リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

リクルートダイレクトスカウト 評判 口コミ 案件 特徴 徹底解説
  • ハイクラス転職をしたいけど、どの転職エージェントが良いの?
  • 転職活動をしたいけど現職が忙しくて時間が取れない

キャリアや年収アップを狙った転職活動をしようとしている人のなかには、このような疑問や悩みを感じることも多いのではないでしょうか。

ハイクラス転職を目指す際、転職サイトで自ら求人検索から面接まで行うよりも、転職エージェント等のサービスを活用して進める方が効率的かつ効果的な転職活動を進めることが可能です。

しかし、それでもキャリアアドバイザーとの面談や紹介求人の確認などで時間を取られてしまうことも否めません。

そこでおすすめしたいのでが、ハイクラス向け転職に特化した転職スカウトサービスである リクルートダイレクトスカウトです。

本記事では、リクルートダイレクトスカウトの特徴や評判、口コミ、また利用するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

ハイクラスに特化した転職支援サービスは多数ありますが、一般的な転職サイトやエージェントとどのように違うのか、事前に把握して自身が利用するに向いているかどうかチェックしてみてください。

目次

リクルートダイレクトスカウトの特徴

RECRUIT DIRECT SCOUT リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトハイクラス向けの転職に強い転職スカウトサービスです。

一般的な転職エージェントとは違い、登録後はヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけで、キャリアアップや年収アップを目指せる仕組みが特徴です。

他の転職スカウトサービスと比べた際の強みはあらゆる業界職種の求人を取り扱っていることにあります。

多くのハイクラス向け転職サイトやエージェントでは、業界職種が限定的であることも多く、これまでの経験や保有スキル、転職したい業界職種によっては利用しにくいですが、リクルートダイレクトスカウトでは、そのような心配をする必要がありません。

大手人材会社リクルートが運営していることもあり、豊富な実績と蓄積されたノウハウから求職者に合わせた求人紹介を受けられることも魅力です。

知名度も抜群で大手企業が運営していることから、これまでスカウトサービスを利用したことがない人でも安心して利用できるといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの会社情報

リクルートダイレクトスカウトの運営会社の会社情報は次の通りです。

スクロールできます
会社名 株式会社リクルート
事業者番号 13-ユ-308560
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
主な求人職種 ・経営ボード
・経営企画、事業企画
・管理、人事
・広告、マーケティング
・クリエイティブ
・営業、サービス
・マスコミ、メディア
・コンサルタント
・ITエンジニア(インフラ、開発、Web、組み込みなど)
・金融、不動産、建設 など
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp

リクルートダイレクトスカウトに登録して感じた実際の評判・口コミ

リクルートダイレクトスカウト 登録して 感じた 実際 評判 口コミ

ここでは、リクルートダイレクトスカウトに寄せられているポジティブな意見、ネガティブな意見それぞれを実状と併せて紹介していきます。

評判の良い口コミ

まずは、リクルートダイレクトスカウトに寄せられている良い評判や口コミから確認していきましょう。

良い口コミ①

抜群の安心感。
money1

色々悩んだけど、テレビCMに釣られて登録してみました。
抜群の知名度、まず間違いないです。

リクルートダイレクトスカウトは国内でも有数の大手人材企業であるリクルートが運営していることもあり、安心感が群を抜いています

転職に限らず、リクナビやリクナビバイトなどを利用したことがある人にとっても、馴染みのある、使いやすいサービスであるといえるでしょう。

良い口コミ②

取扱い求人数が多い。
money1

取り扱い求人数が多いのが良かったです。
事前に求人確認ができたので、自分のレベルでも利用できることを確かめたうえで登録できるので、余計な不安を感じることもありませんでした。

ハイクラス向け転職エージェントのなかには、公開求人の取り扱いがないものも多く、事前に求人確認をすることができません。

その点、リクルートダイレクトスカウトでは約112,000件(2022年6月時点)という豊富な公開求人をチェックすることができるため、どのような業界職種の求人があるのか、求められるスキルはどの程度なのか把握したうえで登録でき、安心して利用することができます。

良い口コミ③

手軽さが良い。
money1

登録した後は待っているだけで良いという手軽さが良かったです。
今すぐ転職する気がないにしても自分の市場価値を確認するには有効な手段だと思う。
現職よりも好条件の企業から声をかけられたら検討するくらいのスタンスで始められます。

リクルートダイレクトスカウトでは、登録後は職務経歴をはじめとするレジュメから、ヘッドハンターや企業からスカウトされるサービスです。

そのため、在職中であっても負担なく求人紹介が受けられるため、効率的な転職活動を進めることができます。

こちらの口コミのように、スカウトされる状況から自身の市場価値を確認するためにも有効なので、今すぐ転職する気がない人でもチェックしてみることをおすすめします。

悪い評判や口コミはある?

良い評判や口コミが寄せられる一方で、リクルートダイレクトスカウトには悪い評判や口コミも存在します。

ここでは、リクルートダイレクトスカウトに寄せられるネガティブな意見について確認していきましょう。

悪い口コミ①

希望の求人が提案されなかった。
money1

登録してみたものの、希望通りの求人紹介がされず残念。
声をかけられるものの、現職の方が良い条件だったので一先ず転職は諦めました。

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス転職に強い転職スカウトサービスなので、企業が求める人材のハードルも一般的な転職活動よりも高めです。

そのため、こちらの口コミのように「登録したけど求人紹介されない」「現職の方が好条件」といったことも十分に起こり得ます

これは、転職希望者にとって残念なことではありますが、現職の環境が恵まれていることに気付くきっかけにもなるといえるでしょう。

悪い口コミ②

提携エージェントの対応となり二度手間。
money1

便利なサービスだと思うけど、結局提携している転職エージェントが対応してくれることになるので、二度手間だと思う。
それであれば、最初からサポートが受けられる転職エージェントに登録した方が良い。

リクルートダイレクトスカウトは、登録しているだけでヘッドハンターからスカウトされるサービスですが、ヘッドハンターの実態は提携している転職エージェントのコンサルタントです。

そのため、こちらの口コミのように二度手間と感じてしまう人もいるでしょう。

このことから、転職する意志が固まっている人は、他の転職エージェントとの併用をおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトのメリットとデメリット

リクルートダイレクトスカウト メリット デメリット

ハイクラス向けの転職エージェントは多数ありますが、リクルートダイレクトスカウトを選ぶ理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、リクルートダイレクトスカウトを利用するメリット・デメリットについて紹介していきます。

3つのメリット

リクルートダイレクトスカウトには、次の3つのメリットがあります。

登録するだけで求人紹介してもらえる

在職中に転職活動を進めようとすると、仕事をしながら求人探しや企業研究、履歴書や職務経歴書などの提出書類の作成や、面接日程の調整、面接対策など非常に多くのことを行わなければなりません。

そのため、在職中に転職活動を検討している人のなかには「なかなか時間が取れない」ことが課題となることも少なくないのです。

その点、リクルートダイレクトスカウトでは、登録した職務経歴をはじめとするレジュメを見たヘッドハンターや企業からスカウトされるので、負担が少なく転職活動ができることが魅力です。

また、このようにスカウトに重きを置いていることから、利用者は自身の市場価値を確認するためのツールとしても役立てることができるでしょう。

ハイクラスに特化しながらも豊富な求人数を誇る

転職によるキャリアや年収アップが珍しくなくなった昨今において、転職エージェントは非常に数多くの種類があります。

一般的に、業界や分野に特化した転職エージェントでは、その取り扱い求人数が少なくなる傾向にありますが、リクルートダイレクトスカウトでは約112,000件(2022年6月時点)と国内トップクラスの公開求人数を誇ります。

そのため、利用前から取り扱い求人を閲覧することができるので「自分が希望するものがあるのか」「どの程度のレベルが求められるのか」など、確認したうえで使えるのでミスマッチが起こりにくいのもメリットといえます。

ハイクラス転職に尻込みしている人は、求められる実績やスキルを確認することで、自信に繋げることもできます。

自分に合ったヘッドハンターを探せる

リクルートダイレクトスカウトでは、スカウトをただ待つだけではなく、求人やヘッドハンターを自ら検索することが可能です。

ヘッドハンターは、求人紹介をしてくれるだけではなく、キャリア相談をすることもできるので、自身が希望する業界や職種を得意としているヘッドハンターを見つけることで、有益な情報を得ることができます。

ヘッドハンター検索では、得意分野だけではなくサポート実績も確認できるので、信頼できるヘッドハンターを見つけることも転職成功のポイントであるといえるでしょう。

2つのデメリット

豊富な求人数と効率よく転職活動を進められるリクルートダイレクトスカウトですが、その一方で次のようなデメリットも存在します。

希望に沿ったスカウトが受けられないこともある

「登録後はスカウトを待つだけ」が魅力のリクルートダイレクトスカウトですが、レジュメの情報、スキルや実績が不足していればヘッドハンターや企業からスカウトを受けられません

また、求人紹介をされても満足いく内容ではないこともあるため、必ずしも好条件で転職できるとは限らないのです。

より紹介求人を増やし、転職の成功率を高めたい人は他の転職エージェントとの併用も検討するようにしましょう。

専属のキャリアアドバイザーが付くわけではない

一般的な転職エージェントでは、利用者ごとに専属のキャリアアドバイザーが付いて、転職に必要なサポートを受けることができますが、リクルートダイレクトスカウトではこのようなサービスはありません。

自らヘッドハンターを探してキャリア相談や求人紹介を依頼することを負担と感じる人には向いていないといえるでしょう。

専属のキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動をしたい人は、他の転職エージェントとの併用をおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトを利用した方がいい人と向いてない人

リクルートダイレクトスカウト 利用した方がいい人 向いてない人

メリットやデメリットだけではなく、相性も転職活動を成功させるためには重要な要素です。

ここでは、リクルートダイレクトスカウトを利用した方がいい人と向いていない人の特徴を紹介していきます。

リクルートダイレクトスカウトを利用した方がいい人

リクルートダイレクトスカウトを利用した方がいい人の特徴には、次のものが挙げられます。

効率よく転職活動を進めたい人

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からスカウトされることをサービスの主体としています。

求人検索やキャリアアドバイザーとの面談をすることなく転職活動が開始できるので、効率よく進めたい人に向いているといえるでしょう。

自分の市場価値を確認したい人

スカウトは、登録したレジュメをもとに行われるので、自身がどのような求人紹介や企業から声をかけられるのかチェックすることで、自分自身の市場価値を確認する手段としても役立てることができます

転職を意識しているものの決意が固まっていない人は、このような活用をすることで「現職に留まった方が良いのか」「自分をこんなに評価してくれる企業があるのか」など、今後のキャリアを考えるうえでも有益な情報となるでしょう。

ハイクラス転職をしたい人

リクルートダイレクトスカウトでは、年収800~2,000万円以上の求人も豊富に取り扱っています

その数は公開求人約112,000件(2022年6月時点)中、約46,000件と半数近くが高収入求人です。

登録後は非公開求人も確認できるので、ハイクラス転職で年収アップを目指したい人に向いているといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの利用に向いていない人

利用した方がいい人がいる一方で、次のような人はリクルートダイレクトスカウトが向いていないといえます。

キャリアアドバイザーのサポートを受けて転職活動したい人

リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターにキャリア相談ができるものの、一般的な転職エージェントのように、希望条件のヒアリングや提出書類の添削、面接対策などのサポートがありません

そのため、充実したサポートのもと転職活動を進めたい人には向いていないといえるでしょう。

具体的な業界や職種が決まっている人

豊富な求人数を誇るリクルートダイレクトスカウトですが、あらゆる業界職種の求人を取り扱っているので、希望以外のものを紹介される可能性もあります

転職先に対して、具体的な業界職種が明確になっている人は、それぞれに特化した転職エージェントを利用した方が、効果的なサポートのもと転職を成功させやすいといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめのエージェントを紹介

転職エージェントは、複数利用することで紹介求人数を増やせるので、転職先の選択肢を広げることが可能です。

ここでは、リクルートダイレクトスカウトと併用するのにおすすめのエージェントを紹介していきます。

JAC Recruitment

JACリクルートメント

JAC Recruitmentは、外資系やグローバル企業へのキャリアアップ転職をしたい人におすすめの転職エージェントです。

英語をはじめとする語学力を活かせる求人も取り扱っているので、ハイクラスを目指す人以外でも、年齢を問わず利用することができます。

サポートの質の高さや手厚さにも定評があるため、外資系やグローバル企業へのハイクラス転職したい人は、リクルートダイレクトスカウトと併用を検討してみましょう。

コンサルGO
JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介 | コンサルGO 転職エージェントサービス「JACリクルートメント」の実際のリアルな口コミや特徴やデメリットも含めご紹介していきます。 転職エージェントの利用をご検討されている方であ...

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材会社マイナビが運営する転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウト同様、あらゆる業界職種を取り扱う総合型の転職エージェントなので、転職先となる業界や職種に悩んでいる人におすすめです。

また、20代~30代向けの求人を豊富に取り扱っているので、若手からキャリアアップ転職を目指したい人は、チェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチ

BIZREACH ビズリーチ

テレビCMでもお馴染みのビズリーチは、リクルートダイレクトスカウト同様、登録後はスカウトを待つタイプの転職エージェントです。

取引企業は17,100社と多く、取り扱い求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えるので、キャリアだけではなく、年収アップを狙いたい人にもおすすめできます。

また、ビズリーチでは機能は制限されるものの無料で利用できるスタンダードプランと、すべての機能が使えるプレミアムプランがあるので、転職活動の状況に合わせて活用すると良いでしょう。

コンサルGO
ビズリーチで転職に成功して年収が150万上がった私の体験談【評判・口コミ】 | コンサルGO 戦略コンサルで働くカトケンです。 この度、ビズリーチを使って某外資系戦略コンサルティングファームに転職しました。 結果として企業やエージェント から私の要望に合う...

リクルートダイレクトスカウトの登録から利用開始までの流れ

リクルートダイレクトスカウト 登録から 利用開始まで 流れ

リクルートダイレクトスカウトの登録から内定獲得までの流れは次の通りです。

利用登録・基本設定

まずは、リクルートダイレクトスカウトの公式サイトから利用登録を行いましょう。

レジュメの作成は、スカウトを受けるうえで重要な役割を果たすので、じっくり考えながら作成することをおすすめします。

スカウトがなかなか受け取れない人は、後から編集も可能なので効果的な見せ方になるようブラッシュアップしていくと良いでしょう。

スカウトを受け取る

ヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ったら、返信をしましょう。

スカウトを受け取ったからといって必ずしも面談をする必要はないので心配はいりません。

紹介された求人について、ヘッドハンターへ詳細の質問をメッセージで送ることもできるので、積極的に利用することをおすすめします。

ヘッドハンターとの面談

紹介された求人に応募したい場合には、ヘッドハンターにその旨を伝えて面談を行います。

そこでも、求人の詳細情報や質問をすることができるので、気になる点があれば事前に整理しておくと抜け漏れなく進めることができます。

なお、詳細を確認して条件が合わないと感じれば辞退できるほか、具体的な条件を伝えることで別求人を紹介してもらえる可能性もあるので、情報を引き出すことを心掛けましょう。

採用選考・内定獲得

応募する求人が決まれば対策を行い、採用選考に臨みます。

「スカウトされたから大丈夫」というスタンスでは不採用となるため、必ずヘッドハンターと事前に相談するようにしましょう。

無事に内定を獲得できれば、転職活動は終了です。

リクルートダイレクトスカウトに関する疑問

リクルートダイレクトスカウト 関する 疑問

リクルートダイレクトスカウトに登録する前に、疑問を解消しておきましょう。

ここでは、よくある質問のうち5つ紹介していきます。

リクルートダイレクトスカウトは無料で利用できるの?

リクルートダイレクトスカウトは、求職者に費用が発生することは一切なく、無料で利用することが可能です。

これは、企業やヘッドハンターから報酬を得ている仕組みがあるからです。

リクルートダイレクトスカウトに登録すると職場にバレますか?

基本的に、どの転職エージェントでも本人の許可なく第三者に個人情報が開示されることはないので、職場に転職活動をしていることがバレる心配はありません

リクルートダイレクトスカウトでは「企業ブロック設定」機能を利用することで、在籍中の企業や前職の企業に情報を非公開にすることができますので、忘れず設定するようにしましょう。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いは?

一番の違いは、リクルートダイレクトスカウトは全ての機能が無料で利用可能であることに対し、ビズリーチは有料プランが存在することです。

また、リクルートダイレクトスカウトでは登録審査はありませんが、ビズリーチでは審査が行われるので敷居は高いといえるでしょう。

ヘッドハンターから届いたスカウトの返信期限は?

具体的な返信期限はありませんが、スカウトメッセージのなかに「何日までに返信いただきたい」と記述されていることもあります。

また、そのような記述がない場合でも、応募人数の上限に達した時点で締め切ってしまうものもあるので、気になる求人があれば早めに返信することを心掛けると良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの退会方法は?

リクルートダイレクトスカウトの退会方法は「設定」から退会手続きを進めることが可能です。

再利用も可能ですが、一度退会すると登録していたレジュメやメッセージは利用できなくなるので、事前に控えておくようにすると良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの評判まとめ

リクルートダイレクトスカウト 評判 まとめ

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向けの転職に強く、さまざまな業界職種を取り扱う転職スカウトサービスです。

一般的な転職エージェントとは異なり、ヘッドハンターや企業からのスカウトによってマッチングされるため、利用者は登録するだけで求人紹介を受けることが可能です。

すぐに転職する気がない人であっても、スカウトされる求人内容を確認することで、自分の市場価値をチェックすることにも活用できるため、今の職場環境に悩んでいる人は積極的に活用してみることをおすすめします。

外資・エグゼクティブ転職に強い転職サイトランキング
1位 ランスタッド

海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も多数保有

2位 マイナビエージェント 転職支援のサポートが手厚く、案件数は業界トップクラス
3位 エンワールド・ジャパン 大手外資系から日系グローバル企業まで求人多数

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる