LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の口コミや評判まとめ|利用するメリット・デメリットも解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
LHH Executive&international 利用が向いているのはどんな人 利用する メリット・デメリット 解説

「管理職やリーダー経験があり転職のためにエージェントへ登録したいが、どこを選べば良いか分からない」

「グローバル企業への転職を検討しており、相談に乗ってくれるエージェントを探している」

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

特に信頼性の高い転職エージェントとして、アデコグループが運営しているLHH転職エージェントがあります。

本記事では、LHH転職エージェントは他社の転職エージェントと比較してどういった特徴・強みがあるのか、どういった人に適した転職エージェントなのかを、メリット・デメリットも踏まえて詳しく解説します。

自分自身にマッチした転職先を探している方はもちろん、転職すべきか迷っている方もぜひ参考にしてみてください。

\外資・エグゼクティブに強い転職エージェント/

サービス名特徴
エンワールドロゴ

エンワールド

大手外資系から日系グローバル企業まで求人多数!

日本国内にある約9割以上の外資系企業との取引実績があり、リモートワーク可や年収1,000万円以上のハイクラス求人が豊富。転職成功者のサービス満足度97%

ユナイテッドワールドロゴ

ユナイテッドワールド

英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。

バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み

リクルートダイレクトスカウトロゴリクルートダイレクトスカウトリクルートのハイクラス向け登録型ヘッドハンティングサービス。

登録後は企業からスカウトが来るのを待つだけなので、まずは登録しておきたいサービス。転職決定年収は平均950万円※

※2021年4月時点、ハイキャリア会員のみ

転職サービス口コミ体験談投稿フォーム

コンサルGOでは転職サービスを実際に利用したユーザーからの口コミ・体験談を募集しています。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
評価

目次

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)とは?

LHH-Executiveinternationalとは

LHH転職エージェントは、アデコグループが運営する転職エージェントサービスです。

2023年3月までは「スプリングエグゼクティブ」というブランド名称で事業を展開していましたが、2023年4月からブランド名称が「LHH Executive&international」へ変更されました。

LHH転職エージェントはその名の通り、エグゼグティブやグローバル企業の求人案件を取り扱っています。

人材派遣大手のアデコグループが運営していることもあり、LHH転職エージェントの信頼性は高く、高収入の求人案件を探している方や、グローバル企業への転職を成功させキャリアアップを実現したいという方にも好評です。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の会社情報

LHH-Executiveinternationalの会社情報

LHH転職エージェントを運営するアデコ株式会社の会社情報は以下の通りです。

会社名

アデコ株式会社

所在地

東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル

事業内容

人材派遣 人材紹介 アウトソーシング など

主な案件業務領域

ITセールス&コンサルティング ITテクノロジー エグゼクティブ

案件のエリア

全国

公開求人数15,814件(2024年7月7日現在)

公式サイト

https://jp.lhh.com/occupation/executive

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の特徴

LHH-Executiveinternationalの特徴

さまざまな転職エージェントが存在するなかで、LHH転職エージェントは他社と比較してどのような特徴・違いがあるのでしょうか。

特に重要な2つのポイントを紹介します。

職種ごとのコンサルタントを設置

他社の転職エージェントのなかには、ITや金融など特定の業界に特化したサービスを提供しているところも少なくありません。

しかし、LHH転職エージェントの場合は特定の業界に特化するのではなく、たとえば営業やエンジニアなどの職種ごとに担当のコンサルタントをアサインします。

そのうえで各専門領域や業種、業界への転職をサポートしていくため、求職者の市場価値を正確に把握し好条件の求人案件を的確に案内できます。

アデコグループのネットワークを活かした豊富なグローバル案件

LHH転職エージェントを運営するアデコグループでは、国内外のさまざまな企業との取引があり、他社にはないグローバルネットワークが大きな強みとしてあります。

国内企業に特化した転職エージェントでは紹介が難しいグローバル企業の求人案件も豊富で、求職者のキャリアや強みを活かせる転職先が見つかるでしょう。

また、国内にいながらグローバルな事業に携わることができる外資系企業の求人案件も紹介可能です。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)に登録して感じた実際の評判・口コミ

スクロールできます

自分も人材紹介を営む会社にいたことがありましたが、ここで業界への印象が変わりました。エージェントは親切で業界に詳しく、また企業さんとの連絡も密に取れておりとてもお陰でとても良い結果を出すことが出来ました。
転職エージェントならまずここを勧めたいです。

引用:Googleップ

自身だけでは書類選考で落ちてしまうような大手企業への内定を勝ち取った。業種ごとに精通した専門の担当エージェントさんがおり、かなり手厚くフォローしてもらえる。またそのエージェント自身が企業の担当者といい関係を築いているようで、事前にかなり精度の高い情報や細かなフィードバックを得られる。
結果様々な企業の書類選考や面接を通過し、逆に選択に迷ったがそこでも的確なアドバイスを頂き疑念や不安を払拭して進むことができた。

引用:Googleマップ

【良かった点】
•面接対策あり
•必要書類添削あり
•レスポンス早かった

【イマイチな点】
•担当者がやや強引
•求職者の特徴を生かした求人紹介とは少しズレがあり、営利主義的な発言があった。
コロナで落ちた業績を挽回したくて必死さが伝わってきた。
•基本電話でしか連絡してこず、zoomとかで顔合わせなどなかった。

引用:Googleマップ

面接対策が的確で内定までたどり着くことができました。自分の担当者さんは丁寧で波長が合ってとても良かったです。

何処のエージェントさんにも言えることですが、担当者によって差はあると思います。

引用:Googleマップ

大手と比較し、取り扱い求人の量、質は低いなと感じました。
なにか1つでも惹かれる要素があれば応募も検討するのですが、
なんともいえない企業ばかりで、、(自分の価値観ですが)
1か月ほど利用して納得のいく提案がなかったので解除しました。
唯一良いと思った求人も、応募してから1か月くらい音沙汰ないし、、
自分には合わなかったです。
なんでもいいからとにかく正社員になりたい、という方には
とりあえず面談して紹介してくれると思うのでいいと思います。

引用:Googleマップ

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)のメリット

LHH Executive&internationalのメリット

LHH転職エージェントの特徴を総合的に見たとき、どのようなメリットがあるのでしょうか。

好条件の求人案件が見つかる可能性が高い

高度なスキルや豊富な実務経験があったとしても、登録する転職エージェントによっては、それを活かせる好条件の求人案件が見つかるとは限りません。

LHH転職エージェントでは豊富な求人案件が登録されており、求職者にとって満足度の高い案件が見つかる可能性が高いでしょう。

転職に迷っている方の相談にも乗ってくれる

現在の会社である程度の収入を得られている場合、転職によって年収や条件が下がるのではないかと不安に感じることも多いでしょう。

LHH転職エージェントでは求職者の市場価値を診断したり、転職に向けた相談にも乗ってくれるため、後悔のない転職活動をサポートできます。

豊富なグローバル求人案件を紹介してもらえる

LHH転職エージェントが紹介している求人案件は、日本国内はもちろんのこと世界各国をカバーしています。

外資系企業への転職を成功させキャリアアップを図りたい方はもちろん、語学力や高度なスキルを活かし海外のビジネスシーンで活躍したいと考えるエグゼクティブや専門職の方にとって、魅力的な求人案件が見つかるはずです。

詳細を確認してみる

LHH転職エージェント
公式サイト

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)のデメリット

LHH Executive&internationalのデメリット

上記とは反対に、LHH転職エージェントのデメリットとして考えられるのはどういったポイントが挙げられるのでしょうか。

スキルや経験が乏しいと紹介が難しい場合がある

LHH転職エージェントが紹介している求人案件は、いずれもエグゼクティブやグローバル企業を対象としたものが多く、一定以上のスキルや実務経験が求められます。

また、主な募集職種はITエンジニアやマネージャークラスが多い傾向も見られます。

そのため、登録や面談の結果、スキルや実務経験の基準をクリアしていないと紹介できる案件が見つからない可能性もあります。

急ぎの転職に間に合わない可能性もある

LHH転職エージェントには膨大な数の求人案件が集まり、多くの求職者が登録しています。

特に転職希望者が多い年度末や年末などのタイミングでは、コンサルタントが担当する求職者も増えるため、スピーディーな対応が難しくなる可能性もあります。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の利用が向いている人

LHH Executive&internationalの利用が向いている人

メリットやデメリットを踏まえて考えたとき、LHH転職エージェントはどのような人に向いている転職エージェントなのでしょうか。

専門的なスキルを備え実務経験が豊富な人

LHH転職エージェントではエグゼクティブやグローバル企業の求人案件を豊富に取り扱っていることから、専門的なスキルを備え実務経験も豊富な人にとっては魅力的な転職先が見つかる可能性があります。

特に、これまで実務の主力として活躍してきた人や、管理職やリーダー、マネージャーとして長く活躍してきた人にこそおすすめのエージェントといえます。

転職を機に理想的な働き方を実現したい人

現在の会社では収入面に満足しているものの、残業が多かったり働く場所を選べなかったりと不満を抱いている方も多いはずです。

LHH転職エージェントでは外資系企業や海外企業の求人案件を取り扱っているほか、リモートワーク対応案件などの条件を絞り込んで求人案件を探してもらうこともできるため、自分の理想的な働き方を手に入れられます。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の利用が向いていない人

LHH Executive&internationalの利用が向いていない人

上記とは反対に、LHH転職エージェントの利用が向いていないのはどういった人なのでしょうか。

専門的なスキルや実務経験が乏しい人

デメリットでも紹介した通り、LHH転職エージェントでは実務の主力やマネージャークラスを対象とした求人案件を多く取り扱っているため、一定以上のスキルがないと案件の紹介を受けられない可能性があります。

まずは専門的な資格を取得したり、実務経験を蓄積したりするなど、自分自身の市場価値を上げていくことに専念してみましょう。

急ぎで転職先を探している人

「今すぐに転職先を見つけたい」という人にとって、タイミングによってはすでに他の候補者がエントリー済みで条件にマッチする案件が見つからない可能性もあります。

また、気持ちだけが焦ってしまい、自分が理想とはしない求人案件に妥協し後悔する可能性もあるでしょう。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)以外でおすすめしたいエージェント

LHH転職エージェント以外にもさまざまな転職エージェントがあります。

特におすすめの転職エージェントを3社紹介しましょう。

MyVison

MyVision
運営会社株式会社MyVison
公式サイトhttps://my-vision.co.jp/
公開求人数非公開(2024年7月7日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

MyVisionは、コンサル転職エージェントとトップ戦略ファームの出身者が提供するコンサルに特化したハイクラス転職支援サービスです。

累計内定者数800名以上の実績があり、他業種や未経験からのコンサル転職にも強みをもっています。

紹介企業はBig4をはじめ外資系戦略ファームや領域特化型ファームなど、国内ほぼ全てのコンサルファームの紹介が可能としています。

個々の経歴やキャリア志向に応じて最適な転職戦略を提示してくれ、選考対策についてもレジュメ添削や過去の面接内容を分析した「独自の面接対策資料」、本番想定の模擬面接によるフェルミ推定・面接対策など徹底したサポートが受けられます。

特にコンサル業界に的を絞って転職を検討されている方には利用をおすすめしたいエージェントです。

MyVisionの評判・口コミ

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数321,189件(2024年7月7日現在)
主な求人職種全職種

リクルートダイレクトスカウトは、その名の通り大手転職情報サイトのリクルートが運営している転職エージェントです。

一般的な転職情報サイトではなく、高度で専門的なスキルをもった人材と企業をマッチングさせるダイレクトスカウトを前提としています。

誰もが一度は耳にしたことのあるリクルートのブランド力を活かし、全国各地のさまざまな求人案件を紹介し高い満足度を得ています。

>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

コトラ

kotora
運営会社株式会社コトラ
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開案件数25,336件(2024年7月7日現在)
職種金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

金融業界への転職を目指している方にはコトラがおすすめです。

たとえば、銀行や信販会社などはもちろんのこと、証券会社やコンサルタント会社などの求人案件も豊富に用意されています。

事業会社において、財務や会計などの実務経験を積んできた方にとっては、専門性を活かせる魅力的な案件を多く紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

>>コトラの評判・口コミ

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の登録から内定までの流れ

LHH Executive&internationalの登録から内定までの流れ

LHH転職エージェントへ登録してから企業へエントリーし、内定を得るまではどういった流れで進められるのでしょうか。

ステップ1:登録

まずはLHH転職エージェントの公式サイトへアクセスし、右上にある「LHHに登録」をクリックし必要項目を入力します。

ステップ2:カウンセリング・求人紹介

Webでの登録が完了すると、担当のコンサルタントとカウンセリング(面談)を行います。

カウンセリングでは求人案件の詳細を説明するとともに、求職者の希望があればキャリアに関するアドバイスなども行ってくれます。

ステップ3:応募

条件にマッチした求人案件が見つかったら、履歴書や職務経歴書などを準備し応募します。

LHH転職エージェントでは書類の書き方などもサポートしています。

ステップ5:選考

応募先企業で選考が行われ、書類選考を通過すると面接に進みます。

面接の日程調整などもLHH転職エージェントが行います。

ステップ6:内定

選考の結果、内定が得られれば入社までの書類のやり取りや手続きをLHH転職エージェントが代行します。

このとき、採用条件や入社時期の交渉なども行うことがあります。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の注目ニュース

LHH転職エージェントの2023年8月注目ニュースをご紹介します。

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)に関する疑問

LHH Executive&internationalに関する疑問

LHH転職エージェントを利用するうえでよくある疑問とその回答を紹介しましょう。

Q1:LHH転職エージェントは無料で利用できますか?

求職者はエントリーはもちろん、求人案件への応募から内定まですべて無料で利用できます。

Q2:登録にあたって年齢制限などはありますか?

年齢制限はなくどなたでも登録が可能です。

Q3:在職中でも登録は可能ですか?

転職に関する相談にも対応しているため、在職中であっても登録可能です。

また、登録した事実が在職中の企業に発覚する心配もありません

LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)の評判まとめ

LHH Executive&internationalの評判まとめ

今回紹介してきたように、LHH転職エージェントは数ある転職エージェントのなかでも特に好条件の求人案件が多く、満足度の高い転職を実現できるでしょう。

その一方で、一定以上のスキルや実務経験がないと紹介できる案件が見つからず、転職活動が長期化する可能性もあります。

実際にLHH転職エージェントを利用したユーザーからは、ポジティブな評判が多くみられますが、その一方で対応に不満を抱くユーザーもいるようです。

転職活動を成功に導くためには、ひとつの転職エージェントに登録するのではなく、同時に2社、3社に登録し比較してみることも重要です。

\外資・エグゼクティブに強い転職エージェント/

サービス名特徴
エンワールドロゴ

エンワールド

大手外資系から日系グローバル企業まで求人多数!

日本国内にある約9割以上の外資系企業との取引実績があり、リモートワーク可や年収1,000万円以上のハイクラス求人が豊富。転職成功者のサービス満足度97%

ユナイテッドワールドロゴ

ユナイテッドワールド

英語力を活かせる外資系転職で年収UPを目指すのにおすすめエージェント。

バイリンガルエージェントによる、英文履歴書・面接対策サポートが強み

リクルートダイレクトスカウトロゴリクルートダイレクトスカウトリクルートのハイクラス向け登録型ヘッドハンティングサービス。

登録後は企業からスカウトが来るのを待つだけなので、まずは登録しておきたいサービス。転職決定年収は平均950万円※

※2021年4月時点、ハイキャリア会員のみ

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次