海外進出に強いおすすめ専門コンサルティング会社6社【選び方や注意点も解説】

本ページにはプロモーションが含まれています。
海外進出に強いおすすめ専門コンサルティング会社6社【選び方や注意点も解説】

より大きな市場へ販路を拡大や企業価値の向上など、海外進出には様々なメリットがあります。

海外進出を検討しているものの「海外進出のサポートは、どのコンサル会社に依頼したらいいのだろう」と迷われている方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では海外進出のサポートに特化した海外進出コンサル会社おすすめ6社をご紹介します。また、魅力的な海外進出コンサル会社は多いため、海外進出コンサルの選び方や注意点も解説します。

海外進出を成功させることで、企業を大きく成長させることができます。海外進出を成功させるためには、海外進出コンサル会社のサポートは必要不可欠です。

ぜひ、本記事を参考にして会社のニーズに合致したコンサル会社を探してください。

目次

海外進出コンサル会社とは?サポート内容や種類

海外進出コンサル会社とは?サポート内容や種類

海外進出コンサル会社は、どのようなサポートをしてもらえるのか疑問に思われる方も多いでしょう。ここでは、下記の2点について詳しく解説します。

海外進出コンサルティングの基本的なサポート内容

コンサル会社により内容は異なりますが、一般的に海外進出コンサルでは、下記のようなサポートを提供してもらうことができます。

  • 市場調査と分析
  • 法的なアドバイス
  • ビジネスプランの策定
  • パートナーシップの構築
  • 文化適応とトレーニング

海外進出する際には、現地の法律や文化に適応しなければいけません。専門的な知識だけでなく現地での経営経験があるコンサルタントから適切なアドバイスを受けることは非常に効果的です。

特に法律に違反をすると大きな損害が生じてしまうので注意しなければいけません。許認可から税金、労働法、知的財産権など現地の情報を幅広く提供してもらえます。

また、文化への適応も重要な課題です。異文化でのビジネス展開に備えたサポートやビジネス習慣について、トレーニングを実施している海外進出コンサル会社もあります。

海外進出コンサルティング会社の種類

海外進出コンサル会社は、会社ごとに特色が大きく異なるため、それぞれの会社の特色を知ることは非常に重要です。海外進出コンサル会社の種類は大きく分けて下記の3種類となります。

  • 特定の国/地域に特化したタイプ
  • マーケティングや物流など特化分野があるタイプ
  • 投資・買収に特化したタイプ

特定の国や地域に特化したタイプは、現地にオフィスを構え現地の強力なビジネスパートナーと提携していることも。最近では、タイやベトナムなどの新興国を対象にしているコンサル会社が注目されています。

マーケティングや物流に特化したタイプは、現地の市場調査や市場戦略の立案などを提供するのが特徴です。また、越境ECなどWeb上で集客を行う海外進出コンサルも増えています。

海外進出の方法として、海外企業への投資や買収を選ぶ企業も少なくありません。投資や買収に特化した海外進出コンサル会社は、投資やM&Aに関するサポートを中心に行います。

自社のニーズや必要なサポートに応じて、海外進出コンサル会社を選んでください。

海外進出に強いコンサルティング会社のおすすめ6選

海外コンサルティング会社おすすめ

海外進出する企業が増えたこともあり、海外進出に強いコンサルティング会社は増えています。そのため、どの海外進出コンサル会社を選んだらいいか迷われるかもしれません。ここでは、おすすめの海外進出コンサル会社をご紹介します。

株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティング

引用元:株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティングの特徴
  • アジア圏への海外進出を中心に支援
  • 注目度の高いタイでの実績が豊富
  • 海外工場の業務改善が得意

株式会社リブ・コンサルティングは、近年、注目度の高いタイでの実績が豊富な海外進出コンサル会社です。

世界の事業環境が非常に速いスピードで変化するように、タイにおける人事環境も大きく変化しています。そんなタイでの人材マネジメントや事業環境の変化にも柔軟に対応できる点が同社の強みです。

また、海外工場の業務改善の実績が多い会社でもあります。長年の実績や経験をもとに、戦略立案から現場にコンサルタントが入り経営課題を解決してもらうことが可能です。

株式会社リブ・コンサルティング
運営会社名 株式会社リブ・コンサルティング
設立 2012年7月
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目5-1大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19階/20階
公式サイト https://www.libcon.co.jp/solution/overseas/

フォワード・インターナショナル株式会社

FORWARD INTERNATIONAL

引用元:フォワード・インターナショナル株式会社

 フォワード・インターナショナル株式会社の特徴
  • 中小企業の海外進出をサポート
  • 販路拡大を中心とした実践型コンサルティング
  • グローバル人材育成研修も実施

フォワード・インターナショナル株式会社の最大の特徴は、中小企業の海外進出サポートを中心に取り扱っている点です。中小企業向けの細やかな対応を得意としています。

海外展示会の開催のみなど、ピンポイントでのサポートも実施。その際も展示会選定から終了後のフォローまでトータルでサポートしてもらえます。

販路拡大を中心とした実践型コンサルティングが同社の特徴です。海外進出の様々なシーンで、コンサルタントが即戦力スタッフとして、実践的なサポートを提供してくれます。

海外進出コンサルタントへ依頼すると、社内のノウハウが蓄積しにくいという点が大きなデメリットです。そんなデメリットを解消するため、グローバル人財育成研修も実施してもらえます。

フォワード・インターナショナル株式会社
運営会社名 フォワード・インターナショナル株式会社
設立 2010年6月
本社所在地 東京都千代田区二番町2番平田ビル1F
公式サイト https://www.forward-international.jp/

山田コンサルティンググループ株式会社

山田コンサルティンググループ株式会社

引用元:山田ビジネスコンサルティンググループ

山田コンサルティンググループ株式会社の特徴
  • 日本と現地の双方から海外進出をサポート
  • 計画からサポートまでワンストップで提供
  • アジア・米国・欧州と幅広いネットワークあり

山田コンサルティンググループ株式会社は、海外進出の各ステージで幅広くサポートしているのが特徴です。

現地調査や現地マネージメントだけでなく、事業再生や撤退など企業のニーズに合わせたサポートをワンストップで提供してもらえます。

アジアをはじめ、米国、欧州と幅広いネットワークを持つ点も同社の強みです。アジアに22点、ヨーロッパに27点、アメリカに9点、オーストラリア、UAEそれぞれに1点の拠点があります。

各地に山田コンサルティンググループの拠点や提携先があるため、日本からだけでなく現地との双方から経営課題をサポートしてもらえる点も魅力です。

山田コンサルティンググループ株式会社
運営会社名 山田コンサルティンググループ株式会社
設立 1989年7月
本社所在地 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館10階
公式サイト https://www.yamada-cg.co.jp/

株式会社 黎明コンサルティング・グループ

黎明コンサルティング・グループ

引用元:株式会社 黎明コンサルティング・グループ

株式会社 黎明コンサルティング・グループの特徴
  • アジアでの圧倒的な実績あり
  • 現地での強固なネットワークあり
  • 成功報酬型の料金体系

株式会社 黎明コンサルティング・グループは、アジアで圧倒的な実績がある点が魅力です。特にタイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、台湾で多数の海外進出実績があります。

海外進出では現地でのネットワーク構築が重要です。同社は既に現地での強固なネットワークを持っているため、事業スタートがスムーズになります。

特にタイでは現地の大手企業だけではなく、王族系、タイ軍閥系など、タイならではのコネクションも。また、バンコク銀行などの金融機関ともネットワークを持つなど豊富な情報ソースが魅力です。

成功報酬型の料金体制を取っている点も同社の強みになります。リスクを最小限に抑え、費用対効果の高いサービスを受けることが可能なため、コンサル費用を節約したいという企業におすすめです。

株式会社 黎明コンサルティング・グループ
運営会社名 株式会社 黎明コンサルティング・グループ
本社所在地 東京都中央区銀座6丁目13-9
公式サイト https://kaigai-pro.com

KPMGジャパン

KPMG

引用元:KPMGジャパン

KPMGジャパンの特徴
  • 主要31カ国85都市に拠点あり
  • アフリカや中東にも拠点あり
  • 現地の制度に精通した法務や税務のプロが在籍

KPMGは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称です。監査・税務・アドバイザリーサービスを幅広く提供しており、非常に多くの地域での海外進出実績もあります。

主要31カ国85カ所に拠点があり、日本語が話せる約800人ものコンサルタントが在籍しています。

アジア、米国、欧州だけではなく、アフリカや中東にも拠点を持つ点がKPMGの強みです。南アフリカ、ケニア、アラブ首長国連邦(UEA)、イスラエルなど、関心が高い新興国にも多数拠点があります。

経営的なコンサルタントだけでなく、法務や財務に関する専門的な知識を持つコンサルタントが多数在籍している点も魅力で、現地での会計監査、税務、トランザクションサービスなどを提供しています。

KPMGジャパン
組織名 KPMGジャパン
設立 1949年
東京本社所在地 千代田区大手町1丁目9番7号大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
公式サイト https://kpmg.com/jp/ja/home/services/global-support.html

株式会社東京コンサルティングファーム

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: -2024-02-29-104719-1024x404.png

引用元:株式会社東京コンサルティングファーム

株式会社東京コンサルティングファームの特徴
  • 海外法人設立から現地ビジネスまで一気通貫でサポート
  • タイ、インドネシアなどアジア圏に強い
  • 月額8万円からのスモールスタートプランあり

株式会社東京コンサルティングファーム日本企業の海外進出から現地ビジネスの展開までを、一貫してサポート可能なコンサルティング会社です。現地法人設立から、現地での国際実務アドバイザリーとして海外でのビジネスを支えます。

対応するエリアの幅が広く、世界27ヶ国の相談を受け付けているのも特長。タイ・インドネシア・ベトナム・フィリピン・ラオス・シンガポール・カンボジア・マレーシア・ミャンマーといったASEANエリアをはじめ、インドやバングラディッシュ、中国などアジア圏に広く対応しています。

月額8万円から始められる海外進出のスモールスタートプランがあり、海外進出予算に限りがある企業が相談しやすいのも強みです。
海外ビジネスの撤退サポートも行っているので、海外進出から現地での事業推進、そして万一企業方針が変わった際の撤退まで、一貫して相談できるパートナーとなってくれます。

株式会社東京コンサルティングファーム
運営会社名 株式会社東京コンサルティングファーム
設立 2007年6月(グループは1998年7月)
東京本社所在地 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階
公式サイト https://kuno-cpa.co.jp/

海外進出コンサルティングが必要な理由・依頼するメリット

海外進出コンサルティングが必要な理由・依頼するメリット

海外進出コンサルティングは、本当に必要なのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここでは海外進出コンサル会社のサポートが必要な理由を5点ほど解説します。

進出地域の調査や戦略立案を任せられる

海外進出コンサル会社へ依頼する際の最大の魅力は、進出地域の調査や戦略立案を任せられるという点です。

海外進出コンサル会社は、現地で独自のネットワークを持っています。ビジネスパートナーや政府機関とのコネクションがあるため、角度の高い現地調査が可能です。

また、国際ビジネスに精通しているため、ビジネス環境だけでなく現地の文化や習慣、法律についての専門的な知識があります。専門的知識に基づいた戦略立案をしてもらうことが可能です。

専門家の視点でリスクを判断できる

専門家の視点でリスクを判断できる点も海外進出コンサル会社の強みです。海外進出は、スタッフが集まらない、現地不動産屋と連絡が取れなくなった、というような様々なトラブルが生じます。

現地での経営経験がある海外進出コンサルならば、事前に海外進出で起こりうるリスクを判断し、対策を提案してもらうことも可能です。

リスクの可能性を示唆してもらえるだけでなく、トラブルが生じた時も現地でのコネクションを活用して解決してもらえるという点も魅力になります。

法的手続きのアドバイスや代行が可能

海外進出コンサル会社に、法的手続きのアドバイスや代行を依頼することも可能です。

法的手続きは、各国や地域によって大きく異なります。書類一つとってもミスや不備があると受理されず、なかなか手続きが進みません。ビジネスにおいて大きな損害となることもあるでしょう。

法的手続きについて、アドバイスしてもらえるだけではなく、代わりに手続きを依頼できる点も海外進出コンサル会社に依頼するメリットです。

過去実績をもとにした仮説検証ができる

現地での過去の実績をもとにした仮説検証ができる点も海外進出コンサル会社の魅力です。

仮説検証する際に重要なのが「現状の課題から仮説を設定」と「実際のデータを収集し検証する」という2点になります。海外で現状の課題や実際のデータを収集する作業は、現地での知見が欠かせません。

また、海外進出コンサル会社には、過去の実績が蓄積されています。データを新たに収集せずに海外進出コンサル会社が保有するデータをもとに検証することも可能です。

現地市場に合わせたマーケティング支援が可能

日本の商品やサービスが魅力的で、需要があったとしても現地で利益を上げることは決して簡単なことではありません。そのために、現地市場に合わせたマーケティング支援は不可欠です。

現地での競合企業の情報、競合のシェア状況などのリアルな情報も、現地での知見がある海外進出コンサル会社ならではのアドバイスを受けることができます。

また、客観的な視点から自社の強みや特徴を分析し、現地に最適化した形でサービスを展開する方法をサポートしてもらえる点も魅力です。

海外進出コンサルティング会社の選び方・注意点

海外進出コンサルティング会社の選び方・注意点

前述したように海外進出には欠かすことができない海外進出コンサル会社。近年は海外進出に特化したコンサルティング会社が増えており、自社のニーズに合致した海外進出コンサル会社を選ぶのは決して簡単ではありません。

そこで、ここでは海外進出コンサル会社を選ぶ5つのポイントについてご紹介します。

海外進出コンサル会社は、それぞれ特徴が大きく異なります。自社のニーズに合わせた海外進出コンサル会社を選ぶことが非常に重要ですので、ぜひ参考にして下さい。

自社の進出したい地域や国に特化しているか

海外進出コンサル会社は、それぞれ特定の国や地域に特化しています。そのため、自社が進出したい地域に合致している海外進出コンサル会社を選ぶことが非常に重要です。

過去の実績や日本以外の拠点の場所などをチェックすることで、海外進出コンサル会社が力を入れている地域を特定することができます。

過去の海外進出支援実績が自社の業種や規模とマッチするか

過去の海外進出支援実績も重要なチェックポイントです。自社の想定している業種や規模と異なる場合、適切なサポートを受けることができないかもしれません。

海外進出コンサル会社の過去の実績をチェックすることで、確認することができます。現地でどのような業態の進出を成功させているか確認してみましょう。

また、コンサルティング会社によって得意な分野が異なります。得意としている業種と合致しているかという点もチェックしてください。

海外進出コンサルティング会社の費用相場を知っておく

正しいサービスを受けるためだけでなく、コンサル会社を比較するためにも海外進出コンサル会社の費用相場を知っておくことは重要です。

海外進出コンサル会社の費用は、支援内容によって異なります。下記4つの支援内容ごとの相場をご紹介します。

項目支援内容相場
海外販路開拓支援海外での販路を開拓するために、継続的な営業サポート15万円/月~
海外市場調査現地の競合企業の調査やシェア率などを調査をサポート8万円~
展示会や催事出展支援会場を選定、レイアウト設計やスタッフの手配など催事や出展にまつわる業務全般をサポート50万円~
海外SNSマーケティング海外のインフルエンサーなどを活用し、プロモーションを展開。海外向けのSNSマーケティングをサポート20万円/月~

市場調査や催事などのように短期で完結するコストもある一方、販路開拓やSNS運用のように継続的に支援が必要なサービスの場合、毎月料金が必要となります。

サポート範囲(準備・アフターケアなど)を確認しておく

海外進出コンサル会社によって、サポートの範囲は大きく異なりますので事前に確認しておきましょう。海外進出コンサルがサポートしてくれる業務は下記のようなものが存在します。

  • 現地の市場・競合企業の調査
  • 現地に適した戦略立案
  • 現地での販路開拓
  • 現地での法人設立のサポート
  • 現地での催事などイベントの開催
  • 現地向けSNS運用サポート

自社が必要なサービスを提供してくれるかチェックしてください。

また、海外進出は海外進出の準備だけではなく、進出後も様々な課題が存在します。そのため、アフターケアが充実しているかチェックすることも重要です。

特化分野やサポート体制について確認

各海外進出コンサル会社には、特化した分野やサポート体制があります。どのようなサービスがあるのか、チェックしましょう。

例えば、現地に常駐のチーム体制がある、webマーケティングに強い、社内にコンテンツ制作や翻訳チームがあるなど。自社に必要なサービスを提供してもらえるか確認してください。

海外進出コンサルティング会社に関する疑問・Q&A

海外進出コンサルティング会社に関する疑問・Q&A

海外進出コンサルティング会社に関するよくある質問とその答えをまとめました。実際に利用を検討している人からの質問ですので、ぜひチェックしてみてください。

 海外コンサルティング会社への依頼で注意することは?

海外コンサル会社へ依頼する際に注意したいポイントは下記2点です。

  • 自社に合ったサポートを提供しているチェックする
  • コンサル以外でも海外進出自体にかかる費用が多数ある

特に、海外進出費用は様々な支出が必要になります。法人設立費用、市場調査費用、事務所家賃、ビジネス展示会、人件費、宿泊費用など大きな支出から細々とした支出まで様々です。

事前に必要な費用をリストアップして予算を立てておくと、資金的に余裕のある海外進出にすることができます。

コンサルを利用しなくても海外進出はできる?

海外進出コンサルへ依頼すると、一定の費用が掛かります。そのため、海外進出コンサルの利用をためらわれるかもしれません。

海外進出コンサルが必ず必要というわけではありません。実際に海外進出コンサルのサポートを受けずに海外進出した企業も存在します。ただ、中小企業だけではなく大企業でも、海外進出には失敗はつきものです。

特に初めての海外進出の場合は、海外進出コンサル会社へ依頼する方が無難かもしれません。

海外進出コンサルティング会社を利用するデメリットは?

海外進出コンサルを活用する際、メリットだけではなくデメリットをチェックすることも重要です。主なデメリットとして下記3点が存在します。

  • 依頼費用がかかる
  • 社内責任者がノウハウを身に着けられない
  • 悪徳な海外進出コンサルも存在する

前述したように依頼内容により費用は異なりますが、数万円~数百万円の費用が発生します。企業によっては負担が大きいと感じられるかもしれません。ただ、近年では海外進出のための助成金もありますので、ぜひ活用を検討してみてください。

海外進出コンサルに、申請の代行など様々な現地での手続きを依頼することが可能です。一方、社内責任者がノウハウを身に着けられないというデメリットもあります。

コンサルタントに任せっきりにするのではなく、依頼内容などをマニュアル化しておきましょう。また、海外進出コンサル会社によっては、トレーニングを依頼することも可能です。

残念ながら、海外進出コンサル会社の中には、悪徳な業者も存在します。実際にはノウハウがないのに実績があるように装ったり、法律に違反するようなことをしたりする業者もいるようです。

過去の実績を調べるだけではなく、実際に海外進出コンサルを利用した企業の追跡調査なども行いましょう。

海外進出コンサルティング会社に依頼する前の事前準備は何が必要?

海外進出コンサル会社へ依頼する前に、事前準備を行うことは非常に重要になります。海外進出を円滑に行うために、下記6点の準備がおすすめです。

  • ネットで事前調査する
  • 進出する地域を絞る
  • 現地のビジネス慣習について調査する
  • 現地の競合企業について調査する
  • 現地企業が提携可能か調査する
  • 海外進出コンサルティング会社の比較

事前調査などは、海外進出コンサル会社へ調査を依頼することも可能です。しかし、自社で行うことでコンサル費用を節約できるだけでなく、自社にノウハウを蓄積することができます。

海外進出コンサルティング会社まとめ

海外進出コンサルティング会社まとめ

助成金などもあり海外進出を行う企業は、年々増加中です。それに伴い、海外進出コンサル会社の数は非常に膨大になります。そのため、自社のニーズに合ったサポートをしてもらえる海外進出コンサル会社を選ぶことは大切です。

本記事では、おすすめの海外進出コンサル会社5社だけでなく、会社を選ぶ基準や注意点などもご紹介しています。

海外進出には失敗はつきものですが、自社に合った海外進出コンサル会社を選び、その可能性を最小限に抑えましょう。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次