コンサルパートナーズの評判は?フリーコンサル向けにどのような案件があるのか調べてみた

本ページにはプロモーションが含まれています。
コンサルパートナーズ 評判 フリーコンサル向け どのような案件があるのか 調べてみた

コンサルパートナーズは、コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社が運営している独立系コンサルタント向けのプロジェクト案件紹介サービスです。

高単価のIT・業務案件などを多く扱い、コンサル経験者によるサポートも充実しているため、多くのフリーコンサルタントが中長期的な関係性を築いてきています。

この記事では、そんなコンサルパートナーズの気になる評判・口コミや特徴、実際の案件単価・案件例、登録手続きの具体的な流れなどについて、詳しくご紹介します。

>>フリーコンサルタントにおすすめの案件紹介サービス・マッチングサイト比較

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス5選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

PODロゴPOD

大手事業会社からの直案件だから高単価

戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等、
幅広い分野のプロジェクトが豊富。

quickflowロゴ
quickflow

SAP案件に特化したマッチングサービス。

最短1日の入金で安定したキャッシュフローを実現。高単価なプライム直請け案件が豊富


コンサルキャリアナビ

副業/複業向けの低稼働・リモート案件多数掲載。

独自のネットワークを通じ他社にオープンになっていない 150~200万以上の独自高単価案件を保有。

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ

転職サービス口コミ体験談投稿フォーム

コンサルGOでは転職サービスを実際に利用したユーザーからの口コミ・体験談を募集しています。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
評価

目次

コンサルパートナーズの特徴

コンサルパートナーズの特徴

コンサルパートナーズのもっとも大きな特徴は、コンサルタントをパートナーと考え、パートナーとのフラットな協業関係を目指していることです。

一般的なコンサルティング案件紹介サービスでは、登録者とエージェントは一案件ずつの関係性となりますが、コンサルパートナーズは中長期的なリレーションシップ構築を志向しています。

100万円以上の高単価案件が多く、特にITコンサルや業務、PMO等の分野に強いことも特徴です。

コンサルパートナーズの会社情報

コンサルパートナーズの会社情報

コンサルパートナーズの会社情報をご紹介します。

運営会社コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
所在地〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビル
事業内容コンサルティング全般(経営・戦略・業務・組織人事・IT)
人材紹介事業『コンサルキャリア』(ポストコンサルタント・コンサルタント・コンサルタント候補紹介)
コーポレートベンチャーキャピタル事業
主な案件業務領域IT、業務、組織人事、戦略
(製造、金融、情報・通信、ヘルスケア・公共、その他)
案件のエリア東京都ほか首都圏、関西、中部等(地方・リモート案件あり)
公開求人数284件(2024年6月1日現在)
コーポレートサイトhttps://codawari.co.jp

公式サイトより作成)

コンサルパートナーズに登録して感じた実際の評判・口コミ

コンサルパートナーズに登録して感じた実際の評判・口コミ

コンサルパートナーズに登録して感じた実際の評判・口コミをご紹介します。

価値のある提案、丁寧な対応

親身になってヒアリングをした上で、希望に合う案件の提案はもちろん、チャレンジする価値のある案件も相談ベースで提案していただけた。

終始丁寧な対応で、安心して仕事ができた。

長期的に関係を続けていきたい会社。

Google口コミより作成)

コンサルパートナーズは、コンサルと案件の単なるマッチングにとどまらず、中長期的な視点からのポジティブな提案をすることもあります。

長期的なキャリア形成、継続的なコミュニケーションも大切にしており、口コミでもこのような点が高く評価されていました。

仕事がスムーズにできた

スムーズに仕事ができた。

とても誠実な会社という印象を持った。

Google口コミより作成)

コンサルパートナーズは、クライアント企業ともコンサルとも中長期的なリレーションシップを築くことをモットーとしています。

これにより、信頼性が深まることはもちろん、ビジネス上の物事が円滑に進められるというメリットも生まれます。

口コミでも、仕事がスムーズにできたことがプラスに評価されていました。

提案がほとんどなかった

提案案件がほとんどなく、期待はずれだった。

Google口コミより作成)

コンサルパートナーズは月単価100万円以上の高額案件が多く、その分、仕事を受けるコンサルには高いスキル、ノウハウが求められます。

自身のスキルが、コンサルパートナーズで扱うような高品位な案件に見合うレベルに達していないような場合は、残念ながら案件の提案がほとんどないという結果になるでしょう。

提案内容が不服

希望に沿わない提案をされた。

この会社から仕事を受けない方が良い。

Google口コミより作成)

コンサルパートナーズは、IT・業務案件の高単価案件が主軸です。

他の分野の案件を希望する場合や、高額案件に見合う経験やスキルが不足している場合は、コンサルパートナーズからの提案内容が希望に沿わないと感じられるかもしれません。

コンサルパートナーズの案件単価

コンサルパートナーズの案件単価
コンサルパートナーズ案件単価

引用:公式サイト(数字で分かるコダワリ)

公式サイト(数字で分かるコダワリ)によると、コンサルパートナーズの案件単価は、180万円以上が約20%、150~180万円が約30%、100~150万円が約30%、~100万円が約20%です。

なお、個別案件ごとの単価や案件分野ごとの単価は公表されていません。

フリーコンサルタントの年収は1,000~1,500万円あたりが相場と言われています。

コンサルパートナーズでもっとも多い150万円前後の案件を年間数件以上こなせば、業界の平均的な年収を確保できる計算になります。

コンサルパートナーズの案件例

コンサルパートナーズの案件例

コンサルパートナーズの最新の案件例をご紹介します。

案件例① ITコンサル

コンサルパートナーズ案件例ITコンサル

引用:公式サイト(案件情報)

ITコンサル分野は、コンサルパートナーズで多く扱っている案件分野です。

こちらの案件は、人事システムのリニューアル支援や各種構想策定支援などを行うものです。

大手企業向けの統合人事システムを導入した経験・スキルが必須とされています。

案件例② PMO

コンサルパートナーズ案件例PMO

引用:公式サイト(案件情報)

PODもコンサルパートナーズで多く扱う案件分野です。

こちらの案件は、経営支援システムの開発やクライアントとのコミュニケーション窓口などを担う業務です。

PMO経験やコミュニケーション能力に加え、システム開発経験、医薬品業界の理解などがあれば有利な案件です。

案件例③ 戦略・経営

コンサルパートナーズ案件例経営戦略

引用:公式サイト(案件情報)

こちらは、外部環境分析やマーケットリサーチをはじめ、経営戦略、収益性分析、事業計画策定など、企業経営全般に対するコンサルタントを実施する内容です。

ビジネスDD(Due Diligence)をはじめ、各種コンサル経験・スキルが必須の業務です。

コンサルパートナーズのメリット

コンサルパートナーズのメリット

コンサルパートナーズのメリットは、元コンサルタントによるサポートがあることや高額案件が多くあることなどです。

担当コンサルタントと長い関係性を築ける

コンサルパートナーズでは、登録したフリーコンサルタントをパートナーであると考えており、クライアント企業ともパートナーとも中長期的なリレーションシップを築くことを理想としています。

実際、長い期間、関係性が続いているパートナーは多くいて、担当コンサルタントとも長い関係性を築けているため、プロジェクトが円滑に進むメリットがあります。

また、パートナーは紹介された案件をこなすことにとどまらず、コンサルパートナーズ社内で有識者が必要な場面でパートナーが協力するなど、中長期的な関係性に裏打ちされたメリットも生まれています。

元コンサルタントが案件参画中にサポートしてくれる

コンサルパートナーズでは、現役コンサルタントや元コンサルタントがコーディネーター・スタッフとして様々なサポートをしてくれます。

案件参画中に何か困ったこと、現場でクライアント企業側には相談しづらいことなどが発生しても、コンサルタント経験のあるスタッフに相談したり、解決に向けた具体策を話し合ったりすることが可能です。

月単価100万円以上の案件が8割を占める

コンサルパートナーズが扱う案件は、月単価100万円以上のものが8割を占めています。

フリーコンサルにとって、収入の安定化は大きな課題のひとつですが、コンサルパートナーズなら継続的に高単価案件に参画できる可能性が高いと考えられます。

高額案件を多く獲得したい人、収入の安定化を図りたい人は、コンサルパートナーズを利用するメリットが大きいと言えます。

コンサルパートナーズのデメリット

コンサルパートナーズのデメリット

コンサルパートナーズのデメリットには、IT・業務案件の取り扱いがほとんどであることや、地方勤務の案件が少ないことがあります。

IT・業務案件の取り扱いがほとんど

コンサルパートナーズ案件分野

引用:公式サイト(数字で分かるコダワリ)

公式サイト(数字で分かるコダワリ)によると、コンサルパートナーズの案件分野はITや業務、組織人事などが大半を占め、戦略系の案件は少ない傾向にあります。

IT・業務案件以外の案件も多く獲得したい人や、幅広い分野から案件を選びたい人にとっては、コンサルパートナーズは案件分野が偏っており、利用しづらいかもしれません。

地方勤務の案件は取り扱いが少ない

コンサルパートナーズ場所エリア

引用:公式サイト(数字で分かるコダワリ)

公式サイト(数字で分かるコダワリ)によると、コンサルパートナーズの案件の場所(エリア)は首都圏が約65%を占めています。

首都圏以外では、関西が約15%、中部が約10%、その他が10%となっており、地方勤務の案件は少ない状況です。

コンサルパートナーズがおすすめな人

コンサルパートナーズがおすすめな人

コンサルパートナーズがおすすめなのは、次のような人です。

クライアントとフラットな協業関係を作りたい人

クライアントとフラットな協業関係を作りたい人は、コンサルパートナーズに非常に適していると言えます。

一般的な案件紹介サービスでは、“案件紹介サービスを提供する企業”と“案件紹介サービスを利用したい登録者”との関係性がありますが、コンサルパートナーズのスタンスはそれとは異なっています。

登録者・サービス利用者はコンサルパートナーズにとってはパートナーであり、クライアント企業に共同企画提案を行なったり、案件を相互紹介したり、と多様な「協業」をする存在です。

案件内容に対してはクライアントファーストの立場で最大のバリューを提供できるよう、コンサルパートナーズとパートナーが協業関係で仕事をすることを目指します。

単なる案件紹介サービスとその利用者というスタンスではなく、フラットな協業関係を目指したい人に、コンサルパートナーズを特におすすめします。

コンサルタントとしてのスキル・経験が豊富な人

コンサルパートナーズは、コンサルタントとしてのスキル・経験が豊富な人にもおすすめです。

コンサルパートナーズでは、高単価の上流案件を多く扱っていますが、高単価である分、プロジェクト内容の難易度も高くなります。

難易度の高いプロジェクトをこなすことができるハイレベルのスキル・経験を持ち合わせている人は、コンサルパートナーズで力を発揮すれば高待遇が期待できるでしょう。

担当コンサルタントから手厚いサポートを受けたい人

担当コンサルタントから手厚いサポートを受けたい人にもコンサルパートナーズをおすすめします。

コンサルパートナーズでは、担当コンサルタントが新規クライアントに同行したり、案件参画中のスコープ調整・スキルの補充など各種サポートをしたりしています。

また、希望に応じてキャリア形成やスキルアップに向けた相談、アドバイスも可能ですし、税務、各種手続き等のサポートもあります。

このような手厚いサポートがあれば、フリーでも孤独に陥ることなく仕事に取り組めるでしょう。

コンサルパートナーズの利用が向いていない人

コンサルパートナーズの利用が向いていない人

コンサルパートナーズの利用が向いていないのは、次のような人です。

経験やスキルが一定に達していない人

コンサルパートナーズは、経験やスキルが一定に達していない人には向いていないサービスです。

コンサルパートナーズは高額案件をメインに扱うため、必然的に難易度も高くなります。

経験やスキルが一定レベル未満の場合、マッチする案件はなかなか見つからないでしょう。

戦略系の案件を中心に紹介して欲しい人

コンサルパートナーズで扱う案件のうち、戦略系案件は全体の2割未満です。

戦略系案件がまったくないわけではありませんが、常時、継続的に紹介してもらえるほど豊富な案件数ではないため、戦略系の案件を中心に紹介して欲しい人には、コンサルパートナーズの利用はあまり向いていません。

コンサルパートナーズ以外で登録しておきたいフリーランスエージェント

コンサルパートナーズ以外で登録しておきたいフリーランスエージェント3選

コンサルパートナーズ以外で登録をおすすめしたいフリーコンサル向けエージェントをご紹介します。

Pro Connect(プロコネクト)

Pro Connect(プロコネクト)
運営会社株式会社WorkX
公式サイトhttps://pro-connect.jp/
公開案件数非公開(2024年6月1日現在)
職種IT、PMO、戦略、業務改善、その他

Pro Connectは、専⾨性の⾼い外部⼈材を活⽤したい組織と、⾼い専⾨性を持つフリーランスをマッチングするワンストップ⽀援が可能なプラットフォームサービスです。

「高額マージン搾取の実情」や「不透明な人材紹介」がスタンダードとなっている業界に、フリーランスも企業も満足して取引できるシステムを提供したいという思いからスタートしたサービスです。

そのため、業界初の手数料を公開しているのが特徴で、手数料は最低8%と業界最低水準をキープしています

成⻑や独⽴を⽬指すフリーランスのコンサルタントへ⾼額報酬の多様な案件を紹介し、新しい挑戦の場も提供します。

Pro Connectはクライアントと直接やり取りできるため効率的に案件を受注可能です。

最短7日でスムーズに成約が完了し、その間のトラブル対応や単価交渉など、苦手と感じる人も多い作業はエージェントにお任せできる方法と、その他に案件探しから入場の対応まで全てをサポートするエージェント機能を活用する方法があります。

概要
ダイレクトマッチングフリーランスがクライアント企業と直接コミュニケーションをとり調整
マージン率:8%
エージェントサービスPro Connectのエージェントが仲介し、クライアント企業をマッチング
マージン率:15%

ダイレクトマッチングでは、チャット機能によりフリーランスがクライアントと直接コミュニケーションをとる事ができ、単価を含めた交渉が可能です。

これにより8%ベースという業界でも最低水準のマージン率を実現させています。

またマージン率を公開しているため、他エージェントにて120万円/月で提示されていた案件が、Pro Connectで170万円/月になった、といった実例もあるようです。

案件タイプは、IT、PMOを中心に、戦略、業務などの高単価案件を幅広く取扱われています。

フリーランスの周辺事情にも詳しいエージェントが揃っており、質の高いサポートも期待できます。

クライアント企業と直接交渉し、できるだけ中間マージンを抑え高単価にて案件参画したい方にはぜひおすすめしたいサービスです

>>ProConnect(プロコネクト)はマージンが安い?評判・口コミから詳しく解説

ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサル
運営会社INTLOOP株式会社
公式サイトhttps://www.high-performer.jp/consultant/
公開案件数8,116件(2024年6月1日現在)
職種PM・PMO、IT関連、SAP、戦略系、その他

ハイパフォコンサル(High Performer Consultant)は、数ある案件紹介サービスの中でもトップクラスの規模を誇っています。

登録者数は、2023年4月時点で3万人以上います。

登録者数が多いことに加え、案件数もとても多いので、潤沢な選択肢の中から案件を決めたい方に特におすすめします。

支払い時期にも特徴があり、月末締め翌月15日払いという業界最速水準を謳っています。

高額案件も豊富にあるので、資金繰りに不安を感じたくない人でも利用しやすいでしょう。

運営会社のINTLOOP株式会社(イントループ株式会社)は、コンサルティングファームとして多くの優良企業とのコネクションを有しています。

>>ハイパフォコンサルの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

POD

POD
運営会社ランサーズ株式会社
公式サイトhttps://pod.jp/consultant/
公開案件数646件(2024年6月1日現在)
職種PM/PMO、経営/戦略、IT関連・SAP、戦略系、その他

 POD(Professionals On Demand)は、フリーコンサルタント向けのマッチングサービスで、ランサーズ株式会社が運営しています。

クライアントとなる大手企業に対して独自のコネクションがあり、直請け・高収入案件を多く獲得しています。

取り扱う案件分野は、経営・戦略、SAP、PM・PMO、先端技術等、多岐にわたります。

大手ファーム出身の担当者によるサポートやマッチングにも定評があります。

非公開求人が85%以上となっており、登録した人のみが独自ルートで獲得した直請け案件を紹介してもらえる仕組みになっているので、興味があれば早速無料登録してみてください。

>>PODの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

フリーコンサルBiz

フリーコンサルBiz
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.free-consul.biz/
公開案件数1,289件(2024年6月1日現在)
職種IT、PMO、戦略、その他

フリーコンサルBizは、ヒューマンリソース事業で有名なアクシスコンサルティングが運営しているフリーコンサル向け案件紹介サービスです。

アクシスコンサルティングが長年の人材紹介事業などを通じて築いてきた大手優良企業との関係性を存分に生かし、高単価なプライム案件を多数揃えています。

会社員がフリーで独立するために必要な各種事項についても手厚いサポートがある一方で、フリーコンサルタントから企業の正社員へ転職する、といったキャリア支援もしています。

独立して継続的に高額案件を紹介してほしい人だけでなく、将来の見通しにやや不安がある人にとっても頼りがいのあるサービスと言えるでしょう。

>>フリーコンサルBizの評判・口コミからメリットやデメリットを徹底リサーチ

コンサルパートナーズの登録から案件開始までの流れ

コンサルパートナーズの登録から案件開始までの流れ

コンサルパートナーズの登録から案件開始までの流れをご紹介します。

STEP1:登録

公式サイトのパートナー初回打ち合わせから登録します。

相談カテゴリを「案件御紹介のご要望」「独立のご相談」「とりあえず話を聞いてみたい」の3つから選ぶようになっています。

他に入力が必須なのは名前と連絡先のみなので簡単です。

公式サイトからではなく電話(03-5843-9070、受付時間10時から19時(月~金))でも登録可能です。

STEP2:初回打ち合わせ・ヒアリング

これまでの経験・スキルや、案件への希望などについて打ち合わせを行います。

必要に応じて、業界情報を聞いたり、独立に向けた支援、将来の協業などについて相談したりすることもできます。

STEP3:案件紹介

初回打ち合わせの結果をもとにマッチしそうな案件が複数紹介されるので、内容を見て応募意思を伝えます。

案件紹介は、早ければ「STEP2:初回打ち合わせ・ヒアリング」と同日のこともあります。

STEP4:クライアントとの面談

応募した案件のクライアント企業と面談します。

案件によっては、「STEP2:初回打ち合わせ・ヒアリング」で決定することもあります。

STEP5:契約・案件参画

双方が良ければ契約内容の詳細を詰めて契約し、プロジェクトに参画します。

コンサルパートナーズに関する疑問

コンサルパートナーズに関する疑問

コンサルパートナーズについての疑問をご紹介します。

Q1:支払いサイトの期間はどれくらいですか?

コンサルパートナーズの支払いサイトの期間は公表されていませんが、公式サイト(よくある質問)によると、状況に応じて即日払いなどにも対応可能なようです。

Q2:副業で働くことは可能でしょうか?

コンサルパートナーズは、フルリモートで勤務時間を問わないような案件も扱っており、副業で働くことも可能です。

なお、コンサルパートナーズの運営会社(コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社)では、副業案件をお探しのコンサルタント向けにコンサルパートナーズ for 副業というサービスも提供しています。

Q3:税金や開業についてのアドバイスは受けられますか?

コンサルパートナーズでは、税金や開業、登記、契約や請求等各種業務についてのアドバイスを受けることができます。

必要に応じて作業スペースの確保などもサポートしてもらえますので、不慣れな方でも安心です。

Q4:マージンはどれぐらいですか?

コンサルパートナーズでは、コンサルティング営業の提案支援、転職希望者の紹介などでコンサルパートナーズの売上げに貢献すると、フィーを支払ってもらえます。

具体的な金額、パーセンテージは公表されていませんが、案件で直接稼働する以外でマージンを得られるチャンスですので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

Q5:リモートや在宅勤務の案件はありますか?

コンサルパートナーズリモートワーク

引用:公式サイト(数字で分かるコダワリ)

公式サイト(数字で分かるコダワリ)によると、コンサルパートナーズの案件は、リモートが約50%、オンサイトが約30%、フルリモートが約20%となっています。

プロジェクトの開始から終了まで一貫してリモートでできる案件もありますので、在宅勤務でも対応可能です。

また、コンサルファーム出身の主婦向けに、稼働調整、リモート案件も増やしていく方針のようです。

コンサルパートナーズの評判まとめ

コンサルパートナーズの評判まとめ

コンサルパートナーズの評判や案件単価、メリット、案件開始までの流れなどをご紹介しました。

コンサルパートナーズは、フリーコンサルタントとの中長期的な関係性を志向しています。

ITコンサルや業務案件などの分野で高単価案件を獲得したい方、長く続けたいと考えている方に利用をおすすめします。

一方で、その他の案件分野、厳選高単価案件以外にも興味がおありの方も多いと思います。

より幅広い案件情報を得るためにも、コンサルパートナーズに加えて、この記事でご紹介したような複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フリーコンサル向けおすすめ案件紹介サービス5選

サービス名 特徴

 

ハイパフォコンサル - コンサルタントの案件紹介サービスハイパフォコンサル

公開案件数8,000件以上!案件数が豊富だから継続的に案件獲得しやすい。

高単価かつリモートや稼働率が低いなど、豊富な案件を保有。多様な経歴のコンサルタントを積極採用

PODロゴPOD

大手事業会社からの直案件だから高単価

戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等、
幅広い分野のプロジェクトが豊富。

quickflowロゴ
quickflow

SAP案件に特化したマッチングサービス。

最短1日の入金で安定したキャッシュフローを実現。高単価なプライム直請け案件が豊富


コンサルキャリアナビ

副業/複業向けの低稼働・リモート案件多数掲載。

独自のネットワークを通じ他社にオープンになっていない 150~200万以上の独自高単価案件を保有。

デジタル人材バンクロゴデジタル人材バンク

平均単価193万円!DX・デジタル案件に特化。

コンサルファーム・大手SIer・大手ソフトウェア会社出身者におすすめ

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次