戦略コンサルタントとは?仕事内容・資格・向いている人や年収情報まで徹底解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
戦略コンサルタントとは?仕事内容・資格・向いている人や年収情報まで徹底解説

経営方針や事業戦略立案などを行う戦略コンサルタント。「企業の未来の姿」を描くコンサルティングということもあり、非常に難易度が高い領域としても知られています。

戦略領域は、年収が高いこともありコンサルティングの中でも花形です。そんな戦略コンサルタントに転職したいと考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、戦略コンサルタントについて解説するだけでなく、コンサルタントに向いている人、向いていない人の特徴についても詳しくご紹介します。

また、難易度が高いだけでなく人気でもある戦略領域。そんな戦略コンサルタントへの転職は決して容易ではありません

戦略コンサルタントへの転職には転職エージェントの活用がおすすめです。本記事では、戦略コンサルタントへの転職に強いエージェントもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

戦略コンサルタントとは?仕事内容とその役割

戦略コンサルタントとは?仕事内容とその役割

戦略コンサルタントとは、企業の経営方針や事業戦略立案などの支援を行います。現在の経営課題だけでなく、将来的な企業の在り方も提案するため、非常に難易度の高い領域です。

そんな戦略コンサルタントの仕事内容と役割について下記4点の観点から詳しくご紹介します。

それぞれ具体的な働き方について、解説しますので戦略コンサルタントとして働くイメージを持っていただけるはずです。

戦略コンサルタントが実際に手がけるプロジェクト

戦略コンサルタントが実際に手がけるプロジェクトからご紹介します。戦略策定だけではなく、下記のような提案や支援を行うのが特徴です。

  • M&A戦略
  • 新規事業立案
  • オペレーション業務改善
  • IT業務支援

戦略コンサルタントが携わるプロジェクトは時代によって大きく変化します。

例えば、かつては経営層やマネージメント層を中心にコンサルティングを行っていました。しかし、現在は現場での実行支援を行うコンサルティングも人気です。

また、コンサルティング手法だけでなく、コンサルティング分野も企業のニーズに応じて変化します。近年はIT領域での戦略コンサルティングも増加中です。

戦略コンサルティングファーム内のポジション

携わる業務内容は、ポジションによって大きく異なるのも特徴になります。主なポジションは下記の3点です。

  • アナリスト
  • コンサルタント
  • マネージャー
  • パートナー

それぞれの特徴と業務内容は下記を参照してください。

ポジション特徴業務内容
アナリスト戦略コンサルタントのスタートポジションコンサルタントのサポート。ミーティングの議事録作成や各種情報の収集や分析、資料作成など
コンサルタントプロジェクトの実作業を行う課題解決のための仮説の構築と検証作業を行う。仮説の軌道修正なども行う
マネージャープロジェクトを取りまとめる。進行に責任を持つプロジェクト管理や顧客との交渉、予算管理などを行う
パートナーファームの経営を担うパートナーは、コンサルティングではなくファームの根幹を担う。顧客開拓やプロジェクトの受注などファームの経営にも携わる

戦略コンサルタントのキャリアプラン

戦略コンサルタントは、どのようにキャリアを形成していくのか詳しく解説します。戦略パートナーのキャリアプランは大きく分けて4つあります。

  • 同じファームでパートナーになる
  • 起業する
  • 別のファームへ転職する
  • 戦略コンサルタントの経験を生かし転職

戦略コンサルティング会社の平均年齢は30代と若く、昇進しない社員は転職する傾向にあります。同じファームでパートナーまで昇進できない場合、起業や他社への転職をするケースが多いようです。

また、DeNAの代表取締役会長である南場智子さんのように、戦略コンサルタントとしての経験を生かし、転職するケースも少なくありません。

VUCA(ブーカ)時代ともいわれる先行きが不透明な現代では、戦略コンサルタントに対する需要は高まっています。

戦略コンサルタントの仕事環境や働き方

戦略コンサルタントだけではなく、コンサルタントは激務な職種として有名です。しかし、近年は働き方改革などワークライフバランスを大切にするコンサルファームが増えています

ただ、決められた期日の間でプロジェクトを成功させなければいけないため、仕事の持ち帰りや土日の出勤などをしているコンサルタントも多いようです。

ただ、達成感や充実感などが非常にあるため、やりがいを感じられる魅力的な仕事でもあります。

戦略コンサルタントの年収【年収1000万超も】

戦略コンサルタントの年収【年収1000万超も】

戦略コンサルタントの年収は、ITコンサルタントや人事コンサルタントと比較すると高い水準にあるといわれています。

役職につくことで、入社数年の20代でも年収1,000万円を超えることも難しくありません。さらに昇進し、リーダーなど管理職になると、年収2,000万円を超えることもあるようです。

例えば、戦略コンサルティングファームとして有名な下記3社の平均年収は1,000万円を優に超えています。

ファーム名平均年収
マッキンゼー・アンド・カンパニー1,443万円※
ボストン コンサルティング グループ1750万円※※
ベイン・アンド・カンパニー1940万円※※※
※参照:ライトハウス「マッキンゼー・アンド・カンパニー」コンサルタント平均年収
※※参照:ライトハウス「ボストン コンサルティング グループ」営業平均年収
※※※参照:タレントスクエア「ベイン・アンド・カンパニーの年収」

戦略コンサルタントは、結果を出すことが求められる職種です。非常にシビアな実力主義の傾向にあるため、年収に大きな個人差が生まれます。

結果として、優秀な人材の年収はどんどん高くなり、戦略コンサルタントの平均年収が高くなったと考えられます。

戦略コンサルタントに必要な資格・スキル

戦略コンサルタントに必要な資格・スキル

職種によっては転職するために資格やスキルが必要な場合もあります。ここでは、戦略コンサルタントの転職に必要な資格やスキルについてご紹介します。

戦略コンサルファームは、非常に人気なこともあり、面接などで自己アピールをすることが大切です。上記の資格やスキルを参考にしてください。

MBA・会計士などの資格

MBAや会計士などの資格があると転職の際に有利ですが、必ずしも必要なわけではありません。

他には下記のような資格があると転職の際に有利です。

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 中小企業診断士

ただ、戦略コンサルタントの場合、資格よりも業界知識や実務経験が重視されます。面接の際は、資格だけではなく実務経験もアピールしてください。

関連記事>>【外資コンサルが解説】MBA・経営学で学べる事と取得メリット

ロジカルシンキング

戦略コンサルタントとして最も重要なスキルが「ロジカルシンキング」です。

「論理的思考」ともいわれるロジカルシンキング。物事を体系的に整理し、筋道を立てて考えることができる思考のことを指します。

具体的には、事実を整理し、課題を推論。その推論から仮説を立てて検証を行うのが特徴です。検証では、データの収集や分析することで、矛盾や飛躍がない状態にします。

戦略コンサルティングのベースとなる思考法であるため、ロジカルシンキングは非常に重要なスキルです。

仮説構築力

戦略コンサルタントは、仮説構築力も高いレベルで求められる傾向にあります。課題解決のために仮説は非常に重要だからです。

戦略コンサルタントは、将来的な経営戦略の立案をします。その際、仮説力の精度の高さや斬新さなどが非常に重要です。

転職シーンでも特に重要視されるポイントで、ケース面接などでは仮説構築力があるか、ロジカルシンキングができるか確認されることもあります。

ドキュメント作成スキル

戦略コンサルタントの重要な業務の一つが提案書作成です。美しく見やすい提案書を作成するために、ドキュメント作成スキルが求められます

パワーポイントを作成するスキルだけではなく、マクロなどのExcelスキル、ワードスキルなども重要です。

さらにドキュメントを作成するだけではなく、クライアントに内容を伝えるコミュニケーション能力も重要になります。

関連記事>>戦略コンサルが教えるビジネスライティング【事例あり・ビジネスマン必見】

戦略コンサルタントに英語は必要か?

戦略コンサルタントには、英語は必ずしも必要ではありません。

ただ、外資系コンサルファームへの就職を希望している場合、TOICE800点以上などかなり高い英語力が求められます。社内の公用語は英語だからです。

ネイティブ並みの英語力は不要ですが、社内のメンバーと英語で問題なくコミュニケーションが図れる必要があります。

また、海外にある本社と連携してプロジェクトを推進しなければいけないケースも少なくありません。レポートやメールは英語で問題なく作成できるレベルが求められます。

ただ、英語力は後付けのトレーニングなどで身につけられるため、必ずしも英語力がないからといって採用されないわけではありません

関連記事>>コンサルタントに必要な英語力はどれくらい?
関連記事>>外資IT企業への転職は未経験でも可能?転職の条件やメリット・デメリットを解説

戦略コンサルタントに向いている人/向いていない人

戦略コンサルタントに向いている人/向いていない人

戦略コンサルタントは、高度な専門性が必要なコンサルタントということもあり、向いている人と向いていない人がいます。自分が、どちらのタイプなのか気になられている方も多いかもしれません。

そこで、ここでは下記2点の特徴について詳しく解説します。

自分に当てはまっているか、ぜひチェックしてみてください。

戦略コンサルタントに向いている人の特徴

戦略コンサルタントに向いている人の特徴として、下記5点が挙げられます。

  • プロ意識が高い人
  • 学習意欲がある人
  • 自己管理能力が高い人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 人間的に魅力がある人

戦略コンサルタントは、常にクライアントの期待を超えることが求められる職種です。そのため新しい成果や価値を生み出せるプロ意識の高い人が戦略コンサルタントに向いています。

新しい価値を生み出すためには学習も重要です。業務の合間に学習する意欲だけではなく、時間を管理する自己管理能力の高さも求められます。

また、クライアントとの交渉も重要な業務です。そのため、コミュニケーション能力や人間的に魅力があるなどのポテンシャルが高い人にも向いています。

戦略コンサルタントに向いていない人の特徴

戦略コンサルタントに向いていない人の特徴は、下記の3点です。

  • 自主性がない
  • 学習意欲が低い
  • コミュニケーションが苦手

自主性がなく言われた仕事をこなしたいという人には、戦略コンサルタントは向いていません。

また、人とコミュニケーションを図るのが苦手という人も残念ながら戦略コンサルタントには向いていないとされています。

ただ、転職エージェントを活用することで、苦手分野をブラッシュアップできる可能性もあります。面接対策や職務経歴書などの書類添削も依頼してみてください。

未経験から戦略コンサルタントになる方法

未経験から戦略コンサルタントになる方法

戦略コンサルタントへの転職は、未経験から挑戦することも可能です。

ただ、職歴にかかわらず戦略コンサルタントは人気の職種ということもあり、非常に倍率が高くなります。

また、未経験からの場合、アナリストなどコンサルタントの業務をサポートする仕事からスタートします。そのため、40代~50代の場合、未経験からの転職は簡単ではありません。

そんな戦略コンサルタントとしての転職を成功させるためには、業界出身者の支援があったほうが安心です。ぜひ、戦略コンサルタントの転職に強いエージェントを活用してください。

関連記事>>未経験からコンサル転職はきつい?対策や転職しやすい年代とは

戦略コンサルタントの転職に強いおすすめのエージェント3選

戦略コンサルタントの転職に強いおすすめのエージェント

前述したように戦略コンサルタントの転職を成功させるためには、転職エージェントの活用が欠かせません。

ここでは戦略コンサルタントの転職に強いおすすめのエージェント3社をご紹介します。

各社それぞれの強みや魅力を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Flow Group(コンサルキャリア)

Flow Group(コンサルキャリア)の特徴
  • ハイエンド特化の転職エージェント
  • 内定率にこだわったコンサル支援
  • ビヘイビア面接やケース面接対策に強い

Flow Group(コンサルキャリア)は、コンサル業界を中心としたハイエンド特化型の転職エージェントです。特に花形でもある戦略コンサルの転職にも強い点が魅力です。

内定率にこだわった手厚い支援も同社の魅力です。戦略コンサルタントへの転職は、面接対策や書類添削など経験者のサポートが欠かせません。

手厚いコンサル転職支援があるため、戦略コンサルタント転職の強い味方になってくれるはずです。

コンサルタント転職は、通常の面接に加えて特殊な面接を実施知ることが多いことでも知られています。例えば、ビヘイビア面接やケース面接などは十分な対策が必要です。

そんな特殊な面接対策もコンサルキャリアは得意としています。

コンサル業界への深い知見や対策ノウハウがあるコンサルキャリアなら、競争倍率の高い戦略コンサルタントへの転職も夢ではありません。

Flow Group(コンサルキャリア)
運営会社株式会社 Flow Group
設立2019年8月20日
本社所在地東京都新宿区市谷田町3丁目8番2F
公開求人数非公開(2024年5月19日時点)
公式サイトhttps://consul-career.com/

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングの特徴
  • 創業20年以上の確かな実績あり
  • 幅広いキャリアパスに応じた支援あり
  • 未経験からのコンサル転職もサポート

アクシスコンサルティングの最大の特徴は、確かな実績があるという点です。創業24年の歴史を誇る同社は、約8万5000名の転職をサポートしてきた実績があります。

確かな実績に基づき幅広いキャリアパスに応じた支援がある点も同社の魅力です。コンサルファームからコンサルファームへの転職だけではなく、ポストコンサルの転職も支援します。

キャリアプランに応じた転職支援を受けることができるため、キャリアアップなどを目指す方に特におすすめの転職エージェントです。

また、未経験からコンサル転職へのサポートが充実している点も同社の強みです。これまでのキャリアを最大限生かした転職支援を行ってもらえます。

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
設立2002年4月
本社所在地東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
公開求人数非公開(2024年5月19日時点)
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/

>>アクシスコンサルティングの評判・口コミの詳細はこちら

アサイン

アサイン
引用元:アサイン
アサインの特徴
  • コンサルタントの質が高い
  • 転職支援ではなく「キャリア支援」を実施
  • 非公開求人のみの厳選求人情報

アサの最大の魅力は、コンサルタントの質の高さです。企業ともやり取りをしている両面型エージェントになります。

求職者だけでなく企業ともやり取りをしているコンサルタントだからこそ企業の選考基準や入社後のキャリアパスを詳しく把握。角度の高いアドバイスを受けることができます。

単純な転職を支援するのではなく「キャリア支援」を目指している点も同社の魅力です。キャリアプランに基づき、転職後に目指しているキャリアを実現するためのサポートをしてもらえます。

キャリア実現のためのセミナーや独自研修、交流会などを実施しており、戦略コンサルタントとして成長したいという方には魅力的なエージェントです。

コンサルキャリアは手厚いコンサル転職支援があるため、戦略コンサルタント転職の強い味方になってくれるはずです。

アサインでは、現在公開求人はありませんが、非公開求人だからこそ厳選された求人が多数存在。ベネッセ、デンツー、三井不動産など有名企業の求人の取り扱い実績もあります。

アサイン
運営会社株式会社アサイン
設立2016年12月27日
本社所在地東京都千代田区霞が関3丁目2-5
公開求人数非公開(2024年5月19日時点)
公式サイトhttps://assign-inc.com/agent

>>アサインの評判・口コミの詳細はこちら

戦略コンサルティング会社の種類や一例

戦略コンサルティング会社の種類や一例

戦略コンサルタントについて詳しく解説しましたが、実際にどのような会社があるのか気になられている方も多いのではないでしょうか。ここでは、有名な戦略コンサルティング会社をご紹介します。

コンサルティング会社詳細
ATカーニーアメリカに本社を置く外資系コンサルファーム。金融、通信、消費財など幅広い分野においてコンサル実績あり
ドリームインキュベータ日本初の戦略コンサルティング会社。海外にも拠点があり、日系だがグローバルなコンサルティングを実施
デロイトトーマツコンサルティング総合計コンサルティングファーム。ストラテジー部門があり、戦略コンサルティングも実施している
アーサー・D・リトル1886年に設立された世界最古の経営コンサルティング会社
PwCコンサルティング・ストラテジー2021年からあらたに戦略部門を拡充。同部門だけでも300人体制と大規模コンサルティング会社

戦略コンサルティングに特化したコンサルティング会社の多くは、外資系コンサルティング会社です。ただ、日本発のコンサルティング会社でも戦略部門を拡充している企業が増えています。

3大戦略ファーム「MBB」とは?

コンサル転職でよく耳にするワードに「MBB」というものがあります。MBBは下記3大戦略ファームの総称です。

各社共に戦略コンサルを得意としています。また、非常に優秀なコンサルタントが多く集まるファームであるため、給与水準が高いこともでも有名です。

外資系コンサルティング会社ということもあり、グローバル案件に携われるチャンスが多い点が最大の魅力です。

戦略コンサルタントに関する疑問

戦略コンサルタントに関する疑問

戦略コンサルタントに関してよく寄せられる質問とその答えをまとめました。ここでは、下記2点について詳しく解説します。

戦略コンサルと総合コンサルの違いは?

戦略コンサルと総合コンサルの大きな違いは、下記3点です。

  • 業務内容
  • カウンターパート
  • 選考方法

戦略コンサルタントは、経営上層部と関わる機会が多いのに対し、総合コンサルタントは幅広い社員と関わりながら仕事をすることが多いのが特徴です。

また、戦略コンサルタントは「何が課題なのか分からない」というゼロベースの課題にアプローチします。総合コンサルは「この部分が課題」というように方向性を持っているのが特徴です。

転職などの選考方法も両者では大きく異なります。戦略コンサルの場合、一度選考に落ちると再挑戦できない可能性が高いです。

確実に内定を獲得するためにも、戦略エージェントの転職には転職エージェントの活用がおすすめです。

戦略コンサルタント転職・最近の動向は?【2024年】

戦略コンサルタント転職は、一年を通じて採用が行われているのが特徴です。タイミングによって、コンサルティング会社が求める人材像が変わり、採用可能性が上がるかもしれません。

近年、プレゼン能力よりもクリエイティブであることを目指す会社が増えているのが特徴です。ロジカル思考だけでなくクリエイティブなスキルが重要になってくるかもしれません。

求人情報の動向は非常に変わりやすいため、リアルタイムな動向については、転職エージェントに確認するのがおすすめです。

戦略コンサルタントへの転職はエージェントを活用しよう

戦略コンサルタントへの転職はエージェントを活用しよう

企業の未来戦略コンサルタントは、「企業の未来の姿」を描くコンサルティングということもあり、非常に難易度が高い領域です。

その一方、優秀な人材が集まることもあり平均年収の高さが注目される職種でもあります。入社数年で年収1,000万円を目指すことも可能です。

給与の高さなどから戦略コンサルタントは、非常に人気を集めます。そのため、中途採用の場合は一年を通じて募集していますが、転職は決して簡単ではありません。内定を勝ち取るためには対策が重要です。

そのため、戦略コンサルタントの転職には、経験や知見がある転職エージェントの活用がおすすめになります。

複数社登録することで、求人の取りこぼしを防げるだけではなく様々な角度から最新の転職事情を知ることも可能です。

関連記事>>コンサルタント業界におすすめ転職エージェントを徹底比較

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次