Strategy Consultant Bankの評判や口コミは?メリット・デメリットや案件について詳しく解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
Strategy Consultant Bank 評判 口コミ メリット デメリット 案件 詳しく 解説

Strategy Consultant Bankは、ハイクラスのフリーランスコンサルタント向け案件紹介プラットフォームです。

高単価の案件が多く、マッチング精度も高いため、フリーコンサルからもクライアント企業からも高い人気を誇っています。

一方で、Strategy Consultant Bankは2021年にサービスが開始されたばかりで実績が浅いため、評判・口コミが気になる、サービス内容や実態がよくわからない、自分に合っているかどうか知りたい、といった方も多いでしょう。

この記事では、Strategy Consultant Bankのサービス内容や評判・口コミ、メリット・デメリット等について、詳しくご紹介します。

>>フリーコンサルタントにおすすめの案件紹介サービス・マッチングサイト比較

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス5選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

 

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ


プロフェッショナルハブ

200万円以上の高単価案件を多数保有。

強みが伝わるレジュメの書き方や面談方法などのフォローが手厚い。

転職サービス口コミ体験談投稿フォーム

コンサルGOでは転職サービスを実際に利用したユーザーからの口コミ・体験談を募集しています。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
評価

目次

Strategy Consultant Bankの特徴

Strategy Consultant Bankの特徴

Strategy Consultant Bank(SCB)は、サービス開始が2021年6月で、フリーコンサルエージェントの中ではかなり若手と言えます。

独自ルートで仕入れた高額案件が多く、案件タイプは戦略案件、業務案件がそれぞれおよそ4割、IT案件がおよそ2割です。

登録時の面談、クライアントへの提案、契約成立後の各段階で、ファーム出身の担当者が徹底的にサポートするため、マッチング精度が高いことで知られています。

高単価案件が多く、エージェントサービスの質も高いことから、優秀なフリーコンサルも多く登録しているようです。

Strategy Consultant Bankの会社情報

Strategy Consultant Bankの会社情報

Strategy Consultant Bankは、株式会社Groovementが運営しています。

運営会社の情報は次の通りです。

社名

株式会社Groovement / Groovement Inc.

所在地

東京都渋谷区神南1丁目23−14

設立

2021219

資本金

10,000,000

代表者

代表取締役 浴野 真志

事業内容

  • フリーランスの経営コンサルタント向け案件紹介マッチングサービス「Strategy Consultant Bank」の運営
  • マーケットリサーチサービスの提供(業界トレンド・競合動向調査、市場規模予測など)
  • 定量/定性調査支援(調査票/インタビュー設計、分析、資料作成など)
対応領域IT、業務、戦略等
公開求人数1,014件(2024年2月2日時点)

公式サイト

https://groove-ment.com/

株式会社Groovementの会社情報をもとに作成)

Strategy Consultant Bankに登録して感じた実際の評判・口コミ

Strategy Consultant Bankに登録して感じた実際の評判・口コミ

Strategy Consultant Bankに登録した人が感じた実際の評判・口コミについてご紹介します。

手厚いサポート

案件受注までのサポートが手厚く、自分の希望やバックグラウンドに沿った案件を提案してくれる点はメリットだと感じています。
プロジェクトが始まってからも、月2回ある業務報告のタイミングで状況ヒアリングをして頂けるので、現状のご相談もしやすかったです。
(KY様 30代前半/都内在住)

公式サイト(インタビュー)より一部抜粋)

Strategy Consultant Bankは、案件受注までのサポートが手厚いことはもちろん、プロジェクト開始後もサポートがあり、困りごとがあれば相談も可能です。

Strategy Consultant Bankは、フリーランスコンサルタントにとって頼りになる存在と言えます。

スムーズな成約、上流案件比率が高い

知人経由でSCB様をご紹介頂き、話を聞いてみたところ「コンサル出身者が担当についてくれる」との事だったので興味が湧き、ご登録させていただきました。
実際にお互いのニーズを把握した上で案件のご提案をして頂けましたし、成約までかなりスムーズだったなと感じています。
複数の案件をご提案して頂きましたが、上流案件の比率が高いなといった印象です。
(YM様 30代前半/都内在住)

公式サイト(インタビュー)より一部抜粋)

自分のキャリアや希望に沿った案件がそもそもなさそうという理由で、案件紹介エージェントに登録しようと思わなかったという方も多いようです。

Strategy Consultant Bankは、担当者がコンサル出身者なので、スムーズな成約につながりやすいことも強みです。

案件と候補者のマッチングに強み

私自身もSCBから紹介いただいた案件に、フリーコンサルとして従事していました。
同時に、企業アカウントの開拓もする中で、幸いなことに様々な案件引き合いを頂ける形となり、「逆にSCBに登録されているフリーコンサルの方々に発注をし始めた」というのが経緯となります。
他社からもフリーコンサルの方をご紹介いただく中で、明確に違いがあります。
最も1番大きな違いは、案件と候補者のミスマッチが極端に少ないという感覚があります。
SCBが的確な候補者を選定いただけるので、「面談してみて、ダメだった」といった無駄な面談が非常に少ない認識です。
(株式会社ISSUE 取締役 SO様)

公式サイト(インタビュー)より一部抜粋)

Strategy Consultant Bankは、クライアント企業が求める人材の候補者を的確に選定しています。

案件と候補者のミスマッチが少なければ、候補者選定に必要となる面談などのコスト、時間を短縮できるため、クライアント企業にも大きなメリットがあります。

案件と候補者のマッチング精度が高いことは、Strategy Consultant Bankの強みの一つです。

その他のStrategy Consultant Bankの口コミ・評判

スクロールできます

【1番よかったフリーコンサルエージェント】

今年独立するにあたり、エージェント10社と話をしたんだけど、1番よかった「Strategy Consultant Bank」についてシェア。

ポイントは以下の2つ。
①担当者自身もフリーコンサル
②VC/スタートアップなどの案件も存在

#pr

引用:X

案件の質が高いです。自分の希望の稼働に沿って、幅広い案件から合うものを探してもらえました。初回の面談でしっかりと担当の方とお話できるので、希望をしっかりと伝えた上で納得して働きだすことができました。

引用:Googleマップ

元戦略ファームの代表の方が担当してくれて話がスムーズでした。
ただし、案件を紹介する人は選んでいると聞くので、ハードルは高いかもしれません。

引用:Googleマップ

レスポンスが早く、上流案件が多いと思います。
コンサル出身の方が担当してくれるので、話がスムーズです。
引き続きよろしくお願いいたします。

引用:Googleマップ

Strategy Consultant Bankの案件単価

Strategy Consultant Bankの案件単価

公式サイト(よくある質問)によると、Strategy Consultant Bankの案件単価(目安)は、月額単価相場で120万円から200万円程度が多く、平均成約単価は140~150万円/月となっています。

仮に、年間の稼働率を100パーセントとすると、年収相場は月額単価相場の12倍(12か月分)で1,400万円から2,400万円の間あたりとなります。

フリーランスのコンサルタントは稼働率を抑えて趣味、余暇、家族と過ごす時間に充てる人が多いため、実際の年収相場は1,400万円程度と考えるのが現実的でしょう。

フリーコンサルタントの年収の相場は、1,000万円~1,500万円程度と言われているので、Strategy Consultant Bankの案件単価や年収相場は業界内でも平均的な水準と位置付けられます。

Strategy Consultant Bankの案件例

Strategy Consultant Bankの案件例

Strategy Consultant Bankで実際に扱っている案件例をご紹介します。

オペレーション

公式サイト(案件一覧)より)

Strategy Consultant Bankの案件では、オペレーション案件が比較的多くあります。

こちらの案件例は、エネルギー事業会社における事業開発、運用支援を行う内容で、報酬単価は~220万円、基本リモート勤務となっています。

プロジェクトマネジメント経験に加え、エネルギー分野の深い知見が必要です。

M&A・アライアンス

公式サイト(案件一覧)より)

Strategy Consultant Bankでは、PM・PMO案件も多く募集されています。

こちらの案件は、ドイツの競合他社を買収した国内メーカーにおいて、ポスト削減、コストカットを図る中でPMOを推進する内容で、報酬単価は~220万円、基本リモート勤務(ドイツへの月数回の出張あり)となっています。

大手コンサルティングファーム出身が条件となっていて、英語ビジネスのスキルも必要です。

人事・組織

公式サイト(案件一覧)より)

退職率が高いベンチャー企業において人事評価制度を見直すアドバイザーが主業務で、報酬単価は~250万円、フルリモート勤務です。

大手コンサルティングファームでマネージャークラス以上の経験、人事評価の豊富な知見等が必須となっています。

稼働率が30~40パーセントと他の案件より低めですが、報酬単価はやや高い水準となっています。

Strategy Consultant Bankのメリット

Strategy Consultant Bankのメリット

Strategy Consultant Bankを利用する主なメリットをご紹介します。

  • リモート案件の割合が高い
  • 戦略・業務系の上流案件が豊富
  • マッチング精度が高い

リモート案件の割合が高い

Strategy Consultant Bankは、8割程度の案件が基本リモート稼働です。

昨今は、通勤が不要、在宅勤務で家事や育児と仕事を両立したい、など様々な理由でリモートワークが注目されています。

リモート案件を希望するなら、リモート案件の割合が高いStrategy Consultant Bankを利用するメリットが大きいでしょう。

戦略・業務系の上流案件が豊富

Strategy Consultant Bankは、戦略・業務案件が全体の8割を占めています。

独自のルートで獲得した高単価な上流案件が豊富にあるので、戦略・業務案件で高収入を目指したければ、Strategy Consultant Bankを利用するメリットが大きいと言えます。

マッチング精度が高い

他社のサービスと比べてマッチング精度が高いことも、Strategy Consultant Bankを利用するメリットの一つです。

Strategy Consultant Bankでは、ファーム出身の担当者が諸条件を精査して案件を提案し、クライアントへの提案等についてもきちんとサポートするため、高いマッチング精度を維持できています。

Strategy Consultant Bankのデメリット

Strategy Consultant Bankのデメリット

Strategy Consultant Bankには、デメリットもあります。

  • 未経験者に紹介される案件は少ない
  • 新しいサービスなので認知度が低い

未経験者に紹介される案件は少ない

Strategy Consultant Bankで扱う案件は、大半が高単価の上流案件で、専門的な知識、スキルに加え、プロフェッショナルとしての経験が必要とされます。

未経験者に紹介される案件は少なく、この点は未経験者にとってのデメリットと言えます。

フリーランスのコンサルタントとして成功するためには、着実に案件を獲得できるほどの経験やスキルを身に着けてから独立、開業するのが常道と考えられます。

新しいサービスなので認知度が低い

Strategy Consultant Bankの運営会社は2021年2月設立、Strategy Consultant Bankは2021年6月にローンチされたサービスです。

年数が浅い会社による新しいサービスなので、年数を重ねてきたサービスと比較するとどうしても評価、口コミが少なく、認知度が低いのが現状です。

サービスの認知度を重視する人にとっては、デメリットと言えます。

Strategy Consultant Bankがおすすめな人

Strategy Consultant Bankがおすすめな人

Strategy Consultant Bankは次のような方に特におすすめします。

  • コンサルティングファーム出身の人
  • 手厚いサポートを求めている人
  • 高単価なリモート案件を探している人

コンサルティングファーム出身の人

Strategy Consultant Bankは、ハイクラスのフリーコンサル向け案件を多く取り扱っています。

上流案件とのマッチングに相応しいスキル、経験があるコンサルティングファーム出身者には、Strategy Consultant Bankの利用がおすすめです。

手厚いサポートを求めている人

Strategy Consultant Bankは、登録時の面談や案件紹介にとどまらず、案件獲得後のフォローや税務、開業等に関するサポートがあります。

Strategy Consultant Bankは手厚いサポートを求めている人に向いています。

高単価なリモート案件を探している人

Strategy Consultant Bankの案件は大半が月単価100万円以上で、月単価150万円以上や200万円超の高額案件も多くあります。

また、案件の8割程度が基本リモート稼働となっています。

高単価なリモート案件を探しているなら、Strategy Consultant Bankの利用をおすすめします。

Strategy Consultant Bankの利用が向いていない人

Strategy Consultant Bankの利用が向いていない人

次のような方はStrategy Consultant Bankの利用は向いていないと考えられます。

  • 幅広く案件を探したい人
  • コンサルの経験が浅い・無い人
  • 知名度の低いサービスに対して不安を覚える人

幅広く案件を探したい人

Strategy Consultant Bankの案件タイプは、戦略・業務案件が全体の8割を占めており、残りの2割は主にIT案件です。

これ以外の分野の案件を幅広く探したい人には、Strategy Consultant Bankの利用は向いていません。

コンサルの経験が浅い・無い人

Strategy Consultant Bankは、高単価かつ難易度の高いコンサルティング案件がメインで、マッチングシステムはエージェントが必要なスキル・経験、専門性などを見極めながら紹介する完全紹介制となっています。

登録しただけで案件を紹介してもらえるわけではなく、コンサルの経験が浅い、あるいは経験が無ければ、なかなか良い案件には巡り合えません。

また、登録しても、公開案件から自由に応募できるということはありませんので、自分で応募して案件を探したい人にも向いていません。

知名度の低いサービスに対して不安を覚える人

Strategy Consultant Bankは、知名度の低いサービスに対して不安を覚える人には向いていません。

実績がまだ2年弱しかないため、利用者の評判や信頼、知名度等の点で、どうしても歴史ある企業・サービスより不安だと思われる場合は、利用をおすすめしません。

Strategy Consultant Bank以外で登録しておきたいフリーランスエージェント

Strategy Consultant Bank以外で登録しておきたいフリーランスエージェント3選

Strategy Consultant Bank以外にもフリーコンサルタント向けのおすすめエージェントがあります。

ここでは、ぜひ登録しておきたいフリーランスエージェントをご紹介します。

Pro Connect(プロコネクト)

Pro Connect(プロコネクト)
運営会社株式会社WorkX
公式サイトhttps://pro-connect.jp/
公開案件数非公開(2024年2月2日現在)
職種IT、PMO、戦略、業務改善、その他

Pro Connectは、専⾨性の⾼い外部⼈材を活⽤したい組織と、⾼い専⾨性を持つフリーランスをマッチングするワンストップ⽀援が可能なプラットフォームサービスです。

「高額マージン搾取の実情」や「不透明な人材紹介」がスタンダードとなっている業界に、フリーランスも企業も満足して取引できるシステムを提供したいという思いからスタートしたサービスです。

そのため、業界初の手数料を公開しているのが特徴で、手数料は最低8%と業界最低水準をキープしています

成⻑や独⽴を⽬指すフリーランスのコンサルタントへ⾼額報酬の多様な案件を紹介し、新しい挑戦の場も提供します。

Pro Connectはクライアントと直接やり取りできるため効率的に案件を受注可能です。

最短7日でスムーズに成約が完了し、その間のトラブル対応や単価交渉など、苦手と感じる人も多い作業はエージェントにお任せできる方法と、その他に案件探しから入場の対応まで全てをサポートするエージェント機能を活用する方法があります。

概要
ダイレクトマッチングフリーランスがクライアント企業と直接コミュニケーションをとり調整
マージン率:8%
エージェントサービスPro Connectのエージェントが仲介し、クライアント企業をマッチング
マージン率:15%

ダイレクトマッチングでは、チャット機能によりフリーランスがクライアントと直接コミュニケーションをとる事ができ、単価を含めた交渉が可能です。

これにより8%ベースという業界でも最低水準のマージン率を実現させています。

またマージン率を公開しているため、他エージェントにて120万円/月で提示されていた案件が、Pro Connectで170万円/月になった、といった実例もあるようです。

案件タイプは、IT、PMOを中心に、戦略、業務などの高単価案件を幅広く取扱われています。

フリーランスの周辺事情にも詳しいエージェントが揃っており、質の高いサポートも期待できます。

クライアント企業と直接交渉し、できるだけ中間マージンを抑え高単価にて案件参画したい方にはぜひおすすめしたいサービスです

>>ProConnect(プロコネクト)はマージンが安い?評判・口コミから詳しく解説

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル(High Performer Consultant)
運営会社INTLOOP株式会社
公式サイトhttps://www.high-performer.jp/consultant/
公開案件数8,028件(2024年2月2日時点)
職種PM・PMO、IT関連、SAP、戦略系、その他

ハイパフォコンサル(High Performer Consultant)は、業界最大級のフリーランスコンサルタント向け案件紹介サービスで、INTLOOP株式会社(イントループ株式会社)が運営しています。

案件数が膨大で、高待遇案件も多く、外資系や上場企業の幅広い案件が常に揃っているので、選択肢が豊富です。

このため、登録しているフリーコンサルタントも多く、2023年4月時点で3万人以上となっています。

業界最速水準の翌月15日支払いで、社会保険や税金関係のサポートもあるので、フリーランス歴の浅い人にも心強い存在です。

POD(Professionals On Demand)

POD(Professionals On Demand)
運営会社ランサーズ株式会社
公式サイトhttps://pod.jp/consultant/
公開案件数529件(2024年2月2日時点)
職種PM/PMO、経営/戦略、IT関連・SAP、戦略系、その他

POD(Professionals On Demand)は、フリーコンサルタント向けの案件紹介サービスで、ランサーズ株式会社が運営しています。

独自のネットワークに基づき、事業会社からの直請け案件、高収入案件を豊富に揃えています。

大手ファーム出身の担当者がキャリア面接を元に案件を紹介するため、マッチングの精度が高いことが期待でき、プロジェクト紹介後のトラブルシューティングなどにも手厚いサポートが受けられます。

公開求人も多くあるものの、非公開求人が85パーセント以上と圧倒的な割合を占めています。

もちろん無料で登録できますので、より良いプロジェクト獲得に向けて、早速の登録をおすすめします。

フリーコンサルBiz

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.free-consul.biz/
公開案件数1,189件(2024年2月2日時点)
職種IT、PMO、戦略、その他

フリーコンサルBizは、人材紹介で知られるアクシスコンサルティングが運営している、フリーコンサルタント向けプロジェクト案件紹介サービスです。

キャリア支援で培ってきた独自ネットワークを生かし、事業会社からのプライム(直請け)案件を多く扱っています。

案件紹介以外に、転職、独立、正社員に戻るなどのキャリア支援も受けることができます。

>>フリーコンサルタントにおすすめの案件紹介サービス・マッチングサイト比較

Strategy Consultant Bankの登録から案件開始までの流れ

Strategy Consultant Bankの登録から案件開始までの流れ

Strategy Consultant Bankの登録から案件開始までの流れをご紹介します。

STEP1:登録

Strategy Consultant Bankの会員登録ページで登録します。

氏名や連絡先など基本的な内容なので簡単にできます。

STEP2:エージェントとの面談

コンサルタントとしての正式な登録は、面談による審査制となっています。

そのため、登録後、Strategy Consultant Bankの担当者(エージェント)から連絡があり、面談を行います。

この時にキャリア・スキルや条件面などについて詳しく説明したり、サービス内容について質疑応答したりできます。

STEP3:案件紹介

面談での結果をもとに、エージェントがデータベースからマッチする案件を紹介します。

なお、その後も、随時、案件紹介があります。

STEP4:クライアントとの面談

希望に沿った案件が見つかれば、クライアントとの面談を行います。

STEP5契約・案件参画

双方が良ければ契約手続きの上、いよいよ案件に参画します。

案件参画後も、エージェントからフォロー、サポートがあります。

Strategy Consultant Bankに関する疑問

Strategy Consultant Bankに関する疑問

Strategy Consultant Bankに関する疑問をご紹介します。

Q1:支払いサイトの期間はどれくらいですか?

Strategy Consultant Bankの支払いサイトの期間は、基本的に40日です。

月末に請求、翌々月10日に支払いというサイクルになっています。

Q2:副業で働くことは可能でしょうか?

Strategy Consultant Bankには週1~2日程度の案件や稼働時間を問わない案件もあり、副業で働くことは可能です。

Q3:税金や開業についてのアドバイスは受けられますか?

Strategy Consultant Bankでは、稼働開始後も必要に応じてエージェントからフォロー、サポートを受けることができます。

各種士業(司法書士・税理士・会計士・弁護士)を無料で紹介してもらうこともできるので、税金や開業についてのアドバイスがほしい方も安心です。

Q4:福利厚生などのサポートはありますか?

Strategy Consultant Bankでは、登録会員向けの直接的な福利厚生サービスは特にありません。

(なお、法定外福利厚生はフリーランス向けの各種サービスに加入することで受けられることがあります。)

エージェントによる各種サポートはあるので、開業、独立に付随する相談をすることもできます。

Strategy Consultant Bankの評判まとめ

Strategy Consultant Bankの評判まとめ

Strategy Consultant Bankの評判やメリット、デメリット、案件などについてご紹介しました。

フリーコンサルタント向けのエージェントは、それぞれに得意分野や特徴があります。

このため、Strategy Consultant Bankを含めこの記事でご紹介した複数のエージェントに登録しておくことが、希望に沿った案件獲得への近道と言えます。

この記事に掲載したエージェントはいずれも登録無料ですし、精度の高い情報収集につながりますので、早めに登録することをおすすめします。

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス5選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

 

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ


プロフェッショナルハブ

200万円以上の高単価案件を多数保有。

強みが伝わるレジュメの書き方や面談方法などのフォローが手厚い。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」はコンサルティング事業、自社メディアの開発・運営事業、広告事業の3つを展開するフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次