業務改善コンサルティング会社のおすすめ6社一覧【効果や選び方も解説】

本ページにはプロモーションが含まれています。
業務改善コンサルティング会社のおすすめ一覧【効果や選び方も解説】

企業の生産性や効率性を向上させるには、業務改善に取り組む必要があります。
現在では幅広い業界・業種で働き方改革が推進されており、業務内容の見直しを行っている企業も少なくはありません。

業務を続けながら自社の課題や戦略方法を見つけることは困難なので、業務改善コンサルティング会社への依頼を検討している担当者も多いでしょう。
しかし、国内には多くの業務改善コンサルティング会社があることから「どんな企業に依頼すればいいのかわからない」という悩みもあると思います。

当記事では、業務改善コンサルティング会社の詳細からおすすめ6社、失敗しない選び方、相場まで詳しく解説します。
依頼するメリット・デメリットについても紹介するので、ぜひ参考にご覧ください。

目次

業務改善コンサルティング会社とは?主な改善内容

業務改善コンサルティング会社とは?主な改善内容

業務改善コンサルティング会社とは、クライアント企業の業務課題を調査・分析しながら改善策を提案する会社です。
業務改善に特化した企業だけでなく、サービスの一部として提供している企業も存在します。

まずは業務改善コンサルティング会社に依頼することで、どのようなサービスを受けられるのかを理解しておきましょう。
具体的な業務改善内容を理解しておけば、契約後のイメージをしやすくなります。

業務改善コンサルティング会社が提供する改善内容は、以下のようなサービスです。

全てのプロセスにおいて、専門家である業務改善コンサルタントがサポートを行います。

業務プロセスや課題の可視化

企業によって抱える業務プロセスや課題は異なるため、業務改善コンサルティング会社は調査・分析しながら問題点を可視化していきます。
問題点を可視化することで、クライアント企業に理解を深めてもらいながら業務改善策を提案する流れです。

自社では認識しづらい課題を明確にしてもらえるので、具体的な説明によって納得できるようになります。
業務改善策の提案だけでなく、実行後のフィードバックを行うことで新しい施策を支援していきます。

業務改善に関する総合的なサポートを行うことが、業務改善コンサルティング会社の主な業務です。

業務プロセスの最適化

業務プロセスや課題を可視化することで、最適化すべきポイントを特定して改善策を考えていきます。
例えば商品の販売を行っている会社の場合、原材料の入手や製造、出荷、販売などの業務プロセスが存在します。

それぞれの業務プロセスから問題点を特定し、改善策を提案することで業務改善ができるようになる流れです。
必要に応じてITツール・ソフトウェアの導入支援をして、業務プロセスを改善できるようにサポートします。

業務改善コンサルティング会社は、クライアント企業が抱える課題に合わせて業務プロセスの最適化を行っていきます。

DXによる業務効率化

業務プロセスを最適化するときは、状況に合わせてITツールやソフトウェアの導入支援を行います。
企業のDX化をサポートすることで全体的な業務効率化を図ることができるため、業務改善へとつながります。

業務改善コンサルティング会社のなかにはDX化推進サポートを提供する企業もあり、ツールの選定や導入支援が可能です。
デジタルソリューションが定番化している現代において、DX化を進めることは業務改善に重要な要素となります。

業務改善コンサルティング会社は、クライアント企業の業種・業界に合わせて最適なITツール・ソフトウェア導入をサポートしてくれます。

>>DXコンサルティングにおすすめのコンサル会社

業務改善コンサルティング会社のおすすめ6社・サービス内容比較

業務改善コンサルティング会社のおすすめ5社・サービス内容比較

国内には多くの業務改善コンサルティング会社があるため、依頼する企業選びは慎重に行う必要があります。
自社の規模やニーズに合ったコンサルティング会社を選ぶことで、求めるサービスを受けることが可能です。

こちらでは、業務改善コンサルティング会社のおすすめ6社を紹介します。
各企業の詳細やサービス内容を比較したので、ぜひ最適な業務改善コンサルティング会社を見つけてください。

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

株式会社NTTデータビジネスシステムズ
引用元:株式会社NTTデータビジネスシステムズ
株式会社NTTデータビジネスシステムズの特徴
  • 幅広いコンサルティングサービスを展開
  • BPMシステムを活用した業務プロセスによって業務改善のPDCAサイクルを回せる
  • コンサルティングの進め方をわかりやすく提示

株式会社NTTデータビジネスシステムズは、大手NTTグループの子会社として設立されたコンサルティング会社です。
業務改善をはじめ、事業戦略策定支援やデータ分析・活用支援、DXビジョン策定支援など幅広いコンサルティングサービスを展開しています。

業務改善は全体を俯瞰することで、最適解を導き出して新たな業務フローを確定していきます。
BPMシステムを活用した業務プロセスにも力を入れており、業務改善のPDCAサイクルを回すことが可能です。

コンサルティングの進め方をわかりやすく提示してもらえるため、クライアント企業が流れを理解しやすくなっています。
業務改善に関する幅広いサービスを求めるなら、株式会社NTTデータビジネスシステムズへの依頼がおすすめです。

株式会社NTTデータビジネスシステムズ
運営会社名株式会社NTTデータビジネスシステムズ
設立2011年
本社所在地東京都豊島区東池袋一丁目18番1号 Hareza Tower 32階
公式サイトhttps://www.nttdata-bizsys.co.jp/

株式会社三菱総合研究所

株式会社三菱総合研究所
引用元:株式会社三菱総合研究所
株式会社三菱総合研究所の特徴
  • コンサルティングだけでなく幅広い領域でサービスを提供
  • 長年の実績を重ねた業務改革の成果が出る手法を適用
  • コスト削減コンサルティングのサービスに対応

株式会社三菱総合研究所は、日本の5大シンクタンクの1つでもある大手コンサルティング会社です。
コンサルティングをはじめ企業経営や社会インフラ整備、安全防災、ITなど幅広い領域でサービスを提供しています。

業務改善サービスでは、課題の整理や解決策の立案、実施計画の策定などをサポートできます。
長年の実績を重ねた業務改革の成果が出る手法を適用しており、業務全体の改善が可能です。

コスト削減コンサルティングのサービスも対応しているため、自社のコストを抑えられる施策が見つかります。
大手コンサルティング会社を求めるなら、株式会社三菱総合研究所がおすすめです。

株式会社三菱総合研究所
運営会社名株式会社三菱総合研究所
設立1970年
本社所在地東京都千代田区永田町二丁目10番3号
公式サイトhttps://www.mri.co.jp/index.html

TOMAコンサルタンツグループ株式会社

TOMAコンサルタンツグループ株式会社
引用元:TOMAコンサルタンツグループ株式会社
TOMAコンサルタンツグループ株式会社の特徴
  • 創業から130年以上の歴史を持つコンサルティング会社
  • 経験豊富な専門家が200名以上在籍
  • 現場では見つけにくい業務課題を担当者が第三者目線でアドバイス

TOMAコンサルタンツグループ株式会社は、創業から130年以上の歴史を持つコンサルティング会社です。
経験豊富な専門家が200名以上在籍しており、企業の抱える課題解決ができます。

業務改善コンサルティングサービスでは、業務責任者と現場の担当者、コンサルタントがチームを組みながら課題共有・対策ミーティングを実施します。
現場では見つけにくい業務課題を担当者が第三者目線でアドバイスするため、自社で発見できなかった改善策を取り入れることが可能です。

業務改善による安定した売上向上を目的としているので、経営課題の解決にもつながります。
長年の実績を重ねたコンサルティング会社に依頼するなら、TOMAコンサルタンツグループ株式会社がおすすめです。

TOMAコンサルタンツグループ株式会社
運営会社名TOMAコンサルタンツグループ株式会社
設立1982年
本社所在地東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館3階
公式サイトhttps://toma.co.jp/

株式会社クエリー

株式会社クエリー
引用元:株式会社クエリー
株式会社クエリーの特徴
  • 業務改善に必要なIT・ソフトウェアの導入サポート
  • 業務改善の経験と知識を持った担当者が改善策を提案・実施
  • 業務プロセスの改善や自動化実装が可能

株式会社クエリーは、ソフトウェア開発・通信機器の導入などを行っている会社です。
業務改善に必要なIT・ソフトウェアの導入サポートができるので、自社のDX化を推進できます。

業務改善の経験と知識を持った担当者が改善策を提案・実施するため、企業全体のコスト削減や生産性 の向上が可能です。
業務プロセスの改善や自動化実装を行うことができ、業務効率を大幅に改善できます。

業務改善につながるIT・ソフトウェアの導入を検討しているなら、株式会社クエリーの依頼がおすすめです。

株式会社クエリー
運営会社名株式会社クエリー
設立1996年
本社所在地東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア3階
公式サイトhttps://www.query.jp/

株式会社プロレド・パートナーズ

株式会社プロレド・パートナーズ
引用元:株式会社プロレド・パートナーズ
株式会社プロレド・パートナーズの特徴
  • 結果が出る業務改善だけを厳選した改善策を提案
  • クライアント企業の求める成果を重視したサービスを提供可能
  • 契約後のアフターフォローが充実

株式会社プロレド・パートナーズは、成果報酬型によるサービス展開を行っているコンサルティング会社です。
結果が出る業務改善だけを厳選しており、企業の部署に合わせた改善策を提案できます。

成果報酬型を採用しているため、クライアント企業の求める成果を重視したサービスを提供可能です。
契約後の業務工数がどれだけ低減されているのかも分析・継続支援可能で、最後までやり切るスタイルを大切にしています。

必要に応じてコンサルタントの常駐やプロジェクト・マネジメント・オフィスの社内設置などができるので、サービス内容が幅広いです。
たしかな成果を実感できるコンサルティングサービスを求めるなら、株式会社プロレド・パートナーズの依頼がおすすめです。

株式会社プロレド・パートナーズ
運営会社名株式会社プロレド・パートナーズ
設立2009年
本社所在地東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー7F
公式サイトhttps://www.prored-p.com/

株式会社ノムラシステムコーポレーション

株式会社ノムラシステムコーポレーション
引用元:株式会社ノムラシステムコーポレーション
株式会社ノムラシステムコーポレーションの特徴
  • プロジェクト成功率100%のコンサルティングサービス
  • DX化による業務改善に強い
  • 発注者側に立ったツール選定・ベンダー選定、DXの内製化までフルサポート

株式会社ノムラシステムコーポレーションは、企業戦略に合わせたDX化の支援を得意とするコンサルティング会社です。ERPなどのシステム導入や運用を伴走型でサポートし、効果的な業務改善につなげます。

現状業務の課題抽出や改善策の提案はもちろん、業務改善に向けたITツールの選定・導入や効果測定、そして導入後の運用や保守までをトータルで支援できることが強みです。

プロジェクトの立ち上げからユーザー(発注者)側の立場で支援し、RFI、RFP作成を行うことで、中立の立場でのツール選定、ベンダー選定ができることも特長で、特定のベンダーやツールに偏ることなく、クライアント企業にとって最適な提案になることを重視しています。

「あるべき姿」の業務から逆算してITツールの選定を行うため、現場業務との食い違いが起きづらく、スムーズな業務改善につながりやすいのも魅力です。他にも予算・期間・社内体制などを考慮し、一社一社に合わせたコンサルティングを実施しています。

業務改善のプロジェクト成功率はこれまで100%と、クライアントの満足度も高く信頼できるコンサルティング会社です。

株式会社ノムラシステムコーポレーションの基本情報
運営会社名株式会社ノムラシステムコーポレーション
設立1986年2月20日
本社所在地東京都渋谷区恵比寿1丁目19番19号 恵比寿ビジネスタワー4F
公式サイトhttps://www.nomura-system.co.jp/

業務改善コンサルティング会社に依頼するメリット5つ

業務改善コンサルティング会社に依頼するメリット5つ

業務改善コンサルティング会社に依頼すれば、企業によって多くのメリットが存在します。
自社の業務を改善できるため、効率良く進めるプロセスを構築して全体的な生産性を向上可能です。

ほかにも業務改善コンサルティング会社に依頼するメリットには、以下のような5つがあります。

1.客観的に業務の問題点を洗い出せる

業務改善コンサルティングに依頼すれば、担当のコンサルタントが第三者の立場から課題を見つけられます。
自社だけで課題分析をしようとすると社内事情を考慮してしまうので、問題点の特定が難しくなります。

コンサルタントは社内事情に囚われず、業務を俯瞰できるため問題点の洗い出しが可能です。
そのため自社だけでは見つけられなかった課題を客観的に洗い出せる点は、業務改善コンサルティング会社に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

2.専門的な視点での業務改善方法を提案可能

業務改善コンサルティング会社は専門的なノウハウや知識を持っているため、効果的な業務改善方法を提案できます。
企業が抱える課題に合わせて最適なフレームワークを活用するため、スムーズな課題解決が可能です。

また、これまで対応した企業の事例を参考にできるので、同じような方法を取り入れられます。
コンサルティング会社によってはクライアント企業と併走しながらサポートでき、必要なタイミングでアドバイスを受けられます。

業務効率を向上させるためのIT・ソフトウェアの導入サポートもできるため、自社のDXを推進できます。
専門的なノウハウを持ったコンサルタントから業務改善に必要な方法を提案してもらえる点は、業務改善コンサルティング会社に依頼する良いメリットです。

3.自社のリソースを抑えて業務改善が可能

業務改善コンサルティング会社は、業務改善に必要な課題調査や分析、戦略立案などを幅広くサポートしてくれます。
自社のリソースを抑えながら業務改善できるため、社員は業務に専念することが可能です。

社内だけで業務改善を行う場合、効果的な改善策を見つけるまでに長い時間がかかってしまいます。
また、担当者は本業に専念できるなくなるため、自社にとっても効率が悪いです。

コンサルティング会社に依頼すれば、業務改善に必要なプロセスをまとめて任せられるようになります。
そのため自社のリソースを抑えながら業務改善ができる点は、コンサルティング会社に依頼するメリットの1つです。

4.業務改善ノウハウを蓄積できる

担当の業務改善コンサルタントから得たノウハウは、自社の社員が吸収することで蓄積できるようになります。
コンサルティング会社との契約中のみノウハウを得られたとしても、契約後に活用できなければ改善効果を継続できません。

プロのコンサルタントからのアドバイスを自社に蓄積することで、契約後に内製化することが可能です。
蓄積された業務改善のノウハウは人材教育にも役立てられるため、自社にとってメリットとなるでしょう。

5.長期的なコスト削減

業務改善コンサルティングは幅広いサポートができるため、自社の長期的なコスト削減へとつながります。
自社のリソースを使って業務改善をする場合、想定よりも時間やコストがかかってしまう可能性が高いです。

業務改善コンサルティングのサポートによって業務プロセスを改善できれば、経費などの継続的なコスト低下が可能です。
経営を継続するにはコスト削減が重要なポイントになるので、業務改善コンサルティングの依頼は大きなメリットとなります。

業務改善コンサルティング会社に依頼するデメリット・注意点3つ

業務改善コンサルティング会社に依頼するデメリット・注意点3つ

業務改善コンサルティング会社の依頼は自社にとってメリットは大きいですが、少なからずデメリットも存在します。
良い点だけでなく悪い点もチェックしておくことで、事前に準備を進めることが可能です。

業務改善コンサルティング会社に依頼するデメリットや注意点として、以下のような3つが存在します。

業務改善コンサルティング会社に依頼するデメリット・注意点3つ

1.コストがかかる

業務改善コンサルティング会社の依頼は、少なからずコストがかかります。
契約内容や期間によってコストが変動するため、自社の予算に合わせて依頼する必要があります。

とくに大手コンサルティング会社は中小に比べて高い費用が必要になるため、予算が限られている企業は依頼が難しいです。
中小企業は大手に比べて規模や人材は少ないですが、少ない費用でクライアントに寄り添った柔軟な対応ができます。

そのため業務改善コンサルティング会社に依頼するときは、コストがかかることを理解したうえで費用対効果の高い企業を選ぶようにしましょう。

2.社内リソースの用意も必要

業務改善コンサルティングは業務改善に関する全体的なサポートを行えますが、社内リソースの用意も必要になります。
コンサルタントからのアドバイスを受けたり、戦略の実施を全体に共有したりする担当者が必要になるため、リソースの確保が重要です。

社内リソースが足りていない状態でコンサルティング会社と契約してしまうと、効果的な改善が見込めない原因になるでしょう。
全ての作業をコンサルティング会社に丸投げできるわけではないので、社内で要件整理しておくことでコンサルがスムーズに進めるようになります。

3.現場と認識がずれるとうまくいかないことも

業務改善コンサルティングに依頼すればコスト削減などの成果を得られますが、現場との認識がずれているとうまくいかないこともあります。
例えば業務改善のために新しくITツールやソフトウェアを導入する場合、現場の社員が使い方を学習しなければいけないので本業と並行することに負担がかかってしまいます。

また、すでにシステムを導入しているなら、新システムとの変更で混乱しないようスケール設定も必要になるでしょう。
いきなり新しいシステムを導入してしまうと、一時的に業務効率が低下する原因となります。

そのため業務改善コンサルティング会社に依頼するときは、事前に情報共有によって全体の意識を統一させることが大切です。
新システムへ変更が必要になるなら、導入に無理のないスケジュールを調整するようにしましょう。

業務改善コンサルティング会社の依頼費用相場は?

業務改善コンサルティング会社の依頼費用相場は?

業務改善コンサルティング会社に依頼するときは、どれくらいの費用が必要になるのか理解しておく必要があります。
具体的な費用相場を理解しておけば、契約後に予算オーバーになることはありません。

こちらでは、業務改善コンサルティング会社の依頼費用と高くなる要因について詳しく解説します。
自社の予算に合ったコンサルティング会社を見つけるためにも、ぜひチェックしてください。

業務改善コンサルティング会社の依頼費用【大まかな相場金額】

業務改善コンサルティング会社の依頼費用は、企業が採用している契約形態や改善の難易度、担当人数などによって大きく変動します。
コンサルティング会社には「プロジェクト契約」や「顧問契約」、「時間契約」、「成果報酬型」などの契約形態があります。

一般的なプロジェクト契約の場合、年間100万円〜150万円程度が相場です。
会社に訪問しながら担当者がアドバイスをする顧問契約では、月額十数万円〜20万円程度かかります。

改善の難易度や担当人数によっては通常よりも費用がかかるため、事前に見積もりを出すことが大切です。
はじめから1社に絞らず、複数社から見積もりを出して予算内で最適なサービスを受けられる業務改善コンサルティング会社に依頼しましょう。

業務改善コンサルティング費用が高くなる要因は「規模」や「改善内容」

業務改善コンサルティング会社の費用が高くなる要因には、企業の規模や改善内容が大きく関係しています。
依頼会社やプロジェクトの規模・改善内容によって異なるため、どのような依頼をするのかによって必要な費用は変動します。

プロジェクトによっては専門性の高い担当者が複数人で対応することもあり、通常よりも費用が高くなる可能性も高いです。また、ITやソフトウェアといったシステム導入などに別途費用が発生することもあります。

少しでも費用を抑えたいときは、自社で対応できる範囲とコンサルティング会社に対応してもらう範囲を絞ることが大切です。
企業規模や依頼する範囲、改善内容などによって費用は細かく変わるので、まずは複数社の見積もりを出しておきましょう。

業務改善コンサルティング会社の失敗しない選び方ポイント

業務改善コンサルティング会社の失敗しない選び方ポイント

最後に、業務改善コンサルティング会社の失敗しない選び方ポイントについて解説します。
国内には多くの業務改善コンサルティング会社が存在するため、選ぶポイントを理解しておくことは非常に重要です。

契約後に求める成果を出すためにも、以下のようなポイントをおさえておきましょう。

1.実績や得意分野が自社業種と合っているか

業務改善コンサルティング会社とのミスマッチを防ぐには、実績や得意分野が自社業種と合っている企業を選びましょう。
実績や規模の大きさは信頼の高さにつながるため、安心して業務改善を任せられるようになります。

また、コンサルティング会社によって得意分野が異なるため、自社業種と合っていれば効果的な施策を考えてもらえます。
コンサルティング会社の公式サイトには実績や得意分野が記載されていることもあるので、契約前にチェックしておくと良いでしょう。

2.自社の課題に適したサービスか

企業によって抱える課題は異なるため、自社に適したサービスを提供している業務改善コンサルティング会社を選ぶことが大切です。
例えば業務改善のためにDX化を進めたいなら、ITに特化したコンサルティング会社がおすすめです。

ほかにも人材育成や業務代行など、コンサルティング会社によって特化しているサービスは異なります。
コンサルティング会社と相談しながら、求めるサービス内容が用意されているかチェックするようにしましょう。

また、業務改善コンサルティングと近い分野として、「BPRコンサルティング」もあります。

業務改善は業務を部分的に改善することが中心なのに対し、BPRコンサルタントの行うBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)は組織全体において業務プロセス自体の再設計を行います。

自社の状況に応じて、BPRコンサルティング会社のほうが適していれば検討してもよいでしょう。

関連記事>>BPRコンサルティング会社おすすめ紹介・費用相場や選び方のポイントを解説

3.サービス範囲を確認しておく

依頼する業務改善コンサルティング会社を選ぶときは、提供しているサービス範囲をチェックしておきましょう。
サービス範囲を確認しておくことで、自社の課題を的確に改善できるようになります。

コンサルティング会社によっては契約後のアフターフォローもサービス範囲に含まれており、自社の求める成果を安定して出せているかチェックしてもらうことが可能です。
企業によってはサービス範囲を絞ることもできるため、契約費用を抑えられるようになります。

効果測定やアフターフォローの有無などといったサービスの対応範囲はもちろん、契約期間もチェックすることが大切です。コンサルティング会社のなかにはパッケージ化されている企業もあるので、事前にチェックしておいてください。

4.社内でノウハウ構築できそうか

業務改善コンサルティング会社との契約終了後にも成果を継続するために、社内でノウハウ構築することが大切です。
担当のコンサルタントを通じて業務改善のノウハウやスキルを蓄積できれば、内製化できるようになります。

コンサルティング会社のなかには内製化を支援する企業も存在するので、内製化を目指す企業にはおすすめです。
サービス内容をチェックしながら、社内でノウハウ構築できる業務改善コンサルティング会社を見つけるようにしましょう。

5.コンサルタントとの相性

コンサルティング会社は長期間の契約になることも多いため、担当のコンサルタントとの相性をチェックしておく必要があります。
契約するコンサルティング会社に十分な実績があったとしても、担当のコンサルタントと相性が悪ければ求める成果を出しづらくなります。

実際にコンサルタントとやり取りをしながら、コミュニケーションが円滑かどうかを判断することが大切です。
コンサルティング会社は人によって相性があるので、すぐに契約を決めず慎重にチェックするようにしましょう。

業務改善コンサルティング会社を活用して効率化

業務改善コンサルティング会社を活用して効率化

今回は、業務改善コンサルティング会社の詳細からおすすめ6社、失敗しない選び方、相場、依頼するメリット・デメリットまで詳しく解説しました。
業務改善コンサルティング会社に依頼することで、自社の課題調査・分析によって効果的な改善策を提案してもらえます。

コンサルティング会社選びをするときは、実績や得意分野、サービス内容・範囲、内製化のサポート、コンサルタントとの相性などをチェックしてください。
ぜひ当記事で紹介した業務改善コンサルティング会社を参考にしながら、自社の業務改善をして求める成果を上げるようにしましょう。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次