フリーランスWebエンジニアの現実。年収・単価相場と案件獲得方法を解説

本記事では「Webエンジニアでフリーランスになるって実際にどうなの?」という方へに向けて、フリーランスのWebエンジニアになるメリットやデメリット、向いている人や向いていない人の特徴などについて紹介していきます。

  • なかなか給与が上がらない・・
  • 今のままでいいのだろうか?

会社員のエンジニアとして働いていると、以下のように感じることもありませんか?

  • フリーランスとして独立してみようか
  • でも、フリーランスになると不安定って聞くし不安・・

このように自問自答して、現状維持のまま過ごしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、Webエンジニアの平均年収や単価相場、案件の探し方、おすすめのフリーランスエージェントについても紹介していきますので、フリーランスを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスWebエンジニアの仕事内容

フリーランスWebエンジニア 仕事内容

はじめに、フリーランスWebエンジニアとはどのような仕事をしているのかについて紹介していきます。

Webサイトの設計・構築

WebディレクターやWebデザイナーが考えた、設計書やデザインを元にWebサイトの設計・構築を行っていきます。

設計・構築では、フロント部分であるユーザーが目にするブラウザの画面のコードを書いたり、入力画面などのユーザーが直接システムに触れる部分の作成を行います。

また、バックエンドの部分にあたる、Webサイトで入力された情報を送信する・送信された情報をデータベースに記録して管理者に通知を送るなどの、機能の部分の構築も行っていきます。

Webシステムやアプリケーションの設計・開発

Webサイトと同様に、PM・ディレクターやWebデザイナーが考えた要件定義書・仕様書・設計書を元に、システムやアプリケーションの設計・開発を行います。

この設計でユーザーが利用する画面の設計や、バックエンド側のシステムや機能の部分の開発を行っていきます。

また、開発したシステムの機能テストを行い、エラーやバグの修正を行います。

Webサイトやシステム・アプリの保守・運用業務

Webサイトやシステム・アプリケーションの構築や開発をした後にも保守・運用の業務を行うのもWebエンジニアの仕事です。

保守作業では、トラブル時の対応やシステムの復旧、データのバックアップをとったりバグの修正を行っていき、必要に応じて新システムの導入やアップデートも行います。

また、運用業務ではシステムが正常に運用されているかの監視や、異常が発生した際の記録、トラブルの原因分析や対策の考案を行い、運用方法の改善やマニュアルの更新を行っていきます。

Webエンジニアは役割によって職種が変わることも

Webエンジニアの仕事は「ユーザーが直接見て触れる画面の作成」「システムや機能の開発」の役割を担っています。

実際のサイト制作やシステム開発では「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の役割に分かれてチームで開発することもあります。

ハイスキルのWebエンジニアであれば、一人でフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの役割をこなす人もいますが、規模の大きな開発では作業負担が多くなるため役割に分かれて開発を行っていくのが主流です。

Webエンジニアがフリーランスになるメリット

Webエンジニア フリーランスになる メリット

収入のアップにつながる

会社員として働く場合の月収は30万円〜50万円/月程が一般的ですが、フリーランスエンジニアの案件では3年程度の実務経験があれば50万円〜70万円/月の報酬を得ることも可能です。

もしもあなたがWebエンジニアとして、3年以上の実務経験があるのであれば、高確率で収入をアップさせることができます

フリーランスになった場合には、個人で税金や保険料を払う必要があったとしても、安定して案件にはいることができれば会社員の時よりも大幅に年収を上げることにつながるでしょう。

スキル次第で自由な働き方ができる

フリーランスエンジニアの案件の中には、週3日・週4日の案件やリモートが相談可能な案件も豊富にあります。

特にWebエンジニアの場合は、スキルさえあればリモートの相談が可能な場合も多く、会社員に比べて自由な働き方がしやすくなります

しかし、企業によってはコミュニケーションやセキュリティの関係で一部常駐が必要なものも多く、全体の案件数からするとフルリモート可能な案件の絶対数は少なくなります

自分で仕事を選ぶことができるようになる

フリーランスとして働くメリットの一つとして挙げられるのが、与えられた仕事ではなく自分自身で仕事を選ぶことができるようになることです。

会社員として働いていると、基本は営業が取ってきた仕事や上司から振られた仕事をこなす形になりますが、フリーランスの場合、どんな仕事をするのかまたはしないのかを自分で選ぶことができます。

このため、会社員よりもキャリア選択の自由度が高くなり、自分が描いたキャリアプランに沿って行動選択がしやすくなります

Webエンジニアがフリーランスになるデメリット

Webエンジニア フリーランスになる デメリット

収入が安定しないこともある

フリーランスとして働くことで収入がアップすることもありますが、逆に案件がうまく獲得できなかったり、契約が途中で終了してしまうなど収入が安定しないこともあります。

フリーランスの案件は、開発終了で契約が終了することもあれば、求めるレベルの貢献ができなければ契約が切られることもあります。

会社員であれば与えられた仕事をこなしていれば収入を得ることができますが、フリーランスでは突然仕事がなくなることもあれば、なかなか仕事が見つからず収入が安定しないというリスクもあることは覚えておきましょう。

経験のある仕事にしか入れずスキルの幅が広がらない

フリーランスで働くということは「自分の経験やスキルを商品として売る」ということです。

あくまで仕事として活躍できるのは実務経験がある分野ばかりになる傾向が強く、新しい分野で仕事をしたいと思ってもなかなかチャレンジする機会が得られないこともあるでしょう。

このため、仕事と同時並行で新しいスキルを自身で身につけていかないとスキルの幅が広がらず、同じような仕事しかできなくなる可能性もあるのです。

確定申告のために自分で経理作業をやる必要がある

フリーランスになった場合には、自身で仕事に使った経費や売上を記録して、毎年確定申告をしていかなければならなくなります

経理ソフトなどを活用すれば支出管理や売上管理もしやすくはなりますが、自分で経理作業をしなければいけないのは、面倒に感じる人も多いでしょう。

フリーランスのWebエンジニアになる前にやるべきこと

フリーランス Webエンジニア なる前に やるべきこと

フリーランスのWebエンジニアになりたいと考えている場合、いきなりフリーランスとして活動していくのではなくしっかりと準備期間を設けておくことが大切です。

  • これからのキャリアプランについて具体的に考える
  • フリーランスとして活動していける程度のスキルを身につける
  • 仕事探しのために職務経歴書やポートフォリオを作成しておく
  • 会計処理のための準備や会計関係の知識の勉強をしておく
  • 名刺/印鑑/PC/Wi-Fiなど、仕事に必要な備品を用意する
  • 事業用の口座やクレジットカードを作成しておく
  • 健康保険や年金の手続き、個人事業主の申請などの準備をする
  • 仕事が見つからなかった時のための数ヶ月分の貯蓄をしておく(半年〜1年分)

フリーランスとして活動するのであれば、自分でキャリアプランを考えて行動をしなければなりません。

フリーランスエンジニアとして独立した後に安定して仕事を獲得するには、スキルをしっかりと積んでいくことが何よりも大切なので、少なくとも3年程度は実務経験を積み、自走して開発に取り組めるようにしておきましょう。

その他にも、会計処理や備品の準備、口座・クレジットの作成、健康保険や年金などお金や会計に関する知識の習得も大切です。

もし自分がフリーランスとして活動できるが不安であれば、一度フリーランスエージェントに登録してスキルを見てもらった上で紹介できる案件にはどのようなものがあるのか確認だけしてみるのも良いでしょう。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

未経験でもフリーランスWebエンジニアになれる?

未経験 フリーランスWebエンジニア なれる?

フリーランスでWebエンジニアとして活動するためには実務経験が何よりも大切なので、未経験からでは仕事が獲得できずに収入が得られないという事態に陥ってしまう可能性が高いです。

まずは、しっかりとスキルを身につけて将来的にフリーランスエンジニアとして働いていくために、会社員で実務経験を積んでいくのが効果的な手段でしょう。

また、現在エンジニアとしての経験がない場合でも、プログラミングスクールを活用することで効率的にスキルを習得することも可能です。

プログラミングスクールの中には、転職保証がついているスクールも増えているため、今後エンジニアとして活動していきたい場合には、積極的に活用していくのもおすすめです。

エンジニア戦略
【2022年最新版】プログラミングスクール8社を徹底比較!値段や転職サポートの充実度は? | エンジニア戦... プログラミングは今後加速するDXにおいて不可欠なスキルとされています。 新型コロナウイルスの影響により、今後は不安定な雇用が続くと予想され、すでに早期退職や希望退...

フリーランスWebエンジニアに求められるスキル

フリーランスWebエンジニア 求められるスキル

フリーランスのWebエンジニアとして活動をしていく場合には、以下のようなスキルがあることが望ましいです。

プログラミングスキル

Webエンジニアとしてフリーランスとして活躍するためには、実務経験が3年程度あり自走して開発を進められることが必要です。

経験年数はあくまで目安ですが、フリーランスエージェントでの案件を見ると、実務経験が3年以上と3年以下では案件の獲得率に大きな差があるため、実務経験でのプログラミングスキルは最重要であるといえるでしょう。

コミュニケーションスキル

フリーランスとして活動していくということは、新しい現場に入って新しいチームメンバーと仕事を進めていく必要があります

そのため、メンバーとスムーズなコミュニケーションが取れるかどうか、意思疎通を取ってしっかりと開発を進めていけるかは、フリーランスだからこそ重要な要素になります。

セルフマネジメントスキル

フリーランスの働き方によっては、受託する形で自分でスケジュールや進捗管理をしながら開発を進める必要が出てくることもあります。

そのため、自分のモチベーションや目標管理を含めて、セルフマネジメントをしていくことはフリーランスにとっては非常に重要なスキルです。

営業力・交渉力

営業力や交渉力は自身の収入にも大きく影響してくる大切な要素なため、フリーランスとして活動をしていくのであれば、しっかりと身につけておくべきでしょう。

しかし、フリーランスエージェントを活用することで、営業や交渉を代理で行ってくれることもあるため、苦手な人はエージェントサービスを利用をおすすめします。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

フリーランスWebエンジニアに向いてる人

フリーランスWebエンジニア 向いてる人

フリーランスのWebエンジニアとなるのに向いている人には以下のような特徴があります。

時間や場所にとらわれずに自由に働きたい人

フリーランスは働き方によっては、時間や場所にとらわれずに働くことができるため、好きな時間や場所で仕事をしたいという方には向いています。

エージェントを活用する場合は、参画案件の働き方に合わせる必要はありますが、クラウドソーシングや知人経由で開発案件を受託する場合には、場所や時間を選ばずに働くことができる可能性が高いです。

もちろん、自己管理が必要になってくるため、ある程度の制約を自分でかけて仕事に取り組む必要はありますが、会社員として働いている時よりも自由な選択ができるようになるというのは魅力でしょう。

いろんな現場に入ってさまざまな経験を積んでいきたい人

フリーランスの場合は、自分自身でどのような仕事をしていくのかなど、自身のキャリアプランに沿った仕事選びができるようになります。

エージェントを活用して案件に参画した場合でも、開発がひと段落すれば他の仕事を自分で探すこともできるため「いろんな現場に入ってさまざまな経験を積んでいきたい」と考えている人には向いています

効率的に年収を上げたい人

フリーランスで取り扱っているWebエンジニアの案件は月50万円以上の案件も多いため、しっかりとスキルが身についており、安定して案件を確保することができれば効率的に年収をあげていくことができます

スキルや作業範囲による案件報酬の増減やスキルによる報酬額の上限はありますが、それでも会社員のITエンジニアの平均年収よりも高い収入を得ることができるでしょう。

フリーランスWebエンジニアに向いてない人

フリーランスWebエンジニア 向いてない人

フリーランスのWebエンジニアとして活動をするのに向いていない人の特徴は下記の通りです。

安定した環境で働いていきたいと考えている人

会社員として働くことの最大のメリットが、毎月安定して収入を得ることができるということでしょう。

フリーランスでは、スキルや案件の状況によっては仕事が見つからず、収入が不安定になることもありえます

また、案件を自分で探したり、新しい案件に参画する度に人間関係を築いていかなければいけないなど大変な部分もあります。

職場環境や人間関係が良好な会社で働きやすいと感じていたり、フリーランスになるリスクが大きいと感じていたりする場合には、フリーランスよりも今の環境でキャリアアップを目指す方が向いているでしょう。

自己管理やキャリアデザインができない人

フリーランスは、自由な働き方やキャリア選択ができるからこそ、自分で目標や行動方針を決定していかなければいけません

そのため、仕事での目標設定やモチベーションの管理も含めて自己管理ができない人やキャリアデザインができない人は、フリーランスよりも会社員として働く方が向いているでしょう。

実際のところフリーランスとして活動していても「仕事が見つからなくて収入がないし、もっと安定した働き方の方が良かった」「常に不安と隣り合わせで、フリーランスとして働いていくことに疲れた」というような理由で、会社員に戻る人も多いのです。

責任感がなく自己主張ができない人

フリーランスはトラブルがあった時にも自分で対応しなければいけませんし、自分を守るために必要であればしっかりと考えを主張していかなければいけない時もあります。

また、高収入の案件など目先の利益ばかり求めてしまって、作業範囲を確認しなかったり、できる確証がないのにもかかわらず仕事を受けてしまい、結果的にクライアントに大きな迷惑をかけてしまったという話を聞くことも多々あります。

フリーランスは、会社の看板ではなく自分が看板となって仕事をしていく必要があり、何よりも信用を落としてしまった時に取り戻すのが大変です。

自分の行動や仕事に責任を持てない人はフリーランスとして活動するのはやめておきましょう

フリーランスWebエンジニアの現状と将来性

IT業界の成長と共に常に人手不足だといわれていますが、現状はプログラミングスクールなどの事業が成長していてエンジニア自体の数は増えてきています。

しかし、IPAが調査したDX白書2021の調査結果をみると、事業戦略上、変革を担う人材の量が大幅に不足している・やや不足しているという企業は約68.9%〜90.3%となっており、現状でもIT人材やエンジニアが不足している状況に変わりはありません。

IPA 情報処理推進機構 DX白書2021 デジタル時代の人材

参照:IPA(情報処理推進機構)DX白書2021

また、IT業界は今後も市場規模が拡大していくと予想されるため、スキルがあるWebエンジニアの需要は高く将来性もあるといえるでしょう。

フリーランスWebエンジニアの平均年収

フリーランスWebエンジニア 平均年収

Webエンジニアの場合、正社員の平均年収は584万円となっています。

これに対し、さまざまなフリーランスエージェントの案件が掲載されているフリーランススタートのWebエンジニアに関連する職種のデータを見ると年収は以下の数値でした。

職種 平均単価 年収(換算)
システムエンジニア 64.6万円/月 775.2万円
フロントエンジニア 71.1万円/月 853.2万円
バックエンドエンジニア 72.3万円/月 867.6万円

参照:フリーランススタート

上記のように、安定して案件に参画することができればフリーランスの方が正社員で働くよりも、高い年収を得ることができるでしょう。

フリーランスWebエンジニアの単価相場

フリーランスWebエンジニアの 単価相場

フリーランスのWebエンジニアの案件の単価相場は、職種やスキルによっても大きく変わってきますが、職種/言語別の案件の単価平均を比べると以下が目安となります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの平均単価は71.1万円/月で年収換算すると853.2万円でした。

言語別の単価は以下の通りです。

言語 平均単価 年収(換算)
HTML/CSS/JavaScript(JQuery) 57.0万円/月 684万円
HTML/CSS/JavaScript(React.js) 74.7万円/月 896.4万円
HTML/CSS/JavaScript(Vue.js) 72.2万円/月 896.4万円

参照:フリーランススタート

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアの平均単価は72.3万円/月で年収換算すると867.6万円でした。

言語別の単価は以下の通りです。

言語 平均単価 年収(換算)
Java 63.4万円/月 760.8万円
PHP 66.7万円/月 800.4万円
Ruby 74.8万円/月 897.6万円
GO言語 81.8万円/月 981.6万円
Python 73.6万円/月 883.2万円
JavaScript(Node.js) 72.5万円/月 870万円

参照:フリーランススタート

上記のように、一定以上の実務経験とスキルがあれば、平均的にも高単価の案件を獲得することにつながるため、年収のアップも見込めるでしょう。

フリーランスWebエンジニア案件の獲得方法

フリーランスWebエンジニア 案件 獲得方法

フリーランスでWebエンジニアの案件を獲得するためにはいくつかの方法があります。

  • SNSや知り合いを経由して案件を獲得する
  • クラウドソーシングサービスを活用して案件を受注する
  • フリーランスエージェントを活用して案件を獲得する

フリーランスとして活動をしていく場合には、基本的に自分で案件を探す必要があります。

効果的に案件を獲得するためには、クラウドソーシングサービスのランサーズクラウドワークスを活用するのもおすすめです。

プロダクトベスト
【初心者でも稼げる?】クラウドソーシングサービスおすすめ10選をご紹介 | プロダクトベスト クラウドソーシングとは クラウドソーシングの特徴とメリット おすすめクラウドソーシングサービス 今さら聞けない?副業とクラウドソーシングとは? コロナ禍でおうち時間...

また、フリーランスエージェントを活用すれば条件やスキルに合う案件を紹介や、条件交渉やトラブル時の仲介なども行ってくれます

もしフリーランスのWebエンジニアとして「仕事が獲得できるか不安」という方は、一度フリーランスエージェントに相談してみると良いでしょう。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

フリーランスWebエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

最後に、フリーランスのWebエンジニアとして案件を探す際に活用できるおすすめのエージェントと案件紹介サイトを紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、業界の中でも最大級の34,000案件以上の案件を保有しており、常時紹介できる案件も2,000件以上を誇っています。

案件は週5日の案件がメインですが、リモートが相談可能な案件や高単価の案件も豊富に取り扱っているため、さまざまなニーズに応えることができるのも大きな特徴です。

登録者数も100,000名以上とフリーランスエンジニアの多くが登録しているため、フリーランスとして活動をするのであれば登録しておいて損のないフリーランスエージェントといえるでしょう。

エンジニア戦略
レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介 | エンジニア戦略 本記事ではフリーランスエンジニア向けに特化したエージェント、レバテックフリーランスについて、その特徴や評判について利用者の口コミも交えてご紹介します。 働き方の...

TECH STOCK

techstock

TECH STOCKは、フリーランスエージェントとして17年以上サービスを提供しており、登録者数も25,000名以上と信頼と実績があるエージェントです。

保有案件数は5,000件以上、常時紹介可能な案件数は700〜800件とレバテックフリーランスに比べて少なく感じるかもしれませんが、直受けの案件が93%のため80万円を超える高額案件も多数保有しています。

また、週3日や週4日で稼働可能な案件やリモートの相談可能な案件も保有しているため、週5日以外の案件を探したいという場合には登録してみると良いでしょう。

エンジニア戦略
Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 本記事では、高単価案件を豊富に取り揃えているTech Stockについて、その特徴や、利用するメリット・デメリットについて詳しく解説します。 多様な働き方を実現するために...

Midworks

Midworks

  • 案件充実度の高い IT系フリーランス専門 エージェントサービス 3年連続 第1位
  • 価格満足度の高い IT系フリーランス専門 エージェントサービス 3年連続 第1位
  • エンジニアが選ぶ IT系フリーランス専門 エージェントサービス 3年連続 第1位

上記のように、Midworksはフリーランスエージェントの中でも利用したフリーランスエンジニアの満足度が高いエージェントです。

保有案件数は5,000件弱ですが、週3日〜4日で働くことのできる案件も多数保有しており、福利厚生も充実しているので、エージェントを複数活用する際には登録しておきたいエージェントの一つといえるでしょう。

エンジニア戦略
Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説 | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスに特化したエージェントサービスMidworks(ミッドワークス)についてご紹介します。 キャリア観の多様化にともない、従来のように企業から雇われ...

ギークスジョブ

ギークスジョブ

ギークスジョブで取り扱っている案件の80%はリモートの相談が可能となっているため、自由な働き方がしたいというエンジニアにはおすすめのエージェントになります。

また、ギークスジョブで案件に参画したエンジニアの平均年収は820万円以上となっており、高額の案件も多数取り扱っています。

「フリノベ」という福利厚生サービスの提供しているなど、フリーランスエンジニアが安心して働けるような環境があるのも強みといえるでしょう。

エンジニア戦略
ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 ギークスジョブは、フリーランスのITエンジニアに特化したエージェントサービス。リモート対応可や高単価案件を豊富に取り扱っています。サービスの特徴をはじめ、実際の口...

FREE-DA

FREE-DA フリーダ

FREE-DAは、ゲーム/Webサービス/金融などのジャンルに強いフリーランスエージェントです。

保有案件数は2,500件程度なので他のエージェントと比べても数が多いとはいえませんが、それでも希望の案件を探すには十分な案件数といえるでしょう。

また、FREE-DAではエンジニアに嬉しい福利厚生も取り揃えており、手数料を払うことで【月末締め翌日払い(1日サイト)】で報酬を入金できるサービスも提供しているため、即日でお金が必要だという方にもおすすめのエージェントです。

エンジニア戦略
FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 ITエンジニアに特化したフリーランスエージェントFREE-DAについて詳しく解説します。関東圏の案件を中心に取り扱っており、業務上の補償や福利厚生サービスも充実している...

フリーランススタート

フリーランススタート

フリーランススタートは、さまざまなフリーランスエージェントの求人が集まっている国内最大級のフリーランス専門案件紹介サイトです。

公開案件数は280,598件(2022年2月現在)と膨大な数の案件を公開していて、希望に合う案件をいくらでも探していくことができます。

また、エージェントの特徴や評判、取り扱っている案件や案件の平均単価など、さまざまな情報を集めることができるため、フリーランスエンジニアとして活動するのであれば必ず登録しておきたいサービスです。

フリーランスWebエンジニアまとめ

フリーランスWebエンジニア まとめ

本記事では、フリーランスWebエンジニアになるメリットやデメリット、Webエンジニアの年収や単価相場、案件の探し方などについて解説してきました。

この中でフリーランスWebエンジニアを目指すうえで特にポイントとなる点を以下にまとめました。

  • フリーランスとして活動することで年収アップや自由な働き方を目指すことができる
  • フリーランスには収入が安定しない・自分で経理作業をする必要があるなどのデメリットもある
  • フリーランスでWebエンジニアとして活動するためにはスキルが何よりも重要
  • フリーランスとして活動するためにはしっかりと準備していくことが大切
  • Webエンジニアがフリーランスとして活動していく場合には、エージェントの活用がおすすめ

フリーランスWebエンジニアは今後も需要があり、年収が上がる可能性も高いため、将来的にフリーランスになることを考えている人は、ぜひ積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

IT/Web転職に強いサイトランキング
1位 レバテックキャリア

開発系・インフラ系求人のサポートが手厚いエンジニア特化型エージェント

2位 GEEKLY Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント
3位 レバテックフリーランス 高単価を狙うハイクラスエンジニアに評判

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる