Javaでフリーランスに!必要なスキルや案件の特徴や単価を解説

  • Javaって古くからあるけどフリーランスでも働ける?
  • 案件数や単価はどうなっている?

これからフリーランスのJavaエンジニアを目指すか検討する際、このような疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

フリーランスは、案件選択や働く場所・時間など自由度が高い働き方である一方で、案件獲得や単価が収入に直結するので、これらは非常に重要なポイントです。

実際、案件獲得が上手くできずに廃業に追い込まれるフリーランスは多いので、事前の確認は必須であるといえるでしょう。

この記事では、Javaの特徴からフリーランスの求人傾向や種類、案件単価や将来性など、フリーランスのJavaエンジニアを目指すうえで必要な情報を解説していきます。

求められるスキルや案件獲得方法についても解説し、また案件獲得に活用できるエージェントやサイトの紹介もしますので、これからフリーランスのJavaエンジニアを目指す人はぜひ参考にしてみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

>>フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは

目次

Javaの特徴

Java 特徴

Javaのはじまりは1990年からと歴史は長く、30年以上経つ現代でも人気が高いプログラミング言語です。

その理由は、Javaの汎用性の高さにあり、システム開発やWeb開発、アプリケーション開発やAIなどあらゆる開発現場で使用されていることが挙げられます。

古くから使われている言語だからこそ、新規開発だけではなく、既存システムの保守や改修などでも使用するため、Javaを活用する機会は非常に多いのも特徴です。

このような背景から、プログラミング言語の習得で悩んだら、Java習得して損はないといっても過言ではないといえるでしょう。

フリーランスJavaエンジニアの求人傾向と種類

フリーランス Javaエンジニア 求人傾向 種類

Javaは、先にも触れた通り非常に汎用性の高いプログラミング言語なので、あらゆる開発現場で使用されています。

具体的な案件には、次のものが挙げられます。

  • 基幹システムの保守・運用・改修業務
  • 組み込み系システムの開発業務
  • Webアプリの開発業務
  • モバイルアプリの開発業務

上記からも分かるように、新規開発だけではなく保守・運用・改修業務といった既存システムへの案件もあるので、選択肢は非常に幅広いといえるでしょう。

また、傾向として大企業やサーバーサイド開発案件、スマホアプリ開発案件が増えている傾向にあります。

リモート案件も増えてきているので、フリーランスのJavaエンジニアを目指す人は、フリーランス向けの公開求人からどのような案件があるのか一度チェックしてみると良いでしょう。

フリーランスJavaエンジニアの案件単価の相場と年収

フリーランス Javaエンジニア 案件単価 相場 年収

フリーランスを目指す人にとって気になる月単価ですが、Javaエンジニアでは40万~90万円が相場となっています。

金額の幅が広いですが、これはJava開発の経験年数や他の言語を扱えるかどうかといった、スキルや業務の幅によって変動するからです。

また、求人ボックスの給料ナビによると、Javaエンジニアの平均年収は523万円程のようです。

Java エンジニア 平均年収

ただしフリーランスの案件のなかには月単価が100万円を超えるものもあるので、年収1,000万円以上を目指すことも不可能ではありません

一般的な会社員の平均年収は約433万円なので、これらと比較してもフリーランスのJavaエンジニアでは高収入を目指せる職種であるといえるでしょう。

フリーランスJavaエンジニアの需要と将来性

フリーランス Javaエンジニア 需要 将来性

結論からいうと、フリーランスのJavaエンジニアの需要や将来性は非常に高いです。

それぞれについては、以降で解説していきます。

フリーランスJavaエンジニアの需要が高い理由

これまでにも解説してきた通り、Javaは非常に汎用性の高いプログラミング言語です。

あらゆるシステムで使用されており、新規開発から保守・改修案件まで多岐に渡ります

また、大規模案件もあり、その際には人員数も求められるため、案件にも参画しやすいといえるでしょう。

案件数自体も豊富なので、フリーランスの課題である「案件を継続的に獲得する」もクリアしやすいので、安定的に働けるといえるでしょう。

フリーランスJavaエンジニアの将来性が高い理由

Javaが登場してから30年以上経ちますが、現代においても新規開発で使用されており、今後もそれは続くことが予想されます。

近年ではAndroidアプリやAI開発の現場でもJavaは使用されているので、将来性も高いといえます。

仮に、新規開発が減少したとしても、これまでJavaを使って開発されてきたシステムは非常に多いので、保守案件への参画で仕事を確保できるでしょう。

Javaエンジニアに必要なスキルとは

Javaエンジニア 必要なスキル とは

フリーランスのJavaエンジニアに必要なスキルには、次のようなものが挙げられます。

Javaを使用した開発経験と幅広い知識

フリーランスは、自身のスキルや知識をクライアントへ提供することで報酬を得る働き方です。

Javaエンジニアがフリーランスとして活躍するためには、Javaを使用した開発経験と幅広い知識が求められます。

また、案件獲得時には経験したことがある業界や分野が有利であるため、できる限り多くの業界や分野の経験を積んでおくとフリーランスになってからも獲得できる案件の幅が広がります。

余裕がある人は、フレームワークを使用した開発経験や他の開発言語も習得しておくと、重宝される人材になれるでしょう。

上流工程の知識と経験

高単価案件に参画したい人は、上流工程の知識や経験を積んでおくことをおすすめします。

要件定義や設計、レビューといった上流工程は、プログラマー案件よりも単価が高く、高収入を目指しやすいです。

これらの経験があると、希少性が高いほか、プログラミングスキルも高いとみなされるので、案件獲得もしやすくなります

コミュニケーション能力をはじめとする順応性の高さ

フリーランスとして活動していくためには、プログラミングスキル以外にコミュニケーション能力や順応性の高さも重要な要素です。

フリーランス案件は短期間から長くて数年で別の案件に移ります。

そのため、円滑なコミュニケーションや職場環境に馴染む順応性の高さが必要になるのです。

最近ではリモート案件も増えていているので、Web会議やチャットツールにも慣れておくと良いでしょう。

フリーランスjavaエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランス javaエンジニア 案件 獲得する 方法

フリーランスjavaエンジニアが案件を獲得する方法には、次のものが挙げられます。

友人知人からの紹介や企業へ直接営業を行う

Javaを使用したシステム開発を行っている企業にいる友人知人、もしくは直接企業に営業活動を行って案件獲得する方法です。

交友関係が広い人や営業力に自信がある人、参画したい案件がフリーランス向けのサービスで見つけることができない人におすすめです。

こちらの方法では、アポイントの獲得から条件交渉まですべて自分自身で行わなければならず負担も大きいです。

参画している案件の契約期間が満期を迎える前に、次の案件獲得をしようとすると、エンジニア業務と営業活動を並行しなければならないので、これらのデメリットを把握したうえで選択するようにしましょう。

フリーランス向けのクラウドソーシングサービスを活用する

リモートワークや副業などフレキシブルな働き方が増えてきた昨今、それらと親和性の高いエンジニア案件は非常に豊富です。

これまでにも解説してきた通り、Javaは汎用性が高く、さまざまなシステムで使用されていることから案件数も多いので参画しやすいといえます。

クラウドワークスランサーズといった大手のクラウドソーシングサービスには常に多くに案件がありおすすめです。

こうしたクラウドサービスに掲載されている案件情報を閲覧することで、フリーランスのJavaエンジニアに求められているスキルや経験を把握できるので、これからフリーランスを目指す人は必ずチェックしましょう。

フリーランス向けエージェントを利用する

効率的かつ継続的に案件を獲得したい人におすすめなのが、フリーランス向けエージェントを利用する方法です。

担当のキャリアアドバイザーに希望条件を伝えることで、条件にマッチした案件を紹介してくれるのはもちろん、条件交渉まで行ってくれるのでエンジニア業務に集中することができます。

また、キャリア相談や市場の動向について最新の情報を提供してくれるので、キャリアプランを立てやすいこともメリットであるといえるでしょう。

フリーランスJavaエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイト

フリーランスが継続的に案件を獲得するためには、エージェントや案件紹介サイトの活用が有効です。

ここでは、フリーランスjavaエンジニアにおすすめエージェント・案件紹介サイトを厳選して紹介していきます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
抜群の知名度と豊富な実績があるエージェントを利用したい人におすすめなのがレバテックフリーランスです。

こちらは、エンジニアの就労支援でも知られるレバッテクのフリーランス向けエージェントで、年間10万件もの案件提案数を誇ります。

知名度だけではなく、参画前から参画後までしっかりとフォローしてくれるので、初めてエージェント登録する人でも安心して利用できるといえるでしょう。

>>レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介

TECH STOCK

techstock
スキルや実績に自信があり、高単価案件の獲得をしたい人におすすめなのがTECH STOCKです。

公式サイトにも掲載されているように、TECH STOCKでは月単価が80万円を超える案件を多数取り扱っているので、大幅な年収アップが狙えることが特徴的です。

もちろん、高単価なだけではなく登録者数25,000人以上、サービス開始から17年と確かな実績もあります。

公開求人も多数掲載されているので、自分のスキルや経験が通用するのか確認してみると良いでしょう。

>>Tech Stock(テックストック)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

Midworks

midworks
「実務経験は浅いけどフリーランスを目指したい」という人におすすめなのがMidworksです。

一般的に、フリーランスのJava案件では3年以上の経験を求められることが多く、経験が浅い人は門前払いされがちですが、Midworksでは実務経験1年からキャリア相談や案件紹介を受けることができます

経験が少なくともフリーランスになりたい人は、一度相談してみることで、案件紹介までされなくても、自身に足りないスキルや経験が見えてくるので、今後のキャリアの道筋も明確になることでしょう。

>>Midworksの評判は?メリット・デメリットを現役フリーランスが解説

ギークスジョブ

geeks job ギークスジョブ
案件紹介以外にもサポートして欲しい人におすすめなのがギークスジョブです。

常に学び続けることが求められるエンジニアにとって嬉しい勉強会やセミナーへの招待をはじめ、確定申告やヘルスサポートといったフリーランスが不安を感じるところまでサポートしてくれます。

エンジニア業務以外の心配をすることなく、仕事に集中したい人は一度チェックしてみると良いでしょう。

>>ギークスジョブ利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

FREE-DA

FREE-DA フリーダ
会社員並みの手厚い福利厚生サービスのもと働きたい人におすすめなのがFREE-DAです。

ファイナンスサポートや健康管理、学習支援や開発ツールの提供など、充実した福利厚生が用意されていますが、なかでも「あんしん補償」は万が一に案件参画中にトラブルを起こしても補償してくれるものなので、非常に心強いです。

このような充実した環境は、フリーランスとして駆け出しの人でも安心して利用できるといえるでしょう。

>>FREE-DA(フリーダ)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

フリーランススタート

フリーランススタート
「どのエージェントを選んで良いか分からない」「案件から選びたい」という人におすすめなのがフリーランススタートです。

こちらは、これまで紹介してきたサービスとは毛並みが異なり、各エージェントが取り扱っている案件を一括検索できるWebサービスです。

気になる案件があれば気軽にエージェントに連絡ができるほか、各エージェントの口コミも掲載されているので、エージェント選びに悩んだら一度確認してみると良いでしょう。

フリーランスjavaエンジニアに関する疑問Q&A

フリーランス javaエンジニア 関する 疑問 Q&A

ここでは、フリーランスのJavaエンジニアになるにあたり、よくある疑問について回答していきます。

フリーランスになる前に、疑問を解消しておきましょう。

未経験からフリーランスjavaエンジニアになる事は可能?

フリーランスのエンジニアは、自身のスキルを提供して報酬を得るので、技術力や実績が商品と同義です。

そのため、Javaエンジニアに限らず、全くの未経験からいきなりフリーランスになることは難しいです。

ただし「Javaの経験はないけどPythonなら経験がある」というような人は、参画したい案件でJava以外の言語も使用されているようであれば、案件獲得のチャンスはあるといえるでしょう。

フリーランスjavaエンジニアで在宅の案件はある?

Javaエンジニアに限らず、ITエンジニアはリモートワークとの親和性が高いので、在宅の案件も豊富です。

フルリモートの案件もあるので、地方在住ながら各都市部の案件に参画することもできます。

在宅案件のなかには、必要に応じて出社を求められることもあるので、出社するのが難しい人は案件選びの際に事前確認を徹底するようにしましょう。

フリーランスjavaエンジニアの求人で週3など低稼働な案件はある?

フリーランスのJavaエンジニア案件は副業案件も豊富なので「週2〜3」「土日や平日の夜」「納期までに成果物の納品」など、さまざまな形式があるのでフレキシブルな働き方が可能です。

もちろん月稼働140〜180時間で週5勤務の案件よりは月報酬が下がりますが、複数案件に参画したり、プライベートの時間を大切にしたりなど、ライフワークバランスを組み立てやすいことは魅力的であるといえるでしょう。

副業から始めてフリーランスjavaエンジニアを目指すことは可能?

副業からフリーランスのJavaエンジニアになることは可能です。

むしろ、会社員からフリーランスに転身しようとしている人は、副業を通じて「会社に依存せず個人で稼ぐ」感覚を養ってからの方が堅実であるといえるでしょう。

いきなりフリーランスになってしまうと「思っていたように案件が獲得できない」「収入が安定しなくて厳しい」といった事態に陥る可能性もあります。

Webサイト掲載されている副業案件を確認することで、どのようなスキルや経験が求められているのかリサーチすることもできるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

>>【フリーランスへの足掛かり?】エンジニアが副業すべき理由とメリット・注意点

フリーランスjavaエンジニアまとめ

フリーランス javaエンジニア まとめ

Javaは、非常に汎用性の高いプログラミング言語であり、あらゆるシステムで使用されています。

そのため、これらを駆使するフリーランスのJavaエンジニアの需要や将来性は高く、案件も豊富なので安定的かつ継続的な案件獲得がしやすいのが特徴です。

より効率的かつエンジニア業務に集中するためにはエージェントや案件紹介サイトを複数利用することが効果的なので、これからフリーランスのJavaエンジニアを目指す人は、今回紹介したサービスをぜひチェックしてみてください。

\フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント/

サービス名 特徴

フューチャリズムロゴフューチャリズム

月収100万円×リモート案件多数!

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功。

上場企業だからできるサポートが強み。


レバテックフリーランスロゴレバテックフリーランス

契約更新率90%超。営業活動なしで案件が続く!

業界トップクラスの案件数39000件以上を保有してるため、スキルや希望条件に合った案件が見つけやすい。

テックビズフリーランス
テックビズフリーランス

経験が浅い独立直後でも安心のサポート体制!

これから独立を検討してる人のために税理士が確定申告の対応を実質無料で対応してくれる協力サポート付き。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる