新規事業に強いコンサルティング会社8社を徹底比較【2024年最新】

本ページにはプロモーションが含まれています。
新規事業に強いコンサルティング会社5社を徹底比較【2024年最新】

新規事業をスタートさせることで、会社を大きく成長させることも可能です。しかし、新規事業を成功させることは決して簡単ではなく、コンサルティング会社を活用する企業が増えています。

しかし、新規事業コンサルティング会社は、非常に多く存在するため「どのコンサルティング会社に依頼したらいいだろう?」「どんなサポートをしてもらえるの?」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では新規企業コンサルティング会社について詳しく解説します。

おすめのコンサルティング会社をご紹介するだけではなく、新規事業コンサルティング会社がどのようなサービスを提供しているのかという点や必要な理由についても詳しく解説します。

新規事業は非常に幅広い分野や業界があり、コンサルティング会社によって得意分野は異なるのが特徴です。コンサルティング会社との相性が悪く、あまり大きな結果につながらないこともあります。

そのため、新規事業コンサルティング会社を選ぶ際は、自社のニーズに合致したコンサルティング会社を選ぶことが重要です。

本記事では、新規事業コンサルティング会社の選び方や依頼する際の注意点についても詳しく解説します。ぜひ、新規事業コンサルティング会社選びの参考にしてください。

目次

新規事業コンサルティング会社おすすめ8社の比較と特徴紹介

新規事業コンサルティング会社おすすめ5社の比較と特徴紹介

新規事業コンサルティング会社は、年々増えており「どのコンサルティング会社にしたらいいだろう」と迷われる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではおすすめの新規事業コンサルティング会社をご紹介します。

各社の特徴や得意とする分野について詳しく解説しますので、ぜひ確認してください。

株式会社グローカル

株式会社グローカルの特徴
  • 中小企業の新規事業コンサルティングに特化
  • 戦略策定から実行支援まで伴走支援
  • 顧客課題に即した提案が得意

株式会社グローカルは、中小企業向けの新規事業コンサルティングに特化した会社です。人材リソースに限りある中小企業に向けたサービスを中心に提供しています。

伴走支援が充実している点も同社の魅力です。戦略策定から施策を実行するまで、一気通貫でサービスを提供。そのため、伴走支援もしっかり受けることができます。

伴走支援が充実しているので、持続可能な体制作りも効率よく実現することが可能です。

様々な支援の中でも、事業推進・遂行力に自信があるのが同社です。戦略策定なども行うため、単なる作業代行ではなく新規事業を力強く推進してくれます。

株式会社グローカル
会社名株式会社グローカル
設立2012年1月11日
本社所在地東京都渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビル8階
公式サイトhttps://www.glcl.co.jp/

デロイトトーマツ ベンチャーサポート株式会社

デロイトトーマツ ベンチャーサポート株式会社の特徴
  • 大手コンサル会社の社内ベンチャー
  • ベンチャー企業の支援に特化
  • グローバル知見が豊富

デロイトトーマツ ベンチャーサポート株式会社の最大の特徴は、大手コンサルティング会社であるデロイトトーマツの社内ベンチャー企業という点です。

大規模コンサルファームならではの知見やノウハウを生かしつつ、新規事業支援を行っています。

ベンチャー企業の支援に特化している点が、同社の最大の特徴です。国内外の約5,000社のベンチャー企業とのネットワークを持っており、ネットワークを生かした提案やサービスを提供してもらうことができます。

グローバル知見が豊富な点も同社の魅力です。デロイトトーマツは、外資系コンサルファームということもあり、海外での新規事業における豊富な協業経験があります。

世界各地にある同社の支社から、リアルな現地情報を得ることができます。現地の習慣や文化にも精通しているため、新規事業の推進もスムーズです。

デロイトトーマツ ベンチャーサポート株式会社
会社名デロイトトーマツ ベンチャーサポート株式会社
設立1997年12月24日
本社所在地東京都千代田区丸の内3丁目2-1丸の内二重ビルディング
公式サイトhttps://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtvs/dtvs.htm

Jenerate Partners株式会社

Jenerate Partners株式会社の特徴
  • 豊富な実績あり
  • 大企業向けの新規事業コンサルティング
  • 海外での新規事業支援実績あり

Jenerate Partners株式会社は、2021年に創設されたばかりのコンサルティング会社ですが、大手企業を中心に確かな実績を誇ります。

同社は、大手企業向けの新規事業コンサルティング会社です。大規模な新規事業にも対応できるノウハウと知見がある点が最大の魅力になります。

過去には、日本を代表するAIスタートアップ企業や東証一部の大手商社系列のエネルギー会社などの新規事業支援に携わり、成功へ導いた実績があります。

国内だけではなく、グローバルな支援も得意としている点も同社の特徴です。アジアやアメリカなどで、グローバルな新規事業支援を行った実績を持ちます。

大規模な新規事業を計画している企業や海外を視野に入れている企業に、おすすめのコンサルティング会社です。

Jenerate Partners株式会社
会社名株式会社 Jenerate Partners株式会社
設立2021年4月1日
本社所在地東京都港区北青山1-2-3 青山ビル12F
公式サイトhttps://www.jeneratepartners.co.jp/

株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティングの特徴
  • デジタル分野に特化
  • デジタル知見がある人材のリソースが豊富
  • 伴走型コンサルティングによるPOC

株式会社リブ・コンサルティングは、デジタルを活用した新規事業コンサルティングに特化したコンサルティング会社です。

デジタル技術は、日進月歩ということもあり、非常に高度な専門的な知見が必要になります。そんなデジタル分野での知見やノウハウを持つ点が同社の魅力です。

デジタル知見がある人材のリソースが豊富という点も同社の強みになります。

デジタルを活用した新規事業の場合、エンジニアの確保が欠かせません。同社は外部エンジニアとのコネクションもあり、適切なスキルをもつ人材を集めることもできます。

さらに、エンジニア以上に貴重な人材とされているのが、ビジネスとテクノロジーの橋渡しを行う人材です。そんな貴重な人材が在籍している点も同社の強みです。

伴走型コンサルティングを得意としている点も同社の特徴になります。伴走型だからこそできる丁寧なPOCにより、効率よく課題を解決することも可能です。

株式会社リブ・コンサルティング
会社名株式会社リブ・コンサルティング
設立2012年7月
本社所在地東京都千代田区大手町1丁目5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19階/20階
公式サイトhttps://www.libcon.co.jp/

株式会社タナベコンサルティング

株式会社タナベコンサルティングの特徴
  • 歴史ある大手コンサルティング会社
  • 長期ビジョンを重視したコンサルティング
  • 実行力の高い体制構築サポート

株式会社タナベコンサルティングは、創業66年の歴史あるコンサルティング会社です。歴史だけではなく確かな実績とノウハウを生かし、新規事業支援を行ってもらえます。

同社の最大の特徴は、長期ビジョンを重視したコンサルティングです。新規事業においても同社の持つ確かなノウハウや経験により、長期ビジョンを見据えることができます。

実行力の高い体制構築をサポートしてもらえる点も同社の魅力です。新規事業を推進する上で、実行力の高い体制構築は欠かせません。

事業を推進するための計画を立てるだけではなく、メンバー編成から計画の実行、レビューなども実施。推進力のある体制作りを支援してもらえます。

株式会社タナベコンサルティング
会社名株式会社タナベコンサルティング
設立1957年10月16日
本社所在地東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング9F
公式サイトhttps://www.tanabeconsulting.co.jp/

株式会社Pro-D-use

株式会社Pro-D-useの特徴
  • 新規事業の支援で相談実績が豊富
  • テンプレは使用せず個々の企業に合わせたカスタムメイド型
  • 現場に入り込む伴走・現場型の新規事業支援

株式会社Pro-D-use新規事業の開発および収益化を得意とする経営コンサルティング会社です。

新規事業相談件数200件以上と豊富な実績があり、新規事業開発の領域で信頼されています。

テンプレ的なアドバイスではなく企業に合わせた支援を大切にしていることも特長で、現場にも積極的に入り企業の想いを実現するコンサルティングを行います。新規事業の立ち上げプロセスから綿密に並走するため、企業側での再現性が高くノウハウ構築しやすいという点も強みです。

想定外の事態も多い新規事業立ち上げにおいて、必要に応じて業務の代行や外部パートナーとの協業ディレクションなども行います。課題抽出だけでなく現場の実行体制も作り上げることで、スムーズな新規事業開発を可能にできるコンサルティング会社です。

株式会社Pro-D-useの基本情報
会社名株式会社Pro-D-use
設立2015年8月18日
本社所在地東京都新宿区西新宿1-19
オオトリビル3F
公式サイトhttps://pro-d-use.jp/

mo4ma(mothership for Marketers)

mo4ma(mothership for Marketers)
引用元:mo4ma
mo4maの特徴
  • 独創的な新製品/サービス・事業開発の支援が得意
  • 既存の製品・サービスに飽き足らない組織をバックアップ
  • 内外のマーケティング実務者を結びつける独自のアプローチ

mo4ma株式会社テンプロクシーが提供する、新規事業支援に特化したマーケティングサービスです。

mo4maでは業種・組織・時間・距離を超えて内外のマーケティング実務者をつなげることで、それぞれが共同・協力して製品開発に取り組める、独自のマーケティングサービスフレームワークを特徴としています。

優秀なマーケターをつなげることで、製品開発の様々な場面において適材適所のマーケターをアサインすることが可能です。これにより、組織内部の人材の経験・ノウハウ不足による新製品開発の課題を解決し、適切な人材をプロジェクトに参画させることで新製品開発の成功率を高めます。

とりわけ、ITを駆使した事業開発、新サービス開発、共創ビジネスデザインを得意領域に豊富な実績を有しています。

独創的な新製品やサービスを短期間で効率的に生み出せる環境を整え、経営革新を実現することに貢献できるサービスです。

mo4maの基本情報
会社名株式会社テンプロクシー
設立1995年11月8日
本社所在地東京都世田谷区下馬2丁目11番3-104号
公式サイトhttps://www.mo4ma.org/

株式会社tryX

引用元:株式会社tryX
株式会社tryXの特徴
  • デジタルマーケティングに強い新規事業支援
  • 伴走型の新規事業支援が得意
  • アイデア創出から実行までの一貫したサポート

株式会社tryXは、新規事業支援やデジタルマーケティング支援を得意とするコンサルティング会社です。

新規事業支援でもマーケに強みを発揮し、長期的な伴走もできることも魅力で、上場企業の支援実績が多数あります。

新規事業でよくある失敗要因である「市場のニーズがなかった」と立ち上げ後に気づくケースを防ぐため、アイデア創出段階から積極的に関わるのもポイントです。

徹底的な内部環境/外部環境の調査や顧客インタビューなどを通して、新規事業のターゲットやニーズを明確にしていきます。

市場に受け入れられる新規事業アイデアの創出から行えるため、精度の高い戦略で新規事業を進められるのが大きな強みです。

競合とは一線を画すユニークな価値提供を模索している、新規事業立ち上げ予定のある企業には特におすすめできます。

株式会社tryXの基本情報
会社名株式会社tryX(トライエックス)
設立2019年1月23日
本社所在地東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス 2F
公式サイトhttps://tryx-co.ltd/

新規事業コンサルが実施すること・役割

新規事業コンサルが実施すること・役割

新規事業コンサルティング会社は、企業が新しい事業をスタートさせるために必要な支援を行っている会社です。

新規事業をスタートさせるうえで、下記のような準備段階のサポートも依頼することができます。

  • 企業の財務状況を整理
  • 社内のリソースの棚卸

事業をスタートさせる市場や競合の調査を依頼することも可能です。コンサルティング会社によっては、覆面調査など様々な手法で調査してもらえます。

また、新規事業をスタートさせるための計画を立ててもらえるという点も新規事業コンサルティング会社へ依頼するメリットです。

  • ビジネスモデル構築
  • 新規事業の計画
  • 事業計画の策定
  • 組織戦略の策定

さらに、下記のような新規事業の実務業務をサポートしてもらうことが可能です。社内リソースが限られている企業には、特にコンサルティング会社の活用がおすすめになります。

  • 商品の開発
  • サービスの開発
  • テストマーケティング
  • マーケティングの策定

新規事業スタート後のサポートを依頼することも可能です。新規事業コンサルティング会社に依頼できる業務は、非常に幅広く多岐にわたります

そのため、自社が必要とするサービスが何であるかを明確に定めることや、コンサルティング会社との相性が非常に重要です。

新規事業にコンサルが必要な理由とは?

新規事業にコンサルが必要な理由とは?

新規事業をスタートさせるために、本当にコンサルティング会社へ依頼する必要があるのか迷われている方も多いかもしれません。

そこで、ここでは新規事業コンサルティング会社へ依頼する主な理由として下記5点をご紹介します。

各理由について、詳しく解説しますので、ぜひ新規事業コンサルティング会社への依頼を迷われている方は、参考にしてください。

新規事業失敗の大きな要因はノウハウと人材不足

新規事業が失敗する大きな要因は、ノウハウと人材不足といわれています。失敗する要因をカバーすることができるのが、新規事業コンサルティング会社です。

下記グラフは、新規事業展開を実施していない企業の課題です。

新規事業展開の課題
引用:中小企業白書2017「新事業展開の促進」

中小企業白書によると、企業が抱える課題の中で最もシェアが大きいのが「市場のニーズを収集・分析するノウハウを持った人材が不足している」でした。

割合は決して多くないものの「市場ニーズの把握が不十分」「必要な技術ノウハウの取得や構築が困難」など、他にもノウハウ不足を課題としている企業は多いようです。

このことからも分かるように、新規事業に関するノウハウを有している人材は、決して多くはありません

しかし、新規事業コンサルティング会社には、新規事業コンサルタントが多数在籍しているので、新規事業を成功させるために十分なサポートを受けることができます。

新規事業コンサルタントは一般的なコンサルティング業界の中でも、新規事業の立ち上げや収益化のプロセスに特化しており様々なノウハウを用いて支援が可能です。

コンサル会社ならではの経験や知見がある

新規事業コンサルティング会社ならではの新規事業に関する豊富な経験や知見がある点も理由として挙げられます。

特に新規事業で最も避けるべき「リスクの回避」は経験や知見が非常に有用です。失敗しやすいポイントや躓きやすいポイント、撤退すべきタイミングなどを的確にアドバイスしてもらえます。

1社だけの新規事業では、得られる知見や情報に限りがあるでしょう。しかし、実績豊富な新規事業コンサルティング会社に依頼することで、自社では得られない知見を活用することができます。

コンサルは客観的な目線で新規事業を捉えられる

客観的な目線で新規事業を捉えることができる点も新規事業コンサルティング会社の魅力です。

企業が制作したい商品を制作して販売していくプロダクトアウト。ユーザーの想像を超えるような商品開発という点でプロダクトアウトは欠かせません。

しかし、新規事業立ち上げで苦戦する例が多いのがプロダクトアウトです。新規事業において、消費者や利用者支店の客観的な視点で事業を捉える必要がある、ということが分かります。

新規事業コンサルティング会社を活用することで、客観的な消費者や利用者の目線から新規事業に対するアドバイスを受けることが可能です。

社内のリソースが限られている

新規事業を行う社内リソースが限られているという点も、新規事業コンサルティング会社へ依頼する主な理由の一つです。

特に、中小企業の場合、社内リソースが限られています。そのため、新規事業と既存事業掛け持ちになってしまうことも少なくありません。結果、新規事業には欠かせない市場調査に時間をかけられないこともあります。

コンサルティング会社へ依頼することで、経験やノウハウが豊富なコンサルタントに参加してもらうことが可能です。結果として、精度の高い新規事業業務につなげることができます。

新規事業収益化までの道を最短にできる

新規事業コンサルティング会社に依頼することで、新規事業の収益化までの道を最短にできるという点も魅力です。

コンサルティング会社へ依頼することで、新規事業を立ち上げるためのロードマップだけでなく収益化までの戦略も描いてもらえます。これまでの知見に基づいたロードマップなので、効率化できる点が魅力です。

特に資金が潤沢ではない場合、コンサルティング会社の活用がおすすめになります。

新規事業コンサル会社に依頼する際の選び方・注意点

新規事業コンサル会社に依頼する際の選び方・注意点

前述したように新規事業コンサルティング会社が対応するサービスは、多岐にわたります。そのため、自社のニーズに合致したコンサルティング会社を選ぶことが非常に重要です。

そこで、ここでは新規事業コンサル会社に依頼する際の注意点や選び方について詳しく解説します。

コンサルティング会社選びに失敗すると、大きな成果を得られないだけでなく、新規事業に失敗する可能性も高まってしまいます

コンサルティング選びの前に、ぜひチェックしてください。

実績・得意分野・規模が自社に合うか確認

新規事業コンサルティング会社の実績や得意分野、規模が自社に合うか確認しましょう。

新規事業のサービスが多岐にわたることもあり、コンサルティング会社によって得意とする分野は大きく異なります。

そのため、コンサルティング会社を選ぶ際は、得意とする分野が自社のニーズとマッチしているか確認してください。さらに、その分野でどのような実績があるのかもチェックしましょう。

さらに、コンサルティング会社の規模も非常に重要です。コンサルティング会社によってリソースが異なるため、自社の事業規模に合致したコンサルティング会社を選ぶ必要があります。

例えば、海外などの事業展開も検討されている場合、リソースが豊富で海外拠点を持つことも多い大手コンサルティング会社の活用がおすすめです。

ただ、規模が大きくなれば大きくなるほど、コンサルティング会社に支払う費用は高額になります。そのため、予算に大きく影響を与えることも踏まえて、コンサルティング会社の規模を選びましょう。

関連記事>>海外進出に強いおすすめ専門コンサルティング会社紹介【選び方や注意点も解説】

中小企業の場合は伴走支援が重要

中小企業の場合、伴走支援を行ってもらえるかという点が、非常に重要です。

中小企業の場合、新規事業を実行するリソースが限られています。そのため、コンサルティング会社を選ぶ際には伴走支援を実施しているか、チェックしましょう。

また、新規事業スタート後のサポート範囲や期間もコンサルティング会社によって、異なるので契約前に確認してください。

担当者と相性が良いかも確認

コンサルティング会社を選ぶ際、コンサルタントである担当者との相性が良いかも確認してください。

新規事業スタートは、半年から数年にかけての長いプロジェクトということが多くなります。また、推進する上で、社内担当者との密なコミュニケーションが必要です。

そのため、担当者との相性が悪いと、思うような成果が出せないことも少なくありません。

前述したように、コンサルティング会社の実績を確認することは重要ですが、担当コンサルタントとの相性もチェックしましょう。

チェック方法としては、契約前に行われるコンサルティング会社からの提案のシーンがおすすめです。打ち合わせをする中で、コンサルタントとの相性をチェックしてください。

複数社を比較して最適な新規事業コンサルを選ぶ

新規事業コンサルティング会社を選ぶ際は、複数社を比較して最適なコンサルティング会社を選びましょう

依頼したいコンサルティング会社が決まっていた場合も、ぜひ複数のコンサルティング会社を比較してください。前述したように担当するのは、会社ではなく担当者だからです。

例えば、知名度や実績が豊富なコンサルティング会社に依頼しても、担当するコンサルタントは新人という可能性もあります。

上記のような失敗を防ぐためにも、複数社と面談するのがおすすめです。コンサルティング会社の社名だけではなく、担当者を比較してみてください。

複数社を比較しても長期契約をするか迷ってしまう時もあるでしょう。その際は、すぐに長期契約を結ぶのではなく、短期契約を結ぶのがおすすめです。

3カ月~数カ月程度の短期間で契約し、プロジェクトの進捗具合をチェックしてみてください。長期契約に見合うコンサルティング会社か、判断することができます。

新規事業コンサルティング会社の費用相場

新規事業コンサルティング会社の費用相場

新規事業コンサルティング会社へ依頼する際「どれぐらいの費用がかかるのだろう?」「高額ではないか…」と費用について不安になられる方も多いのではないでしょうか。

新規事業立ち上げには、膨大な予算が必要です。そのため、コンサルティング会社への依頼も予算設定が非常に重要になります。また、適正なサービスを受けるためにも相場を知ることは大切です。

新規事業コンサルティング会社へ依頼した場合の費用の相場は、数百万円~数千万円といわれています。価格帯に大きく幅があるのは、新規事業の規模や契約形態により異なるからです。

契約形態は大きく分けて、下記2点に分類できます。

  • スポットコンサルティング
  • 月額契約

スポットコンサルティングでは、プレゼンや新規事業の初期調査などを依頼する際に契約するのが一般的です。一方、戦略策定から実行支援など長期にわたる支援が必要な場合は、月額契約で費用が発生します。

それぞれの費用相場は、下記の表にまとめました。

契約形態事業規模費用相場
スポットコンサルティング10万円~
月額契約中小企業向け月20万円~250万円
大企業向け月300万円~1000万円

事業規模以外にも対応期間、アサインされるコンサルタントの人数など、様々な要因により価格は変動するのが特徴です。包括的なサポートを提供してもらう場合、数千万円規模の費用が必要なこともあります。

見積もりを出してもらう場合は、要因も細かくチェックしましょう。

新規事業コンサルティングの費用対効果はどう測る?

新規事業コンサルティングの費用は、決して低額なものではありません。そこで、ここでは気になる費用対効果をどのように測るかについて、詳しく解説します。

新規事業コンサルティングの費用対効果は、大きく分けて下記4点に集約することが可能です。

  • 新規事業の成功率が上がる
  • 収益化までスムーズ
  • 人材を新たに用意する必要がない
  • ノウハウを学ぶことができる

社内で、新たに新規事業部門を立ち上げ、新規事業の専任担当を採用したと比較すると、大きく費用を削減できる点が魅力になります。

コンサルティング会社から、新規事業立ち上げのノウハウを学ぶことで、新たに事業を立ち上げる際や横展開を行う時に、スムーズに推進することも可能です。

新規事業コンサルを成功させるコツ【依頼前の準備】

新規事業コンサルを成功させるコツ【依頼前の準備】

新規事業コンサルを成功させるコツは、依頼前の準備です。事前に準備をすることで、新規事業をスムーズに立ち上げられるだけでなく、自社に合ったコンサルティング会社選びにも役立てることができます。

準備すべきことは、新規事業の事業内容にもよりますが、共通するのが下記4点です。

  • 新規事業の課題を洗い出す
  • 新規事業へ期待することをまとめる
  • 達成したい目標を決める
  • 社内体制を整える

しっかり準備することで、想定外のコストを削減することができます。

新規事業コンサルティング会社のおすすめ紹介まとめ

新規事業コンサルティング会社のおすすめ紹介まとめ

新規事業の成功率は、決して高いわけではありません。そのため、専門的な知識やノウハウ、経験を持つ新規事業コンサルティング会社の活用がおすすめです。

ただ、新規事業にまつわる業務は多岐にわたるため、コンサルティング会社によって得意とする分野や実績が豊富な分野が異なります。

そのため、自社のニーズに合致したコンサルティング会社を選ぶことが、非常に重要です。ぜひ、本記事を参考にして自社に合ったコンサルティング会社を選んでください

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次