SaaS業界転職におすすめの転職エージェント・サイト6社紹介!転職時の注意点やメリットも紹介!【2024年6月最新】

本ページにはプロモーションが含まれています。
SaaS業界転職におすすめの転職エージェント・サイト比較

需要の高まりから盛り上がりを見せるSaaS業界。SaaS業界への転職を検討されている方も年々増えるため、SaaS転職の難易度は今後上がるでしょう。

そのため、SaaS転職では、書類や面接の対策が非常に重要になります。

転職初心者や業界未経験の方は、転職エージェントの利用がおすすめです。SaaS業界に強い転職エージェントを活用することで、自分に合ったSaaS業界への転職ができるかもしれません。

ただ、転職エージェントは多数存在するため「どのエージェントに依頼しよう」と迷われたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、SaaS転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントを活用する際は、志望動機などを明確にすることで適切なサービスを受けられるようになるといわれています。

志望動機を明確にする際に参考にしていただけるように、SaaSの具体的な仕事内容SaaS転職に関する注意点などについても詳しく解説しています。

転職エージェントを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

目次

SaaSとは?

SaaSとは?

SaaSは「Software as a Service」の略称で、ソフトウェアサービスのことです。ソフトウェアをPCにダウンロードせずに、ネットを経由することで利用します。

SaaSは非常に幅広いサービスを提供しているのが特徴です。メール機能、チャットツール、会計ツールなど様々なシーンで活用されています。

代表的なSaaSのサービスに下記のようなものがあり「SaaSという言葉は知らない」という人でも、利用したことがあるという方は多いかもしれません。

  • Gmail
  • iCloud
  • ChatWork
  • クラウドサイン
  • Zoom
  • freee会計

利用者層が広いのもSaaSの特徴です。一般消費者向けのサービスから、企業向けのサービスまであります。

下記のグラフからも分かるように、日経XTECH ACTIVEによると日本企業の約4割※がSaaSを活用中です。利用率は年々増加しており、注目度の高いサービスということが分かります。

※参考:日経XTECH ACTIVE

SaaS利用率
引用元:日経XTECH ACTIVE

ASPサービスとの違いは?

SaaSと似た言葉に、ASP(Application Service Provider)サービスがあります。SaaSは、ASPサービスが進化したサービスになります。

1990年代に、インターネットが普及したことによりASPサービスが登場。しかし、ネット環境が現在のように速くなかったため、一般的ではありませんでした。

技術の向上により、ASPサービスは年々進化を遂げます。結果、2000年代にASPサービスは「SaaS」と定義されるようになりました。

現在、企業やベンダーはがASPサービスではなく「SaaS」という言葉を使用しています。

SaaSの仕事内容

SaaSの仕事内容

SaaSの具体的な仕事内容が気になられる方も多いのではないでしょうか。大きく分類すると「営業プロセス」とサービスを開発する「エンジニア」の2種類です。

SaaSの営業は、プロセスごとに4種類の職種に分類しているため、SaaSには合計で5種類の仕事が存在します。

ここでは、それぞれの業務内容について詳しく解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

マーケティングの仕事内容

SaaSのうちマーケティングの仕事内容は、主に潜在顧客層の発掘です。下記3種の事業のステージにより、異なるマーケティング手法が用いられます。

  • 導入期
  • 成長期
  • 成熟期

SaaSのサービスが認知されていない導入期は、ターゲットのニーズを顕在化させますが、顧客数が伸び悩み始める成熟期には、解約防止や顧客単価の向上などが課題となります。

インサイドセールスの仕事内容

インサイドセールスは、マーケティンとフィールドセールスの橋渡し役です。

マーケティングから引き継いだインサイドセールスは、見込み顧客にアプローチをかけます。

インサイドセールスは、実際に顧客の元へ訪問することは少なく、電話やWeb会議などでコンタクトを取るのが特徴です。

見込み顧客に対してヒアリングを行い、サービスへの関心度や顧客情報を獲得。商談のアポイントなどを設定するのもインサイドセールスの業務です。

顧客をより確度の高い顧客に成長させ、フィールドセールスへ引き継ぎます。

フィールドセールスの仕事内容

フィールドセールスは、見込み顧客と商談を行い成約するのが主な業務です。

顧客先に実際に出向くことが多いことから、「フィールド」セールスと呼びます。いわゆる「外回り」といわれる従来の営業スタイルです。

インサイダーセールスが存在することにより、確度が高い顧客を対象としています。そのため、従来の営業スタイルと比較すると、営業効率がアップしているのが特徴です。

カスタマーサクセスの仕事内容

成約した顧客のサポートを行うのが、カスタマーサクセスの仕事です。

顧客がサービスが活用できているかという利用状況を確認するだけでなく、必要に応じてフォローも行います。

似たポジションに「カスタマーサービス」があります。カスタマーサービスは、顧客からの問い合わせで初めて対応しますが、カスタマーサクセスは能動的な支援という点が違いです。

能動的に支援を行うことから、カスタマーサービスと比較すると中長期的なサポートになります。

SaaSは、サブスクリプション型の契約形態が多いため、解約を阻止するのもカスタマーサクセスの重要な業務です。

エンジニアの仕事内容

エンジニアは、実際にSaaSの開発を行います。SaaSエンジニアの業務もタスクごとに3種類に分類されることが多いです。

  • フロントエンド開発
  • バックエンド開発
  • アプリの開発

フロントエンドは、サービスを開発するのに対し、バックエンドは修正や保守などを行います。よりユーザーが使いやすいようアプリ開発も重要な業務です。

SaaS企業に転職におすすめの転職エージェント6社を紹介!

SaaS企業に転職におすすめの転職エージェントを紹介!

人気急上昇中のSaaS業界。未経験からの転職を検討されている方も多い業界です。そんなSaaSでの転職に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

各社の特徴や魅力について、それぞれ詳しく解説しますので参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 非公開求人30万件以上
  • 面接対策のサポートが充実
  • ヒアリングやアドバイスが丁寧

リクルートエージェントの最大の特徴は、非常に多くの求人情報を扱っているという点です。非公開求人は約30万件以上にも及びます。

SaaS業界の中でも自分に合った求人を見つけられる可能性が高い転職エージェントです。

面接対策のサポートが充実している点も同社の魅力になります。SaaS転職は競争倍率が高いため、特に面接対策が重要です。

企業がどのような人材を求めているのか、という点を丁寧に解説してもらえるので、確度の高い面接にすることも夢ではありません。

ヒアリングやアドバイスが丁寧な点もリクルートエージェントの強みです。しっかりとサポートを受けるためにも事前に志望動機などを明確にしておきましょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数30万件(2024年5月1日時点)
主な求人職種SaaS業界など幅広く

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの特徴
  • IT業界に特化している
  • エージェントの対応が早い
  • 一度落ちた会社からオファーがもらえることも

マイナビIT AGENTは、大手マイナビグループが運営するIT業界に特化した転職エージェントです。ITの求人が多いだけでなく、SaaS業界に精通したエージェントが多数在籍しています。

最新のSaaS業界情報などを知りたいと考えている人には特に、おすすめの転職エージェントです。

エージェントの対応が早いという点も同社の魅力になります。転職活動はスピードも非常に重要なポイントです。マイナビIT AGENTでは親身かつスピーディーな対応をしてもらえます。

一度落ちた会社からオファーがくる可能性もあるという点が同社の強みです。書類審査で落ちてしまった場合も、エージェントに添削してもらうことで内定率をアップさせることができます。

履歴書や職務経歴書などの添削をしてもらいたい方は、ぜひ登録してください。

マイナビIT AGENTの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/it/
公開求人数18,838件(2024年5月1日時点)
主な求人職種SaaS、IT業界

※マイナビのプロモーションを含みます

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • 業界トップクラスのサポート実績
  • 1人1人に合ったサービスを提供してもらえる
  • アドバイザーのサポートが手厚い

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエーター専門の転職エージェントです。そのため「ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1」※を受賞するなど、確かな実績があります。

ITやWebに特化した求人が、公開求人だけでも25,000件はあるなど、業界トップクラスの求人数を誇っている点も同社の魅力です。

非常に多くの転職者が利用していますが、一人一人に合ったサービスを提供してもらうことも可能です。初心者、経験者向けのそれぞれのサポートがあるため、効率よく転職をすすめられます。

※参考:レバテックキャリア

レバテックキャリアの基本情報
運営会社株式会社 レバテックキャリア
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
公開求人数25,005件(2024年5月1日現在)
主な求人職種SaaS、IT系、Web系

ビズリーチ

引用元:ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス求人が豊富
  • 好待遇のスカウトを受けることができる
  • 自分のペースで転職活動ができる

ビズリーチは、ハイクラス求人が豊富な転職エージェントです。高年収で質の高い求人が、多数存在するため、キャリアアップなどを検討されている方におすすめになります。

ビズリーチでは、企業から転職者に声をかける「スカウト」制が導入されているのが特徴です。そのため、自分では想定していないような企業から、好待遇のスカウトが届くこともあります。

マイペースに転職活動ができる点も同社の魅力です。しつこい連絡や電話がないため、自分のペースで転職活動を進めたい方には、おすすめの転職エージェントになります。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
公開求人数非公開
主な求人職種SaaS業界など幅広く

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴
  • 外資・グローバル企業に強い
  • SaaS業界に強いアドバイザーが在籍
  • 推薦状も提出してもらえる

JACリクルートメントは、外資やグローバル企業に強い転職エージェントです。SaaSは、日本だけではなく海外でも多数取り扱われています。

海外で活躍したいという方に、おすすめの転職エージェントです。

同社のアドバイザーは、特定の業界を専任するシステムなので、SaaS業界についても深い知見を持ったアドバイザーからのサポートを受けることができます。

書類対策が充実している点も同社の強みです。添削サービスだけでなく、履歴書や職務経歴書を企業へ提出する際、一緒に推薦状も提出してもらえます。

JACリクルートメントの基本情報
運営会社株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12595(2024年5月1日現在)
主な求人業種SaaS業界など幅広く

9Eキャリア

9Eキャリア
引用元:9Eキャリア
9Eキャリアの特徴
  • カスタマーサクセス・インサイドセールス・SaaS/IT営業に特化
  • 一気通貫型によるミスマッチのない求人提案
  • SaaS/IT業界を中心とした質の高い求人案件

9Eキャリアは、株式会社9Eが運営する転職エージェントです。

「未来の選択肢を広げる」をコンセプトにしていることからカスタマーサクセスやインサイドセールス、SaaS/IT営業職など将来性が高い職種での転職支援に特化し、将来より多くの選択肢が増えるようなキャリアの提案に注力しています。

SaaS/IT業界を中心に質の高い求人が多く、優良スタートアップからメガベンチャーまで、非公開案件も含む幅広い求人案件を保有しています。

1人のコンサルタントが企業と求職者の両サイドを担当する一気通貫スキームのため、コミュニケーションがスムーズでミスマッチを防ぎやすいことも強みです。

求職者ファーストの手厚い支援を重視し、キャリアアドバイザー1人あたりの担当求職者数は業界標準の半分以下に制限。企業ごとの特徴に合わせた面接対策や書類作成サポートなど、手厚く徹底した伴走型のサポートが転職者から高く評価されています。

9Eキャリアの基本情報
運営会社株式会社9E(キュウイー)
公式サイトhttps://9e-career.com/
公開求人数非公開(2024年5月現在)
主な求人業種カスタマーサクセス・インサイドセールス・SaaS/IT営業職

自分にあった転職エージェントの選びのポイント!

自分にあった転職エージェントの選びのポイント!

注目度の高いSaaSへの転職には、前述したように転職エージェントの活用が欠かせません。そのため、ここでは自分に合った転職エージェントの選び方3選をご紹介します。

転職エージェントを選ぶ際に、参考にしてください。

SaaSの転職に強い転職エージェントを選ぶ

SaaSに特化した転職エージェントを選びましょう。転職エージェントを活用する際、複数社に登録するのが一般的ですが、1社はSaaSの転職に強いエージェントを選んでください。

SaaSに特化している転職エージェントからは、専門的知識も得られます。さらに、SaaSの求人も豊富に扱っているため、自分に合った転職先を見つけることができます。

求人数が多い転職エージェントを選ぶ

求人数が多い転職エージェントも選んでください。求人数が多いと選ぶ幅が広がり、自分に合った企業に転職できる可能性がアップします。

SaaSに特化した転職エージェントだけではなく、幅広く求人を取り扱っている大手転職エージェントがおすすめです。

転職サポートが充実している転職エージェントを選ぶ

転職サポートが充実している転職エージェントもおすすめです。SaaS業界は非常に人気が高いため、転職エージェントのサポートは欠かせません。

特に転職初心者の場合、分からないことが多いという方も多いでしょう。転職サポートが充実している転職エージェントを活用すると、効率よく転職活動を進められます。

転職エージェントによりサポート範囲は異なるので注意が必要です。書類対策、面接対策など幅広く対応してくれる転職エージェントがおすすめになります。

SaaSに転職するメリット3つ

SaaSに転職するメリット3つ

SaaSへの転職はメリットが非常に多いですが、今回はその中でも特に注目されている下記3点についてご紹介します。

スキルアップが狙える

転職などをせずに効率的にスキルアップを狙える点が、SaaS業界の魅力です。

SaaS営業は「The Model」という分業制の導入が進んでいます。そのため、様々な営業スタイルを全て経験することが可能です。

例えば、インサイドセールスやフィールドセールスを経て、マーケティング職へスキルアップすることも難しくありません。

自由に働き方を選べる

自由に働き方を選べる点もSaaS業界で働くメリットです。オンライン上のサービスを提供していることもあり、フルリモートできる企業も少なくありません。

ソフトウェアの現物を販売する必要がないため、営業職でもフルリモートという働き方が可能です。

地方在住や子育て世代などを中心に、人気を集めている業界になります。

市場拡大中のため成果が上がりやすい

SaaS業界は、現在、市場拡大中です。そのため、成果が上がりやすいというメリットがあります。

営業職は、成果が求められる職種です。営業の成果が出しやすいのは、伸び率の高い業界になります。

しっかり成果を出したいと考えている方に、SaaS業界は非常に魅力的な業種といえるでしょう。

SaaS業界に転職する場合の注意点

SaaS業界に転職する場合の注意点

注目度の高いSaaS業界ですが、転職する際に注意しておきたいポイントもあります。特に重要な注意点が下記3点です。

それぞれについて、詳しく解説します。

志望動機を明確にしておく

志望動機を明確にしておくことは、非常に重要です。SaaS業界は、業種だけではなくサービス形態も非常に幅広くなっています。

志望動機を明確にしておくことで、漠然と「SaaS業界へ転職したい」と転職活動するよりも、転職エージェントを活用する際に適切な支援を受けやすくなります。

倍率が高いため対策必須

SaaS業界の人気は、年々高まっているため、求人倍率も高くなっています。そのため、転職活動の際は対策が必須です。

独自の対策を立てるだけでは限度があるため、転職エージェントの利用もおすすめになります。エージェントからアドバイスやサーポートを受けることで、しっかりとした対策を立てることが可能です。

ITスキルをしっかりと身に着けておく

ITスキルはしっかり身につけておく必要があるという点も注意点の一つです。

ITに関する豊富な知識やオンラインツールを利用することができなければ、お客様に満足な提案ができません

SaaS業界への転職に、必須となる資格はありません。しかし、ITスキルに関する試験勉強を通して、ITスキルを身につけることができます。

ITスキルや業務経験に自信がない方は、ぜひITパスポート試験などの資格取得を目指すのもおすすめです。

SaaS業界の転職でよくある疑問

SaaS業界の転職でよくある疑問

最後にSaaS業界の転職について、よくある質問とその答えをまとめました。

SaaS業界への転職を検討されている方は、ぜひチェックしてください。

SaaS転職に必要な資格はありますか?

SaaS転職をする際に、必須となる資格はありません

ただ、資格を取得しておくことで、転職活動を有利に進めることができます。そこで、ここでは各職種ごとにおすすめの資格をご紹介します。

職種資格
マーケティングTOEIC
FP技能検定
MBA
ITパスポート試験
インサイドセールス販売士
消費生活アドバイザー
ITパスポート試験
フィールドセールスMBA
販売士
ITパスポート試験
カスタマーサクセスTOEIC
消費生活アドバイザー
ITパスポート試験
エンジニア職基本情報技術者試験、応用情報技術者試験

資格だけではなく、マネジメントスキルや法人営業の経験などがあると、転職の際に有利です。

SaaS転職のために転職エージェントを利用するメリットは何ですか?

SaaS転職のために転職エージェントを利用するメリットは、下記2点が挙げられます。

  • 最新のSaaS事情を知ることができる
  • SaaS業界の求人が多い

SaaS業界経験者が圧倒的に少ない現在、SaaS業界にも精通している転職エージェントを活用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

SaaS企業への転職難易度はどのくらいですか?

SaaS企業への転職難易度は、現時点では決して高くありません。ただ、年々、SaaSに対する需要は増えており、業界自体が盛り上がっています。

そのため、今後、SaaS業界の人気が高まり転職希望者が増え、転職難易度が高くなる可能性もあるでしょう。

また、SaaS業界の経験者の数は、今後増えていきます。数年後には「SaaS業界経験者のみ」という求人も増え、難易度が高くなるかもしれません。

SaaS業界への転職を検討されている方は、できるだけ早い転職がおすすめです。

未経験者でもSaaS業界への転職はできる?

結論からお伝えすると、未経験でもSaaS業界への転職は可能です。SaaS業界の歴史が決して古くないため、業界未経験者でも不利にはなりません。

ただ、SaaS業界はソフトウェアをリリースしているため、IT業界の知識は必要となります。

特にエンジニア系の職種の場合、知識だけではなく経験も必須です。営業系の職種の場合、ハードルはやや下がり、IT業界の知識があることで転職が有利になります。

ただ、IT業界での業務経験や知識が全くない場合、未経験からSaaS業界への転職は簡単ではないかもしれません。

未経験からSaaS業界への転職を検討されている方は、具体的なテクニックやノウハウを持つ転職エージェントを活用するのがおすすめです。

SaaS業界におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

SaaS業界におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

近年、盛り上がりを見せているSaaS業界。SaaS業界への転職の難易度は、年々上がっています。そんなSaaS転職を検討されている方に、おすすめの転職エージェントをご紹介しました。

IT業界に特化した転職エージェントから、求人数の多さで注目されているエージェントまで幅広くご紹介しています。

また、転職エージェントを選ぶポイントやSaaS転職の注意点もご紹介していますので、ぜひ転職エージェント選びの際に参考にしてください。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次