PHPでフリーランスに!必要なスキルと年収相場や案件の特徴を解説

初心者にとっても習得しやすいプログラミング言語にはさまざまなものがありますが、Webシステムの開発に多く用いられるPHPもそのなかのひとつです。

これから自身のキャリアを広げるために、プログラミングスキルを習得しようと考えている方にとってPHPは最適な言語でもあります。

しかし、実際にフリーランスのエンジニアとして独立した場合、PHPでの開発需要はどの程度あるのか、将来性は期待できるのか、そしてどの程度の収入が期待できるのかなど、さまざまな不安を感じる方も多いでしょう。

そこで本記事では、PHPの基礎知識を紹介するとともに、フリーランスのPHPエンジニアを対象とした求人案件はどのようなものがあるのか、求められるスキルや実務経験のレベル、気になる収入などもあわせて詳しく紹介していきます。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

PHPとは

PHPとは

PHPとは、主にWebサイトやWebアプリケーションの構築にあたって、サーバーサイドの開発に用いられることの多いプログラミング言語です。

サーバーサイドとはその名の通りサーバー側のことを指し、いわばWebサイトやWebアプリケーションの中核を担う部分ともいえます。

PHPはオープンソース型のプログラミング言語であり、誰でも無料でシステムを構築できるのが特徴です。

さらに、プログラミング言語のなかでも比較的シンプルな文法が採用されていることから、初心者にとっても習得しやすいメリットがあります。

また、PHPには豊富な関数も用意されており、ライブラリが標準で実装されていることから、別途ダウンロードをしなくても容易に開発できます。

このような使い勝手の良さから、PHPは1990年代半ばに登場して以降、数多くのシステムに採用されてきました。

フリーランスPHPエンジニアの求人傾向

フリーランスPHPエンジニア 求人傾向

フリーランスのPHPエンジニアを対象とした業務委託案件の求人では、主にWebサイトの制作やWebシステムの開発などを手掛ける案件が多く見られます

案件そのものの数としては、特にアプリケーション開発などで需要が高いJavaや、Webアプリケーションの開発に多用されるJava Scriptに次いでPHPの案件が多く、さまざまな選択肢の中から自分自身に合った案件を選べるでしょう。

実際に募集されている案件を見てみると、自社開発の案件も多くほとんどが首都圏や関西の勤務地に集中しています。

ただし、PHPエンジニアに限らず多くのシステム開発を手掛ける企業では、テレワークに対応した案件も増えており、地方に居住している方でも条件次第では応募しやすいといえるでしょう。

また、PHPの開発案件で近年増加しているのが業務系システムの開発です。

従来の業務系システムといえばPCへ直接インストールして使用するオンプレミス型のソフトウェアが中心でしたが、テレワークが普及しオンラインでの業務環境を整備するニーズが高まったことから、ブラウザからアクセスできるWebベースでのシステム開発案件が徐々に増えている状況です。

フリーランスPHPエンジニアの案件単価と年収相場

フリーランスPHPエンジニア 案件単価 年収相場

今後、フリーランスのPHPエンジニアとして活動していくことを目指している方のなかには、どの程度の収入が得られるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

フリーランスエンジニア向けのエージェントのレバテックフリーランスの求人案件を見ると、PHPエンジニアを対象とした開発案件は、月額の報酬として60万円台から80万円台の案件が多く、平均単価としては70万円台前半となっています。

年収に換算すると800万円台半ばとなり、会社員と比べても高年収が期待できるでしょう。

ただし、開発規模や求められるスキル、実務経験、プロジェクトにおけるポジションや役割によっても案件単価は大きく異なってきます。

また、フリーランスである以上、あるプロジェクトが終わったタイミングですぐに次の案件が見つかるとは限らず、仕事がなく無給となってしまうリスクもつきものです。

フリーランスのPHPエンジニアが安定的に収入を確保するためには、できるだけ長期のプロジェクトに参画しながらクライアントの信頼を勝ち取り、継続的にプロジェクトを受注できる関係性を構築することが理想的といえるでしょう。

フリーランスPHPエンジニアの将来性

フリーランスPHPエンジニア 将来性

フリーランスのPHPエンジニアとしてキャリアアップを考えている方にとっては、今後長期的に見て成長が見込めるかどうかも重要なポイントです。

結論からいえば、フリーランスのPHPエンジニアの将来性は高いといえます。

冒頭でも紹介した通り、PHPはサーバーサイドの開発に多く活用されていますが、私たちがブラウザ上で閲覧するフロントエンドの開発にも用いられており、両面での需要があるためです。

まず、サーバーサイドについてですが、PHPは1995年に登場してからインターネットの黎明期、そして現在に至るまでさまざまなWebシステムで多用されてきた歴史があります。

現在はPHP以外にもRubyPythonといった言語がサーバーサイドの開発に用いられることも増えてきましたが、決してPHPが衰退したわけではなく、まだまだ現役で活躍しています。

もし、今後RubyやPythonといった言語が主流になったとしても、PHPで構築されたシステムのメンテナンスや保守作業といった分野での需要が見込めます

次にフロントエンドの需要についてですが、PHPはWordPressにも採用されていることが大きいです。

WordPressはWebサイトを制作するためのソフトウェアのようなもので、Webサイトの制作を手掛けるエンジニアにとっては馴染みの深い存在です。

インターネット人口が爆発的に増加しWebサイトの制作需要も増えた現在、PHPをベースとしたWordPressを利用するケースは多いことから、フロントエンド側の開発でもPHPはしばらく一定の需要が見込めるでしょう。

フリーランスPHPエンジニアになるのに必要なスキルのレベルとは

フリーランスPHPエンジニア なるのに 必要なスキル レベル とは

フリーランスのPHPエンジニアとして安定的に案件を獲得し収入を得るためには、どの程度のスキルが求められるのでしょうか。

まず、サーバーサイドの開発とフロントエンドの開発案件では求められるスキルにも違いがあります。それぞれのパターンに分けて紹介しましょう。

サーバーサイドの開発に求められるスキル

サーバーサイドの開発案件の場合、開発規模や内容にもよりますが3年以上の実務経験が求められるケースが多いようです。

また、バックエンドでデータベースにアクセスするシステムも多いことから、SQLやサーバーに関する知識が求められることも少なくありません

また、実際の求人情報を見てみると、PHP以外にもJavaScriptやGo、RubyやPythonといった複数の言語を習得しているエンジニアを求める傾向もあります。

もちろん、PHPのみのスキルでも通用する案件もありますが、よりキャリアの幅を広げ高年収を目指すのであれば、PHP以外にも複数のスキルをかけ合わせることがポイントといえるでしょう。

フロントエンドの開発に求められるスキル

フロントエンドの開発案件の場合、サーバーサイドの開発案件に比べると求められるスキル要件は低い傾向があります。

PHPでの開発案件は1年以上が目安で、Laravelなどの開発環境での実務経験があれば理想的です。

また、フロントエンドの場合はWebサイトの構築がメインとなることから、PHP以外にもHTMLやCSSといった知識が求められることも。

ただし、HTMLやCSSの基礎は一般的なプログラミング言語に比べても習得しやすいため、実務を経験しながら身につけるのもひとつの方法といえるでしょう。

これからフリーランスのPHPエンジニアとして活躍していこうと考えている方は、まずは手始めにフロントエンドの開発案件からスタートしてみるのも良いのではないでしょうか。

フリーランスPHPエンジニアの案件例

フリーランスPHPエンジニア 案件例

実際に求人情報として公開されているフリーランスPHPエンジニア向けの案件には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は4つの案件事例をもとに紹介します。

1.小売業向けWebサイトの構築

駆け出しのフリーランスPHPエンジニアにもおすすめのフロントエンド開発の案件です。

PHPの代表的な開発環境であるLaravelの経験があれば活躍が期待できそうです。

業務内容
  • 大手メーカーや鉄道グループなどのシステム受託を手掛ける企業の開発案件
  • 小売業向けのWebサイトおよびAPIの開発PJへアサインのうえ、開発を担当するエンジニアの募集
必須スキル
  • LAMP環境での開発経験
  • 何らかのフレームワークでの開発経験
  • API開発経験
歓迎スキル
  • Zend1・Cake・Laravelいずれかの開発経験
  • リーダー経験
  • テスト経験
  • DBのチューニング経験
月額報酬
  • 50万円

2.Webシステムのスクラッチ開発

こちらもフロントエンド開発の案件です。

開発の実務経験は1.5年以上と比較的条件は緩く応募しやすいのではないでしょうか。

ただし、コミュニケーション力や主体性といった定性的なスキルも求められることから、チームワークも要求される現場である可能性があります。

業務内容
  • カーディーラー向けWebシステムのスクラッチ開発
必須スキル
  • 基本設計~結合テストまでの実務経験
  • Laravelでの開発経験1.5年以上
  • 主体的に仕様を理解し開発が進められること
  • コミュニケーション力
歓迎スキル
月額報酬
  • 48〜58万円

3.クリエイティブ管理システムの開発・保守

従来、外部の企業へシステム開発を外注していたものを自社で内製化を図るために募集されている案件です。

自社開発ということで、サーバーサイドの要件定義からテストまで幅広い実務経験が要求されます。

業務内容
  • クラウド型画像マネジメントシステムの追加開発・保守
  • 新規クリエイティブ管理システム開発の要件定義・開発
必須スキル
  • Laravelでの開発経験
  • 要件定義から携わった経験
歓迎スキル
  • アーキテクチャの経験
月額報酬
  • 68万円

4.求人サイトの開発

地方在住者にもうれしいフルリモートワーク可の案件です。

求人サイトの構築ということでサーバーサイドおよびフロントエンドの両面のスキルが求められます。

業務内容
  • 求人サイトのシステム開発(フルリモートワーク可)
  • 週4日稼働相談可
必須スキル
  • PHP symfony1.2 Laravel Ethna MySQL Git(Bitbucket) Redmineでの開発経験
歓迎スキル
  • 開発エンジニアとしての実務経験
月額報酬
  • 39万円

フリーランスPHPエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランスのPHPエンジニアとして案件を獲得するためにはさまざまな方法がありますが、特におすすめなのがエージェントや案件紹介サイトの活用です。

どのようなエージェントがあるのか、おすすめの6社をご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバレジーズ株式会社が運営しているフリーランス専用エージェントレバテックフリーランスには、常時数多くの案件が公開されています。

PHPエンジニア向けの開発案件は5,402件が登録済み(2022年8月時点)で、これ以外にも非公開案件を多数保有しています。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock

TECH STOCKフリーランスのITエンジニア専用のエージェントです。

2022年8月3日時点で公開されているPHPエンジニア向け案件は108件と少ないですが、これ以外にも非公開案件が多数あります。

第三者を介さない直接取引を結んでいるクライアントが多く、マージンで引かれる割合が少ないため月額80万円以上の高額案件を紹介可能です。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks

常時3,000件以上の案件を紹介可能なMidworksは、ITエンジニアに特化したエージェントとして高い支持を獲得しています。

フルリモート可の案件や、週2〜3日稼働の案件も豊富に用意されており、副業としてPHPエンジニアに挑戦してみたい方にもおすすめのエージェントといえるでしょう。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ

ギークスジョブもITエンジニア向けのエージェントですが、他社との大きな違いは案件の質に強いこだわりをもっていること。

月額報酬60万円以上の案件を紹介しており、ギークスジョブへ登録しているエンジニアの平均年収は800万円以上に達しています。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ

元請け会社からの直請け案件にこだわっているFREE-DAは、紹介会社を挟むことがないため高額な報酬を実現できます。

また、一般的には翌月や翌々月の支払いサイトとなる報酬ですが、FREE-DAでは「FREE-DA即払い」を提供しており、最短1日での報酬支払いを実現できます。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート

フリーランススタートは上記で紹介したようなエージェントではなく、さまざまな案件を公開している案件紹介サイトです。

PHPをはじめとした開発言語やフレームワークを条件に検索でき、条件に合った案件があればその場でエントリーも可能です。

フリーランスPHPエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランスPHPエンジニア 関する 疑問 Q&A

最後に、フリーランスのPHPエンジニアを目指すうえで、多くの方が疑問や不安を抱く内容をQ&Aにまとめてみました。

未経験からフリーランスPHPエンジニアになる事は可能?

Webサイトの構築などフロントエンドの開発案件の場合、開発経験がなくてもスキルがあれば受託できる場合もあります

フリーランスPHPエンジニアで在宅の案件はある?

一部リモート、もしくはフルリモートの案件も増えています

エージェントによってはリモート可の案件のみを紹介してもらえることもあります。

フリーランスのPHPエンジニアとRubyエンジニアの違いは?

Rubyは近年注目度が上がっており、新たなWebサイトの構築にはRubyが採用されることも珍しくありません。

PHPもRubyも将来性がある言語ですが、汎用性の高さではRubyに軍配が上がることも事実です。

フリーランスのPHPエンジニアとJavaエンジニアの違いは?

Javaはスマートフォン向けアプリケーションをはじめとしてさまざまな用途に採用されており、汎用性の高さから人気のある言語です。

PHPとJava両方のスキルをもった求人案件も多いことから、キャリアの幅を広げるためにもJavaスキルの習得はおすすめです。

>>Javaでフリーランスに!必要なスキルや案件の特徴や単価を解説

フリーランスPHPエンジニアまとめ

フリーランスPHPエンジニア まとめ

サーバーサイドおよびフロントエンドの開発に多く用いられるPHPは、WebサイトやWebアプリケーション、Webシステムの開発において需要の高い言語です。

フリーランスのPHPエンジニアとして独立した後も、募集されている案件が多いことから安定的に仕事を請け負うことができるでしょう

ただし、PHPのみのスキルをもっているエンジニアよりも、JavaやJavaScript、Python、Rubyといった複数のスキルが求められる傾向も見られます。

そのため、安定的に案件を獲得していくためには、PHP以外のスキル習得にも挑戦してみると良いでしょう。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる