Webマーケティングに強いおすすめ転職エージェント・サイト7選!選び方やメリットも紹介!【2024年6月最新】

本ページにはプロモーションが含まれています。
Webマーケティングに強いおすすめ転職エージェント・サイト

Webマーケティングに対する需要が高まる一方、Webマーケティングの人材不足も注目されるようになりました。そのため、未経験からの転職も難しくないことから、Webマーケティングへの転職人気は上昇中です。

Webマーケティングの転職を成功させるためには、転職エージェントやサイト選びが非常に重要になります。

本記事では、Webマーケティングの転職に強いおすすめの転職エージェントやサイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントの特徴や魅力の紹介だけではなく、転職エージェントの選び方メリットについても詳しく解説しています。

さらに、Webマーケティングの転職に役立つスキルもご紹介していますので、転職を検討されている方はぜひ参考にしてください。

目次

Webマーケティングに強いおすすめ転職エージェント・サイト7選

Webマーケティングに強いおすすめ転職エージェント・サイト!

人気急上昇中のWebマーケティング求人。転職を成功させるためには、転職エージェントやサイトを活用する必要があります。

ここでは、Webマーケティングに強いおすすめの転職エージェント5社をご紹介します。

各社の特徴や魅力について、それぞれ詳しく解説しますので参考にしてください。

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの特徴
  • Webマーケティングに特化している
  • 利用者満足度が高い
  • 30代前半までの求人が多い

大手マイナビグループが運営するマイナビIT AGENT。大手マイナビグループの転職エージェントということもあり、非常に多くの求人を扱っているだけでなく、Webマーケティングへの転職も強い転職エージェントです。

利用者の満足度が高い点も同社の強みです。マイナビIT AGENTによる利用者満足度調査によると「満足できなかった」と回答した利用者は全体の9%でした。

人生の重要なターニングポイントとなる転職シーンでの満足度が高いという点は、非常に魅力的です。

マイナビIT AGENTは、30代前半までの求人が多い点も特徴になります。Webマーケティング未経験での採用も30代前半までといわれており、Webマーケティング未経験者向けの求人が多い点も強みです。

マイナビIT AGENTの基本情報
会社名株式会社マイナビ
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/it/
公開求人数58,405件(2024年5月5日時点)
主な求人職種Webマーケティング、IT業界

※マイナビのプロモーションを含みます

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • IT専門のアドバイザーが在籍
  • 年3000回の会社訪問を実施
  • 希望企業への転職成功率96%※

レバテックキャリアは、IT業界に特化した転職エージェントです。そのため、IT専門のアドバイザーが多数在籍しており、Webマーケティング転職へも的確なアドバイスをもらうことができます。

年間、3000回を超える会社訪問を実施している点も同社の魅力です。求人票では見えない企業の実態を把握しているため、確度の高い面接対策や書類添削を実施してもらえます。

希望企業への転職成功率が非常に高い点も注目されています。転職したい企業が決まっている場合は、積極的にアドバイザーに相談してみてください。

※参考:レバテックキャリア

レバテックキャリアの基本情報
会社名株式会社 レバテックキャリア
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
公開求人数21,946件(2024年5月5日現在)
主な求人職種Webマーケティング、IT系、Web系

Geekly

geekly
引用元:Geekly
Geeklyの特徴
  • 業界に特化した豊富な求人情報
  • 転職サポートが充実
  • 入社後の活躍率が高い

Webマーケティングの業界に特化した豊富な求人情報を持っている点が、Geeklyの強みです。公開求人数だけではなく、非公開求人数も豊富なため、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

Geeklyは、転職サポートが充実している点も魅力です。書類作成や面接対策だけではなく、内定後の退職や入社後のサポートも一貫して対応してもらえます。

働きながら転職活動をしようと考えている方に、特におすすめの転職エージェントです。

精度の高いマッチングを実現しているGeekly。そのため、入社後の活躍率が86%※と非常に高いのが特徴です。今回の転職を最後にしたいと強く思われている方におすすめになります。

※参考:Geekly

Geeklyの基本情報
会社名株式会社ギークリー
公式サイトhttps://www.geekly.co.jp/
公開求人数22,595件(2024年5月5日現在)
主な求人職種Webマーケティング、IT系、Web系、ゲーム系

doda

doda
引用元:doda
dodaの特徴
  • 幅広い業界に関する求人を多数取り扱っている
  • 未経験者向けのサービスが充実
  • オンラインセミナーなども開催

dodaは、幅広い業界に関する求人を多数取り扱っている転職エージェントです。Webマーケティングの求人情報も多数紹介しているため、希望条件に合った求人を選ぶことができます。

転職や業界未経験者向けのサービスが充実している点も同社の魅力です。書類添削や模擬面接などをしてもらえます。

オンラインセミナーなども開催しているので、業界での知識を深めたいと考えている人にもぴったりの転職エージェントです。

DODAの基本情報
会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://doda.jp/
公開求人数245,280(2024年5月5日現在)
主な求人業種Webマーケティングをはじめ幅広く

Type転職エージェント

Type転職エージェントの特徴
  • 25年の転職支援実績がある
  • スカウト制度あり
  • AIの求人提案あり

Type転職エージェントは、25年以上の転職支援実績がある転職エージェントです。長年にわたる企業とのつながりがあるため、独自の求人も少なくありません。

同社では、キャリアアドバイザーからの求人紹介だけではなくスカウト制度もあります。登録した経歴から、企業がスカウトしてくれるため、書類通過率が高い点が魅力です。

キャリアアドバイザーだけではなく、AIによる求人提案をしてもらえる点も同社の強みになります。客観的に経歴やスキルを分析し、求人を提案してもらえるので、新たな可能性を検討できる点が魅力です。

Type転職エージェントの基本情報
会社名株式会社キャリアデザインセンター
公式サイトhttps://type.jp/
公開求人数2,472件(2024年5月5日時点)
主な求人職種Webマーケティングなど幅広く

アドキャリ転職

アドキャリ転職の特徴
  • WEB広告運用に特化した転職支援サービス
  • 20代・30代のキャリアや年収アップをサポート
  • 独自コネクションによる他にはない広告業界の求人が多数

アドキャリ転職Hype Agency株式会社の運営する、WEB広告運用に特化した転職支援サービスです。

特に20代・30代向けのサービスとなっており、これから広告業界でキャリアアップしたい世代を、広告運用者として経験の長いコンサルタントがサポートします。

経験者はもちろん、広告業界や広告運用の未経験者にも柔軟に転職支援が可能です。

広告業界の事業主・代理店などとの強いコネクションも強みで、企業現場から直接上がってくる他にはない求人案件も多数保有。また、ポジションや待遇などの交渉も転職者の希望に寄り添いながら行います。

大手広告代理店・大手IT企業・スタートアップなど幅広い規模や業種の求人を扱うため、希望の働き方などに合わせて相談できる点も魅力です。

アドキャリ転職の基本情報
会社名Hype Agency株式会社
公式サイトhttps://adope-tensyoku.jp/
公開求人数非公開(2024年5月現在)
主な求人職種マーケター、デジタルメディアプランナーなど

ウィンスリー

ウィンスリー
引用元:ウィンスリー
ウィンスリーの特徴
  • デジタル&マーケティング分野の完全特化型
  • 業界に精通した実務経験者のコンサルタントがサポート
  • 大手企業95%・優良企業にこだわり紹介

ウィンスリー株式会社ウィンスリーの運営する、デジタル&マーケティング分野に特化した転職エージェントです。

特化型のエージェントとして12年の実績があり、大手企業をメインとした優良案件のみにこだわり紹介をしています。

デジタル&マーケティング分野にて実務経験のあるコンサルタントが多数いることも強みで、業界に精通したコンサルタントが丁寧なヒアリングのうえで支援を行います。

コンサルタントそれぞれに得意領域があるので、「CxO領域」「エンジニア領域」「20代の若手支援」など細分化したニーズに応えられることも魅力です。

入社決定率は某大手エージェントと比較して2.5倍(※)、入社後の継続率(6ヶ月以上在籍)も99.2%など、確かな実績に期待できる転職エージェントです。

※2020年3月時点

また、ウィンスリーでは若手・未経験者向けの転職支援サービス「デジマjump」も提供しています。デジタル&マーケ領域への転職を希望する若手・未経験の方にはこちらもおすすめです。

ウィンスリーの基本情報
会社名株式会社ウィンスリー
公式サイトhttps://w3hr.jp/
公開求人数1,000件程度(2024年5月現在)
※非公開の優良求人を多数保有
主な求人職種デジタルマーケティング、デジタルプランナー、マーケティングマネージャー、データ戦略コンサルタントなど

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの業界へ転職したいと考えているものの「具体的にどんな仕事内容なんだろう?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではWebマーケティングの仕事内容について、詳しく解説します。Webマーケティングの仕事は大きく分けて下記4種類です。

それぞれについて詳しく解説します。転職後「思っていた仕事と違った!」というような後悔をしないためにも、ぜひチェックしてください。

Web広告運用

Webマーケティングの仕事の一つに、Web広告運用があります。

自社のメディアや商品の広告をGoogleの検索画面やサイトのバナーに掲載。ユーザーによるクリックや購入など、コンバージョンにつなげるのが主な業務です。

Web広告には費用がかかるため、無駄なコストをかけずに広告を運用することが求められます。そのためには、自社の潜在顧客が多く活用する場所に広告を掲載しなければいけません。

市場リサーチや顧客の分析力などが求められます。

SNSマーケティング

SNSを活用したSNSマーケティングもWebマーケティングの主な業務の一つです。

SNSアカウントを立ち上げ情報を発信することで、企業のブランドの認知度をアップさせる効果が期待されます。近年、SNSを活用する人口が急激に増加していることもあり、注目度の高い業務の一つです。

SNSマーケティングでは、最新のトレンドを抑える能力が求められます。

SEO対策

専門的な知識が求められることから、SEO対策もWebマーケティングにおいて需要が高い業務の一つです。

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化のことを指し、自社のコンテンツがGoogleなどの検索エンジンの上位に表示されための対策になります。

有益な情報を発信するだけでは、検索結果で上位に表示されません。そのため、多くの企業がWebマーケティングを専門としている企業に依頼するようになりました。

SEO対策においては、検索意図など顧客のニーズをくみ取る能力だけでなく、有益なコンテンツを作成する能力も求められます。

Webディレクター

Webマーケティングで欠かせないポジションが、Webディレクターです。プロジェクト全体の進行を管理するだけでなく、方向性や企画などを決めるのも重要な役割になります。

Webマーケターを経てから、Webディレクターになるのが一般的です。

Webマーケティングに関する知識だけでなく、UIやUXなどデザイン面での知識や経験なども求められます。

Webマーケティングに強い転職エージェントやサイトの選び方

Webマーケティングに強い転職エージェントやサイトの選び方

Webマーケティングに対する人気が高まるにつれ、Webマーケティングに強い転職エージェントも増加中です。そこで、ここでは、転職エージェントやサイトの選び方を4点ご紹介します。

転職エージェントを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

求人数はどのくらいあるか

転職エージェントを選ぶ上で、一番最初にチェックしたいのが求人数です。求人数が多い転職エージェントやサイトの場合、自分にあった企業を見つけられる可能性が高くなります。

確認する際は全体的な求人数ではなく、Webマーケティングの求人数をチェックしてください。

「Webマーケティング」「Webマーケター」などのワードで絞り込むことができます。検索候補にWebマーケティングの言葉がなかった場合は、フリーワードで検索してみましょう。

非公開求人数が多い転職エージェントも少なくありません。そこで、数週間、エージェントから紹介される求人をチェックし、自分にあった求人が多いかチェックしましょう。

思うような求人が紹介されなかった場合、別の転職エージェントやサイトの利用を検討してください。

Webマーケティングに特化した転職エージェントか

Webマーケティングに特化した転職エージェントか、という点も重要なポイントになります。Webマーケティングに強い転職エージェントの場合、Webマーケティングに関する求人数が多いだけが魅力ではありません。

在籍しているエージェントもWebマーケティングに関する知識が深い点も強みです。しかし、一般的な転職エージェントの場合、Webマーケティング業界に詳しいエージェントが少ない可能性もあります。

Webマーケティングに関する知識が深いエージェントの場合、書類審査や面接対策に際に、業界の事情などをふまえた適切なアドバイスを受けることができます。

転職支援は充実しているか

転職支援が充実している転職エージェントか、ぜひチェックしてください。転職支援は、転職エージェントによりその対応内容は異なります。

転職エージェントによっては、求人紹介や応募手続きだけでなく、面接日程の調整や面接の練習なども細かく対応してもらえる点が魅力です。

特に、Webマーケティングの業界での経験がない方や転職初心者の方は、転職支援が充実している転職エージェントを利用してください。

エージェントとの面談方法は何があるか

転職エージェントとの面談方法を確認しておきましょう。転職エージェントとの面談は大きく分けて下記の3点が挙げられます。

  • 面談
  • オンライン面談
  • 電話

コロナ禍を経て、オンライン面談や電話での面談が増えています。担当者と直接会って、相談したい方は対面での面談を行っている転職エージェントを選びましょう。

全国に拠点がある転職エージェントがいる一方、都内のみに拠点を持っているケースも少なくありません。対面での面談をしたい方は、拠点が多い転職エージェントがおすすめです。

転職エージェント・サイトの使い方・流れ

転職エージェント・サイトの使い方・流れ

転職エージェントやサイトは、活用方法によって転職活動の結果を大きく左右するでしょう。そこで、ここでは転職エージェントやサイトの使い方や流れをご紹介します。

  1. 転職エージェントに無料登録する
  2. 転職エージェント担当者と面談
  3. Webマーケティングの求人を紹介してもらう
  4. 応募、書類選考後に面接を受ける
  5. 内定をもらう

無料登録から内定までを5ステップに分けて、それぞれ詳しく解説します。

1.転職エージェントに無料登録する

まず、転職エージェントに無料登録しましょう。転職エージェントによっては、有料でサービスを提供しているケースもありますが、多くの場合は無料ですので安心してください。

下記のような個人情報を登録するだけ、ということが多く5分もかからずに登録を完了することができます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • メールアドレス

この時点で、履歴書や職務経歴書を準備する必要はありません。また、転職エージェントによっては求職者の希望に合わせて、すぐに転職サポートを開始しないケースもあります。

Webマーケティングの仕事が気になられた方は、どのような求人が掲載されているかをチェックするためにも登録してみましょう。

2.転職エージェント担当者と面談

転職エージェントに無料した後は、転職エージェントの担当者と面談を行います。下記のようなことをヒアリングされます。

  • 転職状況
  • 転職希望時期
  • 希望職種・ポジション
  • 希望年収
  • 前職での経験

面談の時間は1時間~1時間半程度です。転職でこだわりたいポイントやライフプランなどを含め、気軽に転職エージェントに今後の希望を伝えてみましょう。

面接ではありませんので服装は自由ですが、スーツやオフィスカジュアルにしておくと無難です。

転職を成功させるコツの1つに、担当者であるエージェントとの信頼関係を築くことが挙げられます。面談が終わった後は、お礼メールなどを送っておくと印象がよくなります。

また、面談までに履歴書や職務経歴書を作成し、送付しておくと添削結果を伝えてもらえるので、おすすめです。スムーズに案件応募できます。

3.Webマーケティングの求人を紹介してもらう

面談後は、Webマーケティングの求人を紹介してもらいましょう。面談やこれまでの経歴を踏まえて、エージェントが求人を紹介してもらえます。この時点では、応募を決断する必要がありませんので、安心してください。

しかし、時には希望とは異なる求人が紹介されてしまうかもしれません。例えば、Webマーケティングの「Webディレクター」職を希望しているにも関わらず、「SEOコンサルタント」の求人ばかり紹介されてしまうケースです。

その場合は、エージェントに希望と異なる点を伝えてください。納得のいく理由を伝えてもらえず、希望と異なる求人が紹介され続ける場合は、担当者を変えてもらうのもおすすめです。

4.応募、書類選考後に面接を受ける

気になる案件があれば、応募してもらいましょう。転職エージェントによっては、職務経歴書などがない場合、案件に応募してもらえませんので、注意が必要です。

応募から最終面接まで4ステップに分けて、それぞれ詳しく解説します。

転職活動において、もっとも重要なポイントですので、事前にチェックしておきましょう。

Step1.求人に応募(書類選考)

紹介してもらった求人に応募すると、企業側に履歴書や職務経歴書などが共有され、その内容を踏まえて企業が面接を実施するか検討します。

書類選考期間は7~10日程度と比較的長く、通過率は30~50%と決して高くありません。

そのため、事前に履歴書を添削してもらってから書類提出を行うのが、おすすめです。企業によって、求めている経験やスキルは異なるので、担当者からアピールすべきポイントを確認しましょう。

提出書類を添削してもらった結果、書類通過率が大幅にアップしたという例も少なくありません。

Step2.一次面接

書類審査に合格したら、いよいよ一次面接です。

転職エージェントによっては、事前に面接対策を行ってもらえます。人気求人へ応募された方や転職初心者の方は、ぜひ事前に面接対策を行ってください。

企業によっては一次面接だけではなく、二次面接を実施することがあります。それぞれの特徴は下記の通りです。

  • 一次面接:基本的な社会人としてのマナーをチェック
  • 二次面接:現場で即戦力として活躍できるかチェック

二次面接まで存在する場合、二次面接の方がより応募者のパーソナリティを深堀りされます。ぜひ、面接対策を受けた成果を発揮してください。

Step3.最終面接

一次面接終了後は、いよいよ最終面接です。最終面接は、人事決定権を持つCEOや人事部長などが同席します。

下記のようなポイントをチェックされるのが一般的です。

  • 会社に貢献してくれる人か?
  • 企業理念に共感してくれるか?
  • 入社の意欲はあるか?

最終面接から内定までの割合は50%です。一次面接よりも通過率は高いですが、事前準備が必要なポイントでもあります。

5.内定をもらう

書類審査、面接を経てようやく内定をもらうことができます。しかし、転職活動は内定をもらえば、終了というわけではありません。下記のようなポイントを企業と交渉しなければいけません。

  • 入社日
  • 給与
  • 待遇

上記ポイントは、企業と交渉するのが難しいのが特徴です。転職エージェントは、上記ポイントを企業と交渉してくれます。

また、いくつかの企業に応募し、内定を保留したい場合は1週間程度ならば可能です。保留期間が長いと、他の応募者が採用されてしまい、内定取り消しになってしまうかもしれません。

また、万が一、内定を辞退する場合はできるだけ早めに担当者へ連絡しましょう。ギリギリの対応となった場合、トラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

内定承諾書を提出した後に、内定を辞退したくなる場合もあるかもしれません。内定承諾書を提出後も辞退することは可能ですが、法律的には入社日から2週間前には最低でも内定辞退をする必要があるので注意してください。

企業が入社準備をし始めるタイミングでもあるため、入社日から2週間をきってから内定辞退した場合、損害賠償を請求されたケース※もあります。

※東京地裁 平24.12.28判例「アイガー(採用内定取消・辞退)事件」

Webマーケティングの転職で転職エージェント・サイトを使うメリット6つ

Webマーケティングの転職で転職エージェント・サイトを使うメリット6つ

Webマーケティングの転職の際、転職エージェントを活用するか迷われている方もいるかもしれません。そこで、ここでは、Webマーケティングの転職で転職エージェントやサイトを使うメリットを6点ご紹介します。

転職エージェントの有無で、転職活動の結果は大きく変わるともいわれているので、ぜひチェックしてください

自分に合った求人を探してくれる

自分に合った求人を探してくれるという点が、転職エージェントの最大のメリットです。

様々な求人が存在するため、取捨選択するだけでも非常に大変な作業になります。特に現職で働いている人は、求人を探す時間を確保することも容易ではありません。

転職エージェントを活用することで、客観的な視点で、多くの候補から自分に合った求人を紹介してもらえます。

例えば、Webマーケターとしての経験がある人が、スキルアップを目的に「Webディレクター」の求人を探していたとしましょう。

しかし「Webディレクターを育てたい」という企業もあれば、「即戦力のWebディレクターを採用したい」という企業もあります。前者の場合、Webマーケターとしての経歴が評価されますが、後者の場合は書類審査も通らないかもしれません。

転職活動を効率よく進めるためにも、転職エージェントに求人を探してもらいましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれる

履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてもらえる点も大きなメリットです。エージェントは、面談の際にヒアリングした内容をもとに、履歴書などの内容を添削してくれます。

自己PRをより分かりやすく、説得力のある内容になるよう添削してもらうことが可能です。

情報を詰め込みすぎても職務経歴書は読みにくくなってしまいます。しかし、自分にとっては「不要かな?」と省略したポイントが、企業にとっては重要となる可能性も少なくありません。情報を過不足なくまとめる方法も教えてもらえます。

転職初心者の方だけではなく、Webマーケティング業界未経験の方も転職エージェントの活用がおすすめです。

応募先に合わせた面接対策を実施

応募先企業に合わせた面接対策を実施してもらえる点も転職エージェントの魅力になります。下記のようなポイントを教えてもらうことが可能です。

  • 面接のポイント
  • よく聞かれる質問
  • 企業側の求める人材
  • 面接時の服装や髪型

上記ポイントを踏まえた模擬面接もしてもらえるため、内定をもらえる可能性を高めることができます。

年収交渉もしてくれる

年収交渉をしてもらえる点も大きなメリットのうちの一つです。内定をもらっているという立場から、なかなか自分では伝えづらい年収交渉。しかも、タイミングや言い方を間違えると、内定をもらえないこともあります。

転職エージェントは、内定者の年収を基準に報酬を受け取るのが一般的です。そのため、年収交渉のテクニックがあるだけでなく、親身に対応してもらうことができます。

ただ、年収交渉を依頼する際には下記の4点に注意しましょう。

  • 現職の年収は嘘をつかない
  • 内定通知書が出た後に交渉を依頼しない
  • 希望年収の幅を広くしすぎない
  • スキルや経験を伝える

基本的に前職の年収などを考慮して報酬が決められます。そのため、転職エージェントに年収を交渉しても数百万円の大幅なアップは、期待できません。

転職の不安を相談できる

転職の不安を相談できる点も転職エージェントの魅力です。転職活動はゴールが見えないマラソンのようなものといわれています。そんな転職活動の不安を相談することが可能です。

転職状況などをふまえて、「転職を継続する」「転職をやめる」など適切な判断をしてもらうことができます。転職のプロからの適切なアドバイスであるため、不安を理由に転職を妥協しなく済む点が最大の魅力です。

そもそも、現在「転職しようかな?」という段階の人も多いかもしれません。キャリアプランの設計なども含めて相談することができる点も転職エージェントの魅力です。

すべての転職サポートを無料で受けられる

転職エージェントの全てのサポートを無料で受けることが可能です。転職エージェントは、転職者が就職した企業から報酬を得ているため、無料でサポートを提供してくれます。

個別に転職のプロに履歴書添削や模擬面接を依頼すると1回につき数千円かかることも珍しくありません。

転職することで、経済的な負担が生じる点に不安を感じられる方も少なくないでしょう。しかし、転職エージェントを活用すれば、転職にまつわるサポートを無料で受けられます。

Webマーケティングに転職するためにあるといいスキル4つ

Webマーケティングに転職するためにあるといいスキル4つ

Webマーケティングは近年注目されている職種ということもあり、転職を検討されている方の中には業界未経験者という方も少なくありません。

そのため、どのようなスキルがあると転職に役立つか、気になられる方も多いでしょう。ここでは、Webマーケティングに転職するためにあるといいスキルを4点ご紹介します。

  1. 市場調査やニーズ分析する力
  2. データを分析する力
  3. 流行・トレンドをキャッチアップする力
  4. 論理的思考力

経験者の方の場合、実務経験と合わせてアピールすると、転職で有利になりますので、ぜひチェックしてください。

市場調査やニーズ分析する力

Webマーケティングでは、市場調査やニーズを分析する力が、非常に重視されます。

Webマーケティングは、膨大なデータをもとに市場を見極めるのが仕事です。マーケットリサーチ(市場調査)ともいわれ、市場の状況をもとにマーケティング施策をたてます。

市場調査の方法は様々なですが、主な手法として下記5点が挙げられます。

  • PEST分析
  • 3C分析
  • SWOT分析
  • PPM分析
  • STP分析

分析するだけではなく、仮説を立てて施策を立てることができると、転職シーンでは大きく評価されます。

データを分析する力

市場調査で収集したデータを分析する能力もWebマーケティングでは重要視されます。データを分析してマーケティング戦略を打ち出す必要があるからです。

データ分析の主な業務は下記の3ステップになります。

  1. データの細分化
  2. 要素ごとに分類
  3. 問題点を見つける

様々なデータから相関や因果関係を見出さなければいけません。そのため、Webマーケティングではデータを集めるだけではなく、分析することが重要視されています。

流行・トレンドをキャッチアップする力

Webマーケティングでは、流行やトレンドをキャッチアップする力も評価されます。単に流行に敏感というだけではなく、高い情報収集能力があるからです。市場の変化にもいち早く気付き、対応することができます。

Webマーケティングでは、与えられたデータを分析するだけでなく、未来を予測して戦略を立てなければいけません。そのため、市場の変化にも敏感であることが求められます。

流行やトレンドのキャッチアップ方法として、下記の方法がおすすめです。

  • SNSを小まめにチェックする
  • ニュースを深堀りする癖をつける
  • セミナーや書籍で勉強をする
  • 業界の人と交流する

自分に合った方法で、流行やトレンドをキャッチアップする能力を磨いてください。

論理的思考力

論理的思考もWebマーケティングでは必要な能力です。データの結果から仮説をたてて、戦略を打ち立てる必要がありますが、その際に論理的思考が求められます。

論理的思考を鍛えるためには、下記のようなフレームワークが有効です。

  • ロジックツリー
  • バリューチェーン
  • ピラミッドストラクチャー
  • 5W1H
  • MECE

プロジェクトにより、より効果的な手法は異なります。最適なフレームワークを使いこなせるように、準備しましょう。

Webマーケティングへ転職に関するよくある疑問

Webマーケティングへ転職に関するよくある疑問

Webマーケティングへ転職する際、様々な疑問を抱かれる方も多いのではないでしょうか。そこで、ここではWebマーケティングへの転職に関する「よくある疑問」とその答えをご紹介します。

回答だけではなく、対処方法などもご紹介していますので、ぜひ確認してください。

未経験者でもWebマーケティングに転職できますか?

結論からお伝えすると、未経験でもWebマーケティングに転職することができます

かつては経験者が優遇されていましたが、IT業界の人手不足にともない未経験者を採用する企業が増加中です。前職での経験やスキルをアピールすることができれば、未経験からでも転職することも難しくありません。

「Webマーケティング未経験者」に優しい転職エージェントも増えています。Webマーケティングへの転職を不安に思われている方は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

Webマーケティングは年齢制限はありますか?

Webマーケティングの求人に年齢制限はありませんので、安心してください。

ただし、全くの未経験からWebマーケティングに挑戦する場合、35歳までが上限ともいわれています。入社後に、Webマーケティングとして教育する必要があるためです。

しかし、前述したようなWebマーケティングに必要なスキルを前職で培っていた場合、35歳を超えても転職することは難しくありません。

Webマーケティングの転職に強いおすすめ転職エージェントまとめ

Webマーケティングの転職に強いおすすめ転職エージェントまとめ

IT業界の人手不足に伴い、需要が高まっているのがWebマーケティングです。未経験からの転職が決して難しくないこともあり、多くの人がWebマーケティングへの転職を検討しています。

そのため、Webマーケティングの転職の際には、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

特に未経験からのWebマーケティングへの転職の場合、前職での経験やスキルのアピールが欠かせません。転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書添削、模擬面接を実施してもらえます。

本記事では、Webマーケティングへ転職する際におすすめの転職エージェントを紹介していますので、転職エージェントを選ぶ方法を参考にしつつ登録してみましょう。

転職エージェントを活用することで、Webマーケティングへのスムーズな転職をサポートしてもらえるはずです。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次