フロントエンドエンジニアがフリーランスになるには?副業で案件を獲得する方法を解説

今回は、フロントエンドエンジニアがフリーランスになるためには何が必要なのかを紹介するとともに、フリーランスの第一歩に最適な副業案件の獲得の仕方についても紹介します。

会社員としてキャリアを積み重ねてきたITエンジニアが、フリーランスとして独立し活躍するケースが増えています

一方、キャリアの浅いフロントエンドエンジニアのなかには、まずは副業からはじめて独立を目指すという方も少なくありません。

フリーランスとして独立するというのはハードルが高いように感じられますが、実際のところどうなのでしょうか。

本記事を参考にフリーランスのフロントエンドエンジニアとしての道をぜひ検討してみてください。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

フリーランスのフロントエンドエンジニアの案件傾向

フリーランス フロントエンドエンジニア 案件傾向

フリーランスのフロントエンドエンジニアを対象とした案件は、おもに企業のWebサイトの開発やWebアプリ、スマートフォン向けアプリの開発など多岐にわたります。

かつてはフリーランスのエンジニアといえども、クライアント先のオフィスへ出勤して開発を行うパターンが一般的でしたが、近年ではリモートワークが一般化し、フルリモートでのプロジェクト参加も可能になっています。

そのため、地方に居住しながら首都圏の企業と業務委託契約を結び、フロントエンドエンジニアとしてさまざまな開発に携わっている方も少なくありません。

特にIT業界ではリモートワークが当たり前になりつつあることから、フルリモートに対応していない求人や開発案件には優秀なエンジニアが集まりづらい状況です。

そのため、今後フルリモートの案件はさらに拡大し、時間や場所にとらわれない働き方が定着していくと考えられるでしょう。

フロントエンドエンジニアのフリーランスの単価と年収相場

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価 年収相場

フロントエンドエンジニアが開発に携わる案件によっても報酬の単価は異なりますが、多くの場合月額で50万円から90万円程度が相場となっています。

フリーランス向けの案件を紹介している大手エージェントでは、フロントエンドエンジニアの平均報酬単価は約70万円で、なかには100万円以上の報酬を得られるプロジェクトも存在します。

HTMLやCSS、JavaScriptを用いたWebサイトの構築は比較的単価が低い傾向が見られますが、WebアプリケーションやECサイトの構築など高度な知見が要求される案件になると、平均単価以上の報酬を得られるものもあるようです。

フリーランスとして働くフロントエンドエンジニアの年収は、キャリアや保有スキル、働き方によっても異なりますが600〜800万円台の方が多いようです。

ただし、フリーランスは会社員と異なりプロジェクトごとの参画となるのが基本です。

あるプロジェクトが完了した後に、すぐ次の仕事に参画できるとは限らないため、タイミングが合わないと数カ月間収入が得られないといったこともありえます。

そのため、会社員のように安定して収入が得られるとは限らず、月ごと、または年ごとに収入の波があります

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニア 仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容を一言で紹介するとすれば、WebサイトやWebアプリケーションなどでユーザーが直接目にし触れる部分の開発を手掛けるものです。

ユーザーが触れるフロントエンドの開発を手掛けることからフロントエンドエンジニアとよばれています。

使用する言語としてはHTMLやCSS、JavaScriptなどが主流で、ユーザーが操作しやすいよう設計からコーディングまでを行います

ちなみに、Web業界では慢性的な人手不足に陥っている企業も多く、そのような開発現場ではフロントエンドエンジニアがクライアントと折衝しながらデザインやディレクションに関わることもあるようです。

かつてWeb業界では、このような業務を担う職種をコーダーやWebデザイナーとよぶことが一般的でした。

しかし、テクノロジーが進化しWebサイトに求められる機能も多様化した現在、コーダーやWebデザイナーという枠に収まりきらない業務も増えてきました。

そのような背景もあり、Web開発に関わる幅広い知見をもった人材がフロントエンドエンジニアとして活躍しています。

>>フリーランスWebエンジニアの現実。年収・単価相場と案件獲得方法を解説

フリーランスのフロントエンドエンジニアの需要と将来性

フリーランス フロントエンドエンジニア 需要 将来性

フロントエンドエンジニアの需要が急速に高まった背景には、スマートフォンやタブレット端末が普及しインターネット人口が爆発的に増えたことが挙げられます。

これまでインターネットといえばPCで利用するのが一般的であり、IT機器に詳しくない人にとっては難しいイメージが根強く残っていました。

しかし、スマートフォンが普及したことで、いつでもどこでもインターネットにアクセスできるようになり、Webサイトの需要も増加しました。

その結果、多くのフロントエンドエンジニアが活躍するようになったのです。

情報収集のツールとしてスマートフォンが社会に定着した今、Webサイトの需要は今後ますます高くなると予想されることから、フロントエンドエンジニアの活躍の幅はさらに拡大していくでしょう。

また、IT業界に限らず、日本企業の多くは深刻な人手不足に直面しています。

自社でフロントエンドエンジニアを雇用したくても優秀な人材が集まらず苦戦しているところも少なくありません。

そこで、企業のなかには、従来のようにエンジニアと雇用契約を締結するのではなく、業務委託契約を結びプロジェクトごとに参画してもらうといった方針に転換しているところもあります。

高度なスキルや実務経験を持ち合わせた優秀なエンジニアは、自分が働きやすい環境のもとで自由に働くことができるため、フリーランスとして働くフロントエンドエンジニアは今後ますます増えていくのではないでしょうか。

フロントエンドエンジニアでフリーランスになる前にやるべきこと

フロントエンドエンジニア フリーランス なる前に やるべきこと

フロントエンドエンジニアになるためには特別な資格が必須ではなく、スキルさえあれば誰でも従事できます。

しかし、実際にフリーランスとして独立し、安定した収入を得られるかどうかは別問題です。

独立したは良いものの、自分が従事できる案件が見つからず生活な成り立たなくなってしまった、といった事態を避けるためにも、フリーランスになる前に準備しておかなければならないことがあります

スキルを身につける

ITエンジニアにとって唯一の武器となるのはスキルです。

フロントエンドエンジニアの場合、上記でも紹介したとおり、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を用いて開発を行うため、これらのスキルは最低限身につけておきましょう。

特にJavaScriptは、Webサイトの構築はもちろん、Webアプリケーションなど幅広い場面で求められ、フロントエンドエンジニアとして活躍する以上は欠かせないスキルです。

また、開発現場によってはWebデザインやディレクションを担当しなければならないケースもあります。

ユーザーにとって見やすく使いやすい設計にするためには、UI/UXという概念が求められます

さらに、フロントエンドエンジニアは、Webサイトの構築にあたってバックエンドを担当するエンジニアともコミュニケーションを図ることもあります。

具体的には、PHPやRubyといった言語が用いられることが多く、これらもあわせて習得しておけばさまざまな現場で重宝されるはずです。

>>【2022年最新版】プログラミングスクール8社を徹底比較!値段や転職サポートの充実度は?

実践を積み重ねる

知識を身につけただけでは開発現場で活躍できるとは限りません。

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍するためには、身につけた知識を活かし、いかに実践に役立てられるかということが大きなポイントとなります。

独学から挑戦するのであれば、WebサイトやWebアプリケーションなどを実際に構築して、案件獲得の際のアピール材料にしてみましょう。

実際に形に見えるものを構築することで、その人のフロントエンドエンジニアとしてのスキルや力量を分かりやすく証明できます。

一方で、フロントエンドエンジニアの未経験者がいきなりフリーランスとして独立するのはハードルが高いのも事実です。

特におすすめなのは、会社員としてキャリアをスタートさせ、経験を積み重ねたうえで独立を目指す道です。

未経験者でもスキルややる気があれば採用してくれる企業もあるため、そのような企業で数年経験し、最終的に独立をするかどうかを判断してみるのも良いでしょう。

フリーランスとして独立直後は安定的に仕事を獲得できるという保証もないため、会社員として収入を得ながら貯蓄をしておき、独立後の資金を確保しておくのもひとつの方法です。

副業としてのフロントエンドエンジニアの案件獲得方法

副業として フロントエンドエンジニア 案件獲得方法

フリーランスとして独立を考えているものの、案件を獲得できるか不安を感じる方は、副業から始めてみるのもおすすめです。

働き方改革の一環として副業を解禁する企業も増えていることから、まずは自分自身の力量を試す意味でも個別のプロジェクトに応募してみましょう

副業として案件を獲得するにはさまざまな方法がありますが、今回は3つのパターンに分けて紹介します。

知り合いなどの人脈を頼る

身近な人にフロントエンドエンジニアの知り合いがいる場合には、その人脈を頼ってみるのもひとつの方法です。

Web業界は慢性的な人手不足に悩まされており、優秀なフロントエンドエンジニアを探している企業はつねに存在します。

すでに活躍しているフロントエンドエンジニアのところにも案件が打診されている可能性もあるため、まずは確認してみましょう。

クラウドソーシングへ登録する

フロントエンドエンジニアの知り合いがいない、または相談してみても案件が見つからない場合には、クラウドソーシングを活用するのもおすすめです。

クラウドソーシングとは、企業や個人がスキルをもった人材に対して仕事を発注できるプラットフォームであり、WebサイトやWebアプリケーションの構築といった案件も用意されています。

クラウドワークスランサーズといったサイトが有名です。

まずは自分自身のプロフィールを登録した後、条件にマッチする案件がないかを調べて応募してみましょう。

エージェントへ登録する

クラウドソーシングと並んでぜひ活用したいのが、フリーランス向けのエージェントサービスです。

自分自身のスキルや実務経験をもとに、エージェントの担当者が候補となる案件をマッチング・紹介してくれます。

紹介された案件に興味を抱いたら、個別にエントリーしクライアント企業と条件が合えば業務委託契約を結びます

フリーランス向けエージェントはクラウドソーシングに比べて高単価の案件が多く、困ったことがあれば担当者へ相談できるため安心して利用できるでしょう。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

フリーランスフロントエンドエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランス経験がない方にとっても安心して利用できるエージェントや案件紹介サイトには、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は代表的なサービスを紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのITエンジニアに特化したエージェントです。

2022年6月時点で、フロントエンドエンジニアの案件数は1,271件あり、関東を中心に関西や東海、九州まで全国各地の案件を紹介可能です。

取引社数は5,000社以上にのぼり、利用者満足度は92.6%という高い実績を誇るのも大きなポイントといえます。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock

TECH STOCKもレバテックフリーランスと同様、フリーランスのITエンジニア向けエージェントです。

TECH STOCKと直接取引を結んでいるクライアント企業も多く、中間に第三者が入っていないため月額80万円以上の高額案件が多数紹介できます

フリーランスを対象とした福利厚生サービスも充実しており、安心して働くことができる体制を整備しています。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks

MidworksIT系フリーランスに特化したエージェントです。

紹介可能な案件数は常時3,000件以上にのぼり、リモート案件も充実しています。

また、副業案件を探すという意味では、週3日稼働の案件も紹介しており、本業とのバランスを考えながら無理なく働くことができるでしょう。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ

ギークスジョブは、リモート案件率80%以上を誇るIT系フリーランスのエージェントです。

取引社数は3,300社におよび、ギークスジョブで案件を獲得している登録者の平均年収は800万円以上

ほとんどの案件は月額60万円以上で、副業に最適なスポット稼働の案件から長期稼働の案件まで豊富に用意されています。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ

FREE-DAは、IT業界に特化したエージェントサービスです。

エンドクライアントや元請け会社からの直請け案件が豊富なため、高額報酬を期待できます。

福利厚生が充実しているほか、報酬の即払いが可能な「FREE-DA即払い」も提供中

月末締め翌月末(または翌々月末)払いといった長期の支払いサイトではなく、最短1日サイトでの支払いも可能です。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート

フリーランススタートは、30万件以上のIT求人・案件が登録されている案件紹介サイトです。

開発言語やフレームワーク、ソフトウェアなどで開発案件を絞り込むことができ、勤務地や職種、業界ごとに希望の職種・案件を調べ自由にエントリーできます。

フリーランスフロントエンドエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランス フロントエンドエンジニア 関する 疑問 Q&A

フリーランスのフロントエンドエンジニアとしてキャリアアップを目指すなかで、さまざまな疑問や不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

よくある疑問とその回答を紹介しましょう。

未経験でもフリーランスのフロントエンドエンジニアになれる?

フロントエンドエンジニアになるために必須となる資格や実務経験はありません

ただし、フリーランスとして活躍していくとなると実務経験が豊富なエンジニアのほうが有利のため、会社員や副業からキャリアをスタートさせるのが良いでしょう。

副業からフリーでフロントエンドエンジニアを始める事は可能?

副業案件といってもさまざまな種類がありますが、スキルが備わっていれば案件を獲得することは可能でしょう。

高単価な案件を獲得するには何が必要?

フロントエンドエンジニアとして最低限求められるスキルだけでなく、プラスαの能力が求められます

具体的には、PHPやRubyといったサーバーサイドの知識や、デザインやUI/UXの知識、ディレクション経験などが挙げられるでしょう。

フリーランスのフロントエンドエンジニアまとめ

フリーランスのフロントエンドエンジニア まとめ

多様化するWebコンテンツにあわせてフロントエンドエンジニアの需要も高まっており、この流れは今後も続いていくと考えられるでしょう。

優秀なフロントエンドエンジニアはフリーランスとしても十分活躍の道はあり、場合によっては会社員よりも高額な報酬を得られる可能性も高いです。

ただし、安定した収入を得ていくためにはエンジニアとしての努力も不可欠であり、つねにスキルアップを目指す姿勢が求められます

これからフリーランスとして独立を考えているフロントエンドエンジニアは、今回紹介した内容を参考に何から取り組むべきかを考え、キャリアアップを目指していきましょう

IT/Web転職に強いサイトランキング
1位 レバテックキャリア

開発系・インフラ系求人のサポートが手厚いエンジニア特化型エージェント

2位 GEEKLY Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント
3位 マイナビエージェント 求人の約80%が非公開なので採用率が高い
4位 レバテックフリーランス 高単価を狙うハイクラスエンジニアに評判
5位 ランスタッド 海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も多数保有

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる