ベンチャーやスタートアップへの転職は後悔する?リスクと転職成功させるポイントを解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
ベンチャー スタートアップ 転職 後悔する? リスク 転職成功させるポイント 解説
  • ベンチャーやスタートアップ企業への転職は不安
  • 転職する前にどんなリスクがあるのか把握しておきたい

ベンチャーやスタートアップ企業は、どちらも成長段階にある企業であり、新しい技術や市場の開拓など魅力的な要素が数多くあります。

その反面、起業したばかりで大手企業をはじめとする経営実績がある企業と比較すると、安定性や雇用条件に不安を感じる人も多いことでしょう。

実際、ベンチャーやスタートアップ企業に転職する際には注意すべきポイントがあり、これらを間違うと転職を後悔してしまう可能性もあります。

この記事では、ベンチャーやスタートアップ企業の特徴をはじめ、転職する際の注意点、メリット・デメリットについて解説していきます。

転職の成功率を上げるに役立つエージェントもご紹介しますので、転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ転職サイトランキング
1位 アクシスコンサルティング

ITコンサルの転職に強い特化型エージェント

2位 マイナビエージェント 転職支援のサポートが手厚く、案件数は業界トップクラス
3位 ランスタッド 年収1000万円以上を狙う人向けの転職エージェント

目次

ベンチャー企業・スタートアップ企業とは

ベンチャー企業・スタートアップ企業とは

いずれも「新しい事業を立ち上げている会社」「起業したばかりの会社」などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

どちらも明確な定義はありませんが、ベンチャー企業は「既に立ち上げている成長段階の企業」、スタートアップ企業は「事業を始めたばかりで成長初期の企業」といったイメージです。

ここでは、ベンチャー企業とスタートアップ企業、それぞれの特徴について具体的に解説していきます。

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、新しいビジネスアイデアや革新的な技術を基に設立された成長段階にある企業を指すことが一般的です。

また、具体的な定義はありませんが、規模としては中小企業であることが多く、経営基盤が小さい新興企業に使われることが多いです。

ほかにも、ベンチャーキャピタルから資金の援助を受けている会社もベンチャー企業であるといえます。

事業や社内体制の変化の頻度も多いことから、フレキシブルな対応を求められるのも特徴といえるでしょう。

スタートアップ企業とは

「新興企業」という点でベンチャー企業と混同されがちですが、スタートアップ企業は事業を始めたばかりの企業を指すことが多く、成長段階の初期に位置しています。

新しい企業ということで不安を感じられるかもしれませんが、先端技術や革新的なアイデアによって社会に変化やニーズにマッチしたサービス・製品を提供できる可能性も秘めており、短期間で数億円単位の企業価値を実現することも珍しくありません。

広義で捉えればベンチャー企業に含まれることになりますが、スタートアップ企業が提供するビジネスが新たなマーケットを開拓し軌道に乗った場合、競合他社が少ない状況です。

周囲にライバルが少ない環境であれば、独占に近い状態で利益が得られるため、成長速度が非常に速いのです。

ベンチャーやスタートアップへの転職のリスク

ベンチャーやスタートアップへの転職のリスク

成長段階にあるベンチャー・スタートアップ企業ですが、転職する際に不安を感じてしまう人は少なくありません。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業への転職におけるリスクについて解説していきます。

不安定になりやすい

大手企業をはじめ、長年の実績がある企業であれば経営基盤が整っているため、ひとつの事業が失敗しても貯えや別事業の収益で補填することが可能です。

しかし、ベンチャーやスタートアップの場合はこれらが不足していることが多いため、市場の変動や資金調達の成功などによって事業状況が大きく変わるリスクがあります。

これらから、雇用の安定性や将来のキャリアの不確実性が高まることも注意点であるといえるでしょう。

未確定要素が多く変化のペースが速い

ベンチャーやスタートアップでは、組織やビジネスモデルがまだ確立されていないことも珍しくありません。

これにより、役割や業務内容が頻繁に変わる可能性があり、入社当時に希望していたものとアンマッチを起こす可能性があります

組織の成長や事業の状況に応じて、自身の役割や職務範囲を適応させる柔軟性が求められるでしょう。

高い責任と負荷

ベンチャーやスタートアップでは人材のリソースが不足していることもあり、個々の従業員に対して大きな責任と業務負荷が求められることがあります

また、組織の小規模さや成長に伴うスピードの要求により、個人の責任範囲が広がり、多岐にわたる業務を担当する可能性もリスクに挙げられます。

状況によっては、未経験領域での業務を任されることもあり得るため、1つの業務に専念したい人にとってはリスクになりえるでしょう。

年収が下がる可能性がある

成長段階にあるベンチャーやスタートアップでは、大手企業とは違い資金が限られているため、報酬や福利厚生が他の大企業に比べて低くなることもあります

また、事業が軌道に乗るまでは、責任や負荷に見合った報酬が得られないことあり得ます。

その一方で、成功時の報酬や株式オプションなどのインセンティブが与えられる可能性もありますが、それは将来の成果に依存することになるため、不確定な要素はリスクがあるといえるでしょう。

転職を避けるべきベンチャーやスタートアップ企業の特徴とは

転職を避けるべきベンチャーやスタートアップ企業の特徴とは

転職する際にリスクがあるベンチャーやスタートアップ企業ですが、具体的にどのような企業を避けるべきなのでしょうか。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業への転職時、避けるべき企業の特徴について解説していきます。

資本金が少ない企業

資本金があまりに少ないとビジネスを進めにくく、事業を軌道に乗せることができず、十分な売上を確保できない危険性があります。

ベンチャーやスタートアップ企業の経営では、資金調達が非常に重要であるため、出資者の株主や取引先銀行の情報が公開されていない場合にも注意が必要です。

社会的に信用が高い企業が出資していることはもちろん、銀行との取引があれば適切な資金計画を立てていることが予想できるからです。

資本金については、企業の会社概要に記載されていることが多いため、転職活動をする際には必ずチェックしましょう。

不安定な業界や市場に事業展開している

事業内容そのものもはもちろん、展開している事業が競争の激しい市場や、需要が不安定な場合があります

このように、業界や市場の調査を十分に行えていない企業は、不確実性の高い状況に直面し、事業が立ち行かなくなる可能性が高いです。

ベンチャーやスタートアップ企業は、新しい産業や市場、先端技術に挑戦することが多いため、転職活動する際には自身でも十分に調査を行ってから臨むようにしましょう。

給与や福利厚生が不十分

成長途上の企業は、資金不足などの理由で給与や福利厚生が大手企業はもちろん中小企業とも比べて低くなることがあります

報酬面が不十分な場合、働くモチベーションに影響を及ぼすほか、社員を大切にしない企業である可能性も考えられます

他にも、みなし残業制を採用している場合には、一見して高い給与を提示されているようで一定の時間外労働時間を超えるまで残業代が支払われないこともあるため、雇用条件をしっかりと理解したうえで入社するかを判断するようにしましょう。

具体性のない募集要項

「やりがいのある仕事をしませんか」「風通しの良い職場で活躍しませんか」「一緒に成長していきましょう」など、やりがいや成長ばかりを謳い、肝心の事業内容や任される業務について具体的な説明がない募集要項にも要注意です。

これらは耳障りの良い言葉ではありますが、具体性のない募集要項では働く姿をイメージすることができず、入社してからギャップに苦しむこともあり得ます

後悔しない転職をするためにも、仕事内容がわかりづらい企業への応募は避けるべきであるといえるでしょう。

企業規模と比較して募集人数が多い

起業したばかりの少人数の企業の求人で、5~10名を採用予定としている場合には注意が必要です。

通常、ベンチャーやスタートアップ企業では事業が軌道に乗るまで少しずつ人材を増やしていくのが一般的であることから、こうした無理な採用を行おうとしている企業は計画性が乏しいと受け取れます。

採用枠が大きいと確率が高くなると考えてしまいがちですが「とにかく内定が欲しい」と焦っている人であっても、こうした背景がある可能性についてしっかりと考慮するようにしましょう。

ベンチャーやスタートアップ企業のメリットデメリット

ベンチャーやスタートアップ企業のメリットデメリット

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職することに対し、漠然とした不安を感じている人は多いですが、リスクだけではなく成長機会や裁量を持って働けるなどのチャンスもあります。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業のメリット・デメリットについて解説していきます。

ベンチャーやスタートアップ企業のメリット

ベンチャーやスタートアップ企業では、多様な業務経験が積みやすく、責任感や裁量を持って働くことができることから、成長するチャンスが多く得られることがメリットに挙げられます。

大手や中小企業と比較して、個人の貢献が組織全体の成長に大きく影響を与えることをはじめ、自身のアイデアや提案がすぐに実現される機会も豊富です。

こうした環境は、個人の能力やスキルを発揮しやすく、やりがいを持って働くことが可能です。

また、企業の成長に合わせて新しい技術やスキルを学ぶ機会が多く、自身のスキルセットを高めることもできるでしょう。

ベンチャーやスタートアップ企業のデメリット

ベンチャーやスタートアップ企業で働くことは、個人の成長とキャリアの発展を促進する可能性がある一方で、限られたリソースのなか働かなければならないため、責任や負荷が大きいというデメリットもあります。

それらに加え、事業が必ずしも発展していくとは限らず、実績ある企業と比べて不安定な環境で働くことになるため、ストレスやプレッシャーも感じやすいです。

このように、ベンチャーやスタートアップ企業で働くことにはリスクを伴うため、転職を検討する際にはよく考慮し、自身の目標や価値観、ワークバランスなどの整合性を確認することが重要です。

企業のビジョンや成長計画、経営陣の信頼性も転職の判断材料となるため、目先の転職にとらわれず将来を見越して行動に移すようにしましょう。

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職すべき人

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職すべき人

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職すべき人には、以下のような特徴が挙げられます。

  • 新しい挑戦を求める意欲がある人
  • 変化に対応できる柔軟性を持っている人
  • 自己成長やスキルアップを重視する人
  • 高い責任と負荷に対して積極的に取り組むことができる人
  • 小規模な組織での働き方に適応できる人
  • 自らのアイデアや提案が組織に影響を与えることに興味がある人
  • 高い報酬よりも成果に対するインセンティブを重視する人
  • 組織の成長に貢献することにやりがいを感じる人

上記のように、ベンチャーやスタートアップ企業は成長段階にある企業であるため、変化や自己成長に対し、チャレンジ精神を持って失敗を恐れずに前向きに取り組む人が向いているといえるでしょう。

そのほか、新しい文化を積極的に取り入れる環境や少人数のアットホームな職場を好む人も要チェックです。

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職に向いていない人

ベンチャーやスタートアップ企業へ転職に向いていない人

向いている人がいる一方で、以下の特徴に当てはまる人はベンチャーやスタートアップ企業への転職は向いていません。

  • 安定性を求める人
  • 高い報酬や給与を求める人
  • 専門的なスキルや経験がない人
  • 充実した福利厚生を重視する人

必ずしもベンチャーやスタートアップ企業が不安定であるとは限りませんが、長年の経営実績がある企業と比較した際、安定性は見劣りしてしまいます。

また、成長段階にあるため給与水準が一般的な大企業よりも低く、福利厚生が最低限の制度しか設けられていないことも珍しくありません。

業務範囲も多岐に渡ることがあるため、ひとつの業務に専念したい人や、少ない負荷で働き、ワークライフバランスを重視したいと考えている人は向いていないといえるでしょう。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を成功させるポイント

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を成功させるポイント

ベンチャーやスタートアップ企業への転職で失敗しないためには、自分のキャリアと目標に合った企業を見つけるために、時間をかけてじっくり検討することが大切です。

また、ベンチャーやスタートアップ企業ならではのマインドセットも重要であるといえるでしょう。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業への転職を成功させるためのポイントについて解説していきます。

自己分析をしっかり行う

就職・転職活動において、自分の価値観やキャリア目標をよく理解し、それに合った企業を選ぶことは非常に重要です。

特に、ベンチャーやスタートアップ企業は大企業や経営実績の長い企業とは文化が異なるため、自己分析を通じて自分が求める環境や働き方を明確にしておくことが後悔を避けるポイントです。

自分の価値観や目標と企業のビジョンが合致しているかを確認し、共感できる企業を選びましょう。

詳細まで情報収集を行う

企業の詳細な情報を収集し、経営陣の信頼性や成長戦略、資金調達状況などを確認することもポイントです。

ベンチャーやスタートアップ企業の場合、実際の社員からの評判や口コミといった情報が少なく、信憑性の高い情報が得にくいこともあります。

その際には、転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーから社内の雰囲気や働き方、組織文化について情報提供してもらうことも検討してみましょう。

転職後のキャリアパスを考える

目先の転職だけではなく、転職後のキャリアパスや成長機会を見据えることも転職を成功させるためには必要です。

ベンチャーやスタートアップ企業は、さまざまな実務経験を積むことができるため、それらを通じて将来どのようなキャリアパスを進むのかを考えることで、採用選考を受ける企業の選定にも役立ちます。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職におすすめの転職エージェント

企業のホームページや求人掲載サイトを通じて自ら採用選考に応募することもできますが、転職エージェントを活用すると転職の成功率を高めることに役立ちます。

ベンチャーやスタートアップ企業の情報は少なく、個人で情報収集する際には苦戦を強いられますが、プロのコンサルタントから精度の高い情報を提供してもらうことで、入社後にギャップを感じにくくなるのです。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業への転職におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
会社名株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数298,932件(2024年5月28日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、効率よく転職活動を進めたい人におすすめの転職エージェントです。

その名の通り、登録するだけで求人紹介をしてもらえるため、在職中で転職活動に時間を割くことが難しい人でも使いやすいのが特徴的です。

また、スカウトを待つだけではなく求職者が自らメッセージを送ることもできることも嬉しいポイント。

ハイクラス求人も豊富に取り扱っているため、キャリアアップを狙いたい人も要チェックな転職エージェントであるといえるでしょう。

>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント
会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数58,961件(2024年5月28日現在)
主な求人職種全職種

マイナビエージェントは、就職支援やアルバイト求人でも知名度の高いマイナビが運営する転職エージェントです。

アルバイトや就職活動でも使用したことがある人が多く、初めて転職エージェントを利用する人でも安心して利用することができます。

求人数も豊富で、全国各地の企業を取り扱っているため、居住地を選ばず利用できることも嬉しいです。

登録前であっても公開求人を確認することができるため、興味がある人はまずこちらからチェックしてみましょう。

※マイナビのプロモーションを含みます。

doda

doda
会社名パーソルキャリア株式会社
公式サイトhttps://doda.jp
公開求人数245,032件(2024年5月28日現在)
主な求人職種全職種

dodaは、国内大手人材会社であるパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

テレビCMをはじめ知名度も高く、転職市場に精通した専門スタッフから手厚いサポートを受けられるのが特徴的です。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策はもちろん、スケジュール調整なども代行してくれるため、万全の準備のもと転職活動に臨めます。

取り扱い求人においても10万件以上と圧倒的な数を誇るため、転職エージェント選びに悩んだ際にはぜひ候補に入れてみてください。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職希望者によくある疑問Q&A

ベンチャーやスタートアップ企業への転職希望者によくある疑問Q&A

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を決意し、いざ転職活動を始めてみるとさまざまな疑問が湧くものです。

ここでは、ベンチャーやスタートアップ企業への転職希望者によくある質問をQ&A形式で解説していきます。

どんな資格やスキルが必要?

基本的に大手や中小企業と変わらず、募集要項に準じたスキルや実務経験があれば問題ありません

ただし、ベンチャーやスタートアップ企業は人数が少なく、担当業務とは別の仕事も兼任されることがあります。

そのような状況下であっても前向きに対応する姿勢や、仕事に対して当事者意識を持って臨めるかが重要です。

学歴や職歴がなくても大丈夫?

同じベンチャーやスタートアップ企業であっても、企業によって求められる学歴や職歴はさまざまです。

学歴や職歴が募集要項にあることもあれば、一切不問としていることもあります。

未経験からでも入社することは可能ですが、教育環境が整っていない可能性も高いため、事前に最低限必要なスキルや知識を身につけておくようにしましょう。

採用面接は難しい?

大企業や中小企業とは異なり、ベンチャーやスタートアップ企業の採用選考では、いきなり役員や社長と面接するケースもあるため、通常とは違った対策をしなければなりません。

難易度は企業によって変動し、人気が高ければ倍率も上がるため、ライバルとの差別化を図ることも必要です。

悪いことばかりではなく、入社しようとしている企業の経営陣と直接話すことができる機会であるとも捉えられるため、優良企業か否か面接を通じて見極めるようにすると良いでしょう。

ベンチャーやスタートアップ企業で働くことの不満は?

全てのベンチャーやスタートアップ企業に当てはまるわけではありませんが、大手企業や中小企業と比較すると、労働環境や福利厚生が整っておらず、事業の安定性に欠けることが挙げられます。

また、大手企業をはじめ雇用条件の良い企業から転職する場合には、年収が下がる可能性もあります。

これら企業では得られない経験を積めるメリットもありますが、リスクをきちんと理解したうえで転職しないと後悔する恐れがあるでしょう。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職まとめ

ベンチャーやスタートアップ企業への転職まとめ

ベンチャーやスタートアップ企業は詳細は違えど、どちらも起業から期間が浅く成長段階にある企業です。

転職するにあたり、大手企業をはじめ経営年数が長い企業と比べると「事業が軌道に乗るかわからない」「不安定である」といったリスクはありますが、風通しの良さや裁量を持った働き方ができるといった魅力もあります。

また、さまざまな業務を任されることがあり、成長機会も多いことから、ベンチャーやスタートアップ企業で働くことは将来的なキャリアパスを描くうえでも役立ちます。

ベンチャーやスタートアップ企業の中にも優良企業は数多く存在し、事前に情報収集をしっかりと行うことで転職の失敗も防ぐことが可能です。

精度の高い情報を入手するには転職エージェントの活用も効果的であるため、転職を検討している人はぜひ本記事で紹介したエージェントを参考にしてみてください。

おすすめ転職サイトランキング
1位 アクシスコンサルティング

ITコンサルの転職に強い特化型エージェント

2位 マイナビエージェント 転職支援のサポートが手厚く、案件数は業界トップクラス
3位 ランスタッド 年収1000万円以上を狙う人向けの転職エージェント

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次