インフラエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説

多様な働き方を選ぶ人が増えつつあるなかで、会社に縛られることなくフリーランスとして活躍する人も少なくありません

しかし、これまで会社員として働いてきた人が、ある日突然フリーランスとして独立するのは不安に感じるものです。

また、自分自身が従事している職種について、将来性があるのか疑問を抱くこともあるでしょう。

そこで今回は、ITエンジニアのなかでも将来性が不安視されることの多いインフラエンジニアについて、フリーランスとして活躍していくために何が求められるのか、年収相場や案件の傾向、副業事情なども含めて詳しく解説します。

この記事を読むことで、フリーランスとして独立するためのヒントや判断材料になるはずです。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

フリーランスのインフラエンジニアの仕事内容

フリーランス インフラエンジニア 仕事内容

インフラエンジニアとはその名の通り、ITインフラの設計や構築、運用、および保守を担う技術者です。

ITインフラとは、一言でいえばオフィスなどで使用するネットワーク回線やサーバーなどのシステムのことです。

企業の規模に応じて最適なネットワークシステムを設計し、それに対応するサーバーやルータ、スイッチなどを選定のうえ設置する作業を担います。

自宅でインターネット回線を利用している方のなかには、ネットワークシステムの設計や構築はそれほど難しくないのではないか、と考える方も多いでしょう。

しかし、企業規模が大きくなればなるほどネットワークを使用する端末も増え、適切にシステムを設計していないと通信の遅延や切断が起こるリスクがあるのです。

そのため、インフラエンジニアは企業活動を支えるうえで重要な役割を果たしています。

フリーランスのインフラエンジニアは、業務内容も多岐にわたります。

たとえば、ITインフラの設計や構築、運用などはクライアント先に常駐して業務を担うケースが一般的でした。

しかし、近年では多くの企業でクラウドサービスの活用も進んでいることから、必ずしも常駐案件ばかりとは限らず、リモートワークの案件も増えてきています

フリーランスのインフラエンジニアの単価と年収相場

フリーランス インフラエンジニア 単価 年収相場

インフラエンジニアの業務内容は多岐にわたることを紹介しましたが、エンジニアのキャリアや実務経験、スキルによっても担当する業務は変わってきます

そのため、フリーランスとして活躍しているインフラエンジニアも業務内容によって単価・年収の相場は異なります

たとえば、実務経験が1年から2年程度のインフラエンジニアの場合、運用や保守を担うケースが多く、月収で30〜50万円程度、年収に換算すると360〜600万円程度が相場となっています。

一方、実務経験が3年から5年程度の中堅にあたるインフラエンジニアになると、運用や保守に加えて構築に携わることも増えてきます。

月収の相場としては50〜80万円程度、年収に換算すると600〜960万円程度が相場といえるでしょう。

実務経験が5年以上のベテランになると、構築だけでなくITインフラの設計に携わることも多くなり、月収は80万円以上、年収の相場としては1,000万円超えも珍しくありません

このように、はじめのうちは駆け出しのインフラエンジニアであったとしても、着実にスキルアップをして実務経験を積み重ねていけば、やがては年収1,000万円以上の高年収も期待できるのです。

フリーランスのインフラエンジニアの案件傾向

フリーランス インフラエンジニア 案件傾向

冒頭の仕事内容でも紹介した通り、かつてのインフラエンジニアといえばクライアント先に常駐し、社内ネットワークの設計や構築、運用を担うケースが一般的でした。

しかし、インフラエンジニアが携わる案件の動向はここ数年で大きく変化しています。

その背景にはいくつかの要因があるのですが、まずは上記でも触れたクラウドサービスの普及が挙げられるでしょう。

オンプレミス型とよばれる自社にサーバーを設置して運用する形態から、現在ではクラウド上でサーバーの機能なども提供できるようになっています。

そのため、インフラエンジニアといえども必ずしもクライアント先常駐が必須とは限らず、リモートワークに対応した案件も多いのです。

また、もう一つの要因としてはリモートワークの普及が挙げられます。

感染症対策としてリモートワークへの移行が求められた結果、コロナ禍が収束しつつある現在でもオフィスワークではなくリモートワークを標準的な働き方として継続する企業も現れました。

オフィスとは離れた場所で働くとなると、社内で使用していたシステムやツールを利用するためにクラウドサービスへの移行が不可欠となります。

リモートワークに対応した業務環境を整備するためにも、クラウドサービスの構築に携わる案件が増えているのです。

フリーランスのインフラエンジニアの需要と将来性

フリーランス インフラエンジニア 需要 将来性

ITエンジニアのなかでも、インフラエンジニアやネットワークエンジニアの需要はこの先低迷し、将来性がないと指摘されることもあります。

しかし、このような意見は本当なのでしょうか。

結論からいえば、インフラエンジニアという職種そのものがなくなる確率は低いといえるでしょう。

ただし、一口にインフラエンジニアといっても、上記でも紹介したとおりオンプレミス型のシステム設計や構築に強みをもつエンジニアもいれば、いち早く新しい技術や知見を習得しクラウドサービスのスキルを武器に活躍しているエンジニアもいます。

リモートワークが新たな働き方として定着しつつある現在、オンプレミス型のシステム設計や構築を前提としたインフラエンジニアは需要が先細っていく可能性があるでしょう。

しかし、クラウドシステムに強いインフラエンジニアは、むしろこの先さらに需要が高まり、活躍の幅が広がっていくと考えられます。

また、今後はIoTや5Gが普及していくと予想されています。

このような新たな技術が一般的になれば、インフラエンジニアの仕事は単なる企業内ネットワークだけでなく、ホテルやマンションなどさまざまなシーンに広がっていく可能性もあるでしょう。

フリーランスのインフラエンジニアになる為に必要なスキルや経験とは

フリーランス インフラエンジニア なる為 必要 スキル 経験

フリーランスのインフラエンジニアとして活躍していくためには、どのようなスキルや経験が必要なのでしょうか。

対応する業務内容によっても求められるスキルは変わってきますが、今回は代表的な2つのポイントを紹介しましょう。

ネットワークやサーバーの知識

インフラエンジニアはITインフラの設計や管理が重要なミッションとしてあるため、ネットワークやサーバーに関する知識は不可欠です。

たとえば、ネットワークの基礎知識としてTCP/IPやルーティング、スイッチなどの設定方法は必須であるほか、サーバーに関してはWindowsLinuxなど複数のOSに対応した知識が求められるでしょう。

インフラエンジニアとして業務に従事するために必須の資格はありませんが、これから新たにキャリアをスタートさせるのであれば、シスコ技術者認定であるCCNACCNPは最低限取得しておくと安心です。

コミュニケーション能力とロジカルシンキング

フリーランスのインフラエンジニアは、クライアントの要望を受けて業務を請け負うケースがほとんどです。

ここで重要となるのが、クライアントと円滑なコミュニケーションを図れる能力と、クライアントの言葉を正しく理解し解決策を探るロジカルシンキング(論理的思考能力)です。

これらの能力が備わっていないと、いくら技術的な知識や経験があったとしてもクライアントの要望に応えることができず、信頼を失ってしまいます。

インフラエンジニアの副業事情

フリーランス インフラエンジニア 副業事情

現役のインフラエンジニアとして活躍していて、フリーランスとして独立を目指している方の場合、まずは会社員を続けながら副業として取り組んでみたいと考える方も多いでしょう。

実際に副業を始めたとして、インフラエンジニアはどの程度収入を得られるものなのか、主な案件の種類についても解説します。

副業収入の相場

結論からいえば、どの程度の稼働が確保できるのかによって収入は大きく異なってきます

たとえば、週1日の稼働として考えた場合、時給3,000円程度の案件で月に9万6,000円、年収に換算すると100万円以上の収入が得られる計算です。

ただし、副業として働く以上は本業への支障をきたさない程度に稼働するのが前提となるため、勤務場所や業務内容を選ばなくてはなりません。

そのため、リモートワーク可の案件や、自宅から通える範囲での案件がおすすめです。

副業としてできる主な案件の種類

インフラエンジニアが副業としてできる案件としては、以下のようなものが代表的です。

  • インフラ構築
  • 運用・保守
  • コンサルティング
  • 情報・ノウハウの発信

インフラ構築や運用・保守はクライアント先へ常駐するオンプレミス型の案件もあれば、在宅で可能なクラウド型の案件もあります。

また「情報・ノウハウの発信」としては、ブログや動画サイトなどでインフラ構築・運用に関する解説をしたり、ライターとして専門記事の執筆や監修を行ったりといった方法も考えられます。

これらの案件を獲得するためにはさまざまな方法がありますが、副業やフリーランスエンジニア向けのエージェントや求人サイト、友人や知人からの紹介などが一般的です。

また、近年ではクラウドソーシングやSNSなどのように、インターネットを通じて案件を獲得しているエンジニアも少なくありません。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

フリーランスのインフラエンジニアとして高収入を目指すには

フリーランス インフラエンジニア 高収入 目指すには

フリーランスのインフラエンジニアとして安定的に案件を獲得し、高収入を得るためにはいくつかの手段があります。

上流工程やマネジメントの経験を積む

1つ目は、プロジェクトの上流工程やマネジメントの実務経験を積むことです。

上流工程とは、冒頭で紹介した仕事内容のなかで設計や構築にあたる部分といえます。

インフラエンジニアとして経験を積み、技術的な知見を蓄積していくことでプロジェクトの上流工程を任せられるようになるでしょう。

また、キャリアを積んでいくと複数の社員をまとめるマネジメントの業務に携わることもあります。

このように、プロジェクトのなかでも特に重要なポジションを経験することで、フリーランスとして独立した後もその経験が生かされ、複数のエンジニアをまとめる立場として活躍していけるはずです。

特定分野のプロフェッショナルになる

2つ目は、新たな技術を積極的に習得し、特定の分野のプロフェッショナルになることです。

需要と将来性の部分でも紹介しましたが、これからインフラエンジニアの世界ではクラウドサービスの需要が高まっていきます

さらに、その次にはIoTや5Gといったテクノロジーも普及段階に入るでしょう。

これらはAIとも親和性が高いことから、機械学習などの知識もあわせて習得しておくと多くのクライアントから依頼が舞い込み、高収入が得られると期待できます。

フリーランスインフラエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランスのインフラエンジニアになるためには特別な資格なども不要ですが、安定的に仕事を獲得できるかは別問題です。

そこで心強い味方となってくれるのが、フリーランスを対象としたエージェントや案件紹介サイトです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
レバテックフリーランスは、フリーランスのITエンジニアに特化したエージェントです。

インフラエンジニアの対象案件としては、LinuxやWindows、UNIXといったサーバーOSごとに検索できるほか、AWSAzureなどクラウド関連の案件も充実しています。

社内SEとしての常駐案件も募集されており、提案可能な案件数は常時4,000件以上を誇ります。

安定的に仕事を獲得したいと考える方におすすめです。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock
TECH STOCKフリーランスのITエンジニアに特化したエージェントで、高単価の案件を豊富に紹介しています。

ITエンジニアは職種にもよりますが、仕事内容の割に低い単価に悩まされることも少なくありません。

これは多重下請けという構造的な問題があるためでなのですが、TECH STOCKでは原則的に2次請けよりも深い案件は取り扱っていません

そのため、元請けとエンジニアとの間に複数社が入り込むことはなく、高単価を実現できています。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks

Midworksは、常時3,000件以上もの案件を紹介可能なITエンジニアに特化したエージェントです。

正社員に負けないほど手厚い福利厚生や保障サービスが充実しており、リモート案件や週2〜3日稼働の案件も豊富です。

副業としてインフラエンジニアの業務を始めてみたいと考えている方におすすめのエージェントといえるでしょう。
継続的に案件獲得できるようサポート担当が付いてくれるので、安定的な働き方ができるのも魅力的です。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ

ギークスジョブ首都圏を中心に、大阪や名古屋、福岡といった都市を対象に案件を紹介しているエージェントです。

登録しているフリーランスの平均年収は821万円以上、取引社数は約3,300社という実績を誇ります。

また、登録されている案件のうち80%以上はリモート案件で占められており、副業で挑戦してみたい方にもおすすめです。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ
FREE-DAは、ITエンジニアやクリエイター向けの案件紹介サイトです。

FREENANCEと協業で「FREE-DA即払い」というサービスも提供しており、最短1日サイトでの報酬支払いが可能です。

特にフリーランスとして駆け出しの頃はキャッシュフローに悩むことも多いですが、FREE-DAではそのようなフリーランスの悩みも解消してくれます。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート
フリーランススタートは、全国を対象にITエンジニア向けの求人・案件を紹介しているサイトです。

インフラエンジニア向けの案件としては、AWSやLinux、Windowsなどから案件を簡単に検索できます。

2022年6月時点での案件数は35万件以上で、リモート対応案件も検索可能です。

フリーランスインフラエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランス インフラエンジニア 関する 疑問 Q&A

これからフリーランスのインフラエンジニアとして活躍していきたいと考えているものの、さまざまな不安や疑問を抱く方も多いはずです。

よくある疑問とその回答を紹介しましょう。

未経験でもフリーランスのインフラエンジニアになれる?

未経験の状態からフリーランスのインフラエンジニアとして独立するのは極めて難しいでしょう。

まずは会社員としてキャリアを積み重ね、資格を取得するなどして独立に向けて準備することがおすすめです。

フリーランスのインフラエンジニアで在宅の案件は多い?

本記事でも紹介したように、リモートワークに対応した案件は増えており、在宅でも対応できます

副業からフリーランスのインフラエンジニアを始める事は可能?

実務経験とスキルが備わっていれば、副業からでも活動することは可能です。

フリーランスインフラエンジニアまとめ

フリーランス インフラエンジニア まとめ

一口にインフラエンジニアといってもさまざまな業務内容があり、フリーランスとして独立し安定的に仕事を獲得していくためには十分なスキルと実務経験が求められます

また、高年収を狙うためには、上流工程やマネジメントの経験、新たなテクノロジーを柔軟に吸収する姿勢も不可欠でしょう。

フリーランスのインフラエンジニアとして今後独立を目指している方は、今回紹介した内容を参考に副業からでも具体的に取り組んでみてください

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる