業務改善コンサルになるには|年収と仕事内容や必要なスキルをわかりやすく解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
業務改善コンサル なるには 年収 仕事内容 必要なスキル 解説

業務改善コンサルタントへの転職を検討されている方に「どのようになれば良いのかわからない」など、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、業務改善コンサルタントについての仕事内容や年収相場、必要とされるスキルや経験などを合わせて紹介します。

業務改善コンサルを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

業務改善コンサルタントとは

業務改善コンサルタント とは

業務改善コンサルタントとは、クライアントの業務プロセスや業務フロー改善に関するコンサルティングをおこなう職業です。

業務改善コンサルタントは、クライアントの企業を理解した上で、業務の改革、改善を進めていく必要があります。

そのため、コミュニケーション能力やITに関する知識、様々な業界の知識などが必要となる職業です。

業務改善コンサルの仕事内容

業務改善コンサル 仕事内容

業務改善コンサルタントの仕事内容として、クライアントが改善すべき点である業務改革やコストの削減などを実行していくために、現状の分析を行い、業務フローを見直し、新しくフローを作成することなどが挙げられます。

本章ではそれぞれの具体的な業務内容についてそれぞれ解説していきます。

現状や課題の把握

まず最初に、経理や総務、人事などの業務プロセスの調査を行い、現状を把握します。

この際、企業の知識や業界に対する理解も必要となります。

クライアントが求めている業務改善を行うためにも、現状の課題を把握しておくことが、コンサルティングを行う上で重要になってきます。

業務フローの提案

クライアントの課題を解決するために、新たな業務フローの提案を行います。

設計した提案を、クライアントと見直しを行い、コミュニケーションをとりながらプランを進めていきます。

具体的には、在庫管理の見直し、組織機能や会計業務フローの改善やITの活用方法などがあります。

さまざまな分野における業務改善コンサルタントの知識が必要になってきます。

業務改善後の定着化を支援

業務の改善プランを実行後、実際に効果があったのか確認します。

また、クライアントとやりとりを重ね、現状を把握し評価することで、今後の方向性を定めていくことも大切です。

業務の指導やマニュアルを作成し、新たな業務フローが定着するように働きかけるのも業務改善コンサルタントの仕事です。

業務改善コンサルの年収相場

業務改善コンサル 年収相場

業務改善コンサルタントを目指す方にとって、年収はどれぐらいなのか気になる点だと思います。

年収については、所属するコンサルティングファームのランクに準ずる傾向があります。

また、経験年数によっても違いが出てくるため一概にはいえませんが、入社して3年以内で500~700万円程度、5年目以降で1,000万円前後と言われています。

業界の中でも、注目されている職業なのでスキルや経験年数次第でさらに高額な収入も期待できます。

業務改善コンサル転職に必要なスキルや経験

業務改善コンサル 転職 必要なスキル 経験

業務改善コンサルタントが転職する場合、どのようなスキルや経験が求められるのでしょうか。

業務改善コンサルタントは企業の業務を改善することが仕事です。

そのため、製造や販売、人事や会計などの専門業務に対する知識が必要とされる場合があります。

次に経験としては、実際に業務改革や業務フローの改善を行い、クライアントの業績に繋がったという経験が実際にあると、転職の際には有利となり採用者の目に留まりやすくなるでしょう。

業務改善コンサルタントに必要な資格

業務改善コンサルタント 必要な資格

業務改善コンサルタントは、必ずしも資格は必要ではありませんが、取得しておくと役立つ資格についてご紹介します。

まず一つ目が「中小企業診断士」。

経済産業大臣によって登録される国家資格で、企業の経営状態の診断、成長戦略の策定をするための技能を証明する資格です。

もう一つは「ITストラテジスト」。

ITの知識を活用し、経営戦略の高度化・最適化をしていく技術を証明する資格となっています。。

また、業務改善コンサルタントは、業務に関する様々な知識が必要になるため、公認会計士簿記、ネットワークやデータベース関連の資格を取得していると、企業の目にも留まりやすく採用に繋がると考えられます。

代表的な大手業務改善コンサル会社

本章では代表的な大手業務改善コンサル会社3社についてご紹介していきます。

公益財団法人 日本生産性本部

日本生産性本部

公益財団法人日本生産性本部は、人材育成や経営のコンサルティングなど、産業の生産性向上を支える事業を行っています。

研修やセミナー・通信教育なども手がけており、研修では、立場と役割を把握し問題解決能力を育成することや、目的達成能力を向上させ、リーダーシップとフォロワーシップの学びを目標としています。

株式会社 日本能率協会コンサルティング

株式会社 日本能率協会コンサルティング

株式会社 日本能率協会コンサルティングは、従業員数300名、全国からの様々な経営相談や業務改善などの相談に対応する大手コンサルティングファームです。

対応範囲は戦略、マーケティング&セールス、サプライチェーン、TPM、組織・人事、BPR、ITビジネス、R&D、生産と幅が広いのが特徴です。

ケースワイズコンサルティング株式会社

ケースワイズコンサルティング株式会社

ケースワイズコンサルティング株式会社は、プロセス改革・IT活用・組織改革を組み合わせ、戦略策定支援から結果を創出するコンサルティングファームです。

独自の方法論を開発し、BPRの結果を出すために上流工程から対応しているのが特徴です。

業務改善コンサルになるための近道

業務改善コンサルタントになるためには、転職エージェントを活用することが一番の近道になります。

おすすめの転職エージェントサイトをご紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年3月22日現在)
主な求人職種 コンサルティング業界

アクシスコンサルティングとは、コンサル業界に特化している転職エージェントです。

コンサルティングファームからの信頼が厚く、シニアコンサルタントの入社数が1位という実績があります。

特徴としては、サポートが手厚く、コンサル業界に特化した選考対策をしていることです。

現役コンサルタントの転職実績No.1であり、求人のほとんどが非公開の優良な企業であることが強みです。

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 12,418件(2024年3月22日現在)
主な求人職種 管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは、30代〜50代をターゲットとしているハイクラス向け転職エージェントです。

外資系や海外企業をはじめ、ハイクラスな国内大手企業への転職を希望している方におすすめです。

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

コトラ
運営会社 株式会社コトラ
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開案件数 24,292件(2024年3月22日現在)
職種 金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

コトラは、ハイクラス人材向けの転職エージェントです。

業種や職種、企業を熟知している専門性の高いコンサルタントが求職者をサポートしているのが特徴です。

30代〜40代の経験や実績が豊富な求職者の利用が多いようです。

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

業務改善コンサルについての疑問・Q&A

業務改善コンサル についての 疑問 Q&A

この章では、業務改善コンサルタントを目指す方が疑問に思っていること、不安に思っていることについて回答します。

業務改善コンサルに役立つおすすめの本は?

業務改善コンサルにおすすめの本としてあげられるのは「最強の業務改革」です。

戦略コンサルのA.T.カーニーのコンサルタントの方達が書いた書籍で、各業務(営業・調達・生産など)の問題点や解決策について詳しく書かれています。

業務改革に携わる業務改善コンサルタントにとても学びになる1冊です。

業務改善コンサルティングを依頼する場合の費用はどれくらいかかる?

コンサルティングにかかる費用は、契約内容や期間によっても変わってきますが、1案件あたりに10万〜30万と言われています。

時間契約や成果報酬など契約方法によっても費用が変わってくるようです。

業務改善コンサルまとめ

業務改善コンサル まとめ

今回は、業務改善コンサルタントの年収や仕事内容、必要なスキルについて解説しました。

コンサルタントという職業自体は、特別何かの資格が必須ということはありませんが、実際にコンサルタントとして働く場合には取得しておくべき知識がたくさんあります。

このため、企業に関する知識などを身に着けた上で、転職エージェントなどを利用して実際に企業に勤めて実績を上げていく、といった流れが一般的です。

業務改善コンサルタントに興味がある方はぜひこの記事を参考にし、一歩動き出してみてはいかがでしょうか。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次