副業でコンサルタントはできる?副業の種類や案件の獲得方法を解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
副業 コンサルタント できる? 副業の種類 案件の獲得方法 解説
  • コンサルタントって副業でもできるの?
  • 副業コンサルにはどんな案件があるのか知りたい

働き方が多様化し、副業することが珍しくなくなった昨今において、このような考えを持っている人もおられるのではないでしょうか。

高収入でも知られるコンサルタントの仕事を副業でもできれば、大幅な収入アップやスキルアップが見込めます。

一方で、コンサルタントの仕事を副業で始める方法や案件の獲得方法がわからないという方も多いでしょう。

この記事では、コンサルタントの副業の種類や案件の獲得方法について解説していきます。

コンサルタントの副業を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス4選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

 

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ

フリーコンサルタント.jplogo_01フリーコンサルタント.jp

日本最大級の登録者数。880社以上の取引企業実績

登録した方にのみ紹介可能な非公開案件が多数。

PODロゴPOD

大手事業会社からの直案件だから高単価

戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等、
幅広い分野のプロジェクトが豊富。

目次

コンサルタントは副業・フリーランスでもできる

コンサルタントは副業でもできる

「そもそもコンサルタントの仕事は副業でもできるの?」という疑問を感じている人もいるかもしれませんが、結論からいうとコンサルタントは副業でもできます

企業が抱える課題の分析や解決策の提案はもちろん、世の中の情勢に合わせた調査や施策の実行をスピード感を持って実行できることは、利用する企業にとって大きなメリットです。

また、コンサルタントは市場の動向や最新の知見を有していることをはじめ、専門的な知識から的確な提案を行える存在です。

こうした人材は非常に市場価値が高く、スポットや短期間でも働いて欲しいという需要があるため、コンサルタント向けの副業案件は豊富にあります。

副業を行う際、トラブルを回避するために本業の就業規則の確認や、クライアント選びには注意するようにしましょう。

>>フリーコンサルの副業|始め方や注意点と単価相場や案件例も解説

コンサルタントの副業の種類

コンサルタントの副業の種類

コンサルタントを副業で行う場合、本業との兼ね合いから週5日のフルタイムで働くことは難しいです。

それでは、コンサルタントを副業で行うためにはどのような形態で働けば良いのでしょうか。

ここでは、コンサルタントの副業の種類について解説していきます。

スポットコンサル契約

スポットコンサル契約とは、別名「時間報酬型コンサル」とも呼ばれる契約形態です。

その名の通り、時間単位で報酬が発生するため本業の隙間時間でも働きやすいのが特徴です。

たとえば「土日祝日のみ」「平日の夜2~3時間」といった働き方はもちろん、1回1時間の電話のみといった働き方もできるため、フレキシブルに活動できます。

案件の種類も多岐に渡り、リモートで参画できるものもあることから、場所を選ばずに働くことができるのも魅力です。

>>スポットコンサル5社を比較!得意領域や案件数の違いも紹介

固定報酬型コンサル

固定報酬型コンサルは、その名の通り1つの案件に対し固定の報酬が支払われる契約の働き方です。

報酬は高い傾向にありますが、参画したプロジェクトや依頼を完遂するまで続くことが多く、長期的に続くものも多いのが特徴です。

また、求められるスキルや知識においても、高度かつ専門的になる傾向にあります。

しかし、スポットコンサル契約とは違い時間的な拘束はないため、クライアントからの要求を達成できれば短時間で高額な報酬を得ることも可能です。

スキルや知識を持ち、依頼を達成する自信がある人は、コストパフォーマンスが良い働き方であるといえるでしょう。

コンサルタントの副業案件例

コンサルタントの副業案件例

コンサルタントの副業にはどのような案件があるのでしょうか。

ここでは、コンサルタントの種類ごとに副業の案件例を紹介していきます。

副業案件例1:経営コンサルタント

業務内容 組織や新規事業の戦略・戦術についてコンサルティングしながら、実務の仕事もサポート
募集要項
・経営コンサルタントとしての経験がある人材
・高いコミュニケーションスキルを備えた人材
月間単価 50万~100万円

参考:経営のサポート・コンサルティングのお仕事◇継続案件◇完全リモート◇

副業案件例2:ITコンサルタント

業務内容 社内システム開発のリーディング及びコンサルティング
募集要項 ・ITコンサルタントとしての経験がある人材
・高いコミュニケーションスキルを備えた人材
・外部ベンダーのディレクションスキルを備えた人
月間単価 80万

参考:【コンサルタント】社内システムの刷新PJをリードしていただけるITコンサルタント募集!

副業案件例3:兼務コンサルタント

業務内容

強固な組織作りを支援・コンサルティング※人材コンサルタント(業務コンサルタント)

募集要項 ・人事制度コンサルティングの経験・実績がある方
・グローバル企業で働いた経験
月間単価

120万

参考:【英語でできる方】マネージャー研修・および組織作りコンサルティングやってくれる方募集

副業案件例4:営業コンサルティング支援

業務内容 ・クライアントとの企画・ゴール・予算・スケジュールの調整
募集要項

・交渉力や社内調整力、リーダーシップなどを備えている方
・プロジェクトマネジメントスキル

月間単価

100万

参考:商品販売プロジェクトのプロジェクトマネージャー

副業案件例5:医療コンサルタント

業務内容 医療クリニック開業に向けた支援
募集要項

・ヘルスケア領域全般での新規事業企画支援
・医療クリニック立ち上げ実行支援

月間単価

100万

参考:ヘルスケア領域(特に医療分野)における新規事業支援

副業コンサルタントのメリット

副業コンサルタントのメリット

本業でも高収入を目指せるコンサルタントですが、副業で働くにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、副業コンサルタントの主なメリットを解説していきます。

副業コンサルタントとして収入が得られる

コンサルタントに限らず、副業は本業とは別の収入源を得られるため収入アップが図れます

コンサルタントの場合、副業であっても高単価案件が多く、なかには月間単価が100万円を超えるものもあります。

仮に月間単価100万円の案件に1年間参画できれば、単純計算で1,200万円の年収アップとなるため、本業と合わせれば高所得を目指せることでしょう。

他にもメールや電話のみ、リモートでの案件参画など働き方は多岐に渡るため、本業に支障が出ないような働き方で収入アップを目指すことも可能です。

人脈を広げられる

副業の場合、自分自身で参画する案件を選択できるため、興味がある分野や業界の案件を獲得できれば人脈形成にも役立ちます

会社員を本業としている場合、仕事を通じて知り合えるのは所属企業の看板を背負っているうえに、アサインされたプロジェクトとなるため選択の自由度が低いです。

副業で自由度が高い働き方をしていると、経営者や優秀な人材と出会えるチャンスも増えるため、将来のキャリア形成にも役立てられるといえるでしょう。

実務経験を積める

自身で案件選択ができる副業コンサルタントは、実務経験を積みやすいメリットもあります。

求人・案件情報を見てわかるように、実務経験の有無は非常に重要な要素です。

副業コンサルタントとして働くことは、現在保有しているスキルや知識の専門性を深めることができることはもちろん、新たな分野での経験を積めば、自身の将来のキャリア形成において選択肢を増やすことにも繋げられることでしょう。

副業コンサルタントから起業の可能性が広がる

副業コンサルタントを目指す方のなかには、将来的に起業を検討している方もいるでしょう。

一方で起業にはリスクが伴うため、中々足が踏み出せない方も多いはずです。

コンサルタントとしてやっていくための自信や実績が欲しいのであれば、副業コンサルタントはおすすめです。

副業コンサルタントで多くの案件をこなし、独立してもやっていけると確信が持てれば、起業に踏み出せばよいのです。

反対に副業コンサルタントとして思うような結果が出ない場合には、起業はまだ待った方がよいでしょう。

仮に思うような結果が出ない場合でも副業であるため、大きなリスクにはなりません。

副業コンサルタントのデメリット

副業コンサルタントのデメリット

収入アップや人脈形成、実務経験が積めるなどのメリットがある一方で、副業コンサルタントにはデメリットも存在します。

ここでは、副業コンサルタントとして働く際のデメリットについて解説していきます。

自分の時間が減る

副業コンサルタントに限ったことではありませんが、副業をするということは本業以外でも働くことになるため、自分の時間が減ります

そのため、土日祝日や平日の夜間などで趣味や遊びに時間を使いたい人にとってはデメリットに感じることでしょう。

また、副業では自身の頑張りがダイレクトに収入へ反映されるため、つい案件を詰め込み過ぎてしまう人も少なくありません。

当然、その分の稼働時間が増えるため休むことができず、体調を崩してしまうおそれもあります。

自己管理ができない人は、副業コンサルタントで働くのは難しいといえるでしょう。

本業とのバランスや責任

先に触れた体調管理のほかに、利益相反をはじめとする本業とのバランスを取らなければならないことも、副業コンサルタントのデメリットに挙げられます。

所属企業の取引先や業界での立ち位置などにも気を配らなければならないため、心的な負担も大きくなります。

また、自宅以外で仕事を行う際にはセキュリティ対策も十分に行わなければなりません。

コンサルタントの仕事は企業の経営層と関わる内容も多く、機密情報の取り扱いを誤れば重大な事故へと発展してしまいます

副業は、会社員と違い個人で働くことになるため、所属企業という後ろ盾がありません。

事故やトラブルの内容によっては、損害賠償を請求される可能性もあるため、細心の注意を払うようにしましょう。

業務以外の作業も発生する

副業で働く場合、年収が20万円を超えた場合には確定申告をしなければなりません

会社員の場合、年末調整を行うことで所属企業が代理で行ってくれますが、副業では自身で行わなければならないためデメリットに感じることもあるでしょう。

また、案件獲得のために営業活動やブログ・SNS開設といったコンサルタント以外の業務も発生します

コンサルタントの仕事以外はしたくないと考えている人には、副業は向いていないといえるでしょう。

副業コンサルタントのはじめ方

副業コンサルタントのはじめ方

特別な資格取得は不要な副業コンサルタントで働く際、どのようにしてはじめれば良いのでしょうか。

ここでは、副業コンサルタントのはじめ方について解説していきます。

副業案件のチェック

副業コンサルタントを始めるにあたり、まずはどのような案件があるのかチェックしましょう。

副業案件のチェックでは、希望する働き方ができる案件があるか探すのはもちろん、自分のスキルや経験でも参画できる案件があるのかを確認することがポイントです。

これは、副業を始めようとしてもスキルや経験が不足していては、案件を獲得することが困難であるためです。

自身のスキルや実績が不足していると感じたら、会社員として経験を積み直すか、不足しているスキルや実績が積める案件へ参画するなど、段階を踏むようにすると良いでしょう。

副業を行う時間の確保

副業を行うにあたり、そのための時間を確保することも重要なポイントです。

土日祝日に働くのか、平日の本業後に働くのかなど、確保できる時間によって参画できる案件が異なるためです。

本業で残業が多い人や、休日出勤が多い人などは、副業する時間が十分に確保できず働くことが難しい場合もあります。

案件の業務だけではなく、資料作成やクライアントとの打ち合わせ、営業活動や請求業務といった時間も加味しなければなりません。

このように、安定的に時間を確保することが難しい場合、まずは本業の職場環境を変えるといった行動も必要になることでしょう。

案件獲得の準備を行う

副業コンサルタントとして働けるよう、案件獲得に向けた準備を行います。

個人の人脈や営業活動から案件を獲得するのか、エージェントやクラウドソーシングを活用して案件獲得をするのか、副業案件の獲得方法は多岐に渡ります。

クラウドソーシングや副業サイトに登録する

副業コンサルタント案件をチェックするのと合わせて、クラウドソーシングや副業サイトへの登録を行いましょう。

需要の高いスキルや実績が確認できるほか、自分のタイミングで案件探しができるため、ストレスなく案件獲得ができます。

また、複数登録することで確認できる案件数が増えるため、気になる案件を取り扱っているものがあれば積極的に登録していくことをおすすめします。

>>クラウドソーシングサービスおすすめ10選をご紹介

エージェントへ登録する

エージェントと聞くと転職をイメージしがちですが、フリーランスや副業向けのサービスも多数あります。

エージェント利用のメリットは、無料でプロのアドバイザーに相談できる点にあります。

「なぜ無料で利用できるの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

これはエージェントを介して人材紹介を行うことでクライアントから報酬が入る仕組みがあるためです。

希望条件を伝えることで、自身のスキルとマッチした案件を紹介してもらうこともでき、営業活動の手間を省くこともにも繋がります。

また、自分からは言い出しにくい単価交渉や税関連のサポートを行ってくれるものもあります。

特に副業向けにスポットコンサル案件に特化して案件紹介を行うサービスとしては、以下のサービスの評判が良いようです。

クラウドソーシングや副業サイト同様、金銭的なリスクや登録に制限はないため積極的に利用していきましょう。

>>フリーコンサルタントにおすすめ案件紹介サービス・マッチングサイト比較

直接営業活動を行う

前職や現職、友人・知人などの人脈を活かして案件獲得をするのも方法のひとつです。

人脈がなくても、クライアントになり得る企業に対し直接営業活動を行うこともできます。

先のクラウドソーシングやエージェントなどのサービス利用よりも案件獲得難易度や手間は大きくなります。

しかし、手数料が取られないほか単価交渉も自ら行うことが可能です。

能動的にアプローチするだけではなく、ブログやSNSを開設して見込み客を集客する方法もあります。

サービス利用での案件獲得方法と組み合わせて活動すると成功率も上がるため、これらの準備も行うようにしましょう。

副業コンサルタントが案件を獲得する方法

副業コンサルタントが案件を獲得する方法

ここでは、副業コンサルタントが案件を獲得するための具体的な方法を紹介していきます。

コンサルに特化したフリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントは多数存在しますが、そのなかでもコンサルに特化したものを利用することで、専門的かつ踏み込んだサポートを受けることができます。

ここでは、おすすめのコンサルに特化したフリーランスエージェントを紹介します。

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル

運営会社 INTLOOP株式会社
公式サイト https://www.high-performer.jp/consultant/
公開案件数 8,134件(2024年5月22日時点)
職種 PM・PMO、IT関連、SAP、戦略系、その他

ハイパフォコンサルは、取り扱っているコンサルタント案件の種類が多い特徴を持つエージェントです。

多くの種類から参画する案件を探したい人におすすめといえます。

また、サービス開始は2005年と歴史は長く、登録者数も25,000人を突破するなどの実績もあります。

業界の種類も豊富であるため、エージェント探しで悩んだら一度チェックしてみると良いでしょう。

>>ハイパフォコンサルの評判・口コミ

デジタル人材バンク

デジタル人材バンク

運営会社 株式会社クラウド人材バンク
公式サイト https://consultant.digital.hr-bank.co.jp/
公開案件数 非公開(2024年5月22日時点)
職種 IT、PMO、戦略、その他

デジタル人材バンクは、高単価のデジタル案件に特化したマッチングプラットフォームです。

コンサルファームや大手SIer、大手ソフトウェアメーカーなど出身のハイクラス人材にマッチする、DX事業戦略やPMO、ITコンサルなどの案件を数多く取り扱っています

ハイスキル層の募集を中心としているため高稼働での高単価案件が中心となっていますが、稼働率50~60%やリモート可案件も増やしているため、高単価での副業案件を探している方にはおすすめのサービスといえます。

またコンサルタントは業界情報にも精通しており、利用者のスキルや志向をじっくりとヒアリングしたうえで最適な案件紹介をしてくれます

>>デジタル人材バンクの評判・口コミを紹介

プロフェッショナルハブ

プロフェッショナルハブ

運営会社 株式会社エル・ティー・エス リンク
公式サイト https://professional-hub.jp/
公開案件数 非公開(2024年5月22日時点)
職種 PM/PMO、IT関連、その他

プロフェッショナルハブは、数あるコンサルタントの種類のなかでも、ITコンサルタントやPMOを数多く取り扱っているのが特徴的なエージェントです。

また、高単価案件や他では見られない非公開求人も豊富であるため、思わぬ優良案件を紹介してもらえることにも期待が持てます。

そのほか、案件参画後のフォローや税務関連のサポートなど福利厚生も充実しているため、副業からフリーランスへ転身することを視野に入れている人にもおすすめです。

>>プロフェッショナルハブの評判・口コミ

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jp

運営会社 株式会社みらいワークス
公式サイト https://freeconsultant.jp/
公開案件数 4,371件(2024年5月22日時点)
職種 ITコンサル、戦略コンサル、PMO、戦略、IT、その他

フリーコンサルタント.jpは、登録者数19,000名以上(2023年6月末時点)取引企業数880社以上の国内最大級のフリーランスコンサルタント向けの案件紹介サービスです。

運営会社の「みらいワークス」はグロース市場に上場しており、フリーコンサルタント向けの案件紹介サービスを専門で行っている会社では数少ないの上場企業です。

PM・PMO・戦略案件を中心に、IT・SAP・BPR・新規事業、業務コンサルなど、独自の非公開案件を含む多種多様な案件を取り扱ってます。

短期・スポット案件や低稼働の案件の取り扱いも増やしており、稼働率30%以下の案件でも100件以上が公開されています(2024年4月7日現在)。

>>フリーコンサルタント.jpの評判・口コミ

コンサルキャリアナビ

コンサルキャリアナビ

運営会社 株式会社 Flow Group
公式サイト https://navi.consul-career.com/
公開案件数 非公開(2024年5月22日現在)
職種 IT・PMO・マーケティング、その他

コンサルキャリアナビでは、コンサルタントの副業/複業を啓蒙しており、案件獲得において“複業可能案件”を優先的に創出・獲得している案件マッチングサービスです。

低稼働やリモート可能案件を多数保有しており、専門性強化やリスキリング等、利用者のキャリア志向に沿ったマッチングを第一に提案をしてくれます。

取り扱い領域は、IT・戦略・PMO・マーケティングを中心に、多様な働き方にも対応できる幅広い案件を保有しています。

また、独立支援やキャリア支援にも力を入れており、実際にフリーコンサルを5年以上経験したスタッフによる実体験に基づいたリアルなアドバイスも受けることができます。

KROW

KROW

運営会社 KROW株式会社
公式サイト https://krow.co.jp/
公開案件数 134件(2024年5月22日時点)
職種 ITエンジニア、ITコンサル、マーケティング

KROWは、ハイスキルなビジネスパーソン・フリーランスの方向けに週1日相当から参加できる案件を紹介しているマッチングサービスです。

KROWでは副業ではなく「複業」と表現をしていて、本業での知識・経験を活かしシナジーが見込める案件が揃っています。

自身の市場価値を高め、評価基準を広げる機会を提供しています。

案件の傾向としては、リモート可能な案件を中心にベンチャー企業や中堅企業などが中心です。

業務内容は経営企画、事業開発、事業戦略などが比較的多く、その他マーケティングやITコンサルなど幅広い案件を取り揃えています。

これから複業をはじめることを検討していて、まずは週1日稼働の案件から、自身の経験を活かして仕事の幅を広げたい、という方にはぜひおすすめしたいサービスです。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスに登録しておくと、需要の高いスキルや実績が確認できるほか、自分のタイミングで案件探しができるようになります。

また、複数登録しておくことで多様な案件を閲覧できるため、積極的に登録していくことをおすすめします。

ここでは、コンサルの副業案件も豊富に取り扱っているクラウドソーシングサービスを紹介します。

Strategy Consultant Bank

Strategy Consultant Bank

運営会社 株式会社Groovement
公式サイト https://strategyconsultant-bank.com/
公開案件数 1,194件(2024年5月22日時点)
職種 戦略、IT関連、その他

戦略・業務案件を獲得したい人におすすめなのが、Strategy Consultant Bankです。

2021年創業と新しいサービスであるため、大手クラウドソーシングサービスと比較して競争率が高くないメリットがあります。

月間単価が170万円を超える高額案件の取り扱いがあるため、収入アップを目指したい人は要チェックです。

>>Strategy Consultant Bankの評判や口コミ

クラウドテック

クラウドテック

運営会社 株式会社クラウドワークス
公式サイト https://crowdtech.jp/
公開案件数 628件(2024年5月22日時点)
職種 エンジニア・デザイン・Webディレクター

クラウドテックは、大手クラウドソーシング企業であるクラウドワークスが運営しています。

ITエンジニアやWebディレクターの案件の取り扱いもあるため、IT業界出身者の案件探しに向いています

また、その最大の特徴はリモートワーク案件の豊富さにあり、場所を選ばずに働ける案件を探しやすいのが魅力的です。

自宅で副業を行いたい人は登録する価値があるといえるでしょう。

副業コンサルタントを募集しているマッチングサイトを利用する

昨今はさまざまなタイプのマッチングサイトが存在しますが、ビジネスでもマッチングサイトが現れています。

スキルや経験を持つ人物と課題解決を求める企業を結び付けるマッチングサイトです。

ここでは、おすすめの副業コンサルタントを募集しているビジネスマッチングサイトを紹介します。

ビザスク

ビザスク

運営会社 株式会社ビザスク
公式サイト https://visasq.co.jp/
クライアント数 非公開(2024年5月22日時点)
職種 エンジニア・営業・会計など幅広い職種のプロが求められている

多くのリソースは割けないが、副業コンサルタントとして働きたい方におすすめなのがビザスクです。

ビザスクは1時間のインタビューや調査代行など、スポットでのコンサルタントを提供しているサービスです。

副業コンサルタントとして、働きたい方にピッタリのサービスといえるでしょう。

対象とする業界や職域も幅広いため、自身の経験やスキルが試しやすいサービスともいえます。

QEEE

QEE

運営会社 INTLOOP株式会社(イントループ株式会社)
公式サイト https://qeee.jp/
案件数 40件(2024年5月22日時点)
職種 ITコンサルや介護コンサル、営業コンサルなど

ITコンサルや介護コンサル、営業コンサルなど幅広い案件を取り扱っているのがQEEです。

スポットコンサルを専門としているサイトなので、副業コンサルタントを目指す方にはおすすめのサービスです。

幅広い案件を扱っているため、副業コンサルタントを目指す方は一見の価値があるサイトといえるでしょう。

スポットコンサルについてもっと知りたい、スポットコンサルのおすすめ企業が知りたいという方は以下の記事がおすすめです。

>>【2024年最新】大手スポットコンサル8社を一覧比較!料金プランや特徴について徹底解説

副業でコンサルタントをする際の注意点

副業でコンサルタントをする際の注意点

ここでは、副業でコンサルタントをする際の注意点について解説していきます。

体調管理

副業は、自身の頑張りがダイレクトに収入へ反映されるため、高いモチベーションを持って働くことができます。

その反面、案件を詰め込み過ぎてしまうと、休む時間を確保することができず、体調を崩してしまう危険性もあります

体調を崩せば本業にも支障が出てしまうため、スケジュールや体調など自己管理には十分注意するようにしましょう。

確定申告をする

副業では年収20万円を超える場合、確定申告をしなければなりません

月間単価が高いコンサルタントの副業では、ほとんどの場合で確定申告が必要となるといっても過言ではありません。

こちらを怠ると、後から追加で税金を支払う必要があるため、期日を含め注意しましょう。

また、節税対策をすることで得することも多いため、税関連の知識も身に付けることをおすすめします。

>>【損してる?】フリーランスの税金を独立した経営コンサルが解説

コンサルタントの副業についての疑問・Q&A

コンサルタントの副業についての疑問・Q&A

ここでは、コンサルタントの副業でよくある疑問についてQ&A形式で解説していきます。

外資コンサルで副業を禁止していないところは?

外資コンサルに限らず、副業OKとしている企業であっても、自社と競合する企業での副業は禁止としていることは多々あります

そのため、副業を行おうとする際には必ず就業規則の確認を行いましょう。

外資コンサルで働きながら副業も視野に入れたい人は、以下のコンサルティングファームを参考にしてください。

未経験でも副業コンサルはできる?

未経験であっても副業コンサルにチャレンジすることは可能です。

目指すコンサルの種類にもよりますが、これまでの業務経験に基づいて課題解決をする能力があれば、コンサルとしての業務も行えるからです。

同じコンサル未経験であっても、まったく実務経験がない領域への挑戦は案件獲得も難しくなるため注意しましょう。

土日のみ稼働でも副業コンサルタントは可能?

土日のみの稼働であっても副業コンサルタントで働くことは可能です。

ただし、こうした稼働時間が少ない案件の人気は高いため、獲得が難しいこともあります。

その場合には、エージェントや案件サイトを複数登録して、案件の母数を増やして獲得率を高める工夫をすると良いでしょう。

副業コンサルタントの年収はどれくらい?

副業コンサルタントの年収は、一概に語ることはできません。

副業コンサルタントはあくまで仕事をおこなった分だけ、報酬を得るためです。

とはいえ、副業コンサルタントの月額単価が100万円以上の案件も珍しくたいため、1年を通して稼働すれば、1,000万円以上も可能です。

サラリーマンでも副業コンサルタントは可能か?

サラリーマンでも副業コンサルタントとして働くことは、十分に可能です。

実際に働いている業界に関連するコンサルタントをおこなう場合には、クライアントからの信頼も集めやすいでしょう。

またサラリーマンとして働いている分、スキルや経験を高める機会も多い点も兼業をするメリットです。

一方でスケジュール・体調管理には気を使う必要がある点は忘れないでおきましょう。

コンサルサントの副業まとめ

コンサルサントの副業まとめ

コンサルタントは需要が高い職種であることから、副業向けの案件数が多いことはもちろん、高単価報酬のものが豊富です。

また、土日のみやリモート案件もあるため、隙間時間を活かした働き方ができることも魅力的といえるでしょう。

案件獲得方法も多岐に渡りますが、悩んだ際には本記事で紹介したコンサル特化のサービスをチェックしてみてください。

いずれも無料かつ複数登録可能であるため、より多くの案件をチェックするためにも興味があるものは積極的に登録することをおすすめします。

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス4選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

 

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ

フリーコンサルタント.jplogo_01フリーコンサルタント.jp

日本最大級の登録者数。880社以上の取引企業実績

登録した方にのみ紹介可能な非公開案件が多数。

PODロゴPOD

大手事業会社からの直案件だから高単価

戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等、
幅広い分野のプロジェクトが豊富。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次