ネットワークエンジニアがフリーランスになるには?案件獲得に必要なスキルと年収を紹介

本記事では、ネットワークエンジニアがフリーランスになるために必要なスキルや年収について解説します。

雇用環境が大きく変化している現在、大企業を中心に早期退職を募るケースが相次いでいます。

これからの時代は、正社員といえども定年退職まで安泰ということはなく、自らスキルを磨き続けていくことが求められるでしょう。

そんななか、優秀なエンジニアのなかには企業を退職し、フリーランスとして独立しようと行動に移す人も増加しています。

しかし、フリーランスと聞くと以下のような不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

  • 収入が不安定になるのではないか・・
  • 案件を探すのに苦労するのではないか・・

今回は、ネットワークエンジニアがフリーランスになった際、安定して案件を獲得するためのスキルや具体的な年収なども詳しくご紹介していきます。

目次

ネットワークエンジニアとは?仕事内容を解説

ネットワークエンジニア とは 仕事内容 解説

ネットワークエンジニアとはその名の通り、企業などの社内ネットワークの構築や運用を手掛けるエンジニアのことを指します。

具体的な仕事内容としては以下の4つに分けられます。

設計

従業員の数や組織の規模に応じて、最適なネットワークを設計します。

規模が大きくなればなるほどルーターやスイッチといった機器の数も増え、開発規模も大きくなります。

また、想定されるトラフィックなども考慮しながら、重要インフラであるネットワークに障害が発生しないよう設計しなければなりません。

構築

設計段階で決定した仕様に基づき、実際にネットワーク機器を設置したり、物理配線を構築したりといった作業に入ります。

また、ネットワーク機器同士をケーブルで接続しただけでは正常にネットワークが運用できないため、ルーターやスイッチ類、さらにはサーバーといった機器の設定作業も行います。

運用

構築が完了したら実際にネットワークを運用しますが、企業によっては組織変更やオフィスのレイアウト変更などを行うケースもあるでしょう。

そのような場合、新たな環境に対応できるようネットワークの構成を見直し、構築し直すことも求められます。

また、運用後に仕様変更の要望が上がってくることもあり、それに対応するのもネットワークエンジニアの重要な仕事です。

保守

ネットワークを運用していると、思わぬトラブルに見舞われることもあります。

現場で働く従業員の人為的ミスで障害が起こることもあれば、ネットワーク機器の故障や不具合が原因となるケースもあるでしょう。

トラブルが発生した場合に、その原因をいち早く突き止め、正常な状態に戻す保守作業もネットワークエンジニアが担う仕事のひとつです。

ネットワークエンジニアのフリーランスに必要なスキル

ネットワークエンジニア フリーランス 必要 スキル

フリーランスのネットワークエンジニアとして独立する場合、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

ネットワークエンジニアとして最低限身につけておきたいスキルと、フリーランスとして独立する際に求められるスキルに分けて解説しましょう。

ネットワークエンジニアとして身につけておきたいスキル

コミュニケーションスキル

先方の要望を正しく汲み取るためには、コミュニケーション能力は不可欠です。

ネットワークの設計や構築にあたっては、クライアントがどのような仕様のネットワークを構築したいのかをヒアリングする必要があります

一からネットワークを構築する場合であれば、ネットワークを利用する従業員の数や部署、拠点の数などによっても設計の規模は大きく変わってきます。

ネットワークエンジニアと聞くと技術的な知見が豊富で、つねにPCに向かって作業をするといったイメージをもつ方も多いですが、実際にはクライアントとうまく連携するためにコミュニケーションスキルが欠かせません

ネットワーク機器の知識と操作スキル

技術的なスキルとしては、ネットワークの基礎であるTCP/IPの知識はもちろん、ルーターやスイッチといったネットワーク機器を操作するスキルも不可欠です。

最近では社内ネットワークにWi-Fiを導入するケースも多く、有線ネットワークだけでなく無線LANやクラウドシステムの構築スキルも必須といえるでしょう。

フリーランスとして身につけておきたいスキル

実務経験

クライアントの要望を汲み取り、どうすれば課題を解決できるのかを適切に判断するためには、実務経験を積み重ねていくことが重要です。

ネットワークエンジニアは、学歴や資格の有無にかかわらず、豊富な経験やスキルさえあればフリーランスとして独立し活躍していくことが可能です。

しかし、高度な資格を取得し十分な知識を身につけていたとしても、会社員としての経験がないままフリーランスとして独立するのは決して簡単ではありません

ネットワークエンジニアとして現場で活躍するためには、業務の流れを体系的に把握しつつ、状況に応じた臨機応変な判断や対応が求められるためです。

独学や資格勉強を通して専門的な知識を身につけていたとしても、すべての開発現場に対応できるとは限りません。

そのため、フリーランスとして独立する前に、まずは会社員としてネットワークエンジニアのキャリアを積むようにしましょう。

ネットワークエンジニアのフリーランス案件の探し方

ネットワークエンジニア フリーランス案件 探し方

フリーランスのネットワークエンジニアとして独立し生計を立てていくためには、継続的に案件を受注することが不可欠です。

  • そもそも案件が見つからない・・
  • 好条件の案件がなく、収入が安定しない・・

このような悩みを抱える方も少なくありません。

そこで、ネットワークエンジニアとしての案件を効率的に探す方法を3つ紹介しましょう。

エージェントの活用

就職活動や転職活動の場合、求職者と求人企業をマッチングするエージェントがありますが、フリーランスを対象としたエージェントも存在します。

フリーランス向けのエージェントにはネットワークエンジニア以外にも、SEやプログラマーなどさまざまなエンジニアが登録しており、企業が募集している案件に応じてスキルをもったエンジニアに紹介が届くという仕組みです。

もちろん、紹介を受けたからといって必ずしも受託する必要はなく、勤務地や待遇といった条件に合った案件を吟味することも可能です。

クラウドソーシングの活用

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業と、仕事を受注したいフリーランスのマッチングを行うプラットフォームです。

エージェントの場合は企業とフリーランスの間に担当者が入ってさまざまな調整を行いますが、クラウドソーシングの場合は企業とフリーランスが直接やり取りを行います。

フリーランスはクラウドソーシング上のマイページにプロフィールやポートフォリオを提示し、企業はそれを確認したうえで直接オファーが可能です。

また、開発案件の詳細を公開し、実績が豊富なネットワークエンジニアを広く募集するといった方法もあります。

双方の合意が取れればすぐにでも業務に着手でき、報酬もクラウドソーシングのプラットフォームを介してやり取りされるため、請求書の作成や送付といった手間のかかる業務から解放されるのも魅力のひとつです。

人脈の活用

会社員時代に取引のあったクライアントや、これまでに取引経験のあるクライアントなどの人脈を生かす方法もあります

もし先方からの相談がなかったとしても、様子を伺ってみることで案件を獲得できるケースも少なくありません

また、企業同士の横のつながりから、別のクライアントを紹介してもらえることもあるでしょう。

ネットワークエンジニアのフリーランス案件の種類と単価

ネットワークエンジニア フリーランス案件 種類 単価

フリーランスのネットワークエンジニアといっても働き方はさまざまで、会社員のようにオフィスへ出社しフルタイムで勤務するケースもあれば、週に数回出社するパターンやリモートワークが中心の働き方もあります。

それぞれの働き方の違いを紹介するとともに、報酬単価はどの程度違うのかも解説しましょう。

週2~3日の案件例・単価相場

週に2〜3日程度、クライアント先のオフィスへ出社し、ネットワークの構築や運用、保守を担う案件です。

クライアントによっても案件の内容は異なり、運用や保守がメインの業務のケースもあります。

たとえば、ネットワークやサーバーの保守業務がメインの案件では、週3日の出勤で月収40万円、年収で480万円程度のところもあります。

リモート・在宅OKの案件例・単価相場

クラウドシステムの設計や構築などを手掛けるクライアントでは、原則として出社の必要がないフルリモート案件もあります

当然のことながら、リモートワークでもチーム内での連携が求められることから、チャットツールやオンライン会議システムなどを駆使してコミュニケーションを図ります。

フルリモート案件の業務内容は案件によっても多様ですが、たとえばクラウドシステムの構築で週2日勤務の場合、月収30万円、年収で360万円程度のところもあります。

客先常駐の案件例・単価相場

クライアントのオフィスへ常駐しネットワークシステムの開発や運用を手掛ける案件もあります。

フリーランスを対象とした案件のなかでも特に単価は高く、週5日のフルタイムであれば月収50万円、年収で600万円程度のところも少なくありません。

ただし、客先常駐となると、時間的・体力的な余裕がなくなり、ほかの案件を並行して手掛けることも難しくなるでしょう。

ネットワークエンジニアのフリーランスの年収

ネットワークエンジニア フリーランス 年収

一口にネットワークエンジニアといっても、経験や実績によって想定される年収も大きく異なります

以下に収入の相場例を記載します。

実務経験 月収相場 年収相場
1年未満 30万円程度 360万円程度
3~5年以上 40~80万円程度 480~960万円程度

実務経験が3〜5年以上の中堅エンジニアの場合は相場に大きな開きがあり、中堅以上のネットワークエンジニアは、それまでどのような実務経験を積み、その実績に対して年収が大きく左右される傾向が見られます。

ネットワークの運用や保守のみの経験があるエンジニアよりは、設計や構築といった上流工程の実務経験があるエンジニアのほうが高い年収が期待できるでしょう。

さらに豊富な実績があり、IoTやクラウドシステムといった最新のテクノロジーに対する知見も豊富なネットワークエンジニアの場合、スペシャリストとしての待遇を受けられることも多いです。

その場合は、月収は80〜100万円、年収に換算すると960〜1,200万円といった高額な報酬が期待できます。

ネットワークエンジニアのフリーランスの将来性

ネットワークエンジニア フリーランス 将来性

結論からいえば、ネットワークエンジニアは今後も社会にとって不可欠な職業であり、将来性は十分あるといえるでしょう。

直近では、リモートワークの拡大によってオフィス縮小化の流れが加速し、ネットワークエンジニアの将来性を危惧する声も少なくありません。

たしかに、オフィスの縮小化が進んでいけば、従来のような大規模ネットワークシステムの開発需要は低下していくでしょう。

そのような意味で、従来型のネットワークエンジニアの将来性は低いというのは事実です。

しかし一方で、リモートワークを遂行するうえでオンライン環境は不可欠であり、クラウドシステムやIoTといったテクノロジーが一層注目されています。

従来のようなオンプレミス型サーバーからクラウド環境への移行が加速していますが、今後はさらにIoTの爆発的な普及が期待されます。

これらのテクノロジーが本格的に普及していくと、スマートファクトリーやスマートオフィス、スマート農業など、あらゆる業種でネットワークエンジニアの需要が高まってくると考えられます。

この先もフリーランスのネットワークエンジニアとして活躍していくためには、従来のオンプレミス型のサーバーを基本としたネットワーク構築だけでなく、クラウドやIoTといった新たな分野の知見も身につけることが必須といえるでしょう。

フリーランスになる決心がつかなければまずはエージェントに相談

ネットワークエンジニアとして、会社員のままが良いのか独立してフリーランスの道を歩んだほうが良いのか、悩んでいる方も多いことでしょう。

もし、周囲にフリーランスとして活躍しているエンジニアがいる場合には相談に乗ってもらうのもひとつの方法ですが、必ずしもそのような人がいるとは限りません。

そこで、周囲に相談できる人がいない場合には、エージェントに相談してみるのもおすすめです。

自分自身の実務経験やスキル、保有資格などを参考に、もしフリーランスとして独立した場合にどのような案件を紹介してもらえるのかを相談することも可能です。

さらに、それ以外にもキャリア相談に乗ってくれるところも多く、エージェントサービスによっては個別相談会を実施しているところも存在します。

例えば以下のエージェントなどもおすすめです。

geechs job(ギークスジョブ)

ギークスジョブ geechs job

フリーランス向けの案件紹介をしているエージェントのギークスジョブ

ギークスジョブでは、フリーランスになるための基礎知識を身につけられるセミナーを定期的に開催しているため、そちらに参加してみるのもおすすめです。

Bizlink(ビズリンク)

ビズリンク Bizlink

副業案件としてのマッチングサービスを提供しているBizlink

Bizlinkを活用し、まずは副業として1件案件をこなしてみたうえで、フリーランスとしてやっていけそうか試してみるのも一手です。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

ネットワークエンジニアのフリーランスのよくある疑問

ネットワークエンジニア フリーランス 疑問

フリーランスのネットワークエンジニアとして独立するにあたって、さまざまな不安や疑問があるかと思います。

エージェントに直接相談するのもひとつの方法ですが、それ以前に基礎知識として押さえておきたい疑問を解消しておきましょう

今回は、よくある疑問に対する解答を紹介します。

未経験からフリーランスネットワークエンジニアになることは可能?

未経験であってもフリーランスのネットワークエンジニアとして活動することは可能です。

ネットワークエンジニアになるためには、特定の資格や実務経験が必須条件として定められていません

ただし、多くの企業では、フリーランスのネットワークエンジニアに対して即戦力を求めています

実務経験がないネットワークエンジニアは、フリーランスとして独立した後で安定的に案件をこなすことは難しいため、まずは会社員としてネットワークエンジニアの経験を積み重ねていくことをおすすめします。

ネットワークエンジニアのフリーランスが取っておくべき資格は?

特におすすめなのは「シスコ技術者認定」や「LPIC」「CompTIA」などのベンダー系資格です。

これらは、即戦力のあるネットワークエンジニアであることが証明できる資格といえます。

さらに、IPAが認定している情報処理技術者試験の「ネットワークスペシャリスト試験」や「情報セキュリティスペシャリスト試験」なども有効です。

地方や田舎に移住してもネットワークエンジニアのフリーランス案件はありますか?

必ずしも都市部でなければ活躍できないということはなく、地方へ移住しフルリモート案件を請け負って生活しているネットワークエンジニアも存在します。

フリーランス向け案件の種類でも紹介したとおり、客先常駐からリモート・在宅OKの案件までさまざまなタイプが存在します。

ただし、これらの案件を請け負うためには高度なスキルと豊富な実務経験が要求されることも多く、未経験者や実績が少ないフリーランスにとっては案件を獲得するのは決して簡単ではないでしょう。

ネットワークエンジニアでフリーランスのまとめ

ネットワークエンジニア フリーランス まとめ

一口にネットワークエンジニアといってもさまざまな業務内容が存在し、客先常駐からフルリモートまで働き方もさまざまです。

働き方が多様化している現在、会社を退職しフリーランスとして独立を目指すエンジニアも増え、また自由な働き方を求めて未経験からフリーランスを目指す人もいます。

しかし、フリーランスのネットワークエンジニアには即戦力が求められるため、まずは会社員として実務経験を積み重ねていくのがおすすめです。

今後は従来のような大規模ネットワークシステムの開発需要は低下していくことが予想されます。

その為、オンプレミス型のネットワークシステムだけでなくクラウドやIoTといった次世代のテクノロジーの知見も磨き続けていく必要があります

会社員として働き続けるか、フリーランスとして独立するか迷うことも多いと思いますが、そのようなときにはまずエージェントに相談したり、副業フリーランスとして活動を始めてみるのもおすすめです。

IT/Web転職に強いサイトランキング
1位 レバテックキャリア

開発系・インフラ系求人のサポートが手厚いエンジニア特化型エージェント

2位 GEEKLY Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント
3位 マイナビエージェント 求人の約80%が非公開なので採用率が高い
4位 レバテックフリーランス 高単価を狙うハイクラスエンジニアに評判
5位 ランスタッド 海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も多数保有

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる