医療コンサルタントになるには|年収や求人事例と転職に必要な資格を解説

本ページにはプロモーションが含まれています。
医療コンサルタント なるには

コンサルタントは高度な専門知識とノウハウが要求される職種ですが、高年収も期待できることからキャリアアップや転職先の候補として多く挙げられます。

コンサルタントには経営コンサルタントやITコンサルタント、人事コンサルタントなどさまざまな専門分野がありますが、医療機関や製薬・医療機器メーカーを対象にコンサルティングサービスを行う専門家のことを医療コンサルタントとよびます。

しかし、具体的にどういった仕事を行うのか、どうすれば医療コンサルタントとして活躍できるのかがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、医療コンサルタントになるにはどのようなスキル、資格が必要なのか、気になる年収の相場や求人事例などもあわせて解説します。

>>コンサルタント転職に強いおすすめエージェントを比較【専門領域別】

目次

医療コンサルタントの仕事内容

医療コンサルタントを一言で表すとすれば、医療機関の経営に関するアドバイスを提供したり、製薬・医療機器メーカーにおける業務最適化を支援したりする専門職のことです。

医療コンサルタントの仕事内容は医療機関向けと製薬・医療機器メーカー向けによって異なります

それぞれどういった業務を行うのか具体的に解説していきましょう。

医療機関向けの仕事内容

医療法人や病院のなかには、経営に関する知識やノウハウをもったプロが不在であるところも少なくありません。

腕の良い医師や看護師がいたとしても、健全な経営状態が維持できなければ医療法人や病院は倒産の危機に陥ることもあるでしょう。

そこで、効率的な経営を実現できるように人事や会計、マーケティングなどの分野から経営を支援し、医療法人や病院の中長期的な成長を実現させます

また、すでに開業している医療法人や病院以外にも、これから新たに病院を開業する医師に対しても医療コンサルタントはさまざまなアドバイスを提供します。

製薬・医療機器メーカー向けの仕事内容

製薬・医療機器メーカーに対するコンサルティングとしては、社内の業務最適化や生産性向上に向けたアドバイスを提供します。

これを聞くと一般的な経営コンサルタントと同じような業務ととらえられがちですが、実際には医療業界独自の商慣習や専門知識なども求められることから、経営コンサルタントの経験があったとしても医療コンサルタントに転身してすぐに即戦力として活躍できるとは限らないのです。

医療コンサルタントの年収相場

コンサルタント職のなかでも医療分野に精通し、高度な専門知識が求められる医療コンサルタント。

それだけに、高年収が期待されると考える方も多いのではないでしょうか。

求人情報のポータルサイト 求人ボックスによると、医療経営コンサルタント求人の平均年収は552万円とされています。

医療 経営コンサルタント 求人 平均年収

出典:求人ボックス

ただし上記でも紹介した通り、医療コンサルタントには医療機関を対象とした業務と製薬・医療機器メーカーを対象とした業務に分類され、細かく見てみると年収相場も異なります

まず、もっとも高い年収が期待されるのは製薬・医療機器メーカーを対象とした医療コンサルタントで、なかには1,000万円以上の年収を得るケースも珍しくありません。

これに対し、医療機関向けの医療コンサルタントは600〜800万円程度の年収が相場となっているようです。

クライアントの事業規模で比較した場合、開業医に比べて製薬・医療機器メーカーのほうが資金力が高かったり、外資系のメーカーも多いことから、高額な報酬を得られる傾向にあるようです。

医療コンサルタントに必要な資格やスキル

これから医療コンサルタントへの道を目指すにあたって、どういったスキルや資格が求められるのでしょうか。

求められるスキル

医療コンサルタントに求められる代表的なスキルは以下の2点です。

洞察力

洞察力とは、ものごとの本質を見抜く力、観察眼のことです。

医療現場が抱える課題の背景には、さまざまな要因が複雑に絡み合っているケースが多々あります。

たとえば「患者の来院数が減少している」という背景には、近隣に大きなクリニックができたり、腕の良い医師が退職し診療の品質が低下したりといった原因も考えられるでしょう。

しかし、それ以外にも患者一人ひとりに対する対応が丁寧でなかったり、利用できる交通機関が少なく高齢者にとって利用しにくいといった問題も考えられ、これらを経営者自身が認識できていないケースもあります。

医療コンサルタントは、経営者本人が気づいていないことにも気づき、解決に導くために高い洞察力が求められるのです。

コミュニケーション力

経営者からコンサルティングの相談を受けたとき、まずはどういった課題があり、どのような形で解決したいのかを丁寧にヒアリングする必要があります

これにはコミュニケーション力が必須であり、十分なコミュニケーション力が備わっていないと解決すべき課題を見誤ってしまうことになりかねません。

自分自身の意見や考えを相手に分かりやすく伝えることもコミュニケーション力のひとつですが、それと同時に相手の話す内容を正確に理解することも重要なスキルといえます。

有効な資格

医療コンサルタントとして活躍していくうえで、有効な専門資格には以下の3つがあります。

医業経営コンサルタント

医業経営コンサルタントとは、公益社団法人日本経営コンサルタント協会が認定している資格です。

医療機関の経営において生じる問題の解決方法や、実務に役立つ論理や手順の技能、経営に求められる理論や情報などを習得できます。

この資格を取得するためには、1回50,000円の講座の受講と、1次試験および2次試験に合格する必要があります。

また試験に合格した後は登録料として80,000円、1年ごとの継続に120,000円の費用がかかります。

情報化認定コンサルタント

情報化認定コンサルタントは、医業経営コンサルタントに合格することで受験資格を得られます。

経営効率化のためにシステム導入を検討する場合、ITの知識が不可欠ですが、情報化認定コンサルタントを取得していればシステムの開発から運用までワンストップで支援できる専門的なITスキルを身につけられます

医療経営士

医療経営士一般社団法人 日本医療経営実践協会が認定している資格であり、その名の通り医療分野の経営に関するノウハウや知見を習得できます

1級から3級までのランクがあり、3級試験は50%ほどの合格率で初学者でも十分取得できるためおすすめの資格です。

医療コンサルティングの求人事例

医療コンサルティングへの就職、転職を目指すうえでは、どういった求人案件があるのか参考にしておきたいという方も多いでしょう。

そこで、医療機関向けの求人と製薬・医療機器メーカー向けの求人の事例をいくつか紹介します。

医療機関向け

医療プラットフォームを運営するヘルスケアメガベンチャー

業務内容

医療機関への電子カルテシステムの導入コンサルティングと導入支援

応募資格

製薬メーカーでのMR経験2年以上、もしくはCRA経験2年以上

製薬企業向けのマーケティングプロモーション支援を中心としており、MRやCRAの実務経験者を積極採用しています。

インターネットを活用した電子カルテシステムの導入業務がメインのため、ITやデジタル分野の知見もあると有利にはたらくでしょう。

歯科医院向け経営コンサルタント

業務内容

歯科医院向け経営コンサルタント

応募資格

大卒以上/営業経験(医療業界、コンサルタントの経験は不問)

個人開業の歯科医院を対象とした経営コンサルタント案件です。

院長と1on1でのコンサルティングや勉強会、情報提供などがメインの業務で、コンサルティング業界が未経験の方も応募可能となっています。

想定年収は600〜800万円と好条件が揃っています。

製薬・医療機器メーカー向け

医療プラットフォームを運営するヘルスケアメガベンチャー

業務内容

製薬企業のマーケティング支援、データを活用したプロダクト戦略の策定支援、

応募資格

製薬メーカーでのMR経験2年以上、もしくはCRA経験2年以上

医療機関向け求人の例でも紹介したベンチャー企業の求人案件ですが、こちらは製薬企業を対象としたマーケティング支援やプロダクト戦略の策定支援などをメイン業務としています。

医療機関向けまたは製薬・医療機器メーカー向けのコンサルティング案件を取り扱っているため、どちらの案件が自分にとって向いているのか分からない方にとっては最適な求人案件といえるのではないでしょうか。

大手グループコンサルティングファーム

業務内容

ヘルスケア分野におけるコンサルティング業務

応募資格

MR経験者/医療機関での事務経験者/医療業界出身者

大手コンサルティングファームが募集している医療コンサルティングの求人案件で、MR経験者や医療業界出身者などを幅広く採用しています。

想定年収は500〜1,000万円と幅広いですが、その分長期的なキャリアアップも目指せるでしょう。

出典:ムービンストラテジックキャリアConsulrtant転職

代表的な大手医療コンサルティング会社

医療コンサルティングとしてのキャリアアップを目指すためには、医療分野に強いコンサルティング会社への就職が有力な選択肢となります。

具体的にどういった企業があるのか、ここでは大手の医療コンサルティング会社を紹介しましょう。

また、以下の記事でも優良な医療コンサルティング会社を複数紹介していますので併せて参考にしてください。
関連記事>>おすすめの医療コンサルティング会社を徹底比較!選び方・費用相場についても紹介

IQVIAソリューションズ ジャパン

IQVIAソリューションズ ジャパンは、IMS HealthとQuintilesの経営統合によって誕生した会社です。

医療分野や製薬分野の豊富なビッグデータを武器に、モバイルやクラウドサービスといったテクノロジーも駆使しながら医療業界のベストプラクティスを提案します。

外資系コンサルティングファームからの転籍、転職者も多く、医療・ヘルスケア分野に精通したコンサルティング会社として高い信頼性を獲得しています。

グローバルヘルスコンサルティング

グローバルヘルスコンサルティングは、中核的な位置づけにある医療機関に向けたコンサルティングサービスに強みをもつ会社です。

医療機関の経営を圧迫しがちな入院の長期化、オペ室の稼働率低下、医薬品コストの増大といった課題を解決に導く豊富なノウハウを強みとしています。

医師や看護師、薬剤師といった医療専門職が多数在籍していることから、現実的かつ効果的な解決策を提案します。

KPMGヘルスケアジャパン

KPMGヘルスケアジャパンは、医療機関および製薬・医療機器メーカーに対し、経営戦略や事業戦略といったビジネス面とファイナンス面からコンサルティングを提供しています。

医療・ヘルスケア分野の出身者や専門資格をもった会計士、金融業界出身の専門家などが多く在籍し、高品質な医療サービスを提供しつつも経営の健全化を目指す医療機関、メーカーに対し実効性が高く具体的な支援を行っています。

医療コンサルタントになるための近道

医療コンサルタントは専門性が求められる職種であることから、一般的な転職サイトやエージェントでは自分自身の理想とする転職先が見つけられないこともあります。

そこで、医療コンサルタントへの転職に強みをもつエージェントを3社紹介しましょう。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
公式サイトhttps://www.axc.ne.jp/
公開求人数非公開(2024年5月22日現在)
主な求人職種コンサルティング業界

アクシスコンサルティングは、ITや金融、通信、医療・製薬業界などに特化したコンサルタント求人案件を多数取り扱っている転職エージェントです。

Webサイトでは厳選求人特集としてそれぞれの分野に特化した求人案件の一例を紹介していますが、アクシスコンサルティングで取り扱っている77%の案件は非公開求人となっているため、まずは新規会員登録を行いキャリアアドバイザーとの面談からスタートするのがおすすめです。

アクシスコンサルティング公式サイト

>>【取材でわかった】アクシスコンサルティングの評判・口コミが良い理由

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数12,598件(2024年5月22日現在)
主な求人職種管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト人材(ハイクラス/ミドルクラス)

JACリクルートメントは、コンサルティング業界に強みを持つ転職エージェントです。

外資系製薬メーカーへの採用実績も多数あり、実際に医療業界への転職によって数百万円もの年収アップを実現した成功事例もあります。

これまで医療業界の経験がなくても、他業種での経験を活かせるキャリアを提案してもらえる可能性もあり、キャリアアップを目指すうえで心強い見方になってくれるでしょう。

JAC Recruitment 公式サイト

>>JACリクルートメントの評判は?実際に使った人のリアルな口コミを紹介

コトラ

コトラ
運営会社株式会社コトラ
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
公開案件数24,954件(2024年5月22日現在)
職種金融・コンサル・経営幹部・IT/WEB・製造業

コトラは、主に金融業界をはじめとしたハイクラス求人を専門に紹介する転職エージェントです。

特にコンサルティング職の求人案件を豊富に紹介しており、ITから財務、事業再生、組織・人事開発などコンサルティングの幅は広いです。

医療機関や製薬・医療機器メーカーからの求人案件もあることから、転職支援サービスへ登録してみる価値は大いにあるでしょう。

コトラ公式サイト

>>コトラの評判・口コミは?案件の特徴など徹底解説

医療コンサルタントへの転職事例

医療コンサルタントは、医療業界での専門知識と経験を活かして、医療機関や医療関連企業の業務改善や経営戦略の支援を行う専門職です。

しかし、必ずしもコンサルタントの経験者の人しか、医療コンサルタントに転職できないというわけではありません。

もちろんコンサルタントの経験者もいますが、中には看護師や医薬情報担当者が転職した事例もあれば、元システムエンジニアの人が医療コンサルタントに転職した例もあります。

以下では、実際に医療コンサルタントに転職した方々の事例をご紹介します。

看護師からの転職事例

看護師の方々が医療コンサルタントへの転職を果たすことは珍しくありません。

意外にも看護師には向いてなかったのかも?と考えていた人が、医療コンサルタントに転職して活躍している人も多くいらっしゃいます。

看護師から転職する際のメリットとして、まず看護師としての経験があるため、医療現場の実情に詳しいという点が挙げられます。これにより、医療機関や医療サービスの改善に関する提案を行う際に、現場のニーズを正確に把握することができます。

看護師目線では不便だと思っていたところを、医療コンサルタントに転職して改善していくことも可能です。

収入面でも求人情報のポータルサイトマイナビ転職では、看護師の平均年収は484万円に対し、医療経営コンサルタント求人の平均年収は552万円といったように平均年収が高い点もメリットであると言えます。

出典:マイナビ転職

看護師から医療コンサルタントに転職することは、充実したキャリアを築くための一つの選択肢です。看護師としての経験や知識を活かし、医療現場の改善や患者さんのために貢献する仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

医薬情報担当者の転職事例

医薬情報担当者だった人も医療コンサルタントに転職した事例も多くあります。

新薬の開発や医薬品の情報提供に従事してきた人で、将来的にはより幅広い視野で医療業界に貢献したいと考えるようになったという方も見受けられます。

医薬品の知識はあっても、医療コンサルタントに転職するには医療の専門知識だけでなく、経営や戦略のスキルも求められるため学び直す必要も出てきます。

コンサルタントに必要な考え方やプレゼンテーションスキルなどは、自己学習で学ぶことも大切ですが、転職エージェントのサポートでも学ぶことができるので、医薬情報担当者から医療コンサルタントに転職を考えている人も検討してみても良いでしょう。

同じ医療業界とはいえ、医療コンサルタントに転職することは簡単ではないかもしれませんが、医薬情報担当者として培ってきた、知識やコミュニケーションスキル、製薬会社のニーズを理解し課題を解決する力は、医療コンサルタントに転職した時に力になったと述べていることも多いです

医薬情報担当者から医療コンサルタントに転職に転職を希望する場合は、まず転職エージェントなどの専門家に相談して、自分に合ったコンサルティングファームを探すことをお勧めします。

元システムエンジニア

事例は医療業界の人よりも少ないですが、元システムエンジニアから医療コンサルタントに転職した事例もあります。

まったく異なる業種のため、医療についての知識を学ぶこと、コンサルタントとしてのスキルの習得など覚えることはたくさんありますが、異なる業種にいた人からの視点で見るため、視野が広がり、今までの知識と掛け合わせて新しいアイデアがどんどん出てきたという事例もあります。

また、ロジカルシンキングができていたから、コンサルタントのスキルの習得にそこまで苦戦はしなかったという方もいるので、資格を取得したり、覚えることが多かったとしても、学ぶことに意欲的な人であればやりがいがあると言えるでしょう。

医療コンサルタントはなぜ怪しいと言われるか?

医療コンサルタントという職業に対して、一部の人々からは怪しいというイメージが持たれています。

医療知識が不足している人のコンサルや営利目的でクライアントに対して必要のないサービスや商品を押し付けるなどの、不利益をもたらすコンサルタントも中にはいます。

そのため、資格を取ってある程度実績があったとしても、いきなり独立してフリーのコンサルタントとして活動しようとするよりも、大手などの会社に所属してキャリアを築いていき、クライアントとの信頼関係を強くしていくことも大切です。

大手の会社なら安心

大手企業は、数多くの実績を持ち、確かな信頼性があります。そのため、患者や医療機関からの信頼も厚く、仕事をする上での安心感があります。

また、大手企業は、研修制度やキャリアアップのサポートが充実しています。医療コンサルタントとして必要な知識やスキルをしっかりと身につけることができるため、自己成長を促進することができます。

大手ならではの安心感は、医療コンサルタントとしてのキャリアを築く上で非常に重要です。就職や転職を考える際には、大手企業を選ぶことをおすすめします。

今後独立するとしてもクライアントとの信頼関係を築きやすいため、転職する際は、転職エージェントなどの専門家に相談し、自分に合った就職先を探すようにしましょう。

大手で探したい場合は、先ほど紹介させていただいたJACリクルートメントがおすすめです。

1975年から創業している転職エージェントであり、大手ならではの人脈で業種での経験を活かせるキャリアを提案してもらえる可能性もあります。

医療コンサルタントについての疑問・Q&A

医療コンサルタントへの転職を目指すうえで、多くの方が抱えがちな疑問や不安に回答しましょう。

一般的な経営コンサルとの違いは?

経営コンサルタントは一般企業全般を対象としていますが、医療コンサルタントは病院や福祉施設、製薬・医療機器メーカーなどに対象が限定されます。

医療業界独自の商慣習や専門知識が求められることから、一般的な経営コンサルタントとは区別されます。

医療コンサルタントとしてフリーランス独立する事は可能?

経営コンサルタントやITコンサルタントに比べてまだまだ数は少ないですが、リーランスとして独立し活躍している医療コンサルタントは存在します。

特に他者との差別化を図るために、医療分野だけでなくITなどの専門性も高めて活躍している方が多いようです。

医療コンサルタントまとめ

医療コンサルタントは病院や介護施設などを対象とした業務以外にも、製薬・医療機器メーカーを対象とした業務も存在し、求められる役割もそれぞれ異なります。

医療コンサルタントと聞くと、医師や看護師など医療分野の専門知識が不可欠なのではないかと誤解されがちですが、実際には未経験から転職に成功する方も多く、必ずしも資格や実務経験がなければ転職できないというものではありません

ただし、洞察力やコミュニケーション力といったスキルは不可欠であり、専門的な資格を取得しキャリアアップを成功させている方も多いため、入社した後も自己研鑽を続ける努力は必要といえるでしょう。

商号フリーコンサル株式会社(Freeconsul Inc.)
URLhttps://www.freeconsul.co.jp/
本社所在地〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
有料職業紹介許可番号13-ユ-316208
法人番号3010401144747
適格請求書事業者登録番号T3010401144747
フリーコンサル株式会社の会社概要

フリーコンサル株式会社が運営する「コンサルGO」は官公庁や公的機関など信頼できる情報をもとに転職/キャリア/企業情報を執筆・エビデンスチェックをしております。


運営者
フリーコンサル株式会社

当メディア「コンサルGO」は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-316208)の厚生労働大臣許可を受けているフリーコンサル株式会社が運営しています。掲載情報はコンテンツポリシーに則り官公庁や公的機関などの信頼できる情報をもとに執筆・エビデンスチェックを実施。情報に誤りがあった場合はお問い合わせフォームよりお知らせください。

目次