Bizlink(ビズリンク)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

この記事では、フリーランスや副業エンジニア向けのマッチングサービスであるBizlink(ビズリンク)について、利用するメリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。

  • 自分の持っているスキルを活用して稼ぎたい
  • 隙間時間も無駄にせず働きたい

フリーランスや会社員の副業として働く際、このような希望を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、こうしたフリーランスや副業案件を自分で探そうとすると、なかなか希望に沿った条件のものを見つけることができず、営業工数ばかり取られてしまいがちです。

フリーランスでは自身の頑張りがそのまま報酬となることが魅力的ですが、案件獲得が思うようにいかなければ高い収入を得ることができない働き方でもあります。

こうした、営業活動に苦戦する人の多くが、エージェントをはじめとするフリーランス向けのサービスをうまく活用できていない傾向にあります。

エージェントにもそれぞれの強みや特徴があり、利用前に確認することで自身に向いているサービスであるか確認することすることができるでしょう。

今回はBizlinkのについて、特徴はもちろん、実際の利用者の声も交えてご紹介していきますので、フリーランスや副業案件を探している人は、ぜひチェックしてみてください。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...
目次

Bizlink(ビズリンク)の特徴と取り扱い案件について

Bizlink ビズリンク

Bizlinkは、フリーランスや副業案件を探しているITエンジニアと企業を結び付けるマッチングサービスです。

その最大の特徴は、常駐案件から週2~3稼働など働き方の選択肢が多数あること

「私服OK」や「フルリモート」などの、こだわり条件でも案件を探すことができます。

また、ハイエンド特化型ということもあり、高額案件も多数取り扱っていることも魅力的です。

公開求人の約1,000件(2022年2月時点)のうち月単価80万円以上のものが500件以上、100万以上の案件に絞っても200件程も見られます。

取り扱い案件は、開発・インフラ・Webの各種エンジニアをはじめ、デザイナーやPMなどの職種を幅広く取り扱っているので、ITエンジニア全般に対応しているといえるでしょう。

公式サイトをチェック

Bizlink 公式サイト

Bizlink(ビズリンク)の会社情報

会社名 株式会社ビズリンク
登録者数 4,000人以上
拠点 東京都品川区西五反田7-1-10 U‘s-1ビル 8階
主な求人職種
  • Webエンジニア
  • インフラエンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • PM/OMO
  • コンサルタント 等
公式サイト https://media.bizlink.io/

Bizlink(ビズリンク)に登録して感じた実際の口コミ・評判

Bizlink ビズリンク 登録 実際 口コミ 評判

フリーランスや副業案件を探しているITエンジニア向けのマッチングサービスですが、実際の利用者からはどのような声があがっているのでしょうか。

同じITエンジニアとして、これから利用することを検討している人は、自身の状況と照らし合わせながら確認すると、利用開始からミスマッチと感じることを防ぐことができます。

ここでは、Bizlinkに寄せられているポジティブな意見、ネガティブな意見それぞれを紹介していきます。

評判の良い口コミ

良い口コミ①

働き方の選択肢が多い。
money1

働き方の選択肢が多いのが良いと思いました。常駐案件を探していることもあれば、スポット案件を探していることもあるので、臨機応変に活用できるのは使い勝手が良いです。

フリーランスとして働いている人は、Bizlinkをはじめ複数のサービスを利用していることが多く、数多くの案件紹介のなかから好条件の案件を選んで参画しています。

こちらの口コミにもあるように、Bizlinkは常駐案件だけではなく、週2~3やスポット案件などの取り扱いもあります。

別で常駐案件に参画しているときには週2日案件、メインの案件を探しているときは常駐案件と臨機応変に活用することができることは魅力であるといえるでしょう。

良い口コミ②

収入を大幅アップできた。
money1

高額報酬が多くて大幅に収入アップができて満足です。月単価100万円以上のものも多いので、余裕で年収1,000万円超え目指せます。もっと早くフリーランスになれば良かった。

Bizlinkでは、高額報酬の案件が数多く揃っており、こちらの口コミにもあるように、スキルが高ければ年収1,000万以上を目指すことも可能です。

会社員の場合、所属している企業の規定や評価制度によって満足な収入を得られないことが多々ありますが、Bizlinkを活用すればこうした不満を解消できる可能性が高いといえるでしょう。

良い口コミ③

フルリモート案件が多い。
money1

元々は都内でエンジニアとして働いていましたが、通勤に疲弊して地方に移り住んだのですが、都心から離れると求人が少ないことはもちろん収入も下がるので悩んでいました。Bizlinkでは、フルリモートの案件が多く、こうした悩みも一気に解消されました。

昨今、コロナ禍によって働き方やライフワークを見直す人が増えてきています。

オフィスで仕事をする必要性がないと感じている人もいることでしょう。

しかし、地方に移住すると、こちらの口コミの通り求人数が少なく収入も下がる可能背が高いのが実情です。

Bizlinkでは、フルリモート案件も多数取り扱っているので、地方在住でありながら首都圏の高い報酬で働くことができるのです。

首都圏と比較して物価の低い地方にいながら高収入の案件に携われるので、金銭面に余裕が生まれやすいといえるでしょう。

案件を確認してみる

Bizlink 公式サイト

悪い評判や口コミはある?

高単価案件が多く、働き方が選べることが魅力的なBizlinkですが、その一方で悪い口コミや評判も存在します。

ここでは、Bizlinkに寄せられているネガティブな意見を確認していきましょう。

悪い口コミ①

職種に偏りがある。
money1

案件の職種に偏りがある気がする。ものによっては検索しても一桁しかヒットしないこともあるので、人によっては案件獲得が難しいと思う。

Bizlinkでは、開発・インフラ・Webをはじめとするエンジニア各種の案件を取り揃えていますが、割合としてはWeb系が多い傾向にあります。

そのため、こちらの口コミの通り、職種によっては案件紹介をしてもらえない可能性もあるでしょう。

しかし、Bizlinkでは非公開の案件も多数保有しているので、まずは相談するところから始めてみると良いでしょう。

悪い口コミ②

地方の求人は少ない。
money1

地方求人は少ないと感じました。常駐案件で探している地方在住者には不向きだと思います。

フルリモート案件があるので地方在住者でも利用可能ですが、その一方で常駐勤務を希望している人は案件が見つからない可能性があります

これは、IT企業が都市部に集中していることからBizlinkに限らず、すべてのエージェントサービスに同様のことがいえます。

地方や地元で案件を探している人は、その地域の求人媒体も併用するといった工夫をすると良いでしょう。

Bizlink(ビズリンク)のメリットとデメリット

Bizlink ビズリンク メリット デメリット

ITエンジニアに特化したフリーランスや副業案件を取り扱うフリーランスサービスが多数あるなか、Bizlinkを利用する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、Bizlinkを利用するメリット・デメリットそれぞれについて解説していきます。

3つのメリット

高単価報酬の案件が多い

Bizlinkでは高単価案件を多数取り扱っており、年収1,000万円以上稼ぐことも十分に可能です。

また、副業やスポット案件もあるため、隙間時間を有効活用して働けるため、将来に備えてしっかりと稼ぎたい人は、役立てることができます。

働き方の選択肢が多い

働き方の選択肢が多いこともBizlinkのメリットです。

常駐案件はもちろん、週2~3日の案件も揃っているので、状況に応じた案件探しをすることができます

また「私服OK」「即日入場可能案件」「フルリモート」「時短勤務」といった、詳細条件についても対応してくれるので、理想的な案件を見つけやすいことも魅力です。

継続して案件を紹介してもらえる

案件の契約期間が満期を迎えてしまうと、新たな案件を探さなければならないフリーランス。

会社員と違い基本給がないので、働かなければ収入を得ることができません。

そのため、案件を継続的に獲得できるか否かによって、安定的な生活ができるかどうかが決まります

その点では、Bizlinkでは専任のコンサルタントが案件終了前に次の案件を紹介してくれるので、安心して働くことができます。

契約期間終了間際に仕事をしながら次の案件探しや交渉をする手間が大幅に削減できるのは、非常に大きなメリットであるといえるでしょう。

2つのデメリット

高単価案件を多数取り扱い、継続的に案件紹介をしてもらえるBizlinkですが、その一方で次のようなデメリットも存在します。

求められるスキルレベルは高い

基本的に開発経験が3年以上あるITエンジニアを前提としています。

そのため、経験が浅い人やスキルが低い人は案件紹介をしてもらえない可能性があります

そもそも、フリーランスという働き方は自身のスキルを技術提供という形で対価を得るので、Bizlinkに限らず未経験者からフリーランスを目指すのは難しいです。

しかし、Bizlinkでは開発経験3年以下でもスキルや実績によっては紹介できる案件がある場合もあるので、キャリアに自信がない人もまずはコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

職種に偏りがある

開発・インフラ・Webと各種エンジニアの案件を取り扱っているBizlinkですが、その割合はWeb系が高くなっています

そのため、Web系以外の職種で案件を探している人は、物足りない可能性があります。

より多くの案件から選びたい人は、他のフリーランス向けのサービスと併用するのがおすすめです。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

Bizlink(ビズリンク)を利用した方がいい人と向いてない人

Bizlink ビズリンク 利用した方がいい人 向いてない人

優良サービスであっても、相性が悪ければメリットの恩恵を受けることができません。

ここでは、Bizlinkを利用した方がいい人、向いていない人それぞれについて解説していきます。

Bizlink(ビズリンク)の利用に向いている人

高単価案件を探している人

月単価100万円を超える案件を多数取り扱っているので、年収アップを狙いたい人におすすめです。

働き方を状況に応じて変えたい人

週5勤務、常駐案件だけではなく、週2~3勤務やフルリモート案件も扱っているので、状況に応じた案件探しをしたい人におすすめです。

Web系の案件を探している人

BizlinkではWeb系の案件の割合が高くなっています

このため、Webエンジニアの人は相性が良いといえます。

Bizlink(ビズリンク)の利用に向いていない人

サービス利用に向いている人いる一方で、次の人ような人はBizlinkの利用に向いていません。

地方在住で常駐案件を探している人

地方在住者でもフルリモート案件であれば参画可能ですが、常駐して働きたいと考えている人には案件がない可能性があります

また、フルリモートで対応できる案件は職種が限られることにも注意が必要です。

当然ながら、物理的な作業が必要な案件は現地に行けない人には紹介できません。

たとえば、サーバールームでケーブルの差替えをする必要があるサーバー構築の仕事のような現地作業が挙げられます。

スキル不足や未経験者

開発経験3年以上を前提としているので、スキルが高くない人や未経験者には不向きです。

まずは会社員として実務経験を積んでからフリーランスを目指すようにしましょう。

Bizlink(ビズリンク)以外のフリーランスエージェントを紹介

フリーランスで安定的な生活を送るためには、参画する案件が途絶えないようにする必要があります。

そのためにはフリーランス向けのサービスを複数利用することが有効で、紹介してもらえる案件の母数を増やすことができます。

ここでは、Bizlink 以外のITエンジニアに特化したフリーランスエージェントを紹介していきます。

Join

join

Joinは、フリーランスになりたての人におすすめのエージェントです。

フリーランスは会社員と違い、確定申告や青色申告の手続きなど自ら行わなければなりませんが、Joinではこれら手続きのサポートを受けられるので不安を感じることなく仕事に集中できます。

また、福利厚生サービスや万が一に事故を起こしても安心な補償も充実しているので、会社員並みの環境で働くことが可能です。

join 公式サイト

エンジニア戦略
join(ジョイン)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 フリーランスエンジニア向けの案件紹介エージェントjoin(ジョイン)について、その特徴やメリット・デメリットを解説します。エンジニア・デザイナー・ディレクターに特化...

レバテックフリーランス

levtechfreelance

初めてのエージェント利用で不安を感じている人は、知名度抜群のレバテックフリーランスがおすすめです。

テレビCMでもお馴染みのレバテックのフリーランス向けエージェントサービスで、高単価案件と充実したサポート体制が特徴的です。

案件数が豊富かつ、自分では切り出しにくい条件交渉も代理で行ってくれるので、より良い環境で働ける可能性が高いことも魅力的であるといえるでしょう。

レバテックフリーランス 公式サイト

エンジニア戦略
レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介 | エンジニア戦略 本記事ではフリーランスエンジニア向けに特化したエージェント、レバテックフリーランスについて、その特徴や評判について利用者の口コミも交えてご紹介します。 働き方の...

furien

furien

なかなか案件が獲得できずに悩んでいる人は、案件成約率が80%以上を誇るfurienがおすすめです。

furienは週5勤務案件を中心に取り扱っているので、メインの収入源となる案件を探している駆け出しのフリーランスは、スムーズにスタートがしやすいエージェントサービスであるといえるでしょう。

furien 公式サイト

エンジニア戦略
フリエン(Furien)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 この記事では、フリーランスのITエンジニアに特化した案件を取り扱っているフリエン(Furien)について、利用するメリット・デメリットや、その特徴について解説をしていき...

Bizlink(ビズリンク)の登録から案件開始までの流れ

Bizlink ビズリンク 登録 案件開始まで 流れ

これからBizlinkへ登録しようとしている人は、事前に登録から案件開始までの流れを把握しておくと、手間取ることなく利用開始することが可能です。

ここでは、登録から案件参画までの一連の流れを確認していきましょう。

会員登録・プロフィール作成

まずは、Bizlinkの公式サイトから会員登録を行いましょう。

アカウント作成では、氏名や連絡先、生年月日などの基本情報のみなので、数分で完了できます。

プロフィール作成では、これまでの経歴やスキルを入力を行いますので、事前に整理しておくとスムーズに行えます。

面談・案件紹介

会員登録後には、専任コンサルタントと面談を行います。

こちらの面談では、経歴やスキルの確認はもちろん、フリーランスとしてどのようなキャリア形成をしていきたいのかヒアリングが行われます。

ヒアリング内容をもとに案件紹介がされるので、抜け漏れがないよう事前準備しましょう。

面談・仕事開始

紹介された案件のうち、参画したい案件があればコンサルタントにその旨を伝え、クライアントとの面談を実施します。

仕事内容や条件のすり合わせを行い、双方納得のうえ契約締結すれば仕事開始です。

案件参画後もコンサルタントのサポートが受けられるので、気になることがあれば積極的に相談しましょう。

無料登録してみる

Bizlink 公式サイト

Bizlink(ビズリンク)に関する疑問

Bizlink ビズリンク 疑問

Bizlinkへの登録を検討している人は、対象者やマージン、リモートや在宅ワーク、副業登録ができるのかなど、さまざまな疑問を感じていることでしょう。

ここでは、利用前に気にな疑問に対し回答していきます。

Bizlink(ビズリンク)は副業でも登録できる?

スポット案件やフルリモート案件を取り扱っているので、副業としても利用することが可能です。

Bizlink(ビズリンク)の手数料・マージンはいくら?

エンド直契約によって余計な仲介手数料がないとされていますが、具体的なマージンについては公表されていません

一般的なフリーランス向けサービスでのマージンの相場は10~15%ほどですが、マージンが気になる人はコンサルタントに確認するようにしましょう。

Bizlink(ビズリンク)は在宅・リモートOKの案件はある?

Bizlinkでは「リモート可」「フルリモート」案件を取り扱っているので、在宅での案件参画はもちろん、地方在住でも都市部の仕事をすることが可能です。

Bizlink(ビズリンク)利用者の平均年収はどのくらい?

週の稼働日数やスポット案件など働き方によって収入は異なるため、Bizlinkの利用者の平均年収は公開されていません

上は月単価140万円を超えるものから、下は20~30万円といったように幅広いです。

Bizlink(ビズリンク)は登録を断られることもある?

登録を断られることはありません

しかし、クライアントから求められる要件を満たせなければ案件紹介してもらえないことがあるので注意が必要です。

Bizlink(ビズリンク)は未経験でも登録可能?

未経験でも登録することは可能です。

しかし、BizlinkではITエンジニアの経験がまったくない未経験者は案件紹介してもらえない可能性が高いので、まずは会社員としてエンジニア経験を積むことをおすすめします。

また、エンジニア経験年数が3年以下と少ない場合でも、スキルや実績によっては紹介してもらえることもあるので、まずはコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

IT/Web転職に強いサイトランキング
1位 レバテックキャリア

開発系・インフラ系求人のサポートが手厚いエンジニア特化型エージェント

2位 GEEKLY Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント
3位 レバテックフリーランス 高単価を狙うハイクラスエンジニアに評判

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる