Pythonでフリーランスに!案件の単価や特徴と必要とされるスキルを解説

  • Pythonってフリーランスでも稼げるの?
  • 将来性や需要はどう?

これからフリーランスのPythonエンジニアを目指す際、このような疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

PythonAIやブロックチェーンなどの先端技術に使用されていることから、注目度が高いプログラミング言語ですが、フリーランスとして働くことに不安を感じている人は少なくありません。

この記事では、フリーランスのPythonエンジニアとして活躍するための方法や求められるスキル、案件獲得方法を分かりやすく解説していきます。

フリーランスが安定的に働くためには継続的に案件獲得する必要であるため、これからフリーランスへ転身を検討している人にとって参考になることでしょう。

また、案件獲得に役立つおすすめのエージェントや案件紹介サイトも紹介していくので、Pythonエンジニアでフリーランスを目指したい人は、ぜひチェックしてみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

Pythonの特徴

Python 特徴

まずはPythonの特徴について確認していきましょう。

AI開発で使用されていることで有名なPythonですが、その最大の特徴はコードがシンプルに記述でき、数的処理が速いことが挙げられます。

コードがシンプルであることのメリットも非常に多く、開発時間の短縮やエラー箇所の早期発見、修正のしやすさなど多岐に渡ります。

また、シンプルな記述なので、未経験からでも勉強しやすいことも魅力です。

Pythonは、AI開発で注目されがちですが、誕生は1990年と歴史は長く、Web開発をはじめ、データ分析やブロックチェーン開発の場でも使われるなど、汎用性も高いので、習得して損はないプログラミング言語であるといえるでしょう。

フリーランスのPythonエンジニア案件の傾向と種類

フリーランス Pythonエンジニア 案件 傾向 種類

フリーランスのPythonエンジニアを目指したい人は、案件の傾向や種類について把握しておくことが重要です。

ここでは、それぞれについて解説していきます。

フリーランスのPython案件の傾向

フリーランスのPython案件は増加傾向にあり、レバテックの調査によると2021年12月時点で求人倍率は53.1倍と公表されています。

AIやブロックチェーンなどの分野はこれからも発展していくことが見込まれますが、その速度にPythonエンジニアの供給が追い付いていないので、今後も案件は増えていくことが見込まれるでしょう。

十分な案件数があるため、フリーランスになってから「案件がなくて困る」という心配もありません

フリーランスのPython案件の種類

Pythonを使用する職種には次のものが挙げられます。

  • AIエンジニア
  • データサイエンティスト
  • Webエンジニア
  • マーケティング職

いずれもPythonの特性である「機械学習」「ディープラーニング」「データ分析」などを活かしたシステムやアプリ開発の案件です。

フリーランスのPython案件の種類はこれらの職種に関わるものが多く、スキルや実績によって担当できる業務や参画できる案件が異なってきます。

フリーランスのPythonエンジニア案件の単価相場と年収

フリーランス Pythonエンジニア 案件 単価相場 年収

フリーランスは会社員と比較して、案件を獲得し続けなければ収入が得られないことから、不安定な働き方という印象を持っている人も少なくありません。

そのため、フリーランスになる人は自身が得意とする領域の単価相場を把握することは非常に重要です。

気になるフリーランスのPythonエンジニア案件の単価相場は50万円~120万円ほどといわれています。

フリーランススタートによると、Pythonのフリーランス求人・案件の月額平均単価は68.4万円となっています。

python フリーランス 求人 案件 月額単価相場

【出典】フリーランススタート Pythonのフリーランス求人・案件一覧

また、ここから試算するとPythonエンジニアの平均年収は約820万円ほどとなり、月の稼働時間やスキルによっては年収1,000万円以上を狙うことも可能です。

フリーランスのPythonエンジニアの需要と将来性

フリーランス Pythonエンジニア 需要 将来性

フリーランスが安定した収入を得るためには、案件を継続的に獲得することが絶対条件です。

そのためには、プログラミングスキルをはじめ、将来性の高い分野を選択する必要があります。

Pythonは、先にも触れたようにAIやブロックチェーンといった先端技術にも使用されているので将来性は明るく、技術革新の速度にIT人材が追い付いていないことから、フリーランスのPythonエンジニアの需要も高いです。

以下は経済産業省からの委託でみずほ情報総研株式会社がまとめたIT系人材の推移予想です。

IT人材需給に関する調査

【出典】みずほ情報総研株式会社「IT 人材需給に関する調査 調査報告書

需要の伸びにより、高い・中程度・低いといった3段階のシミュレーションが行われており、中程度であっても2030年に45万人のものIT人材が不足すると想定しています。

実際、また、先端技術以外にもWeb開発やデータ分析などでも使用される汎用性の高さを誇るため、Pythonを習得することでフリーランスとして長く活躍できることが見込めるといえるでしょう。

Pythonエンジニアに必要なスキルとは

Pythonエンジニア 必要なスキル とは

Pythonエンジニアは、その名の通りプログラミング言語であるPythonを駆使してシステムやアプリの開発、データ分析を行うエンジニアですが、Pythonだけを習得すれば良いというわけではありません

開発の現場では、Python以外にもJavaやJavaScript、フレームワークなど多岐に渡るスキルが求められるので、これらも併せて習得しておく必要があります。

>>プログラミングスクール8社を徹底比較!値段や転職サポートの充実度は?

また、データ分析においてはデータベースやサーバー、クラウドなどに加え、数学や統計学の知識も求められます

副業として活動していく分にはPythonだけでも問題ありませんが、フリーランスとして長く活躍していくためには、関連する知識やスキルを習得していくことが重要であると認識しておきましょう。

フリーランスのPythonエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランス Pythonエンジニア 案件 獲得する 方法

フリーランスのPythonエンジニアが案件する方法には、次のものが挙げられます。

企業から直接案件を獲得する

Pythonを用いた開発やデータ分析を行っている企業に対し、個人で直接連絡を取り、案件を獲得する方法です。

クラウドサービスやエージェント利用とは異なり、仲介が入らないのでマージンが発生することがなく、案件を獲得できれば高額報酬が期待できます。

ただし、アポ取りはもちろん条件交渉などの営業活動も自分自身で行わなければならず、エンジニア業務以外にも時間を割かなければならないというデメリットもあります。

仕事が途切れてしまうことがないよう、クラウドサービスやエージェントを保険として活用すると良いでしょう。

フリーランス向けのクラウドサービスを活用する

クラウドサービスが普及した昨今、フリーランス向けの案件取り扱いに特化したサービスは多数あります。

エージェントサービスとは違い、自身で参画したい案件を探し、クライアントへ提案するスタイルなので、自分のペースで進められることがメリットであるといえるでしょう。

特に、会社員からフリーランスに転身しようとしている人は、副業から始めることでリスクを軽減することができます

クラウドサービスでは「土日のみ稼働」「成果物を期日までに納品」などの案件もあるので、こうした案件で実績を積みながら徐々にフリーランスへシフトしていくと、会社に依存せずに収入を得る感覚が掴めるので、スムーズにフリーランスとして活動できるようになるでしょう。

フリーランス向けのエージェントサービスを活用する

最後に紹介する方法は、フリーランス向けのエージェントサービスを利用するものです。

自ら企業に営業活動するのとは違いマージンが発生しますが、案件紹介はもちろん、キャリア相談や各種手続きの代行を行ってくれるので、エンジニアの仕事に専念することができます

参画している案件の契約期間が満期を迎える前に次の案件を紹介してもらえるので、安心して働くことができるでしょう。

フリーランスのPythonエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

安定的かつ継続的に案件を獲得するためには、紹介される案件の母数を増やせるよう、エージェントや案件紹介サイトを複数利用することがおすすめです。

ここでは、数あるフリーランス向けのエージェント・案件紹介サイトのなかから、Pythonエンジニアにおすすめのものを6つ紹介していきます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
豊富な実績と手厚いサポートのもと、案件獲得したい人におすすめなのがレバテックフリーランスです。

レバテックフリーランスでは、年間案件提案数が10万件以上と豊富な実績から、キャリアアドバイザーから適切なアドバイスやキャリア相談をすることができます。

また、案件紹介以外にも、顔合わせや契約書作成のサポート、参画後のフォロー体制も整っているので、余計な心配を感じることなく、仕事に集中できる環境であるといえるでしょう。

エンジニアの就業支援サービスとして有名なレバテックのフリーランス向けサービスなので、初めてのエージェント利用でも安心して活用することができるでしょう。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock
フリーランスのPythonエンジニアとして、年収アップを狙いたい人におすすめなのがTECH STOCKです。

公開求人数は約約6,500件(2022年7月時点)と豊富で、公式サイトにも記載があるように、月単価報酬が80万円以上の案件を多数取り扱っています

サービス開始から17年と、フリーランスという働き方が定着する前から運営されており、登録者数も25,000人以上と多くの人が利用しているので、エージェント選びに悩んだらぜひ候補に入れてみてください。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks
「経験年数は浅いけどフリーランスになりたい」という人におすすめなのがMidworksです。

フリーランスは、自身のスキルや知識を提供して報酬を得る働き方なので、3年以上の実績を求められることが一般的です。

しかし、Midworksでは実務経験1年以上から相談することができるため、経験が浅い人でもフリーランスになれるチャンスがあります。

また、案件参画後のフォローも充実しており、継続的に案件獲得できるようサポート担当が付くため、安定的な働き方がしやすいといえるでしょう。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ
フリーランスでも会社員並みの福利厚生サービスを受けたい人におすすめなのが、ギークスジョブです。

フリーランスになる際、心配する人も多い確定申告や会計処理などのサポート、勉強会やセミナーへの招待、ヘルスケアサポートなど福利厚生サービスが会社員に劣らないレベルで充実しています。

業界実績15年と歴史は長く、登録者数12,000人以上と豊富なので、安心して利用することができるでしょう。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ
フリーランスの案件参画中のトラブル対応に備えたい人におすすめなのが、FREE-DAです。

FREE-DAでは「あんしん補償」という補償サービスが提供されており、万が一トラブルが発生した際にも安心できます。

また、常にスキルアップが求められるエンジニアに嬉しい学習支援や開発ツールの提供や、ファイナンスサポートや健康管理など、福利厚生サービスも充実しています。

このようにフリーランスとして必要なサービスが整っているので、フリーランスに転身したばかりで不安な人は、ぜひ一度チェックしてみましょう。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート
「どのエージェントが良いか分からない」「案件からエージェントを選びたい」という人におすすめなのが、フリーランススタートです。

こちらは、これまで紹介してきたエージェントサービスとは異なり、Webサイトで各エージェントが取り扱っている案件を一括で検索できるサービスです。

利用者によるリアルな口コミも掲載されているので、エージェント選びに悩んでいる人はこちらをチェックしてみると良いでしょう。

フリーランスのPythonエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランス Pythonエンジニア 関する 疑問 Q&A

フリーランスのPythonエンジニアになる前に、よくある疑問を解消しておきましょう。

ここではフリーランスのPythonエンジニアを目指す人が気になる4つの疑問に回答していきます。

他の言語に比べてPythonの案件は少ない?

前段で紹介したレバテックフリーランスの公開案件から確認すると、全体で約39,300件に対しPythonの案件は約3,100件です。

汎用性が高くあらゆる開発で用いられるJavaは約8,300件で比較すると見劣りしますが、C言語は約900件なので、他言語と比べてもPython案件は決して少なくないといえるでしょう。

フリーランスのPythonエンジニアで在宅の案件はある?

Pythonに限らず、エンジニアはリモートワークとの親和性が高いため、他の職業と比較して在宅の案件も豊富です。

案件によって実機を直接操作しなければならないこともあり、その際には出社する必要もありますが、出社したくない人はフルリモートの案件を狙うと良いでしょう。

未経験からフリーランスのPythonエンジニアになる事は可能?

未経験からでもフリーランスのPythonエンジニアになることは可能です。

ただし、ここでいう未経験とは「Pythonは未経験だけど他の言語での開発経験はある」という状態を指します

Pythonに限らず、フリーランスは自身のスキルや知識を提供して報酬を得る働き方なので、実績がなく貢献性が低ければ案件を獲得することはできません。

エンジニア経験が全くない人は、まず会社員として2〜3年働いてからフリーランスを目指すようにしましょう。

副業から始めてフリーランスのPythonエンジニアを目指すことは可能?

副業から始めてフリーランスのPythonエンジニアを目指すことは可能です。

むしろ、Pythonに限らず他のプログラミング言語であっても、副業からスタートしてある程度の実績や稼げる目処が付いてからフリーランスにシフトする方が堅実であるといえるでしょう。

自身で案件を獲得して収入を得るという感覚を掴まないまま会社員を辞めてフリーランスになると、予定よりも稼げずにフリーランスを撤退することにもなりかねません。

これらから、まずは副業案件から始めるのが無難であるといえるでしょう。

フリーランスPythonエンジニアまとめ

フリーランス Pythonエンジニア まとめ

Pythonは、AIやブロックチェーンなどの先端技術をはじめ、Web開発やデータ分析など汎用性の高いプログラミング言語です。

技術改革の速度にエンジニアの供給が追い付いていないことから、フリーランスのPythonエンジニアの需要や将来性は高いといえます。

フリーランスとして安定的に収入を得るためには継続的な案件獲得が必須です。

これからPythonエンジニアとしてフリーランスへ転身することを検討している人は、今回紹介したエージェントや案件紹介サイトをぜひ参考に一歩踏み出してみてください

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる