SAPエンジニアとは|仕事内容や将来性と必要となるスキルを解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
SAPエンジニアとは 仕事内容 将来性 必要となるスキル 解説
  • SAPエンジニアはどんな仕事をするの?
  • 未経験からでも目指すことは可能?

DXが推進され多くの企業でシステム導入が進む現代において、SAPエンジニアという職種に興味を持たれる方も増えています。

ただ、ITエンジニアの種類は非常に多く、どのような仕事で転職するために何が必要か把握できていないこともあります。

ここでは、SAPエンジニアの仕事内容から求められるスキル、将来性や平均年収、注意点について解説していきます。

転職に役立つエージェント紹介もするため、SAPエンジニアへの転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

>>SAPコンサルタント向けおすすめ転職エージェント|選び方や活用方法も解説

\IT/Web転職に強いおすすめエージェント・サイト/

サービス名 特徴
レバテックキャリアロゴ

レバテックキャリア

登録数20万人、上流工程9000件以上の案件保有!


IT専門のレバテックが年3000回以上の企業訪問を通して、新しい技術に積極的な成長企業を紹介してくれます


ギークリーロゴ

Geekly(ギークリー)

Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント

書類作成を専門のコンサルタントがフォローしてくれるため「自分の経歴やスキルを言語化するのは難しい・・・」と感じてる方におすすめ。

レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

目次

SAPとは

SAPとは

SAPとは、ドイツに本社をかまえるソフトウェアの大手ベンダー企業です。

同社が提供するソフトウェアにERPソフトウェアがあり、そちらを指すこともあります。

ERPとは統合業務パッケージのことで、組織の事業活動そのもにかかわる基幹情報を統合的かつリアルタイムに処理できるシステムのことで、導入することによって業務の効率化やコスト削減の実現を目指すことが可能となります。

>>SAP導入とは?導入メリットや導入を成功させるポイントを解説

SAPエンジニアとは

SAPエンジニアとは

SAPエンジニアとは、その名のとおりSAP社が提供するERP製品の導入、カスタマイズ、運用、保守などを担当する専門の技術者のことを指します。

同製品のシェア率は世界的にもトップクラスであり、DXの推進からもシステム導入する企業は増え続けていますが、それらに対応できる人材が不足しているため、SAPエンジニアは需要の高い職種でもあります。

そのため、ERPパッケージのスキルや知識を身に付けることは、自身の市場価値を高めることにも繋がるのです。

SAPエンジニアの仕事内容

SAPエンジニアの仕事内容

SAP社のERPパッケージの導入やカスタマイズ、保守や運用を担当するSAPエンジニアですが、具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

SAPエンジニアの主な仕事内容は以下です。

導入と設定

SAPソフトウェアを企業に導入し、必要な設定を行う作業です。

その際、必要なパラメーターを確認する際のヒアリング(要件確認)も担当する場合もあり、これにはSAPに関する専門的知識が必要です。

導入・設定作業はパラメーターの設定だけではなく、ユーザーアカウントの作成やプロセスの設定、データベースのセットアップなども含まれます。

カスタマイズ・プログラミング

企業のニーズによっては標準機能だけで要件を満たすことができないことおあり、その際には特定の業務フローに合わせて画面や機能を調整、独自機能の追加といったSAPのカスタマイズを行います

SAPのアドオン開発を行う際には、SAP独自のプログラミング言語「ABAP」やツールを使用してカスタムアプリケーションや拡張機能を開発することもあります。

トラブルシューティングとサポート

SAPシステムの問題を特定し、解決策を見つけるためのトラブルシューティング作業や、ユーザーからの問い合わせに対するサポートも提供します。

また、トラブル対応やサポートだけではなく、定期的にアップデートされるソフトウェアに対し、新しいバージョンへのアップグレードやメンテナンス作業といった保守作業の計画・実行することも仕事内容に含まれます。

コンサルティング

ERPパッケージの導入する際の要件定義や設計・導入、運用支援などのコンサルティングを行うこともSAPエンジニアが行う可能性のある業務です。

こうしたコンサルティング業務を専門に行うエンジニアは、SAPコンサルタントと呼ばれます。

SAPエンジニアがSAPコンサルタントを兼任することや、エンジニアからコンサルタントへ転身するケースもあります。

SAPコンサル会社システム開発会社などで、SAP導入や運用に関するコンサルティングを行います。

>>SAPコンサルタントとは?

SAPエンジニアの年収相場

SAPエンジニアの仕事内容

求人サイト「求人ボックス」のデータによると、正社員のSAPエンジニアの平均年収は598万円とされており、一般的な会社員の平均年収433万円を大きく上回ります。

また、プログラマーやインフラエンジニアといった他の種類のエンジニア平均年収と比較しても高い傾向にあるといえます。

他のITエンジニアの平均年収との比較を以下に記載しますので、参考にしてください。

職種 平均年収
SAPエンジニア 598万円
セキュリティエンジニア 457万円
ネットワークエンジニア 436万円
Webサービスエンジニア 417万円
SE/プログラマ 413万円

引用:doda

しかし、平均年収は所属する企業の給与基準はもちろん、エンジニアは専門性の高い職種は実務経験やスキルが評価される職種でもあるため、これらはあくまで目安と考えましょう。

SAPエンジニアに求められるスキル

SAPエンジニアに求められるスキル

SAPエンジニアとして活躍するためには、幅広いスキルが求められます。

就職・転職活動に役立つSAPエンジニアに求められるスキルについて解説していきます。

SAP製品知識やプログラミングスキル

SAPエンジニアにとって重要なスキルのひとつに、SAP製品に関する深い知識があります。

SAPの異なるモジュールや製品の機能や特性、運用方法について理解していることも求められます。

併せて、SAPのカスタマイズや拡張を行うため、プログラミングスキルを身に付けていることも重要な要素です。

主に使用されるSAP独自のプログラミング言語であるABAP(Advanced Business Application Programming)があります。

ABAPを駆使してカスタムアプリケーションの開発や既存の機能の拡張を行えるか否かで担当できる業務が大きく変わります。

データベース知識

SAPではデータベースを使用して情報を管理するため、SAP HANAなどのインメモリデータベースなどの基本的な知識が必要です。

運用・保守において、データベースのパフォーマンスチューニングやデータベース操作に関するスキルも重要です。

また、データベースに関する知識やスキルはさまざまなIT分野で活用できるため、身につけて損はないといえるでしょう。

ビジネスプロセス理解

SAPエンジニアは、SAPソフトウェアをクライアントの基幹業務に適用するため、これらビジネスプロセスについての理解が求められます。

どのような業務プロセスがあるか、SAPをどのように活用すれば効率化や最適化が図れるかを理解する力も重要です。

コミュニケーション力

あらゆる業界職種で重視されるように、SAPエンジニアにおいてもコミュニケーション力が必要です。

具体的に、クライアントやチームメンバー、他の部門と協力し、要件のヒアリングを行って課題を解決するためにコミュニケーションを取る必要があります。

エンジニアという職種に対しコミュニケーション力は必要ないと思われがちですが、非常に重要な能力であるため苦手意識がある人は改善するようにしましょう。

トラブルシューティング能力

システムの導入や運用中に問題が発生することは決して珍しいものではありません。

SAPエンジニアにおいても、トラブルが発生した際には、原因の特定や分析、適切な対策を講じるためのトラブルシューティングスキルが求められます。

プロジェクト管理(マネジメント能力)

大規模なSAPプロジェクトに関わる場合、プロジェクト管理(マネジメント)スキルが役立ちます

具体的に、SAPシステム導入に向けたプロジェクトスケジュールの管理、タスクの割り当て、進捗管理などを行う能力が必要です。

SAP導入が未経験であっても、こうしたPM経験があれば活躍できる可能性も高いといえるでしょう。

SAPエンジニアの将来性

SAPエンジニアの将来性

SAPエンジニアは、世界的にもトップクラスのシェア率を誇るSAP社のERPパッケージを専門的に取り扱う技術者であり、求人数も豊富にあります。

また、プログラミングにおいても独自言語であるABAPを使用しており、扱える人材が少ないことからスキルを身に付けることで自身の市場価値を高めることが可能です。

DXの推進は続いていることから、SAP導入は今後も拡大が予想されるほか、導入企業の運用・保守も必要です。

転職活動をするにあたり、目指す職種に将来性があるか否かは重要なポイントですが、こうした背景からSAPエンジニアの将来性は高いといえるでしょう。

SAPエンジニアと同様、将来性のが高いとされているDXコンサルティングについて以下の記事で詳しく解説していますので、あわせて確認してみてください。

>>DXコンサルティングとは?役割や利用のメリット・デメリット、おすすめの会社を紹介

SAPエンジニアはやめとけ!といわれる理由

SAPエンジニアはやめとけ!といわれる理由

平均年収が高く、将来性も見込めるSAPエンジニアですが、転職することに対しネガティブな意見を耳にすることもあります。

ここでは、SAPエンジニアを目指すのを「やめとけ」といわれる理由を解説していきます。

専門性の高い知識やスキルが必要

SAPに関する専門知識や独自言語であるABAPの習得は、市場でも希少であるため、自身の価値を高める効果が期待できます

しかし、その一方でJAVAPythonのように汎用性が高いものではないため、キャリアチェンジがしにくいデメリットがあります。

そのうえ、新バージョンがリリースされれば追加機能や特徴を理解し、どのように提案や導入するかを学び続けなければなりません。

自身の選択肢を狭めないためにも、専門的かつ幅広い知識やスキルを習得し、時代にマッチした技術も取り込むことは大きな労力が伴うといえるでしょう。

稼働時間が長くなりやすい

あらゆるシステム導入にいえることですが、SAPエンジニアにおいても稼働時間が長くなりやすい要素があります。

突然の仕様変更や短納期、導入時トラブルの対応はもちろん、基幹システムであるため、データ移行を含め夜間や休日にしか導入作業が実施できないケースがあることも理由に挙げられます。

こうした稼働時間については、所属する企業によっても大きくことなるため、採用選考に応募する際には十分に企業研究を行うようにしましょう。

クレームへの対応によるストレス

SAPシステムの導入中や運用開始後など、クレームはあらゆるタイミングで発生する可能性があります。

クレーム対応においては、慎重かつ迅速な対応が求められるため、取り組んでいる業務を一時止めなければならないこともあるでしょう。

また、クレームの内容は正論ばかりではなく、時には理不尽なことで責められることもあります

担当営業やサポートセンターが間に入ってくれるケースもありますが、クレーム対応に追われる環境はストレスが溜まりやすいといえるでしょう。

事故発生時の責任が大きい

SAPは企業の基幹業務に大きく関わっているため、不具合をはじめとする事故が発生が発生すると責任を問われます。

なかには、給料の誤支給や業務停止によって損害賠償を求められるケースもあります。

このようなプレッシャーやストレスを感じる環境で、かつ納期厳守や迅速な対応を求められることは負担に感じる人も多いことでしょう。

SAPエンジニアに向いている人の特徴

SAPエンジニアに向いている人の特徴

分析力や問題解決能力が高い

SAPエンジニアは、クライアント企業のビジネスプロセスやシステムの動作を分析し理解する必要があります。

また、複雑なビジネスプロセスや業務を整理し、システムに適用させるよう仕組みが作れるといった問題解決能力も重要です。

こうした分析力や問題解決能力が高い人は、SAPエンジニアに向いているといえるでしょう。

SAPに関心があり、継続的に学習できる人

SAPエンジニアに限らず、IT技術は常に進化しているため、新しい技術から取り残されないよう継続的に学習を続けなければなりません

SAPにおいても同様で、新しい機能や技術が頻繁に追加されるため、常に最新情報を掴んでおく必要があります

また、クライアント企業の業務プロセスも変化していくため、どのように対応するのか応用力も求められます。

このように、継続的な学習を意欲的に取り組むためにはSAPへの関心の高さも重要な要素であるといえるでしょう。

基幹業務の経験がある

SAPエンジニアとしての経験がなくとも、会計や販売管理といった基幹業務の経験がある人はSAPエンジニアに向いています

業務に対する理解も深いため、要件確認が正しく行えるほか、クライアントが抱える課題も的確に把握できます。

これまでの職務経歴を活かすこともできるため、キャリアの幅を広げたい人は選択肢に入れてみると良いでしょう。

SAPエンジニアへの転職におすすめのエージェント

SAPエンジニアに転職する際、求人サイトや企業の採用情報から直接応募することもできますが、サポートが手厚いエージェントを活用することで転職の成功率を高められます。

ここでは、SAPエンジニア転職におすすめのエージェントを紹介していきます。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp/
公開求人数 非公開(2024年5月7日時点)
主な求人職種 M&A、金融、コンサルタント、IT、経営企画

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの転職実績No.1のエージェントで、約20,000名の転職志望者を支援してきた実績があります。

国内のコンサルティングファームを網羅的に取り扱っていおり、SAPコンサルタントをはじめコンサル業界に特化した面接対策に強いのも特徴です。

また、他では見ることができない非公開求人が約77%となっており、理想の転職を実現できる可能性が高いため、ITコンサル転職に興味がある人は一度相談してみると良いでしょう。

>> 【取材記事】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由を直接エージェントに聞いてみた

レバテックキャリア

レバテックキャリア

運営会社 レバテック株式会社
公式サイト https://career.levtech.jp/
公開求人数 25,004件(2024年5月7日現在)
主な求人職種 IT、Web、コンサル、マーケティング、PM、デザイナー

レバテックキャリアは、ITに特化したエージェントです。

IT業界に特化しているため、深く踏み込んだ相談ができるほか、求職者の理解度が高いため初回提案内定率は90%と高い水準を誇ります。

また、大手企業だけではなく、優良なベンチャー企業の非公開求人も豊富に取り扱っていることも特徴です。

ヒアリングが丁寧であることに定評があり、面接対策をはじめとするサポートも充実しているため、IT転職を希望している人は要チェックのエージェントです。

>> レバテックキャリアは使うべき?評判・口コミから実態を調査

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
公開求人数 18,924件(2024年5月7日現在)
主な求人職種 IT、Web、コンサル、マーケティング、PM、デザイナー

マイナビIT AGENTは、大手人材紹介企業マイナビのIT・Webに特化した転職エージェントです。

業界に特化しているため、求人やサポートが充実しているほか、業界特化型にもかかわらず非常に多くの求人を取り扱っているのが特徴的です。

また、IT業界への転職は実務経験者が前提となっていることが多いですが、こちらは未経験でも転職可能な求人紹介やアドバイスを受けることも可能です

大手人材紹介企業のマイナビが運営していることもあり、初めてのエージェント利用でも安心して相談できることでしょう。

※マイナビのプロモーションを含みます。

SAPエンジニアに関する疑問Q&A

SAPエンジニアに関する疑問Q&A

ここでは、SAPエンジニアに関するよくある疑問をQ&A形式で解説していきます。

SAPエンジニアになるのは難しい?

SAPエンジニアは数あるエンジニアのなかでも専門性が高い職種であるため、転職難易度は高いです。

中途採用の場合には即戦力が求められるため、全くの未経験からでは厳しいため、親和性の高い職種をはじめ、開発エンジニアやインフラエンジニアなどの実務経験を積んでから臨むのが良いでしょう。

SAPエンジニアになるのに資格は必要?

他のITエンジニア同様、SAPエンジニアになるのに資格は不要です。

専門性が高いとはいえ、ITの基礎知識やスキルは必要であるため、自信がない人は企業でも取得が推奨されている基本情報技術者試験などで基礎を身につけておくようにしましょう。

未経験でもSAPエンジニアになれる?

全くの未経験からでは厳しいですが、会計をはじめとする基幹業務、開発やインフラなど親和性の高い職種を経験していると転職時に有利に働く可能性があります。

将来的にSAPエンジニアを目指したい人は、キャリアを逆算して経験を積むようにしましょう。

新卒からでもSAPエンジニアになれる?

新卒からでもSAPエンジニアを目指すことは可能です。

SAPシステムは情報がオープンに公開されていないこともあり、独学で学ぶことは難しいですが、SAP関連の参考書でABAPの知識を身につける方法や、SAP認定コンサルタント資格の取得など、就職活動時にアピールできるポイントを作ると良いでしょう。

SAPエンジニアまとめ

SAPエンジニアまとめ

SAPエンジニアは、その名の通りSAPを専門的に取り扱う技術者のことです。

SAPは世界的にもシェア率がトップクラスでありながら、専門性が高いことから人材が少なく、希少価値があるため平均年収も他のエンジニアと比較して高い傾向にあります。

また、DXの推進によって中小企業でもシステム導入が進んでおり、運用・保守の観点から見ても将来性が高いです。

転職難易度は決して低いものではありませんが、親和性の高い職種で経験を積むほか、エージェントを利用することで成功率を高められるため、SAPエンジニアを目指したい人はぜひ本記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

\IT/Web転職に強いおすすめエージェント・サイト/

サービス名 特徴
レバテックキャリアロゴ

レバテックキャリア

登録数20万人、上流工程9000件以上の案件保有!


IT専門のレバテックが年3000回以上の企業訪問を通して、新しい技術に積極的な成長企業を紹介してくれます


ギークリーロゴ

Geekly(ギークリー)

Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント

書類作成を専門のコンサルタントがフォローしてくれるため「自分の経歴やスキルを言語化するのは難しい・・・」と感じてる方におすすめ。

レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次