SCMコンサルタントになるには|年収や将来性と求められるスキルや経験を解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
SCMコンサルタント なるには 年収 将来性 求められるスキル 経験 解説
  • SCMコンサルタントの年収はどのくらいなのか。
  • どういった仕事をするのか。将来性はあるのか。

SCMコンサルタントに興味がある方は、このような疑問をお持ちになったこともあるのではないでしょうか。

本記事では、SCMコンサルタントとして働きたいと考えている方に仕事内容や年収、スキルや求人傾向について解説をしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

目次

SCMとは

SCM とは

SCMとはSupply Chain Managementの略で、Supply Chainとは原材料の調達から製造や出荷など消費者の手元に製品が渡るまでの一連の流れのことをいいます。

具体的な流れとしては「原材料・部品調達 → 生産 → 物流・流通 → 販売」となります。

これらの流れを管理するSCMを行い利益率を向上させると、大きな収益につなげられることから「第2の収入源」と言われることもあります。

SCMコンサルタントとは

SCMコンサルタント とは

SCMコンサルタントとは、クライアント企業のコスト削減や売上の増加をSCM戦略の視点から行う仕事です。

SCM管理システムを上手く活用し、企業の経営を支えるのがSCMコンサルタントの役割です。

最適なSCM管理システムをクライアント企業に提案し、システム導入後の効果予想や調査、分析をし、導入から運用までを担当します。

場合によっては、SCM管理を行う上で必要な人材の調達やシステムの選定、プロジェクトチームの管理やサポート、コストの管理を行うこともあります。

SCMコンサルタントの仕事内容

SCMコンサルタント 仕事内容

SCMコンサルタントの仕事内容は、大きく分けて4つあります。

本章では、具体的にどのような仕事をしているのかそれぞれについて解説していきます。

調査・分析

SCMコンサルタントの仕事内容としてまず挙げられるのが、調査と分析を行うことです。

ここで、クライアントの現状を把握し、課題を見つけます

クライアントの経営層や社内の各部門や仕入れ先など、社内外問わず関係者に詳しくヒアリングを行い、各業務に対してどのような課題があるかを把握し、どのように改善していくか方法を検討していきます。

戦略立案・計画

課題を調査分析後、具体的に戦略立案を立てていきます

提案を考え、効果的に問題が改善出来る方法を検討し判断します。

サプライチェーン・マネジメントのプロジェクトには多くのシステムが導入されるため、現状分析を参考に業界のトレンドやSCMに関する情報を駆使して計画を立案していきます。

SCMシステムの企画・導入

クライアントに最適なシステムの検討が出来次第、ニーズに合わせてSCMシステムの導入を行ないます。

場合によっては、複数のシステムを導入するケースや、導入しているシステムに対して新たにSCMシステムを導入するケースもあります。

このように、クライアントのニーズに合わせたカスタマイズが必要になってきます。

実績管理

システム導入後は、クライアントのユーザーに向けて使用に関する教育や保守、運用まで関わることもあります。

SCMコンサルタントの役割として、クライアント企業のコスト削減や経営課題改善といったものがあるため、システムを導入したことで効果があったのか検証していくのも仕事の一つです。

SCMコンサルタントの年収相場

SCMコンサルタント 年収相場

SCMコンサルタントとして働いた場合、どのくらいの収入を得ることができるのでしょうか。

求人情報のポータルサイト 求人ボックスによると、SCMコンサルタント求人に提示されている給与の平均は884万円とされています。

SCMコンサルタント 年収

出典:求人ボックス

また、SCMコンサルタントの年収相場は500万円台〜1000万円以上と非常に幅広くなっています。

これらは、所属企業やスキルや経験の有無によっても大きく左右されるためです。

SCMコンサルタントは経営の根幹を支える仕事であり企業の経営層がクライアントとなる為、豊富な経験や知見を持つコンサルタントがより重宝されるといった傾向があり高年収につながりやすいようです。

SCMコンサルタント転職に求められるスキルや経験

SCMコンサルタント転職 求められる スキルや経験

本章では、SCMコンサルタントになるために必要なスキルや経験について説明していきます。

まず、必要なスキルについては大きく分けて3つになります。

SCMに関する業務知識

SCMコンサルタントとして働く上で、材料の調達から出荷までの各業務に関する知識は必要になります。

知識を用いながらより効率的に成果を出すために、どのような改善策があるか調査、分析しながら検討していきます。

クライアントに最適な改善策を提案するためにも、サプライチェーンに関する知識は欠かせないものと言えるでしょう。

システム導入に関する知識

SCMコンサルタントはクライアントにあったシステムを提案するのも仕事のひとつです。

そのため、システムの機能や特徴を知っておく必要があり、システム開発のマネジメントに関与する場合もあるため、システム導入に関する知識も必要になってきます。

システムに関する技術はアップデートが頻繁に行われるため、最新の情報を学んでおく必要があるでしょう。

論理的思考力

SCMコンサルタントはシステム導入を行いクライアントの経営課題を改善し、売上を増やすという役割があります。

システムに関する知識や業界に関する知識は必要なのはもちろんのこと、クライアントの経営課題の本質を見極める力がとても重要です。

問題を見つけ出し、調査分析を行ない、解決策を考える論理的な思考が必要になってきます。

こういったスキルの他に、経験も求められることが多く、システム導入経験や様々な業界の経営課題に対する改善経験が必要になってきます。

SCMコンサルタントへの転職成功例

SCMコンサルタントへの転職成功例

SCMコンサルタントに転職した事例を3つ紹介します。

  • 消費財メーカーの物流・購買部から総合系ファーム SCMコンサルに転職(30代)
  • 大手金型商社の営業企画から総合系ファーム SCMコンサルに転職(20代)
  • 大手素材メーカーSCM部門から外資系総合ファームSCMコンサルタント(40代)

このように他業界の物流部や営業部からSCMコンサルタントに転職した事例が多いようです。

コンサル未経験でも転職が可能と言えます。

出典:ITコンサルタント転職のムービン【転職事例】エグゼクティブリンク【転職事例】

SCMコンサルタントのキャリアパス

SCMコンサルタントのキャリアパス

SCMコンサルタントで身に着けたスキルを活かして、以下のようなキャリアを築けます。

  • 他業界のコンサルタント
    様々な領域のコンサルタントとしてキャリアを築けるでしょう。戦略や総合、IT、ビジネス、WEBなど、多岐にわたる分野で経験を積むことができます。

  • SCM関係の他職種
    SCM業務はSCM管理システム、プロジェクトの現場と製造・物流の実際の現場、経営陣、外部のパートナー企業と密接にコミュニケーションを取ることが必要です。PMOや経営コンサルティングのスキルは、他の視点からも活用できます。

  • フリーランスコンサルタント
    コンサルタントとして身に着けたコミュニケーション能力や質問スキル、論理的思考力、洞察力を活かせます。

未経験から SCMコンサルタントになることは可能か

未経験から SCMコンサルタントになることは可能か

未経験からSCMコンサルタントになることは可能です。

中でもSCM領域の業務経験がある人は優遇されやすいです。SCMコンサルタントになるためには、まず購買、販売、物流、製造に関する知識が欠かせないからです。

また、SE・プログラマの経験を持つ人も優遇されやすいでしょう。SCMコンサルタントの案件はERPパッケージを含むSCM管理システムの導入案件が多いからです。

完全未経験で知識がない場合は、スキルと知識を身につける必要があります。

例えば、オンラインで手軽に印刷物を注文できるラクスル」は未経験者も採用対象です。事務や営業など、メーカーや商社、IT企業での経験があれば、未経験者でも応募できます。

出典:AMBI

SCMコンサルの成功事例

SCMコンサルの成功事例

実際にSCMを行った成功内容を3つご紹介します。

トヨタ自動車での事例

トヨタ自動車では部品の供給から製造においてジャストインタイムと呼ばれる方式を取っています。

これは生産工場の工程において、必要なものを、必要なときに、必要な分だけ供給する、といった方法です。

これにより、部品在庫を極限まで減らして生産する事が可能となるものの、スピーディかつ安定した供給体制が欠かせず、生産現場のムダ・ムラ・ムリを徹底して排除したシステム構築がなされています。

この方式は国内外の多くの製造業や一部の流通業でも参考にされ採用されています。

花王での事例

花王ではSCMに積極的な投資を行い、全国8か所の工場に対し物流拠点を33箇所設置、大量輸送を可能にするトレーラーを所有する事で、全国8万店の届け先に250ブランド1000アイテムを超える商品を1日以内に納入できるシステムを実現させました。

花王SCM事例

引用:物流連続講演会「花王におけるSCMへの取り組み」

また、ロジスティクス部門では日次での販売予測の開発にも取り組み、季節変動や価格弾力性も含めた需要予測から生産を行っており、上記の納品を可能とする供給を可能としています。

株式会社日本アクセスでの事例

株式会社日本アクセス_SCM事例

引用:日本アクセス 3PLセンター

総合食品商社の株式会社日本アクセスでは、全国に540箇所ある物流拠点と密な連携をとる3PL物流を用いて原料調達や輸送、保管、管理、配送、生産、販売からリサイクルまでの一気貫通を実現させました。

さらにはSCMをメーカー、卸売企業、小売企業にも適用させ、需要予測精度を高めることで在庫を最適化させることに成功しました。

SCMコンサルタントの求人事例

SCMコンサルタント 求人事例

SCMコンサルタントの求人事例を3つご紹介します。

戦略オペレーション改革・SCMコンサルタント

年収

550万円~2,000万円

仕事内容

オペレーション戦略の立案からコスト構造改革の実行まで一気通貫したサービスを提供する。

財務指標の即時的改革・改善を旨とした調達コスト削減サービスを提供することもあれば、大規模な組織改革を1年以上かけて実行する場合もあり、様々なクライアントに対して多様なサービスを提供している。

  • SCM戦略
  • 構想策定
  • 調達改革
  • コスト最適化による体質強化
  • スマートファクトリーによる生産高度化
  • デジタルSCMプラットフォーム構築。
  • Connected Supply Chain(コネクテッドサプライチェーン)ソリューション
  • 物流改革による顧客への対応力強化
  • 間接部門の人員・機能のコスト最適化
  • アフターサービス領域の高度化

必要経験

Senior Manager

  • コンサルティングファームにおけるSCM領域経験者(目安として8~10年のコンサル経験)
  • コンサルティングプロジェクトにおけるジョブマネージャー/案件獲得経験

Manager

  • コンサルティングファームもしくはSIerにおけるSCM領域経験者(目安として5年以上のコンサル経験)
  • プロジェクトマネージャー、もしくはプロジェクトリーダー経験者
  • 販売/生産/需給/物流いずれかの業務またはシステム改革プロジェクト経験
  • ERP導入プロジェクト経験を活かしながら、コンサルタントとしての支援の幅を広げたい方

Senior Associate

  • コンサルティングファームもしくはSIerにおけるSCM領域経験者
  • 販売/生産/需給/物流いずれかの業務またはシステム改革プロジェクト経験
  • ERP導入プロジェクト経験を活かしながら、コンサルタントとしての支援の幅を広げたい方

事業会社において、以下ご経験のある方

  • 経営企画/事業企画の業務経験
  • SAP/ERPの導入またはユーザーとしての利用経験
  • SCMの業務経験またはプロジェクトリード
  • SCM関連業務におけるグローバル経験(海外駐在、グローバルプロジェクトなど)
  • SCM関連のシステム導入/DX改革構想への関与
  • データアナリティクス/AI/IoT関連の業務<

日系コンサルファームでのSCMコンサルタント

年収

1,100万円~1,400万円

仕事内容

主に製造業のSCMプロジェクトを中心に、ご自身の経験を活かしつつ、今後のキャリアパスを見据えて、アサイン先を決定した上で、現場をリードする立場として、プロジェクトに参画頂きます。

ポジション

経験者

必要スキル・必須要件

  • コンサルファーム出身(シニアコンサルタント以上のポジションを経験)
  • SCMおよびS&OPに関する全般的な業務知識およびシステム知識や構築経験
  • グローバルSCMプロジェクト経験(要件定義・導入フェーズ。PMOは除く)
  • SCM関連業務におけるグローバル経験(海外駐在、グローバルプロジェクトなど)
  • 調達、生産、需給、販売領域のいずれかの専門業務またはシステム知識
  • 英語力(案件で英語を使用した経験。目安として、TOEIC:650点以上)<
  • SCM領域に関連したプロジェクトでの領域リーダーの実績

活かせるスキル

  • 事業計画の策定、事業改革、業務改革、組織改革の経験
  • 製造業向けコンサルティング経験や製造業などの事業会社におけるSCMプロジェクト経験
  • SCM関連のソフトウェアの導入経験
  • クライアントとのコミュニケーション/ドキュメンテーションの経験
  • 調達、生産、需給、販売領域のいずれかの専門業務またはシステム知識
  • 英語力(案件で英語を使用した経験。目安として、TOEIC:650点以上)
  • SCM領域に関連したプロジェクトでの領域リーダーの実績

外資系コンサルティングファームでのSCMコンサルタント 未経験者歓迎

年収

500万円~800万円

職務内容

業務改革・SCM改革を提供するOperationsの業務。

ソリューション軸に属するOperationsは、業界の垣根を越えた幅広いサービスを提供する。

特定の業界に属することなく、広く深くコンサルティング業務をご経験頂くことができる。

応募条件

各Titleにより以下の経験が求められます

Associate/Sr. Associate

事業会社にて以下いずれかのご経験(2年以上)がある方を歓迎します

  • 経営企画
  • 設計開発
  • 生産管理
  • 生産技術
  • 品質管理
  • 調達、購買
  • 物流のご経験

Manager/Sr. Manager/Director

  • プロジェクトマネジャーとしてプロジェクト提案・プロジェクトデリバリを実施ししてきた経験
  • アカウントマネジャーとして、クライアントのマネジメントレベルとの強いリレーションシップを構築してきた経験

どのTitleでも、以下の知見のある方は優遇します

  • SCM改革(戦略立案・BPR)
  • SCM/ロジスティクスプロセス改革
  • SCMシステム導入支援 グローバル化支援

出典:求人ボックス

SCMコンサルタントの将来性

SCMコンサルタント 将来性

SCMコンサルタントは今後も需要が高まっていくと考えられるため、将来性があるといえます。

その最も大きな理由として挙げられるのが人手不足です。

現在、日本をはじめ多くの先進国が人口減少に懸念を示しています。

そのため、生産から出荷までのプロセスで人件費をどれだけ抑えられるかという点は非常に重要になっています。

ビジネスのグローバル化が進む中、企業間の競争率は高まっており、品質や提供までのスピードを保ちつつコストを抑えていくことが必要になってきています。

こういった背景があり、システム導入などにより企業の経営課題を解決に導くSCMコンサルタントの需要は今後も高まっていくと考えられます。

代表的なSCMコンサルタント会社

代表的 SCMコンサルタント会社

本章では、SCMコンサルタントの代表的な会社をご紹介します。

総合系ファーム(SCMコンサル部門)

コスト削減系ファーム

>>コスト削減コンサルとは|コンサルティング会社各社を一覧で紹介

SCMコンサルタントになるための近道

SCMコンサルタントになるための近道

SCMコンサルタントになるためには、転職エージェントを活用することが一番の近道です。

本章では、数ある転職エージェントサイトの中でも特におすすめのサイトをご紹介します。

MyVision

MyVision

運営会社 株式会社MyVison
公式サイト https://my-vision.co.jp/
公開求人数 非公開(2024年6月22日現在)
主な求人職種 各種コンサルティングファーム

MyVisionは、コンサル転職エージェントとトップ戦略ファームの出身者が提供するコンサルに特化した転職支援サービスです。

累計内定者数800名以上の実績があり、他業種や未経験からのコンサル転職にも強みをもっています。

紹介企業はBig4をはじめ外資系戦略ファームから領域特化型ファームまで、国内ほぼ全てのコンサルファームの紹介が可能としています。

個々の経歴やキャリア志向に応じて最適な転職戦略を提示してくれ、選考対策についてもレジュメ添削や過去の面接内容を分析した「独自の面接対策資料」、本番想定の模擬面接によるフェルミ推定・面接対策など徹底したサポートが受けられます。

これらの実績からJapan Business Research転職エージェント部門では6項目も高評価を得ています。

>>MyVisionの評判・口コミ


JACリクルートメント

JACリクルートメント

運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 16,996件(2024年6月22日現在)
主な求人職種 管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

各業界に精通した多くのアドバイザーと多数のコンサル求人、ハイクラス転職を希望するならJACリクルートメントです。

800名にものぼる専門性の高いアドバイザーと30年以上の実績、豊富な求人数を誇り、企業の職場環境や事業戦略までを落とし込んだ対策が可能です。

30代~50代向けの案件も多く、年収800万円以上のコンサル案件も多数あり、現役コンサルタントにもメリットがあるエージェントといえるでしょう。

>>JACリクルートメントの口コミ・評判

コトラ

コトラ公式サイト

運営会社 株式会社コトラ
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開求人数 24,975件(2024年6月22日現在)
主な求人職種 金融・コンサルティング・監査法人・IT関係・製造業

コンサルティング業界の転職に強いエージェント コトラは、スピーディーなアドバイザー対応により高い満足度を誇ります。

キャリアアップ転職にも定評があり、ハイクラス転職を目指せる上、面接の基本マニュアルも充実しています。

また、保有する求人の8割ほどが独自の非公開求人となっており、企業と転職者側がマッチしやすいサポートが可能です。

業種や職種、企業を熟知している専門性の高いコンサルタントが求職者をサポートしているのも大きな特徴といえるでしょう。

>>コトラの評判・口コミ

SCMコンサルタントに関する疑問Q&A

SCMコンサルタント 関する疑問 Q&A

本章では、実際にSCMコンサルタントとして働くことを検討している方が疑問に思うことをご紹介していきます。

SCMコンサルタントに転職するのに資格は必要?

SCMコンサルタントに転職するのに必ずしも資格が必要というわけではありません

しかし、資格を保持していることで、信頼性が高まり自分自身の強みとしてアピールすることができるため資格を持っていた方が転職に有利と言えるでしょう。

おすすめの資格としてはAPICS認定資格があります。

APICS認定資格は2種類あるため、どちらも取得しているとSCMの知識が身についていると判断され、重宝されるようになります。

また、SCM検定という日本サプライチェインマネジメント協会が運営している資格もおすすめです。

SCMコンサルタントは激務な職業?

SCMコンサルタントは、企業内の各部署や外部と業務を行うことが多いため、他のコンサルタントに比べて激務になる場合もあるでしょう。

しかし、スケジュールを上手く調整することができれば激務になることは少ないともいえます。

激務を避けるためにも、企業と契約する際の交渉が重要になります。

SCMコンサルタントまとめ

SCMコンサルタント まとめ

今回は、SCMコンサルタントになるために仕事内容や年収、将来性やおすすめのエージェントについて解説しました。

SCMコンサルタントは、スキルや経験が求められることが多いですが、その分それに見合った給料をもらえる可能性が高い職業です。

将来性も高いため、今後も需要が増えていくでしょう。

SCMコンサルタントとして活躍していきたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にして、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

\コンサル向けおすすめ転職エージェント/

サービス名 特徴

マイビジョンlogo
MyVison

200社以上のコンサルファームとの強固なコネクションで国内に展開するファームほぼすべてに紹介可能

「面接対策資料」と「想定頻出問答集」に加え、元コンサルタントを仮想面接官とした模擬面接により、実践力を鍛えられる

ハイパフォキャリアロゴハイパフォキャリア

コンサルティング会社が運用するコンサル特化型転職エージェント

コンサル特化20年目。支援実績38,000名以上。業界に深い知見があるため、企業のネガティブ情報も含め最新情報を提供してくれます。

Flow Group

未経験からの大手コンサル転職に特化したエージェント。

アドバイザーは全員が大手・外資コンサル出身で手厚いマンツーマンサポートが強み。

面接の事前対策なども充実しており、未経験でも大手への転職成功を目指せる。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次