MS-Japanの評判・口コミは?管理部門・士業特化エージェントの特徴とメリットデメリットを解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
MS-Japan 評判 口コミ 管理部門・士業特化エージェント 特徴 メリット デメリット 解説

MS-Japan管理部門・士業へ転職したい人に人気の転職エージェントです。

しかし、利用者の評判を見てみると良い口コミもあれば悪い口コミも存在します。

この記事では、MS-Japanを利用した人からの評判・口コミを紹介しながら、どのような人に向いているサービスなのか解説します。

>>公認会計士におすすめ転職エージェント比較9選|活用法と転職成功のポイントを解説

>>税理士転職に強いおすすめエージェント比較|失敗しない選び方と転職成功のポイントを解説

\金融業界におすすめの転職エージェント/

サービス名 特徴

最速転職ヒュープロ

平均21日で内定を獲得できるスピードが強みの会計業界に特化した転職エージェント

紹介案件の9割以上が会計事務所・税理士法人かつリモート求人が豊富

 

フリーコンサルタントBizロゴアクシスコンサルティング

コンサル求人に特化した転職エージェントならアクシスコンサルティング。

事業会社からの転職やコンサルティングファームから他社ファームへの転職はもちろん、未経験からのコンサルティング転職も手厚く支援してくれます。

ヤマトヒューマンキャピタル

ファイナンス業界未経験者の転職支援人数は業界トップクラス。

転職成功者の平均年収増加率186%の実績あり。※

※(2020年10月時点)

転職サービス口コミ体験談投稿フォーム

コンサルGOでは転職サービスを実際に利用したユーザーからの口コミ・体験談を募集しています。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
評価

目次

MS-Japanとは?

MS-Japanとは?

MS-Japanは、経理・人事・法務などの「管理部門」と会計士・弁護士・税理士などの「士業」の専門特化型の転職エージェントです。

創業30年以上の実績とノウハウを活かし、知識豊富なアドバイザーがキャリア支援を行います。

2023年5月期に日本マーケティングリサーチ機構が行った「管理部門・士業におすすめしたい転職サービス」に関してのインターネット調査にて、第1位に選出されています。

MS-Japanの会社情報

MS-Japanの会社情報

MS-Japanの会社情報をご紹介します。

社名株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
本社所在地東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F
代表者代表取締役社長     有本 隆浩
設立1990年4
事業内容
  • 総合転職支援サービス
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
  • メディア事業
公開求人数10,246件(2024年6月7日現在)
得意領域管理部門・士業
対応エリア全国(首都圏メイン)、海外
コーポレートサイトhttps://company.jmsc.co.jp/

(MS-Japan公式サイトより作成)

MS-Japanの特徴

MS-Japanの特徴

MS-Japanは管理部門・士業に専門特化し30年以上に渡って転職サポートを行ってきました。

そのため各業界に精通しており、多くの企業・事務所の求人を保有しています。

第二新卒から30代の中堅層、40代以上の管理職まで幅広い求人を取り扱っているのが特徴です。

業界トップクラスの利用実績を誇り、これまで管理部門で26,000名以上、士業で600名以上の転職をサポートしています。

また、利用者の90%の人が「次回転職の際には、MS-Japanを利用したい」と回答しています。

 MS-Japanに登録して感じた実際の評判・口コミ

 MS-Japanに登録して感じた実際の評判・口コミ

MS-Japanを利用した人からの評判・口コミについて、良いものと悪いものをそれぞれご紹介します。

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミです。

対応が丁寧

https://twitter.com/osmanthus_3/status/1535322372785729537?s=20

対応が丁寧だったという声がありました。

30年以上に渡って管理部門・士業に特化した転職支援を行ってきたからこそ、企業の詳細や面接内容を細かく把握しているのですね。

求人の質が良い

求人の質が大手エージェントより上だったという口コミも見つかりました。

MS-Japanでは職種ごとに専門のアドバイザーが在籍しています。

そのため各業界・職種について詳しく把握しており、求職者一人ひとりの希望に合わせて質の高いマッチングができます。

未経験で転職に成功した

未経験でもチャレンジできる 未経験である私が、「会計事務所」という職場に正社員として勤めることがどれだけ難しいことか、MS-Japanのキャリアアドバイザーとの話の中で再認識しました。勤務先の先生は優しく、いろいろと丁寧に指導してくださいますので、どんどん吸収していきたいと思います。自分はまだこの業界に足を踏み入れたばかりで、正直不安なことばかりでしたが、いろいろアドバイスをいただくうちに、少しずつ分かってきたような気がします。今は税理士科目受験資格を持っておらず、これからまだまだ勉強しなくてはいけません。先生もその点は十二分に考慮してくださっており、学校に通わせていただいています。がんばります。

(MS-Japan公式サイトより)

未経験で転職に成功した人のコメントもありました。

MS-Japanでは未経験からチャレンジ可能な求人も保有しており、業界に精通したキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえるので心強いですね。

悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミは以下のとおりです。

2020年5月に人材紹介サービスの名称をMS Agentに変更しているため、そちらの口コミも含みます。

求人紹介が滞る

求人紹介が滞ったという声がありました。

MS-Japanでは多くの求人を扱っていますが、求職者の年齢や経歴、希望次第ではなかなか求人を紹介されないこともあるようです。

対応が悪い

面談の際にこちらからの質問を履き違えて、キレたような口調対応。
エージェントなのに電話応対もまともに出来ないのかと呆れました。
即日登録削除。年齢層が上で年収が高い案件しかちゃんと対応していただけないように感じます。

(BEST WORK 口コミより)

対応が悪かったと感じた人もいました。

アドバイザーの質が良いという声が多いMS-Japanですが、当たり外れがあるようです。

HPが使いにくい

(前略)HPについてなんですが、使いにくいです。何せスピードが遅い。検索するに時間がかかるし、登録するにも時間がかかる。求人検索は、字が細かくて読みにくい。求人の応募をするにも、STEP1~STEP4まで全て登録を確認しなければならないので、時間もかかるし、非常に面倒くさいです。(後略)

(BEST WORK 口コミより)

HPが使いにくいという口コミも見つかりました。

ネットワークの関係でサイトが重くなることもあるのかもしれませんね。

また、人によって見やすいデザインも異なるかと思いますので、使いやすいと感じる人いれば使いにくいと感じる人もいるのでしょう。

その他のMS-Japanの口コミ・評判まとめ

スクロールできます

経理の転職エージェントに悩んだら、まずは下記2つがオススメ!

【doda】
【MS-Japan】

・総合型と特化型1つずつは登録しておきたい
・経理関連の求人や支援実績も豊富で安心
・キャリア相談や職務経歴書添削など、サポート体制が充実
・担当者の経理への知見も豊富なので、転職活動のプラスになる

引用:X

USCPA合格後に使った転職エージェント
・MS-Japan
・マイナビ会計士
・JACリクルートメント
3つともオススメできるエージェントです。僕は最後に受験したREGの合格を確認してから登録・転職活動を開始しましたが、1、2科目合格ぐらいから情報収集のために登録するのもありだと思います。

引用:X

【経理職の転職で登録したいエージェント2選】

✅MS-JAPAN
✅JAC

経理経験者なら試しに登録してみては?

結果的に、わたしは転職に至りませんでしたが話を聞いていただいて現在の「市場価値」を知ることができたので悩んでる方にはオススメです!

転職を決意した際にまた利用したい2社です。

引用:X

転職覚書のこしとく〜
今回エージェントはMS-Japan メイン(同職種は決めてたので)、6月に焦り出し登録したヒュープロ、幽霊会員doda
MS-Japan は職種が合えばそこに特化した求人が多く、担当者もめちゃ親身になってくれて数回面談もした。選考突破率は30社応募の一次面接通過約10社

引用:X

MS-Japanのメリットや強み

MS-Japanのメリット

MS-Japanの主なメリットは、求人の豊富さや業界・職種に精通したアドバイザーからサポートを受けられること、求人検索の際に細かい条件が指定できることです。

管理部門・士業の求人を豊富に取り揃えている

MS-Japanは多くの管理部門・士業の求人を保有しています。

90%が非公開求人となっており、独占求人も多いため、他では出会えなかった求人に出会える可能性があります。

業界・職種に精通したアドバイザーのサポートを受けられる

管理部門・士業に特化した転職エージェントとして30年以上求職者のサポートをしてきたMS-Japanには、その実績に基づいたノウハウが蓄積されています。

そのため専門性の高いアドバイスを受けられます。

また、MS-Japanのアドバイザーは求職者の対応をするだけでなく、企業側担当と一緒に企業に訪問することもあるそうです。

だからこそ企業理解を深めることができ、求職者のサポートに活かすことができるのです。

細かい条件で求人を探せる

MS-Japanでは求人検索の際に条件を細かく設定できるのもメリットだと言えます。

例えば、他のエージェントであれば「法務・知財」とまとめられているところを、MS-Japanではそれぞれ分けて検索できたり、「法律事務所」の中でも「企業法務全般」「一般民事全般」など職種を絞ることができます。

これにより、効率よく求人を探すことが可能となっています。

 MS-Japanのデメリット

 MS-Japanのデメリット

MS-Japanのデメリットは、地方や未経験向けの求人が少ないことや、経歴や希望によっては求人が紹介されない可能性があることです。

地方の求人が少ない

MS-Japanで取り扱っているのは、全国+海外の求人です。

ただその内訳を見てみると、公開求人のうち約63%(2023年7月13日時点)が東京の求人でした。

その他のエリアも神奈川・愛知・大阪が多く、地方の求人はあまりありません。

未経験向け求人が少ない

管理部門・士業において業界最大級の求人数を誇るMS-Japanですが、未経験向け求人はあまり多くありません。

管理部門や士業は採用人数も若干名であることが多いため、未経験者よりも経験者や有資格者向けの求人が多いようです。

スキル・経験、希望によっては求人が紹介されない

MS-Japanでは登録する際に年齢などの制限はありませんが、スキルや経験、希望によっては紹介される求人数が少なくなる可能性があります。

市場動向によって多少の変化はありますが、企業側が求める経験やスキルがない場合は求人の紹介が難しいことも考えられます。

MS-Japanの利用が向いている人

 MS-Japanの利用が向いている人

次のような人にはMS-Japanの利用が向いています。

管理部門・士業に転職したい人

管理部門・士業に転職したい人にはMS-Japanをおすすめします。

同分野の転職サポートでトップクラスのシェアを誇って来た実績・ノウハウがあるため、手厚いサポートを受けることができます。

都市部で働きたい人

MS-Japanは東京・横浜・名古屋・大阪・京都にオフィスを構えています。

そのため取り扱う求人は首都圏・東海圏・関西圏のものが中心となります。

中でも東京・神奈川・愛知・大阪の求人が多いため、都市部で働きたい人におすすめです。

管理部門・士業のスキル・経験が豊富な人

MS-Japanは、管理部門・士業のスキル・経験が豊富な人にもおすすめです。

MS-Japan経由で転職した人の67%が実務経験を5年以上有しています。

年齢層を見ても30代が35%、40代が36%と、ある程度の実務経験を積んでスキルを身に着けた人から人気の高いサービスだということがわかります。

MS-Japanの利用が向いていない人

MS-Japanの利用が向いていない人

反対に、次のような人にはMS-Japanの利用は向いていません。

スキル・経験が浅い人

MS-Japanは専門特化型のエージェントとなるため、管理部門や士業の実務経験に乏しい人や専門的なスキルが浅い人には求人の紹介が難しい場合があります。

また、好条件の求人は経験やスキルが豊富な人向けであることが多いでしょう。

管理部門・士業以外に転職したい人

MS-Japanでは管理部門・士業以外の求人の取り扱いがないため、それ以外の業界・職種に就きたい人にとっては興味の持てる求人がないかもしれません。

地方で働きたい人

MS-Japanで取り扱う求人は首都圏・東海圏・関西圏のものが中心となります。

都市部の求人が多いため、地方で働きたい人にはマッチしません。

MS-Japan以外でおすすめしたいエージェント

MS-Japan以外でおすすめしたいエージェント

MS-Japan以外でおすすめしたいエージェントを3社ご紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング公式サイト
運営会社アクシスコンサルティング株社式会
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年6月7日時点)
主な求人職種コンサルティング職

アクシスコンサルティング、コンサルティング職に特化した転職支援サービスを行っています。

未経験からのコンサル業界へのチャレンジやコンサルティングファームからの独立支援、フリーランスへの案件紹介など幅広いニーズに対応しています。

コンサルタント転職はハードルが高いというイメージがありますが、アクシスコンサルティングのアドバイザーはコンサル業界出身者も多いため、書類作成・面接対策について適切なアドバイスをもらえます。

>>【取材記事】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由を直接エージェントに聞いてみた

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト公式サイト
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数298,652件(2024年6月7日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向けに特化した転職サービスを提供しています。

登録しておくだけでヘッドハンターや企業からスカウトが届くというのが大きな特徴です。

特化型の転職サービスはどうしても求人数が少なくなることが多いのですが、リクルートダイレクトスカウトは公開求人だけでもかなり多くの取り扱いがあります。

より多くの求人に出会いたい人におすすめです。

>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

コトラ

コトラ公式サイト
運営会社株式会社コトラ
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開求人数24,938件(2024年6月7日現在)
主な求人職種金融、コンサル、経営層、IT/WEB、製造業

コトラは、ハイクラス・プロフェッショナル人材に特化した転職エージェントです。

金融、コンサル、経営層、IT/WEB、製造業を得意としているため、該当業界・職種への転職を検討している人におすすめです。

非公開求人が90%となるため、好条件・高年収の仕事を探している人は登録して損はないでしょう

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

MS-Japanの登録から内定までの流れ

MS-Japanの登録から内定までの流れ

MS-Japanの登録から内定までの流れは次のとおりです。

会員登録

公式サイトから無料会員登録を行います。

プロフィールや現在の状況、希望条件を入力します。

アドバイザーとの面談

登録後、MS-Japanから連絡が来たら日程調整をしてアドバイザーと面談を行います。

面談では、これまでの経歴や希望条件などを確認されます。

求人紹介

面談で伝えた経歴や希望条件を基に、求人が紹介されます。

書類選考・面接

紹介された求人に応募したい場合は、担当キャリアアドバイザーにその旨を伝えます。

該当企業に書類を提出し、書類選考開始となります。

書類選考が通過すると面接となり、日程調整はMS-Japanが行います。

面接のアドバイスも必要に応じて受けられます。

内定

選考結果はMS-Japanを通して届きます。

内定承諾後は、退職交渉や入社に向けたアドバイスもしてもらえます。

【2023年8月】MS-Japanの注目ニュース

【2023年7月】MS-Japanの注目ニュース

MS-Japanの2023年8月注目ニュースをご紹介します。

MS-Japanに関する疑問

MS-Japanに関する疑問

MS-Japanに関する疑問をご紹介します。

管理部門・士業の資格を持っていない未経験者でも利用できますか?

MS-Japanでは未経験OKの求人も扱っているため、資格の有無に関わらず利用できます。

ただ、未経験OKでも「資格を保有していることが応募条件」となっている求人も多いため、業務未経験かつ資格不問の求人だとなかなか紹介されない可能性があります。

また、未経験者向けよりも経験者向けの求人が多いため、未経験OKの求人を多く取り扱う他のエージェントへも登録することをおすすめします。

どの程度の年収帯の求人を紹介してもらえますか?

MS-Japanで紹介している求人の52%が年収500万円以上のものです。

年収交渉もMS-Japanがしてくれるため、年収アップしたい人にもおすすめです。

まだ転職するかどうか検討している段階ですが、登録は可能ですか?

情報収集の段階でも登録は可能です。

キャリアアドバイザーとの面談も、転職について考える良い機会になりますよ。

MS-japanの利用を断られた口コミを見ましたが何が理由ですか?

以下の様な理由で利用を断られることもあるようです。

  • 職歴がなく未経験
  • スキルや職歴が乏しい
  • 対象地域(首都圏)外での転職を希望
  • 転職回数が多い(4回以上)
  • 年齢が高い(40代以上)
  • 取り扱いが無い業種を希望

MS-Japanは管理部門・士業に特化したエージェントであるため、専門外や条件外での転職希望者は断らざるを得ない場合も出てきます。

未経験からや地方での転職を希望される方、40代以上での転職を検討されている方は、幅広く多くの求人数を取り扱っている総合型の転職エージェントの利用も検討されることをおすすめします。

MS-Japanの評判まとめ

 MS-Japanの評判まとめ

MS-Japanの評判・口コミや特徴、メリット・デメリットなどをご紹介しました。

MS-Japanは管理部門・士業に強みを持った転職エージェントのため、該当ポジションの求人を探している人におすすめです。

ただ、地方の求人や未経験向けの求人は少ないため、他の転職エージェント含め複数登録しておくことをおすすめします。

\金融業界におすすめの転職エージェント/

サービス名 特徴

最速転職ヒュープロ

平均21日で内定を獲得できるスピードが強みの会計業界に特化した転職エージェント

紹介案件の9割以上が会計事務所・税理士法人かつリモート求人が豊富

 

フリーコンサルタントBizロゴアクシスコンサルティング

コンサル求人に特化した転職エージェントならアクシスコンサルティング。

事業会社からの転職やコンサルティングファームから他社ファームへの転職はもちろん、未経験からのコンサルティング転職も手厚く支援してくれます。

ヤマトヒューマンキャピタル

ファイナンス業界未経験者の転職支援人数は業界トップクラス。

転職成功者の平均年収増加率186%の実績あり。※

※(2020年10月時点)

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次