AIエンジニアがフリーランスになるには?副業で案件を獲得する方法を解説

  • AIエンジニアってフリーランスでも働けるの?
  • AIエンジニアはやめとけって聞くけど実際どうなの?

これからAIエンジニアを目指す人や、フリーランスに転身を考えている人には、このような疑問を感じることも多いのではないでしょうか。

AIが急速に普及していることから、それらの設計・開発を行うAIエンジニアの数が追いついておらず需要は高まっていますが、会社員からフリーランスに転身するには不安を感じるものです。

この記事では、AIエンジニアの仕事内容から、フリーランスとして活躍するために必要なスキルや案件獲得方法を分かりやすく解説していきます。

フリーランスが安定的に働くためには継続的に案件獲得する必要があり、長くAIエンジニアとして活躍するためにも役立ちます。

また、エージェントや案件獲得サイトの紹介もしますので、これからフリーランスのAIエンジニアを目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

フリーランスのAIエンジニアの仕事内容

フリーランス AIエンジニア 仕事内容

AIエンジニアの仕事内容は、その名の通りAIの開発やそれに伴うデータ分析などを行うことです。

具体的には、Pythonをはじめとするプログラミング言語を駆使して、人工知能や機械学習の機能や仕組みや開発・実装、AIに学習させるために膨大なデータを分析し、それらを適用することも含まれます。

これらの仕事内容や扱う領域から、AIエンジニアとしての経験はなくとも、Pythonを用いた開発経験やサーバサイドの実務経験があれば、関連していることもあるのでキャリアをシフトすることも可能です。

月収150万も!?フリーランスのAIエンジニアの単価相場

月収 150万 フリーランス AIエンジニア 単価相場

昨今ではIoTの普及に加え、自動車やWeb検索をはじめとする身近なあらゆるものにAI機能が実装されおり需要が高い分野です。

しかし、AIに対応できるエンジニアの数が追いついておらず、加えて未経験から携われる仕事でもないことから単価も高めに設定されています。

フリーランスのAIエンジニアの単価相場は、週5日稼働で60~90万円となっていますが、なかには月単価が150万円を超える案件も存在します。

スキルや実績、対応可能な範囲を広げていくことで、年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

一般的な会社員の平均年収が約433万円であることから、高収入を目指せる職種であるといえるでしょう。

フリーランスのAIエンジニアの案件傾向

フリーラン AIエンジニア 案件傾向

AIエンジニアの案件傾向として、新規開発案件が多いことが挙げられます。

また、AIと聞くとPythonを思い浮かべる人が多いですが、実はJavaScriptやReactRubyRuby on Railsなどの案件も豊富にあるのです。

先にも触れたように、AI関連の開発経験がなくとも、これらの言語を駆使した開発経験があれば、参画できる可能性があります

AIエンジニアを目指す人、フリーランスに転身を検討している人は、どのようなスキルや人材が求められているのか、自分の持つ経験でも参画できるのかチェックしてみると良いでしょう。

今からAIエンジニアを目指すのはやめとけ!?今後の動向と将来性とは

AIエンジニア 目指す やめとけ 今後 動向 将来性

AIは、ビジネスシーンだけではなく、身近なものにも搭載されるなど日常に溶け込んでおり、今後も拡大していくことが見込まれる分野です。

将来性が高いことは周知の事実ですが、それでも「AIエンジニアを目指すのはやめておいた方が良い」という意見も少なくありません

将来性や需要が高いにも関わらず、なぜ否定的な意見があるのか、その理由について解説していきます。

業務量が多く、稼働時間が長くなる

IT人材自体が不足しているといわれていますが、そのなかでもAIは比較的新しい分野であり、かつエンジニア経験がなければ目指しにくい職種であることから、需要に対してAIエンジニアの供給が追い付いていない状況にあります。

経済産業省の「AI人材育成の取組」によると、”IT人材の不足は現状約17万人から2030年には約79万人に拡大、深刻化すると予測され、AI等を使いこなせる高度IT人材の育成が急務”とされています。

このため、AIの開発や活用する場では対応できる人材がいないことから、一人あたりの業務量が多く、それらに対処するために稼働時間が長い傾向にあるのです。

もちろん、すべてのAIエンジニアの稼働時間が長いわけではないですが、目指す際には意識しておく必要があります。

ただし、フリーランスのAIエンジニアとして働く場合には、契約内容で稼働時間の取り決めが必ずあるので、会社員よりも時間の調整がしやすいといえるでしょう。

専門性が高く敷居が高い

エンジニアという職種自体、専門性が高くスキルや実績が評価されるので、未経験から携われる仕事は限られていますが、AIエンジニアは専門性が高いだけではなく、高度な知識やスキルが必要不可欠であるため、他のエンジニアよりも敷居が高いです。

一見して「未経験OK」の案件もあるように見受けられますが、詳細を確認すると分かるように「AIの開発経験がなくてもOK」を指しており、決してエンジニア未経験者を歓迎するものではありません

これからAIエンジニアを目指そうとしている人は、AIに使用されている技術や関連性のある実務に従事しながらスキルや知識を習得し、経験を積んでからではないとたどり着けない道のりの険しさから、目指すことを止める人がいるのです。

技術革新の速度が非常に速い

あらゆる職業にも同じことがいえますが、AIの分野は技術革新の速度が非常に速く、次々と新しい技術や事例が登場しています。

先端技術を扱うということは、常にこうした最新情報をキャッチし、習得していかなければならないので、一度スキルや知識を身につけたら終わりというわけではなく、AIエンジニアとして働いていく限り勉強を続けていかなければなりません。

このように、技術革新の速さと学ぶことの多く大変であるため、目指すことに対してネガティブな意見が出ているのです。

今後の動向と将来性

「AIエンジニアはやめておけ」という理由は、いずれも発展が見込まれ、それらに対応できる人材が不足していることや、常に新しい技術を学び続けなければならないといった大変さからくるものです。

しかし、これは裏を返せば、今後も発展が見込まれる分野であり、その需要は今後も拡大していくと言い換えられます

一般的に、IT業界はすべての分野において需要が高いと考えられていますが、実のところ衰退や需要がなくなっているものも少なくありません。

しかしAIエンジニアは、このような観点から見ても「仕事はなくならない」「やりがいがある」仕事であるため、将来性は非常に高い職種であるといえるでしょう。

未経験からフリーランスAIエンジニアになるには

未経験 フリーランス AIエンジニア なるには

AIエンジニアに限らず、エンジニアは専門性の高さからスキルや実績が評価される職種です。

そのため、全くの未経験からフリーランスのAIエンジニアを目指すことはほぼ不可能です。

AIの開発経験がなくとも、PythonをはじめとするAI開発の現場で用いられている言語での経験があれば採用してくれるものもありますが、数は少ないです。

そもそもフリーランスエンジニアは、自身の技術力を商品として提供することがベースにあるので、即戦力が求められています

未経験からフリーランスのAIエンジニアを目指したい人は、まず未経験者歓迎の企業に就職・転職して2〜3年の実績を積んだり、個人開発したAIツールやサービスを販売したりして実績を積んでからフリーランスにシフトしていきましょう。

>>未経験でAIエンジニアになるための3つの方法と手順

フリーランスAIエンジニアに必要なスキルや経験

未経験 フリーランス AIエンジニア なるには

フリーランスのAIエンジニアには、次のようなスキルや経験が必要です。

AI開発に関連するプログラミング経験

フリーランスのAIエンジニアには、AI開発に関連するプログラミング経験が必須です。

AIエンジニアの仕事ではPythonやJavaScriptなど、さまざまな言語を用いて開発や分析・調査を行います。

自身がAIエンジニアとしてどのような仕事に携わっていきたいのかを考え、必要なスキルを身につけていきましょう。

>>【2022年最新版】プログラミングスクール8社を徹底比較!値段や転職サポートの充実度は?

「何を勉強したらいいか分からない」という人は、AIエンジニアの求人情報を確認し、そこに掲載されている募集要項から需要をリサーチする方法がおすすめです。

データの分析や調査する能力

AIエンジニアは単に開発ができるだけではなく、用いるデータの分析や調査も行わなければなりません

線形代数のような数学知識をはじめ、統計学やさまざまな知識が必要であるため、こちらも習得するようにしましょう。

担当できる業務の幅が広がることは、フリーランスとして獲得できる案件の選択肢が増えることに直結するので、長く活躍できるフリーランスのAIエンジニアになるためには必要不可欠です。

コミュニケーション能力や順応性の高さ

AIエンジニアに限らず、フリーランスはさまざまな現場で仕事を行います。

契約期間という限られた時間のなかで最大限のパフォーマンスを発揮するために、チームメンバーとのコミュニケーション能力や職場環境に順応性の高さが求められます

これらは社会人として必須スキルですが、身につけておくと現場での活躍だけではなく、案件獲得にも役立つので、苦手意識がある人は改善できるよう努力しましょう。

自己管理能力

自己管理能力も社会人として身につけていて当然のスキルではありますが、フリーランスは仕事選択から稼働時間まですべて行わなければなりません

また、保険や確定申告のようなエンジニア以外の各種手続きも行う必要があります

体調面や仕事の管理能力だけではなく、自身が仕事に集中できる環境を整えることも意識するようにしましょう。

フリーランス AIエンジニアとして収入アップを目指すには

フリーランス  AIエンジニア 収入アップ 目指すには

フリーランスのAIエンジニアとして収入アップを目指すには、次のものが挙げられます。

上流工程を担当できるようになる

AIエンジニアに限らず、エンジニアは上流工程(要件定義や設計)ほど報酬が高くなる傾向にあります。

上流工程の案件に携わるためには経験が問われることがほとんどなので、これからフリーランスを目指す人は、転身する前に経験を積んでおくことをおすすめします。

また、すでにフリーランスとして活動している場合には、小規模プロジェクトで上流工程を狙うのも方法のひとつです。

スキルを身につけ担当できる業務の幅を広げる

スキルや実績を増やして担当できる業務の幅を広げることも、収入アップの方法のひとつです。

業務の幅が広いということは、単純に仕事量を確保できるということです。

新しい技術のような、できる人が少ないスキルを持っていれば、それだけで希少価値が生まれ、収入も上がりやすくなります。

また、スキルや実績を増やすことで、フリーランス案件を獲得する選択肢を広げることができます。

高報酬の優良案件があっても「スキルが足りなくて参画できない」ということがないよう、スキルアップは常に心掛けるようにしましょう。

需要があるスキルを高度なレベルで扱えるようになる

クライアントが「高い報酬を支払っても仕事を任せたい」と考えている、需要のあるスキルの習得も収入アップには欠かせない要素です。

しかし、需要があるスキルを習得していても平均レベルでは報酬が頭打ちになってしまいます。

同じフリーランスの競合と案件を取り合った際、スキルレベルが低ければ獲得することもできません。

より高い収入を得るためには、スキルをさらに高いレベルまで昇華させるよう学習や実践を継続していきましょう。

フリーランスAIエンジニアが個人で案件を獲得する方法

フリーランスAIエンジニア 個人 案件 獲得する方法

フリーランスのAIエンジニアが個人で案件を獲得する方法には、次の方法が挙げられます。

知人からの紹介や企業に直接営業する

友人知人からの仕事紹介や、企業に対して直接営業活動を行って案件を獲得する方法です。

携わりたい案件が求人情報に掲載されていないようなケースで有効な方法ではありますが、クライアントへの連絡や交渉、契約書の作成まですべて自分自身で行わなければならないので、負担が非常に大きいです。

また、必ずしも案件があるとは限らないので根気よく活動することが大切です。

フリーランス向けのWebサービスを活用する

多くのフリーランスエンジニアが活用しているのが、フリーランス向けのWebサービスを活用した方法です。

掲載されている案件に応募したり、登録しているエンジニア情報を見たクライアントから逆提案を受けたりするなどして案件獲得をすることができます。

複数利用することで、確認できる案件情報も増えるので、フリーランスとして活動していく人は積極的に活用するようにしましょう。

フリーランス向けのエージェントサービスを利用する

フリーランス向けのエージェントサービスを利用することも、案件獲得に効果的な方法です。

エージェント利用は、経歴や希望に沿った案件を紹介してくれるだけではなく、プロのアドバイザーにキャリア相談することもできるので、孤独になりやすいフリーランスにとって心強い味方となってくれます。

また、保険や確定申告といったフリーランスが悩みやすいこともフォローしてくれるので、仕事に集中できる環境を作りやすいといえるでしょう。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

副業としてAIエンジニアの案件を獲得するには

副業 AIエンジニア 案件 獲得するには

副業としてAIエンジニアの案件を獲得するには、クラウドソーシングサービスやエージェントサービスの活用がおすすめです。

クラウドソーシングでは、案件数が多くが実績作りがしやすいクラウドワークスランサーズあたりがおすすめです。

またエージェントサービスでは「週2勤務」「フルリモート」のような案件を探して獲得できれば、本業の隙間時間に副業として働くことができます。

また、ココナラのように自身のスキルを売る方法もあるので、ホームページやブログ、SNSなどを活用して案件獲得できるよう宣伝するのも良いでしょう。

フリーランスAIエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランスとして安定的に案件を獲得するためには、エージェントや案件紹介サイトを活用するのが効果的です。

複数利用することで、継続的に案件を獲得しやすくなります。

ここでは、フリーランスのAIエンジニア向けのエージェント・案件紹介サイトを厳選してご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

フリーランスのAIエンジニア向けのエージェント選びに悩んでいる人にまずおすすめしたいのが、レバテックフリーランスです。

エンジニアの就業支援サービスとして有名なレバテックのフリーランス向けサービスで、年間案件提案数が10万件以上と豊富な実績を誇ります。

また、顔合わせや契約書作成のサポート、参画後のフォロー体制も整っているので安心して利用できるでしょう。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock

高単価案件の参画を狙いたい人におすすめなのが、TECH STOCKです。

公式サイトにも記載があるように、月単価報酬が80円以上の案件を多数取り扱っており、公開求人数も約6,500件(2022年6月時点)と豊富なので希望通りの案件に出会える可能性が高いでしょう。

登録者数25,000人以上、サービス開始から17年と実績も申し分ないので、エージェント選びに悩んだ際は候補に入れることをおすすめします。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks

実務経験が浅いフリーランスにおすすめなエージェントはMidworksです。

一般的に、フリーランス案件は3年以上の実績を求められることが多いですが、Midworksでは実務経験1年以上から相談することができます

「フリーランスになりたいけど今のスキルでやっていけるのか心配」という人は、まずは相談してみると良いでしょう。

継続的に案件獲得できるようサポート担当が付いてくれるので、安定的な働き方ができるのも魅力的です。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ

手厚いサポート体制のもとフリーランスとして働きたい人におすすめなエージェントが、ギークスジョブです。

確定申告や会計処理などのサポート、勉強会やセミナーへの招待をはじめ、ヘルスケアサポートなど会社員並みの福利厚生サービスが整っています。

また、実績においても登録者数12,000人以上、業界実績15年と豊富なので、安心して利用することができるでしょう。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ

充実した福利厚生のもとフリーランスとして働きたい人におすすめなエージェントが、FREE-DAです。

ファイナンスサポートや健康管理、学習支援や開発ツールの提供など、フリーランスに必要なサポートが一通り用意されています。

また「あんしん補償」は案件参画中にトラブルが発生した際の補償なので、万が一にも備えることができます。

フリーランスでも福利厚生を充実させたいという人は、一度チェックしてみると良いでしょう。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート

取り扱っている案件からエージェントを探したい人におすすめなのが、フリーランススタートです。

こちらは各エージェントが取り扱っているフリーランス向け案件を一括検索することができ、気軽にエージェントへ連絡することが可能です。

各エージェントの口コミや特徴も掲載されているので、利用するエージェント選びに悩んだら利用してみると良いでしょう。

フリーランスAIエンジニアに関する疑問

フリーランス AIエンジニア 関する 疑問

これからフリーランスのAIエンジニアを目指す人に向け、多くの人が感じる疑問について解説していきます。

フリーランスのAIエンジニアで在宅の案件はある?

AIエンジニアに限らず、エンジニアはリモートワークとの親和性が高いので、他業種のフリーランスよりも案件は豊富にあります。

フリーランス向けのサービスでは、公開求人も数多く掲載されているので、どのような人材やスキルが求められているのかチェックしておきましょう。

フリーランスのAIエンジニアになるのに年齢は関係ある?

フリーランスで活動すること自体に年齢制限はありません

ただし、エンジニアには35歳定年説があることをはじめ、フリーランスのAIエンジニアとして、企業に常駐して業務を遂行する場合には、高齢だと敬遠される可能性がある事には覚悟が必要です。

副業からフリーランスのAIエンジニアを始める事は可能?

副業からフリーランスのAIエンジニアになることは可能です。

むしろ、副業なので報酬額を優先せず、自分のレベルに合わせた案件選びができるので、ステップアップしやすいといえるでしょう。

副業であっても実績になるので、フリーランス案件獲得時にもアピール材料になります。

フリーランスAIエンジニアまとめ

フリーランス AIエンジニア まとめ

昨今においてAIは、ビジネスシーン以外にも自動車やスマートフォンなど身近なものにも搭載されており、今後も発展が見込まれる分野です。

AIエンジニアは、その名の通りAIの開発やデータ分析・調査を行う職種であり、分野の拡大に伴って需要も高いです。

そのため、フリーランスとしての案件単価も高額なものが多く、年収1,000万円以上を目指すこともできます。

フリーランスとして安定的に働く為には、案件を継続的に獲得することが重要なポイントです。

これからフリーランスのAIエンジニアを目指す人は、どのようなスキルや実績を持つ人材が求められているのか確認する意味でも、今回紹介したエージェントや案件紹介サイトをぜひ活用してみてください

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる