システムエンジニアがフリーランスになるには?副業で案件を獲得する方法を解説

働き方が多様化し、企業に属することなくフリーランスとして独立する道を選択する人が増えつつあります。

自由な働き方が実現できたり、会社員時代と比べて収入アップが見込めたりといったメリットがある一方で、フリーランスならではの懸念点やデメリットがあることも事実です。

IT業界では以前からフリーランスのSE(システムエンジニア)として活躍する人が存在していましたが、自分自身がその道を目指すとなるとさまざまな不安を感じるものです。

そこで今回の記事では、SEがフリーランスになるにはどのような方法があるのか、気になる年収相場や案件の動向、副業として始めてみたい方に向けた案件の獲得方法などもあわせて解説します。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

フリーランスのSE(システムエンジニア)の仕事内容

フリーランス SE システムエンジニア 仕事内容

SE(システムエンジニア)とは、システム開発の現場でクライアントからの要求分析を行い、開発するシステムの要件定義や設計を行う技術者です。

プログラムのコーディングを行うのは主にプログラマーが担うことが多く、SEは一般的にその上流工程を担うのが一般的といえるでしょう。

ただし、開発現場によっても仕事内容はまちまちで、小規模なプロジェクトやプログラマーの数が足りていないような現場では、SEがコーディングをする現場も少なくありません。

フリーランスという立場で働くSEの場合、基本的な仕事内容は上記の通りですが、クライアント先との契約内容によって主に3つの働き方に分類できます。

出向型

出向型とは、フリーランスエージェントから案件を紹介してもらい、プロジェクト案件ごとに参画する働き方のことを指します。

フリーランスエージェントとは、フリーランスのワーカーとクライアントをマッチングする仲介業者のようなもので、転職エージェントと似た役割をもつ存在と考えて良いでしょう。

数多くの案件が集まってくるため、スキルさえあれば案件の獲得に困ることはありませんが一定割合の手数料が取られます。

常駐型

常駐型とは、フリーランスエージェントを介することなく、フリーランスのワーカーとクライアントが直接契約を結ぶ働き方を指します。

フリーランスエージェントを介する必要がないため手数料が取られる心配はありませんが、クライアント先のプロジェクトが終了したタイミングで別のプロジェクトを紹介してくれるとは限りません。

そのため、常駐型の場合は単価は高いものの、案件を安定的に受注できない可能性があります

在宅型

出向型も常駐型も、基本的にはクライアント先のオフィスへ出向いて仕事をする働き方です。

これに対し、在宅型とはオフィスへ出社することなく、文字通り在宅で仕事をする働き方を指します。

働き方改革や感染症対策としてリモートワークが普及し、特にIT業界ではコロナ禍が収束した後も在宅ワークを恒常的な働き方とする企業も増えました。

フリーランスのSE向け案件のなかでも、在宅型の案件は増えており勤務地に関係なくさまざまなプロジェクトに従事できるようになっています。

フリーランスのSE(システムエンジニア)の単価と年収相場

経済産業省が2017年に実施した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、SEの平均給与は業務内容によっても変わりますが、500万円台後半から600万円台という結果が出ています。

職業別の年収平均とスキル標準レベル

月収に換算すると40万円台後半から50万円台後半程度の収入ということになります。

また、上記の調査結果から見えてくるのは、ソフトウェア開発や組み込みシステムの開発・実装などを担うSEよりも、基盤設計やITアーキテクトを担う上流工程のSEのほうが平均年収が高い傾向があるということです。

なお、上記はフリーランスにかかわらず、会社員として働いているSEも対象となっています。

フリーランスSEのみを対象とした年収相場の調査や統計データはなく、一概に断定することはできませんが、フリーランスエージェントの案件を見てみるとひと月あたり60万円台や70万円台、さらには80万円台以上の案件も多いことから、会社員のSEよりもフリーランスSEの年収相場は高額であると予想されます。

フリーランスのSE(システムエンジニア)の案件傾向

フリーランス SE システムエンジニア 案件傾向

一口にフリーランスのSEといっても、従事するプロジェクトや案件の内容はさまざまです。

そこで、最近の市場ではどのような案件が募集される傾向にあるのか、押さえておきたい2つのポイントをもとに紹介しましょう。

即戦力人材が求められる

SEに限ったことではありませんが、フリーランスの人材を募集している企業の多くは即戦力を求めています

会社員のように入社してからスキルを磨くのではなく、明日からでもすぐにプロジェクトに参画してもらい、実務に従事できるほどの実力がなくてはなりません。

SEは特別な資格や免許がなくても従事できる職種ではありますが、新卒採用のように未経験でも採用してくれるクライアントは存在しないため、まずはスキルや実務経験を積み重ねる必要があります

プログラミング言語はJava、PHP、Rubyが人気

システム開発ではさまざまなプログラミング言語が用いられますが、特に近年需要が高まっているのがJavaやPHP、Rubyなどです。

Javaはスマートフォン向けアプリの開発からソフトウェア開発、法人向けの基幹システムまで幅広い用途に用いられるため、Javaの高度なスキルがあればフリーランスSEとして豊富な案件を紹介してもらえるでしょう。

また、PHPやRubyはインターネット人口の増加によってWebシステムの開発需要が高まったことで注目されるようになりました。

フリーランスSEが安定的に仕事に従事するためには、できるだけ複数のスキルを習得しておくことが理想といえます。

AIやIoT、ロボティクスの案件需要が増加する可能性も

従来のSEといえば、PCやスマートフォン上で動作するソフトウェア開発や、組込みシステムなどの開発案件が定番でした。

しかし、昨今のビジネス業界ではDXが注目されるようになり、ITとは関連性の低いと思われてきた建設業や製造業、サービス業などにおいてもシステム開発の需要が高まっています

DXを牽引する存在として注目されているのが、AIやIoT、ロボティクスといった新たな分野です。

これらに関する専門的な知識とスキルを持ち合わせたSEはまだまだ少ないため、優秀な人材は多くの企業からの引き合いが高まると予想されます。

今からフリーランスのSE(システムエンジニア)を目指すのはやめとけ!?今後の動向と将来性とは

フリーランス SE システムエンジニア 目指す やめとけ 今後 動向 将来性 とは

IT業界では以前からフリーランスとして働くエンジニアが存在しており、SEもそのうちの定番の職種でした。

最近では働き方が多様化し、会社員としてスキルや実務経験を積んだ後、フリーランスとして活躍するケースも少なくありません。

しかし一方で、フリーランスSEとして独立することに否定的な意見があることも事実です。

雇用契約を前提とした会社員は、安定した給与や充実した福利厚生、有給休暇制度などの労働環境がしっかり整備されており、労働者の立場からしてみれば安定的に働ける強みがあります。

これに対し、フリーランスは雇用契約ではなく業務委託契約が基本となるため、会社員のような安定的な労働環境が手に入れられるとは限りません。

また、プロジェクトが完了した後に、必ずしも次のプロジェクトへタイミング良く参画できるとは限らず、ある日突然無収入となってしまうリスクもあるのです。

このような理由から、フリーランスSEとして独立することにネガティブな意見をもつ方は一定数存在します。

しかし、フリーランスは働けば働いた分だけ収入が得られ、自分のペースで仕事を進められるというメリットがあることも事実です。

たとえば、在宅型のSEとして働けば、子育てや親の介護をしながら会社員よりも高い収入を得られる可能性もあります。

上記でも紹介したように、AIやIoT、ロボティクスといった新しい分野のスキルを身につけておけば、フリーランスSEとして独立した後も十分活躍していけるでしょう。

フリーランスSE(システムエンジニア)のメリット・デメリット

フリーランス SE システムエンジニア メリット デメリット

ここまで紹介してきた内容を振り返りながら、フリーランスSEとして独立することにどのようなメリットがあるのか、デメリットとして考えられるポイントについても紹介しましょう。

フリーランスSE(システムエンジニア)のメリット

フリーランスSEとして独立するメリットは以下の3点です。

自由な働き方を手に入れられる

企業に在籍することのないフリーランスは、会社員とは異なり自由な働き方を実現できる職種といえます。

たとえば「地元に帰って親の介護をしながら仕事をしたい」「生活コストを下げるために地方へ移住したい」「朝が苦手なタイプなので、午後から夜にかけて仕事をしたい」など、人によって理想の働き方は千差万別です。

会社員として企業に在籍していると、就業規則などの問題でこのような働き方を実現することは難しい場合が多いですが、フリーランスであればそのような懸念がありません。

努力次第で収入アップが期待できる

フリーランスSEはプロジェクト案件ごとに報酬を得る働き方のため、高単価の案件を選んで参画することで会社員時代よりも大幅な収入アップが見込めます

また、仮に現在のスキルであれば参画が難しいプロジェクトがあったとしても、具体的にどのようなスキルを身につければ良いのかがはっきりと分かり、市場動向が分析しやすいこともメリットのひとつに考えられます。

足りないスキルがあれば重点的にスキルアップの勉強をするなど、努力を重ねていくことで収入へダイレクトに反映されるようになるため、大きなやりがいを感じられることでしょう。

ストレスが軽減できる

企業に在籍しないフリーランスは、会社員時代に抱えていた人間関係に悩むこともなく、ストレスのない環境で働くことができます

また、オフィス出勤が不要な在宅案件のみを受託していれば、毎日のように満員電車に乗るストレスもなくなり、目の前の仕事にだけ集中できるようになります。

本来の仕事以外に無駄なストレスを感じたり、体力を消耗したりする必要がなくなるため、仕事のパフォーマンスも向上するでしょう。

フリーランスSE(システムエンジニア)のデメリット

メリットとは反対に、フリーランスだからこそ懸念されるデメリットを3つ紹介します。

収入が不安定になりがち

フリーランスSEは収入の大幅なアップが期待できる反面、プロジェクトが終了してしまうと収入がなくなるリスクも付きまといます。

安定した収入を得るためにはクライアントと良好な関係を構築したり、フリーランスエージェントや人脈をうまく活用しながら案件を継続的に獲得していく努力も求められます

クライアントに即戦力として活躍が見込めないと判断されてしまうと、次のプロジェクトでは別のSEに依頼されることも十分考えられるため、安定を求める方にとっては不向きな働き方といえるかもしれません。

事務仕事が煩雑

会社員の場合、経費精算や年末調整、各種税金の支払いなどは企業側が行ってくれます。

しかし、フリーランスの場合は確定申告が必要であり、適切に税務処理をしなければなりません

会社員は自分自身で確定申告を行った経験がない方も多く、フリーランスとして独立した後に帳簿付けや経費の計算、確定申告書の書き方などが分からず戸惑うケースもあるようです。

確定申告に関する知識がない場合には、税理士に代行してもらうという方法もありますが、税理士に支払う報酬も高額で結果的に利益が少なくなってしまう懸念があります。

社会的信頼性が下がることも

フリーランスは会社員に比べて社会的な信頼性が低いケースが多く、たとえばローンの審査やクレジットカードの作成、マンションやアパートへの入居手続きにおいて不利にはたらくことがあります

これらの審査では毎月安定した収入があるかどうかがポイントとなるのですが、フリーランスは収入の波が激しいため「会社員のときよりも年収が上がったのに審査に落ちてしまった」というケースは珍しくないのです。

このような事態を防ぐために、フリーランスSEとして独立する前の会社員時代にクレジットカードを作成しておく、またはマンションやアパートへ引っ越しておく、などの対策が有効です。

また、フリーランスという働き方は会社員に比べてまだまだ一般的ではないため、家族や親戚などからネガティブな目で見られる可能性もあります。

独立する前の段階でしっかりと説明しておき、自分自身の仕事に理解を示してもらうことも重要です。

失敗しない!フリーランスSE(システムエンジニア)になるには

失敗しない フリーランス SE システムエンジニア なるには

SEという職種は特別な資格や免許がなくても従事できるため、名刺にSE(システムエンジニア)と記載すれば誰でも名乗ることは可能です。

ただし、フリーランスSEとして安定的に仕事に従事できるかどうかは別問題であり、独立に失敗しないためにはさまざまなコツがあります。

少しでもリスクを軽減するためには、いきなりフリーランスSEとして独立するのではなく、まずは副業として挑戦してみることがおすすめです。

コンスタントに毎月20万円、30万円と収入を得られるようになってきたら、徐々に独立に向けて考えてみるのも良いかもしれません。

本格的に独立を意識するようになったら、フリーランスエージェントやクラウドソーシング以外からの案件獲得ルートも確保しておきましょう。

特に友人や知人、過去の取引先などの人脈は大きな武器になるはずです。

つねに周囲と良好な関係を維持できるよう、こまめなコミュニケーションをとることも重要です。

フリーランスSE(システムエンジニア)に必要なスキルや経験

フリーランス SE システムエンジニア 必要 スキル 経験

実際にフリーランスSEとして独立した後、長く活躍していくためにはどのようなスキル・経験が求められるのでしょうか。

SEとして何を強みにするのかによっても技術的なスキルは変わってきますが、今回は多くのフリーランスSEに共通するものとして3つのポイントを紹介しましょう。

コミュニケーション力

SEは顧客との折衝をする機会も多い職種です。

顧客が何を希望しているのか、どのような課題を解決したいと願っているのかを正確に把握できないと、要件を満たすシステムの設計や開発はできません。

SEを含めたITエンジニアはPCに向かって黙々と作業をするというイメージをもっている方も多いですが、実際には顧客とコミュニケーションを図る場面も多くあるのです。

そのため、フリーランスSEにとってコミュニケーション力は欠かせないスキルのひとつでもあります。

論理的思考力(ロジカルシンキング)

システム開発を依頼する顧客のなかには、自社の課題の本質がわかっておらず、具体的に何を解決すれば良いのか抽象的にしか表現できないこともあります。

そこで、フリーランスSEは、顧客とのコミュニケーションをとるなかで問題の本質を見極め、それを解決するにはどのようなシステム開発が求められるのかを定義する必要があります

これには論理的思考力(ロジカルシンキング)が不可欠であり、これを身につけることで問題が起こっている原因を特定し具体的な解決策を提示することができます

セルフマネジメント力

フリーランスSEだからこそ求められるスキルとしては、セルフマネジメント力があります。

セルフマネジメントとは、その名の通り自分自身をマネジメント(管理)することです。

たとえば、在宅で仕事をするにあたって、周囲の誘惑に勝てず仕事に集中できないといった経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのような誘惑に負けてしまうと、システム開発の進捗が遅れてしまい納期に間に合わなくなるケースもあります。

フリーランスSEはクライアントの信頼を失ってしまうと、その後継続的に案件を受注することが難しくなるため、自分で自分を適切に管理するセルフマネジメント力は不可欠な能力といえるでしょう。

フリーランスSE(システムエンジニア)が収入を上げるためにすべき事

フリーランス SE システムエンジニア 収入 上げるため すべき事

フリーランスSEにとって、スキルは最大の武器ともいえます。

上記でも紹介した通り、できるだけ複数のスキルを習得することで仕事の幅が広がり、多様な案件を紹介してもらえるようになります。

たとえば、これまでJavaのみを習得してきた方であれば、新たにPHPやRuby、そしてAIの開発に用いられることの多いPythonといったプログラミング言語を新たに習得してみるのもおすすめです。

特にRubyやPythonは、プログラミング言語のなかでも構造が簡単なため、プログラミング経験者であれば比較的習得しやすい言語です。

また、IT業界は変化の激しい世界でもあるため、つねに最新の情報を収集することも重要なポイントです。

新たなテクノロジーや聞いたことのない用語が出てきた場合には、すぐにその場で調べて概要だけでも把握することを習慣づけておきましょう。

フリーランスのSE(システムエンジニア)が案件を獲得する方法

フリーランスSEが案件を獲得するには、フリーランスエージェントや人脈の構築などさまざまな方法があります。

実績を積み上げていくと、フリーランスエージェントからも高い評価を得られるようになり、自ら営業をしなくても次から次へと案件の相談が舞い込んでくると期待されます。

しかし、その段階まで到達するには、一つひとつの案件に丁寧に取り組み、実績を作らなければなりません

そのためにおすすめしたいのが、副業として挑戦することです。

副業案件の獲得方法〜エージェント・クラウドソーシング〜

副業として案件を獲得するには、上記でも紹介したフリーランスエージェントや、クラウドソーシングを活用する方法がおすすめです。

フリーランスエージェントでは週2〜3日稼働の案件も紹介しているところも多く、希望する働き方に合わせて好きな案件を選べます。

また、クラウドソーシングの場合はフリーランスエージェントのように案件を紹介してもらうのではなく、自ら対象の案件を探して応募する必要があります。

一般的にクラウドソーシングは単価が安い傾向が見られますが、多様な案件を受託できるため実績を作るという意味では重宝するでしょう。

実績作りには掲載案件数の多いクラウドワークスランサーズといった大手のサービスがおすすめです。

継続的・安定的な案件の獲得方法〜クライアントへの営業〜

副業として実績を積み上げてきたら、いよいよフリーランスとして独立する方も増えてくるでしょう。

しかし、フリーランスのSEとして独立したのは良いものの、案件をなかなか獲得できず収入が不安定になりがちで悩んでいるという声も多く聞かれます。

ここで重要となるのが、クライアントやフリーランスエージェントとのコミュニケーションです。

過去に一度でも取引のあったクライアントに対して、近況報告も兼ねて「何か役に立てることはないか?」を確認してみましょう。

こまめに連絡をとってみることで信頼関係が生まれ、優先的に案件を紹介してもらえることもあります。

>>【フリーランスへの足掛かり?】エンジニアが副業すべき理由とメリット・注意点

フリーランスSE(システムエンジニア)におすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランスSEとしてコンスタントに仕事をするためには、フリーランスエージェントや案件紹介サイトに登録するのがおすすめです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
フリーランスのITエンジニアに特化したエージェントであるレバテックフリーランスには、SEを対象とした案件を豊富に紹介しています。

自社開発案件も多く人気の高い社内SEは、2022年7月5日時点で469件が登録されており、フルリモート・一部リモートの案件も180件以上あります。

フリーランスならではの自由な働き方を支援します。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock
TECH STOCKもフリーランスのITエンジニアを対象としたエージェントですが、直接取引を結んでいるクライアントが多いことが最大の強みといえます。

第三者を介した案件ではないため、手数料やマージンとして差し引かれる金額も小さく、フリーランスSEが得られる報酬としては月額80万円以上の高額案件が多数あります。

また、会社員にも引けを取らない福利厚生サービスが充実しており、働きやすい環境が整備されています。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks
MidworksフリーランスのITエンジニアに特化したエージェントです。

常時3,000件以上の案件数をストックしており、このなかにはリモート案件も多数存在します。

また、他社との大きな違いを挙げるとすれば、週2〜3日程度の案件も豊富に取り扱っている点です。

本業に支障をきたさない程度で、無理なく副業から始めてみたいという方には最適なエージェントといえるのではないでしょうか。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ
フリーランスSEとして独立した後、継続的な案件獲得と収入アップを実現したい方におすすめなのがギークスジョブです。

こちらもITエンジニアに特化したエージェントであり、登録者の平均年収は800万円以上にのぼります。

月額報酬が60万円以上の高単価案件を中心に紹介しており、長期稼働で安定的に働きたいという方にはおすすめのサービスです。

また、長期稼働の案件以外にも短期的なスポット稼働案件も紹介しており、お試しとして副業で始めてみたい方にもおすすめです。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ
FREE-DAITエンジニアを専門としたエージェントですが、最大の強みは元請け会社からの直請け案件が豊富であることです。

中間に第三者の紹介会社が入ることがないため、フリーランスSEにとっては高額な報酬が得られます

FREE-DAでは報酬の即払いが可能な「FREE-DA即払い」も提供しており、最短1日サイトでの支払いが可能です。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート
フリーランススタートIT系を中心にさまざまな求人・フリーランス向け案件が登録されている案件紹介サイトです。

フリーランスSEの場合、開発言語やフレームワークなどで応募案件を絞り込むことができ、求人票を探す感覚で自分にあった条件の案件へ自由にエントリーできます。

フリーランスSE(システムエンジニア)に関する疑問Q&A

フリーランス SE システムエンジニア 関する 疑問 Q&A

最後に、フリーランスSEとして独立を検討している方が抱くことの多い疑問と、それに対する回答を紹介します。

未経験でもフリーランスのSE(システムエンジニア)になれる?

SEに限らず、IT系フリーランスは即戦力が求められるケースが多いことから、未経験で活躍することは難しいでしょう。

まずは会社員として実務経験を積み重ね、スキルを身につけることからスタートするのがおすすめです。

フリーランスのSE(システムエンジニア)で在宅の案件はある?

IT業界ではテレワーク・リモートワークに取り組む企業が多いことから、在宅案件も豊富に用意されています

副業からフリーランスのSE(システムエンジニア)を始める事は可能?

スキルや実務経験があれば週2〜3日程度の副業案件としてスタートすることも可能です。

フリーランスSE(システムエンジニア)まとめ

フリーランス SE システムエンジニア まとめ

働き方の多様化にともない、従来のような会社員としてではなくフリーランスとして働くSEが増えています。

組織に属することなく、プロジェクト単位で自分の好きな働き方や案件に携わることができ、まさに理想の働き方ともいえるでしょう。

しかし、フリーランスSEは収入に波があり、福利厚生も受けられないなどデメリットがあることも事実

自分にとって本当に理想の働き方は何なのか、メリットとデメリットの両面から考えてみましょう

もし、いきなりフリーランスSEとして独立するのが不安に感じられるようであれば、まずは副業から手軽に始めてみるのもおすすめです。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる