AIコンサルタントになるには|年収や必要なスキルや資格を解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
AIコンサルタント なるには 年収 必要なスキル 資格 解説

DXの実現に向けてAIを活用した業務効率化や生産性の向上、ビジネスモデルの変革が求められています。

AIを活用した業務やビジネスを実現するために、AIコンサルタントと相談しながら課題解決に取り組む企業も少なくありません。

しかし、そもそもAIコンサルタントとは具体的にどのような仕事を担うのかを分からない方も多いのではないでしょうか。

AIコンサルタントになるために必要なスキルや経験、資格はあるのかなど気になるポイントはたくさんあります。

本記事では、AIコンサルタントの仕事内容や求められるスキル、年収相場などを実際の求人例も交えながら詳しく解説します。

AIコンサルタントに興味のある方や検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

AIコンサルタントとは

AIコンサルタントとは

AIコンサルタントとはその名の通り、AIを駆使してクライアントのさまざまな課題を解決に導く専門職です。

DXの実現に向けて取り組む企業が増えていますがビジネスモデルの変革にはAIをはじめとした最新のテクノロジーの活用が大きなカギとなります。

しかし、AIという言葉は知っていても、自社のビジネスにどのように応用ができるのか分からずに、導入が進まないケースも少なくありません。

AIでどこまで自社が抱える問題を解決できるのかも疑問に思っている方も多いでしょう。

AIエンジニアをはじめとしたデジタル人材を育成し、DXを実現しようと取り組む企業は数多くあります。

一方で自社にAIシステムの開発ノウハウがないと社員の育成も思うように進まないでしょう。

いざAIを導入しようとしても社内の理解が得られず頓挫してしまうこともあります。

AIに関する多様なノウハウと知見をもったAIコンサルタントに相談することで、企業のビジネスモデルや抱えている課題を解決する方向性や具体策がみえてきます。

AIコンサルタントを活用することで、企業のDX推進に結びつくことが期待されるのです。

AIコンサルタントの仕事内容

AIコンサルタントの仕事内容

実際に企業がAIコンサルタントへ業務を委託した場合、実際にどのような仕事を担うのでしょうか。

依頼内容によっても多少業務の流れは変わりますが、典型的なパターンとしては以下のとおりです。

  • クライアントから解決したい問題や課題をヒアリング
  • ヒアリング結果を基にAIの導入計画を立案
  • AIの開発・運用を提案

たとえば、クライアント企業が製造業の場合、以下のような悩みを持つケースは少なくありません。

「製造ラインの老朽化によって頻繁に故障するようになったため、生産性を改善したい」

AIコンサルタントが上記の問題に直面した場合、IoTのセンサーデバイスとAIシステムの活用を提案するでしょう。

IoT機器を製造ラインに取り付け、機器から生じる異音や温度変化などを検知し、AIシステムで故障を予知できれば、老朽化の対応になります。

また、小売やメーカーがクライアントの場合には、過去のマーケティングデータから販売数を予測し、仕入れの量や生産量の最適化を図りたいといったケースもあるでしょう。

このような課題に対しては、販売数が増える日とそうでない日の特徴や傾向をAIで割り出し、予測するAIシステムの構築を提案します。

優秀なAIエンジニアがいたとしても、クライアントである企業が抱える問題を正確に把握できていなければAIの導入コストが無駄になってしまいます。

AIコンサルタントの仕事内容を一言で表すとすれば、クライアントが抱える問題に応じて、最適な解決策を提案すること、といえるでしょう。

AIコンサルタントの年収相場

AIコンサルタントの年収相場

コンサルタントは高度なスキルと経験を活かす専門職であることから、平均年収は高めの傾向にあります。

では、AIコンサルタントという職種に絞ったとき、どの程度の年収が見込めるのでしょうか。

当然のことながら、AIコンサルタントとしての実務経験やスキルによっても年収には大きな差があります。

大手転職サイトや転職エージェントに掲載されている求人情報を見ると、年収の相場としては500万円から1,000万円以上となっています。

参考求人例:AIコンサルタント 年収660万円~1,080万円
参考求人例:生成AIコンサルタント 年収800万円~1,200万円

たとえば、AIシステムの開発を経験したエンジニアがコンサルタントへキャリアチェンジをするケースを想定します。

コンサルタントとしては未経験のため500万円程度の年収からスタートすることになるでしょう。

その後、経験を積んでいけば1,000万円、2,000万円といった高年収が期待できるようになります。

なお、上記は会社員として勤務した場合の年収相場です。

フリーランスや経営者として独立した場合には、業務委託契約として月額100万円以上の報酬が一般的であるため、より高年収が期待できるでしょう。

ただし、未経験からフリーランスのAIコンサルタントとして案件を受託できる可能性は低いため、まずは企業のなかでキャリアを積むことが重要です。

>>コンサルタントの平均年収と企業別年収を公開

>>【リアル】コンサルタントが独立した場合の年収を解説

AIコンサルタントに必要なスキルや経験

AIコンサルタントに必要なスキルや経験

AIコンサルタントとして企業へ転職し活躍していくためには、どのようなスキルや経験が求められるのでしょうか。

今回は特に重要な2つのポイントに分けて解説します。

AIに関する技術的な知見

「AI」と名のつく以上は、AIに関する技術的な知見は不可欠といえるでしょう。

AIシステムの開発にはPythonJavaなどのプログラミング言語が用いられるため、これらを用いたシステム開発の経験があれば理想的です。

AIコンサルタントは、あくまでもクライアントとコミュニケーションをとりながら、課題を解決する方向性やプランを決定するのが主な業務です。

AIコンサルタントが手を動かしてシステム開発のコーディングをすることは、一般的ではありません。

しかし、クライアントの要望を伝えるためにエンジニアとやり取りすることは少なくありません。

スムーズなコミュニケーションをとるためにもプログラミングの知見はあったほうが良いでしょう。

なお、プログラミングに関する高度な知識は必ずしも求められるわけではありません。

一方でAIによってどのようなことができるのか、どのような課題解決に役立つのかといった基本的な内容はコンサルティングの際に必ず求められます。

コンサルタントとしてのスキル

AIコンサルタントに求められるもうひとつのスキルとしては、コミュニケーション能力や論理的思考力、課題解決力といったスキルです。

これらはAIコンサルタントに限らず、コンサルティング業務に関わる場合に必ずといって要求されるものです。

コミュニケーション能力や論理的思考力は、いわばコンサルタントに求められる共通のスキルといって良いでしょう。

コンサルタントはクライアントが抱える問題や課題を正確にヒアリングできなければ最適な提案はできません。

そのため、コミュニケーション能力は特に重要なスキルに挙げられます。

また、問題の本質を探り最適な解決策を見いだすためには、論理的思考力と課題解決力のスキルも不可欠です。

これらのスキルはプログラミングスキルのようにテキストや参考書を読んだだけでは身につくとは限らず、実践を通しながら身につけていくことが求められるでしょう。

AIコンサルタントの将来性

AIコンサルタントの将来性

AIコンサルタントを目指すうえで、多くの方が気になるのは将来性でしょう。

これまで多くの職業が時代の移り変わりや技術の進化により、なくなっていきました。

AIコンサルタントも同様に、なくなる職業なのではと考えてしまう方もいるでしょう。

AIコンサルタントの将来性に関して結論をいうと、今後は益々ニーズが増える職業といえます。

2022年に総務省が発表したデータによると、AIに関する市場規模は年々右肩上がりで拡大しています。

2025年には市場規模が1,200億円に達するとされ、513億円だった2020年の約2倍となる見込みです。

 市場規模が拡大すれば、多くの人材が必要とされるため、AIコンサルタントの将来性はしばらく安泰といえるでしょう。

参考:総務省 政策白書 令和4年版 市場概況

AIコンサルタントの求人例

AIコンサルタントの求人例

AIコンサルタントとして就職や転職を目指す場合、どのような求人があるのでしょうか。

実際に募集されている求人案件の中から、3つの例を紹介します。

1.AIビジネスコンサルタント

ビッグデータを中核として業務改革やシステム開発の受託を担っている企業では、以下の業務を担えるAIコンサルタントを募集しています。

  • データサイエンティストやAIエンジニアと連携しながら、コンサルティング業務を担える人材
スクロールできます
業務内容 データサイエンティストやAIエンジニアといったプロフェッショナルとともに、AIビジネスコンサルタントとしてクライアントの抱える課題に対して実現性の高い解決策の提示を行う。
必須スキル ITコンサルティングの実務経験3年以上
歓迎スキル データ・アルゴリズムを用いた新サービスの企画や業務改善の企画経験
デジタルマーケティングに関する戦略立案に関する経験
月額報酬 58万3,000円~

 

2.大手広告代理店グループ会社でのAIコンサルティング業務

大手広告代理店のグループ会社では、AIの知見に乏しい企業に対してシステム構築から運用サポートまでを一貫して対応しています。

AIシステムの構築と企業の運用サポートの中核を担う人材として、AIコンサルタントを募集しています。

スクロールできます
業務内容 AIの知見に乏しいクライアント企業に対して、AIでできることを具体的に提案しシステム構築から導入、運用サポートまでをトータルで支援する。
必須スキル Pythonをはじめとした統計や数値解析のソフトウェア、ツールの知見および利用スキル
分析業務の実務経験
歓迎スキル 統計解析、機械学習、ディープラーニング等の手法を用いて、ビジネスに貢献した経験
データ分析やAIモデル構築ののコンサルティング経験
AI関連のフレームワーク(PyTorchTensorFlowKerasなど)を用いた画像処理や自然言語処理などの実装経験
クラウド(AzureAWS等)を利用した開発の経験
論文を読める程度の英語スキル
月額報酬 25〜55万5,000円

 

3.コンサルティングファームでのAIコンサルティング業務

グローバルに展開するコンサルティングファームでは、AIを用いながらクライアント企業のDXを実現するためのAIコンサルタントを募集しています。

スクロールできます
業務内容 DXデータ基盤のアーキテクチャ構築
データやモデルを管理・配備するためのシステム構築
データセキュリティに関するガバナンス体制構築支援
先進的なテクノロジーの実証検証(PoC) など
必須スキル SIerやITベンダーなどで業務システムの開発および導入の実務経験
データ分析基盤構築、インフラシステムの導入経験
歓迎スキル 高いレベルの英語力
月額報酬 34万300円〜

AIコンサルタントになるための近道

AIコンサルタントの求人案件は、転職サイトやエージェントなどで数多く募集されています。

しかし希望に沿った転職を成功させるためにはコンサルタントに強いエージェントを選ぶことが重要です。

そこで、特におすすめのエージェントを3社紹介しましょう。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年3月22日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

アクシスコンサルティングコンサルティングファームへの転職に強みをもつエージェントです。

全体の74%がコンサルティング人材として転職に成功しており、2022年3月末時点で約7万5,000人が人材データベースへ登録しています。

大手コンサルティングファームへマネージャー以上の採用支援実績が豊富な点が大きな強みです。

これからAIコンサルタントとしての道をスタートさせようと考えている方にとっては最適なエージェントといえるのではないでしょうか。

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 12,418件(2024年3月22日現在)
主な求人職種 管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは、管理職や技術職といったミドルクラスからハイクラス人材の転職支援に強みをもつエージェントです。

国内企業はもちろんのこと、海外進出を果たしている企業や外資系企業への転職支援実績も豊富で、転職を機にキャリアアップを実現したい方へのサポート実績も豊富です。

商社や金融、医療、IT・通信といった業界のほか、コンサルティングファームやシンクタンクといった業界への転職もサポートしています。

自分自身の強みや経験を活かしながら、AIコンサルタントとしての道を見つけられるでしょう。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

コトラ
運営会社 株式会社コトラ
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開案件数 24,292件(2024年3月22日現在)
職種 金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

コトラは、主に金融業界や経営幹部、ITエンジニア、そしてコンサルティング業界といった高年収が期待できる業界への転職を専門にサポートしているエージェントです。

コンサルティング業界では、戦略コンサルタントや組織・人事コンサルタント、財務・金融コンサルタント、そしてITコンサルタントとさまざまな分野ごとに相談できます。

また、求人案件ごとに「おすすめ年齢」も紹介しており、20代、30代の若手人材はもちろんのこと、40代、50代の中堅クラス以上を対象とした案件も豊富に紹介しています。

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

AIコンサルタントについての疑問・Q&A

AIコンサルタントについて 疑問 Q&A

AIコンサルタントとしての道を目指すうえで、疑問や不安を抱く方も少なくないでしょう。

特に多くの方から寄せられることの多い疑問と、それに対する回答を紹介しましょう。

AIコンサルタントに役立つ資格はある?

一般的なコンサルタント職と同じように、AIコンサルタントに必須の資格はありません。

一方で認定AI・IoTコンサルタント(AIC)」や「Python3エンジニア認定試験」および「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」などがあれば、強みとして活かせるでしょう。

AIコンサルタントは将来なくなる可能性がある?

一般事務員や銀行員など、AIによって代替されて無くなる仕事が増えると聞いたことがある方は多いでしょう。

裏を返すと、これからはAIがより普及することが予想されます。

AIコンサルタントの需要はますます高くなっていくと考えられます。

AIコンサルタントまとめ

AIコンサルタント まとめ

AIコンサルタントは、AIを駆使してクライアントのさまざまな課題を解決に導く仕事です。

企業が目指すDXの実現においても重要な役割を果たすことから、今後ますます重要になっていくと考えられます。

AIコンサルタントとして転職するために必須の資格はありません。

しかし、AIに関する知見やシステム構築に関わった経験、コンサルティング業務の実務経験などは重要であり、転職において大きな強みとなるでしょう。

コンサルティングファームなどに在籍して、AIコンサルタントとして活躍した後は、フリーランスや経営者として独立する道も見えてきます。

自分自身のキャリアアップのために、AIコンサルタントの道を目指してみてはいかがでしょうか

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次