30代ハイクラス向け転職エージェントおすすめ12選【2024年最新】成功する選び方と活用ポイントを解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
30代ハイクラス向け転職エージェントおすすめ12選【2023年最新】成功する選び方と活用ポイントを解説

30代になると、仕事に関する実績も誇れるものが出てきて、自信がついてくる頃です。自分の力を頼活かせる仕事に就くため転職を考える方もいらっしゃるでしょう。

現在の仕事と比較して給与・待遇面で格段に良い職場に転職するハイクラス転職は、自分の力ではなかなか難しいものです。

そこでおすすめなのが、ハイクラス向け転職エージェントです。

本記事では、2023年最新のハイクラス向けおすすめ転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの選び方や活用ポイント、ハイクラス転職を目指す30代が失敗しないために知っておきたい注意点についても解説していますので、参考にしてください。

\30代のハイクラス転職に強い転職エージェント/

サービス名               特徴
リクルートダイレクトスカウトロゴ
リクルートダイレクトスカウト

転職決定年収平均950万円※登録後は企業からスカウトが来るのを待つだけ

アサイン
アサイン

20代から30代のハイエンド人材に特化した転職エージェント

オーダーメイドの選考対策と複数回の模擬面接の実施が強み。大企業/コンサル業界/外資系求人が豊富


アクシスコンサルティング

コンサル求人に特化した転職エージェントならアクシスコンサルティング。

事業会社からの転職やコンサルティングファームから他社ファームへの転職はもちろん、未経験からのコンサルティング転職も手厚く支援してくれます。

関連記事
>>ハイクラス転職向けおすすめ転職エージェント・サイト

目次

30代ハイクラス転職エージェントの選び方

30代ハイクラス転職エージェントの選び方

一口に「ハイクラス転職エージェント」と言っても、複数の企業があります。

いざ転職エージェントに登録しようとしても「たくさんありすぎて、何を基準に選んでいいかわからない」と悩む方も多いでしょう。

ここでは、自分に合ったハイクラス転職エージェントの選び方をご紹介します。

専門性と業界知識を持つエージェントを選ぶ

転職エージェントは、幅広い職種や業界を紹介してくれるところと、特定の業界への紹介に特化したところがあります。

ハイクラス転職エージェントを選ぶ際は、自分が希望する業界に関する知識が豊富で、専門性の高いところを選びましょう。

ハイクラス転職では、企業側も高い能力を求職者に求めています。そのため、エージェントも企業が求職者に求める能力やスキル、実績を正確に伝える能力が必要です。

単に企業の求職情報を紹介するようなエージェントでは、力不足といえるでしょう。

ハイクラス・エグゼクティブ向けのエージェントを選ぶ

転職エージェントは、幅広い年代・職種・勤務形態向けの仕事を紹介する会社と、ハイクラスな案件のみを取り扱っていることを強みにしている会社があります。

30代でハイクラス転職を目指すならば、ハイクラス、エクゼクティブ向け転職エージェントに絞って登録しましょう。

そうすれば、希望する職種と紹介される仕事とのミスマッチに悩むこともありません。

ただし、ハイクラス・エグゼブティブ向け求人が多いことを強みとしている転職エージェントは、登録に一定の条件を設けているところもあります。

登録条件に自分の経歴・職歴・実績が該当するかどうか、事前の確認も大切です。

非公開求人の多さ

ハイクラスの求人案件は、好条件であることや企業にとって重要なポジションであることから、非公開で扱われるケースが多くあります。そのため、ハイクラスに強いエージェントを選ぶ際には、非公開求人の多さを判断基準とすることをおすすめします。

非公開求人とは転職エージェントのサイト上に公開されておらず、転職活動をサポートするエージェントやキャリアサポーターから直接紹介される求人のことです。

非公開求人は、社運をかけた新規プロジェクトなどできるだけ内密に進めたい仕事や、公開すると応募者が殺到して選定が大変になりがちな仕事などのケースが多めです。

非公開求人を多く抱えている転職エージェントは、それだけ良い条件の仕事が多いと考えましょう。

転職エージェントの中には、非公開求人の多さを強みとしているところもあります。非公開求人の多さを、転職エージェントを選ぶ基準にするのもおすすめです。

30代ハイクラス層におすすめの転職エージェント12選

30代ハイクラス層におすすめの転職エージェント12選

ここでは、30代ハイクラス層におすすめの転職エージェントを12社紹介します。

サービス名 求人数 特徴
リクルートダイレクトスカウト 公開求人数 約16万件 年収800万〜2000万円の求人が多数あることを強みとしており、登録してレジュメを掲載すると企業やヘッドハンターからスカウトがくるケースも多い
アサイン 非公開

20代~30代までの若手ハイエンドの求人が豊富なことを強みとしており、相談しながら長期キャリアプランを立てられる

アクシスコンサルティング

非公開(非公開求人数77%)

コンサル転職&ポストコンサル転職に特化した転職エージェント

すでに実績があるコンサルタントの転職サポートはもちろんのこと、未経験からコンサルタントを目指す方向けのサポートも充実

JACリクルートメント 公開求人数11,988件 英国で創業された会社のため、外資系企業・海外進出企業などへのグローバル転職にも実績が豊富
パソナキャリア 4万件以上(非公開求人61%)

約500人のキャリアコンサルタントが、登録者の能力や希望に合わせた企業とのマッチングをサポート。
求人の平均年収も600~1,200万と高めで、日本の上場企業の求人の約7割が登録している。

コトラ

公開求人数22,848件

非公開求人数21,965件

ハイクラス転職エージェントの定番求人から、製造業まで幅広く扱っており、サポートも手厚い
エンワールド・ジャパン 公開求人数928件

外資系・日系グローバル企業とグローバル人材をつなぐ日本トップクラスの人材紹介会社
キャリアチェンジやキャリアアップを目指すプロフェッショナル人材を主な対象としている

ランスタッド 公開求人数4888件 オランダで創立したグローバルな人材紹介会社
業種・職種を問わず多種多様な求人を取り扱っている
マイナビAGENT 公開求人数48,716件 各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーのサポート力や他社よりも優れたマッチング力を強みとしている
ビズリーチ 公開求人数104,693件 特に30代後半・40代・50代のハイキャリア転職の求人数が多いことを強みとしており、求人職種も幅広い
dodaX 公開求人数約33,000件 年収800万〜2000万の希少な非公開求人を多数取りそろえているスカウトと自己応募の両方で転職活動が行なえる
クライス&カンパニー 公開求人数8,081件

コンサルティング企業やスタートアップ企業など、職種や業界を限定することがない
キャリアや登録者の希望に合わせて幅広い企業紹介を行なっている

ハイクラス転職がしやすいことを強みとしている転職エージェント意外と多く、どこに登録しようか迷っている方も多いでしょう。転職エージェントを選ぶ際は、同じ条件を比較してみることも有効です。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト 引用:リクルートダイレクトスカウト

運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/
公開求人数 253,501件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開
主な求人職種 IT・インターネット・メーカー・商社など多岐にわたる

リクルートダイレクトスカウトは、人広告、人材紹介、人材派遣として高い知名度と豊富な実績をほこるリクルートが運営しているハイクラス転職エージェントです。

年収800万〜2000万円の求人が多数あることを強みとしており、登録してレジュメを掲載すると企業やヘッドハンターからスカウトがくるケースもあります。

また、約600社、4,300名以上(2022年5月時点)のヘッドハンターが登録者をサポートし、仕事探しや企業との交渉を手助けしてくれます。

自分で転職活動をするより効率的に転職活動ができるのもメリットです。

>>リクルートダイレクトの評判や口コミを紹介

アサイン

ASSIGN アサイン

引用:アサイン

運営会社 株式会社アサイン
公式サイト https://assign-inc.com/
公開求人数 非公開(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開
主な求人職種

職種に関わらず若手ハイエンドに特化している

株式会社アサインは、2016年に創立された転職エージェントとしては比較的新しい会社です。

しかし、その業績は突出しており、ビズリーチに登録する4,600名のヘッドハンターの中から総合的に優秀な結果を残したヘッドハンターに送られる「JAPAN HEADHUNTER AWARD」を2年連続で受賞するなど、転職業界からも高い評価を得ています。

AIが自分の経歴と価値観からキャリアを可視化してくれるので、自分が未だ気付いていない強みや得意分野を発見できるのも大きなメリットです。

また、20代~30代までの若手ハイエンドの求人が豊富なことを強みとしており、相談しながら長期キャリアプランを建てることもできます。

その一方で、キャリアコンサルタントの初回面談で求人を紹介しないなど、すぐにでも転職したいと望んでいる方とは、テンポが合わない可能性もあります。

>>アサインの評判や口コミを紹介

アクシスコンサルティング

引用:アクシスコンサルティング株式会社

運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
公式サイト https://www.axc.ne.jp
公開求人数 非公開(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開(全体の約77%)
主な求人職種

コンサルタント全般

アクシスコンサルティング株式会社は、コンサル転職&ポストコンサル転職に特化した転職エージェントです。

すでに実績があるコンサルタントの転職サポートはもちろんのこと、未経験からコンサルタントを目指す方向けのサポートも充実しています。

また、SEからPM、事業企画・経営企画等のキャリアチェンジなどもサポートしてくれます。

平均サポート年数は3年と長く、じっくり腰を押しつけて将来のキャリアを考えたい方に適したエージェントです。

>>アクシスコンサルティングの評判や口コミを紹介

JACリクルートメント

引用:株式会社JCリクルートメント

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数 12,175件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開(2023年11月15日現在)
主な求人職種 管理職・技術職・専門職

株式会社JCリクルートメントは、ミドルクラス・ハイクラスの管理職・エグゼクティブ・専門職に特化した転職エージェントです。

各業界、各職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、登録者の転職活動をサポートしてくれます。

英国で創業された会社のため、外資系企業・海外進出企業などへのグローバル転職にも実績が豊富です。

日本だけでなく、海外の企業に転職したいと検討している方に適しています。

>>JACリクルートメントの評判や口コミを紹介

パソナキャリア

引用:パソナキャリア

運営会社 株式会社パソナ
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
公開求人数 34,853件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開(全体の61.0%)
主な求人職種 営業・ITエンジニア・各種管理部門など

パソナキャリアは、国内最大級の人材紹介、人材派派遣会社である、株式会社パソナが運営するハイクラス転職エージェントです。

約500人のキャリアコンサルタントが、登録者の能力や希望に合わせた企業とのマッチングをサポートしてくれます。

求人の平均年収も600~1,200万と高めで、日本の上場企業の求人の約7割が登録しているのも強みです。

実績最多の年齢帯は30~40歳と、まさに30代に適した転職エージェントです。

>>パソナキャリアの評判や口コミを紹介

コトラ

引用:株式会社コトラ 

運営会社 株式会社コトラ 
公式サイト https://www.kotora.jp/
公開求人数 23,726件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 21,965件(2023年7月1日時点)※全求人の8割以上
主な求人職種 金融・コンサルタント・IT・Web関係・製造業・経営幹部・管理系職種

株式会社コトラ は、金融・コンサルトいったハイクラス転職エージェントの定番求人から、製造業まで幅広く扱っている会社です。

扱っている職種は多いのですが、それぞれの職種に対して高い専門性をほこるキャリアコンサルタントが在籍しており、希望する転職先が決まるまでサポートをしてくれます。

また、メールマガジンなどで最新の業界情報なども教えてもらえるため、サポートを受けながら自分で情報収集などをしたい方にもおすすめです。

>>コトラの評判や口コミを紹介

エンワールド・ジャパン

引用:エンワールド・ジャパン株式会社

運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
公式サイト https://www.enworld.com/
公開求人数 968件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開
職種 銀行・金融サービス・コンサルティング・小売・IT/Web・製造・医療機器など

エンワールド・ジャパン株式会社は、外資系・日系グローバル企業とグローバル人材をつなぐ日本トップクラスの人材紹介会社であることを、強みとしています。

キャリアチェンジやキャリアアップを目指すプロフェッショナル人材を主な対象とし、経営幹部、管理職、スペシャリスト職をはじめとするハイクラスの求人を紹介してくれます。

また、企業と求職者のマッチングは「入社後活躍」が重要視されているのも、エンワールド・ジャパンの特徴です。

いくらハイクラスの求人でも、入社後に「思っていたのとは違う」となっては意味がありません。

今回の転職で最後にしたい、自分のキャリアアップに効果的な転職をしたいと考える方に適している会社です。

>>エンワールド・ジャパンの評判や口コミを紹介

ランスタッド

引用:ランスタッド株式会社

運営会社 ランスタッド株式会社
公式サイト https://www.randstad.co.jp/
公開求人数 7,347件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開 ※全求人の80%
主な求人職種 営業・ITエンジニア・技術系(機械・電子など)建築・土木・プラント その他

ランスタッド株式会社は、1960年にオランダにて設立されたグローバルな人材紹介会社です。

現在、世界の39カ国に拠点をもち、アルバイトや派遣からハイクラス向け転職まで幅広く取り扱っています。

業種・職種を問わず多種多様な求人を取り扱っているのが特徴で、ほかのハイクラス向け転職エージェントが取り扱っていない職種の求人も豊富です。

特に技術系やIT系は求人が豊富です。

>>ランスタッドの評判や口コミを紹介

マイナビAGENT

マイナビエージェント引用:マイナビエージェント

運営会社 株式会社マイナビ Mynavi Corporation
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
公開求人数 55,465件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開
主な求人職種 全職種

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営している無料で利用できる転職サイトです。

各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーのサポート力や他社よりも優れたマッチング力を強みとしており、ハイクラス転職も特設サイトが設けられています。

ハイクラス転職が第一希望だが、幅広く転職活動をしてみたいという方にも適しています。

マイナビエージェントの運営会社は、リクルートやパソナと並んで日本の人材紹介業の最大手です。 信用力も高く、求人も豊富です。

※マイナビのプロモーションを含みます

ビズリーチ

引用:ビズリーチ

運営会社 株式会社ビズリーチ
公式サイト https://www.bizreach.jp/
公開求人数 107,781件(2024年2月26日現在)
非公開求人数 非公開
主な求人職種 ほぼ全職種

ビズリーチは、国内最大手のハイクラス転職サイトです。 テレビCM等も盛んに行なわれているため、知名度も急速に高まっています。

特に30代後半・40代・50代のハイキャリア転職の求人数が多いことを強みとしており、求人職種も幅広いのが特徴です。

また、転職エージェントには珍しく有料プランがあります。 会員ステータスにより利用可能なサービスの幅が大幅に異なるため、必要だと思ったら有料プランの利用がおすすめです。

>>ビズリーチの評判や口コミを紹介

doda X

引用:doda X

運営会社 パーソルホールディングス株式会社
公式サイト

https://doda-x.jp/

公開求人数 46,780件(2024年2月26日時点)
非公開求人数 非公開
主な求人職種 ほぼ全職種

doda Xは、大手転職サイトdodaの姉妹サイトで、「自分で応募できるハイクラス求人サイト」です。

年収800万〜2000万の希少な非公開求人を多数取りそろえており、スカウトと自己応募の両方で転職活動が行なえます。

専門知識を持ったヘッドハンターが転職サポートしてくれるので、初めての転職活動でも安心です。

dodaはリクルートと並んで知名度が高く実績ある人材紹介サイトです。 企業の信用度も高く、良質な求人が期待できます。

>>doda Xの評判や口コミを紹介

クライス&カンパニー

引用:株式会社クライス&カンパニー

運営会社 株式会社クライス&カンパニー
公式サイト https://www.kandc.com/
公開求人数 8,211件(2024年2月26日時点)
非公開求人数 16,663件(2023年7月1日時点)※非公開求人 71%
主な求人職種 東証プライム上場企業、大手コンサルティング企業、IPO前のベンチャー企業など経営幹部クラスのキャリア支援

株式会社クライス&カンパニーは、経営幹部クラスのキャリア支援に特化した転職エージェントです。

コンサルティング企業やスタートアップ企業など、職種や業界を限定することなくキャリアや登録者の希望に合わせて幅広い企業紹介を行なっています。

提供できる選択肢の幅広さを強みとしており、業やポジションの開拓にも力を注いでいます。

転職先がまだはっきりと定まっていないものの、将来を見据えて転職活動をしておきたいといった方におすすめです。

30代のハイクラス層が転職エージェントを最大限に活用する方法

最大限に活用する方法

ハイクラスの求人を提供してくれる転職エージェントとはいえ、単に登録しただけでは効果が薄い場合もあります。

ここでは30代がハイクラス転職のエージェントに登録した後、最大限に活用するポイントについて解説します。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは可能ならば2つ以上登録しましょう。 転職エージェントとはどうしても相性があるため、複数の転職エージェントに登録しておけば最終的に使いやすいところを選択できます。

また、複数の転職エージェントに登録すれば非公開求人をより多く閲覧できるため、短時間で自分の希望に合った転職先を見つけやすいでしょう。

ただし、サポーターと面談の時間などがバッティングしないように気をつけてください。 自分でスケジュールの調整をしっかりとしましょう。

希望条件を明確に伝える

求職者をサポートするキャリアアドバイザー等には、希望条件を明確に伝えましょう。

給与だけ、転職を希望する業界だけといった曖昧な伝え方だと、なかなか希望とぴったりあった求人を紹介してもらうのは難しいです。

今までのキャリアや職歴、実績、希望の転職先などを記すキャリアシートがある場合、できるだけ具体的に記入することが重要です。

そうすれば、転職エージェント側も登録者の希望条件を把握しやすいだけでなく、スカウトもされやすくなるでしょう。

特に、良い人材を探している企業にとっては、今までのキャリアや実績がわかったほうが声もかけやすくなります。

メールや電話のレスポンスを早くする

転職エージェントから提案された求人は、好条件の案件ほど早く採用が決まる傾向があります。 メールや電話で提案を受けた際、返答に時間がかかると別の登録者に回される可能性もあります。

また、メールや電話のレスポンスの遅さは、転職活動へのやる気のなさと受け取られる恐れもあるでしょう。

転職エージェントのキャリアサポーターは、転職に積極的な方のサポートをどうしても優先します。 より条件の良い求人も、転職活動に前向きな方に回すでしょう。

転職エージェントを最大限活用したい場合は、メールや電話のレスポンスはできるだけ早めにしてください。

担当者との相性が悪いならすぐに変えてもらう

転職エージェントに所属しているキャリアサポーターは、転職活動をサポートするプロです。 しかし、やはり人間同士ですから相性はあります。

大規模な転職エージェントには転職をサポートするスタッフも大勢いるため、相性の悪い相手とぶつかる確率も高まります。

ハイクラス転職エージェントは、担当者の交代には大抵応じてくれるはずです。 面談をしてみて、「この人とは合わないな」と思ったら、早めに申し出て担当者を変ってもらいましょう。

30代ハイクラス層に強い転職エージェントを利用する流れ

利用の流れ

ここでは、30代ハイクラス層に強い転職エージェントを利用する一般的な流れを解説します。

転職エージェントによって細部は異なりますが、大まかな流れは一緒です。

一連の流れを知っていれば、事前にどんな準備をしていいかもわかるでしょう。仕事と転職活動の両立もしやすくなるはずです。

会員登録・ログイン

転職エージェントを利用する際は、まず会員登録を行ないます。

ハイクラス転職向けのエージェントも一般的な転職サイトと同様に、会員登録情報すべての基本となります。

会員登録の内容は以下のとおりです。

    • 転職の希望:転職時期・転職後の職種・希望する年収など
    • 自身のプロフィール:年齢・性別・現在の職種・住所・年齢など
    • 今までの実績:職歴・所有している資格など

ハイクラス転職エージェントだからといって誇張などはせず、正確に記載しましょう。

エージェントから連絡

会員登録をしたら、多くの転職エージェントで希望する仕事の条件や転職のスケジュールなどを確認が行なわれます。

メールや電話で確認が行なわれることがほとんどですが、Web面談の形で行なわれることもあるでしょう。

この時点で、キャリアアドバイザーとの面談の予定を組むところもあります。

キャリアアドバイザーとの面談

ハイクラス転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談が重要です。

条件の良いハイクラス転職における求人はほとんどが非公開で、担当者から紹介される形です。

そのためキャリアアドバイザー(担当者)と面談で、自分がこれまで築いてきたキャリアや実績、これからのキャリアプランの計画、希望する転職先などを知ってもらいましょう。

担当者に自分の希望やキャリアを知ってもらえば、より希望と合致した転職先を紹介してもらいやすくなります。

面談は通常対面で行なわれますが、転職エージェントによってはWebで行なえるところもあります。

求人紹介・書類添削・面接対策

面談が終わり、転職活動の方向性やスケジュールが具体的になったら、いよいよ転職エージェントからの紹介がはじまります。

保有している案件から、希望に添ったものを紹介してくれるほか、志望業界の最新の情報や求人企業の風土、職場環境なども教えてくれます。

また、求人紹介の合間に履歴書の書き方や、面接官の印象に残る面接テクニックなども教えてくれるところもあるので、積極的に利用してみましょう。

なお、紹介された求人は必ずしも受ける必要はありません。

興味がない、条件と違うなどの場合は無理に受けずに断りましょう。

応募・書類選考・面接

提案された求人が希望に合致した場合、転職エージェントを通じて企業への推薦をしてもらいます。

また、ハイクラス転職エージェントの場合、企業側からオファーがきたりスカウトが来たりする場合もあるでしょう。

転職エージェントが後ろ盾になってくれるので、安心してサポートを受けながら面接に望んでください。

内定・退職交渉・入社

無事に内定が決まったら、入社時期などの調整に入ります。

この交渉も転職エージェント側が行なってくれる場合もあるので、任せられるなら任せてしまいましょう。

仕事をしながら転職活動をしている場合は、退職時期の調整も行ないます。

担当している仕事の引き継ぎを行ない、有給なども消化してできるだけ円満に退色できるように心がけましょう。

現在勤めている会社と退職に関することでトラブルになった場合も、転職エージェントに相談してみましょう。

30代におけるハイクラス人材の定義とは?

人材の定義

ハイクラス人材に明確な定義はありません。

しかし、転職市場では年収800万円以上の求人を「ハイクラス求人」とよって特別視する傾向があります。

30代の平均年収は男性が435万円、女性が377万円、全体の平均が435万円です。

年収800万円は平均年収の倍近いので、かなりの高水準と言えるでしょう。 30代で年収800万円を超える職種も限られています。

一例を挙げると、医師や公認会計士といった専門職、管理職やマネジメント業務の経験者、コンサルタントなどです。

また、30代といっても幅が広く、30代前半では年収800万円の求職がわずかでも、30代後半になると増えていく可能性もあります。

したがって、「何が何でも年収800万円以上の求人」とこだわらず、現在のキャリアや職歴を活かせる職場を探しましょう。

例えば、年収は800万円に届かないが、現在の職場よりも将来性があり、出世の可能性が高い職場に転職できたら、ハイクラス転職と言えます。

どうしても年収800万円以上にこだわるなら、長めの転職活動を想定して腰をすえて転職活動を行ないましょう。

30代のハイクラス転職が成功しやすい職種・業界は?

30代のハイクラス転職が成功しやすい職種・業界は?

ここでは、30代でも年収800万円を超えるハイクラス転職が成功しやすい職種や業界をご紹介します。

業界によっては30代前半でも高収入を得やすいものもあれば、30代半ば以上の経験が役立つ職種もあります。

30代ならば、未経験でも飛び込める職種もあるでしょう。

リーダーシップポジション(管理・経営層)

管理職や経営陣に加わるいわゆるリーダーシップポジションは、30代でもハイクラス転職が成功しやすい分野です。

例えば、ベンチャー企業は一定の実績を出して経営が安定するまで、社内で人材を育てるよりすでに実績やキャリアがある人材を集める傾向があります。

また、ベンチャー企業以外でも、新たな事業を立ち上げる際は経験者をリーダーとして迎えるケースもあるでしょう。

求人は30代前半よりも半ば~後半が多めです。 実績がある方ならば、若くても高給で迎え入れられる場合もあります。

コンサルティング職

コンサルティング職とは、企業が抱えている問題の解決や目標達成のサポートなどを行なう職業です。

サポートを行なう分野によってITコンサルタント、財務会計コンサルタントなどの呼び方があります。

税理士や公認会計士といった専門職がコンサルティング業を行なうケースもあれば、経験を活かしてコンサルタント業務を行なっている方もいます。

フリーランスコンサルタントもおり、働き方も多彩です。 比較的新しい職種なので、30代若手も多く活躍しています。

エンジニア(IT/技術職)

ITエンジニアをはじめとするIT技術職は進歩が早く、若い年代のほうが活躍しやすい職種です。

キャリアや職歴によっては、20代後半~30代前半で高い年収を得られます。 その分仕事はハード、というケースも多いでしょう。

また、IT業界は転職を繰り返す方が珍しくなく、中途入社の方も働きやすい傾向があります。

金融業界(専門家・営業)

金融業界は、より高い年収を得るために転職する方も珍しくありません。 一定の結果を出せば30代でも年収800万円以上の年収を得ることは難しくないでしょう。

また、外資系企業の日本支社も優秀な人材のスカウトに積極的です。実績があれば、スカウトで転職ができるケースも多いでしょう。

マーケティング・企画職

マーケティングや企画は、コンサルタントの分野でもあります。 また、マーケティングの結果から企画を考えるのは、アイデア勝負の一面もあります。

そのため、若くても大ヒットした企画を実績がある方などは、ヘッドハンティングされやすいでしょう。

このほか、20代からマーケティングを行なっていた場合は、30代前半でも一定の実績があり、ハイクラス転職ができる可能性もあります。

30代のハイクラス転職に必要なスキルとは?

30代のハイクラス転職に必要なスキルとは?

ここでご紹介するのは、30代でハイクラス転職を志す際に必要とされるスキルです。

ご紹介する全てのスキルが必須、というわけではありませんが、できるだけ多くのスキルを持っていたほうが転職には有利です。

マネジメントスキル

管理職をはじめとするリーダーシップポジションのハイクラス求人が求める人材は、マネジメントスキルが重視されます。

リーダーシップポジションに就く人材を外から招きたい意図は、企業の財産である「人材・物資・資金」を管理して有効活用し、最大限の利益をあげてほしいと考えているためです。

書類選考や面接では自分の実力で成果をあげた実績だけでなく、リーダーとしてどのような経験を積み、会社にどのくらい利益を与えたかなどの実績を聞かれる可能性が高いでしょう。

そのため、未経験からいきなりリーダーシップポジションへの転職はやや難しい傾向です。

プロジェクト管理

プロジェクト管理能力とは、プロジェクトの開始から終了までやるべきタスクをスムーズに進められる能力です。

計画立案能力のほか、マネジメントスキル、コミュニケーション能力など複数の能力の複合体と考えていいでしょう。

また、ハイクラス求人が必要とするプロジェクト管理能力とは、単に自分に振られた仕事を期間通りにやり遂げるだけでなく、多数の人材をまとめてプロジェクトを完成させる能力です。

専門スキル

財務会計の能力、コンサルタント能力など、専門スキルを求めるハイクラス求人も数多くあります。

「これだけは他の人より頭一つ抜けている」といった強みがあると転職に有利に働くでしょう。

また、専門スキルでも身に付けている方が少ないスキルほど、重宝されます。

30代半ば以降なら転職の武器となる専門スキルを身に付けた方も増えてくるでしょう。

問題解決能力

問題解決能力とは問題の発生原因を突き止めて分析し、実現可能な解決策を提案して実行する能力です。コンサルタント能力の一つに挙げられることもあります。

また、マネジメント能力やプロジェクト管理能力としても問題解決能力は欠かせません。

ハイクラス求人でははっきりと「問題解決能力を求む」と明言される例は少ないですが、問題解決をした実績を示せれば採用される可能性も高まります。

コミュニケーション能力

仕事におけるコミュニケーション能力とは、企業の財産である「人材・物資・資金」のうち、特に人材を有効活用するための能力です。

人材を適材適所に配置し、皆がのびのびと気持ちよく働けるように心を配る能力といってもいいでしょう。

現在のビジネスにおいて「部下は上司の仕事ぶりを見せていれば黙ってついていく」ということはありません。やるべきことを明確に指示し、意見をくみ上げることが必要です。

コミュニケーション能力が高ければビジネスにおける問題を予防でき、問題が発生しても小さいうちに解決できます。コミュニケーション能力は、マネジメント能力やプロジェクト管理能力の根幹を成すものです。ハイクラス求人が求める人材では、身に付けていて当り前ともいえます。

30代のハイクラス転職に必要な経験や実績とは?

30代のハイクラス転職に必要な経験と実績

ここでは、30代のハイクラス転職に必要な経験や実績の実例をご紹介します。

現在は、「未経験者歓迎」という職場も増えていますが、ハイクラス求人は経験や実績が重視されます。ライバルに打ち勝ってハイクラス転職を成功させるためにも、以下にご紹介する経験や実績は特に重要です。

マネジメント経

企業の財産である「人材・物資・資金」を管理して有効活用し、最大限の利益をあげるマネジメント経験が豊富だと、ハイクラス転職は有利です。

マネージャーとして関わり、成功させたプロジェクトの経験があるなら履歴書や職務経歴書に記載しておきましょう。

また、面接ではプロジェクを成功させるために意識したこと、実践したことなどを語るとマネジメント能力の証明もできて有利です。

専門分野での実績

コンサルタント分野、技術分野、営業分野など専門分野でどれだけ実績を上げたかも、ハイクラス転職をする際の武器になります。

できるだけ大きな実績のほうが有利になりますが、専門分野によっては小さい成果の積み重ねが大きな成果に結びついたといった経験も有利になるでしょう。

また、実績には客観性が必要です。自分なりに頑張ったではなく、どのようなプロジェクトをいつ、どんな工程で行ない、会社にどのくらいの利益を与えたか客観的に説明できれば面接などで有利になります。

業績向上への貢献

専門分野の実績やマネジメントの実績ともリンクしますが自分が仕事をした結果、会社にどれだけ利益を与えたかを証明できれば有利です。自分という人材の価値の証明にもなります。

なお、金銭的な利益以外にも仕事をした結果会社の知名度が上がったなども、業績向上への貢献です。積極的にアピールしていきましょう。

ハイクラス転職を目指す30代が失敗しないために知っておきたい注意点

ハイクラス転職を目指す30代が失敗しないために知っておきたい注意点

ハイクラス転職は、一般的な転職活動に比べてかなりハードルが高めです。だからこそ、戦略を練って作戦を立てて臨む必要があります。

ここではハイクラス転職を成功させるために、知っておきたい注意点を紹介します。

未経験の業界や職種など即戦力になれない転職は難しい

ハイクラス求人では、即戦力が求められます。

業種によっては「未経験も可」な例もありますが、それは税理士や公認会計士として実績を積んだ方がコンサルタントとして転職するなど、今までの経験や実績を活かせるところが大半です。

どうしても未経験な業界や職種にハイクラス転職した場合、今までの経験や実績をどのように活かせるのか、説得力のあるプレゼンが必要になります。

転職エージェントに登録したら、担当者と相談してみるのもおすすめです。

ハイクラス人材向けの求人は少ない

企業にとっても、高い年収を払って外部から新たに人材を雇うのは大きな賭けです。

高い給与を払うなら、社内で育てた人材に投資をしたほうがリスクも少なめでしょう。

また、外部から高い給与を払って人材を入れると、元々社内で頑張ってくれていた従業員と軋轢が生じる恐れもあります。

このような理由から、30代で年収800万円以上といったハイクラス人材向けの求人は少なめです。

仕事を続けながら転職活動をするなど、長丁場を覚悟して臨みましょう。

求められるスキルや実績が高いため厳しい目で評価される

ハイクラス求人に応えて入社した人物に求められるのは、即戦力です。

新卒や通常の中途入社ならば手取足取り仕事を教えてもらえますが、ハイクラス転職をした場合、いきなり重要なプロジェクトを任されるケースも珍しくありません。

また、会社が求められる結果を出さないと、減給など厳しい評価が下される場合もあります。 特に、外資系会社の場合は、短期間で解雇を告げられる可能性もあるでしょう。

高い年収に見合う成果を求められる

厳しい評価同様、ハイクラス転職すると高い年収に見合う成果を求められます。

特に、最初の仕事で失敗すると厳しい評価が下される場合もあるでしょう。

また、2回目、3回目の仕事も大きな失敗をすると早々に減給などが通告される可能性もあります。

転職はゴールではなくスタートと考え、気を引き締めて仕事に臨むことが大切です。

30代のハイクラス転職を成功させるポイントとは?

転職させるポイント

続いて、30代でハイクラス転職を成功させるポイントについて解説します。

注意点と共に留意して転職活動をすれば、求人数の少ないハイクラス転職の成功率もアップしやすくなります。

職歴や実績・スキルを事前に棚卸しておく

スキルや実績の棚卸しとは、これまで積み上げてきたキャリアや実績から、身に付いている実力を客観的に示せるように整理する作業です。

ハイクラス求人を出している企業に「この人材を迎え入れたい」と思わせるためには重要です。

いくら「自分は頑張りました」と面接などで力説しても、客観性がないと説得力はありません。

転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザー等の協力も得て、時間をかけてもいいので棚卸しをしましょう。

専門スキルと経験・実績を強調する

スキルやキャリア、実績の棚卸しができたらそれを魅力的にプレゼンできるようにしましょう。

もし、外部に見せて問題ない社内の資料があるならば添付すれば説得力があがります。

また、自分が手がけてマスコミなどに紹介された仕事も自分の実績を示す資料として役立ちます。

面接や書類選考の前にできるだけ集めておくといいですね。

徹底した面接対策を行う

面接は、自分自身のプレゼンです。

30代も応募できるハイクラス求人は数が少なく、競争率も高めです。 いくら能力や実績があっても漫然と面接を受けては合格する可能性は低いでしょう。

転職エージェントに登録すれば、模擬面接なども行なってもらえます。 「面接なら新卒採用でやったから対策は必要ない」と思わず、積極的に利用しましょう。

面接の時間は長くても30分程度です。 その短い時間にどうすれば自分の能力をアピールして売り込めるか、対策を練ることが大切です。

30代が転職エージェント以外でハイクラス転職する方法

30代が転職エージェント以外でハイクラス転職する方法

ハイクラス転職をする方法は、転職エージェントを利用する以外にもいくつかの方法があります。

ここでは、転職エージェントを利用する以外でハイクラス転職を行なう3つの方法を紹介します。

ハイクラス転職できる可能性を少しでもあげたい方は、参考にしてください。

リファラル採用

リファラル採用とは、自社の従業員や取引先から求める人材を紹介してもらう方法です。

以前から限られた職種や会社では行なわれてきましたが、近年は人手不足も相まってリファラル採用を取り入れる会社が増えています。

リファラル採用のメリットは、信頼がおける人物が入社してくれやすい、会社の社風を理解している人からの紹介なので、会社が求める人材が集まってきやすいといった点です。

例えば、いくら優秀な人材でも社風に合わない、社員と軋轢が生じやすいといった方では会社にとってはマイナスです。 リファラル採用はそのようなリスクを抑えることもできるでしょう。

リファラル採用でハイクラス転職をしたい場合は、人脈作りが重要です。

大学の同期や転職していったもと同僚、取引先などと普段から信頼関係を築いておきましょう。

直接応募

数は少ないですが、ハイクラス求人が公開求人としてネット上などにアップされることがあります。 ハイクラス転職を手がける転職エージェントでも、公開求人はあります。

非公開求人の方が、条件の良い求人が多いのは事実です。

しかし、ハイクラス転職を成功させたいなら、直接応募も積極的に行いましょう。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、優秀な実績を示して同業他社に自分をスカウトさせる方法です。

海外では普遍的に行なわれている転職方法で、現在は日本でもヘッドハンティングする専門の会社もできています。

会社のほうから「同化我が社に来て下さい」とオファーを送るのですから、待遇は高めです。

破格の給与が提示される例もあります。

しかし、ヘッドハンティングを受けるには飛び抜けた実績が必要です。

ヘッドハンティングを狙っている場合は、どのような業種・職種に需要があるのか入念に調査の上、実績を残す必要があります。

30代ハイクラス層が転職サービスを使う場合のよくある質問

30代ハイクラス層が転職サービスを使う場合のよくある質問

最後に、30代ハイクラス層が転職サービスを使う場合のよくある質問をご紹介します。

転職活動の期間はどのくらい見積もるべきか?

転職活動は短い方がよいとも言われていますが、ハイクラス転職の場合は腰を落ち着けて活動をしたほうがうまくいきます。

ハイクラス求人を多く抱えている転職エージェントは、数年間のサポート期間を設けているところもあります。

ハイクラス転職は、求職者側だけでなく、採用する企業側も慎重に選定を進めます。 焦らず、時間をかけて行ないましょう。

現在の職を辞めるタイミングはいつが適切か?

ハイクラス転職を目指す場合、現在の職はほぼ内定を得てから辞表を出しましょう。

前述したように、ハイクラス転職は内定が出るまでに長い活動期間が必要なケースも珍しくありません。

辞職してから職探しをすると、結果的に無職の期間が長くなる恐れもあります。 職歴に長期間の空白ができるのはデメリットです。

仕事と転職活動を両立するスケジュールを立てることも重要です。

2023年の転職市場の動向はどうですか?

2023年の転職事情は社会情勢と人材不足が相まって売り手市場が続いています。

ハイクラス求人を出す企業は、グローバルに活躍しているところが大半です。世界で生き残る為には優秀な人材が不可欠です。

また、ベンチャー企業も成長のために優秀な人材を求めています。転職者にとってはチャンスと言えます。

ハイクラス転職30代まとめ

この記事では、30代のハイクラス層が成功裡に転職するための手順やポイントについて解説しました。

適切な転職エージェントの選び方は、専門性と業界知識を持つエージェントを選ぶことです。また、ハイクラス向けでは非公開求人の多さもチェックするようにしましょう。

30代でのハイクラス転職の求人案件は数が少なくい傾向があり、転職活動を始めてもすぐにオファーが来る可能性は低めです。1つの求人に多くの応募が殺到することも珍しくないため、長期的な視点をもちつつ、効率的に転職活動を進めることがポイントです。

本記事でご紹介した、30代のハイクラス人材として成功しやすい職種・業界や、必要なスキルや経験、注意点などを参考に、ご自身に合った転職エージェントを選定してみてください。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」はコンサルティング事業、自社メディアの開発・運営事業、広告事業の3つを展開するフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次