BPR(業務改善)コンサルタントになるには|年収や必要なスキルと成功事例もあわせて解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
BPRコンサルタント 業務改善 なるには 年収 必要なスキル 成功事例 解説

企業が成果を上げるためには会計や生産管理などをはじめとする、さまざまな業務プロセスの連携が必要となります。

効率的に目標達成したいとき、業務プロセスの課題を洗い出し、改善策を導き出すBPR(業務改善)コンサルタントは重要な役割を果たします

このようなBPRコンサルタントに興味がある方へ、この記事ではBPRコンサルタントの仕事内容や求められるスキルや役立つ資格、成功事例についても解説していきます。

また、BPRコンサルタントへの転職の際に役立つ、おすすめの転職エージェントもご紹介します。

記事を読み終わる頃には、BPRコンサルタントが身近に感じられるはずです。ぜひ参考にしてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

BPRとは

BPR とは

BPRは、Business Process Re-engineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の頭文字を取った略語で、業務改善を意味する言葉です。

業務を分析しプロセスの見直しと生産方式の変更などを行うことで、コストパフォーマンスや生産性の向上を目指します。

単なる「業務改善」という言葉の意味の違いについて、一般的な業務改善コンサルティング会社で行う「業務改善」は、組織内の特定の部分を対象にし、既存の仕組みの中で部分的に改良を行うものです。

例えば、営業部門が顧客情報をもっと効率的に共有するために、使っているシステムを新しくすることを考えることがあります。

一方、BPRコンサルティング会社で行うBPR(ビジネスプロセス再設計)は、既存の組織の制約を超えて、業務全体を根本から見直すアプローチです。

例えば、顧客の満足度を向上させるために、全社的な仕組みやワークフローを改革することが考えられます。

>>BPRコンサルが教えるBPRフレームワークと成功事例

BPR(業務改善)コンサルタントとは

BPR 業務改善 コンサルタント とは

BPR(業務改善)コンサルタントは、業務の流れを調査して問題点を洗い出し、改善策を提案した上で企業経営に貢献する仕事です。

企業は人事や会計、生産管理などのさまざまな業務プロセスが連携して成立しているため、企業経営のクオリティを上げる、コストパフォーマンスの良い稼働をしているかが重要になります。

重複やムダがないかなどの問題点を洗い出すことで、課題と解決のための改善策を導きます

BPR(業務改善)コンサルタントの仕事内容

BPR 業務改善 コンサルタント 仕事内容

BPRコンサルタントは前述のとおり、業務の流れを改善して課題解決をおこなうことが主な仕事です。

より具体的に紹介すると以下のポイントに分けられます。

  • 現状分析から既存業務フローの改善案作成・提案
  • 目標達成のための新規業務フローの作成・提案
  • 新規システム導入
  • 業務標準化フローの導入

クライアントの業務改革や経営資源の活用、コスト削減といった目標を達成するため、現状の分析を行い、既存の業務フローの改善案や新規業務フローを作成し提案します。

クライアントは、自社の目標達成が可能となりうる業務フローの提案がなされることを求めています。

この際、自社他社の動向や業界での成功事例などの知識があると、提案により説得力が増します。特に、コスト削減コンサル会社は実績や事例が豊富のため、各企業の事例をチェックしておきましょう。

業務フローの提案後には、それを定着・標準化させるためのシステム導入まで成立させることによってり、より高い価値の仕事となります。

BPR(業務改善)コンサルタントの年収相場

BPR 業務改善 コンサルタント 年収相場

BPRコンサルタントの平均年収は、求人情報のポータルサイト求人ボックスによると895万円とされています。

BPR コンサルタント 平均給与

出典:求人ボックス

一般的には、入社3年までは500万~700万円ほどで、それ以降は5年目を境に1,000万円前後となるようです。

業務改善をおこなうコンサルティングは、プロジェクトにおいて重要であるスタート部分を担う仕事ということもあり、高年収が期待できるといえるでしょう。

所属するコンサル会社や役職にもよりますが、プロジェクトリーダークラスになれば1,500万円以上の年収になる人もいます。

BPR(業務改善)コンサルタントに求められるスキルや資格

BPR 業務改善 コンサルタント 求められるスキル 資格

BPRコンサルタントに求められるスキルや資格について以下にまとめました。

コミュニケーションスキル

BPRコンサルタントは、クライアントから必要な情報を入手したり、状況を的確に分析し改善の方向性を導き出さなければならず、コミュニケーションスキルは欠かせません

経営層とコンタクトを取る機会も多く、深い話を聞き出す力や伝える力を向上させるためにもコミュニケーションは必須のスキルとなります。

業務知識

BPRコンサルタントはアサインされたクライアント企業での様々な部門とコミュニケーションを取りプロジェクトを進めていく必要があるため、専門用語や業界の情報など業務知識が必須となります。

関わる部門は、経理や購買、生産管理、人事、販売から総務までと多岐にわたり、それぞれが専門的な業務経験を持っている為、それぞれの分野の知識を備え認識齟齬が発生しないようにしなければなりません

各部門でのスムーズなコミュニケーションが取れないとプロジェクト全体の失敗へとつながる可能性もあります。

IT知識

昨今のBPRでは、新規の業務フローを検討しながら同時にシステム要件も検討するなど、ITの活用が進んでいます

そのため、システムの刷新案件を担当した経験があるなど、ある程度のIT知識を持ち合わせている方が効率的に成果を上げることが可能となるでしょう。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングもまた、コンサルタント全般に求められるスキルです。

コンサルタントは問題を構造的にとらえることで、状況を正確に分析し、改善につなげていく必要があります

事実を正確に把握して、全体的な業務プロセスの改善へと導くために必須のスキルといえます。

公認会計士やIT関連の資格

BPRコンサルタントでは、以下のような資格を取得し、専門性のある領域の知識があると実務では重宝します。

特に会計関係の資格は、顧客企業の経理部門とコミュニケーションが取りやすくなるため役立つでしょう。

また、中小企業診断士は購買、販売、生産管理などの知識もカバーできるため、経理部門以外の方と効果的なコミュニケーションをはかることができるはずです。

さらに、IT関連の資格を取っておくと、スムーズにシステム導入の工程を進めることも期待できます

BPRコンサルタントの将来性と需要

BPR(業務改善)コンサルタントの将来性と需要は、ますます高まっています。

現代の競争激化やテクノロジーの進化により、組織は効率性と柔軟性を求めるようになりました。

BPRコンサルタントは、組織の業務プロセスを最適化するスキルと専門知識を提供し、競争優位を築くための支援を行います。

デジタル化や自動化の浸透に伴い、業務プロセスの再設計や最適化が重要性を増しており、そのニーズは今後も高まると予測されます。

さらに、新たな産業や市場の成長に伴い、業界固有のプロセス改善ニーズも増加しています。

このような状況下で、BPRコンサルタントのスキルと専門知識は求められ続けるでしょう。

BPRコンサルタントのプロジェクト進行

BPR(業務改善)コンサルタントのプロジェクト進行は、まず最初にプロジェクトのスコープを確定し、目標を明確に定義します。

次に、以下のステップに従って進めます。

STEP
現状評価と分析

現行の業務プロセスを詳細に調査し、ボトルネックや問題点を特定します。データの収集と分析を通じて、現状の課題や改善ポイントを把握します。

STEP
改善策の提案

分析結果に基づき、効果的な改善策を提案します。新たなプロセスやテクノロジーの導入、組織の再構築など、具体的なアクションプランを策定します。

STEP
設計と計画

提案された改善策をもとに、新しいプロセスやシステムの設計を行います。プロジェクトのスケジュールや予算を立案し、必要なリソースを確保します。

STEP
実行と導入

新しいプロセスやシステムの導入を実施します。変更管理とステークホルダーの関与を重視し、スムーズな移行を確保します。

STEP
評価と最適化

改善策の効果を定量的・定性的に評価し、プロセスの最適化を図ります。フィードバックを収集し、継続的な改善を実施します。

STEP
成果の報告

プロジェクトの結果や効果を関係者に報告し、成功事例や学びを共有します。成果を定量的に示し、組織全体に影響を与えることを確認します。

BPRコンサルタントは以上のようなステップを通じて、効率的な業務プロセスの改善と組織の競争力向上を実現する役割を果たします。

BPRコンサルタントのプロジェクト進行において重要なことは、特に株主・経営者・従業員・顧客・取引先のほか、金融機関、行政機関、各種団体など、企業のあらゆる利害関係者との継続的なコミュニケーションです。

関係者との密接な連携を保ちつつ、目標や変更点を透明に説明し、関与を促進することで、プロジェクトの進捗や方向性を確保し、成功へ導くことができます。

BPRコンサルティングの成功事例

BPRコンサルティング 成功事例

以下では、特に日本国内の企業においてBPRコンサルティングが成功した事例をご紹介します。

企業構造や現状把握をポイントとするケースを中心に紹介していきます。

シックスシグマの活用

シックスシグマは、1980年代にモトローラ社が開発した品質管理・経営手法です。

客観的なデータを用いて根本原因を見つけ、施策効果も客観的な指標をとり入れるなど、統計分析や品質管理を体系的な手法を用いることで、各種プロセスにおいて原因特定を行い、それぞれ対策を行うことで、製品やサービスの不良率を下げ顧客満足度の向上をしていきます

ある製造業において、社員へのシックスシグマの教育と研修により、フレームワークを活用してムダを省き、表彰制度などによるモチベーションアップの施策などもふくめて実施した結果、年間数千億円にものぼるコスト削減に成功した事例があります。

シェアードサービスの活用

シェアードサービスとは、複数のグループ企業や事業部などから成り立っている企業が、人事や経理など、それぞれの間接部門でおこなわれている業務の一部分をひとつの箇所に集中させることをいいます。

ある企業では、グループ全体の効率的な間接業務の実施や組織力の強化を目指してシェアードサービス専門の子会社を設立し、バックオフィス業務による横つながりの業務標準化を実現したことにより、グループ間の間接コストの大幅な削減に成功した事例があります。

SCMの導入

SCMはサプライチェーンマネジメントことで、商品や製品を制作する最初の段階からユーザーに届くまでの流れを管理すること、およびそのシステムを指します。

SCMを導入するとユーザーへの商品提供の短縮がはかれ、在庫管理の最適化につながるなど、さまざまな効果が期待できます

具体的な成功事例としては、主要部門の国際拠点の再編成と教育、研修の充実、統一的品番体系の整備をおこなうことで、製造固定費数十億円のカットに成功しました。

>>SCMコンサルタントになるには|年収や将来性と求められるスキルや経験を解説

より具体的な成功事例としては以下の資料に詳細にまとめられていますので、興味のある方は参照してみてください。

参照:民間企業等における効率化方策等(業務改革(BPR))の 国の行政組織への導入に関する調査研究 

代表的な大手BPR(業務改善)コンサルタント会社

BPRコンサルタントについてわかってきたところで、どのような会社があるか知っておきたいところです。

ここでは、代表的なBPRコンサルタント会社を3社ご紹介します。特徴や強みをまとめました。

関連記事>>BPRコンサルティング会社おすすめ紹介・費用相場や選び方のポイントを解説

アクセンチュア

accenture アクセンチュア

世界最大級の従業員数を誇るグローバルコンサルティング会社であるアクセンチュアは、そのグローバルなネットワークと総合力により、次世代のテクノロジーやノウハウ、最新のコンサルティングテーマを提供し、戦略からオペレーションまでをカバーしています。

「Global100企業」のうちアクセンチュアのクライアントが91社、18年連続で「世界で最も賞賛される企業」に選ばれるなど、高い評価と実績を保持しています。

やる気のある人に対して惜しみなくレバレッジをかけられる社風もあるので、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

株式会社ケインズアイホールディングス

株式会社ケインズアイホールディングス

株式会社ケインズアイホールディングスは、書類の電子化などのITを活用した業務改善を得意としている総合的な知見をもつ企業です。

年間10,000件以上の幅広い分野の相談は会計、労務サポートから相続や資産税の対策など多岐にわたる分野をカバーしています。

さまざまな士業の総合力とITの活用で課題解決をおこなっているので、自分のキャリアに合う人は要チェックです。

エイアイエムコンサルティング株式会社

エイアイエムコンサルティング株式会社

「経営」「業務」「システム」の3つの領域に強みがあるエイアイエムコンサルティング株式会社は、専門コンサルタントが多数在籍しており、最適な企業経営をサポートします。

積極的に顧客に寄り添い、より深く課題解決に取り組む姿勢があるため、顧客が改善策の比較や検討に、より時間を割くことができます。

上場企業を中心に300社以上の取引実績があるため、興味のある人は一度ホームページを一読してみるとよいでしょう。

BPRコンサルタントになるための近道:転職に強いエージェント

そこで、BPRコンサルタントの転職に強いエージェントを3社紹介します。

それぞれ特徴や強みをあげていますので、ぜひ参考にしてください。

MyVison

MyVision
運営会社株式会社MyVison
公式サイトhttps://my-vision.co.jp/
公開求人数非公開(2024年6月22日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

MyVisionは、コンサル転職エージェントとトップ戦略ファームの出身者が提供するコンサルに特化した転職支援サービスです。

累計内定者数800名以上の実績があり、他業種や未経験からのコンサル転職にも強みをもっています。

紹介企業はBig4をはじめ外資系戦略ファームや領域特化型ファームなど、国内ほぼ全てのコンサルファームの紹介が可能としています。

個々の経歴やキャリア志向に応じて最適な転職戦略を提示してくれ、選考対策についてもレジュメ添削や過去の面接内容を分析した「独自の面接対策資料」、本番想定の模擬面接によるフェルミ推定・面接対策など徹底したサポートが受けられます。

これらの実績からJapan Business Research転職エージェント部門では6項目も高評価を得ています。

MyVisionの評判・口コミ

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数16,996件(2024年6月22日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

経験豊富なアドバイザーとハイクラスな求人を希望したい人におすすめなのが、JACリクルートメントです。

30年以上の実績を有し、高い専門性を持つアドバイザーが対応してくれるため、戦略的に転職したい人にはおすすめです。

>>JACリクルートメントの評判・口コミ

コトラ

コトラ
運営会社株式会社コトラ
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開案件数24,975件(2024年6月22日現在)
職種金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

キャリアアップやハイクラス転職を目指したい人におすすめなのがコトラです。

コンサル転職に強みを持ち、面接指導や迅速な対応に定評があります。

全体の8割にものぼる独自の非公開求人と、多岐にわたる手厚いサポートを受けて転職に臨みたい人はチェックしておきたいエージェントです。

>>コトラの評判・口コミ

BPRコンサルタントのメリット・デメリット

BPR(業務改善)コンサルタントのメリットデメリットは以下のようなことが挙げられます。

BPRコンサルタントのメリット

多様な業界やプロジェクトでの経験

BPRコンサルタント(業務改善)は様々な業界やプロジェクトに関与する機会があります。

例えば、製造業から金融、医療、小売など多岐にわたる業界です。

顧客のニーズやプロセスの特性に合わせて柔軟なアプローチを展開し、異なるプロジェクトに関与しながら、業界ごとの最適な解決策を提供します。

異なる業種や組織の業務プロセスに対する知識を獲得し、幅広い経験を積むことができ、柔軟性のあるキャリアを築くことができるでしょう。

組織の効率向上に貢献

BPRコンサルタント(業務改善)は、組織の業務プロセスや運用方法を見直し、改善する役割を果たします。

既存の業務プロセスを見直し、効率的な改善策を提供することで、組織の業務効率向上に寄与します。

またプロセスの最適化や効果的なワークフローの設計により、タスクの効率化、生産性向上、コスト削減などが実現され、組織全体のパフォーマンスと競争力が向上します。

経営層との直接的な関与

BPRコンサルタント(業務改善)は経営層と直接的な関与を持ち、戦略的な意思決定に影響を与えます。

業務改善プロジェクトの提案や実施において、経営陣とのコミュニケーションを通じてビジネス目標やニーズを理解し、プロセス変革の戦略的方向性を調整します。

経営層と直接的な関与を持つことで、組織のビジョンに合致する変革が促進され、経営層の期待に応えつつ、持続的な成果を達成する道筋が描かれます。

BPRコンサルタントのデメリット

複雑なプロジェクト管理と厳しいスケジュール

BPRコンサルタント(業務改善)は複雑なプロジェクト管理に直面し、複数の部門やステークホルダー(利害関係者)の協調が求められます。

異なる業務プロセスや要件を調整し、プロジェクトの進行を調整するため、適切なコミュニケーションと調整力が欠かせません。

また、BPRコンサルタント(業務改善)はプロジェクトの厳しいスケジュールに直面します。

大規模な業務改善プロジェクトは多くのタスクと部門を調整する必要があり、期限を守りながら進行する難しさがあります。

シシテム変化への抵抗

BPRコンサルタント(業務改善)は新しいシステムへの抵抗と向き合わなければなりません。

既存のプロセス変更やシステム導入は、組織内で不確実性や学習コストを引き起こすことがあり、従来の方法に対する忠実性や新たなツールの難しさによる抵抗が、新しいプロセスの受け入れを妨げることがあります。

そのためコンサルタントはステークホルダー(利害関係者)の懸念を理解し、システムの利点を説明することで、受け入れとスムーズな適用を促進する役割を果たします。

組織文化の課題

BPRコンサルタント(業務改善)は組織文化の課題に直面します。

既存の業務プロセス変更や新システム導入は、組織内の慣習や価値観との衝突を引き起こすことがあり、文化の変革への時間を要し、古い方法への執着心や新しいアプローチへの不安が改革を阻むことがあります。

コンサルタントは組織の特性を理解し、文化の違いを認識しつつ、適切な変革戦略やコミュニケーションアプローチを展開して、文化の課題に柔軟に対処します。

BPRコンサルタントについての疑問・Q&A

BPRコンサルタント 疑問 Q&A

ここではBPRコンサルタントについての疑問にお答えします。

BPRコンサルティングに用いるフレームワークとはどんなもの?

代表的なものとしては以下があります。

  • MECE
  • 4P分析
  • 4C分析

MECEはある事案を「漏れなく、ダブりなく」切り分けることを指し「どのように切り口を設定するか」を大切にします。

問題点や課題に気づくために、MECEで分類して全体を網羅すれば、重複事項がなくなり、全体としての漏れがない状態につなげられます。

4P分析は4つの要素に分類した上で用いられるフレームワークで、Product(製品)Price(価格)Place(場所)Pomotion(プロモーション・宣伝)と連携して考えていくことで、漏れやダブりのない分析が可能となります。

4C分析は顧客側からの目線で4つの要素を分析するフレームワークで、顧客が商品を選び、買うまでの工程でCustomer Value(顧客価値)Cost(コスト)Convenience(利便性)Communication(コミュニケーション)の4つの要素を組み合わせて、ターゲットへの効果的なアプローチを分析します。

BPRコンサルティングを依頼すると費用はどれくらいかかる?

サポート内容や1か月あたりの稼働時間と人数によっても変わりますが、単価はおおよそ100万円~200万円ほどと言われています。

BPRコンサルタントまとめ

BPRコンサルタント まとめ

今回は、BPRコンサルの仕事内容や年収、必要なスキルに成功事例などを解説しました。

BPRコンサルタントとして働く場合には、さまざまな知識をたくさん吸収する必要があります

そのため、まずは転職エージェントを利用して、実際にコンサル会社に勤務して実績を上げていく、といった流れが一般的かつ近道となるでしょう。

BPRコンサルタントに興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしていただき行動してみてはいかがでしょうか。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次