Code Climber(コードクライマー)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック

  • 案件を受けてもなかなか報酬が上がらない…
  • 最近はエンジニアとしての成長に限界を感じている…

そんなあなたにオススメしたいのが、エンジニアのキャリア価値を上げてキャリアの実現や成長を目指すフリーランスエージェントCode Climber(コードクライマー)です。

Code Climberは、エンジニアの成長を促し、報酬アップを目指しやすいビジネスモデルを実現しており、取り扱っている案件は、週3日から稼働可能な案件やリモートの相談可能な案件もあります。

  • エンジニアとしての成長に限界を感じている方
  • 年収を上げたいけど報酬がなかなか上がらなくて困っているという方
  • フリーランスなのだからもっと自由な働き方を実現したいと持っている方

もしあなたが、上記に当てはまるのであれば、ぜひCode Climberを活用してみてください。

成長や報酬のアップ、自由な働き方の実現など、今抱えている悩みを解決する糸口をつかめるかもしませんよ。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...
目次

Code Climber(コードクライマー)の特徴と取り扱い案件について

Code Climber コードクライマー

Code Climber(コードクライマー)は、エンジニアのキャリア価値を高め、報酬アップを目指しやすいビジネスモデルでサービスの提供をしています。

具体的には、以下の仕組みや取り組みにより、これらを実現しています。

  • エージェントの仲介手数料やクライアントからの評価もすべてオープンにしている
  • 契約更新時の評価によって仲介手数料を下げてエンジニアの報酬に上乗せするシステム
  • 3ヶ月ごとのフィードバックの実施により、エンジニアの成長を促すことに力を入れている

フリーランスエージェントの仲介手数料の業界平均は20%〜30%ですが、Code Climber の仲介手数料は15%に設定されています。

また、契約更新時にはクライアント評価などの一定条件の達成で、仲介手数料は15%からさらに下がり、下がった分は、稼働者の報酬に上乗せするシステムを導入しているため、定期的に単価アップが見込めます。

その他にも、3ヶ月ごとにクライアントからの評価をフィードバックしているため、次のキャリアステップに何が必要か、エージェントと一緒に考えていくことができるのも強みでしょう。

「エンジニアの成長とキャリアの実現ために」というコンセプトでサービスを提供しているため、フリーランスエンジニアとして成長したい人にはオススメのエージェントです。

Code Climber(コードクライマー)の取り扱い案件

Code Climberで、過去に公開されていた案件では以下のような傾向がみられました。

案件のエリア 東京都(23区メイン)
稼働日数 週3日・週4日稼働が可能な案件の取り扱いあり
リモート リモート可能な案件/フルリモート案件の取り扱いあり
対象職種 エンジニア(フロントエンド/サーバーサイド/スマホアプリ)
案件言語 JavaScript・PHP・Ruby・Java・Swift・Kotlin・Python etc..

主にエンジニアを対象とし、主に東京の案件を取り扱っています

また、週3日・週4日の稼働やリモート/フルリモートが相談できる案件もあり、比較的自由に働きたいというニーズに応えられる案件を保有しているようです。

案件を確認してみる

Code Climber 公式サイト

Code Climber(コードクライマー)の会社情報

会社名 株式会社Value market
拠点 東京都渋谷区恵比寿2-28-10 秀ビル2F
主な求人職種
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • スマホアプリエンジニア 他
公式サイト https://code-climber.jp

Code Climber(コードクライマー)に登録して感じた実際の口コミ・評判

Code Climber コードクライマー 登録 感じた 実際 口コミ 評判

評判の良い口コミ

良い口コミ①

とても親切にキャリアに関する相談に乗ってもらえた。
money1
26歳 女性 フロントエンドエンジニア

これからフリーランスとして活動するかどうか悩んでいる状態だったのですが、エージェントの方がとても親切にキャリアに関して相談に乗ってくれました。将来的にどんなキャリアを描いていきたいのかなどのキャリアプランについても丁寧にヒアリングしてくれました。もし今後フリーランスとして活動していく場合にはコードクライマーさんを活用させてもらおうと思います。

機械的に条件を確認されるのではなく、今後のキャリアについても聞いてくれ、しっかりと希望を伝えられれば安心して利用できますよね。

他にも「希望や条件などに関して丁寧にヒアリングをしてもらえた」「条件のヒアリングだけじゃなくてキャリアについても親身に相談に乗ってくれた」といった口コミもみられました。

Code Climber では「キャリアの実現や成長を意識したサポート」を提供しているため、ユーザーのために考えやキャリアプランについてしっかりとヒアリングしていこうという姿勢が見られます。

良い口コミ②

希望に沿う案件を一生懸命探してもらえた。
money1
32歳 男性 サーバーサイドエンジニア

エージェントは複数活用してきたのですが、登録面談の時のヒアリングの丁寧さは他のエージェントと比べてもかなり良かった印象です。週3日で時折リモートもできるような案件を探していたのですが、大手エージェントだと週5日や常駐がメインの案件が多く、なかなか見つかりませんでした。Code Climber では、私に合う案件がないか一生懸命探してくれ、希望に合う案件を複数紹介してもらえました。クライアントとの面談の際にも同席してフォローや補足してくれ、とても助かりました。また案件を探す際には利用していきたいと思います。

Code Climber で取り扱っている案件は、週5日だけではなく週3日の案件やリモートが相談可能な案件もあり、稼働条件やスキルにあった案件を紹介してもらえます。

また、丁寧なヒアリングにより理解を深めてくれているからこそ、クライアントとの面談の際にも適切なフォローを入れてもらうことができます。

良い口コミ③

定期的なフィードバックで自分の成長が実感できた。
money1
27歳 男性 サーバーサイドエンジニア

契約更新のための担当者との面談で、半年間のクライアントの評価を伝えてくれました。「参画してくれたおかげで、想定よりも早くサービスの開発を進めることができた」「これからも頼りにしている」などのフィードバックを頂き契約更新できました。フリーランスとして初めて受けた仕事でしたが、しっかりと評価をいただき、自分の成長を感じました。また、3ヶ月経過の際のフィードバック面談では、担当者の方が私が感じている課題について整理してくれ、これからどう活動すべきか方針を一緒に考えてくれました。その結果、契約更新につなげることができ感謝しています。。

Code Climber では、クライアントから3ヶ月に1度の頻度で評価をもらっており、稼働者との面談でフィードバックします。

良い点も改善してほしい点もすべてオープンに共有されるため、参画している案件でどのような評価を受けているのか明確になります。

また、フィードバック面談の際には稼働者本人の要望や悩みなども確認され、お互い不満なく働けるよう調整してくれます。

その際に、今後の方針などについて相談に乗ってもらう事も可能です。

公式サイトをチェック

Code Climber 公式サイト

悪い評判や口コミはある?

悪い口コミ①

案件数が少なくて他のエージェントの方が良かった。
money1
36歳 男性 フロントエンドエンジニア

思っていたよりも案件の紹介数が少なかったです。ヒアリングは丁寧でしたが、あまり案件を紹介してもらえなかったため、他のエージェントを使った方が良かったなと感じました。

実際に大手エージェントと比べると案件の数は多くはありません

希望に沿った案件を厳選して紹介している可能性もあるので一概には言えませんが、案件をたくさん紹介してほしいという人には物足りなく感じるかもしれません。

悪い口コミ②

実務経験が少なかったためか紹介される案件が少なかった。
money1
25歳 男性 サーバーサイドエンジニア

思っていたよりも紹介される案件の数が少なく納得のいく案件が見つかりませんでした。いまは、単発での開発案件を繋ぎで受けていますが、実務経験が少なかったからあまり紹介してもらえなかったのかなと感じています。。エンジニアとしての経験は3年程で、実務ではテストエンジニア/社内SEとして働いていたのが1年半、サーバーサイドエンジニアとしての経験が1年半程度です。

フリーランスとして案件を探す場合、実務経験がどれくらいあるのかは重要です。

フリーランスエンジニアを探している企業、特に中小企業やベンチャー企業では、開発がうまく進むかどうかは経営に関わる重要な問題です。

だからこそ、エージェントからは企業が求める条件に合致しない場合には、希望があっても紹介できないこともあります。

悪い口コミ③

地方の案件がなくて紹介してもらえなかった。
money1
32歳 男性 サーバーサイドエンジニア

20代の頃は東京の方で経験を積み、30を過ぎて地元の北海道に戻っても働けるような案件を探していました。ただ、地方に住んでフルリモートやオンライン会議で対応できる企業は少なく、案件探しが難航しました。複数エージェントに登録していましたが、Code Climberでもやはり地方に住んでのフルリモート案件はありませんでした。取り扱っている案件は東京エリアがメインで、フルリモートで対応可能な案件は少ないようです。

フリーランスエンジニアとして活動している人の中には、地元に戻ってフルリモートで働ける案件を探しているという声もよく聞きます。

ただ、実際はフルリモートの案件でも、何かトラブルがあった際などにリスクがあり、いざという時にすぐに連絡が取れる距離に住んでいない場合には、案件の紹介が難しくなる場合があります。

Code Climber(コードクライマー)のメリットとデメリット

Code Climber コードクライマー メリット デメリット

3つのメリット

1,継続的な単価アップのチャンスがある

Code Climber では、契約更新時に一定以上の評価を得ることができれば仲介手数料が安くなり、その分を報酬に上乗せするモデルを導入しています。

このため、評価を得られれば着実な単価アップを目指すことが可能です。

一般的に、エージェント経由で案件に参画している場合は個人で交渉するよりも単価交渉はしやすいですが、単価を上げる場合、企業側の予算的な問題で難しいというケースがあります。

特に、中小企業やベンチャー企業はその傾向も強いため、交渉では思うように単価アップができない場合もあります。

しかしCode Climber では、企業への負担なく仲介手数料を下げることで報酬を上乗せするので、単価アップが実現しやすいのです。

2,キャリアに寄り添った案件を提案してもらえる

Code Climber では「フリーランスエンジニアのキャリアの実現や成長」にフォーカスを当ててサポートをしています。

ユーザーのスキルや条件だけではなく、将来のキャリア設計までしっかりとヒアリングをして、キャリアの実現や成長につながるような案件の紹介をしています。

3,定期的なフィードバックにより自己成長が実感できる

Code Climber は、クライアントから3ヶ月に1度の頻度で評価をしてもらい、稼働者との面談でフィードバックを行うなど、案件に参画した後にも定期的なフォローができる体制を作りをしています。

クライアントからの評価は全てオープンで、いい評価も悪い評価も包み隠さず伝えられるので、自分の強みや課題を明確にすることが可能です。

その評価を参考に、次の3ヶ月間の目標や行動方針についてエージェントと一緒に検討することもでき、自分の現状や成長度合いを実感できる働き方を実現できます。

3つのデメリット

1,希望によって案件紹介が難しいことも

Code Climber では、取り扱っている案件数は他のエージェントと比べても多い方ではありません

また、取り扱っている案件は東京がメインのため、地方案件を探す場合には紹介が難しくなります

週3日・週4日の案件やリモートが相談可能な案件もありますが、割合は多くないため、スキルやタイミングによっては希望に沿った案件の紹介ができない場合もあるでしょう。

2,案件の性質が経験者向け

Code Climber では実務経験を積んで自走して開発に取り組めるような方向けの案件が多いです。

これは他のエージェントでも同様ですが、実務経験が少ないと条件に沿う紹介が難しく登録しても案件を紹介してもらえないというケースもあります。

実務経験が少ない方は、案件の母数が多いレバテックフリーランスなどの大手エージェントを活用する方が良いでしょう。

エンジニア戦略
レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介 | エンジニア戦略 本記事ではフリーランスエンジニア向けに特化したエージェント、レバテックフリーランスについて、その特徴や評判について利用者の口コミも交えてご紹介します。 働き方の...

3,福利厚生がない

Code Climber では福利厚生がないため、福利厚生が充実しているエージェントの方が良いという人には向かないかもしれません。

しかし、Code Climber の運営会社である株式会社Value marketでは、フリーランスが無料で使える福利厚生プラットフォーム「フリーランスエンジニアの生活支援を運営しています。

フリーランスエンジニアの生活支援」は登録無料で、弁護士サポートやクラウド会計ソフト、他にもクラウドサーバーや先払いシステムなどさまざまなサービスのクーポンを手に入れることが可能です。

Code Climber とは別のサービスなので別登録が必要になりますが、福利厚生を活用したい方は「フリーランスエンジニアの生活支援」も一緒に登録しておくと良いでしょう。

Code Climber(コードクライマー)を利用した方がいい人と向いてない人

Code Climber コードクライマー 利用した方がいい人 向いてない人

Code Climber(コードクライマー)を利用した方がいい人

エンジニアとしての市場価値を高めていきたいという人

Code Climber では、定期的なフィードバックを行っているため、参画している案件でどのような評価をもらっているのかを知ることができます

また、契約から半年間の評価が一定のラインに達していると、仲介手数料を下げてエンジニアの報酬に上乗せする仕組みをとっているため、単価のアップがしやすいというメリットもあります。

エンジニアにとって、過去の案件でどのような仕事をしていたか、どのくらいの報酬をもらっていたかは、市場価値を高めるためには重要なため、これらは大きなメリットになるでしょう。

自分の理想のキャリアを実現していきたいと考えている人

Code Climber では、キャリアの実現に繋げられるような案件の紹介やサポートの提供を行っています。

案件の紹介では、キャリア実現のために効果的な案件の紹介を意識しており、クライアントの面談の際にもエンジニアの良さが伝わるように、丁寧なサポートをしてくれます。

また、定期的なフィードバックでは、クライアントの評価からこれからの行動方針や具体的な目標をエージェントと一緒に考えていくなど、キャリア価値の向上や成長につながるサポートにも強みがあります。

案件の参画を通してエンジニアとして自分のキャリアを実現していきたいと考えている人は、将来のキャリアに役立つ経験を積むこともできるでしょう。

丁寧で寄り添った支援を受けたい人

Code Climber は、丁寧で寄り添った支援をしてもらえると評判で、登録面談の際のヒアリングや案件紹介、クライアント面談の同席、案件参画後の定期面談など、利用者が安心して活動していけるようなサポートを行っています。

パートナーとして自分のことを考えてくれるようなエージェントを利用したいという場合には、Code Climber を活用してみるのがオススメです。

Code Climber(コードクライマー)には向かない人

とにかくたくさんの案件を紹介して欲しい人

取り扱っている案件は他のエージェントと比べても多い方ではありません

そのため、大手エージェントのように多くの求人の中から希望あったものをどんどん紹介するような形を取ることが難しいです。

とにかくたくさんの案件を紹介して欲しいという方は、大手のエージェントを活用するか複数のエージェントを併用していく方が良いでしょう。

エンジニア戦略
フリーランスエージェントのおすすめ8選を比較!ITエンジニア向けエージェントとは | エンジニア戦略 本記事では、フリーランスのITエンジニアに最適な8つのエージェントサービスを比較しながら詳しく解説します。 働き方の多様化に伴い、会社員として転職する道以外にもフ...

エンジニアとしての経験が少ない人

フリーランスエージェントを活用していると、エンジニアとしての経験が少ない人は、思うように案件を紹介してもらえないこともあります。

中には、スキルや経験は少なくてもとにかく人手が欲しいという場合に採用をするケースもありますが、そのような案件の数は多くはありません。

エンジニアとしての経験が少ない方は、さまざまなエージェントに登録し紹介してもらうことで母数を増やす方が効果的でしょう。

地方に住んでいる人

Code Climber では東京エリアの案件が多く、リモートの相談ができる案件はありますが、地方からフルリモートで参画したいという方には紹介が難しい場合もあります。

フルリモートで対応できる案件はありますが、案件全体からするとかなり少数です。

地方からフルリモートメインでの案件を探したい場合は他のエージェントを活用する方が良いでしょう。

Code Climber(コードクライマー)以外のフリーランスエージェントを紹介

フリーランスエージェントはサービスによって、取り扱い案件の傾向やサービスの特徴も変わってくるので、ニーズに合わせたエージェントを選ぶとより適切な案件が見つけやすくなります

本項では、Code Climber 以外のオススメのフリーランスエージェントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Join

join

Joinは、H.R.I 株式会社が運営するITフリーランスエージェントです。

Joinは、フリーランスエージェントの仲介手数料が10%〜20%というケースが多い中、仲介手数料が8%と業界の中でも低い割合でサービスを提供しています。

保有案件の80%以上が6ヶ月以上の長期案件となっているため、長期的に安定して働きたいという方にもおすすめです。

Joinでは、フリーランスの確定申告に精通した税理士と連携しているため、フリーランスの確定申告の際に節税につながるようなアドバイスやサポートをしてもらうことができるのも魅力でしょう。

できる限り仲介手数料が低いエージェントを使いたいという方には Join がオススメです。

join 公式サイト

エンジニア戦略
join(ジョイン)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 フリーランスエンジニア向けの案件紹介エージェントjoin(ジョイン)について、その特徴やメリット・デメリットを解説します。エンジニア・デザイナー・ディレクターに特化...

レバテックフリーランス

levtechfreelance レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、レバレジーズ株式会社が運営しているITフリーランスエージェントです。

登録者数は107,000人以上、保有案件数は業界最大級の34,793件以上を誇る、国内最大級のフリーランスエージェントです。

豊富な案件を保有しているため常時案件の紹介が可能で、地方の案件の紹介やリモート/フルリモートの案件の取り扱いもあるため希望に沿った案件探しができます。

また、利用者満足度や契約更新率なども高い水準を誇っており、福利厚生サービスも充実しているので安心してサービスを利用することができるでしょう。

レバテックフリーランスでは週5日の案件をメインで取り扱っているため、しっかりと働いて稼いでいける案件を探しているという方にもオススメです。

レバテックフリーランス 公式サイト

エンジニア戦略
レバテックフリーランスの評判は?実際に使って分かるリアルな口コミを紹介 | エンジニア戦略 本記事ではフリーランスエンジニア向けに特化したエージェント、レバテックフリーランスについて、その特徴や評判について利用者の口コミも交えてご紹介します。 働き方の...

furien

furien

furienは、アン・コンサルティング株式会社が運営するITフリーランスエージェントです。

サービス登録者は20,000名以上、公開案件数も18,182件と業界最高水準を誇ります(2022年2月現在)。

関西、東海、九州をはじめとした地方の案件の取り扱いもあり、リモートの相談が可能な案件も取り扱っているため、地方で働きたい方やリモート案件を探しているという方でも紹介が可能です。

また、緊急で報酬が必要になった時にも手数料を支払うことで、先払いや即日払いができる「フリエンペイ」のサービスを提供しているため、報酬が早く欲しいという方にもオススメです。

豊富な案件の取り扱いがあるため、できる限り多くの案件を紹介して欲しいという方は、レバテックフリーランスとfurienの両方のサービスに登録しておくと案件を探しやすくなるでしょう。

furien 公式サイト

エンジニア戦略
フリエン(Furien)利用者の口コミ評判は登録前に要チェック | エンジニア戦略 この記事では、フリーランスのITエンジニアに特化した案件を取り扱っているフリエン(Furien)について、利用するメリット・デメリットや、その特徴について解説をしていき...

Code Climber(コードクライマー)の登録から案件開始までの流れ

Code Climber コードクライマー 登録 案件開始 流れ

最後に、Code Climber(コードクライマー)の登録から案件開始までの流れについて紹介していきます。

1,サービス登録

公式サイトのエントリーフォームから、以下の情報を入力しサービス登録します。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 希望職種
  • 希望開始時期
  • 稼働日数
  • 職務経歴書のアップロード
  • その他要望

Code Climber ではマイページのようなものはないので、基本は登録したアドレスでエージェントとコンタクトをとっていく形になります。

2,ヒアリング面談実施

登録完了後には、エージェントとヒアリング面談の日時調整を行います。

ヒアリング面談は「対面」「オンライン」のどちらかを選択可能です。

また、面談の内容は以下の形で行われます。

  • Code Climber(コードクライマー)のサービス説明
  • 希望条件のヒアリング
  • 希経歴/スキル/キャリアプランのヒアリング
  • 案件紹介や今後の流れの説明・質疑応答

登録面談時には、しっかりと希望条件や今までの経歴やこれからのキャリアプランなどについてヒアリングを行っていきます。

また、場合によってはその場で実際に案件を見てもらい、細かい希望のすり合わせなどを行うこともあるでしょう。

3,案件紹介

エージェントからは、案件の詳細情報などが送られてくるので、エントリーするか否かを連絡しましょう。

エントリーする場合にはエージェントが企業への推薦を行い、書類選考が通れば企業との面談のための日程調整が行われます。

4,企業面談実施

企業面談の際にはエージェントも同席し、三者面談の形式で実施します。

企業面談では、エージェントはファシリテーション役を担い、企業側/エンジニア側のコミュニケーションを円滑に行えるようサポートしてくれます。

また、必要に応じて企業面談の前にどのようなことを意識していけばいいのかアドバイスをもらうこともできるため、気になることがあれば事前に確認しておきましょう。

5,契約手続き

企業面談が上手くいき、企業からオファーの連絡をもらえた場合、具体的な条件交渉や契約手続きをエージェントが仲介して行います。

この際に提示された条件を見て気になることや要望があれば、エージェントに相談してみてください。

また、他社のエージェントで同時並行で選考を進めている場合には、エージェントに他社のオファー状況を伝えれば、オファーの回答期限や条件交渉を進めてくれるため、要望があれば遠慮なく相談しましょう。

6,案件参画

案件の参画が決まった場合には、参画当日の流れや事前に準備しておくことがあるかどうかなどについて確認をします。

クライアントによっては、参画前に余裕があればサービスの概要でいいので把握しておいて欲しいという場合もあるので、スムーズに案件に参画できるようにできる準備が必要だということも覚えておいてください。

7,評価のフィードバック

3ヶ月ごとにクライアントから稼働状況などの評価をもらうことができ、評価を元に担当エージェントがフィードバックを行ってくれます。

その際に、実際に稼働してみて感じたことや自身の課題・悩みをがあれば伝えることで、解決のためにエージェントが相談に乗ってくれたり、必要に応じて企業に話を通してくれたりもするので、気になることがあれば気軽に相談していくのがオススメです。

無料登録してみる

Code Climber 公式サイト

Code Climber(コードクライマー)に関する疑問

Code Climbe コードクライマー 疑問

Code Climberを利用するにあたって、疑問を抱きやすい内容についてまとめているので、参考にしてみてください。

Code Climber(コードクライマー)は副業でも登録できる?

副業を前提とした案件の紹介を行っていないため、登録いただいてもご要望に添えない可能性があります。

Code Climber(コードクライマー)は案件紹介を受けると料金がかかる?

利用料金はかかりません

登録・ヒアリング面談・案件紹介・案件参画後のフォローも全て無料です。

Code Climber(コードクライマー)の手数料・マージンはいくら?

仲介手数料は15%からスタートします。

その後、契約更新時にクライアントから一定以上の評価をもらえれば、仲介手数料は15%から下がっていき、稼働者の報酬に上乗せされます。

Code Climber(コードクライマー)は在宅・リモートOKの案件はある?

取り扱い案件の中には、リモートが相談可能な案件もあります

Code Climber(コードクライマー)の契約はどのような内容になるの?

基本は、支払い:30日サイト(月末締め翌月末払い)、精算:140−180h中間割(週5日稼働の場合)となっております。

ただし、クライアントによっては条件が変更になることもあります。

Code Climber(コードクライマー)は登録を断られることもある?

登録を断られることはありません

しかし、取り扱いのない職種やご希望によっては紹介が難しい場合もあります。

Code Climber(コードクライマー)は未経験でも登録可能?

未経験の方でも登録することはできます

しかし、案件のスキル要件によっては紹介が難しい場合もあります。

IT/Web転職に強いサイトランキング
1位 レバテックキャリア

開発系・インフラ系求人のサポートが手厚いエンジニア特化型エージェント

2位 GEEKLY Web・ゲーム領域の求人数が多い特化型エージェント
3位 レバテックフリーランス 高単価を狙うハイクラスエンジニアに評判
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる