コンコードエグゼクティブの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

コンコードエグゼクティブ 評判 口コミ 案件 特徴 徹底解説

「ハイクラス企業へ転職したいけどどこに相談したらいいのか・・」「企業ごとの選考対策をして欲しい」など、ハイクラス転職を目指す人のなかには、このような要望や悩みを抱える方もおられるのではないでしょか。

実際、難関企業と呼ばれる企業へのハイクラス転職では、一般的な企業への転職とは異なり、企業に合わせた筆記試験や面接への対策をしなければなりません

こうした情報は、書店やウェブ上の情報だけでは最新情報を収集することが難しく、十分な転職準備をすることも難しいでしょう。

本記事では、IT・金融・コンサルティング業界のハイクラス転職に特化した転職エージェントであるコンコードエグゼクティブについて、その特徴や、利用するメリット・デメリットについて解説していきます。

これらを登録前に確認することで、利用する向き不向きはもちろん「求人紹介されなかった」「希望する求人がなかった」といったミスマッチを防ぐことができます。

また、実際の利用者の口コミや評判についても実状と合わせて紹介していくので、ハイクラス転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルGO
コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】 | コンサルGO この記事では、コンサル業界への転職を検討されている方に、経験や志望業種別に分けてエージェントやサービスを紹介します。 コンサルタントに興味があったり、コンサル企...
目次

コンコードエグゼクティブの特徴

CONCORD

コンコードエグゼクティブは、IT・金融・コンサルティング業界のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

取り扱っている求人のなかには、他では見られない独自ルートのものもあり、ショートカットして経営幹部クラスとの面談からスタートしたり、他のエージェント紹介で落ちた難関企業でもコンコードエグゼクティブを介して応募することで内定を獲得したりするなどの実績もあります。

また、2010年には「日本ヘッドハンター大賞」の初代MVPを受賞している実績もあり、コンサルタントの質の高さに定評があることから、手厚いサポートを受けながら有利に転職活動を進めることが可能です。

ハイクラス転職をしたい人は、一度チェックしてみることをおすすめします。

コンコードエグゼクティブの会社情報

コンコードエグゼクティブの運営会社の会社情報は次の通りです。

会社名 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
登録者数 非公開
拠点 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ18階
労働者派遣事業 許可番号:13-ユ‐303354
事業内容
  • キャリア教育事業
  • 人材紹介事業
  • スタートアップ支援事業
主な求人職種
  • IT
  • 金融
  • コンサルティング業界 ほか
公式サイト https://www.concord-group.co.jp/

コンコードエグゼクティブに登録して感じた実際の評判・口コミ

コンコードエグゼクティブ 登録して感じた 実際 評判 口コミ

ここでは、コンコードエグゼクティブに寄せられているポジティブな意見、ネガティブな意見をそれぞれ紹介していきます。

評判の良い口コミ

まずは、コンコードエグゼクティブに寄せられる良い口コミから確認していきましょう。

良い口コミ①

サポートが手厚い。
money1

どこの転職エージェントでも大体やってくれるけど、コンコードエグゼクティブの転職サポートは手厚かった印象。書類添削や面接対策はもちろんだけど、筆記試験対策はとても有難かった。

こちらの口コミの通り、一般的な転職エージェントでも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策を実施してくれますが、コンコードエグゼクティブのコンサルタントは「質が高い」と数多くの評判が見受けられました。

ハイクラスやコンサル転職では筆記試験も多々行われていますが、選考を受ける企業ごとに対策をできることも大きなアドバンテージです。

具体的な対策が取れるので、転職の成功率もアップさせることができるでしょう。

良い口コミ②

年収交渉をしてくれる。
money1

思っていた以上に好条件な転職ができて良かった。特に収入面については担当の方が交渉してくれたようで、元々提示されていた金額よりもアップして嬉しい。

先に紹介した書類添削や面接・筆記対策以外に、コンコードエグゼクティブでは内定獲得後に、担当のコンサルタントが条件交渉をしてくれます

給与面についても交渉してくれるので、より好条件で働ける可能性が高いです。

それ以外にも、面接日程の調整を行ってくれるといった細かなサポートまでしてくれるので、在職中で時間の確保が難しい人でも利用しやすいといえるでしょう。

良い口コミ③

アドバイスが的確。
money1

担当してくれた方のアドバイスが的確で信頼できると感じた。ぼんやり考えていたキャリアが具体的な形になってくるとやる気も出る。

コンコードエグゼクティブのコンサルタントは各業界の出身者であり、最新情報や市場の動向を熟知しています。

転職エージェントの利用は「転職する意思が固まってから」と考える人が多いですが、悩んでいる状態でもキャリア相談をすることが可能です。

少しでも転職することが頭にある人は、情報収集から利用を開始するのも良いでしょう。

案件をチェックしてみる

コンコードエグゼクティブ公式サイト

悪い評判や口コミはある?

コンサルタントの質に定評があるコンコードエグゼクティブですが、その一方で悪い評判や口コミも存在します。

ここでは、コンコードエグゼクティブに寄せられるネガティブな意見を確認していきましょう。

悪い口コミ①

敷居が高く気後れする。
money1

かなり敷居が高いと思う。
ハイキャリアに特化しているので仕方がないとは思いつつ「高学歴・高実績の人ばかりが利用していますよ」と全面的に打ち出されてしまうと利用する気にならない。

コンコードエグゼクティブの公式サイトの企業向けページを見ると、利用者の学歴や実績、経歴などを確認することができます。

「優秀な人材が大勢利用している」と企業側は関心を持ちますが、こちらの口コミのように諦めてしまう人もいるようです。

登録自体は無料で金銭的リスクを負うことなく行えるので、はじめから諦めるのではなくダメもとでも登録してみることをおすすめします。

自身で過小評価していても、第三者から見れば市場価値があると判断されることもあるので、チャンスを逃さないようにしましょう。

悪い口コミ②

求人件数が少ない。
money1

求人紹介してもらうことができなかった。
取り扱い件数も少ないし、本気で転職したいならこれ1本では無理。

コンコードエグゼクティブはハイクラス転職に特化しているため、求人の募集要項のハードルも高いです。

そのため、条件を満たせていないと求人紹介を受けることができません。

また、こちらの口コミにもあるように、取り扱い求人数は約1,000件(2022年4月)と少ないことから、紹介される求人数が少ないという口コミも見受けられました。

転職エージェントは複数利用することで紹介される求人数を増やすことができるので、多くの求人紹介から転職先を選びたい人は他のサービスと併用するのもおすすめです。

外資・エグゼクティブ転職に強い転職サイトランキング
1位 ランスタッド

海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も多数保有

2位 マイナビエージェント 転職支援のサポートが手厚く、案件数は業界トップクラス
3位 エンワールド・ジャパン 大手外資系から日系グローバル企業まで求人多数

コンコードエグゼクティブのメリットとデメリット

コンコードエグゼクティブ メリット デメリット

転職エージェントは数多く存在しますが、そのなかからコンコードエグゼクティブを利用する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、コンコードエグゼクティブのメリット・デメリットを確認していきましょう。

3つのメリット

コンコードエグゼクティブには、次の3つのメリットがあります。

コンサルタントの質が高くサポートが手厚い

コンコードエグゼクティブのコンサルタントは、各業界の出身者であることから市場について精通しています。

また、2010年には「日本ヘッドハンター大賞」の初代MVPを受賞するなど評価も高く、非常に質の高いサポートが受けられます。

転職エージェントを利用した転職活動において、転職の成功率を上げるためには担当となるコンサルタントの協力が必要不可欠です。

その点においてコンコードエグゼクティブは安心してサポートが受けられる環境であるといえるでしょう。

セミナーに無料で参加できる

コンコードエグゼクティブでは、キャリアセミナーをはじめ、オンライン説明会や転職に関するセミナー、企業の選考会などを開催しています。

最新の有益な情報を入手する良い機会であるうえに、これらセミナーには無料で参加することができることは非常に大きなメリットであるといえるでしょう。

なかには、参加することで面接が確約される特典が受けられるものもあるので、直近で転職したい人は要チェックのイベントです。

転職に有利な独自ルート求人を紹介してもらえる

通常、転職エージェントでは、求人紹介がされ、興味があるものがあれば書類選考から転職活動を始めていくのが一般的です。

コンコードエグゼクティブにおいても、こちらの流れで採用選考に臨むことはありますが、それとは別に転職を有利に進められる独自ルートの求人の取り扱いがあります

具体的には、幹部ポジションを狙える他では見られない非公開求人や、経営幹部クラスと対面からスタートするショートカット選考などが挙げられます。

コンサルティング業界では「誰からの紹介」であることも重要であり、実績のあるコンコードエグゼクティブであれば転職の成功率にも期待ができるでしょう。

2つのデメリット

手厚いサポートと、転職に有利で役立つ独自ルートやセミナーを受けられるコンコードエグゼクティブですが、その一方で次のようなデメリットも存在します。

取り扱い求人数が少ない

コンコードエグゼクティブで公開されている求人数は、全体で約1,000件(2022年4月時点)です。

これは、ハイクラス求人に特化していることが要因ではありますが、数万件保有している他の転職エージェントと比較すると物足りなく感じる人もいることでしょう。

より多くの求人紹介を受けたい人、さまざまな求人を比較して転職先を決めたい人は、他の転職エージェントと併用することをおすすすめします。

敷居が高く、求人紹介されないこともある

コンコードエグゼクティブはハイクラス求人に特化しており、高水準な条件の求人紹介をしてもらえますが、求職者に求められるスキルや実績のハードルも高めです。

ハイクラス求人では一定の学歴が重要視されることも多く、経歴によっては紹介できる求人がないこともあります。

すぐ転職したい人にとっては「せっかく登録したのに紹介してもらえない」といったように時間を無駄にしてしまう可能性もあるので、他の転職エージェントと並行して利用することをおすすめします。

コンコードエグゼクティブを利用した方がいい人と向いていない人

コンコードエグゼクティブ 利用した方がいい人 向いていない人

さまざまメリット・デメリットがありますが、相性の良し悪しによってはメリットの恩恵を受けられないことがあります。

ここでは、コンコードエグゼクティブの利用に向いている人・向いていない人それぞれの特徴を解説していきます。

コンコードエグゼクティブの利用に向いている人

コンコードエグゼクティブの利用に向いている人は、次のような人です。

ハイクラス転職をしたい人

コンコードエグゼクティブの取り扱い求人は、ハイクラス転職に特化しています。

年収800万円~2,000万円以上の求人の取り扱いがあるため、転職によって収入アップを狙いたい人におすすめです。

手厚いサポートのもと転職活動をしたい人

これまで紹介してきた通り、コンコードエグゼクティブではコンサルタントから手厚いサポートを受けることができます。

その内容は、キャリア相談から始まり、希望に沿った求人紹介、書類添削や面接・筆記試験対策、選考日程の調整や雇用条件の代理交渉など多岐に渡ります。

このように、手厚いサポートが受けられる環境で転職活動を進めたい人は、登録する価値があるといえるでしょう。

IT、金融、コンサルティング業界へ転職したい人

コンコードエグゼクティブの取り扱い求人は、IT・金融・コンサルティング業界に特化しています。

これら業界へのハイクラス転職をしたい人は、利用するのに向いているといえるでしょう。

コンコードエグゼクティブの利用に向いていない人

向いている人がいる一方で、次のような人はコンコードエグゼクティブの利用に向いていません。

スキルや実績が不足している人

ハイクラス転職に特化しているため、企業側から求められるスキルや実績も高いです。

そのため、これらのレベルが要求に達していない人は求人紹介をしてもらえません

どの程度のレベルが求められるのかは、公開求人の募集要項を確認してみると良いでしょう。

ハイクラス以外の転職も検討している人

転職する意思はあるものの、ハイクラス以外の転職も視野に入れている人はコンコードエグゼクティブだけでは不十分です。

コンコードエグゼクティブだけではなく、ハイクラスや通常転職どちらも取り扱っている転職エージェントにもキャリア相談することをおすすめします。

コンコードエグゼクティブと併用がおすすめのエージェントを紹介

転職エージェントは、複数利用することで紹介してもらえる求人数が増えるため、転職先の選択肢を広げることができます。

ここでは、コンコードエグゼクティブとの併用におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング-1024x454

コンサルタント転職を希望していて、実績豊富な転職エージェントにサポートしてほしい人におすすめなのがアクシスコンサルティングです。

創業から20年の歴史と、これまで20,000万人以上の転職希望者を支援してきた豊富な実績があります。

また、国内における数多くのコンサルティングファームの求人先を取り扱っているので、コンサルタント転職したい人には欠かせない転職エージェントであるといえるでしょう。

アクシスコンサルティング公式サイト

コンサルGO
【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由 | コンサルGO こんにちは!フリーコンサルの本多です! 今回、私の回りで評判の高いコンサル業界に特化した転職エージェント様に取材が出来るとのことで、アクシスコンサルティング様に...

JAC Recruitment

JACリクルートメント

JAC Recruitmentは、外資系やグローバル企業へのキャリアアップ転職、質の高いサポートのもと転職活動をしたい人におすすめの転職エージェントです。

年収500万円以上を目指すミドル層だけではなく、20代向け求人や英語力を活かせる求人の取り扱いもあり、年代問わず利用することができます

外資系やグローバル企業へキャリアアップ転職したい人は、ぜひチェックしてみてください。

JAC Recruitment公式サイト

コンサルGO
JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介 | コンサルGO 転職エージェントサービス「JACリクルートメント」の実際のリアルな口コミや特徴やデメリットも含めご紹介していきます。 転職エージェントの利用をご検討されている方であ...

コトラ

コトラは、コンコードエグゼクティブと同じくIT・金融・コンサルティングに加え、製造業・経営層のハイクラス転職が狙える転職エージェントです。

ハイクラスかつ業界が絞られていますが、取り扱っている公開求人数は約15,000件(2022年4月時点)と豊富な求人数を誇ります。

より多くのハイクラス求人の紹介を受けて転職先を選びたい人は、コンコードエグゼクティブと併用を検討してみると良いでしょう。

コトラ公式サイト

コンサルGO
コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説 | コンサルGO コトラは、ハイクラス転職に特化したエージェントサービスで、金融・IT・コンサル・製造業・経営層の求人を中心に取り扱っています。コトラのサービスの特徴をはじめ、実際...

コンコードエグゼクティブの登録から案件開始までの流れ

コンコードエグゼクティブ 登録から案件開始 流れ

コンコードエグゼクティブの登録から内定獲得までの流れは次の通りです。

1. 利用登録

まずは、コンコードエグゼクティブの公式サイトから利用登録を行いましょう。

その際、希望する業界や転職時期が明確であればそれらも記入することで、スムーズな支援を受けることができます。

2. キャリア面談

登録後は、コンサルタントとのキャリア面談に進みます。

こちらの面談では、転職活動のゴールを設定するものなので、希望する条件や仕事があれば具体的に伝えるようにしましょう。

もちろん、面談時に具体的なキャリアの方向性が決まっていない場合には、コンサルタントに相談しながらゴール設定ができるので心配いりません。

なお、基本的に面談はコンコードエグゼクティブのオフィスでの実施となりますが、スカイプや電話面談も可能なので、遠方に住んでいる人や時間の確保が難しい人は、こちらを利用すると良いでしょう。

3. 案件紹介

面談で定めた方向性をもとに、コンサルタントから条件にマッチした案件を紹介されます。

4. 選考対策・応募

希望にマッチしたものがあれば採用選考に応募します。

応募する際には、コンサルタントから書類選考や面接対策はもちろん、筆記試験対策も受けられるほか、面接の日程調整など手厚いサポートが受けられます。

5. 採用選考

万全の準備のもと採用選考に臨み、無事に内定獲得できれば転職活動は終了です。

コンコードエグゼクティブに関する疑問

コンコードエグゼクティブ 関する 疑問

コンコードエグゼクティブを利用する前に、よくある疑問を解消しておきましょう。

ここでは、コンコードエグゼクティブに数多く寄せられる3つの疑問について回答していきます。

コンコードエグゼクティブは無料で利用できるの?

コンコードエグゼクティブで受けられるサービスは全て無料です。

これは、人材紹介することで企業側から報酬を得ている仕組みがあるからです。

プロのコンサルタントのサポートを金銭的リスクを負うことなく利用できるので、ハイクラス転職をしたい人は登録して損はないといえるでしょう。

コンコードエグゼクティブに登録すると職場にバレますか?

コンコードエグゼクティブに限らず、基本的に転職エージェントを利用することによって、在職中の職場にバレることはありません

個人情報保護が徹底されているので、利用者の許可なく情報が外部に知られることはないので、安心して利用することが可能です。

コンコードエグゼクティブの退会方法は?

コンコードエグゼクティブの退会方法は、直接コンサルタントへ連絡する形式です。

退会理由を聞かれることもありますが、将来的に再登録する可能性も加味して、丁寧に対応するようにしましょう。

コンコードエグゼクティブの評判まとめ

コンコードエグゼクティブ 評判 まとめ

コンコードエグゼクティブは、ハイクラス転職に特化しており、IT・金融・コンサルティング業界の求人を中心に取り扱っている転職エージェントです。

コンサルタントの質が高く、手厚いサポートが受けられることに定評があり、独自ルートの求人も保有していることから、転職活動を有利に進めやすいです。

ハイクラス転職を検討している人は、コンコードエグゼクティブへキャリア相談から始めてみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる