経営コンサルタントになるには|年収と仕事内容や必要なスキルをわかりやすく解説

経営コンサルタント なるには 年収 仕事内容 必要なスキル わかりやすく 解説

企業が抱えるさまざまな課題をヒアリングし、具体的な解決策を提示しながら経営をサポートする経営コンサルタント。

名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような仕事をするのか、経営コンサルタントになるためにはどのようなスキルが必要なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

また、経営コンサルタントと聞くと「怪しい」「胡散臭い」といったネガティブなイメージを抱く方も少なくありません。

そこで今回の記事では、経営コンサルタントの具体的な仕事内容や気になる年収、どのようなスキルや実務経験が求められるのかを詳しく解説します。

また、これから経営コンサルタントを目指している方が、最短でキャリアチェンジを実現するためにはどのような方法があるのかもあわせて紹介します。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴
JACリクルートメント
JACリクルートメント

ハイクラス向け転職エージェントならJACリクルートメント。

日本で30年以上の実績があり、年収800万円以上のコンサル案件が豊富。

外資系企業の求人にも強みを持つ。

フリーコンサルタントBizロゴアクシスコンサルティング

コンサル求人に特化した転職エージェントならアクシスコンサルティング。

事業会社からの転職やコンサルティングファームから他社ファームへの転職はもちろん、未経験からのコンサルティング転職も手厚く支援してくれます。

コトラコトラ

金融系、コンサルに強い転職エージェントならコトラ。

経験豊富なプロフェッショナル人材を募集しており、コンサルタントと面談し、非公開求人を紹介してもらう形式。

他にはない独自案件を探す方におすすめ

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

目次

経営コンサルタントとは

経営コンサルタント とは

経営コンサルタントとは、その名の通り企業の経営に関する方向性や戦略のコンサルティングを提供する専門職です。

一口に経営方針や経営戦略といっても、業種や企業規模によってテーマは異なることから、経営コンサルタントには幅広い分野に精通した知識と知見が求められます。

経営コンサルタントのなかには、会計や法務、ITなどさまざまな分野に特化した人材も多く存在します。

企業で財務や会計を担当してきた人や、税理士、公認会計士などの資格をもった人は会計に特化した経営コンサルタントとして活躍していたり、ITエンジニアとしてさまざまなプロジェクトに関わってきた人はIT系に特化した経営コンサルタントとして活躍しています。

経営コンサルタントとして活躍している人の多くは、コンサルティングファームとよばれるコンサルタント専門の企業に所属し、クライアント企業の経営課題を解決するためにチームを編成して取り組むことが一般的です。

一方、経営コンサルタントとして十分な経験を積み、スキルを身につけた後はコンサルティングファームを退職し、フリーランスや経営者として独立するケースもあります。

>>【リアル】コンサルタントが独立した場合の年収を具体的な案件で解説

経営コンサルタントは怪しい?その実態とは

経営コンサルタントと聞くと、以下のようなマイナスイメージを抱く方も少なくありません。

  • 高額なコンサルティング料がとられる割に、思うような成果が得られない
  • 実力のないコンサルタントが多い

その結果「経営コンサルタント=怪しい」といった先入観を抱きがちで、どのような仕事をするのかよく分からないと感じられることもあります。

上記のなかで、経営コンサルタントにはさまざまな得意分野があると紹介しましたが、どのような分野であっても基本的な仕事の進め方は同じです。

まずは依頼された企業の経営状況を把握し、どのようなことが経営課題となっているのかを分析します。

経営課題は複雑な要因が絡み合っていることも多いため、どの要因を解決すれば経営が上向くのか仮説を立てながら検証し、具体的な経営戦略のプランとして落とし込んでいきます

経営コンサルタントは高度な知識や知見が求められる専門職ではありますが、医師や弁護士のように特定の資格や免許は必要ありません。

すなわち、誰でも経営コンサルタントを名乗れば活動できるのです。

そのため、十分な実力と実績がある経営コンサルタントばかりとは限らず「怪しい」「胡散臭い」といったネガティブなイメージが先行しがちな側面もあります。

経営コンサルタントの年収相場

経営コンサルタント 年収相場

経営コンサルタントには、会社員として働く道と、フリーランスや経営者として独立する道があることを冒頭で紹介しました。

当然のことながら、それぞれの働き方や立場によっても年収は大きく異なります。

まず、コンサルティングファームに所属し会社員として働く経営コンサルタントの場合、1,000万円を超える年収を得るケースも珍しくなく、リーダーや役職がつくと2,000万円、3,000万円クラスの年収に達することもあるようです。

経営コンサルタントは実力主義の世界であり、クライアントである企業や経営者から信頼を得て実績を残せば多くの依頼を継続的に受けられ、それに比例して収入もアップしていきます。

年功序列型で年齢に応じて収入がアップしていくコンサルティングファームは少なく、20代で数千万円の年収を稼ぎ出すことも十分可能です。

しかし、その一方でクライアントからの信頼を得られず実績も残せないと、30代、40代になっても年収が1,000万円に届かないケースもあるようです。

フリーランスや経営者として独立した場合は収入の格差がより顕著になり、億単位の年商を得られる経営コンサルタントもいれば、仕事そのものが獲得できずに事業から撤退を余儀なくされる経営コンサルタントもいます。

経営コンサルタントの将来性

経営コンサルタント 将来性

一般的な会社員に比べて高い年収が期待される経営コンサルタントですが、今現在は多くの年収を得られたとしても、将来的に年収が下がるのではないかと懸念する方も多いでしょう。

クライアントである企業からのニーズがなくなれば経営コンサルタントの年収も下がっていくことになりますが、将来性の観点から考えたとき、経営コンサルタントは安定した職種といえるのでしょうか。

結論からいえば、経営コンサルタントの将来性は高いと考えられます。

それにはいくつかの理由があるのですが、特に注目すべきポイントとして挙げられるのが消費者ニーズの多様化です。

かつての日本では、モノを作れば売れるという時代が長く続き、製造業が中心となって経済を支えてきました。

しかし、多くの国民にモノが行き渡り、生活基盤が安定した現代において、モノを作れば確実に売れるとは限りません。

一見すると需要が低くニッチな産業と思われていても、それが新たなニーズを掘り起こしヒットにつながるケースもあります。

時代の変化を見極め、消費者がどのような製品・サービスを欲しているのか、新たなニーズを分析するのは決して簡単なことではなく、経営コンサルタントの手腕が問われるでしょう。

2つ目の理由としては、経済のグローバル化によって海外に進出している企業が増えていることです。

少子高齢化が進み人口が減少していく日本において、これまでのように国内需要のみにフォーカスしていては企業の成長も鈍化していくでしょう。

そこで、顧客のターゲットを国内だけに絞るのではなく、海外も見据えた事業を展開していくことが求められます。

日本と海外では市場規模やニーズも異なるため、経営コンサルタントが企業をサポートしていく必要があるのです。

経営コンサルタントになるには?必要なスキルや経験とは

経営コンサルタント なるには 必要なスキル 経験 とは

冒頭でも紹介した通り、経営コンサルタントになるために必須となる資格や免許はありません

しかし、経営に関わるスキルや経験を有していなければ、クライアントに対して有益な情報やアドバイスを提供することができず、やがては信頼を失い仕事の依頼が減ってくるでしょう。

経営コンサルタントに求められる代表的なスキルとしては、会計や法務、人事といった経営に直結する分野のほか、ITに関する技術的な知見も求められます。

ただし、すべての経営コンサルタントがこれらに精通しているとは限らず、自分自身の経験をもとに得意分野をもっています。

たとえば、会計や法務の分野は得意であるものの、ITの分野は苦手という場合には、ITコンサルタントと協力しながらクライアントの課題を解決するといったケースもあります。

経営コンサルにおすすめの資格

経営コンサルタントとしてクライアントからの信頼を獲得し、継続的に仕事を依頼してもらえるようにするためには、客観的にスキルを証明できる資格を取得するのもひとつの方法です。

経営コンサルタントにおすすめの資格としては、以下の3つが代表的です。

MBA

MBAとは、ビジネススクールや大学院などにおいて経営学を修了した人に対して与えられる学位のことです。

国家資格や民間資格のように特定の試験を受験し合格することで得られる資格とは位置づけが異なりますが、企業経営における幅広い知見を有していることを証明するためには有効であり、日本のみならず海外でも通用する強みがあります。

公認会計士

経営における会計のエキスパートといえるのが公認会計士です。

財務諸表監査を主な業務としており、簿記や会計報告書などの情報をもとに、会計が適正に処理されているかを専門家の目から客観的に評価できます。

公認会計士の資格をもっていれば企業の監査役としても活躍できるほか、経営コンサルタントとして客観的な立場からアドバイスすることもできます。

中小企業診断士

中小企業を対象にコンサルタントを行うためには、中小企業診断士の資格が有効です。

その名の通り、中小規模の企業を対象に経営の健全性や妥当性を評価する診断を行うことができるため、この資格を取得し活躍している経営コンサルタントも少なくありません。

>>コンサルタントの転職に役立つ資格一覧。資格なしでもコンサルになれる?

経営コンサルタントになるための近道

経営コンサルタントは経営に関わる幅広い知識や知見が求められることから、未経験から実務の現場で活躍するのは極めてハードルが高いといえます。

では、現在活躍している経営コンサルタントはどのようなキャリアパスを経て今の仕事に従事しているのでしょうか。

一般的なのは、企業の財務担当や人事担当、またはITエンジニアなどといった実務のキャリアを積み、専門的な知見を活かして経営コンサルタントへキャリアチェンジする方法です。

専門的な知識があるとはいえ、経営コンサルタントとしての実務経験はゼロのため、まずはコンサルティングファームへ入社し先輩の経営コンサルタントの指導を受けながら成長していく方法が定番です。

コンサルティングファームへの転職をスムーズに進めるためには、コンサルティング業界に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

経営コンサルタントになるための近道としておすすめの転職エージェントが、アクシスコンサルティングです。

コンサルティング会社への転職はハードルが高く、実務経験がある候補者ほど転職が有利です。

しかし、未経験だからといって転職できる可能性はゼロではなく、アクシスコンサルティングは前職の経験をどのように経営コンサルタントに活かせるかをアドバイスし、キャリアプランにマッチしたコンサルティングファームを紹介してくれます。

実際に未経験からコンサルティングファームへの転職を成功させた実績も豊富で、新卒・第二新卒の就職支援も行っています。

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

経営コンサルタントについての疑問・Q&A

経営コンサルタント ついて 疑問 Q&A

経営コンサルタントとして就職・転職を目指すうえで、さまざまな疑問や不安の声が聞かれることもあります。

特に多く聞かれる疑問と、それに対する回答を紹介しましょう。

経営コンサル大手の会社にはどんなところがある?

総合系コンサルティングではデロイトトーマツコンサルティングアクセンチュア、戦略系コンサルティングではマッキンゼー・アンド・カンパニーボストンコンサルティンググループ、ITコンサルティングではガートナージャパンなどが代表的です。

経営コンサルタントは激務?

経営コンサルタントはクライアントにスケジュールを合わせて業務を進めなければならず、さまざまな事情によりギリギリのスケジュールで動くこともあります

労働環境はクライアント次第ということもあり、一概にすべての経営コンサルタントが激務とはいえません

経営コンサルを依頼した場合の料金の相場はどれくらい?

顧問契約として依頼した場合、月額20〜50万円程度が相場となっています。

ただし、契約内容によっては売上に対して一定割合の成果報酬が設定されていたり、時間単位でのスポット契約などもあります。

経営コンサルタントまとめ

経営コンサルタント まとめ

経営コンサルタントになるためには特別な資格や免許は不要ですが、クライアントである企業からの信頼を勝ち取ることができなければ安定した仕事を得ることが難しいでしょう。

完全実力主義の世界であり、20代で数千万円の年収を得るのも夢ではありません。

しかし、その一方で成果を発揮できなければ、30代、40代になっても年収は伸びず、キャリアに限界を感じ別の道に進む人も多い厳しい世界です。

経営コンサルタントとして成果を出し続けていくためには、つねに時代の変化を見極め、顧客のニーズを把握しようとする姿勢が重要です。

未経験から経営コンサルタントへキャリアチェンジを検討している方は、公認会計士やMBAといった資格の取得に挑戦しつつ、アクシスコンサルティングのようなコンサルに特化した転職エージェントを活用していくのがおすすめです。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴
JACリクルートメント
JACリクルートメント

ハイクラス向け転職エージェントならJACリクルートメント。

日本で30年以上の実績があり、年収800万円以上のコンサル案件が豊富。

外資系企業の求人にも強みを持つ。

フリーコンサルタントBizロゴアクシスコンサルティング

コンサル求人に特化した転職エージェントならアクシスコンサルティング。

事業会社からの転職やコンサルティングファームから他社ファームへの転職はもちろん、未経験からのコンサルティング転職も手厚く支援してくれます。

コトラコトラ

金融系、コンサルに強い転職エージェントならコトラ。

経験豊富なプロフェッショナル人材を募集しており、コンサルタントと面談し、非公開求人を紹介してもらう形式。

他にはない独自案件を探す方におすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる