製造業コンサルタントの魅力に迫る!年収や仕事内容、おすすめ求人サイトを徹底解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
製造業コンサルタント なるには 年収 仕事内容 必要なスキル わかりやすく 解説

近年の製造業ではデジタル化が進んでおり、大きな変化が起きていまます。

会社ごとにIT化や効率化など、現場や経営の課題が生じている中で、メーカーに対してのコンサルティングの需要が高まっているのが現状です。

特に製造業などのメーカー勤務をしていた人にとっては、主要な転職先と言っても過言ではなくなりつつある製造業コンサルタント。

高い需要がある現状を踏まえて、興味がある人も多いと思います。

この記事では、製造業コンサルタントになるために必要な知識をわかりやすく解説しています。

製造業コンサルタントとは何か、仕事内容や年収相場をはじめとして、コンサルタントの求人事例に大手コンサルティング会社や、コンサルタントになるための転職エージェントについてもご紹介します。

記事を読み終わる頃には、製造業コンサルタントが身近に感じられるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

製造業コンサルタントタントとは

製造業コンサルタントタント とは

製造業コンサルタントとは一言で言えば、製造業のサポートをおこなう仕事です。

経営面でのサポートのほか、現場の業務改善も行い、製造業というものづくりを支える役割を担っています。

最近ではコロナ前後に関係なくクロスボーダー案件が多く、取引金額では上位を占めています。

そもそもコンサルタントとは、 専門的な知識やスキルを持ち、クライアント(企業、組織、個人など)に対して問題解決や戦略立案、業務改善などのアドバイスやサポートを提供する専門家です。

コンサルタントは、特定の分野や業界に精通しており、クライアントが直面している課題や目標に対して助言や解決策を提供することで、ビジネスの成果向上や改善を支援します。

>>ンサルタントになるために必要な資格やスキルは何か?未経験からファームへ転職する方法も解説

製造業コンサルタントの仕事内容

製造業コンサルタント 仕事内容

メインとなる仕事は現場や経営の改善とサポートです。

まず、現場サイドでは生産工程の改善をおこないます。

  • 受注から納品までの期間を短縮することで収益を伸ばしていく、リードタイム短縮
  • オペレーションの確認と再検討
  • 製品の企画開発から廃棄までのプロセス管理であるプロダクトライフサイクルの管理

以上がメインとなる業務といえるでしょう。

また、これ以外にも営業戦略なども任されることもあります。

次に経営サイドでは戦略的側面の業務をおこないます。

  • 海外への輸出と生産拠点の移転
  • 流通ネットワークの整備と推進
  • グローバル化
  • イノベーションを生み出す組織づくり

以上があげられます。

現場と経営の両サイドともに重要なポジションを任される仕事です。

組織の内外で改革を支えて推進していく、なくてはならない役割の仕事といえるでしょう。

製造業コンサルタントの年収相場

製造業コンサルタント 年収相場

製造業コンサルタントの年収相場はどのくらいでしょうか。

企業に属するコンサルタントの場合、年収は400万円から1,300万円ほどが相場とみられています。

また、入社して5年目以上くらいから1,000万円前後にも届くと予想されます。

コンサルタントの種類や所属するコンサルティング会社、役職や任される仕事によって差が大きいため、あくまでも目安としてみておきましょう。

>>コンサルタントの平均年収と企業別年収を公開

>>【リアル】コンサルタントが独立した場合の年収を解説

製造業コンサルタントに就くメリット5つ

製造業コンサルタントのメリット5つ

製造業コンサルタントに就くメリットは、製造業での勤務経験を活かすことができる点にあります。

製造業勤務の経験者は、製造プロセスや業界の特性を熟知しています。そのため、製造業コンサルタントとしては、現場の課題や改善ポイントを把握しやすく、具体的な問題解決に貢献できます。

また、製造業の知識と経験を生かし、効率化や品質向上などの改善提案を行うことで、クライアントのビジネスに即したアドバイスが可能となります。

製造業の理解と専門知識を持つことで、信頼性の高いコンサルティングサービスを提供できるでしょう。

給与面の充実

製造業コンサルタントは、高度な専門知識と豊富な経験を持つ専門家としての役割を果たします。

そのため、市場価値が高く、企業は製造業コンサルタントのスキルを高く評価しています。

経験豊富なコンサルタントは、需要と供給のバランスが取れているため、競争力のある報酬を期待でき、プロジェクトごとに報酬が発生する場合もあり、成果に応じた報酬体系が整っていることも一因です。

給与面の充実は、優れた専門知識と経験を持つ人材にとって、製造業コンサルタントとしてのキャリアを魅力的にする要因の一つとなっています。

多様な経験と知識の獲得

コンサルタントとして、様々な企業や業界の製造プロセスに関与することで、幅広い経験を積むことができます。

異なるクライアントの課題に取り組むことで、戦略立案や問題解決のスキルが磨かれます

また製造業の様々な側面に触れることで、業界特有の知識やベストプラクティス(効率的な方法)を吸収し、専門的な知識を高めることができます。

多様なプロジェクトを経験することで、自己成長が促進され、キャリアの幅広い展望を得ることができるでしょう。

キャリアの成長と発展

コンサルタントは常に新しいプロジェクトに携わり、さまざまな課題に取り組むことが求められます。

そのため、スキルや専門知識を継続的に発展させる必要があります。異なる業界や企業のプロジェクトに参加することで、幅広い経験を積み、専門性を高めることができます。

また、クライアントとのコミュニケーションやプロジェクト管理などのリーダーシップスキルも養われます。

成果に応じて評価されることが多く、実績に応じたキャリアの成長が期待できるため、自身の能力を最大限に発揮し、キャリアをより高みへと進める可能性が高いです。

多様なクライアントとの協力

コンサルタントはさまざまな企業や業界のクライアントと連携し、様々なプロジェクトに関与します。

大手企業から中小企業まで、様々な規模や業種の企業と取引することがあります。これにより、異なるビジネス環境やチームとのコミュニケーション経験を積むことができます。

多様なクライアントと協力することで、さまざまなビジネスニーズや課題に対処し、柔軟性や対応力を高めることができます。

異なるクライアントとの協力は、自身のスキルや知識を発展させる機会を提供し、キャリアの成長に貢献します。

製造業コンサルタントの大変さや厳しさ

製造業コンサルタントの大変さや厳しさ

製造業界は競争が激しく、企業は効率化や品質向上を求めています。

コンサルタントはクライアントの期待に応えるため、高いレベルの提案と成果を追求する必要があります。

またプロジェクトの成功にはタイムリミットがあり、成果を迅速に出す必要があり、短期間で結果を出すスキルが求められます。

さらにテクノロジーや市場の変化に迅速に適応し、最新のトレンドやベストプラクティスを把握する必要があります。

このように製造業コンサルタントは、挑戦的な業界であり、高度な専門性と対応力が求められる仕事ですが、その分やりがいも感じる仕事です。

ちなみに製造業やメーカーでの大変さの場合を例で挙げると、フル稼働や厳しい生産ペースでの作業が求められます。また製造現場では作業環境が厳しい場合があります。(例)高温・低温、粉じんや騒音などの要因

これらの要因も踏まえ、現在製造業やメーカーで働いている方は、製造業コンサルタントとしてのスキルや経験を磨きながら、新たな知識の習得も大切にし、今後コンサルタントとしての専門性を高めるていくこともおすすめです。

製造業コンサルタントに求められる資質・人物像

製造業コンサルタントに求められる資質・人物像

製造業コンサルタントには以下のような資質や人物像が求められます。

・技術的な知識と専門性
・問題解決能力
・コミュニケーションスキル
・プロジェクト管理能力
・柔軟性と適応力
・チームワークとリーダーシップ

製造業は技術的な要素が多いため、製造プロセスや業界の知識に精通していることが重要です。

またクライアントの課題や課題に対して、分析的に考え、効果的な解決策を提案できる能力が求められます。

コミュニケーションスキルも求められ、クライアントと円滑なコミュニケーションを図り、要件を理解し、提案や改善策を説明できる能力が重要です。

また協調性とリーダーシップスキルも必要です。これはプロジェクトでのチームとの協力やクライアントとの連携を取るためです。

最後に製造業コンサルタントはタイトなスケジュールのもと、プロジェクトを遂行し成果を出すための計画と管理能力が必要な業界です。変化の激しい製造業界では、柔軟に対応し、新しい状況や要件に適応する能力が求められます。

これらの資質や人物像を持つことで、製造業コンサルタントとしての成功が期待できます。

製造業コンサルタントになる際に役立つ資格

製造業コンサルタントに必要な資格

製造業コンサルタントになる際に役立つ資格は、幅広い専門領域をカバーし、クライアント企業の経営支援において重要な役割を果たします。

公認会計士や中小企業診断士などの経営に関連する資格から、TOEICやビジネス英語力などの国際的なコミュニケーション力を養成する資格まで、多岐にわたります。

これらの資格を獲得することで、製造業に特化した専門的な知識やスキルを身につけ、クライアントの課題解決や成長支援に寄与する能力が向上します。

具体的には以下のような資格が挙げられます。紹介する資格を参考にし、ぜひ就職活動や業務で役立ててください。

中小企業診断士

中小企業診断士は、日本において中小企業の経営支援を専門に行う資格を持つ専門家です。中小企業診断士は、中小企業の経営課題の分析や改善策の提案、経営コンサルティングなどを行い、経営の健全化や成長をサポートします。

中小企業診断士の資格を持つことで、経営者との信頼関係を構築しやすくなり、また経営者に対して製造業に限らず総合的な経営サポートが提供できます。労務管理や給与計算、社会保険手続きなど、幅広い領域にわたる支援が可能です。

製造業コンサルタントの知識と労務関連のスキルを組み合わせることで、より幅広い業務に対応でき、クライアントのニーズにより適切に対応することが可能となります。

社会保険労務士

社会保険労務士は、日本の労働法や社会保険制度に関する専門家であり、企業や個人の労働関連の相談やアドバイスを行う資格を持つ専門職です。労働法や社会保険に関する法律や規則を理解し、企業の労務管理や社会保険手続きの支援を行います。

社会保険労務士の資格を持つことで、製造業コンサルタントは労務管理に関する専門知識を活かし、経営者との信頼関係を築くことができます。

労働関連のサポートを通じて、企業の労務管理を強化し、健全な経営をサポートすることが可能となります。

公認会計士

公認会計士は、日本の公認会計士法に基づき、財務諸表の監査や税務に関する専門家としての資格を持つ人を指します。企業や個人の財務状況や会計情報の信頼性を確認する監査業務や、税務申告や税務相談などを専門的に行います。

公認会計士の資格を持つことで、製造業コンサルタントは財務面での専門知識と能力を磨き、クライアントに対してより総合的な経営支援を提供できるでしょう。

財務分析や監査、税務コンサルティングなどのスキルを組み合わせることで、より価値あるサービスを提供し、クライアント企業の成長と発展に貢献します。

税理士

税理士は、日本の税理士法に基づいて認定される専門家であり、税金に関する専門知識を持つ資格者を指します。個人や企業の税務に関するアドバイスやサポートを提供し、税金の計画や申告書の作成、税務相談などを専門的に行います。

税理士の資格を持つことで、製造業コンサルタントは税金に関する専門知識を習得できます。

また税法や税務手続きに精通することで、クライアントの税務面での課題を理解し、効果的な解決策を提供できます。

TOEIC

TOEIC(Test of English for International Communication)は、日本を含む世界各国で広く実施されている英語能力試験です。日本では特にビジネスシーンでの英語力評価や就職・転職活動などでよく利用されています。

製造業は国際的なビジネスに多く関与しており、海外のクライアントやパートナーとのコミュニケーションが必要です。

TOEICの資格を持つことで、英語によるコミュニケーションがスムーズに行えるため、グローバルなビジネス環境に適応しやすくなります。

製造業(メーカー)の仕事と一体何が違うのか

製造業(メーカー)で働く仕事とどう違うのか

ではここで知っておきたいのが、製造業やメーカーで働く仕事と製造業コンサルタントの違いについてです。

製造業やメーカーで働く仕事と製造業コンサルタントの違いは、直接的な製造業務に従事するか外部の専門家として経営支援を行うか専門性の深さや立場の違いによっています。

どちらが向いているのか一度ここで確認のために、以下を参考にしてください。

仕事の性質

製造業やメーカーで働く仕事:製造業やメーカーで働く人々は、具体的な製品の製造や生産プロセスに従事します。生産ラインの監督、品質管理、製品設計、生産計画、在庫管理などの業務を担当します。

製造業コンサルタント:製造業コンサルタントは外部の専門家として企業に対してコンサルティングサービスを提供します。経営戦略の立案、業務プロセスの改善、効率化の提案、品質向上の支援など、経営や業務全般に関わるアドバイスを行います。

働く立場

製造業やメーカーで働く仕事:製造業やメーカーで働く人々は、直接企業に雇用されてその業務に従事します。社内の一員として製品の生産やプロセス改善に貢献します。

製造業コンサルタント:製造業コンサルタントは外部の専門家として、複数の企業やクライアントに対してコンサルティングを行います。自社ではなく、クライアントの経営を支援する立場です。

専門性

製造業やメーカーで働く仕事:製造業やメーカーでの仕事は、その企業の製品や業界に特化した専門知識や技術が求められます。製造業の現場や業務に密接に関わります。

製造業コンサルタント:製造業コンサルタントは多岐にわたる業界の企業に対応するため、広範な経験や知識が必要です。経営戦略、業務プロセス改善、マーケティング、品質管理など、幅広い専門分野に対応する能力が求められます。

製造業(メーカー)からコンサルへ転職できる?

製造業(メーカー)からコンサルへ転職できる?

製造業やメーカーで働く仕事から製造業コンサルタントに転職することは可能です。

実際に多くの専門家やプロフェッショナルが異なるキャリアパスを選択し、製造業コンサルタントとして活躍しています。

製造業から製造業コンサルタントへの転職は新たなキャリアの可能性を広げるものであり、自身の目指すキャリアパスに合った動機を明確にすることは重要です。

以下には製造業(メーカー)からコンサルへの転職理由や評価について、また転職を成功させるポイントをまとめましたので、ぜひ転職活動の際に参考にしてみてください。

製造業(メーカー)からコンサルへの転職理由・志望動機

幅広い業界・企業に貢献したい

製造業コンサルタントとして働くことで、自身の経験や知識を様々な業界や企業に活かすことができます。異なる業種や規模の企業に対して経営支援を行うことで、多様な企業に貢献したいという志望動機に繋がります。

より高度な専門性を磨きたい

製造業コンサルタントとしての仕事は、経営戦略の立案や業務プロセスの改善、マーケティング戦略の策定など、高度な専門知識とスキルが求められます。自己成長を重視し、より専門的な知識を身につけたいという動機に繋がります。

問題解決とコンサルティングに興味がある

製造業コンサルタントは、企業の課題解決や業務改善を支援する役割を担います。問題解決とコンサルティングに興味を持ち、企業の成長や競争力向上に貢献したいという志望動機に繋がります。

グローバルな視野を持ちたい

製造業コンサルタントは多くの場合、国内だけでなく国際的なクライアントとも関わることがあります。グローバルな視野を持ち、国際的な経験を積みたいという志望動機に繋がります。

新たな挑戦を求める

製造業やメーカーでの経験を活かしながら、新たなキャリアパスとして製造業コンサルタントに挑戦したいという意欲のもと、経験を活かしつつも、より広い範囲での業務に挑戦したいという志望動機に繋がります

製造業(メーカー)出身者は評価が高い?

製品の製造やプロセス改善などの豊富な実務経験は、製造業コンサルタントとしての理解力や実践力を高める上で非常に有益なため、評価は高くなります。

実際に製造業コンサルタントとして働く人は、製造業での経験から、問題解決力や業務プロセスの改善意識を身につけた人々が多いです。

これは製造業コンサルタントとしてのコンサルティング業務において、クライアントの課題解決や効率化に向けて的確な提案を行う力として必要になります。

このように製造業やメーカー出身者は転職活動で高く評価される傾向がありますが、転職に際しては製造業コンサルタントとしての新たなスキルや知識の習得も大切です。

自身の経験を活かしつつ、新たなキャリアに向けて成長することが重要です。

製造業(メーカー)からコンサルへの転職成功ポイント

製造業やメーカーからコンサルティング業界への転職を成功させるためのポイントは、製造業で培ったスキルや経験を整理し、コンサルティング業界における価値を明確にすることです。

またコンサルティング業界はネットワークが重要です。できれば既存のコンサルタントや業界関係者とのつながりを築き、情報収集や求人情報のキャッチアップに努めます。

そしてコンサルタントとしての視野を広げ、業界のトレンドや課題に対する洞察力を高めていきましょう。

これらのポイントを意識して、コンサルティング業界における自身の強みを最大限に生かし、転職成功に向けて努力することが大切です。

製造業コンサルタントの採用選考で押さえておくこと

採用選考で押さえておくこと

書類選考

履歴書と職務経歴書を詳細に記入し、製造業での経験や実績を具体的に示すことが重要です。

コンサルティングにおけるプロジェクト経験や成果もアピールしましょう。

また志望動機やコンサルタントとしてのキャリア目標を明確にし、自身の経験と合わせてどのような価値を提供できるかをアピールすることが重要です。

製造業コンサルタントとしての基本的な知識や業務内容に関する理解を示すことで、応募の適性をアピールしましょう。

面接

面接では自己PRを行い、製造業で培った経験やスキルを強調することが大切です。

具体的なプロジェクト経験や成果を例示して、自身の強みをアピールしましょう。

コンサルタントとして重要な能力の一つは問題解決能力です。過去の経験から問題解決のプロセスを説明し、自身のアプローチを具体的に示すと好印象です。

クライアントとのコミュニケーションも重要なため、チームでの仕事やコミュニケーション能力を強調し、協調性をアピールしましょう。

またコンサルタントの面接では、ケーススタディ(実際に起こった出来事を詳しく分析・検討すること)を行うことがあります。

実務に即した問題を解決する過程や意思決定を示し、分析力と論理的思考力をアピールしましょう。

製造業コンサルタントの求人事例

製造業コンサルタント 求人事例

次に実際に製造業コンサルタントの仕事とはどのようなものがあるでしょうか。

求人事例を3件程紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

製造業クライアントでの戦略策定(製品、サービス)、システム開発、保守運用

業務内容

スクロールできます
エンジニアリング領域のサポート製造業のクライアントの商品企画や開発などに対してデジタル活用の製品サービス開発の策定などを実施
ソフトウェアサービス領域のサポート自社製品へのデジタル的付加価値を付与、ハードとソフト/クラウドを融合させた新規サービス実現に向けたサポートを実施

また、スキルや経験を保持している人には新規サービス、ソリューション開発、ビジネスモデル構築などの上流工程も担当可能。グローバルプロジェクトも多数あるため、英語スキルも活用できます。

対象となる人

スクロールできます
エンジニアリング領域製品設計、開発業務での設計開発プロジェクトの主導経験
PLM、ALMなどのアプリケーション開発経験など
ソフトウェアサービス領域IT技術を用いた新規サービス企画や構築の経験
システム開発の経験など

雇用形態

正社員:試用期間あり(6か月)

給与

年俸400~1500万円

製造DXコンサルタント(製造業の品質管理の課題解決)

業務内容

スクロールできます
FMEAナレッジマネジメントシステム
STATUREの技術コンサルタント
必要な情報システムが自動抽出され、最小限の時間で最大化が得られるようにサポートすることや、統計解析ソフトウェアとの組み合わせで製造プロセス全体の品質情報マネジメントが可能になるようクライアントをサポート。

対象となる人

スクロールできます
最終学歴大学院、大学卒以上
必須条件論理的思考力、コミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント能力

雇用形態

正社員

給与

予定年収:550~900万円

メーカー向け経営コンサルタント(戦略、オペレーション)

業務内容

スクロールできます
製造業クライアント向けコンサルティング生産性向上(工場改革)やトップライン向上、原価管理、新規事業開発や商品企画。
経営課題の把握と解決策の立案と実行など。
経営サポートのコンサルティングスタイルを採用。
製造業のナレッジを活かしながら経営目線の課題解決へと導く業務。

対象となる人

スクロールできます
最終学歴大学院、大学卒以上
必要条件コンサルティング経験はなくても応募可能
その他大学の選考において工学系を選考している上で下記のいずれかに該当する人
メーカー工場生産技術部門出身者
工場ライン設計、立ち上げ、管理業務経験者
現場改善、生産性向上業務経験者
製造業コンサルタント経験者など、製造業への思いの強い方歓迎。

雇用形態

正社員:3ヶ月(試用期間中の給与・待遇は変わらない)

給与

予定年収550~1,200万円

代表的な大手製造業コンサル会社

製造業のコンサルタントになるためには、コンサルタント会社に就職する必要があります。

ここでは、代表的な大手製造業コンサル会社を3社をご紹介します。

株式会社O2

株式会社O2

株式会社O2は、3つのグループ会社と7種類の人材属性を連携して多種多様な製造業の課題改善や業績向上をサポートするコンサルティング会社です。

「顧客企業にとってなくてはならない必要不可欠な存在」と社名の由来にもあるように、社員の7割近くがメーカー出身エンジニアで構成され、ベテラン社員も多数在籍。

製造業に特化した高い専門性と、設計から製造まで一貫したコンサルティングをおこない、企業全体の変革をサポートしています。

株式会社iTiDコンサルティング

株式会社iTiDコンサルティング

株式会社iTiDコンサルティングは、国内外220社、34000人以上の調査実績を誇り、製造業の企業の強みを客観的に分析しながら開発力向上の支援をするコンサルティング会社です。

製造業(主に精密、電機、機械)をメインとした設計、開発の業務改革をおこなっており、人材とプロセスの側面から開発力を強化します。

実務実績で培ったノウハウを活かし、経営層と現場の調整を実施。コンサルティングのほか、開発、調査、品質保証といった4つの部門が連動して、クライアントの課題解決へと導きます。

株式会社ISIDビジネスコンサルティング

株式会社ISIDビジネスコンサルティング

株式会社ISIDビジネスコンサルティングは、ITとデータを活用し、現場と経営をつなげて企業の発展や課題改善へと導く、製造業サポートのコンサルティング会社です。

企画では、ロードマップの策定、投資対効果の算定、アセスメントやビジョン作成などを実施。

また、プログラムマネジメントや実証実験などを踏まえておこなうコンサルティングにも特徴があります。

企画段階の構想と現場での業務環境改善を連動させ、その効果を見極めながらのアプローチでクオリティの高いサポートを実行しています。

製造業コンサルタントになるための近道:おすすめ転職エージェント(求人)サイト

コンサルティング会社について紹介してきましたが、そのコンサルティング会社に入社するのには、どのような方法があるでしょうか。

結論からいえば、最短で製造業コンサルタントになるための方法は、コンサルティング職の転職に強い転職エージェントを利用することです。

以下に3つのエージェントの特徴や強みをあげていますので、ぜひ参考にしてください。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年3月22日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

17年間で5,000人もの現役コンサルタントをサポートした実績を持つアクシスコンサルティングは、コンサルタントの求人に特化した転職エージェントです。

事業会社からの転職の人、今現在コンサルティング会社にいる人で他社へ行きたい人、未経験からのコンサルティング転職と、いずれも手厚いサポートを望むことができるでしょう。

平均支援期間は3年と長く、転職したあとのことまで視野に入れたキャリアパスを提案してくれます。

2018年度にはシニアコンサルタント以上の入社実績数が全エージェントの中で1位を獲得

高い信頼の証としてコンサルタントの能力を活かせるポストコンサル求人も独自に数多く依頼されています。

また、各コンサルタント会社のパートナーなども定期的に来社して情報交換を実施しており、優良な未公開求人は全体の77%にも及びます。

さらに、コンサルティング会社の現役パートナーやディレクタークラスの人たちから、実際に転職した際の生の声を情報源としてコラムを発信しています。

コンサルタントに特化した転職エージェントなら、まずはアクシスを抑えておくべきでしょう。

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,418件(2024年3月22日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

外資系企業に強みをもち、専門性の高いハイクラスな転職を希望ならJACリクルートメントです。

JACリクルートメントは各業界に特化したコンサルタントが多く所属しており、その数は総勢800名ほど。

専門性の高い転職アドバイスを期待でき、自分の価値を確認できます。

また、コンサルタントが自ら企業に直接訪問し、企業の職場環境や文化、事業戦略まで確認しており、企業のリアルな姿を伝えてくれます。

加えて、日本で30年以上の実績と年収800万円以上のコンサル案件が多数あります。

キャリアのある30代から50代向けの案件が多いため、コンサル会社を変えたいと思っている現役のコンサルタントにも有効なエージェントといえるでしょう。

豊富な求人数とミドル層とハイクラスの転職に特に強いJACリクルートメントの利用をぜひ検討してみてください。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

コトラ
運営会社株式会社コトラ
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開案件数24,292件(2024年3月22日現在)
職種金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

最後は、金融とコンサルティング業界の転職に強いエージェントコトラです。

コトラの特徴は転職支援をおこなっているコンサルタントが、その業界出身者であること

特にメーカー勤務からコンサルタントへと転職した人やコンサル会社出身の人材も多数在籍しています。

そのため、リアルな情報や転職対策などは抜群です。

メーカーからコンサル会社への転職には、独自の選考基準や面接対策が必要不可欠になります。

そのため、業界に精通したエージェントの深い知識に基づいた専門性の高いサポートはぜひ受けておきたいところです。

また、他にない独自の非公開求人を探している人におすすめといえます。

求人のほとんどが東京勤務となっているため、地方の人は他のエージェントと併用することでうまく活用できるでしょう。

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

製造業コンサルタントについての疑問・Q&A

製造業コンサルタントについて 疑問 Q&A

ここでは、製造業コンサルタントについての疑問にお答えします。

製造業コンサルタントへ転職後どのようなキャリアパスを辿れますか?

コンサルタントが成功を収めると、エリアリーダーやパートナーのようなリーダーシップポジションに進むことができます。経営陣と協力して戦略立案やビジネスの方向性に影響を与えることも可能です。

その他、成功したコンサルタントがメーカーに戻る場合もあり、その場合は、技術職ではなく経営企画・マーケティング・開発部長などの上流工程で転職することが一般的です。

また、起業や個人事業主として独立しフリーコンサルタントとして活躍する選択肢もあります。

達成感を得る瞬間、充実感を感じる瞬間は何ですか?

クライアントの課題や問題を解決し、それが企業の業績向上や生産性の向上に寄与した際に、達成感を得ることがあります。

自身の提案やアドバイスが実を結んだ瞬間に満足感を感じるでしょう。

またプロジェクトが終了し、クライアントやチームと共に成功を祝う瞬間に充実感を得ることがあります。

自身の役割や貢献を認められたと感じることで、やりがいを感じます。

クライアントからの感謝の言葉やお礼の手紙を受け取ったり、信頼関係を築いたりすることで、自分の仕事が認められたと感じるのは大きな喜びです。

製造業コンサルタントまとめ

製造業コンサルタント まとめ

いかがでしたでしょうか。メーカーから製造業コンサルタントへの転職は、そのスキルや経験を活かせる上に、年収などのキャリアアップにもつながります

コンサルタントになるためには、コンサルティング会社に所属してコミュニケーションスキルなどの能力を高めていかなければなりません。

「製造業のコンサルタントになりたい」「コンサルタント会社へ転職できるか自信がない」という人は、まずはコンサルタントに強い転職エージェントを活用しましょう

コンサルタント業界に深く精通した専門アドバイザーが、経験やスキルをもとにした的確なキャリアプランを組んでくれるはずです。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次