ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント6選!

本ページにはプロモーションが含まれています。
ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント

「自分に合ったベンチャーやスタートアップの企業を見つけたい」
「転職におすすめのベンチャー・スタートアップ企業を紹介してほしい」

これからベンチャーやスタートアップ企業へ転職を検討している方は、このような悩みを持っているのではないでしょうか。
全国には多くのベンチャー・スタートアップ企業があり、将来性に期待を持てる企業も豊富にあります。

しかし、全ての企業が成功するわけではないため、転職活動を行うときは慎重に選定することが大切です。
当記事では、ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント6選を紹介します。

転職サイト・転職エージェントの選び方やメリット、転職のコツまで解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント6選!

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント5選!

こちらでは、ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント5社を紹介します。
転職サイトや転職エージェントによって紹介している企業は異なるため、複数のサービスを併用することが大切です。

それぞれ詳細や特徴について説明するので、ぜひ利用を検討してください。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
引用元:リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円〜2,000万円のハイクラス求人を中心に用意
  • 自分に合ったヘッドハンターを選定可能
  • 求人の質が高く企業とのミスマッチを防げる

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営するスカウト型転職サイトです。
年収800万円〜2,000万円のハイクラス求人を中心に扱っており、年収の大幅なアップを期待できる点が特徴です。

自分に合ったヘッドハンターを選べるため、転職に関する悩み相談も気軽にできます。
CMや広告でも積極的に宣伝されており、知名度が高く利用も安心です。

管理職の求人を多く扱っているので、上流工程に携わりたい方には最適な転職サイトとなっています。
求人の質も高く、企業とのミスマッチを防げる点も魅力の1つです。

高収入が期待できる転職先を求めるなら、リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめです。

関連記事>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

リクルートダイレクトスカウトの基本情報
運営会社名株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
主な求人職種IT技術職、営業、建設・施工管理、コンサルタント(ITコンサルタント含む)、機械、管理部門 など

ビズリーチ

ビズリーチ
引用元:ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • 転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが7,300人以上登録
  • 面接対策や自己PRのコツなどをサポート

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する完全スカウト型の転職サイトです。
年収1,000万円以上の求人が3分の1以上あるため、高収入を期待できます。

転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが7,300人以上登録しているので、自分との相性が良い企業とマッチできる可能性が高いです。
担当者から献身的なサポートを受けることができ、悩みに寄り添いながら最適な企業を紹介してくれます。

面接対策や自己PRのコツなどもサポートしており、選考に残るアドバイスを受け取れる点も魅力です。
求人数が多く、サポート面の充実度を重視するなら、ビズリーチの利用がおすすめです。

関連記事>>ビズリーチの評判と口コミを徹底調査【転職成功体験談あり】

ビズリーチの基本情報
運営会社名株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
公開求人数非公開
公式サイト管理職・専門職など様々

マイナビエージェント

マイナビエージェント
引用元:マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーを用意
  • 企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍
  • 20代〜30代向けの求人が豊富

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する顧客満足度1位の転職エージェントです。
各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが用意されており、要望に合わせた転職活用のサポートを受けられます。

転職活動の疑問について丁寧に答えてもらえるため、不安や悩みを解決しながら進められます。
キャリアアドバイザーとは別に企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しているので、職場の風土を事前に把握することが可能です。

20代〜30代向けの求人を豊富に取り扱っており、若手が働ける環境を紹介してもらえる点は魅力です。
キャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けたいなら、マイナビエージェントの利用がおすすめです。

関連記事>>マイナビエージェントの評判・口コミを徹底調査!満足度トップ級のエージェントに悪い評判はあるのか?

マイナビエージェントの基本情報
運営会社名株式会社マイナビ
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数301,647件(2024年5月21日現在)
主な求人職種管理職・専門職など様々

Type転職エージェント

Type転職エージェント
引用元:Type転職エージェント
Type転職エージェントの特徴
  • 蓄積されたノウハウから納得感のある転職を実現できる
  • 求人紹介から内定の支援まで全て無料のサービス
  • 応募書類の添削や面接対策、面接日程の調整などもサポートを受けられる

Type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターが運営するIT・営業・ハイクラスの転職に強い転職エージェントです。
25年以上の運営実績があり、蓄積されたノウハウから納得感のある転職を実現できる点が特徴です。

求人紹介から内定の支援まで全て無料のサービスとなっているため、費用は一切発生しません。
応募書類の添削や面接対策、面接日程の調整などもサポートを受けられるので、転職活動をスムーズに進められます。

利用者の7割が年収アップを実現させており、高収入の企業に転職できています。
業界に特化した転職エージェントを求めるなら、Type転職エージェントの利用がおすすめです。

関連記事>>type(タイプ)転職エージェントの口コミ・評判から特徴を解説

Type転職エージェントの基本情報
運営会社名株式会社キャリアデザインセンター
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
公開求人数17,179件(2024年5月15日現在)
主な求人業種管理職・専門職など様々

リクルートエージェント

リクルートエージェント
引用元:リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • ほかの転職エージェントに比べて豊富な求人数を用意
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 専用のアプリからキャリアアドバイザーとやり取りできる

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職支援実績No.1の転職エージェントです。
ほかの転職エージェントに比べて豊富な求人数を用意しており、非公開求人も30万件以上あります。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。
提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供などのサポートを受けられるので、サービス面が充実している点も魅力です。

専用のアプリからやりとりを行えることから、メールが埋もれてしまう心配もありません。
求人数の多さやサービスの充実度を重視するなら、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

関連記事>>リクルートエージェントの評判や口コミを徹底調査!登録のメリット・デメリット

リクルートエージェントの基本情報
運営会社名株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数395,821件(2024年5月15日現在)
主な求人職種管理職・専門職など様々

プロコミットキャリア

プロコミットキャリア
引用元:プロコミットキャリア
プロコミットキャリアの特徴
  • ベンチャー・スタートアップ・成長企業に特化
  • 優良成長企業の未公開求人が多く集まる
  • 書類に表れない転職者のポテンシャルも見出し最適な企業とマッチング

プロコミットキャリアは、プロコミットキャリア株式会社が運営するベンチャー・スタートアップ・成長企業に特化した転職エージェントです。

膨大な数のスタートアップやベンチャーを支援してきた実績から、ベンチャー・スタートアップならではの革新的なビジネスモデルに理解が深く、企業課題に適した人材との最適なマッチングを得意としています。

これまでに、紹介した人材が、後に有名メガベンチャーとなった企業の成長ステージで活躍した事例もあります。そのため企業からの信頼が厚く、常に優良なスタートアップ/ベンチャーからの求人が絶えません。

転職者に対しては、「職務経歴書や求人票を鵜呑みにする」支援は行わないことも特徴です。経験豊富なコンサルタントが時には転職者本人も認識していない魅力を引き出し、本人も企業も成長できるようなマッチングを提案します。

ただ希望に合わせるだけではなく、あらゆる可能性を視野に入れた柔軟な提案が可能な転職エージェントです。

プロコミットキャリアの基本情報
運営会社名プロコミットキャリア株式会社
公式サイトhttps://www.procommitcareer.co.jp/
公開求人数非公開(2024年6月現在)
主な求人職種CXO、PM、企画職、営業、マーケティング、人事、総務、経理財務会計など

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェントの選び方3つ

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェントの選び方3つ

ベンチャー・スタートアップの転職サイト・転職エージェントを選ぶときは、いくつかのポイントがあります。
選ぶポイントを理解しておくことで、利用時のミスマッチを防げるようになります。

転職サイト・転職エージェントを選ぶときは、以下の3点をチェックしてください。

経営者と直接の繋がりがあるかどうかをチェック

経営者の考えや求める人材について知りたいなら、直接の繋がりがある転職エージェントを選びましょう。
ベンチャーやスタートアップの企業は意思決定が早いため、変化が起こりやすい環境となっています。

担当者から経営者の情報を聞いておくことで、転職前に経営方針の変更について理解を深められます。
転職を決断するための判断材料となる情報を把握できるので、経営者と直接の繋がりがある転職エージェントの利用がおすすめです。

ベンチャー・スタートアップ企業の求人数が多いところを選ぶ

ベンチャー・スタートアップ企業へ転職を検討しているなら、企業の求人数が多い転職サイトや転職エージェントを選びましょう。
転職を求める企業の求人数が少なければ、転職活動に時間がかかってしまい効率良く進められなくなります。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職は数多くの求人を見ることが大切なので、求人数の多い総合転職サイト・転職エージェントを使うことがおすすめです。
例えば、当記事で紹介したリクルートエージェントは、豊富な求人数があるので求める企業を見つけやすくなっています。

転職先の選択肢を増やすためにも、ベンチャー・スタートアップ企業の求人数が多い転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

ベンチャー・スタートアップ企業に特化した転職サイト・転職エージェントを選ぶ

ベンチャー・スタートアップ企業の転職を求めるなら、特化型の転職サイト・転職エージェントも活用するようにしましょう。
転職サイトや転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種類があります。

総合型は全体的な業界・業種の求人を取り揃えており、特化型は特定の業界・業種の求人を用意しています。
ベンチャー、スタートアップ企業に強い転職サイト・転職エージェントなら、業界の細かな動きを把握しているので最新の情報を提供可能です。

ベンチャーやスタートアップ企業は変化が激しいため、専門のアドバイザーから最新の情報を仕入れながら転職活動を進める必要があります。
専門的な知識や経験を活かして転職活動を進めたい方は、ベンチャー・スタートアップ企業に特化した転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

ベンチャー・スタートアップ転職のメリット6つ

ベンチャー・スタートアップ転職のメリット6つ

ベンチャー・スタートアップ企業に転職することで、以下のような6つのメリットがあります。

今の仕事よりも待遇アップの可能性

ベンチャーやスタートアップ企業は新規商品・サービスを展開しているため、急激な成長を見込める環境となっています。
企業が急激な成長に成功すれば、成長の度合いに伴って社内の給与や福利厚生が見直されます。

現在の仕事よりも待遇アップを期待できるので、生活を安定させることが可能です。
また、個人の成果が評価されやすいため、業績によって短期間のうちに給料を増やせるようになります。

待遇アップによって仕事へのやりがいやモチベーションを向上できる点は、ベンチャー・スタートアップ転職のメリットといえるでしょう。

自分自身が成長できる

ベンチャーやスタートアップ企業の多くは基盤ができていない状態となっているため、自分たちで考えながら企業を成長させていくプロセスに立ち会えます。
一般的な企業では前例をもとに事業・プロジェクトを進めますが、ベンチャー企業では前例がないことも多いので主体的な行動が求められます。

どのように動けばいいのかを自分で考えられるので、大きな成長を見込める環境です。
それぞれの責任が強くなるので思いプレッシャーはかかりますが、自分自身が短期間のうちに大きく成長できます。

そのため自分自身が成長できる環境としても、ベンチャー・スタートアップ企業の転職は大きなメリットです。

専門外のことも学べる

ベンチャーやスタートアップ企業では一人ひとりの業務範囲が広いため、専門外のことも学べます。
ノウハウがなかったとしても自分で考えながら行動する必要があるので、短期間のうちに多くの経験を吸収できます。

また、前例がない業務も多いことから、他部署との連携をしなければスムーズに進められないことも多いです。
コミュニケーション能力も自然と向上でき、他部署と連携するためのスキルを必然的に学習できるようになります。

はじめは個人の負担が大きくなりますが、業務を進めるうちに効率的な動き方を身につけられます。
自分の専門外のことも学べる点は、ベンチャーやスタートアップ企業に転職するメリットの1つです。

経営者と近い距離で働ける

ベンチャーやスタートアップ企業は、大手や老舗企業に比べて経営者と近い距離で働けます。
経営者の動きを見ながら働けるため、ビジネスのノウハウを自然と吸収できます。

また、経営者に自分の意見を伝えやすいため、採用されれば新たな事業展開に携わることが可能です。
自分で始めた事業を成長させるやりがいや達成感を得られるので、自分の成長にもつながります。

もし将来的に転職が必要になったときには、ベンチャー企業の成功体験をアピールできるようになります。
そのため経営者と近い距離で働ける点は、ベンチャーやスタートアップ企業に転職する上でメリットといえるでしょう。

提案から行動までがスピーディー

ベンチャーやスタートアップ企業は、大企業と比べて提案から行動までの意思決定が早いです。
とくに中小規模のベンチャー企業は一人ひとりの裁量権が大きいため、新入社員でも経営者に直接アイデアを提案できます。

大手企業の場合、上司を通じて数度の会議を行い意思決定をする必要があるので、行動に移すまで時間がかかってしまいます。
状況によっては、上司の許可が下りず提案がキャンセルされる可能性も高いです。

ベンチャー企業なら勤務歴や年齢に関係なく経営者に提案し、すぐに行動へと移せます。
自分の考えを認めてもらえやすい点は、ベンチャーやスタートアップ企業で働く大きなメリットです。


評価に勤続年数や年齢は関係ない

ベンチャーやスタートアップ企業では、評価をするために社員の勤続年数や年齢は関係ありません。
大手や老舗企業の場合、社員の勤続年数や年齢に注目されるので正当な評価がされないことも多いです。

ベンチャー企業は個人の能力や成果を重視しているため、成果次第で年齢や勤続年数に関わらず評価される可能性があります。
若手社員でも昇進や収入アップを見込めることから、働きがいのある環境となっています。

そのため勤続年数や年齢に関係なく、正当な評価をしてもらえる点は、ベンチャーやスタートアップ企業に転職するメリットの1つです。

ベンチャー・スタートアップ企業転職のコツ6つ

ベンチャー・スタートアップ企業転職のコツ6つ

ベンチャー・スタートアップ企業に転職するときは、以下のような6つのコツがあります。

未来の自分を想い描く

ベンチャーやスタートアップ企業に転職するときは、将来の自分をイメージすることが大切です。
転職後、どのようなポジションで業務をこなして事業を達成へと導くのかをイメージすることで、採用担当者に想いが伝わりやすくなります。

自分のイメージと企業が求める人材のイメージがマッチしていれば、転職成功率が大きく向上します。
転職エージェントを利用するときは、企業の情報を聞きながら働くイメージができるようにしておきましょう。

働きたい理由を明確にする

ベンチャーやスタートアップ企業に転職する場合、働きたい理由を明確にしておきましょう。
転職の目的が漠然としていると、採用担当者の不安要素になり採用が難しくなってしまいます。

ベンチャー企業では個人の主体性が求められるため、自ら行動できる意思が必要です。
例えば「これまでの経験・スキルを生かして新事業に挑戦したい」、「自分で考えたアイデアを提案してみたい」といった目的があれば、前向きな姿勢をアピールできます。

一番強い思いをはっきりと人に伝えられることが、採用の大きな決め手となります。
転職先の企業と信頼関係を築くためにも、働きたい理由を明確にして伝えるようにしましょう。

ベンチャー・スタートアップの企業の研究をする

自分が求める企業に転職するなら、ベンチャーやスタートアップの企業について研究しましょう。
どういった業界が成長しているのか、将来性の高いサービスを展開している企業はどこかなどを調査することで、自分にマッチしたベンチャー企業を見つけられます。

また、研究した内容は面接対策にも利用できるため、転職を決めた理由としても説明できます。
そのためベンチャーやスタートアップ企業に転職するときは、業界や展開しているサービスについて研究しておきましょう。

自分のスキルを明確にする

ベンチャーやスタートアップ企業の多くは、即戦力となる人材を求めています。
理由としては、ベンチャー企業は大企業に比べ人材教育の環境が整っていないからです。

なかには研修制度を用意している企業もありますが、通常よりも短期間のうちにスキルを身につけなくてはいけません。
転職活動を行うときは、これまでの経験やスキルを整理して何ができるのかを明確にすることが大切です。

やりたいことに対してスキルが足りていなければ、必要に応じて資格取得をすることも1つの手段です。
まずは自分のスキルを明確にして、ベンチャーやスタートアップ企業へどのように生かせるのか整理してみましょう。

面接対策をする

ベンチャーやスタートアップ企業に転職するときは、面接対策をしておきましょう。
前述で紹介したように、働く自分のイメージや働きたい理由などを整理し、企業の研究、スキルの明確化などを行うことで人事担当者にアピール可能です。

人事担当者とのやりとりを行うときは、内容を文章にまとめて言葉として整理することで話しやすくなります。
転職サイトや転職エージェントの中には、面接対策をサポートしてくれるサービスも提供されています。

アピールする内容を整理できたら、身だしなみや態度、姿勢、言葉使い、声の大きさなどに気をつけて面接を進めるようにしましょう。

キャリアアドバイザーのアドバイスをしっかりと聞く

転職エージェントを利用してベンチャーやスタートアップ企業に転職するときは、キャリアアドバイザーのアドバイスをしっかり聞いておきましょう。
キャリアアドバイザーのアドバイスを無視して転職活動を進めてしまうと、失敗に終わってしまう可能性は非常に高いです。

キャリアアドバイザーは転職に精通しているため、プロのアドバイスを参考にすることで転職活動を進めやすくなります。
また、キャリアアドバイザーに多くの求人情報を紹介してもらいたいなら、転職意欲を積極的にアピールすることも大切です。

転職意欲をアピールすることで高品質な転職サポートを受けられるようになるので、キャリアアドバイザーと協力しながら転職活動を進めるようにしましょう。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関する疑問

ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関する疑問

これからベンチャーやスタートアップ企業への転職を検討している方は、いくつか疑問を抱えているのではないでしょうか。
こちらでは、ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関する疑問について回答します。

疑問点を解消するためにも、ぜひ参考にご覧ください。

ベンチャーとスタートアップの違いは?

ベンチャーとスタートアップは、それぞれ企業の成長スピードに大きな違いがあります。
ベンチャー企業は既存のビジネスモデルを基礎としており、そこに独自の変化を加えて新規商品・サービスを生み出しています。

一方スタートアップ企業は、事例のないビジネスモデルを展開した新たな価値観を生み出している点が特徴です。
詳しい違いについては、以下の表を参考にご覧ください。

ベンチャー企業スタートアップ企業
成長率長期的で安定した成長を目的とする急激な成長を目的とする
革新性既存のビジネスモデルを基礎として、独自の変化を加える新規商品・サービスを生み出す事例のないビジネスモデルを展開して新たな価値観を生み出す
出口戦略到着までの時間が長い短期間での利益回収を目指す
資金調達法融資・助成金ベンチャーキャピタル・エンジェル投資家など

ベンチャー企業は何年までベンチャー企業か?

ベンチャー企業は創業から3年までとなっており、エンジェルからプレシリーズAの段階で資金調達に成功している企業はスタートアップとしています。
EXIT前の企業はベンチャー企業と便宜上総称されているため、全般的にはベンチャー企業と呼ばれることが多いです。

5年目以降で資金調達できていない企業や新規事業に挑戦しようとしている企業は、同じくベンチャー企業とされることがあります。

ベンチャーとスタートアップ企業に向いている人はどんな人?

ベンチャーやスタートアップ企業には、以下のような人が向いています。

  • 主体的に物事を考えられる人
  • 変化を楽しめる人
  • 将来独立・起業したい人

ベンチャー・スタートアップ企業はそれぞれの社員が主体的に動く必要があるため、自分で考えながら行動をしたい人に向いています。
また、これまで事例がない事業に挑戦できるので、新たな変化を楽しめる人は環境に対応可能です。

さらに自分のスキルや経験とは専門外の業務も対応できることから、短期間のうちに大きな成長を期待できます。
将来的に独立や企業を目指している方は、ベンチャー企業の経験がとても役立ちます。

上記のような項目に当てはまる方は、ベンチャーやスタートアップ企業への転職に向いているでしょう。

おすすめのベンチャー・スタートアップ企業を知る方法は?

おすすめのベンチャーやスタートアップ企業を知りたいときは、転職エージェントを使用しましょう。
転職エージェントでは業界の知見を持ったアドバイザーが在籍しているため、自分だけでは見つけられない情報を紹介してくれます。

また、企業の経営者と関わりがある転職エージェントであれば、社内の雰囲気や経営方針などの情報をアドバイスしてもらえます。
さらに他社では紹介されていない非公開求人も紹介してもらえるので、新たな転職先を見つけることが可能です。

そのためベンチャーやスタートアップ企業について調査したいときは、転職エージェントを利用するようにしましょう。

ベンチャー・スタートアップ企業転職の注意点は?

ベンチャーやスタートアップ企業は大きな成長を期待できますが、なかには起業してから売上が安定していないことも少なくはありません。
売上が安定していなければ、想定していたよりも高い給与を得ることができない可能性も高いです。

また、社会保険や福利厚生、研修といった体制が充実していないことも多く、待遇面に不満を持つこともあります。
さらに企業間の競争が激しいことから、経営が失敗して事業終了になるリスクも存在します。

そのためベンチャーやスタートアップ企業の転職するときは、少なからずリスクがあることを理解しておきましょう。

関連記事>>ベンチャーやスタートアップへの転職は後悔する?リスクと転職成功させるポイントを解説

ベンチャーとスタートアップ企業でもらえる平均年収は?

ベンチャー企業の平均年収は、350万円〜400万円と言われています。
日本経済新聞社がまとめた2022年「NEXTユニコーン調査」によると、スタートアップ企業の平均年収は約650万円というデータがあります。

しかし、企業によって業界や規模、地域、職種などは異なるため、中には平均以上の年収を期待できるケースもあるでしょう。
平均年収を重要視するのであれば、スタートアップ企業への転職を検討すると良いでしょう。

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

今回は、ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト・転職エージェントや選び方、メリット、転職のコツまで詳しく紹介しました。
ベンチャーやスタートアップ企業は新規商品・サービスを展開しており、急激な成長を見込めます。

前例がないことにも挑戦できるため、自分自身の成長にもつながり専門外のことも学べます。
新入社員や若手社員でも提案が通りやすいので、自分のアイデアから売上を獲得して企業に貢献できる点も大きなメリットです。

ベンチャー・スタートアップの転職サイトや転職エージェントを選ぶときは、経営者と直接の繋がりがあるか、求人数が多いか、業界に特化しているかなどをチェックしてください。
新たに活躍できる企業を見つけ、自分らしく働けるベンチャーやスタートアップ企業に挑戦してみましょう。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次