元に、強みが生きる経験を抽出し、オーダーメイドの選考対策資料を作成してくれるのも特徴です。自分の強みを活かして転職活動を行うため、入社後のギャップも少なく済みます。

転職サポートにも確かな実績があり、過去にビズリーチ主催の「JAPAN HEADHUNTER AWARDS」で、4600名の中で最も優れた結果を残したエージェントに送られる年間総合MVP受賞を果たしています。実力派のエージェントを試してみたい方にもおすすめです。

アサインの口コミ・評判一覧

スクロールできます

とても明るくて素敵なエージェントの方に担当して頂きました。

たくさんの転職エージェントの方とお話ししてきましたが、自分がなりたい将来像からキャリアプランを一緒に考えて下さったエージェントはアサインさんだけでした。今後のキャリア形成について真実と共に教えて頂き本当に感謝しております。

また、面接対策も親身にやって下さりとても助かっております。

自身のキャリアプランに悩んでいたり自分が描いている将来像はあるけどどの様にステップ踏んでいけば良いのか分からない方にもとてもお勧めできます。

引用:Googleマップ

履歴書、職務経歴書の作成、面接での受け答えの指導、対策がとてもしっかりしています。
企業選びは自分に合った会社を選んでいただいてとても助かりました。
自分一人で転職活動しようとしていたらもっと大変だったと思うので、アサインを選んで良かったと思います。

引用:Googleマップ

転職の際に利用させていただきました。
事業会社からコンサルティングファームへの検討していたところ、業界内での各社の特色やどの様な人材を求める傾向があるか等外からでは把握しにくい情報を提供いただき非常に参考になりました。
面談時にはインタビュー対策等をきめ細かく行っていただき、無事に志望する企業への転職ができました。

引用:Googleマップ

良いと思った理由
1.市場理解がしっかりしてた
未経験でコンサルタントになるならばこの職種でこのようにやっておけば行ける可能性がありますと説明していました。
この説明はまさしくこれまで自分がこのエージェント以外の
様々な領域で得た情報と適合していました。
(今にして思えばこのエージェントさんを信じようと思ったのもコレがキッカケであった)

2.求人が多くて選択肢が豊富
→必ずしも受かると言うわけではないが

3.専用アプリの使い勝手
→履歴書や職務経歴書がフォーマットでまとまっていて非常に使い勝手が良かった。面接日や会社の特徴も比較的確認しやすかった。

残念なところ
面接対策
・webカメラでの見え方に関しての指摘が無かったため、それが原因で何社か1次面接で落ちてしまった。(利用するなら、どう見えるかを上記で行う際に聞いてみても良いかもしれません)

引用:Googleマップ

先日利用しましたが、他のエージェントと並行して使っていました。
かなり親身になってくれましたが、結果的に他のエージェント経由での企業の方がより魅力的でそこに行きました。
ただ、恐らくアサインさんでの選考対策が、他企業に役立ちましたし、最後アサインさん経由の企業をお断りする際には
自分の数字があると思いますが、「良い選択肢だと思います、頑張ってください」と笑顔で言ってくれました。

引用:Googleマップ

キャリアインデックス

キャリアインデックス

運営会社 株式会社キャリアインデックス
公式サイト https://careerindex.jp/
公開求人数 1,527,167件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 全職種

CAREER INDEXの特徴

  • 国内の主要転職サイト・人材紹介会社・ハローワークと提携し求人情報約230万件を一括検索できる
  • 年収査定や適職診断が可能

  • 年収1,000万円を越すコンサルタントファームの求人も多数保有

CAREER INDEXがおすすめな人

  • 多くの求人の中から、無駄なくスピーディーに理想の求人にアプローチしたい人
  • 他の転職サービスで希望する求人がなかった人
  • 転職活動に慣れている人

CAREER INDEXは、株式会社キャリアインデックスが運営する複数の転職サービスをまとめて使える日本最大級の転職サイトです。

主要転職サイト・人材紹介会社・ハローワークの保有する約230万件もの求人から希望に合った転職先を効率よく検索・閲覧できます。

求人案件が幅広いため、年収1,000万円を越すコンサルタントファームなどハイクラス求人も豊富です。

一度共通フォーマットにより登録を行えば複数のサービスを横断して利用でき、希望すれば企業からのスカウトオファーを受けることも可能です。

職務経歴書についても、実際に転職活動で使用された4000人分以上のサンプルをチェックでき、これらを参照しながら自身の強みや希望をしっかりとアピールできるレジュメや履歴書を作成できます。

また、AIによるレコメンド機能も導入され、職務経歴書の内容から自身にピッタリなおすすめ求人を参考にすることも可能です。

できるだけ多くの求人の中から、無駄なくスピーディーに戦略コンサル求人にアプローチしたい、という方にはおすすめのサービスといえます。

キャリアインデックスの口コミ・評判一覧

スクロールできます

キャリアインデックスの適職診断やってみた

結果は置いといて、レポートの中でビジネスにおける強みと改善ポイントというところは、自己分析にも使えるし、面接で話す内容にも活かせるかなと感じる。

そういう意味では、自己分析苦手な人とかはその部分では使っても良き。

引用:X

キャリアインデックスさんの適職診断が面白かった。
そうではないかと思ってたが企画・経営・営業職が向いてるらしい。なんか嬉しいし、今後の活動の参考にしたい。

引用:X

適職診断でこの会社のページに引っかかったのでやってみたところ、「次ページへ」をクリックしたらなぜかエラー。

複数の質問に答えたあとだったので、ただ時間を無駄にしただけでした。
本当にシステムエラーなのか、もしくは実質アンケート的に活用されているのか、なんだか騙された感があります。

引用:Googleマップ

ケースCORE

ケースCORE

引用元:ケースCORE公式サイト

運営会社 株式会社レバロ
公式サイト https://casecore.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日時点)
主な求人職種 コンサルタントに特化

ケースCOREの特徴

  • コンサルタント転職特化型サイト
  • 未経験からのコンサルタント転職に強い
  • 通過率の高い特別ルートでの面接確約が可能

ケースCOREがおすすめな人

  • 未経験からコンサルティングやITへの転職を考えている
  • 適性診断やキャリア相談も受けたい
  • 面接確約で効率的に転職活動を進めたい


ケースCORE株式会社レバロが運営する、コンサルタント転職に特化した転職サイトです。

業界を代表する大手コンサルティングファーム求人を多数保有しており、大手総合ファーム、外資系戦略ファームなど、コンサル特化型ならではの充実したハイクラス求人が揃っています。

未経験からのコンサル転職に強いのも選ばれるポイントで、利用者の90%以上はコンサルタントやITの未経験者です。Webで完結する適性診断やキャリア面談なども充実しており、未経験者であっても自分のコンサル適正を知ることからスタートできます。

また、面接確約の特別ルートも大きな強みです。現役コンサルタントや元コンサルタントが評価・採点をしている精度の高い適性診断により、書類選考スキップ、面接確約のケースCORE特別ルートが各社から提供されています。

CONSUROOT(コンサルート)

CONSUROOT(コンサルート)

引用元:コンサルート公式サイト

運営会社 株式会社ファンオブライフ
公式サイト https://agaroot-career.jp/consul/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルティング領域に特化

コンサルートの特徴

  • コンサルタントの転職支援に特化
  • コンサルタント特有の転職マーケットを深く理解
  • 業界特化ならではの好条件な非公開求人を多数保有

コンサルートがおすすめな人

  • コンサル業界に精通したエージェントに相談したい人
  • 他社にはない非公開のコンサル求人案件を求めている人
  • コンサルタントとしての長期的なキャリア相談もしたい人

 

CONSUROOT(コンサルート)は、株式会社ファンオブライフ(業界特化型転職エージェントサービス提供)が運営を行う、コンサルティング領域に特化した専門性の高い転職エージェントです。


特化型のためコンサルタント転職の実情に精通しており、専門のエージェントが長期的な視点でのキャリア相談に対応しています。


非公開求人案件が多数あることも強みで、戦略・IT・総合・事業再生・国内中堅など各分野のコンサルファームの求人案件を保有。アソシエイトからマネージャー、パートナーなど幅広いポジションの案件紹介が可能です。


また、案件紹介だけはでなくレジュメ・選考対策・条件交渉など、転職活動の各プロセスにおいて手厚いサポートが受けられます。


コンサルートでは初めての転職活動の方の利用も多く、エージェント利用の経験がない方でも丁寧なカウンセリングから行うので安心して利用できるサービスです。

 

ITコンサルタントに強いおすすめ転職エージェント4選

ITコンサルタントに強いおすすめ転職エージェント

ここではIT関連のコンサル転職に強いエージェントをご紹介します。

ERPと呼ばれるシステムの導入やCRMツール運用、SCM戦略立案などIT活用に関する幅広い領域でのコンサルティングを行い、企業の成長を支援するITコンサル。

需要も多く年間を通じて比較的多くの求人が出ていますので、定期的にチェックしてみることをおすすめします。

IT系コンサルタント転職に強いエージェント 特徴
レバテックキャリア IT業界に特化しITコンサル転職に強い
ワークポート
IT業界を中心に様々な業種の案件が豊富
ケンブリッジ・リサーチ研究所 DX領域のコンサルタント転職に特化
ムービンストラテジックキャリア  コンサル特化型転職サービスの老舗

レバテックキャリア

レバテックキャリア
運営会社 レバテック株式会社
公式サイト https://levtech.jp/
公開求人数 25,408件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 IT・Web業界

レバテックキャリアの特徴

  • ITに特化した専任のアドバイザーが支援
  • 年収600万円以上やリモートなどの好条件求人も豊富
  • 転職成功者の5人に4人が年収アップを実現 ※2020年8月~2021年9月の実績

レバテックキャリアがおすすめな人

  • キャリアアップを狙うIT経験者の人
  • 求人の紹介から内定まで確立されたサポートを受けたい人
  • 求人票ではわからない情報も詳しく教えてもらいたい人

レバテックキャリアは IT業界に特化した転職エージェントであり、特にITコンサルの転職に強みを持っています。

IT専門だけあって業界の技術や市場を熟知し、現場のリアルな最新情報を把握している専任アドバイザーが転職希望者の意向や特性にマッチした案件を紹介してくれます。

IT関連企業の求人を常時5,000件以上保有し、ITコンサルをはじめ大手IT系・WEB系企業やスタートアップまで幅広く網羅しています。

そのためキャリアUPを狙うIT経験者には、ぜひおすすめしたいエージェントです。

レバテックキャリアの口コミ・評判一覧

スクロールできます

キャリアアドバイザーの方がとても親切でした。
ヒアリングや面接対策も的確で無事第一志望の企業に内定を頂く事が出来ました。
自分のエンジニアとしての市場価値も分かるので、転職を検討しているエンジニアの方は是非登録からでもしてみて下さい。

引用:Googleマップ

再就職の為に利用しました。
サイトを表示してからたった数個の質問でカウンセリングまで到達出来るのが良かったです。

また、担当者の方も密にコミュニケーションを取ってくれたり、各企業担当営業の方から事前に企業の色や特徴を教えて貰えた事で面接も安心して臨むことが出来ました。

引用:Googleマップ

担当エージェントは親切で丁寧で、仕事後や週末に通話をしていただいたり、いつもタイムリーに対応していただきました。
おかげさまでいい会社に転職できました。
ただ、転職活動に支障が出なかったとはいえ、ミスコミュニケーションや直前の予定変更もありました。
LINEでエージェントとやりとりする時はサポートチームが間に挟んだりするシステムも改善できるといいなと思いました。

引用:Googleマップ

アドバイザーの方が親切で非常に助かりました。転職も上手くいき満足しております。

良かった点
•面接の日程調整がスムーズだった
•質問への回答の速度が早かった
•アドバイザーの会話のテンポが良く、要領をすぐに飲み込んでくれた

悪かった点
•面接先との期日(内定承諾日等)の情報共有が出来ていないことがあった。具体的にはアドバイザーと内定先とで認識している期日が違うことがあった。
•ZOOMのミーティングパスワードの記載がないことがあった。アプリで入ればパスワードは不要だが、それならある無し統一してほしい。

引用:Googleマップ

ワークポート

ワークポート

 

運営会社 株式会社ワークポート
公式サイト https://www.workport.co.jp/
公開求人数 100,825件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 ITコンサル・経営コンサル・戦略コンサルなど

ワークポートの特徴

  • IT業界の求人案件が豊富
  • 全国に拠点があり地方企業も扱う
  • 転職コンシェルジュの手厚いサポートが受けられる

ワークポートがおすすめな人

  • ITコンサルの求人数が豊富なエージェントを求めている人
  • 細かいカウンセリングやアドバイスを受けたい人
  • 東京以外で求人を探している人

 

ワークポートは、IT業界に強くITコンサル・エンジニア・Webディレクターなどの求人が豊富な転職エージェントです。

ITに限らず求人数が幅広く豊富なので、東京に限らず全国的に様々な企業の求人案件を扱っています。拠点も北海道~沖縄まで全国にあり、都心の大手企業はもちろん地方の地元企業なども取り扱っているので選択肢が多いのが魅力です。

「転職コンシェルジュ」が転職活動を手厚くサポートしてくれるのもポイントで、それぞれに強みをもったコンシェルジュが細かいヒアリングを行い、転職者に並走しながら満足度の高い支援を行います。

転職者それぞれの状況に寄り添ってくれるので、未経験からのコンサル転職など不安を抱えている方にもおすすめできるサービスです。

ワークポートの口コミ・評判一覧

スクロールできます

じっくり自分に合う職場を見つけられた
面接対策では転職コンシェルジュだけでなく企業担当の方も親身にアドバイスをしてくれました。電話で30分程時間を使って、志望動機の確認や他の質問への返答内容を一緒に確認してくれたので、本番でも自分の考えをきちんと伝えることができました。自分に合う職場をみつけるためには企業にも自分の考えを正しく伝えることが大切だと思うので、プロの方に面接対策していただけて良かったです!

引用:ワークポート公式サイト

転職活動を並走してサポートしてくれるパートナーのような存在
良い意味で堅苦しさがなく、打ち解けた雰囲気で並走しながら転職活動をサポートしてくれました。
ビジネスライクではなく時には冗談も言えるような親密な関係を築きつつも、しっかり転職コンシェルジュとして締めるところは締めてアドバイスをしてくれるとても良い距離感でサポートしてもらいました。

引用:ワークポート公式サイト

自分の状況に合った情報を提供してくれた
システムエンジニアにキャリアチェンジしたいという私の意思を尊重し、必要な情報をたくさん提供してくれました。“こうすべき”というスタンスではなく、あくまで最終的に決定するのは私であり、転職コンシェルジュは選択肢を広げて判断に必要な情報を提供してくれるという関係性でサポートしてくれたのがとても嬉しかったです。

引用:ワークポート公式サイト

想像以上のスピード感!
ワークポートに登録した時点では2ヵ月くらいの間に決まれば万々歳と思っていたのですが、想像以上の早さで登録から3週間ほどで転職先が決まりました(笑)。ハローワーク経由で応募していた求人は書類選考に3週間かかっていたので驚きました。

引用:ワークポート公式サイト

関連記事>>ワークポートの評判・口コミ

ケンブリッジ・リサーチ研究所

ケンブリッジリサーチ研究所

運営会社 株式会社ケンブリッジ・リサーチ研究所
公式サイト https://cambridge-research.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 DX・CxO領域

ケンブリッジ・リサーチ研究所の特徴

  • DX領域のコンサルタント転職を強化
  • CxO・エグゼクティブ転職にも強く、転職実績者の約50%がキャリアジャンプを実現
  • 独自のネットワークにより国内外の事業会社やファンド・VCからの求人提案が可能

ケンブリッジ・リサーチ研究所がおすすめな人

  • DX関連での転職を考えている人
  • エグゼクティブ・マネジメント領域での転職を検討している人
  • 長期的なキャリア形成を視野に入れて転職したい人

ケンブリッジ・リサーチ研究所(CRI)は、コンサルティング業界に在籍するDX人材を中心に転職・独立・副業までを包括サポートしてくれるエージェントです。

1962年に日本初の人材紹介会社として創業し、CxO・エグゼクティブ領域に特化した紹介を行ってきた同社は、2016年にアクシスコンサルティングのグループ会社となったことで、近年よりニーズが増大しているDX領域の強化が図られています。

ケンブリッジ・リサーチ研究所では、求人を紹介するだけでなくポジションメイクや企業の課題解決のために、登録者の経験やスキルを企業へ積極的に提案してくれます。

これにより、利用した転職実績者の約50%がキャリアジャンプ(部長職からCFO、COOからCEOなど)となる転職に成功している実績があります。

求人案件についても、日本国内で約60年の歴史の中で培ったネットワークを活かし、国内外の事業会社や50社以上のファンドやVCから、攻めの経営が期待される企業や新市場や新サービスでのチャレンジが可能な企業など、希望に沿った紹介が受けられます。

特にDX関連のコンサルティング領域における求人を豊富に保有しており、フリーコンサル案件の提供、経営・事業課題のスポットコンサル案件も提案可能としているのも特徴です。多様化する働き方を視野に入れた、キャリア形成の柔軟なサポートも期待できます。

DX関連での転職を希望の方や、エグゼクティブ・マネジメント領域での転職を検討されている方にはぜひおすすめしたいエージェントです。

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリア
運営会社  株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
公式サイト https://www.movin.co.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルタント全般(戦略/経営/IT/金融/人事など)

ムービンストラテジックキャリアの特徴

  • 創業28年・日本初コンサル業界特化エージェントとしての実績とノウハウ

  • コンサル特有のケース面接対策にも対応

  • 国内のコンサルファームほぼ全てを網羅した紹介実績

ムービンストラテジックキャリアがおすすめな人

  • ファーム特有の面接対策をしっかり行いたい人
  • コンサルティング業界ならではの情報を詳しく知りたい人
  • 20代・30代の若年層でコンサルティング業界に興味を抱いている人

ムービンストラテジックキャリアもアクシスコンサルティングと同様に、コンサルに特化し創業28年の実績を誇る老舗エージェントです。

キャリアアドバイザーにも元ファーム出身者が多いため、豊富なコネクションからの非公開案件も多く、求人のレベル感や内部情報も豊富に備えています。

これまでの紹介実績では国内展開するコンサルファームほぼ全てを網羅しているだけでなく、事業会社の紹介実績も豊富にあるなど幅広い案件を取り扱っています。

レジュメ添削はもちろん、ファーム特有の面接対策についても、しっかりと対策をしてくれるエージェントです。

ムービンの口コミ・評判一覧

スクロールできます

ビスリーチに登録して複数のエージェントと話したがイマイチ感覚が掴めず、中には即応募を急がせるなど危機感を感じ、コンサル転職で検索したムービン社に相談。
コンサル業界のこと、選考のことを細かく丁寧に教えてもらい当方も腹落ちしたのでムービン社で転職活動始めました。
希望通り外資戦略コンサルに受かり、さすがムービンだと感じています。
相談して良かった。

引用:Googleマップ

ムービンのご担当者の方々には大変お世話になりました。面接対策の方をかなり綿密に行なっていただけたので本当に有り難かったです。もし次に転職を考えた際もご依頼させていただきたいです。

引用:Googleマップ

2回の転職で12箇所以上転職エージェントを利用しましたが、ムービンやアンテロープはかなりお世話になりましたね。

引用:X

コンコードさん、ムービンさんあたりがオススメです。
丁寧かつ幅広く案件を紹介してくれますよ。アラフォーの転職で苦労していますが、粘り強くフォローいただいております!

引用:X

自分含め周りの転職した友達の話を踏まえた個人的な意見としては、第二新卒転職やコンサル系目指すならムービンストラテジックかdoda派

・ムービン→コンサル出身のエージェント多い、ケースの対策してくれる
・doda→有名企業なら応募企業ごとの専任?がいるとか

引用:X

関連記事>>ムービンストラテジックキャリアの評判・口コミ

ITコンサルタントに強いおすすめ転職エージェントはこちらの記事でも詳しく解説しています。
関連記事>>ITコンサルタントに強いおすすめ転職エージェント

外資系コンサルタント転職に強いエージェント6選

外資系コンサルタント転職に強いエージェント

外資系コンサルファームは、業務内容は日系のコンサルファームと変わりませんが、英語力が求められます。

求められる英語力は、最低でもTOEIC®800点レベルと言われており、英語での会話やプレゼンテーション能力が求められる機会が多くあることが特徴です。

そのため外資系コンサルへ転職を決める前には十分な英語力を備えておく必要があります英語力を整えた上で、以下に紹介する外資系コンサルにおすすめなエージェントに登録し、適切なサポートを受けていきましょう。

外資系コンサルタント転職に強いエージェント 特徴
Flow Group 未経験からの外資・大手コンサル転職を手厚くサポート
MyVision コンサル特化型のハイクオリティ転職支援サービス
ランスタッド 世界39カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェント
JACリクルートメント 外資系・海外進出系企業の転職に強い
エンワールド・ジャパン 外資系企業やグローバル企業のハイクラス案件を多く保有
LHH転職エージェント 外資・グローバル企業をはじめ幅広い企業の紹介が可能

Flow Group

運営会社 株式会社 Flow Group
公式サイト https://consul-career.com/lp-consul-non-experience/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

Flow Groupの特徴

  • 大手・外資の好条件求人を多数保有
  • 全てのアドバイザーが大手コンサル企業出身
  • フェルミ推定からケース面接まで、時間無制限の対策サポート

Flow Groupのおすすめな人

  • 大手や外資コンサルファームへの転職を希望する人
  • 未経験からのコンサル転職で年収やスキルを高めたい人
  • コンサルファームでの勤続実績があるアドバイザーを求めている人

Flow Groupは、大手・外資のコンサル求人を多く保有するコンサルタント専門の転職エージェントです。

未経験からコンサルへの転職サポートに強く、コンサルとして年収や市場価値を高めるためのサポートが充実しています。

アドバイザーは全員が大手コンサルでの勤続実績があることも特長で、コンサルファームの採用プロセスや評価基準に沿った的確なサポートが可能。

他社と比べてもマンツーマンでのサポートにかける時間を重視しており、手厚い対策でコンサルへの転職を成功に導きます。

Flow Group

引用元:Flow Group公式サイト

また、紹介実績には大手・外資も多く、レベルの高い大手コンサルファームでのスキルアップを目指す方にも適しています。

引用元:Flow Group公式サイト

Flow Groupは、未経験であっても丁寧なカウンセリングで、明確なキャリアパスを描くことを助けてくれるエージェントです。

特に未経験からコンサルへのキャリアチェンジを考えている方は、まず登録から始めてみましょう。

Flow Groupの口コミ・評判一覧

スクロールできます

構造的に話す、原体験を踏まえた理由づくり、といったアドバイスを頂きながら、細かいチューニングを一緒に行って頂きました。
最終的には自分的にも「準備した質問を聞かれれば受かる」という状態まで対策が出来て、自信を持って面接に望むことが出来ました。プロに見ていただくことで、自分では絶対に気づけないような修正点や改善点を指摘いただけるので本当におすすめです。
(一部省略)

引用:Googleマップ

▶︎エントリー資料添削
このまま出していたら恐ろしいと思えるほど、コンサルファーム向けに修正して頂きました。プロジェクトベースでの経験の追加や先方企業が不安に思いそうな点に対してきちんと先回りして情報を記載しておく等大変勉強になりました。自分がアピールすべきと思っていた点とコンサル会社が求めているアピールが違うということを学び、面接にも活かすことができました。
(一部省略)

引用:Googleマップ

中々結果が出ず悔しい時期もありましたが、内定を頂けた時は本当に嬉しかったです。

中野様には私のキャリアを第一に考えた上で背中を押して頂き、本当に感謝しています。また、面接対策の枠を超えてキャリアビジョンなど親身に相談に乗って頂けたことも印象に残っています。

引用:Googleマップ

他のエージェント様からは非常に簡単なヒアリング、かつ、機械的な求人提案を頂いていた分、中野さんと初めてお話した際にはこの人は少し違うなと思ったのが第一印象でした。
自分がなぜキャリアチェンジをしたいのか、自分の過去の選択や仕事に対する価値観、将来どのようになっていきたいのか、と様々な深掘りを頂き、面談を通じて自分の考えの浅さやキャリアについてまだまだ知識がないことを改めて感じました。
「なんとなくかっこいいから」「興味があるから」という理由だけで次のキャリアを選ぶことに対してブレーキをかけることが出来ました。

引用:Googleマップ

MyVision

MyVision
運営会社 株式会社MyVision
公式サイト https://my-vision.co.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 Big4をはじめとするほぼ全てのコンサルファーム、シンクタンク、領域特化型ファーム(財務・組織人事・事業再生・医療)

MyVisionの特徴

  • コンサル転職エージェントと戦略ファームの出身者が提供する転職サービス
  • Big4や外資系コンサルファームはじめ200社以上1,000ポジション以上の求人を用意
  • キャリア相談から転職後まで一気通貫で徹底サポート

MyVisionがおすすめな人

  • 本番想定の模擬面接によるフェルミ推定・面接対策など徹底したサポートを受けたい人
  • 未経験でもこれまでの経験を活かせるコンサルへ転職をしたい人
  • 戦略ファームやBig4を紹介して欲しい人

MyVisionは、コンサル転職エージェントとトップ戦略ファームの出身者が提供するコンサルに特化した転職支援サービスです。

累計内定者数800名以上の実績があり、うち95%以上の利用者が年収増(転職後3年以内)しており、他業種や未経験からのコンサル転職にも強みをもっています。

紹介企業はBig4をはじめ外資系戦略ファームやシンクタンク、領域特化型ファーム(財務・組織人事・事業再生・医療)など、ほぼ全てのコンサルファームを紹介可能

個々の経歴やキャリア志向に応じて最適な転職戦略を提示してくれます。

選考対策についても「書類通過する」ためのレジュメ添削や過去数千件の面接内容を分析した「独自の面接対策資料」、本番想定の模擬面接によるフェルミ推定・面接対策など徹底したサポートが受けられます。

これらの実績からJapan Business Research転職エージェント部門では6項目も高評価を得ています。

MyVisionの口コミ・評判一覧

スクロールできます

MyVisionさんにご支援いただき、無事希望の条件で転職活動を終えることができました。
初回面談から丁寧にヒアリングいただき、自身の希望に沿った企業をご紹介いただきました。

その後も、面接対策等どのようにお話しするのか、内容の精査から実際の模擬面接まで、毎日のようにご支援いただきました。
時には仕事が遅く終わり、そのような時も深夜に関わらずご返信をいただき、大変心強かったです。

MyVisionさんなしでは、この転職活動を成功させることはできませんでした!
本当にありがとうございました。

引用:Googleマップ

応募企業選び、職務経歴書の添削、ケース含む模擬面接まで丁寧にサポートいただきました。
気になる点、不安な点は担当の方へLINEで気軽に相談できました。

引用:Googleマップ

エージェントの石井正人さんに担当頂きました
誠実で仕事が出来そうな人という第一印象でしたが、その通りでした
今回未経験業界への転職でしたが、レジュメ添削から面接対策までサポート頂き、特に面接対策では本番の面接でしっかり話せるレベルになるまで何度も対策のお時間を取って頂けました
結果第一志望の企業に内定を頂くことができ感謝しています
ありがとうございました

引用:Googleマップ

最初の面談はとても参考になる詳細なものでしたが、実際にサポートが始まってからは書類チェックから面接対策まで手抜きのように感じました。少なくとも細かい助言や有効な改善策は提示されませんでした。

引用:Googleマップ

関連記事>>MyVisionの評判・口コミ

ランスタッド

ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公式サイト https://www.randstad.co.jp/
公開求人数 7,258件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 ITエンジニア/事務・管理部門/ライフサイエンスなど

ランスタッドの特徴

  • 外資系転職エージェントとして穴場な存在
  • 60年間の支援実績から期待される独自のノウハウ
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人も豊富

ランスタッドがおすすめな人

  • 非正規からでも外資系のキャリアをスタートさせたい人
  • 英語など外資系企業で活かせるスキルを持っている人
  • 海外の外資系企業で働きたい人

ランスタッドは、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

派遣会社の登録で有名なイメージですが、バイリンガル人材の転職を主軸とし、外資系コンサルファームの独自案件も多数保有しています

求人数は他の転職エージェントと比較して、全体の求人は常時2500件程度と、一見ボリュームが少なく見えます。しかし世界を舞台に60年の支援実績があり、外資系への転職支援には確かな実績とノウハウを蓄積しています。

また派遣業界における実績もあるので、英語を使った仕事に経験がなく、非正規からでも外資系のキャリアをスタートさせたい、という人にも門戸を開いてくれます。

東京に限らず、北海道から九州まで全国に拠点を展開している点もポイントです。

ランスタッドの口コミ・評判一覧

スクロールできます

高待遇の外資系企業への転職ならランスタッドがオススメです。求人の質、業界に特化したコンサルタントの質、面接のフォローアップ含めてかなり満足度高いです。3回転職してるけど初転職のときからお世話になってます。まだ未登録の人は登録を推奨します↓

引用:X

ランスタッドはバイリンガルやトリリンガル、海外経験があって外資系に転職したい人にはガチでおすすめ。歩兵さんの体験記にもある通り、個性的というかエッジの効いた独占求人が多くて見てるだけで楽しいし、キャリアコンサルタントが丁寧。デメリットはレスポンスが若干遅めな事くらい。

引用:X

外資を中心にユニークな求人が多くてフレキシブルな働き方を目指すなら「ランスタッド」がおススメです。ランスタッド自体がグローバル企業なので外資系への転職に特に強く、海外経験がある方におススメです。リモート OKや副業OKな求人も多く理想の働き方を目指せます。

引用:X

関連記事>>ランスタッドの評判・口コミ

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 18,150件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントの特徴

  • 約1200名の優秀なエージェントが在籍 ※2018年8月末現在の実績(JAC Group合計)
  • 求人のスペックや社風を教えてくれる
  • 外資系・海外進出企業との繋がりに強み

JACリクルートメントがおすすめな人

  • 30代、40代、50代のハイクラス層の人
  • スキル、経験や実績を活かしたハイクラスの転職を目指したい人
  • 高い年収やポジションが希望の人

JACリクルートメントは、世界12ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークを背景に、外資系企業や海外進出企業への転職支援で豊富な実績を持っています。

 

ハイクラス・ミドルクラスの転職に特化しており、コンサル転職においても質の高いサポートが強みです。

 

JACリクルートメントはエージェント個人と企業が直接やりとりをするため、求人票からはわからない、社風や部・課・チームの雰囲気など求職者が気になる情報を共有してくれます。

 

外資系企業には日系企業にない雰囲気や慣習がある場合も多いので、特に初めて外資系企業に転職される方は登録しておいて損はないでしょう。

JACリクルートメントの口コミ・評判一覧

スクロールできます

転職活動でお世話になりました。
2名のコンサルタントさんの紹介案件を進め、面談・選考対策等いただきましたがどちらも信頼できる方でした。こちらの希望もしっかりと聞いた上で紹介や交渉をいただけますし、面接後のフォロー等も適切でした。

転職を検討しているならばまず相談を とオススメできると感じていますが、業界・担当者により当たり外れがあるのかもしれません。私自身は今のところ満足していますのでこちらの評価としました。

引用:Googleマップ

経験や方向性を踏まえて求人の提案をしていただけた印象でした。
知識や企業のことも深く知っている方が多く感じました。
選考前に対策もしてくれ、当たり障りない問答ではなくて、自分の足りていないところを気づかせていただき結果も無事に内定をいただくことが出来て感謝しております。

引用:Googleマップ

3人のエージェントの方にお世話になり、3人とも信念をもって対応して下さる、非常に信頼できる方でした。それぞれ担当の企業を最大限アピールするものの、最終的に押し付けたりすることはなく、私にとって納得のいく転職になるようチーム全員でサポート頂きました。
低い評価も多く見られ、大手のため所謂「アタリハズレ」は避けられないのかもしれませんが、私はここで転職のサポートを頂けて幸運だったと思います。

引用:Googleマップ

丁寧に対応していただきました。
聞けば大体の事は教えてもらえます。
ただ、最初の面談時に担当の方プラス4〜5人のエージェントと面談しないといけないので、気力が必要です。
オフィスはきれいです。

引用:Googleマップ

スカウトから利用させていただきました。
【良い点】
•アドバイザーさんが話しやすい。
•積極的に求人をいただける。
•面接対策をしていただける。

【よくない点】
•分業制なので担当営業のごり押しがキツい人がいる。
•逆に企業担当者が企業を理解していない、スタートアップなどは連携不足がある。
•求人票と選考フローが違っている点がある。

スキルに自信があれば、まあまあ良い気がしました。

引用:Googleマップ

関連記事>>JACリクルートメントの評判や口コミを紹介

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン
運営会社  エンワールド・ジャパン株式会社
公式サイト https://www.enworld.com/
公開求人数 1,147件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 テクノロジー・デジタル・通信/ライフサイエンス/製造業など(外資系・日系グローバル企業)

エンワールド・ジャパンの特徴

  • 採用決定後も継続的なサポートがある
  • 外資系を中心に多数の求人を保有している
  • 求職者のキャリアプランも考えてくれる

エンワールド・ジャパンがおすすめな人

  • 転職成功者のサービス満足度が高いエージェントを選びたい人
  • 今後のキャリアプランを考えた上で求人を紹介して欲しい人
  • 年収が高くマッチング度の高い企業に転職したい人

エンワールド・ジャパンは人材業界大手エン・ジャパンのグループ企業。

外資系企業やグローバル企業の求人案件を多く保有し、年収1,000万円以上のハイクラス求人も豊富です。

 

公開求人で外資系・日系グローバル企業の求人数を調べると公開求人だけでも豊富で、非公開求人を含めるとさらに数が増えると考えられるため、外資転職を考える方であれば登録しておくとよいでしょう。

 

また「入社後活躍」という企業ミッションに即し、採用決定後も候補者に対し定期的に面談を行うなど継続的なサポートを行ってくれます。

 

転職成功者のサービス満足度も97%と高く、求職者の職歴や希望をしっかりと把握し、キャリアプランを考えた上で求人を紹介してくれるのが特徴です。

エンワールドの口コミ・評判一覧

スクロールできます

初の転職活動でご縁を頂きましたが、私の経歴に非常にフィットした転職先をご提案していただき、プロの転職エージェントを体感しました。
また、先方との素早い調整によりスムーズな面接プロセスを進めることができたほか、面接後のフォローアップなど、親身になって対応してくださるので安心してお任せすることができました。
面接対策から退職交渉のフォローまで常に寄り添っていただき心から感謝しております。
転職希望の人に積極的におすすめしたいです。

引用:Googleマップ

今までのエージェントさんの中で1番良かったです。担当して頂いた方は人柄も良く、こちらの率直な悩みに真摯に向き合ってくれました。面接時にどのように話せば良いかも分かりやすく教えてくれました。こちらの無理な交渉ごとも、上長の方と相談しながら先方にどのように伝えるべきか、本気で考えてくれました。またお世話になりたいと思えるエージェントさんでした。

引用:Googleマップ

転職者の希望に添った求人の紹介・提案をしていただける非常に良いエージェントさんでした。
他社エージェントさんには対象となる求人が少なく難しいと言われた希望条件を満たす求人も多数ご紹介いただけたのは非常に有難かったです。
また在職中での転職活動だったため、面接を実施可能な時間が限られていましたが、エージェントさんが適切に調整してくれたお陰でスムーズに日程を決めることができました。
今回、希望通りの転職ができたのもエンワールドさんのお陰だと思います。
本当にありがとうございました。

引用:Googleマップ

中長期的なキャリアを見直す転職機会をご紹介いただき、今回希望の転職先に就職することが実現できました。特にご担当のコンサルタントの方からは、転職先の魅力や特徴について的確なアドバイスがあり、企業を十分理解した上で選考過程に臨むことができたため、最良の結果を得ることができました。

引用:Googleマップ

今回の転職で利用させていただきました。とにかく素晴らしかったポイントは、候補者である私のレジュメを細かくレビューいただき、私にとって本当にこのポジションが適切かどうか?というところからう採用に至るまで一貫して親身になって相談に乗っていただけたところです。ここまで候補者に寄り添えるコンサルタントの方に私は初めてお会いできた気がします。
面接後のレスも早く、給与交渉や入社日決定の場面でも、果敢に内定先企業担当者と交渉いただけ、最終的に満足のいく条件でオファーレターをいただけたのも、今回のコンサルタントの方の力あってのことと思っています。

引用:Googleマップ

関連記事>>エンワールドジャパンの評判・口コミ

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

運営会社 アデコ株式会社
公式サイト https://jp.lhh.com/
公開求人数 15,811件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 全職種

LHH転職エージェントの特徴

  • 外資系をはじめ国内大手から中堅まで幅広く紹介可能
  • エージェントは職種ごとの担当制で専門性が高い
  • 多国籍のエージェントが在籍

LHH転職エージェントがおすすめな人

  • 様々な国籍のエージェントからリアルな情報を得たい人
  • 外資系企業に転職を検討している人
  • 外資系企業への転職で年収アップを目指す人

LHH転職エージェント(旧スプリングエージェント)は、グローバルに展開する世界最大級の人材サービス企業・アデコ株式会社が運営する転職エージェントです。

スイスに本社を構えるAdecco Groupの世界60の国と地域で培った豊富なネットワークにより、外資・グローバル企業をはじめ、国内大手企業から優良中堅企業など幅広い求人の紹介が可能です。

主な求人は、コンサルタントはもちろん、IT、クリエイティブ、マーケティング、営業をはじめほぼ全職種を網羅。

これまでの実績では3人に1人が年収アップ、10人に1人は年収1000万円以上での転職など、高収入での転職成功事例が多いのもポイントです。(2023年4月自社調べ)

エージェントは職種別の担当制をとっており、産業・業界ごとでもチームが細分化されるため、コンサルタントの転職にはコンサル業界に精通した担当者によって求人提案が受けられます。また、様々な国籍のエージェントが在籍するため、各国の企業文化や商慣習などリアルな情報も得ることができます。

LHH転職エージェントの口コミ・評判一覧

スクロールできます

自分も人材紹介を営む会社にいたことがありましたが、ここで業界への印象が変わりました。エージェントは親切で業界に詳しく、また企業さんとの連絡も密に取れておりとてもお陰でとても良い結果を出すことが出来ました。
転職エージェントならまずここを勧めたいです。

引用:Googleップ

自身だけでは書類選考で落ちてしまうような大手企業への内定を勝ち取った。業種ごとに精通した専門の担当エージェントさんがおり、かなり手厚くフォローしてもらえる。またそのエージェント自身が企業の担当者といい関係を築いているようで、事前にかなり精度の高い情報や細かなフィードバックを得られる。
結果様々な企業の書類選考や面接を通過し、逆に選択に迷ったがそこでも的確なアドバイスを頂き疑念や不安を払拭して進むことができた。

引用:Googleマップ

【良かった点】
•面接対策あり
•必要書類添削あり
•レスポンス早かった

【イマイチな点】
•担当者がやや強引
•求職者の特徴を生かした求人紹介とは少しズレがあり、営利主義的な発言があった。
コロナで落ちた業績を挽回したくて必死さが伝わってきた。
•基本電話でしか連絡してこず、zoomとかで顔合わせなどなかった。

引用:Googleマップ

面接対策が的確で内定までたどり着くことができました。自分の担当者さんは丁寧で波長が合ってとても良かったです。

何処のエージェントさんにも言えることですが、担当者によって差はあると思います。

引用:Googleマップ

大手と比較し、取り扱い求人の量、質は低いなと感じました。
なにか1つでも惹かれる要素があれば応募も検討するのですが、
なんともいえない企業ばかりで、、(自分の価値観ですが)
1か月ほど利用して納得のいく提案がなかったので解除しました。
唯一良いと思った求人も、応募してから1か月くらい音沙汰ないし、、
自分には合わなかったです。
なんでもいいからとにかく正社員になりたい、という方には
とりあえず面談して紹介してくれると思うのでいいと思います。

引用:Googleマップ

金融・財務系コンサルタント転職に強いエージェント4選

金融・財務系コンサルタント転職に強いエージェント

ここでは、金融・財務系のコンサルタントとして転職を目指す方におすすめな転職エージェントを紹介します。

金融業界に特化した転職エージェントも存在するので、ぜひチェックしてみてください。

財務・金融系コンサルタント転職に強いエージェント 特徴
ヒュープロ 会計業界に特化した転職エージェント
ヤマトヒューマンキャピタル 経営・ファイナンス領域に特化した転職エージェント
コトラ  財務・金融などのハイクラス転職に強い
アンテロープ 金融・コンサル業界への転職專門のエージェント

ヒュープロ

ヒュープロ

運営会社 株式会社ヒュープロ
公式サイト https://hupro.jp/
公開求人数 11,322件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 税理士/経理/公認会計士など

ヒュープロの特徴

  • 会計業界に特化した転職エージェント
  • 業界に精通したアドバイザーによる手厚いサポート
  • 働きやすい個人事務所から、業界最大手BIG4やプライム上場企業まで幅広い求人案件あり

ヒュープロがおすすめな人

  • 会計業界に絞っての転職を検討している人
  • 管理部門への転職に強みを持っている人
  • 対応が早く手間のかからないエージェントに依頼したい人

Hupro(ヒュープロ)は、税理士など会計業界に特化した国内最大級の転職エージェントです。

紹介案件の9割以上が会計事務所・税理士法人の求人であり、非公開の独占求人も含め求人数は業界No.1を誇る(※)など、特化型のエージェントながら豊富なデータベースを用意しています。

そのうちリモートワーク可能な求人も多く、柔軟な働き方を希望する方にもおすすめです。

忙しい「士業・管理部門」の方々に合わせた対応の速さや、手間をかけないフローを徹底しているのもポイント。求人紹介にも独自のシステムを活用しており、スキルに合った選考通過率の高い求人が自動的に提案されるなど、スピーディーな支援を意識しています。

転職サポートでは、特化型ならではの業界に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接対策など丁寧に支援してくれます。

会計事務所など、会計業界に絞っての転職を検討されている方は登録しておくべきエージェントでしょう。

(※)調査概要および調査方法:税理士・会計業界専門求人サイトを対象としたデスクリサーチおよびヒアリング調査 
調査期間:2023年10月24日~11月6日 調査実施:株式会社エクスクリエ
比較対象企業:「税理士・会計業界専門求人サイト」展開企業 主要10 社

ヒュープロの口コミ・評判一覧

スクロールできます

経理での転職の際にお世話になりました。
通勤時間、就業時間、業種等、かなり細かな条件をつけたにも関わらず、希望に合う求人を多数紹介いただきました。こちらの希望日に複数社面接を出来るように調整していただけたので、在職中でも転職活動がスムーズに出来ました。
過去の転職では大手転職エージェントも複数使った経験がありますが、ヒュープロさんの方が対応が親身且つ的確で格段によかったです。

引用:Googleップ

とても丁寧で迅速なサポートをしていただきました。
子育て中で縛りが多い自分が希望していた働き方で希望の職種に転職することが出来ました。
ありがとうございました。
経理、会計職であれば是非おすすめしたいエージェントです。

引用:Googleマップ

自動車関連部品製造メーカーのエンジニアから、デジタル業務コンサルタントへの転職に成功することができました。業務コンサルタントに転職してキャリアの幅を広げつつ、キャリアアップ(年収アップ)したいという希望をサポートいただけ、大変満足しております。大手〜中小まで幅広くコンサルタントの求人をご提案いただけ、他の転職エージェントよりも豊富だった印象です。コトラ様の強みかなと思いました。

引用:Googleマップ

転職するにあたり利用しました。以前他のエージェントを利用したこともあり、その時はほったらかしにされて結局自分で探すことの方が多かったのですが、ヒュープロさんはしっかりと対応してくれました。
求人数もそれなりにあり、レスポンスも早く、また現状確認で定期的に面接もありました。
応募先での些細なことも確認し、メールだけではなく、すぐに伝えて欲しいということは電話していただけたことは本当に助かりました。
こちらのお願いした条件が厳し目でしたが、予定よりも早く希望の会社から内定をいただけたので、ヒュープロさんがいなかったらもっと時間がかかってたと思います。
管理部門系を探している人にはおすすめです。

引用:Googleマップ

この広告見たとき、30代で700万円とか簡単にいくわけないやろと思ったけど、本当にヒュープロ使ったら700万円以上でオファーもらえました☺

引用:X

経理職の求人数も多く、ニーズに合った求人をご紹介いただき非常に満足しています。エージェントの方の対応が非常にスピード感があり大変助かりました。また、他の大手転職エージェントの方に比べて親身な対応だったので、安心して転職活動が行えました。
ありがとうございました。

引用:Googleマップ

関連記事>>HUPRO(ヒュープロ)の評判・口コミ

ヤマトヒューマンキャピタル

ヤマトヒューマンキャピタル株式会社

運営会社 ヤマトヒューマンキャピタル株式会社
公式サイト https://yamatohc.co.jp/
公開求人数 2,903件(2024年7月9日現在)
主な求人職種

M&A/PEファンド/VC/事業再生コンサル
実行支援コンサル/戦略コンサル/CFOなど

ヤマトヒューマンキャピタルの特徴

  • 経営・ファイナンス業界の求人カバー率No.1/非公開求人多数
  • M&A、事業再生、PE、VC、事業投資、経営企画の未経験求人多数
  • 業界未経験者の転職支援人数NO.1

ヤマトヒューマンキャピタルがおすすめな人

  • 経営領域、ファイナンス領域に転職先を希望している人
  • 未経験からM&Aや事業再生、経営企画業界に転職を考えている人
  • 業界を熟知したコンサルタントから選考対策を受けたい人

ヤマトヒューマンキャピタルは、経営やファイナンス領域での転職に特化したエージェントです。

業界内の求人カバー率はNO.1を誇り、PEファンドやVC投資先の経営幹部などの求人を含む独自の非公開求人も多数保有しています。また、専門的な業界ながら未経験可の求人も豊富に取り扱っており、業界未経験者の転職支援人数もNO.1になっています。

コンサル関連については、特に経営コンサルや事業再生/実行支援コンサルへの転職には強みがあります。

転職に際しては業界に精通したキャリアアドバイザーにより、徹底した応募書類対策や面接対策など手厚いサポートを受ける事も可能です。

これらのサービスにより、利用した転職者の平均年収増加率は186%といった実績を誇っています(転職2年後の前職比 2023年7月時点)。

特に経営領域、ファイナンス領域に転職先を希望される方は登録しておいて損はないエージェントと言えるでしょう。

ヤマトヒューマンキャピタルの口コミ・評判一覧

スクロールできます

未経験で第一志望のM&A会社に内定を頂きました!
エージェント選びで迷いましたが、何よりも誠実で親身に相談に乗ってくれた素敵なエージェントでした。
担当の北村様は、M&Aやコンサル業界などを熟知しており、非常に手厚いサポートをしてくれました。
お陰様で書類選考はほぼ通り、複数社から内定を頂きました。
エージェント選びに迷っている方がおりましたら、ヤマトヒューマンキャピタル様は非常にお勧めです!
自分の想像を超えた素敵な企業と出会えるかもしれないので、興味のある方はお話を聞いてみて下さい!

引用:Googleマップ

本日、ヤマトヒューマンキャピタルさん
@yhc_inc
からご紹介いただいた方が入社。

エージェント様は少し付き合いがありますが、堀江さんは当社の特性を踏まえて、かなり良い所を突く人材をご紹介いただいています。この度は結果として、応募から2週間で内定承諾いただきました(面接は4回実施)。感謝!

引用:X

関連記事>>ヤマトヒューマンキャピタルの評判・口コミ

コトラ

コトラ
運営会社 株式会社コトラ
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開求人数 25,332件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

コトラの特徴

  • 金融や経営管理に特化している
  • 独自の診断ツールで客観的な価値観がわかる
  • 他のコンサルティング求人も多数保有している

コトラがおすすめな人

  • 金融、コンサルなどハイクラス業界への転職を検討している人
  • 転職サポートの量よりも質を重視したい人
  • 非公開案件をしっかり確認したい人

コトラも、金融や経営管理のポジションに特化したエージェントです。

NIKKEI HUMAN RESOURCES AGENT AWARDS」を5年連続で受賞した実績があり、独自のルートで開拓した非公開案件を多く抱えています。

転職サポートでは、ファイナンスのバックグランドがある転職希望者を、豊富な業界知識で細かく支援できることも強みです

また、AI活用などにも力を入れており、日々アップデートされる膨大な求人データとの効率的で適切なマッチングを図ります。

人材業界で20年以上の実績があり、東京以外にも大阪・愛知・福岡などの地方都市や海外勤務案件なども揃えていることも特徴です。

コトラの口コミ・評判一覧

スクロールできます

これまで経験してきたエージェントさんにあるような、手当たり次第に案件を紹介して、とりあえず通ったところで進めるといった場当たり的な方法ではなく、企業のニーズと応募者のニーズを熟知した上で、最適な案件をピンポイントでご紹介して頂いたので、精神的な負担も少なく、信頼してお任せすることができました。また、面接対策や企業の意向などを電話で丁寧にご指導くださり、活動していく中で自信と成長に繋がりました。

引用:Googleマップ

当初はビズリーチ上でのエージェントの方々に転職活動のサポートを依頼しておりましたが、金融系の実績の強さからこちらの会社に直接連絡を取り転職活動をリスタートし、転職当初では夢にも思わなかったファンドのフロント職での内定を頂けました。(前職は監査法人)

紹介可能な案件の圧倒的な多さや私の性格やキャリア志向等を踏まえた新たな提案、面接官の方々の性格やそれを踏まえた面接の対策の提示、こまめな面談のご快諾など手厚いサポートを本当にありがとうございました。このようなサポートは大手のキャリアエージェントさんには難しいような気がします。

特にファンドなどのハイクラス金融系は自信を持ってお薦めできるエージェントさんです。

引用:Googleマップ

自動車関連部品製造メーカーのエンジニアから、デジタル業務コンサルタントへの転職に成功することができました。業務コンサルタントに転職してキャリアの幅を広げつつ、キャリアアップ(年収アップ)したいという希望をサポートいただけ、大変満足しております。大手〜中小まで幅広くコンサルタントの求人をご提案いただけ、他の転職エージェントよりも豊富だった印象です。コトラ様の強みかなと思いました。

引用:Googleマップ

おせっかいでしたらすみません。
もしお役に立てれば…

昨年の話ではありますが、コトラという転職エージェントがフォレンジック業界に明るくて多数の求人を紹介していただけました。赤い🏦とか、4大監査法人のFAS等々…エージェントも業界経験者で話は早かったです。

引用:Googleマップ

中の人が明確にオススメする転職エージェントは、

<志向性整理>クライス&カンパニー
<コンサル>コンコードエグゼクティブグループ
<ベンチャー>プロコミット
<金融系>アンテロープ・キャリアコンサルティング

です。
リクルートやdodaは求人量のみ。リクナビマイナビと一緒です

引用:X

関連記事>>コトラの評判・口コミ

アンテロープ

アンテロープ
運営会社 アンテロープキャリアコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.antelope.co.jp/
公開求人数 4,653件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 金融/コンサル業界

アンテロープの特徴

  • ハイクラス転職のサポートに強み
  • 長期的なキャリアプランを見据えた転職支援
  • 数を絞ったピンポイントな求人紹介

アンテロープがおすすめな人

  • 数年単位の長期間の視点でサポートを受けたい人
  • 金融業界やコンサルティング業界で長く活躍してきた人
  • 高度なスキルと豊富な経験を持つ人

アンテロープは、未経験からのハイクラス転職を得意とする転職エージェントです。ハイクラス転職の中でも、特に金融・コンサル業界への転職を専門としています。

創業2002年以来、右肩上がりで登録者は増加し、累計で約5万人以上の登録者を支援してきた実績があります。

登録者に対しては、キャリア設計やライフステージの変化なども踏まえて、その時々でベストな選択ができるよう長期的な視点で転職活動をサポートしています

また機械的に大量の求人を送ったり、転職を急かしたりするようなサポートは一切行いません。じっくりと腰を据えて、数ヶ月から数年単位の長期間の視点でサポートします。

アンテロープの口コミ・評判一覧

スクロールできます

サポートの質が高く、本気でキャリアアップをしたい転職希望者は、一度相談すべき企業です。
情報量も多く、やりとりもしっかりされているため、安心して相談することができました。
転職マーケットが賑わい、エージェントも溢れていますが、アンテロープ社であれば、転職が良い結果につながりやすいと思います。

引用:Googleマップ

当方がお世話になったエージェントは丁寧に長期のキャリアプラン作成、転職支援を行っていただけました。おかげで自分自身が納得する転職活動を行うことができました。

引用:Googleマップ

アンテロープ様にはもう7年ほど前からお世話になっております。
コンサルタントが一人一人につくため金融やコンサルでキャリアアップを狙う転職をしたい方にはおすすめの転職コンサルタント企業です。
転職自体は別の会社様でお世話になったのですが、その後もキャリア相談を気軽にのって頂いており本当にお世話になっています。
次の転職時にはアンテロープ様でお願いする予定です。
転職検討段階こそ、軸が定まっていないので相談する価値が高いと思います。

引用:Googleマップ

転職活動をしたn=1の感想ですが、
アンテロープはプロファーム転職において①情報提供の質の高さ、②アシスタント含む担当者のレススピードの点でオヌヌメでした。

その他には有象無象のエージェントが(以下略

引用:X

2回の転職で12箇所以上転職エージェントを利用しましたが、ムービンやアンテロープはかなりお世話になりましたね。

引用:X

関連記事>>アンテロープの評判・口コミ

ポストコンサル転職におすすめ転職エージェント2選

ポストコンサル転職におすすめ転職エージェント

ポストコンサル転職とは、コンサルティングファーム出身者が別のコンサルファームへと転職することを示す言葉です。

前職のコンサルティングファームでの実績やスキルを元に高い年収やポジションを得られるよう、ポストコンサル転職に強いエージェント利用がおすすめ。

ポストコンサル転職に特化したおすすめエージェントを紹介します。

戦略系コンサルタント転職に強いエージェント 特徴
フォルトナ コンサル転職/ポストコンサル転職に特化
CONCORD コンサル・金融業界に特化しポストコンサル転職にも強い

フォルトナ

運営会社 フォルトナ株式会社
公式サイト https://fortna.co.jp/
公開求人数 213件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサル/ポストコンサル/ハイクラス転職

フォルトナの特徴

  • コンサル転職・ポストコンサル転職に特化
  • マネージャー以上のハイクラス求人を保有している
  • 著名コンサルファームや事業会社、PEファンドのエグゼクティブとの強固なネットワーク

フォルトナがおすすめな人

  • 非公開案件の「フォルトナ独占案件」や「幹部案件」に興味がある人
  • コンサル業界に詳しいコンサルタントにサポートしてもらいたい人
  • コンサルタントとしての長期的なキャリア形成について相談したい人

フォルトナは、コンサル・ポストコンサル転職においてトップエージェントとして認められています。

2017年に設立されて以降コンサル転職領域での評価が高く、在籍するエージェントの中には「HEADHUNTER AWARD 2022 金融・コンサルティング部門VP」を受賞した人もいます。

その他にも在籍するエージェントは、BCG・アクセンチュア・デロイトトーマツ出身など一流の経歴を持っています。経験豊富なエージェントはファームごとの選考のリアルな特徴を熟知しており、書類の添削から面接対策まで独自の手法でサポートしてくれます。

コンサルファーム幹部との強固なネットワークにより、非公開案件の中には「フォルトナ独占案件」や「幹部案件」など、特別な求人案件もあります。

フォルトナの口コミ・評判一覧

スクロールできます

担当頂いた小坂さんには、ケース含め面接対策など、転職活動開始から終了まで非常に手厚いサポートをして頂き、とても助けていただきました。
オファー獲得後の年収交渉でも、かなりの金額アップを実現してくださりました。
今後とも継続的に自分のキャリアパートナーとして相談させていただきたく思っております。

引用:Googleマップ

担当頂いた小坂様には、面接対策など非常に手厚いサポートをして頂き、また迅速な対応でとても助けられました。どなたにもオススメできます。

引用:Googleマップ

コンサル業界の情報提供や面接対策など、大変手厚いフォローをして頂きました。ハイクラス・ポストコンサル領域に強いのエージェントとのことでしたが、私のようなSIer出身者にもお薦めのエージェントだと思います。

引用:Googleマップ

コンサル転職 おすすめエージェント
①アクシスコンサルティング
②フォルトナ

実際に使って良かった2社です!
(prでも回し者でもないです笑笑)

引用:X

ちな僕コンサル受ける以前にね、エージェント3社に断られたからね。
「いつきさんにご紹介出来る求人はございません。」的なね?
そんな僕のお勧めはフォルトナや。
彼ら唯一な、ワイに真剣に向き合ってくれたんや、ほんまありがとう…

そして紹介してくれたとこ全部落ちてほんまスマン…

引用:X

関連記事>>フォルトナの評判・口コミ

CONCORD

CONCORD

運営会社 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
公式サイト https://www.concord-group.co.jp/
公開求人数 非公開(2024年7月9日現在)
主な求人職種 コンサルタント/投資銀行・PEファンド/CxO領域

CONCORDの特徴

  • 難関企業の選考ポイントを完全把握している
  • ケース面接の対策に強みを持っている
  • 事業会社の経営幹部、コンサル・金融業界への キャリア支援に特に高い実績

CONCORDがおすすめな人

  • コンサルタントの質が高いサポートを受けたい人
  • セミナーに無料で参加したい人
  • 独自のキャリアコンサルにも興味がある人

CONCORDは、日本ヘッドハンター大賞・初代MVPを受賞したキャリアデザインファームです。

この賞はビズリーチ主催で、各業界のNo.1を決定するためのアワードとなっています。賞の決定方法はシンプルで、人事責任者・採用担当者500名以上の投票で決定されました。

得意とするサポート分野は、コンサル業界、PEファンドや難関企業などのハイクラス転職ですこれらの企業の選考ポイントを完全に把握しており、念入りに個別指導してくれます。

特に難関ファームのケースインタビュー対策はCONCORDの得意領域で、ハイクラスのポストコンサル転職には欠かせないサポートとなります。

コンコードの口コミ・評判一覧

スクロールできます

転職の際に大変お世話になりました。担当の方は、よくあるエージェントのように上から目線でもなく、応募を急かしたり、連絡が途絶えたりすることもなく、安心してお付き合いさせて頂けました。
特に最初にお会いした時に、今回の転職についてではなく、まず最終的なキャリア目標について聞かれたのが特徴的かつ印象的でした。
正直、私は手のかかる求職者だったと思いますが、しっかりと私の志向に合わせて、終始丁寧にご対応頂き感謝しています。

引用:Googleマップ

直近の転職活動で大変お世話になりました。
未経験の業界への転職ということもあり、他のエージェントではなかなか思うように結果が出ていないなか、友人の勧めでコンコードさんを知りました。
担当の方が、毎回、的確なアドバイスをくださり、親身になってサポートしてくださったおかげで、希望していた業界で転職先が見つかり、大変感謝しております。
どうもありがとうございました。

引用:Googleマップ

コンコードはガチ。髭蓄えてそうなエグゼクティブでマチュアでダンディな方に相談乗って頂いたことあります。コンサルならムービン。ハイキャリア全般ならコンコード。そんな印象。サラリーマンでお気にの転職エージェントがいない人は損してる。たまに連絡とって関係作っとくんやで。

引用:X

コンコードさん、ムービンさんあたりがオススメです。
丁寧かつ幅広く案件を紹介してくれますよ。アラフォーの転職で苦労していますが、粘り強くフォローいただいております!

引用:X

SAPコンサル転職におすすめ転職エージェント2選

SAPコンサル転職におすすめ転職エージェント

ここではSAPコンサル転職におすすめのエージェントを紹介します。昨今のEPR市場は急速に拡大しており、今後も右肩上がりでの需要拡大が見込まれています。

EPR市場でトップを誇るベンダーはドイツのSAP社で、全世界でのシェア率は約7%にも上ります。

引用先:Top 10 ERP Software Vendors, Market Size and Market Forecast 2021-2026

日本国内でも大企業を中心にSAP社のEPRは導入され続け、それに伴いSAPコンサルタントの求人数も増加し続けています。

SAPコンサルタント転職に強いエージェント 特徴
SAPジョブチェンジ 国内初のSAP関連転職エージェント
マイナビITエージェント エンジニア・Web業界の求人を多数保有

SAPジョブチェンジ

SAPジョブチェンジ
運営会社 クラウドコンサルティング株式会社
公式サイト https://jobchange.free-sap-consultant.com/
公開求人数 14件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 SAPコンサル

SAPジョブチェンジの特徴

  • SAP関連の転職が専門
  • 最短ルートで内定が取れる
  • フリーランス案件も紹介してもらえる

SAPジョブチェンジがおすすめな人

  • 長期的な支援をしてくれるエージェントを希望する人
  • SAPユーザー企業や大手コンサルティング会社とのネットワークを活用したい人
  • 将来的に独立も視野に入れている人

SAPジョブチェンジクラウドコンサルティング株式会社が運営する業界初となるSAPコンサル専門の転職エージェントです。

SAPソリューションに関する情報入手と共有を目的としてSAPユーザーが自ら運営するユーザーコミュニティJSUGに在籍しており、SAPユーザー企業や大手コンサルティング会社との太いネットワークを持っています

通常の転職エージェントは人事部が窓口になりますが、SAPジョブチェンジは採用決裁権限を持つ事業部トップが直接窓口になります。決裁権を持つ方が担当になるため、選考ルートが最短になり、内定率がグッと高くなります。

またSAPジョブチェンジではフリーランス人材の派遣事業も行っています。求職者が独立した場合にフリーランス案件を紹介してくれたりと、長期的な付き合いができる転職エージェントです。

SAPジョブチェンジの口コミ・評判一覧

スクロールできます

面談を通じて、上流フェーズを専門に手掛ける戦略系コンサルティングファームであれば、SAPの知識よりも、原価計算の業務経験を重視することを知り、自分にもチャンスがあることが判明しました。

1週間程度でレジュメの作成から応募手続き、面接の設定まで、クラウドコンサルティング様にご支援いただき、某大手公共系戦略コンサルティングファームの自動車インダストリー部門から、無事内定を頂くことが出来ました。

引用:SAPジョブチェンジ公式サイト

新卒で入ったSIerにて、ABAPerとして5年、その後上司の勧めにより、アカデミーも未受講のまま、SDMMのSEとしてプロジェクトに参画することになりましたが、所属会社自体がプライム案件は少なく、ほとんど要件定義や構想策定フェーズの経験が積めないまま、10年目に突入しました。このままではコンサルタントにキャリアアップできないと思い、転職を決意しました。
自分が思い当たる範囲で、SDMMの業務知識が習得出来そうなコンサルティング会社に直接応募しましたが、落選続き・・・。藁にもすがる思いで、クラウドコンサルティングさんの転職支援サービスを利用したところ、応募した翌日には、第一希望のコンサルティング会社から面接依頼が入りました!

引用:SAPジョブチェンジ公式サイト

子供が小学校に入学し、手がかからなくなった事から、日本で再就職を決意したところ、ちょうどクラウドコンサルティングの「SAP専門!転職支援サービス」という文字が飛び込んできたので、すぐに登録しました。
当時は、まだ海外にいた為、WEBツールを用いて、キャリア相談する機会を設定してくれ、年収や勤務可能時間帯などの希望条件を伝えたところ、1週間後には、大手コンサルティングファーム3社から面接依頼が入りました。
ブランクがあるにも関わらず、世界的にも有名な企業ばかりを紹介してくれて、ビックリしました。

引用:SAPジョブチェンジ公式サイト

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/
公開求人数 19,867件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 IT/Web業界

マイナビITエージェントの特徴

  • IT特化型だが大手運営のため全体的な求人数が多い
  • 転職後の定着率が97.5%と高い(※)
  • 高年収・リモートワーク・外資系など様々な条件のIT求人が豊富

マイナビITエージェントがおすすめな人

  • ITやWebエンジニアの転職を熟知した専任のアドバイザーのサポートを受けたい人
  • 豊富なIT系求人の選択肢から選びたい人
  • 始めての転職で細かいサポートが必要な人

(※)2020年10月1日~2021年9月30日にマイナビの人材紹介サービス(マイナビAGENT、マイナビ営業 AGENT、マイナビIT AGENT、マイナビメーカー AGENT、マイナビ金融 AGENT、マイナビ販売サービス AGENT、マイナビEXECUTIVE AGENT、マイナビ会計士、マイナビ税理士)で入社された方の90日の定着率)

マイナビITエージェントは、大手転職サイト株式会社マイナビが運営する、IT・Web業界専門の転職サービスです。

アクシスコンサルティングやSAPジョブチェンジとは違い、年収500万円ほどのミドルクラスの転職サービスも多くなっています。そのため、IT未経験や異業種からの方でも敷居が低く、転職成功を目指しやすいというメリットがあります

もちろん敷居が低いといってもサポートは万全で、ITやWebエンジニアの転職を熟知した専任のアドバイザーがサポートしてくれます。

また、マイナビグループ全体で求人を保有しており分母数が非常に多いことから、幅広い選択肢を持つことが可能です。

「ひとまずSAP求人の内容を幅広くみたい」という方は、ぜひ登録してみましょう。

マイナビITエージェントの口コミ・評判一覧

スクロールできます

IT転職するなら、とりあえず「マイナビITエージェント」を使おう。複数社を使うのは原則。リクルートエージェントIT、レバテックキャリアもあわせて使ったほうが良い。1社だけで転職活動するのはリスキー。相性が合わなければ、使うのをやめればよいだけ。

引用:X

※マイナビのプロモーションを含みます。

SAPコンサルタント向けおすすめ転職エージェントはこちらの記事でも詳しく解説しています。
関連記事>>SAPコンサルタント向けおすすめ転職エージェント・選び方や活用方法も解説

コンサルタント転職に強い総合型転職エージェント2選

コンサルタント転職に強い総合型転職エージェント

コンサル転職で総合型エージェントを利用する際には、求人数が多い大手を選ぶとコンサル業界の転職情報も見つけやすくおすすめです。

 

以下2つの転職エージェントは全国的に様々な求人情報を扱っており、コンサルタントの求人案件も見つけやすくなっています。

 

コンサルタント転職に強い総合型エージェント 特徴
リクルートエージェント 求人数や支援実績の多い大手転職エージェント
パソナキャリア 様々な業種のハイクラス求人に強くコンサル求人も豊富
type転職エージェント 1993年に創業の実績豊富な老舗転職エージェント

 

以下にそれぞれの特徴や口コミ・評判も解説するので参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://www.r-agent.com/
公開求人数 421,432件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 管理職・専門職など様々

リクルートエージェントの特徴

  • 公開求人だけでも30万~40万件と大手ならではの豊富さ
  • 非公開求人も30万件ほどと多い
  • 東京以外のコンサル求人も見つけやすい

リクルートエージェントがおすすめな人

  • 地方でのコンサルタント転職を考えている人
  • まずは様々な選択肢を見てみたい人
  • 知名度の高い大手エージェントに任せたい人

 

リクルートエージェントは様々な職種の求人を扱う大手転職エージェントで、東京以外でも全国的に求人数が多いのが特徴です。

 

公開求人だけでも常時30~40万件ほどある豊富な求人数ですが、「コンサル」などのワード検索や詳細な条件で絞り込みができ、コンサル求人を見つけやすくなっています。

また、非公開求人数も豊富なため表示されていない非公開コンサル求人も保有している可能性が高く、一度相談してみて損はないでしょう。

 

知名度も高い大手でサポート体制も整っているので、まずは実績豊富な大手が安心という方にもおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ・評判一覧

スクロールできます

本番の面接前に、過去の質問例や面接の雰囲気などを教えてもらえたので、しっかり対策を練ることができ、助かりました。

引用:リクルートエージェント公式サイト

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用:リクルートエージェント公式サイト

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用:リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントで5社くらい2週間たっても書類選考の結果が出ないところがあって困る
他の企業は1週間あったら結果来たんやけどな

引用:X

 

パソナキャリア

 

運営会社 株式会社パソナ
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
公開求人数 37,352件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 全職種(ハイクラス求人に特化)

パナソキャリアの特徴

  • 年収800万円以上の求人が多く年収アップしやすい
  • ハイクラス求人に特化
  • 30~40代まで幅広い年代の転職で実績豊富

パナソキャリアがおすすめな人

  • 経験や希望からマッチ度の高い求人を見つけたい人
  • 専門分野に関する深い知見を持つエージェントからサポートしてもらいたい人
  • 転職が初めてで専任のコンサルタントによる手厚いサポートを求めている人

 

派遣会社のイメージが強いパソナですが、パソナキャリアではハイクラス求人に特化した転職サポートを行っています。

 

保有している求人の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人となっており、専任のコンサルタントによる手厚いサポートが受けられることが特徴です。

なお顧客満足度も高く、2019年〜2022年のオリコン顧客満足度調査では「転職エージェント総合1位」を獲得しています。

 

コンサル求人もアクセンチュアPwC Japanなど大手コンサルティングファームが名を連ねており、総合型ではありますがコンサル転職実績の多さにも期待できます。

 

大手ならではの転職支援実績豊富なエージェントからサポートしてもらいたい方におすすめです。

パソナキャリアの口コミ・評判一覧

スクロールできます

専任のアドバイザーがついてくれて密接に情報交換しながら進めてくれました。こちらの要望をうまく吸い上げてくださり、即戦力になる人材を求めていたため、スピーディに行動してくれるアドバイザーさんについてもらえて、良いマッチングにつながりました。

引用:Googleップ

オリコンのランキングで転職エージェント部門4年連続1位という点に惹かれました。
他のエージェントにも登録していて、紹介先のラインナップにはそこまで違いがないとは思いましたが、対応の早さ、丁寧さが圧倒的に良かったです。面接のアドバイスも助かりました。

引用:Googleマップ

担当社員さんによるっぽいですね。私の場合は親身に話を聞いてくる方だったので自分の要望とかも結構ストレートに伝えて、結果的に希望する業界で転職することができ、感謝してます。

引用:Googleマップ

 

type転職エージェント

Type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト https://type.career-agent.jp/
公開求人数 10,958件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 IT・Web系、営業系、販売・サービス系
管理・専門職系、など

type転職エージェントの特徴

  • 転職相談会やセミナーを平日毎日開催
  • サービス開始から25年以上の転職ノウハウが蓄積
  • ハイクラス転職に強く年収アップを狙える

type転職エージェントがおすすめな人

  • 東京近郊で転職を考えている人
  • エンジニア向けの転職を考えている人
  • 多くの求人がわかりやすく整理された情報を確認したい人

 

type転職エージェントといえば、正社員やアルバイトなどの求人掲載サイトのイメージが強いですが、実は1993年に創業した老舗エージェントです。

厳密には総合エージェントですがハイクラス求人に強く、高収入な戦略コンサルタント案件にも期待できます。

 

ほとんどが非公開求人となっていますので、公開されている求人以外に好条件な案件を見つけられる可能性も高いです。

 

経営・戦略コンサルタントの他にも、IT・Web・通信系のエンジニア向けの求人割合が非常に高いことも特徴です。

そのためコンサルファームとIT業界の企業どちらも検討していて、わかりやすく整理された情報を確認したい人にもおすすめのサービスとなっています。

 

type転職エージェントの口コミ・評判一覧

スクロールできます

親身に対応してくださって無事転職することが出来ました!
最終面接前は企業情報の分析や面接対策などしっかりしてくれました。
しばらく転職予定はないですが、今後検討する際はまた活用したいと思います!

引用:Googleップ

転職で利用させていただきました。
丁寧なヒアリングと自分の希望に沿った求人情報を出してくれてよかったです!
無事第一希望の企業に転職できました。

引用:Googleマップ

選考辞退の連絡をして「内定おめでとうございます!」とありがたい言葉をくれたのはtype転職エージェント1社のみでした。

繰り返します。

type転職エージェント1社のみでした。

引用:X

<良い点>
・求人数が多い。
・スカウト機能やオファー機能が使える。
・自己PRや経歴書が作れる。
<悪い点>
・メールをツリー形式で送ってくる。せめて不採用の連絡と選考通過の連絡は分けてほしい
・検索条件で希望勤務地を市区町村まで絞れない。特に23区選ぶと大量に出て来てしまうので調べるのが大変。

引用:Googleップ

 

関連記事>>type転職エージェントの評判・口コミ

スカウト・ヘッドハンティング型のコンサル向け転職エージェント

コンサル転職の中でも、これまでより高年収を目指すなどハイクラスポジションへの転職を考える人には「スカウト・ヘッドハンティング型」の転職エージェントという選択肢もあります。

スカウト・ヘッドハンティング型の転職エージェントではエージェントが企業に適したハイスキル人材をサーチしてスカウトすることで、双方の希望に合った最適なマッチングを実現します。

ここでは、スカウト・ヘッドハンティング型の転職エージェントでおすすめの2件を紹介します。

スカウト・ヘッドハンティング型の転職エージェント 特徴
リクルートダイレクトスカウト ハイクラス案件に特化したヘッドハンティングサービス
ビズリーチ 日本最大規模のスカウトプラットフォーム

スカウト・ヘッドハンティング型は一般的に管理職・経営層などハイクラスポジションでの人材探しに利用されるため、高いスキルや実績を活かしハイクラス転職を狙う方は登録しておく価値があるでしょう。

実績やスキルがエージェントの目に留まり、コンサルタントとして今より上位ポジションでのスカウトが来ることもあるかもしれません。

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数 322,362件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 全職種

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • 年収800万円以上の求人を3万件近く掲載
  • 4,300名以上のヘッドハンターが在籍
  • 企業から直接スカウトが来る

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人

  • プロの視点で転職の幅を広げていきたい人
  • 現年収600万円以上かそのレベルを目指す人
  • 30 代、40代など年代問わずキャリアアップを目指す人

リクルートダイレクトスカウトは、国内最大手のリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

コンサル専門のエージェントではなく総合型ですが、高年収の求人情報を広くカバーしており、他業界から未経験でコンサルタントを目指す場合にも使いやすいサービスとなっています。

求人内容も充実しており、年収800万円以上の求人が10万件近く掲載されていることもあります。そのため高年収を狙うのであれば、ひとまず登録しておくことをおすすめします。

またリクルートダイレクトスカウトは、自社でエージェントを抱えるサービスではなく、ヘッドハンターと求職者のマッチングを行うプラットフォームです。サービス利用は完全無料で、登録後はスカウトを待つだけ。

ヘッドハンターが、あなたのスキルやバックグラウンドに合った仕事を探して提案してくれます。

ヘッドハンターの多くは独自で求人を保有しているため、提案してくれる求人の中には思わぬ非公開ハイクラス求人がある可能性もあります。

自分の知っている範囲や経験に囚われずに、プロの視点で転職の幅を広げていきたい方にピッタリなサービスです。

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判一覧

スクロールできます

今回入社を決めた企業はリクルートダイレクトスカウトでのスカウトメール。

正直この方以外のスカウトは全部私は興味わかなかった。ちゃんと経歴見てくれたのこの方だけ。

それ以外の内定や最終面接結果待ちで終わったのは4社。indeedで直接応募1、ワークポート1、リクルートエージェント2。

引用:X

リクルートダイレクトスカウトで声をかけてくれたエージェントとオンライン面談。2時間みっちり話し合って今後の進め方と方向性を擦り合わせ。ブランクがあっても年収⤴️が狙えそうとのことでやる気が湧いてきた笑 早速紹介された案件がドイツ企業でご縁を感じた😂

引用:X

ゆるーくやってみるのがいいと思う。俺の場合、とりあえず登録だけしておこ〜っと。ぐらいのテンションで始めたんだけど意外とトントン拍子で決まっていったよ。リクルートダイレクトスカウトがおすすめ!!!(勢いよく競合他社を紹介)

引用:X

リクルートダイレクトスカウト登録したんだが、毎日100件くらいスカウト来て見てられない。。。
そもそもまだ職歴とかほとんど書いてないのに。
派遣みたいなのから大量にくる。

他のメールみれなくなるので迷惑メールに登録。。

引用:X

関連記事>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

ビズリーチ

ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公式サイト https://www.bizreach.co.jp/
公開求人数 125,857件(2024年7月9日現在)
主な求人職種 全職種(ハイクラス求人/ミドル層)

ビズリーチの特徴

  • 30代の転職後平均年収840万円など高水準 ※2021年時点ハイクラス会員の実績
  • 他の転職サイトにはない希少な求人がある
  • 自身の市場価値が測れる

ビズリーチがおすすめな人

  • 年収1000万円以上の転職が理想の人
  • スキルや経験が豊富な人
  • 好条件の求人を紹介してほしい人

CMでもお馴染みのビズリーチは、国内最大規模のヘッドハンターと求職者を結ぶプラットフォームです。

管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化していますが、最近では年収500万円前後のミドル層の求人も豊富です。

ハイクラス層では年収1000万円以上の転職実績も多く、高収入を目指す方には特におすすめできます。

登録した履歴書や職務経歴書などのレジュメを見て、企業やヘッドハンターがスカウトするので、ニーズがある企業へ主体的にアプローチがかけられます。

そのため自身では思いもよらぬ企業からアプローチをもらったり、スキルや市場価値に気づいたりして、自信をつけられる可能性もあります。

また、有料プランに加入すると、全てのスカウトと求人が閲覧できるようになります。もちろん無料プランでも一部のサービスは利用できますが「ビズリーチ一本で転職活動をやっていこう」と決めた方は、有料プランの加入も視野に入れてみると良いでしょう。

プラン名 料金(税込) サービス内容
有料プラン 月額5,478円 ・全てのスカウトの閲覧、返信
・全ての求人の閲覧、応募
無料プラン 0円 ・プラチナスカウトのみ閲覧
・プラチナスカウトのみ返信
・公募や特集求人のみ応募可能

ビズリーチの口コミ・評判一覧

スクロールできます

転職活動はしてませんが。
ビズリーチからはシステム運用経験に興味を持った企業からオファーがきますが、他のサイトではオファーは0です。
年齢にあったサイトはあると思いました。
40代で一つの仕事で長くキャリアを積んできた方はビズリーチはおすすめかも。🤔

引用:X

就職しました😰
年収550万→1400万

普通にビズリーチつかった転職です
転職の実体験やらなんやら久しぶりにブログ書こうかな

引用:X

今回の転職活動でやってよかったなー!と感じる事を挙げてみます。
1.ビズリーチに登録する。
2.複数のエージェントを活用する。
3.面接を文字起こしアプリで録音する。
それぞれざくっと書いていきますね。
もしまた思いついたら書き足していきます。

引用:X

関連記事>>ビズリーチの評判・口コミ

ヘッドハンティング会社のおすすめはこちらでも詳しく紹介しています。
関連記事>>ヘッドハンティング会社おすすめ【大手・外資系を比較】

コンサルタント転職でエージェントを利用するメリット

コンサルタント転職でエージェントを利用するメリット

コンサルタント転職にエージェントを利用すると、自分1人で転職先を探すのに比べ色々なメリットがあります。

【コンサルタント転職でエージェントを使うメリット】
  • 求人情報をスピーディに探せる
  • 非公開求人など自分では探せない求人情報にも出会える
  • 条件交渉などを代行してくれる
  • 面接対策などをしてくれて内定率が上がる
  • 今後のキャリア相談にのってくれるところもある
  • 自分の市場価値がわかる

転職エージェントを利用する際には、エージェント側が適切な案件を紹介するためスキルや実績などのヒアリングを行います。中には、適職診断などの診断を取り入れているところも。

そのようなプロセスを経て、自分でもスキルの棚卸しになり市場価値を知るきっかけにもなるでしょう。

求人探しや企業との条件交渉などを行ってくれるので効率的に転職活動が進むのはもちろん、面接対策やキャリア相談など様々なサービスを提供しているところも多いです。

また、転職エージェントは基本的に求人掲載する企業側から手数料をもらうため、転職者の利用は無料です。

転職エージェントに登録すると求人紹介の連絡が頻繁に来ることがありますが、必ず転職を決めなければいけないわけではありません。
合わなければ断って利用を止めるのも自由なので、気軽に登録してみましょう。

特に費用がかからず様々なサービスが受けられるので、転職エージェントを活用しながらコンサルタント転職の成功を目指すのがおすすめです。

コンサル向け転職エージェントの利用手順

コンサル向け転職エージェントの利用手順

まだ転職エージェントを利用したことがない人に向けて、一般的なサポートの流れも紹介していきます。

転職エージェントのサービスの流れを知っておくことで、最大限にサービスを活用できるようにしましょう。

1:転職エージェントに登録

まずは気に入ったエージェントに登録します。登録するとすぐに、面談の案内を知らせるメールや電話がきます。

メールは、「直近で面談ができる日程を記載して欲しい」という内容がほとんどです。都合の良い日程で、エージェントとの面談日程を組みましょう。

在職中に転職活動を行う転職者が多いため、平日夜や土日も対応してくれるエージェントが多いです。

2:転職活動についてのカウンセリング

電話や対面にてエージェントと面談を行います。仕事帰りに面談を入れると、スーツ姿やオフィスカジュアルで面談が受けられるので服装に悩まずに済みます。

カウンセリングの時間は、1時間から1時間半程度となっているため、じっくり腰を据えて、ありのままの希望を打ち明けることが大切です。

何も考えずにいくと話にまとまりがなくなり時間が無題になってしまうため、最低でも以下の項目はまとめておくと良いです。

  • 現在の仕事内容
  • 転職理由
  • 希望の業界・職種
  • これまでの実績やスキル、資格
  • 希望の年収
  • 現在の転職活動状況
  • 転職活動を始めたい時期

これらの項目を全て完璧にまとめておく必要はありません。どうしても考えがまとまらない項目はエージェントが一緒に考えてくれます。

3:求人紹介

面談後は、翌日から1週間以内にメールで求人が送られてきます。これらの内容にはひととおり目を通し、希望に合致するもの、しないものを担当者に伝えましょう

1回目の求人紹介のメールの反応を元に、担当者はさらに精度を高めてあなたに求人を紹介してくれます。

もし興味のない求人を教えたにもかかわらず何度も同じような求人を送ってくる場合は、担当者に自身の希望が理解されていない可能性があります。

その場合は担当変更を申し込むか、別の転職エージェントにも登録することをおすすめします。

4:履歴書・職務経歴書などの書類作成サポート

興味のある求人を見つけたら担当エージェントに連絡し、応募書類作成に入ります。

コンサル業界の場合は書類審査が厳しいため、会社ごとの選考傾向を担当者から教えてもらった上で履歴書や職務経歴書を作成します。

書類を作成した後は必ず担当エージェントに添削してもらい、完璧な状態へと仕上げていきましょう。

そうすることで、自身の志望動機や転職理由などが明確になり、面接対策にもつながっていきます。

【コンサル転職での志望動機の例】

  • 戦略的な問題解決に興味があるから
     コンサルタントはクライアントのビジネス課題を解決するために戦略的なアプローチを提供します。志望動機として、複雑な問題に向き合い、分析力や洞察力を活かして解決策を導き出す点に魅力を感じるからです。
  • 多様な業界や企業に携わり成長したいから
    コンサルタントは様々な業界や企業のプロジェクトに関わる機会があります。志望動機として、自身のスキルを幅広く活用し、異なる環境で成長し、経験を積むことでキャリアに多様性と深みを持たせたいと考えています。
  • チームでの協力やクライアントへの影響を重視するから
    コンサルティング業界では、チームでの協力やクライアントへの価値提供が重要です。志望動機として、他の専門家と連携しながら課題に取り組む喜びや、自身の提案が企業の成長や改善に影響を与える可能性に魅了されるからです。

    5:面接対策のアドバイスや模擬面接の実施

    履歴書や職務経歴書が仕上がったら、エージェントにより面接対策や模擬面接などのサポートも行っていきます。

    コンサルファームによって選考の傾向が違うため、エージェントの過去の支援実績などノウハウを活かしアドバイスをしてもらうとよいでしょう

    コンサル業界の面接はフェルミ推定を用いたケース面接がほとんどです。付け焼き刃では到底太刀打ちできませんので、担当エージェントと何度も面接練習を繰り返しましょう。

    また、コンサル業界の面接では「逆質問」も非常に重要です。

    外部からはわかりづらいコンサルファームの実情や社風について知る機会でもあるので、失礼にはならないよう注意しつつ逆質問も積極的にしておきましょう。

    【面接で使える逆質問例】

    1. プロジェクトの実例と成功事例について

      ・過去に同社が手掛けたプロジェクトの一例を教えていただけますか?
      ・プロジェクトの成功事例やチームの成果について具体的な事例を教えていただけますか?
    2. キャリアパスと成長機会について

      ・入社後のキャリアパスや昇進の機会についてどのようなサポートがありますか?
      ・継続的なスキル開発や専門知識の向上を促進するプログラムはありますか?
    3. クライアントとの関わり方について

      ・クライアントとの関わり方やコミュニケーションスタイルについて教えていただけますか?
      ・クライアントとの関係構築や課題解決におけるアプローチについて詳しく知りたいです。
    4. ワークライフバランスと柔軟性について

      ・プロジェクトの多忙な期間におけるワークライフバランスの保ち方やサポートについて教えていただけますか?
      ・リモートワークやフレキシブルな働き方の選択肢はありますか?
    5. 社内文化と価値観について

      ・会社の社内文化や価値観について教えていただけますか?
      ・チームメンバー同士の協力やサポートを重視する文化について具体的な事例を教えていただけますか?

    6:企業への推薦・面接申し込み

    ある程度希望するファームの選考対策ができたら、あとは書類を提出するだけです。書類提出の際は、エージェントが推薦書を書いてくれるので、自力で応募するよりもずっと通過率が高いはずです。

    一社一社じっくりと受けて、ダメだったら次へとすぐに切り替えていきましょう。コンサルファームの選考は難解であるため、慣れないうちは面接で受け答えができなかったり、適性試験にパスできなかったりします。

    しかし場数を踏んでいくうちに面接の雰囲気にも慣れていき、落ち着いて取り組めるようになっていきます。そのためコンサル経験が浅い方や未経験であれば、志望度が高い企業ほど後に受けることをおすすめします。

    7:給料などの条件交渉

    無事に内定が取れたら担当エージェントを通じて、入社後の面談などスケジュール調整を行ってもらいます。

    また、内定前~内定までの段階で、給与や働き方などの交渉も適宜エージェントが行ってくれます。

    直接企業担当者と交渉する気まずさがないのも、転職エージェントを利用するメリットです。

    在職中の転職活動の場合は、入社時期の交渉も必要となるので注意しましょう。

    8:入社後のアフターフォロー

    転職エージェントは内定を取って終わりではなく、「入社後の定着率」を重視しているところも多いです。

    入社後に転職者がすぐ辞めてしまうようでは、エージェントの信頼度も下がってしまいます。また、早期退職されると企業からエージェントへの報酬が減額になってしまうなど、エージェントと企業の契約形態によりますが様々な背景もあります。

    もちろん、エージェントの想いとしても、自分が紹介した転職先で満足して長く働いてもらえることが何よりでしょう。

    そのため、エージェントによっては入社後もしばらく連絡をくれて、職場環境に問題はないかのヒアリングや、新しい環境に適応するためのアドバイスなどを行うことがあります。

    コンサルタント転職に成功する転職エージェントの使い方

    コンサルタント転職に成功する転職エージェントの使い方

    ここでは、コンサル転職を成功させるための転職エージェントの使い方のコツを紹介します。

    転職エージェントは無料とはいえ、せっかくなら担当エージェントと協力して、最大限にメリットを享受しながら転職を成功させたいものです。

    効率よく最適な転職先を見つけ、ミスマッチのないコンサルタント転職をするにはいくつかのコツがあります。

    転職エージェントの上手な使い方を知り、スムーズなコンサルタント転職の成功につなげましょう。

    キャリアの棚卸しをする

    転職エージェントでは、転職者に合った求人をマッチングするために最初の面談で様々なヒアリングを行います。

    ここで、これまでのキャリアや資格などを整理し、経験やスキルに合った求人案件の紹介を行うのです。

    エージェントがきちんと応募者の背景や実力を理解することで、企業への推薦もしやすくなります。

    エージェントに効果的に伝えるためはもちろん、自分で自分の強みを把握し最適な求人を見つけるためにも、以下のようにキャリアを振り返りまとめておくとよいでしょう。

    • 経歴を書き出す(新卒からの経歴を時系列にまとめる)
    • 自分のスキルや強みを書き出す(経験から身についた技術・資格等をまとめる)
    • 業務での実績を書き出す(これまでの仕事での業績など)

    自分の強みや経験を整理しておくことで、面接時にもスムーズに答えられるようになるので重要なポイントです。

    担当者とこまめにやりとりをする

    転職エージェントとの連絡はこまめにするのが大切です。

    本業の勤務中など、すぐに折り返せないタイミングもありますが、少なくとも1日以上は寝かせないように気をつけましょう。

    社会人としての一般的なマナーが守れない人は、エージェント側も企業に推薦しづらくなってしまうためです。

    また転職時期を聞かれたら
    「(良いところがあれば)すぐにでも転職したい」
    と伝えておくことも重要です。

    つい、現職においても必要とされる人材であると暗示するために「現職に大きな不満はないので、とりあえず話を聞いてみたいだけ」という姿勢を取る人がいます。しかし、エージェント側にも内定数などの目標があります。

    高い優先順位で対応してもらうためにも、嘘のない範囲であなたが直近の実績につながる可能性がある人材だと認識してもらうことが重要です。

    レジュメの情報はまめに更新しておく

    特にリクルートダイレクトスカウトビズリーチといったスカウト・ヘッドハンティング型のサービスでは、自分の情報をこまめに更新することも重要です。

    エージェント側は「年齢、転職回数、勤続年数」などの軸で、日々求職者のデータをふるいにかけて目を光らせています。しかしシステムの仕様上、たいていは更新日の新しいデータから順に閲覧されることになります。

    どんなにポテンシャルや職務経歴が合致していても、更新日が古いだけで機械的に目に触れる機会が減ってしまうのは、もったいない状態です。

    登録しているサービスには定期的にログインするだけでなく、内容を少しずつでも更新しておくようにしましょう。

    応募書類を添削してもらう

    応募書類作成や面接の対策は自ら希望して、しっかりとしてもらうようにしましょう。

    戦略・外資コンサルは、年間を通じて各社共に高倍率の難関企業・職種です。また、慣習として現役社員による推薦(リファラル)による採用も多いため、エージェント経由の場合には、特に入念な情報収集と試験対策が必要です

    名の通った転職サービスの担当者でも、職務経歴書にコメントや添削もなく、そのままOKを出す場合があります。

    面接対策においても形式的な対策本の紹介や、自己紹介や転職理由などの簡単な対策だけで候補者を送り出すエージェントは、意外と多いものです。

    そのため、きちんとサポートを要求することが重要となります

    職務経歴書などの書類は、文章の書き方や構成で人物像も想像できるものです。たかが書類と思って、企業の傾向に合わない書類を作ってしまい、初期の選考で落ちないように気をつけましょう。

    面接についても、複数回の模擬面接やファームごとの選考ポイントを的確に抑えたアドバイスをもらえるはずです。しかし、担当者によっては希望しないとスルーされてしまうこともあります。

    コンサル面接は他の業種と比べても独特で、入念な準備が必要です。自分の受けられるサービスを最大限活用し、きちんとサポートしてもらうことで他の候補者よりも一歩リードしましょう。

    関連記事>>【コンサル面接対策まとめ】元面接官がよくある質問や逆質問の回答例を解説

    レビューが高く実績あるアドバイザーを選ぶ

    大前提として、担当キャリアアドバイザーを選ぶ権利は求職者側にあることを覚えておきましょう。

    そしてキャリアアドバイザーの力量は、選考結果を受け取るまでのスピード感や年収交渉、複数内定の際の調整にも影響します。

    そのため、実績がある人を担当にしてもらうことはコンサル転職成功の重要な第一歩と言えます

    実績がありレビューが高いということは、企業とのスムーズなやりとりに長けている証拠でもあります。

    リクルートダイレクトスカウトビズリーチといったサービスのように、キャリアアドバイザーのこれまでの実績や利用者からの評価が可視化されているところもあります。こまめに検索してレビューの良い人を選ぶようにしましょう。

    コンサル転職は他の業界とは違いキャリアアドバイザーの実力によって成否が分かれるほど難易度が高いので、自分の目指す分野を得意とするキャリアアドバイザーを見つけることが大切です。

    アドバイザーとの相性を確かめる

    コンサル転職において、担当キャリアアドバイザーとの相性が合うかどうかは、とても重要なポイントになります。これは事前把握が難しいポイントとはなりますが、面談の際に質問や希望を投げかけることで判断できます。

    どうしても合わないと感じた時は、遠慮なく担当者変更を申し出ましょう。申し訳なくなる気持ちはわかりますが、エージェント側にとっては日常茶飯事な話です。

    担当者交代を申し出る際は、担当交代の理由を具体的かつ客観的に伝えましょう。エージェント側も希望を理解し、より相性のいい担当者とマッチングしやすくなります

    求職者が担当者と上手くいかないケースでよくあるものは、「エージェント側が目先の転職報酬で売上を立てたいがために、求職者の希望と合致していない求人を押し付ける」ことです。

    加えてまだ決心がついていないのに、選考フローをやや強引に進めてしまうケースもあります。

    担当者がきちんと話が噛み合う人かどうかは最初の面談で厳しく見極め、必要があれば早めに担当者の交代を申し出るようにしましょう。

    コンサルタント転職やエージェントに関するよくある疑問

    ここでは、コンサルタント転職やエージェントに関するよくある疑問とその答えについてもまとめます。

    コンサル転職についての疑問を解消して、不安のない転職活動につなげましょう。

    コンサルから転職したらどこへ転職する?

    コンサルタントとして実績を積んだ後のネクストキャリアはどうなるのか」という点は、コンサル転職を考えている方なら気になるポイントかもしれません。

    近年コンサルティング業界自体の認知度が上がっていることもあり、ポストコンサルのキャリアとしても様々な選択肢があります。

    他のコンサルファームに転職しポジションアップを狙うケースもあれば、事業会社、投資銀行、PEファンドなどに転職するケースもあるようです。

    ポストコンサルに特化した転職エージェントもあるほどなので、コンサル転職して実績を積んだ後にも、長期的なキャリア形成で困ることはあまりないでしょう。

    コンサルタントとエージェントの違いは何ですか?

    転職関連のサービスでよく目に入るのが、「転職エージェント」と「キャリアコンサルタント」ではないでしょうか。これらは混同されることも多いですが、以下のような違いがあります。

    タイプ 内容
    転職エージェント

    転職支援を行うサービスを指す。
    求人募集をしている企業とつながりを持ち、求職者に求人案件を紹介する。
    求人の紹介などは社内担当者が行うが、実績あるキャリアコンサルタントが在籍していることもある。

    キャリアコンサルタント

    転職に限らず、相談者のキャリアパスについてアドバイスするコンサルタント。
    フリーランスで活動する人も多い。
    基本的には求人を紹介するのではなく、キャリア全体の相談にのる。
    中には転職エージェントに所属し、転職相談などを行うケースもある。

    キャリアコンサルタントに限らず転職エージェントでも、転職後のキャリアパスについて手厚く相談にのってくれるところは多いです。

    今後のキャリア形成について悩んでいるという人は、転職エージェントを選ぶ際にキャリア相談などのサービスがあるか確認してみるとよいでしょう。

    日本の4大コンサル会社はどこですか?

    コンサル業界での大手4大コンサルティング会社は「Big4」と呼ばれ、以下4社のことを指します。

    これらは「デロイト」「PwC」「EY」「KPMG」という大手会計事務所が母体で、そのグループ内のコンサルティングファームである上記4社が「Big4」と呼ばれるようになりました。

    Big4はどこも巨大な会計事務所であることから、世界的に拠点をもち、経営や財務・税務に関する膨大なデータやノウハウがあることが強みです。

    Big4への転職志望者は多く特に難易度が高いため、実績豊富なコンサル業界特化型の転職エージェントを活用し選考通過を目指しましょう。

    コンサルに転職するにはどんな人が向いていますか?

    コンサルタント転職に、必ずしも特殊な資格や経験が必要なわけではありません。

    しかしコンサルタントは企業の経営戦略など重要な課題解決する職業のため、責任能力はもちろん高い思考力が求められます。

    特に課題解決においては、複雑な問題に解決策を見出すための論理的思考力・仮説思考力が欠かせません。

    論理的思考力1つに突出していればよいというわけではなく、クライアントと円滑に課題解決を実現するためのコミュニケーション能力やドキュメンテーション能力、プロジェクトをやりきるための責任感や向上心、そして物理的・精神的な体力など、総合的な「バランスの良さ」も求められます。

    コンサルタントとはどのような仕事ですか?

    クライアント企業が持ち合わせていないノウハウや知見を活かして、専門家の立場からさまざまなアドバイスを行うのが、コンサルタントの仕事内容です。

    コンサルティングを行う分野は経営戦略や財務、IT、人事など多岐にわたります。

    分野により求められる結果はそれぞれですが、いずれも決められた期間内で、クライアント企業の経営や業務に関する課題を解決することが求められます。

    プレッシャーも大きいですが、自分のコンサルティングにより大規模な事業へのインパクトを起こせる可能性もあり、やりがいのある仕事です。

    関連記事>>コンサルタントになるには何が必要か?仕事内容や年収を解説

    未経験の30代/40代でもコンサルタント業界に転職できますか?

    結論からいうと、コンサルタントへは未経験でも転職できます

    コンサル業界は人材の流動性が高く、大手ファームをはじめ常に人材不足とされています。そのため中途採用でコンサルティングファームに転職する人には未経験者も多いです。

    ただし、20代・30代なら未経験でも問題ありませんが、30代、40代でも未経験からのコンサル転職成功を目指すなら、経験やスキルを最大限に活かし、新たなキャリアに転換するサポートが必要です。

    30代・40代で未経験からのコンサルティング転職は決して「かなりのレアケース」というわけではなく、近年ではコンサル未経験のITエンジニアが、ITの知見を活かしコンサル業界に転職するケースも多く、注目されています。 (※)

    ※参照:日経TECH 「ITからコンサルへの転職事情に変化 プロマネ経験不要の求人も」

    30代・40代での転職事例もあるものの、未経験からのコンサル転職は厳しい選考があり簡単ではありません。
    未経験からのコンサル転職は自力では難しいため、業界特化型の転職エージェントなど専門家に相談がおすすめです。

    信頼性と実績ある転職エージェントなら、年齢に関わらず適切な案件を見つけ、転職プロセス全般で助言やアドバイスを提供してくれます。

    特に業界特化型のエージェントは独自のネットワークを持ち、各コンサルファームの傾向などにも精通していることから有益なサポートが期待できるでしょう。

    コンサル未経験からの転職については、こちらの記事でも詳しく解説しています。
    関連記事>>未経験からコンサル転職はきつい?対策や転職しやすい年代についても解説

    コンサルタント転職に役立つ資格はありますか?

    コンサルタントに必要な資格というものは厳密にはないのですが、もっておくと役立つ資格はいくつか考えられます。

    コンサルタントといっても戦略系やIT、外資系など分野により必要な知識は様々です。
    基本的には転職する分野の業務内容に直接関連する資格であれば、あるに越したことはありません。

    1. TOEIC800点以上
    2. 中小企業診断士
    3. PMP

    上記3つは、大まかにどのような分野のコンサル業務でも有用な知識やスキルといえるため、よいアピールになります。

    関連記事>>コンサルタントの転職に役立つ資格一覧

    第二新卒でもコンサルタント業界に転職できますか?

    第二新卒でもポテンシャル採用を行うファームは、数多く存在します。20代の若さもアピールポイントとなりえるため、書類選考も比較的通りやすいでしょう

    しかし3年未満の短期離職の理由やどのくらいのスキルが身についているのか、しっかり答えられないと内定が難しいこともあります。

    転職エージェントからスキルの棚卸しや転職理由を一緒に整理してもらい、企業に納得してもらえるようなストーリーをアピールするように意識しましょう。

    コンサルタントの実務で求められるスキルは何ですか?

    コンサルタントの実務で求められるスキルは色々ありますが、特に問題解決力と理論的思考力です

    そのため問題解決力や理論的思考は、選考段階のケース面接などで厳しく審査されます。

    最初は自信がなくても担当エージェントと対策を重ねていくうちに、2つのスキルが鍛えられていく可能性もあります。

    その他にもコンサル業界に関する書籍を読んだり、普段の仕事でも課題意識を抱いたりして、日常的に問題解決力と理論的思考を鍛えていきましょう。

    コンサルタント業界で働く際に覚悟すべき点はありますか?

    コンサルタントは常に答えのない課題について考え、結果を出していく職業です。そのため徹夜になっても課題解決に取り組んだり、資料を集めたりする必要があります。

    最近ではコンサル業界にも「働き方改革」が浸透し、労働時間が短くなったと言われています。しかし労働状況が改善されても、考えるという作業は非常に体力を使うものです。

    コンサルタントを目指す際には、自身が課題解決のために最後まで諦めずに考え続けられるか自問する必要があります。

    コンサルタントへの転職活動において後悔することはありますか?

    コンサルタントへの転職活動において後悔することとして、転職先のコンサルタント会社でのキャリアパスが明確でなかったため、成長やキャリアの進展に対する不安を感じるということが考えられます。

    解決策として、転職活動時に将来のキャリアパスや昇進の道筋についても会社に詳しく質問しましょう。
    面接では適度に逆質問して、気になる点を明確にしておくことも大切です。

    会社の文化や評価方法、評価基準などを理解し、自身の長期的な目標と合致するか確認することが重要です。

    コンサルタント転職はエージェントを活用して成功させよう

    コンサルタント転職おすすめエージェントまとめ

    近年人気が継続する戦略・外資系コンサルは引き続き採用倍率が高く、売り手市場が続いています。

    未経験者にも門戸は開いているため、あとは希望するコンサルファームを受けるだけ。

    そして希望に合うコンサルファームの求人探しと選考対策には、エージェントの使い方が重要となってきます。

    転職を成功させるためにも本記事で紹介した優秀なエージェントを利用し、味方につけていきましょう。

    \コンサル向けおすすめ転職エージェント/

    サービス名 特徴

    マイビジョンlogo
    MyVison

    200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

    「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

    ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

    コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

    コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

    Flow Group

    未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

    アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

    面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

    商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
    URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
    本社所在地〒107-0062
    東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
    有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
    法人番号3010401144747
    適格請求書事業者登録番号T3010401144747
    フリーコンサル株式会社の会社概要

    フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


    運営者
    フリーコンサル株式会社

    当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

    目次