SAPコンサルタントとは?仕事内容と年収や激務でつまらないのか解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
SAPコンサルタント なるには つまらない 激務 仕事内容 年収 将来性 解説

SAP社のERP製品「SAP ERP 6.0」の標準サポートが終了する2027年問題の影響で、SAPコンサルタントの需要は高まっています

ITコンサルティングの中でも、市場価値が非常に高く、案件数が多くあります

SAPは、中小企業をはじめとする様々な企業に導入されており、転職やフリーランスの案件を獲得するのにSAPコンサルタントは非常に有利といえます。

そこで、この記事では、今後SAPコンサルタントとして働きたいと考えている方に、仕事内容や年収、将来性など詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>SAPコンサルタント向けおすすめ転職エージェント|選び方や活用方法も解説

目次

SAPとは?

SAPとは

SAPとは各業界で圧倒的なシェアを誇っている企業向けERPパッケージ製品。

マイクロソフトオラクルなどに次ぐ世界最大クラスのドイツのソフトウェアメーカーのSAP社が提供しています。

ERPとは企業の経営資源である「ヒト・モノ・カネ」といった情報を部門ごとではなく企業全体で1つに統合し、リアルタイムで整合性が取れたデータを連携できるシステムのことです。

ERPシステムのイメージ
引用:SAP公式ブログ

ERPシステムの中には部門・業務ごとでしか統合できないものもありますが、SAPは「完全統合型ERP」と呼ばれ、企業全体のあらゆる情報の一元管理が可能です。

情報伝達のタイムラグがなくなり、素早い経営判断を行うことができます。

SAPコンサルタントとは?仕事内容を解説

SAPコンサルタント 仕事内容

SAPコンサルタントとは、SAPの専門的な知識をもつアドバイザーのことです。

SAPの機能を最大限に活かして、クライアントが求めるシステムを合理化します。

SAPは一般的な機能に関しては、パッケージ化されているため、そのまま使用すれば費用を抑え導入することが可能ですが、企業によっては追加の開発が必要になります。

不足している機能を把握し、開発が必要かを判断するのもSAPコンサルタントの業務の一つです。

また、システム稼働後のアフターフォローも大事な業務の一つであり、操作方法がわからない時やソフトウェアがバージョンアップした際はサポートを行います。

SAPコンサルタントの仕事内容
  1. 要件定義
  2. ソリューションデザイン
  3. システム構築/カスタマイズ
  4. プロジェクト管理
  5. ドキュメンテーション
  6. サポートと運用保守

SAPコンサルタントとSEとの違い

SAPコンサルタントは、企業の課題に対して経営的な要件定義の解決を行います。

クライアントの業務効率化やビジネス環境の改善に貢献することが主な業務となります。

一方、SEはクライアントの要望通りにシステムを作り、納品することが主な業務になります。

どのようなプログラムが必要になってくるのか、どういった製品を使用したらよいかなどの問題を解決していきます。

SEからSAPコンサルタントへ転職する方も多く「SAPコンサルタントとSEは何が違うのか」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、SAPコンサルタントとSEにはこのような違いがあります。

SAPコンサルタントの年収相場

SAPコンサルタント 年収 相場

SAPコンサルタントを目指す方にとって、年収や給料について気になる点でしょう。

求人ボックスの給料ナビによると、SAP関連の仕事の平均年収は624万円(2023年6月時点)のようです。

SAPコンサル年収

年収や給与については、勤める会社や担当業務、経験年数によっても違うため年収レンジは広く、かなりの開きがあります。

プロジェクトリーダーなどを任せられる立場である場合は、年収1,000万円を超えることも可能で、同じIT業界でも、他のパッケージソフトのコンサルタントよりも年収が高い傾向にあります。

また、フリーランスのコンサルタントであれば、スキルや経験年数次第でさらに高額な年収も期待できるでしょう。

PODのSAP案件

フリーコンサルタント向け案件紹介サービスのPODではSAP案件は月額100~150万円のプロジェクトが多く、年収にすると1,200~1,800万円が平均になります。

>>SAPコンサルタントが独立後のフリーランス案件獲得方法と単価や年収のリアル

SAPコンサルタントの求人傾向と将来性

SAPコンサルタント 求人傾向 将来性

近年、SAPコンサルタントの求人は増え続けています

企業にとって人件費削減のための情報のデジタル化、業務の効率化は必須で、経営的視点からでも、より便利なシステムの導入は欠かせないものです。

そのために力を発揮するのが、SAPのシステムであるためです。

各企業に合わせて、最適なシステムを導入し経営のサポートを行うことができるSAPコンサルタントは今後、需要が増えていくでしょう。

ERPパッケージで見られるクラウド化もその一つであるといえます。

そのため今後は、SAPの知識だけではなく、システムに関する幅広い知識や経験を持った人が求められるようになるでしょう。

また、今後の需要が増大する理由の一つとして、現在国内の2,000社以上の企業で導入されているとされるSAPのERP「ECC 6.0」の製造元のサポートが2027年になくなることも挙げられます。

これにより多数の企業が「S/4 HANA」への移行をしつつあります。

SIer・コンサルティングファームではシステム移行に関する受注が増えており、SAPの知識が豊富なSAPコンサルタントに関心が高まっている状況です。

SAPコンサルタントとして長く活躍することを目指すのであれば、常に新しい情報を取り入れ、企業に合った提案を行えるように知識やスキルを磨いておくことも必要となります。

>>SAP導入とは?導入メリットや導入を成功させるポイントを解説

SAPコンサルタントになるには?必要なスキルや実績、経験について

SAPコンサルタント なるため 必要 スキル 実績 経験 とは

SAPコンサルタントになるために必要なスキル、実績や経験について説明していきます。

まず、必要なスキルについては大きく分けて4つになります。

SAPスキル

SAPコンサルタントとして仕事をするにあたって「SAP標準機能」を知っておかなければいけません

SAPにはどのような機能があり、どのように操作するのかユーザに説明する必要があります。

そのため、SAPコンサルタントとして最低限SAPの機能や操作方法については、クライアントから質問された時にすぐに答えられる状態にしておく必要があります。

ITスキル

SAPはITシステムの一つです。

ITシステムがどのように動いているのか、最低限のコンピュータ知識は身につけておく必要があります。

ユーザの中にはIT知識が豊富の方も多いため、最低限のコンピュータ知識はつけておかないと、業務をする上で支障が出てくることになります。

また、ITスキルの高いSAPコンサルタントが設計したプロセスは、システム整合性が取れており、不具合が起きる可能性を最小限にすることができます。

業務スキル

SAPコンサルタントは、企業に合わせて必要なシステムを提案することも業務の一つです。

そのため、一般的な顧客業務がどのようなものなのか詳しくなければ、業務改革をすることはできません。

SAPに合わせる業務改革をするためにも、顧客業務の知識を身につけることは必須です。

コミュニケーション能力

コンサルとしてコミュニケーションのスキルは必ず必要になってきます。

クライアントと業務を行う上で、相手が何を求めているのか話を行いながら汲み取る必要があります

また、こちらの意見を伝える力も必要となります。

プロジェクトに携わるとなると、多くの人と関わることになります。

そのため、会話に限らず電話やメールでのコミュニケーションをとることも円滑に仕事をするために必要なスキルになってきます。

SAPコンサルタントは、上記のようなスキルが必要になってくる他、何かしらの業務系のパッケージ製品のシステム設計や導入の経験が求められます。

また、SAPコンサルタントは、経営の課題を解決していくことが業務であるため、経理・財務・会計等の業務知識や経験が求められることもあります。

SAPコンサルタントは激務でつまらないのか?

SAPコンサルは激務でつまらないのか

現在、経験が豊富であるSAPコンサルタントが少ない状況です。

そのため、ひとりのSAPコンサルタントに案件が集中し、激務になることもあります。

クライアントへより質の高い提案をしないといけないことから、案件ごとにより多くの知識を得る必要があります。

日中は通常業務で忙しく、業務時間外に新しい知識のインプットを行っている人がほとんどです。

これらのことから、SAPコンサルタントの仕事は大変なイメージがあるかもしれません。

しかし、SAPコンサルタントの業務は、様々な企業の経営や業務の改革に関わることができ、とてもやりがいがある仕事といえるでしょう。

業務量の多さなど大変なことも多々あると思いますが、それに見合う年収であったり、経験を得ることができます。

今後も需要が高まっていく業界であることも、魅力の一つです。

SAPコンサルタントにおすすめの転職エージェント

SAPコンサルタントになるためには、転職エージェントを活用することが一番の近道になります。

数ある中の転職エージェントの中でも、おすすめなのがコンサル業界専門のアクシスコンサルティングです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年5月22日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

豊富な実績とノウハウを保有している転職エージェントを利用したい人におすすめなのが、アクシスコンサルティングです。

これまで20,000人以上の転職希望者を支援してきた豊富な実績と、サービス開始から20年という長い歴史から安心して利用することができます。

また、求人に関しても国内のコンサルティングファームを網羅的に取り扱っているので、コンサルタント転職したい人は必ずチェックすることをおすすめします。

>>アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

GEEKLY

Geekly

運営会社 株式会社Geekly(ギークリー)
公式サイト https://www.geekly.co.jp/
公開求人数 22,895件(2024年5月22日現在)
主な求人職種 IT/Web/ゲーム業界専門特化

GEEKLYはIT業界への転職に特化したエージェントです。

SAPコンサルタント向けの公開求人数は41件(2023年6月29日現在)あります。

もちろん、ITコンサルタントへの転職も的確にアドバイス、提案でき、それまでのキャリアや経験を活かせる転職先を紹介してくれます。

GEEKLYで転職に成功した人の約75%が前職に比べて年収がアップしたと回答しており、ITコンサルタントとして転職し収入アップを狙いたい方にはおすすめの転職エージェントといえるでしょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

運営会社 レバテックキャリア
公式サイト https://career.levtech.jp/
公開求人数 25,005件(2024年5月22日現在)
主な求人職種 IT・Web業界特化

レバテックキャリアはITエンジニアに特化した転職エージェントです。

SAPコンサルタント向けの公開求人数は99件(2023年6月29日現在)あります。

年収レンジは360万円~1500万円と幅広いですが、スキルや実績がある方であれば高収入を狙うことができます。

レバテックキャリアにはIT業界に精通したアドバイザーがおり、求職者に合わせた最適な転職先やキャリアプランを提案できます。

>>レバテックキャリアの評判や口コミを紹介

SAPコンサルタントについての疑問・Q&A

SAPコンサルタントについて 疑問 Q&A

ここまで、SAPコンサルタントについて解説しましたが、この章では、実際SAPコンサルタントになる方が疑問に思っていること、不安に思っていることについて回答します。

未経験からSAPコンサルタントになれる?

未経験からSAPコンサルタントになるのはハードルが高いといえます。

SAPに関する知識を独学で学習する場合、教育体制が整っていないことから、未経験から抜け出せない場合が多いです。

SAPコンサルタントを目指すのであれば、企業に勤めながらSAPのスキルを身につけ、経験を重ねる方がよいでしょう。

>>未経験からSAPコンサルになるには|必要なスキルと将来性についても解説

SAPコンサルタントになるのに資格は必要?

SAPコンサルタントになるためには必ずしも資格は必要ありません

しかし、取得しておいた方がよい資格はあります。

SAP社が主催しているSAP認定コンサルタントという資格です。

ERPにまつわるもので、難易度は高いですが、名刺にもSAP認定コンサルタント取得者であることを記載できます。

アピールポイントになり、転職や案件を獲得するの強力なアピールポイントになるため、取得して損はないでしょう。

SAPコンサルタントまとめ

SAPコンサルタント まとめ

今回は、SAPコンサルタントの仕事内容や必要なスキル、将来性について解説しました。

SAPコンサルタントの需要は今後も高まり、活躍が期待される職業でもあります。

少しでも興味がある方はぜひこの記事を参考にし、一歩動き出してみてください。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次