PRコンサルタントになるには|年収や求人の特徴を解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
PRコンサルタント なるには 年収 求人 特徴 解説

PRコンサルタントに興味があっても「どのようになればよいのかわからない」などお悩みの方も多いのではないでしょうか。

本記事ではPRコンサルタントを目指す方へ、実際の仕事内容や年収、求人の傾向について紹介します。

PRコンサルになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

PRコンサルタントとは

PRコンサルタントとは

PRコンサルタントとは、クライアントの広報PRのコンサルティングを行う職業です。

クライアント企業の商品やサービスについてより多くの人に知ってもらい、利用していただくことで企業の業績に関わるため、大事な役割を担っています。

最近では、スタートアップの企業などは広報担当、PR担当を正社員として採用するケースも多く、広報のニーズが高まっているといえます。

PRコンサルタントは、クライアントの企業の商品やサービスを理解した上で、広報・PR活動を進めていきます

そのため、クライアントが商品やサービスのどこをアピールしたいのか、どの年齢層がターゲットなのかなどコミュニケーションを密接にとる必要があります

PRコンサルタントはコミュニケーション能力や宣伝、PRするスキル、様々な業界の知識が必要な職業です。

PRコンサルタントの仕事内容

PRコンサルタントの仕事内容

PRコンサルタントとは実際にどのような仕事内容をしているのか、本章では具体的な業務内容についてご紹介していきます。

PRコンサルタントの業務として、広報PRコンサルティング業務があります。

具体的には、広報PRに関連する戦略の提案、課題を分析し改善策を提案、メディアに対する教育、広報PRの人材を教育などがあります。

また、日常の業務のサポートとして、クライアント企業の公式文書の作成、メディアへのアプローチ、取材、撮影依頼、問い合わせなどの対応、企業情報資料などの作成クライアント企業の社内向け広報も行います。

イベントの企画や運営業務、問題発生時の広報対応を行うこともあります。

クライアントの製品やサービスを消費者に届けるために、さまざまな広報PR活動を行い、売上に繋がるよう業務を遂行していきます。

PRコンサルタントの年収相場

PRコンサルタントの年収相場

PRコンサルタントを目指す方にとって、年収はどの程度なのか気になる点だと思います。

年収については、所属するコンサルティングファームや経験年数によっても違いが出てくるため一概にはいえませんが、PRコンサルタントの平均年収は400万〜500万程度と言われています。

年代別の平均年収だと以下が目安となります。

25〜29歳 423万円
30〜34歳 455万円
40〜45歳 496万円
50〜54歳 525万円

また、役職クラスやフリーランスになると、さらに年収が高くなる傾向にあります。

コンサル業界の中でも、注目されている職業でありスキルや経験年数次第で高額な収入が期待できます。

>>コンサルタントの平均年収と企業別年収を公開

PRコンサルタントの求人傾向

PRコンサルタントの求人傾向

近年、PRコンサルタントの求人傾向は高まっており、今後も需要が継続的に続くといわれています。

インターネットが普及したことにより、さまざまな企業が広報PRに力を入れるようになってきています。

現代では、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4大マスメディアだけでなく、SNSを上手く活用することが求められます。

予算を抑え、いかにPRできるかが重要視されており、FacebookTwitterInstagramなどを効果的に活用している企業がまだまだ少ないため、SNSの活用を熟知した人材のニーズも高まっています。

案件を獲得するためにも、基本的な広報PR業務の他にSNSに関する知識を身につけておくことが重要になります。

代表的な大手PRコンサル会社

ここまで、PRコンサルタントについて解説してきましたが、本章では代表的な大手PRコンサル会社3社についてご紹介していきます。

株式会社ベクトル

vector

株式会社ベクトルは「いいモノを世の中に広め、人々を幸せに」を理念にPRの事業やプレスリリース配信事業、ビデオリリース配信事業・ダイレクトマーケティング事業・メディア事業・HR事業・デジタルマーケティング事業・インベストメントベンチャー事業など幅広い事業を行っており、総合的なコミュニケーション立案からアウトプットまで提供を行う会社です。

共同ピーアール株式会社

共同ピーアール株式会社

共同ピーアール株式会社は、東京都に本社を構える、メディアリレーションズを中心とした広報活動の支援、代行、コンサルティングや危機管理広報、IR、インターネット関連業務に至る総合的なコミュニケーション・サービスを行う会社です。

50年以上にわたり記者や編集者とのコミュニケーションを積み重ねることで築いたメディアとの信頼関係が強みです。

株式会社 電通PRコンサルティング

株式会社 電通PRコンサルティング

株式会社 電通PRコンサルティングは、電通グループのPRコンサルティング会社で日本3大PR会社の一つです。

「よりよい関係づくりを積み重ねていき、未来のよき社会に貢献する」をモットーとしています。

あらゆるPRに対する幅広いお悩みに対して、独自の強みを活かしたメニューを提供しており、さまざまな事例に対応経験があることや国内外問わず受賞事例があるのが特徴です。

PRコンサルタントになるための近道

PRコンサルタントになるためには、転職エージェントを活用することが一番の近道になります。

本章では、数ある転職エージェントサイトの中でも特におすすめのサイトをご紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年3月22日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

アクシスコンサルティングとは、コンサル業界に特化している転職エージェントです。

コンサルティングファームからの信頼が厚く、シニアコンサルタントの入社数が1位という実績があります。

特徴としては、サポートが手厚く、コンサル業界に特化した選考対策をしていることです。

現役コンサルタントの転職実績No.1であり、求人のほとんどが優良な独自の非公開求人であることも強みです。

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 12,418件(2024年3月22日現在)
主な求人職種 管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは、30代〜50代をターゲットにしているハイクラス向け転職サイトです。

外資系や海外企業をはじめ、ハイクラスな国内大手企業への転職を希望している方におすすめです。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

コトラ
運営会社 株式会社コトラ
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開案件数 24,292件(2024年3月22日現在)
職種 金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

コトラは、ハイクラス人材向けの転職エージェントです。

業種や職種、企業を熟知している専門性の高いコンサルタントが求職者をサポートしているのが特徴です。

30代〜40代の経験や実績が豊富な求職者の利用が多いようです。

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

PRコンサルタントについての疑問・Q&A

PRコンサルタントについて 疑問 Q&A

ここまで、PRコンサルタントについて解説しましたが、この章では、実際PRコンサルタントになる方が疑問に思っていること、不安に思っていることについて回答します。

PRコンサルタントで役立つ資格はある?

PRコンサルタントとして役立つ資格としてPRプランナー資格認定制度があります。

広報・PR関連の資格で基本的な知識から実践的なスキルについての問題が出されます。

現在、広報やPRを担当している方や、今後、広報やPR関連の仕事に就きたいと思っている方が取得する資格となっています。

未経験でも可のPRコンサルタントの求人はある?

大手企業であると、未経験のPRコンサルタントの求人も無いことはないですが、数としてはとても少ない傾向にあります。

やはり、大手企業の求人となると経験を求められることが多いからです。

しかし、中小企業である場合は、人材を育成することに力を入れている会社であれば未経験でも可となっている会社もあります。

そのような会社に入職し、PRコンサルタントがどういったものなのか実際に経験するのもよいかもしれません。

新卒からでもPRコンサルタントになる事は可能?

新卒でPRコンサルタントになることは可能です。

どこかの企業に入職し広報に配属されるのか、フリーランスとしてPRコンサルタントとして働くのかどちらを選択するのかでも違ってきますが、知識やスキルがあれば新卒でフリーランスとして働くことも可能でしょう。

ただ、PRコンサルタントとしての依頼がくるようになるには、経験年数や実績が求められるケースが多いです。

そのためにも、新卒でどこかの企業に入職し、広報担当として働く事がよいかもしれません。

外資系のPRコンサルティング会社はどんなところがある?

外資系のPRコンサルティングで有名な会社は、アメリカの広報およびマーケティングコンサルタント会社であるエデルマン ジャパン

アメリカ合衆国ニューヨーク市に本社を置くPR会社で、広告代理店インターパブリックグループの系列企業であるウェーバー・シャンドウィック

同じく、アメリカのニューヨーク州に本社を置くPR会社の、バーソン・コーン&ウルフ ジャパンなどがあります。

PRコンサルタントまとめ

PRコンサルタント まとめ

今回は、PRコンサルタントの年収や仕事内容、求人について解説しました。

コンサルタントという職業自体は、特別何かの資格が必須ということはありません。

しかし、実際にコンサルタントとして働く場合には身に着けておくべき知識やスキルがたくさんあります。

このため、企業に関する知識などを身に着けた上で、転職エージェントなどを利用して実際に企業に勤めて実績を上げていく、といった流れがおすすめです。

少しでも、PRコンサルタントに興味がある方はぜひこの記事を参考にし、一歩動き出してみてはいかがでしょうか。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次