iOSエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説

  • フリーランスのiOSエンジニアとして、働きたいが安定した収入を得ることができるのか。
  • フリーランスになって案件獲得するにはどうしたらよいのか。
  • 副業でどの程度収入を得ることが可能なのか。

iOSエンジニアとして働いている方は、このような疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

この記事では、今後iOSエンジニアのフリーランスとして働きたい、副業で案件を獲得したい、と考えている方に身になる情報を紹介します。

また、仕事内容や年収、将来性や必要なスキルも合わせて細かく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

フリーランスのiOSエンジニアの仕事内容

フリーランス iOSエンジニア 仕事内容

iOSエンジニアとは、iOSのアプリの開発を担当するエンジニアのことを指します。

OSにはいくつか種類がありますが、その中でも「iPhone」「iPod touch」などに搭載されているiOSで動かすアプリの開発を行うのがiOSエンジニアの仕事です。

iOSエンジニアの主な仕事内容である「iOSのアプリ開発」「フロントエンド開発およびサーバーサイド開発」「要件定義、設計、開発、テスト」についてそれぞれ解説していきましょう。

iOSのアプリ開発

iOSエンジニアは、iOSを搭載したiPhoneや、今ではOSが別れたiPadOSを搭載したiPadで動くアプリの開発を行います。

初期開発だけでなく、機能追加などのアップデートも仕事内容に含まれています。

Webアプリ、ネイティブアプリといったアプリケーションが主に使用されています。

Webアプリとは「文字通りWebブラウザ上で動作するアプリケーション」を指します。

一方、ネイティブアプリとは「プラットフォーム上で、直接動作するアプリケーション」を指します。

iOSエンジニアはWebアプリの開発を担当する場合もあるため、担当範囲の広い職種であると言えるでしょう。

フロントエンド開発およびサーバーサイド開発

フロントエンド開発とは「ユーザーが目に触れ、操作を行う部分」の開発を行う工程を指します。

アプリケーションや、Webサイト上で動作する部分の開発、管理を担当することが多くあります。

サーバーサイド開発とは「バックエンド開発」とも呼ばれており、サーバー内で動作する処理を実装していく工程のことを指します。

アプリの維持保守

開発したアプリに不具合がないよう、維持や保守も担当します。

維持とは、iOSアプリを最善の状況で提供し続ける業務を指します。

例えば「画面がうまく表示されない」「動作が重い」などの不具合がでないよう、iOSエンジニアがアプリケーションを修正して、快適に利用できるようにしていきます。

保守とは、iOSアプリを現状よりも良いものにしていくことです。

例えば「機能を追加してほしい」などの要望があった場合は、その要望を汲み取り改善していきます。

iOSエンジニアは、アプリを開発する以外にも、既存iOSアプリの改修や機能追加、AndroidからiOSへの移植する業務などを担当します。

フリーランスのiOSエンジニアの報酬・単価相場

フリーランス iOSエンジニア 報酬 単価相場

iOSエンジニアの正社員の収入とフリーランスの収入には、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれについて、具体的な数字と合わせて紹介していきます。

iOSエンジニア正社員の平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、正社員として働くモバイルエンジニアの平均年収は551万円と言われています。

また、フリーランススタートの調査によると、正社員であるiOSエンジニアの平均年収は約550万円となっています。

所属する会社やポジションによっても、収入は変動しますが、経験を積むほど年収が高くなると考えられます。

iOSエンジニアフリーランスの単価相場

iOSエンジニアを募集するフリーランス案件は月あたり60〜70万円が相場と言われており、年収に換算すると約720〜840万円となります。

報酬の金額はスキルや経験年数によっても変動し、企画の段階から担当する場合は月の報酬が80万円以上になるケースもあります。

フリーランスになり、必ずしも高単価案件を担当できる訳ではありません。

しかし受注状況によっては年収1,000万円以上になる場合もあり、正社員で働くよりも高収入になる可能性が高いといえます。

フリーランスのiOSエンジニアの案件例

フリーランス iOSエンジニア 案件例

iOSエンジニアは、アプリ開発、ゲーム開発、技術顧問などの案件に対応します。

それぞれの具体的な案件の内容について解説していきます。

アプリ開発

iOSエンジニアの業務には、iPhoneなどのiOS端末で動作するソフトウェア開発があります。

アプリ開発ではまず、クライアントと開発の方向性やシステム要件、技術要素についての話し合いを行います。

そこから、自分が携わる工程によって業務内容は異なり、決められた仕様書や設計書をもとにコーディングを担当する場合や、設計から公開までの全ての工程を担当することもあります。

ゲーム開発

フリーランスのiOS案件の中で、ゲーム関連の案件が大きな割合を占めていると言われています。

年々市場が拡大しているスマホゲームなどでは、運用中ゲームの画面表示のデバッグや処理速度の向上や追加機能の実装、バージョンアップの対応などの需要があります。

技術顧問

社内にアプリ開発に関する経験豊富な人材がいない場合は、技術顧問というポジションで案件がくることも考えられます。

専門性を補うために求められるコンサルティングやアドバイザリーは、企業によって要求される内容が異なるのが特徴です。

iOSエンジニアの需要と将来性

iOSエンジニアの需要は、アプリ市場の拡大により今後も需要が高まっていくと考えられます。

総務省情報通信白書によると、ここ10年の間にスマートフォンが急速に普及し、モバイル端末によるインターネット利用が拡大しています。

情報通信機器 保有率 普段利用している インターネットサービス

【出典】令和3年版 情報通信白書のポイント

現在、様々なスマホアプリが開発され、日々の生活を手助けになっているサービスが増加傾向にありますが、公的サービスやオンラインバンキングなど一般に普及していないサービスが多いのも実情です。

今後開発されるサービスはますますスマホファーストでの設計が増え、既存のサービスの保守運用の仕事も増加していくと考えられます。

また、国全体としてもデジタル化を進める動きがあるため、アプリ開発に携わるiOSエンジニアの需要は高まっていくでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアになる為に必要なスキルや経験とは

フリーランス iOSエンジニア なる為 必要 スキル 経験 とは

フリーランスのiOSエンジニアに求められるスキルとして、アプリ開発に関する知識や経験のイメージがあると思いますが、この章ではその他に必要とされるスキルをご紹介していきます。

Swift

Swiftとは、iOSアプリの開発に欠かせない近年主流となっているプログラミング言語のことです。

Apple社が発表しているプログラミング言語のため、Apple製品のアプリに対応しています。

Swiftは、エンジニアの使いやすさも考えて設計されているので、OSエンジニアになりたいと考えている方は、Swiftの学習から始めるのがおすすめです。

Objective-C

Objective-Cとは初期のiOSアプリ開発で使われていたプログラミング言語のことです。

C言語をベースにしてオブジェクト指向が取り入れられているのが特徴であり、Apple社が開発言語として認めたことによって必須スキルとなっています。

Objective-Cは複雑な言語なのが特徴で習得が難しいと言われていますが、iOSエンジニアとしては使えると便利な言語なので習得しておいた方が良いでしょう。

この2つのプログラミング言語は、フリーランスの案件募集要項に記載されていることが多いため、フリーランスを目指す方は必須スキルとして身につけておくべきでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランス iOSエンジニア 案件 獲得する 方法
iOSエンジニアがフリーランス案件を探す方法は、主に下記の3パターンとなります。

エージェントを使用する

フリーランスのiOSエンジニアが案件を獲得したい場合、フリーエンジニア専門エージェントに登録することをおすすめします。

エージェントに登録すると、期間を空けないように仕事を紹介してくれるので、自分で案件を探す手間が省け、本来のiOSエンジニアとしての仕事に専念できる点が特徴です。

SNSを活用する

SNSを利用するのも案件を獲得する方法の一つです。

TwitterInstagramなどのSNSで企業のアカウントを検索し、情報を収集することや自分のアカウントでどのような仕事を探しているのか投稿・発信することで、案件獲得に繋がる可能性も高くなるでしょう。

企業に直接営業する

企業の公式ホームページの問い合わせフォームを使って営業する方法もあります。

企業に直接営業するときは、自分の経歴、スキルや強みをアピールできるように準備をしておきましょう。

また、クライアントの課題を解決するために、必要なスキルを考え意見を提示できるよう、相手の情報を収集し分析をしておくことも大切です。

iOSエンジニアの副業事情と案件獲得方法

iOSエンジニア 副業事情 案件獲得方法

iOSエンジニアとして副業の案件を獲得する方法は、主に下記の2パターンになります。

クラウドソーシングを利用する

副業案件の獲得には、クラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

クラウドワークスLancersといったサービスが有名で、フリーランスでも一般の企業が後悔している求人情報から仕事を受注することが可能です。

このとき、企業と人が直接契約するのではなく、クラウドソーシングサイトが実質仲介してくれるので、万が一トラブルなどが発生した際にも保証できるという点が魅力と言えるでしょう。

友人・知人から紹介してもらう

友人や知人、前職の同僚などに仕事を紹介してもらえるのであれば、副業案件に参画できるきっかけになります。

周囲の方から副業案件の情報をもらうことになるので、誠実に仕事を行い、期待を裏切らないように注意することが必要です。

副業で案件獲得をする方法は、この2つ以外にも、前章で紹介したフリーランスの案件獲得と同様に、エージェントを利用する方法もあります。

次章でおすすめのエージェント・案件紹介サイトを紹介するので参考にしてみてください。

フリーランスiOSエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

ここでは、実際にフリーランスのiOSエンジニアになるために、おすすめのサイトを6つ紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営するエージェントであり、フリーランスエンジニア専門の案件紹介サービスです。

常時提案可能案件数は約4,000件と業界最大級の案件数を保有しており、レバテック全体ではIT系のフリーランスの職種全般を取り扱っています。

業界での認知度も高く、情報量の多さや担当のコンサルタントが案件探しをサポートしてくれる手厚さも魅力です。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock
TECH STOCKは、フリーランスエンジニアへの案件紹介に特化しているエージェントサービスです。

ECサイトの作成やシステムの構築の案件が多いため、登録者の平均月収が月80万円以上となっており、安定した収入を得られることが魅力といえるでしょう。

高単価の案件が多数掲載されていることから、多くのフリーランサーたちが登録しているサービスです。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks
Midworks株式会社Branding Engineerが運営する、フリーランスのITエンジニアやデザイナー向け専門のエージェントサービスです。

業界最大級の案件保有数を誇り、「フリーランス協会」に加入できることや、無料で会計ソフトが利用できるなど、フリーランスになっても安心して働けるようサービスが充実してることが特徴です。

フリーランスとして独立するのが不安な方におすすめのエージェントとなっています。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ
ギークスジョブは、フリーランスエンジニア専門の案件紹介エージェントであり、ギークス株式会社が運営しています。

ギークスジョブではオンラインでフリーランスに必要な基礎知識や案件獲得の方法などを発信している「ITフリーランスセミナー」を開催しています。

東京・横浜、大阪、名古屋、福岡など、都市部での案件を中心に案件の取り扱いがあるため、これらのエリアでの案件を探している方にはおすすめのエージェントです。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ
FREE-DAは、ITソリューション事業や採用支援などのHR事業を行う株式会社ハイウェルが運営している、フリーランスのITエンジニアやプログラマ向けの求人や案件紹介エージェントです。

特徴としては、ゲームやWebサービス・金融業界の求人・案件紹介を得意とするエージェントサービスで、案件や求人情報の紹介だけでなく福利厚生サービスも充実しています。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート
フリーランススタートは、株式会社Brocanteが運営するフリーランス向けの案件を一括検索できるサイトです。

フリーランスエンジニア向けの案件情報を、開発言語や単価、勤務地、案件の特徴など細かい希望条件を検索することができます。

さらに、案件を紹介するエージェントのクチコミ・評判をも確認することができるのも特徴です。

フリーランスiOSエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランスiOSエンジニア 関する 疑問 Q&A

ここまで、フリーランスiOSエンジニアについて解説しました。

この章では、実際にフリーランスになることを検討しているiOSエンジニアが悩みがちな疑問点について回答します。

フリーランスのiOSエンジニアで在宅の案件はある?

案件によっては、在宅での業務も可能となっています。

全ての業務を在宅ですることは難しいかもしれませんが、そこはクライアントと相談し調整することができるでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアはSwiftの習得は必須?

応募条件の必須スキルとして求められることが多いため、Swiftの習得は必須と考えておいた方がよいでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアにPythonの習得は役に立つ?

Pythonはinstagram、YouTubeEvernoteDropBoxなど数多くのWebアプリケーションの開発に活用されています。

そのため、習得していることでより好条件の案件獲得に繋がる可能性があります。

副業からフリーランスのiOSエンジニアを始める事は可能?

副業からフリーランスiOSエンジニアになることは可能です。

フリーランスのiOSエンジニアは実績を求められることがほとんどのため、副業で経験を積み、実績を重ねることでフリーランスへの道が繋がっていくでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアになるにはバックエンドやインフラの知識も必要?

バックエンドやインフラなどはWEBエンジニアの業務であるため、必ずしも知識が必要というわけでありません

しかし、知識があることで業務の幅が広がり案件獲得や収入アップに繋がるでしょう。

フリーランスiOSエンジニアまとめ

フリーランスiOSエンジニア まとめ

今回は、iOSエンジニアがフリーランスになるために必要なスキルや副業として案件を獲得する方法について解説しました。

フリーランスiOSエンジニアは正社員よりスキルや経験が求められる場合が多いです。

しかし、自分で案件獲得から始めるため、理想の働き方を叶えやすい形態でもあります。

今後、フリーランスiOSエンジニアとして活躍していきたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考に一歩踏み出してみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる